霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第17巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年1月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm178801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
(おほ)いなる世界(せかい)邪悪(まが)(のぞ)くべく
(かみ)(なら)ひて(はげ)めまめ(ひと)〈第1章(三)〉
理解(りかい)なき(ひと)不徳(ふとく)(あへ)てなし
(まこと)(かみ)(そむ)くものなり〈第1章(三)〉
生前(せいぜん)死後(しご)(そな)への()(ひと)
死期(しき)(せま)(とき)無限(むげん)(くい)あり〈第3章(三)〉
艱難(かんなん)(だい)なる(あと)幸福(かうふく)
(めぐ)みの(はな)(だい)なるが()〈第3章(三)〉
一度(ひとたび)非理(ひり)にも盲従(まうじう)()さざれば
夜光宝玉(やくわうはうぎよく)()()らぬなり〈第3章(三)〉
生死(いきしに)もなき大神(おほかみ)神御魂(かむみたま)
(あた)へられたる(ひと)霊魂(たましひ)〈第6章〉
生死(いきしに)もなき人魂(ひとたま)(をさ)むるは
日月地神(ひつきつちがみ)産土(うぶすな)(かみ)〈第6章〉
小人(せうじん)権威(けんゐ)をしばし(あた)ふれば
(たちま)威張(ゐば)りて()(みだ)すなり〈第8章(三)〉
生物(いきもの)(ほふ)らぬ(ひと)(なつ)()
毒虫(どくむし)(おそ)()たること()〈第8章(三)〉
うまるるもまかるも(かみ)御心(みこころ)
(ゆめ)外国(とつくに)のみちに(まよ)ふな〈第9章〉
おとたかく()(きこ)えたる大本(おほもと)
(をしへ)()かぬ(みみ)なしの(さと)〈第9章〉
奴婆玉(ぬばたま)(やみ)(ひと)しき外国(とつくに)
体主霊従(から)(をしへ)身魂(みたま)(ほろ)ぼす〈第10章〉
鬼大蛇(おにをろち)豺狼(さいらう)よりも(おそ)るべき
からの曲霊(まがひ)をはらへくにたみ〈第10章〉
(ただ)しきを貫徹(かんてつ)すれば強烈(きようれつ)なる
邪悪(じやあく)(たちま)()()するなり〈第10章(三)〉
逆境(ぎやくきやう)()つは(おの)れが浅見(せんけん)
(つみ)にこそあれ運命(うんめい)にあらず〈第12章(三)〉
惟神(かむながら)かみに()かせば先見(せんけん)
明智(めいち)(おのづか)(そな)はるものなり〈第12章(三)〉
(かみ)のため()のため(みち)御為(おんため)
(はた)らく(ひと)()(あそ)ぶなり〈第16章(三)〉
千思万考(せんしばんかう)(いま)()きざる其際(そのさい)
難局(なんきよく)()(ひと)にぞありける〈第16章(三)〉
種々(いろいろ)(さまた)(なや)みあればこそ
(まこと)天祐(てんゆう)()()たるなり〈第16章(三)〉
(おも)()見切(みき)るを()らぬ人々(ひとびと)
(かみ)(めぐ)みに()らず(はな)るる〈第17章(三)〉
一切(いっさい)(こと)正面(しようめん)より()ずに
反面(はんめん)より()(かなら)(かげ)あり〈第17章(三)〉
(三は三版の略)

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]