霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説歌(そうせつか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 篇:前付 よみ:
章:第17巻 よみ:そうせつか 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年04月23日(旧03月27日) 口述場所:瑞祥閣 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年1月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
故郷の穴太寺の観音様に詣でて帰り、一日休んだその後に、腹帯を締めなおして大江山の悪魔退治の続きを語り出す。
一面の銀世界の中、寒さをこらえて丸裸で真名井ヶ原に詣でる五人の宣伝使は、爺・婆・娘子を背負って比治山峠を上っていくが、遂に昇天してしまう。
親子三人は進んで行くが、黒姫が途中で行く手をさえぎる。
比沼真名井の霊場に首尾よく詣でて帰ってきたが、爺はこけてあの世の人となり、お節は病に伏せる。そこへ黒姫が出てきて訳のわからぬ祈祷をするが、ますます病は重くなって逃げ出してしまう。
幽界でお節は五人の男に襲われるが、青彦の霊に助けられ、息を吹き返す。青彦は現界でお節と夫婦の約をする。
三五教の宣伝使が、三岳山を乗り越えて、曲津の巣くう鬼ヶ城で一斉に言霊戦を開始する物語である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm170003
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第3輯 522頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001西(にし)半国(はんごく)(そび)()
002(ひがし)愛宕(あたご)(みね)(たか)
003(みなみ)(はるか)妙見(めうけん)
004(やま)雲表(うんぺう)屹立(きつりつ)
005帝釈山(たいしやくざん)北方(ほつぱう)
006コバルト(いろ)()(いだ)
007若芽(わかめ)()ゆる山屏風(やまびやうぶ)
008(なか)穴太(あなほ)(うし)()ひし
009(わが)故郷(ふるさと)()(たか)
010西国(さいこく)二十一番(にじふいちばん)
011札所(ふだしよ)(きこ)えし穴太寺(あなほでら)
012故郷(こきやう)()でて二十五年(にじふごねん)
013(かみ)真道(まみち)(まつろ)ひて
014幼稚心(をさなごころ)(した)ひたる
015三十三相(さんじふさんさう)(そな)へます
016(ひじり)(たい)尻喰(しりくら)
017観音(くわんのん)さまとて()てられず
018松村(まつむら)加藤(かとう)中野氏(なかのうぢ)
019(ふで)勇者(ゆうしや)(ともな)ひて
020三日三夜(みつかみよさ)(ぼう)()
021(かへ)つて一日(いちにち)グウグウと
022疲労(くたびれ)(やす)()(やす)
023(いよいよ)腹帯(はらおび)()めなをし
024(かた)()でたる大江山(おほえやま)
025悪魔(あくま)退治(たいぢ)(その)(つづ)
026黄金(こがね)(いろ)(はな)()きて
027()一面(いちめん)銀世界(ぎんせかい)
028真名井ケ原(まなゐがはら)(まう)でむと
029せう(こと)なさのまる(はだか)
030(さむ)(こら)へて(のぼ)()
031()サン()サンや娘子(むすめご)
032背中(せなか)()うて比治山(ひぢやま)
033(たうげ)(うへ)(のぼ)()
034(さむ)さは(さむ)(たちま)ちに
035五人男(ごにんをとこ)昇天(しようてん)
036親子(おやこ)三人(さんにん)是非(ぜひ)もなく
037(すす)()()黒姫(くろひめ)
038伏屋(ふせや)(なか)より(あら)はれて
039(ちから)(かぎ)りに(くら)ひとめる
040信神(しんじん)堅固(けんご)老爺(ぢぢ)(むすめ)
041(ばば)(はなし)聞捨(ききす)てて
042(いさ)(すす)みて比沼真名井(ひぬまなゐ)
043清水(しみづ)()()霊場(れいぢやう)
044首尾(しゆび)()(まう)立帰(たちかへ)
045手桶(てをけ)をさげて(には)(おも)
046ウンと()けたが病就(やみつき)
047()サンは幽界(あのよ)(ひと)となり
048(また)もや(むすめ)病気(いたづき)
049(とこ)(くるし)()(よる)
050痩衰(やせおとろ)へしお(せつ)(ぢやう)
051(ばば)(たの)みに黒姫(くろひめ)
052(かた)(いか)らし()(きた)
053(わけ)(わか)からぬお筆先(ふでさき)
054ウラナイ(けう)宣伝歌(せんでんか)
055(あせ)(なが)して()りつれば
056(やまひ)益々(ますます)(おも)くなり
057これや(たま)らぬと黒姫(くろひめ)
058神界(しんかい)御用(ごよう)()(ゆゑ)
059(わたし)(かへ)らにやならないと
060(てい)よく(この)()()(かへ)
061(むすめ)のお(せつ)夢心地(ゆめごこち)
062仮死(かし)状態(じやうたい)(おちい)りて
063荒野ケ原(あれのがはら)をトボトボと
064(すす)()(をり)(たちま)ちに
065裸男(はだかをとこ)五人連(ごにんづ)
066(せつ)()かけ(うち)かかり
067(あやふ)()えし折柄(をりから)
068顔色(かほいろ)(あを)青彦(あをひこ)
069霊魂(みたま)(たちま)(あら)はれて
070(むすめ)(なん)(すく)ひたり
071(せつ)呼吸(いき)()(かへ)
072(よろこ)(をり)しも黒姫(くろひめ)
073(おほ)きな(つら)して()(きた)
074(なん)ぢやカンぢやと()らず(ぐち)
075(とき)しもあれや青彦(あをひこ)
076肉体(にくたい)さげて入来(いりきた)
077(なら)()サンの懇望(こんばう)
078(せつ)(よめ)(もら)はうと
079(なかば)(やく)して(かへ)()
080三岳(みたけ)(やま)()()えて
081三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
082曲津(まがつ)(すく)鬼ケ城(おにがじやう)
083(ほこ)(そろ)へて一斉(いつせい)
084言霊戦(ことたません)開始(かいし)する
085()面白(おもしろ)物語(ものがたり)
086瑞祥閣(ずゐしやうかく)北枕(きたまくら)
087火鉢(ひばち)(なが)めて西(にし)()
088(くろ)(かほ)をば(にら)()
089ボンボリ()けて(ふで)()
090松村(まつむら)北村(きたむら)加藤氏(かとううぢ)
091東尾(ひがしを)吉雄氏(よしをし)四人連(よにんづ)
092縦横無尽(じうわうむじん)()きまくる
093現幽神界(げんいうしんかい)混同(こんどう)
094夢物語(ゆめものがたり)面黒(おもくろ)
095あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
096御霊(みたま)(さち)(たま)へかし
097(あたま)かしかし(あな)かしこ。
098  大正十一年四月二十三日 旧三月二十七日
099於瑞祥閣 王仁
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。