霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年04月23日(旧03月27日) 口述場所:瑞祥閣 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年1月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本巻は、大正十一年の陰暦三月二十五日から二十七日(新暦四月二十一日から二十三日)の三日間に口述されたものである。
丹波村お節親子の比沼真名井ヶ原への参拝、黒姫撃退の段、鬼ヶ城に割拠する鬼熊別・蜈蚣姫夫婦の邪神が天の磐船で逃げていくところまでの、山岳を中心とした神代物語です。
三五教の宣伝使、悦子姫、音彦、青彦、加米彦をはじめ、三岳山の岩窟に囚われていた紫姫主従三人が救われて参加した言霊戦で終わっています。
地名は現代と変わっていますが、解かりやすくするために、現代の地名を用いています。
特に注意すべき点は、神界幽界現界共通の面白い場面が現れていることですので、注意深く読んでください。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第3輯 521頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)陰暦(いんれき)三月(さんぐわつ)二十五日(にじふごにち)より二十七日(にじふしちにち)002(すなは)四月(しぐわつ)二十一日(にじふいちにち)より二十三日(にじふさんにち)三日間(みつかかん)(わた)口述(こうじゆつ)したるものでありまして、003比沼(ひぬ)真名井ケ原(まなゐがはら)参拝(さんぱい)より、004丹波村(たんばむら)(せつ)親子(おやこ)邪教(じやけう)宣伝者(せんでんしや)黒姫(くろひめ)撃退(げきたい)005(ならび)鬼ケ城(おにがじやう)割拠(かつきよ)せる鬼熊別(おにくまわけ)006蜈蚣姫(むかでひめ)夫婦(ふうふ)邪神(じやしん)007数多(あまた)魔軍(まぐん)振捨(ふりす)て、008(あま)磐船(いはふね)()(まか)せ、009天空(てんくう)(たか)姿(すがた)(かく)したる(ところ)までの、010山岳(さんがく)中心(ちうしん)とする神代(かみよ)物語(ものがたり)であります。
011 三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)012悦子姫(よしこひめ)013音彦(おとひこ)014加米彦(かめひこ)015青彦(あをひこ)(はじ)め、016魔神(まがみ)(ため)三岳山(みたけやま)岩窟(がんくつ)(とら)はれ()たる紫姫(むらさきひめ)主従(しゆじゆう)三人(さんにん)(すく)はれて、017(これ)参加(さんか)せる言霊戦(ことたません)(もつ)本巻(ほんくわん)終局(しうきよく)としてあります。018地名(ちめい)(とう)(おい)て、019現代(げんだい)とは少々(せうせう)(かは)つて()りますが、020(わか)(やす)くするため、021(あたら)しき地名(ちめい)(もち)ゐて口述(こうじゆつ)して()きました。022(とく)注意(ちうい)すべき(こと)は、023神界(しんかい)幽界(いうかい)現界(げんかい)共通(きやうつう)面白(おもしろ)場面(ばめん)(あら)はれ()(こと)であります。024見落(みおと)しなくお()(くだ)さい。
025  大正十一年四月二十三日
026於瑞祥閣 王仁