霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 羽化登仙(うくわとうせん)〔六一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 篇:第1篇 雪山幽谷 よみ:せつざんゆうこく
章:第4章 羽化登仙 よみ:うかとうせん 通し章番号:615
口述日:1922(大正11)年04月21日(旧03月25日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年1月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
魔の岩窟から本物のお節を救い出した一行は、真名井ヶ原に進んで行く。五人の男は裸のまま、比治山颪に吹かれながら坂を登っていく。
岩公、勘公、櫟公は寒さしのぎに、平助、お楢、お節を背負って登っていくことにした。
平助は鬼虎・鬼彦の一年前の仕業をまだ根に持っていて、意地の悪いことを言い続ける。鬼虎と鬼彦が相撲をしたはずみに谷へ落ち込んだのを見ても、愉快気に笑って悪態をついている。また平助とお楢は、一同の心を疑って、泥棒扱いをする。
そのうちに鬼彦と鬼虎は自力で谷から上がってきた。すると天から微妙の音楽が聞こえて空中に声がし、岩公、勘公、櫟公に宣伝使服が降された。
宣伝使服は三人に自然に密着すると、三人は天女の姿になって空中を翔けて真名井ヶ原に飛んでいった。
この様を見て、お節は泣いて非を詫び、平助とお楢に改心を促した。
次に鬼虎と鬼彦にも宣伝使服が降され、二人も霊地に向かって空中を翔けて行った。
平助はあんな者どもが天女になるなんて、と愚痴をこぼしている。お楢は、自分たち夫婦が若い頃から金に強欲で、人の心を殺してきた罪から、去年お節をさらわれた凶事が出てきたのではないか、と省みた。そして、これは神様が善と悪の鑑を見せてくださったのだ、と平助に改心を促した。
五人の男が羽化登仙したのは、実は肉体では徹底的な改心ができず、神業に参加する資格がないために、神界の慈悲によって凍死せしめたのであった。そうして、天国に救って神業に参加させたのである。
五人の遺体は平助親子の知らぬ間に土中に深く埋められた。
そして真の悦子姫、音彦、青彦、加米彦はすでに真名井ヶ原に到着していた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:54頁 八幡書店版:第3輯 543頁 修補版: 校定版:56頁 普及版:23頁 初版: ページ備考:
001 ()さへ(おそ)ろしき()岩窟(いはや)よりお(せつ)(すく)()し、002鬼彦(おにひこ)一行(いつかう)五人(ごにん)(はだか)のまま、003比治山颪(ひぢやまおろし)()かれ、004(ふる)(ふる)平助(へいすけ)親子(おやこ)(さき)()て、005雪解(ゆきどけ)山坂(やまさか)(のぼ)()く。
006岩公(いはこう)『アヽ平助(へいすけ)さま、007(なら)さま、008年寄(としよ)りの()で、009(この)山坂(やまさか)をお(のぼ)りになるのは、010大抵(たいてい)(こと)ぢや()りますまい。011(せつ)さまも(なが)(あひだ)012(いは)(なか)()()められ、013(あし)(よわ)つたでせう。014どうぞ、015吾々(われわれ)(わか)(もの)016あなた(がた)()はして(くだ)さいませぬかナア』
017平助(へいすけ)『イエイエ滅相(めつさう)な、018ソンナ(こと)をすると、019参詣(まゐ)つたが参詣(まゐ)つたになりませぬ。020人様(ひとさま)のお世話(せわ)になつて()(くらゐ)なら、021(ばば)アと二人(ふたり)炬燵(こたつ)(なか)から(をが)みて()りますわ』
022岩公(いはこう)『これはしたり平助(へいすけ)さま、023それもさうだが、024吾々(われわれ)(たす)けると(おも)つて、025()はれて(くだ)さい。026(じつ)(こと)()へば、027赤裸(まるはだか)(かぜ)(あて)られ、028何程(なにほど)元気(げんき)私達(わたしたち)でも、029辛抱(しんばう)出来(でき)ませぬ、030()はして(くだ)さらば、031(からだ)(あたたか)くなり、032(また)(まへ)さま()(らく)(まゐ)れると()ふものだ。033()れが一挙両得(いつきよりやうとく)034(わたし)(よろこ)び、035あなた(がた)(らく)(まゐ)れると()ふものぢや。036神様(かみさま)(この)んで苦労(くらう)をせよとは仰有(おつしや)らぬ。037チツとでも(らく)信神(しんじん)出来(でき)るのを、038(よろこ)びなさるのだから、039どうぞ痩馬(やせうま)()ると(おも)つて、040(わたし)背中(せなか)にとまつて(くだ)さいな』
041平助(へいすけ)『お(まへ)背中(せなか)宿屋(やどや)ぢやあるまいし、042………(とり)かなぞの(やう)にトマル(こと)出来(でき)るかい。043あまり(ひと)馬鹿(ばか)にするものぢやない』
044岩公(いはこう)『ヤア()れは()れは失言(しつげん)(いた)しました。045どうぞ三人(さんにん)さま(とも)046御馬(おうま)御用(ごよう)(あふ)()(くだ)さいますれば、047有難(ありがた)(ぞん)じます』
048平助(へいすけ)『コレコレお(なら)049(せつ)050大分(だいぶ)キツイ(さか)ぢや。051裸馬(はだかうま)()ると(おも)うて、052()つてやらうかい』
053(なら)『アハヽヽヽ、054二本足(にほんあし)(うま)()るのはお(ぢい)サン、055ちつと剣呑(けんのん)ぢやないかい』
056平助(へいすけ)『ナアニ、057此奴(こいつ)六本足(ろつぽんあし)だ。058本当(ほんたう)(うま)より大丈夫(だいぢやうぶ)かも()れぬ』
059岩公(いはこう)『おぢいさま、060六本足(ろつぽんあし)とはソラどう()ふものだ。061三人(さんにん)一緒(いつしよ)勘定(かんぢやう)しられては、062チツと(こま)るデ……』
063平助(へいすけ)『ナニお(まへ)064三人(さんにん)()れば十八本(じふはちほん)だ。065(まへ)一人(ひとり)六本(ろつぽん)ぢや。066肉体(にくたい)(あし)二本(にほん)と、067副守護神(ふくしゆごじん)四足(よつあし)()はしたら、068六本(ろつぽん)になるぢやないかい』
069鬼彦(おにひこ)『アハヽヽヽ、070馬鹿(ばか)にしよる。071俺達(おれたち)獣類(けもの)(あつかひ)にするのだなア』
072平助(へいすけ)()まつた(こと)だよ。073(きつね)とも、074(たぬき)とも、075(おに)とも(わか)らぬ代物(しろもの)だ。076六本足(ろつぽんあし)()うて(もら)うのはまだ結構(けつこう)ぢや』
077鬼彦(おにひこ)『エツ、078(さむ)いのに仕様(せう)もない(こと)()つて、079(ひや)かして()れないツ………ナア鬼虎(おにとら)080(さむ)いぢやないか』
081鬼虎(おにとら)『ウン、082大分(だいぶ)()(かん)じますなア、083………もしもしおぢいさま、084()アさま、085どうぞ吾々(われわれ)(たす)けると(おも)うて、086背中(せなか)()つて(くだ)さい………アヽ(さむ)いさむい、087(たす)けだ』
088平助(へいすけ)『アヽそれならば、089(なら)や、090(せつ)091()つてやらうかい。092大分(だいぶ)(さむ)さうぢや。093チツと(あせ)()かしてやつたら、094(ぬく)もつてよからう。095これも神様(かみさま)(まゐ)りの善根(ぜんこん)ぢやと(おも)うて、096少々(せうせう)(くる)しいても辛抱(しんばう)してやらう。097(その)(かは)りにお前達(まへたち)098(おと)(こと)はならぬぞ、099(おと)したが最後(さいご)神罰(しんばつ)(あた)るから、100鄭重(ていちよう)にお(とも)するが()いワ』
101『ヤア早速(さつそく)のお(きき)(とど)け、102鬼彦(おにひこ)103鬼虎(おにとら)104()()り、105歓喜(くわんき)雀躍(じやくやく)(いた)りで御座(ござ)います』
106平助(へいすけ)『コレ、107(ひこ)に、108(とら)109(たれ)がお(まへ)(やう)な、110意地癖(いぢくせ)(わる)いジヤジヤ(うま)()るものか、111わしの()るのは岩馬(いはうま)ぢや。112(ばば)アは勘馬(かんうま)背中(せなか)に、113(せつ)櫟馬(いちうま)背中(せなか)()つて()くのだよ。114(おほ)きに、115御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)う』
116『どうしても吾々(われわれ)には、117御思召(おぼしめし)御座(ござ)いませぬか』
118平助(へいすけ)『エー、119何程(なにほど)(かね)()れたつて、120前等(まへら)(やう)(もの)()つて(たま)るかい。121(からだ)(けが)れますワイ。122一寸(いつすん)(むし)五分(ごぶ)(たましひ)だ。123(えら)()()はされて、124()うて(もら)つた(くらゐ)で、125(うら)みを()らす(やう)腰抜(こしぬけ)があつてたまるものか。126何処(どこ)までも、127(まへ)御世話(おせわ)にやなりませぬワイナ』
128鬼虎(おにとら)『アーア、129執心(しつしん)(ふか)いお老爺(ぢい)さまだ。130(しか)しこれも()から()(さび)だ。131………エー仕方(しかた)がない、132(さぶ)(さぶ)い、133(からだ)(なに)氷結(ひようけつ)しさうだ。134比治山峠(ひぢやまたうげ)(おい)て、135首尾(しゆび)()凍死(とうし)するのかなア……オイ鬼彦(おにひこ)136(ひと)つ……モウ仕方(しかた)がないから、137(はだか)(さいは)ひ、138相撲(すまう)でも()つて、139(からだ)でも(ぬく)めやうぢやないか』
140『オウさうぢや。141()(ところ)()()いた』
142二人(ふたり)(すこ)(ひろ)(ところ)(たたず)み、143両方(りやうはう)から(ちから)()めて、144押合(おしあ)ひを(はじ)()した。145あまり(ちから)()れすぎ、146ヨロヨロと、147鬼彦(おにひこ)蹌跟(よろめ)途端(とたん)に、148二人(ふたり)真裸(まつぱだか)(まま)149雑木(ざふき)(しげ)れる急坂(きふはん)をかすり(なが)ら、150谷底(たにそこ)()()みにける。151平助(へいすけ)背中(せなか)()はれ(なが)ら、
152平助(へいすけ)『アーア(ばち)()(まへ)じや。153あまり悪党(あくたう)(こと)をすると、154アンナものぢや。155神様(かみさま)正直(しやうぢき)ぢやなア。156……オイ岩公(いはこう)157貴様(きさま)彼奴等(あいつら)の……もとは乾児(こぶん)ぢやつたらう。158今日(けふ)(おれ)のお(かげ)(ぬく)()()はして(もら)うて、159さぞ満足(まんぞく)ぢやらう。160アハヽヽヽ』
161岩公(いはこう)『コレコレぢいさま、162(まへ)さまも()加減(かげん)打解(うちと)けたらどうだイ。163あれ(だけ)鬼彦(おにひこ)や、164鬼虎(おにとら)哥兄(あにい)改心(かいしん)して、165一生懸命(いつしやうけんめい)謝罪(あやま)つて()るのに、166(まへ)さまはどこまでも()()になつて、167(くるし)めようとするのか……イヤ(はぢ)をかかすのか。168()うなると、169(この)岩公(いはこう)(かへつ)二人(ふたり)(はう)同情(どうじやう)したくなつて()た。170エー平助(へいすけ)ヂイ()がツ……谷底(たにそこ)()()みてやらうか。171()()になりよつて、172あまりだ。173傲慢(ごうまん)不遜(ふそん)糞老爺(くそぢぢ)()が……』
174平助(へいすけ)『コラコラ岩公(いはこう)175滅多(めつた)(こと)(いた)すまいぞ。176コンナ(ところ)(はう)られようものなら、177それこそ(ひと)たまりもない、178(おれ)生命(いのち)風前(ふうぜん)灯火(ともしび)だ。179()()けて()かぬかい。180……第一(だいいち)貴様(きさま)(あし)長短(ながみじか)があつて、181乗心地(のりごこち)(わる)い。182(その)跛馬(びつこうま)()つてやつて()るのに、183(なん)ぢや、184(その)(おん)(わす)れよつて、185御託(ごうたく)(ぬか)すと()(こと)()るものか。186グヅグヅ()うと、187(びん)()をひつぱつてやらうか』
188岩公(いはこう)『アイタヽヽ、189コラぢいさま、190ソンナ(とこ)()()られると、191(いた)いワイ』
192平助(へいすけ)(いた)(やう)()()るのだ。193サアしつかりと(のぼ)らぬか、194………モツとひつぱらうか』
195岩公(いはこう)『オイ勘公(かんこう)196櫟公(いちこう)197どうぢや、198大変(たいへん)都合(つがふ)()(とこ)()る。199三人(さんにん)一度(いちど)此処(ここ)から(ころ)げたろか。200あまり劫腹(ごうはら)ぢやないか、201(この)糞老爺(くそぢぢ)()202馬鹿(ばか)にしやがる。203裸一貫(はだかいつくわん)荒男(あらをとこ)(つか)まへて、204(ぢぢ)205(ばば)アや阿魔女(あまつちよ)に、206コミワラれて()まるものかい。207此処(ここ)まで、208吾々(われわれ)(ぜん)(つく)し、209親切(しんせつ)(つく)して()たのだ。210最早(もはや)勘忍袋(かんにんぶくろ)()()れた。211鬼彦(おにひこ)212鬼虎(おにとら)哥兄(あにい)今頃(いまごろ)谷底(たにそこ)()ちて、213ドンナ()()つてるか()れやしないぞ。214此奴等(こいつら)三人(さんにん)一緒(いつしよ)こたに谷底(たにそこ)(はう)()んで、215俺等(おいら)一緒(いつしよ)に、216哥兄(あにい)心中(しんぢう)しやうぢやないか』
217勘公(かんこう)『オウさうぢや、218(おれ)もモウむかついて()た。219(この)(さか)(ばば)アを背中(せなか)()せて、220御苦労(ごくらう)さまとも()うて(もら)はずに、221(おん)()せられ、222おまけに悪口(あくこう)までつかれて(たま)つたものぢや()い、223いつその(こと)224()()(みつ)ツでやつたろかい………アイタヽヽ……コラコラ()アさま、225(ひど)(こと)をするない。226(びん)()無茶苦茶(むちやくちや)にひつぱりよつて……』
227(なら)()かいでかい()かいでかい、228(この)(うま)手綱(たづな)()いから、229手綱(たづな)(かは)りに、230(びん)なと()かねば、231どうして(うま)(うご)くものか。232シイ、233シーツ……ドード……ハイハイ』
234勘公(かんこう)『エーツ、235怪体(けたい)(わる)い……(いよいよ)四足(よつあし)(あつか)ひにしられて(しま)つた。236……オイ櫟公(いちこう)237貴様(きさま)はどうだ。238()()(みつ)ツで、239谷底(たにそこ)へゴロンとやらうぢやないか。240貴様(きさま)賛成(さんせい)ぢやらう』
241櫟公(いちこう)『どうしてどうして、242()れが(ほか)されるものか。243(さむ)うて(たま)らない(ところ)(あたた)かうして(もら)つて、244(あせ)()るのも三人(さんにん)のお(かげ)だ。245ソンナ(こと)()うと冥加(みやうが)()きるぞ。246(ばち)(あた)らうぞい……』
247勘公(かんこう)『アヽ貴様(きさま)はよつ(ぽど)目カ一ヽヽ(めかいちちよんちよん)(じふ)ぢやな。248(せつ)(わか)(むすめ)(またが)つて(もら)ひ、249気分(きぶん)()からうが、250(おれ)皺苦茶(しわくちや)だらけの、251(ほね)(かた)()アを背中(せなか)()うて、252(ぬく)(こと)も、253なんにも()りやしないワ。254(のう)255岩公(いはこう)……』
256岩公(いはこう)『オウさうぢや、257まだ貴様等(きさまら)(ばば)アでも(をんな)だから()いが、258(おれ)()になつて()い、259(かた)(かた)いコンパスを、260ニユウと(まへ)(はう)突出(つきだ)しよつて、261前高(まへだか)山路(やまみち)262(ある)けたものぢやないワ。263エー、264大分(だいぶ)(からだ)(ぬく)うなつた。265……オイ老爺(ぢい)に、266()ア、267モウ()りて(もら)ひませうかイ』
268平助(へいすけ)『アヽもう(おろ)して(くだ)さるか。269それは有難(ありがた)い。270(きつ)(ところ)はモウ()みたし、271(これ)からは平地(ひらち)なり、272前下(まへさ)がり(みち)だ。273()(ふさ)いどつても、274モウ()ける……アー(くる)しい(こと)ぢやつた。275(その)(かは)りお前達(まへたち)(また)(さむ)いぞ。276(むかし)地金(ぢがね)()して、277俺達(おれたち)着物(きもの)追剥(おひはぎ)でもしやせぬかな』
278岩公(いはこう)『アヽ老爺(ぢい)さま、279(なさけ)()(こと)()つて()れな。280改心(かいしん)した以上(いじやう)は、281塵片(ちりぎれ)一本(いつぽん)だつて、282他人(ひと)(もの)()(やう)根性(こんじやう)()るものかいナ』
283平助(へいすけ)『それでもなア、284()ア、285此奴等(こいつら)改心(かいしん)()ふものは、286(あて)にならぬものぢや。287()ア、288しつかりして()れよ』
289(なら)『さうともさうとも、290老爺(ぢい)さまお(まへ)(しつか)りしなさい、291コレコレお(せつ)や、292(まへ)()()けぬと()うと、293何時(なんどき)追剥(おひはぎ)早変(はやがは)りするかも()れたものぢやない。294()(はら)()へられぬと()つて、295年寄(としよ)りや、296女子(をなご)(さいは)ひに、297追剥(おひはぎ)をするかも(わか)つたものぢやないワ』
298 (この)(とき)299鬼虎(おにとら)300鬼彦(おにひこ)は、301(たに)(そこ)からガサガサと()()がり()たり、
302岩公(いはこう)『ヤア(ひこ)(とら)か、303貴様(きさま)谷底(たにそこ)で、304今頃(いまごろ)五体(ごたい)ズタズタに破壊(はくわい)して(しま)つたぢやらうと(おも)うて()たのに、305まだ()なずに(かへ)つて()たか、306マア結構々々(けつこうけつこう)307サア(いは)ひに此処(ここ)一服(いつぷく)でもしやうかい』
308一服(いつぷく)()いが、309()(かぜ)のある(ところ)では、310(さむ)うて(やす)()にもならぬ。311(からだ)さへ(うご)かして()れば(あたた)かいから、312ボツボツ()くことにしやうかい』
313 (この)(とき)何処(いづく)ともなく微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)()たり。314一行(いつかう)八人(はちにん)(おも)はず(みみ)(そばだ)()()る。315(たちま)空中(くうちう)(こゑ)あり、
316岩公(いはこう)317勘公(かんこう)318櫟公(いちこう)319真裸(まつぱだか)(さぞ)(さむ)いであらう、320(いま)(てん)より(あたた)かき衣裳(いしやう)(あた)へてやらう。321(これ)()()けて、322(いさぎよ)真名井ケ原(まなゐがはら)(おく)(すす)むが()からう』
323 鬼彦(おにひこ)324鬼虎(おにとら)一度(いちど)に、
325『モシモシ、326空中(くうちう)(こゑ)神様(かみさま)327吾々(われわれ)二人(ふたり)真裸(まつぱだか)御座(ござ)います。328どうぞお見落(みおと)しなさらぬ(やう)に……(おな)(こと)なら、329モウ二人分(ふたりぶん)(あた)へて(くだ)さいませ』
330空中(くうちう)(こゑ)鬼虎(おにとら)331鬼彦(おにひこ)衣裳(いしやう)は、332()つて詮議(せんぎ)(うへ)333………(あた)へるとも、334(あた)へぬとも、335決定(けつてい)せない。336(いま)(しばら)辛抱(しんばう)(いた)すが()からう』
337 何処(どこ)ともなく、338立派(りつぱ)なる宣伝使(せんでんし)(ふく)三着(さんちやく)339(この)()(かぜ)()られて(くだ)(きた)り、340三人(さんにん)身体(からだ)惟神的(かむながらてき)密着(みつちやく)した。
341岩公(いはこう)『ヤア有難(ありがた)有難(ありがた)い、342時節(じせつ)()たねばならぬものぢや。343……オイ(かん)に、344(いち)よ、345立派(りつぱ)(ふく)ぢやないか。346これさへ()れば、347(ちう)でも()てる(やう)になるだらう、348(てん)から(くだ)つた(あま)羽衣(はごろも)では()るまいかなア。349……もしもし平助(へいすけ)さま、350(ばば)アさま、351(せつ)さま、352(えら)御心配(ごしんぱい)をかけました。353蔭様(かげさま)で、354(この)(とほ)立派(りつぱ)(あま)羽衣(はごろも)頂戴(ちやうだい)(いた)しました』
355平助(へいすけ)『お前等(まへら)は、356悪人(あくにん)ぢや悪人(あくにん)ぢやと(おも)うて()つたが、357……ホンに立派(りつぱ)衣裳(いしやう)神様(かみさま)から(もら)ひなさつた。358モウこれから、359(けつ)して(けつ)してお(まへ)さまに口応(くちごた)へは(いた)さぬ。360どうぞ(ゆる)して(くだ)され』
361 三人(さんにん)()けたる装束(しやうぞく)は、362()()羽衣(はごろも)(ごと)くに変化(へんくわ)し、363(いは)364(かん)365(いち)(かほ)(たちま)天女(てんによ)姿(すがた)となり、366空中(くうちう)前後左右(ぜんごさいう)()びまわり(なが)ら、367真名井ケ原(まなゐがはら)(おく)目蒐(めが)けて、368悠々(いういう)(かけ)()く。369鬼彦(おにひこ)370鬼虎(おにとら)371平助(へいすけ)372(なら)373(せつ)五人(ごにん)は、374(この)光景(くわうけい)打仰(うちあふ)ぎ、375呆然(ばうぜん)として(ひか)()る。376(しばら)くあつて、377(せつ)(こゑ)()げて()()したれば、378平助(へいすけ)379(なら)(おどろ)いて、
380『コレヤコレヤお(せつ)381どうしたどうした、382(はら)でも(いた)いのか。383(なに)()く……』
384左右(さいう)より、385老爺(ぢい)()アとは獅噛(しが)()き、386顔色(かほいろ)()へて()ひかける。387(せつ)(なみだ)(ぬぐ)(なが)ら、
388『お祖父(ぢい)さま、389祖母(ばあ)さま、390どうぞ改心(かいしん)して(くだ)さいませ。391あの(やう)(あら)くれ(をとこ)(いは)さま、392(かん)さま、393(いち)さまは大神様(おほかみさま)御心(みこころ)(かな)ひ、394あの立派(りつぱ)平和(へいわ)女神(めがみ)となつて、395神様(かみさま)御用(ごよう)にお()ちなさつた。396(わたし)(をんな)()であり(なが)ら、397改心(かいしん)()らぬと()えて、398神様(かみさま)御用(ごよう)()てて(くだ)さらぬ。399どうぞ、400あなた二人(ふたり)は、401今迄(いままで)執拗(しつえう)(こころ)をサラリと(はら)()惟神(かむながら)(こころ)になつて(くだ)さい。402さうでなければ、403(わたし)神様(かみさま)にお(つか)へする(こと)出来(でき)ませぬ』
404(また)もや『ワツ』と(ばか)りに()(しづ)む。405(この)(とき)天上(てんじやう)(こゑ)あり、
406鬼彦(おにひこ)407鬼虎(おにとら)408(いま)(てん)より(くだ)羽衣(はごろも)(なんぢ)(あた)ふ。409(なんぢ)改心(かいしん)(まこと)は、410(いよいよ)(てん)(つう)じたり』
411 鬼彦(おにひこ)412鬼虎(おにとら)()()(ばか)打喜(うちよろこ)び、413両人(りやうにん)大地(だいち)平伏(へいふく)し、
414『ハハア、415ハツ』
416()つた()り、417(うれ)(なみだ)()()れて()る。418二人(ふたり)不図(ふと)(かほ)をあぐれば、419えも()はれぬ(うるは)しき羽衣(はごろも)420地上(ちじやう)一二尺(いちにしやく)(はな)れた(ところ)浮游(ふいう)して()る。421手早(てばや)(ひろ)()げむとする刹那(せつな)422ピタリと二人(ふたり)(からだ)密着(みつちやく)した。423追々(おひおひ)羽衣(はごろも)拡大(くわくだい)し、424自然(しぜん)身体(からだ)浮上(うきあが)り、425二人(ふたり)空中(くうちう)前後左右(ぜんごさいう)飛揚(ひやう)しながら、
426平助(へいすけ)さま、427(なら)さま、428(せつ)さま、429左様(さやう)ならお(さき)(まゐ)ります』
430空中(くうちう)悠々(いういう)として、431真名井ケ岳(まなゐがだけ)霊地(れいち)(むか)つて(かけ)()く。432(あと)三人(さんにん)呆然(ばうぜん)として、433(この)光景(くわうけい)(もの)をも()はずに見詰(みつ)()たりけり。
434平助(へいすけ)『アーア人間(にんげん)()(もの)は、435(わけ)(わか)らぬものぢやなア、436(わし)(やう)善人(ぜんにん)は、437()うして(やま)(うへ)(さむ)(かぜ)(さら)され、438(むすめ)痩衰(やせおとろ)へ、439親子(おやこ)三人(さんにん)やうやう此処(ここ)まで()()(こと)()たが、440五人(ごにん)大江山(おほえやま)眷属共(けんぞくども)(また)441どうしたものぢや。442アンナ立派(りつぱ)衣裳(いしやう)(てん)から(いただ)きよつて、443羽化登仙(うくわとうせん)444自由自在(じいうじざい)()となりよつた。445神様(かみさま)もあまりぢや あまりぢや、446アンナ(をとこ)天人(てんにん)()れるのなら、447俺達(おれたち)親子(おやこ)三人(さんにん)も、448立派(りつぱ)天人(てんにん)にして(くだ)さつたら()かりさうなものぢやないか。449アーア()れもヤツパリ、450身魂(みたま)因縁(いんねん)性来(しやうらい)で、451何時(いつ)までも出世(しゆつせ)出来(でき)ぬのかなア』
452(なら)『おやぢドン何事(なにごと)神様(かみさま)思召(おぼしめし)(どほ)りより()くものぢやない。453人間(にんげん)()から(あく)()えても(ぜん)身魂(みたま)もあり、454人間(にんげん)勝手(かつて)(ぜん)ぢや(ぜん)ぢやと(おも)うて、455自惚(うぬぼれ)()ると、456何時(いつ)()にやら邪道(じやだう)()ちて(くる)しむと()(こと)ぢや、457去年(きよねん)(せつ)()られてから、458二人(ふたり)()きの(なみだ)()らしたのも、459(わか)(あひだ)から(よく)ばつかりして、460(かね)()め、461(ひと)()かして()(むく)いで、462(かね)はぼつたくられ、463一年(いちねん)(あひだ)()いて(くら)したのぢや。464今迄(いままで)(こと)を、465(むね)()()てて(かんが)へて()れば、466(ひと)こそ、467(かたち)(うへ)(ころ)さぬが、468藪医者(やぶいしや)(やう)に、469無慈悲(むじひ)(こと)をして、470何程(なにほど)(ひと)(こころ)(ころ)して()たか、471(わか)つたものぢやない、472おやぢどの、473(まへ)(わか)(うち)から、474(おに)平助(へいすけ)475渋柿(しぶがき)平助(へいすけ)()はれて()たのぢやから、476コンナ憂目(うきめ)()うのは当然(あたりまへ)だよ。477(おや)(ばち)()(むく)うて、478可愛(かあい)いお(せつ)が、479一年(いちねん)(あひだ)480コンナ()()うたのぢや。481(たれ)(うら)める(こと)()い。482みな自分(じぶん)罪障(ざいしやう)(むく)うて()たのじや、483アンアンアン』
484平助(へいすけ)(おれ)常平生(つねへいぜい)485()(もの)()はず、486(よく)(かね)()めたのも、487みなお(せつ)可愛(かあい)いばつかりぢや、488どうぞしてお(せつ)一生(いつしやう)(らく)(くら)さしてやりたいと(おも)うた(ため)に、489チツとは無慈悲(むじひ)(こと)()つて()たが、490それぢやと()うて、491(べつ)(おれ)美味(うま)(もの)一遍(いつぺん)()つたのでもなし、492身欲(みよく)()(こと)(ひと)つもして()らぬぢやないか』
493(なら)『それでも、494おやぢドン、495ヤツパリ身欲(みよく)になるのぢや。496他人(ひと)()には(つら)(あた)り、497団子(だんご)一片(ひときれ)()るでもなし、498(なに)()も、499(せつ)(せつ)と、500身贔屓(みびいき)ばつかりしとつて、501天罰(てんばつ)一年(いちねん)(くる)しみを()けたのぢや。502そこで神様(かみさま)(この)(とほ)り、503(ぜん)(あく)との(かがみ)()せて(くだ)さつたのぢや。504これから綺麗(きれい)サツパリと(こころ)()()へて(くだ)されや、505(ばば)アも唯今(ただいま)(かぎ)改心(かいしん)をする。506(おや)甘茶(あまちや)(どく)になつて、507(せつ)(からだ)もあまり丈夫(ぢやうぶ)ではない。508コンナ繊弱(かよわ)(からだ)(この)()(のこ)して、509(とし)()つて夫婦(めをと)幽界(あのよ)とやらへ()(とき)に、510(あと)(こころ)(のこ)(やう)(こと)では()(ところ)へも()けない。511(いま)(うち)改心(かいしん)し、512(せつ)身体(からだ)丈夫(ぢやうぶ)になる(やう)に、513真名井(まなゐ)神様(かみさま)へ、514(こころ)から(ちか)ひをして()ませう』
515三人(さんにん)は、516(ゆき)()(みち)をボツボツと、517真名井ケ原(まなゐがはら)豊国姫命(とよくにひめのみこと)出現場(しゆつげんば)()して、518(つゑ)(ちから)(すす)()く。
519 (ちなみ)に、520鬼彦(おにひこ)521鬼虎(おにとら)522(その)()三人(さんにん)羽化登仙(うくわとうせん)せしは、523(その)(じつ)肉体(にくたい)にては、524徹底的(てつていてき)改心(かいしん)出来(でき)ず、525(かつ)(また)神業(しんげふ)参加(さんか)する資格(しかく)()ければ、526神界(しんかい)御慈悲(おじひ)()り、527国替(くにがへ)凍死(とうし))せしめ、528天国(てんごく)(すく)神業(しんげふ)参加(さんか)せしめ(たま)ひたるなり。529五人(ごにん)(にく)(みや)は、530(かみ)御慈悲(おじひ)()つて、531平助(へいすけ)親子(おやこ)()らぬ()に、532(ある)土中(ちちう)(ふか)(うづ)められ、533雪崩(なだれ)(あつ)せられ、534鬼彦(おにひこ)535鬼虎(おにとら)(すく)()されたお(せつ)は、536(その)(じつ)鬼武彦(おにたけひこ)眷属(けんぞく)白狐(びやくこ)所為(しよゐ)なりき。537(また)夜中(やちう)(せつ)(おく)つて()悦子姫(よしこひめ)(その)(じつ)は、538白狐(びやくこ)旭明神(あさひみやうじん)化身(けしん)なりき。539(せつ)(かく)したる岩窟(がんくつ)は、540鬼彦(おにひこ)541鬼虎(おにとら)両人(りやうにん)ならでは、542(すく)()(こと)出来(でき)なかつたのである。543それは岩窟(がんくつ)(ひら)くに(つい)て、544(ひと)つの目標(もくへう)()つて()(もの)は、545(この)両人(りやうにん)鬼雲彦(おにくもひこ)より(ほか)になかつたから、546鬼武彦(おにたけひこ)(はか)らひに()つて、547此処(ここ)まで両人(りやうにん)引寄(ひきよ)せ、548(せつ)(すく)()さしめ(たま)うたのである。549(また)途中(とちう)五人(ごにん)(をとこ)(はだか)にした(むすめ)のおコンは、550白狐(びやくこ)(あさひ)眷属神(けんぞくしん)化身(けしん)であつた。551(さき)文珠堂(もんじゆだう)にて(わか)れたる悦子姫(よしこひめ)552(およ)平助(へいすけ)門口(かどぐち)にて(わか)れたる音彦(おとひこ)553青彦(あをひこ)554加米彦(かめひこ)真名井ケ岳(まなゐがだけ)聖地(せいち)(すで)到着(たうちやく)()たりしなり。
555大正一一・四・二一 旧三・二五 松村真澄録)