霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 神命(しんめい)〔六三一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 篇:第1篇 弥仙の神山 よみ:みせんのみやま
章:第3章 神命 よみ:しんめい 通し章番号:631
口述日:1922(大正11)年04月24日(旧03月28日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年2月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
豊彦・豊姫らの家を出て、山を半分ほど登ったところで日が暮れて暗闇となってきた。一行は枯れ草の混じった禿げた芝生の上に横になって寝についた。
猿の声、大蛇の這うような音、虎狼が唸るような怪声が聞こえてくる。大木が折れるような岩石が崩壊するような凄まじい物音で加米彦は目を覚ました。
加米彦は恐ろしさに夏彦を起こそうとするが、夏彦はこんなことは山の中ではよくあることだと、取り合わない。夏彦はまたいびきをかいて寝てしまったので、加米彦は三人の間に寝て、夜が明けるのを待っていた。
春の夜は早く明けて、一行は朝の禊と拝を行った。そして朝食の後に山を登ると、ほどなくして頂上に達した。
加米彦は絶景を嘆賞していたが、悦子姫は山頂のご神前に暗祈黙祷していた。しばらくして、悦子姫は神勅が下ったので先に行く、と言い残してさっさと山を下ってしまった。
加米彦は慌てて後を追っていく。音彦と夏彦はゆうゆうとご神前に祝詞を上げてからくだり、山の五合目ほどで加米彦に追いついた。
一行は綾の聖地を指して宣伝歌を歌いながら進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:45頁 八幡書店版:第3輯 653頁 修補版: 校定版:46頁 普及版:21頁 初版: ページ備考:
001 (しづ)伏家(ふせや)(あと)にして、002悦子姫(よしこひめ)一行(いつかう)は、003胸突坂(むなつきざか)をテクテクと、004梯子(はしご)(のぼ)りに(のぼ)()く。005()西山(せいざん)(かたむ)きて、006(ひる)さへ(くら)深山(しんざん)を、007(くろ)色彩(いろど)群烏(むらがらす)008(ねぐら)(たづ)ねて右左(みぎひだり)009ガアガアガアと()(くる)ふ、010見上(みあ)ぐる(そら)(たか)(とんび)011(はね)一文字(いちもんじ)展開(てんかい)し、012悠々(いういう)(せま)らず空中(くうちう)征服(せいふく)せる態度(たいど)(しめ)()る。
013加米彦(かめひこ)『ヤアこれは大変(たいへん)014大切(たいせつ)一張羅(いつちやうら)宣伝使服(せんでんしふく)(とび)(やつ)015(くそ)をかけよつた。016(じつ)糞懣(ふんまん)(いた)りだ。017オイ(とび)(やつ)018不都合(ふつがふ)千万(せんばん)019一先(ひとま)此方(こつち)()(もど)せ、020天地(てんち)道理(だうり)()(さと)して()れうぞ』
021夏彦(なつひこ)『アハヽヽヽ、022ウフヽヽヽ』
023音彦(おとひこ)(なん)とか()はねば(むし)(をさ)まらぬ(をとこ)だなア、024何程(なにほど)人間(にんげん)(えら)いと()うても、025空中(くうちう)自由自在(じいうじざい)翺翔(かうしよう)するだけの神力(しんりき)()いから、026(だま)つて()寝入(ねい)るが利巧(りかう)だなア』
027加米彦(かめひこ)『エヽ忌々(いまいま)しい、028音彦(おとひこ)さま(まで)(とび)応援(おうゑん)をしたり、029水臭(みづくさ)(ひと)だ。030(くそ)忌々(いまいま)しい、031アヽ(くさ)九歳(くさい)十八歳(じふはちさい)だ』
032音彦(おとひこ)大変(たいへん)其辺(そこら)(くら)くなつて()たぢやないか、033(みち)紛失(ふんしつ)しないやうに、034二尺(にしやく)(くらゐ)距離(きより)(たも)つて()(こと)にしよう』
035加米彦(かめひこ)何程(なにほど)(くら)くつても、036苦楽(くらく)(とも)にする吾々(われわれ)宣伝使(せんでんし)だ、037かういふ(とき)には加米彦(かめひこ)には大変(たいへん)都合(つがふ)がよい(わい)038無形(むけい)()ると()天眼通(てんがんつう)(ひら)けて御座(ござ)らぬノダ。039オイ夏彦(なつひこ)040(おれ)(こし)(つか)まへて()るのだぞ、041貴様(きさま)(からだ)(ちひ)さいから、042ひよつとすると(ふき)()(した)にでもなると、043(わか)らぬやうになるからなア』
044夏彦(なつひこ)『お(まへ)045それでもエロー(からだ)動揺(どうえう)して()るぢやないか、046(いづ)歩行(ほかう)すれば全身(ぜんしん)動揺(どうえう)するものだが、047(まへ)動揺振(どうえうぶり)はチト(へん)だぞ、048(ふる)うとるのぢやないかな』
049加米彦(かめひこ)()うでもよいワ、050(しつか)りと(おれ)(こし)(つか)まへて()るのだ、051(はな)しちやならぬぞ』
052夏彦(なつひこ)『ハヽヽヽヽ、053随分(ずゐぶん)()けぬ()(をとこ)だなア、054(こわ)いのだらう』
055加米彦(かめひこ)『こわいともこわいとも、056(きびす)(かは)大変(たいへん)(こわ)(わい)
057音彦(おとひこ)悦子姫(よしこひめ)さま、058かう(やみ)(とばり)がピタリと()りては仕方(しかた)()いぢや御座(ござ)いませぬか、059(よる)になると()()えない人間(にんげん)不自由(ふじゆう)ですなア』
060悦子姫(よしこひめ)何処(どこ)適当(てきたう)場所(ばしよ)()()かしませうか、061最早(もはや)(やま)半分(はんぶん)ばかり(のぼ)つたやうですが、062どうせ今日(けふ)参拝(さんぱい)()まして(かへ)(わけ)には()きますまいから』
063加米彦(かめひこ)『アヽ()()えぬ人間(にんげん)()(どく)なものだ、064(めくら)千人(せんにん)()(なか)とはよくも()つたものだ。065目明(めあ)一人(ひとり)加米彦(かめひこ)仕方(しかた)()いワ、066交際(おつきあひ)此処(ここ)御輿(みこし)(おろ)さうかい』
067夏彦(なつひこ)『オイ加米彦(かめひこ)068(なに)()ふのだ、069実際(じつさい)()()えるのか』
070加米彦(かめひこ)()えるとも()えるとも、071()()えぬ(やつ)(めくら)ぢやないか』
072夏彦(なつひこ)『ハヽア此奴(こいつ)()(あし)身魂(みたま)だな、073(くら)がりで()()える(やつ)(きつね)074(たぬき)075(いたち)(ねこ)か、076(また)(ちが)うたら(とら)077(くま)078(おほかみ)()代物(しろもの)だ。079オイ四足(よつあし)先生(せんせい)080今日(けふ)十分(じふぶん)威張(ゐば)るとよい(わい)081何処(どこ)其辺(そこら)(うさぎ)でも()つたら(さが)して丸喰(まるぐ)ひなとして()い』
082加米彦(かめひこ)(たれ)だつて()()えるが、083それや()(とも)すか、084()()けた(うへ)のこつた、085アハヽヽヽ』
086夏彦(なつひこ)大分(だいぶん)四足(よつあし)(こた)へたと()える(わい)087ソンナラもう四足(よつあし)称号(しやうがう)だけは只今(ただいま)(かぎ)り、088特別(とくべつ)仁慈(じんじ)をもつて解除(かいぢよ)してやらうかい』
089加米彦(かめひこ)(おほ)きに(はばか)りさま、090(いま)他人(たにん)ぢや、091()つて()いてくれ、092(また)御親類(ごしんるゐ)になつたら宜敷(よろし)うお(ねが)(まを)します、093オホヽヽヽ』
094悦子姫(よしこひめ)『モシモシ加米彦(かめひこ)さま、095夏彦(なつひこ)さま、096さう(やかま)しう仰有(おつしや)ると(この)(やま)にはだいじや沢山(たくさん)()ますから、097(ちつ)おとなしうなされませや』
098加米彦(かめひこ)『ハイハイ、099(なに)()たつてだいじや御座(ござ)いませぬ、100元来(ぐわんらい)豪胆(がうたん)不敵(ふてき)性質(うまれつき)101(なが)先生(せんせい)102千匹(せんびき)万匹(まんびき)(たば)になつてお(いで)になつても、103(ちつ)ともおろちい(こと)はありませぬ(わい)
104音彦(おとひこ)『エヽ(やかま)しい(わい)105沈黙々々(ちんもくちんもく)
106 (ここ)四人(よにん)去年(こぞ)名残(なごり)枯草(かれくさ)(まじ)つた、107中年増(ちうどしま)頭髪(とうはつ)のやうな芝生(しばふ)(うへ)に、108右腹(みぎはら)(した)(あし)()(からだ)字形(じがた)につがねて(しづ)かに(しん)につきたり。
109 (こずゑ)(つた)(ましら)(むれ)110幾百(いくひやく)とも()らず、111前後左右(ぜんごさいう)にキヤツキヤツと亡国的(ばうこくてき)啼声(なきごゑ)()して(さび)しさを()へてゐる。112(かぜ)()かぬにザアザアと大蛇(をろち)草野(くさの)(わた)るやうな(こゑ)113(とら)(おほかみ)(うな)るやうな怪声(くわいせい)114遠近(をちこち)(きこ)()たり、115大木(たいぼく)捻折(ねぢお)(おと)116大岩石(だいがんせき)一度(いちど)崩壊(ほうくわい)する(ごと)(すさま)じき物音(ものおと)加米彦(かめひこ)()()まし、117小声(こごゑ)になつて夏彦(なつひこ)(みみ)(くち)()せ、
118『オイ、119なゝ(なつ)120(なつ)121夏彦(なつひこ)ヤイ』
122 ()123カチカチカチ、
124『オヽ()きぬかい、125あの(おと)126きゝ()きよつたか』
127夏彦(なつひこ)(やかま)しう()ふない、128悦子姫(よしこひめ)(さま)安眠(あんみん)妨害(ばうがい)になるぞ、129貴様(きさま)コンナ深山(しんざん)()たら(これ)(くらゐ)(こと)はありがちだよ、130キヤアキヤア()うて(をんな)でも()(ころ)すやうな(こゑ)のするのは、131あれや(さる)(むれ)だ、132ザアザアと(おと)のするのは大蛇隊(だいじやたい)大活動(だいくわつどう)(おと)だ、133オンオンオンと(うな)つて()るのはあれや(おほかみ)(くま)先生(せんせい)いきつ()るのだよ、134()(えだ)()けるやうな(おと)がしたり、135岩石(がんせき)崩壊(ほうくわい)したりするやうな(こゑ)(きこ)えるのは鼻高(はなたか)悪戯(いたづら)だ、136惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)(くち)(なか)(とな)へて(はや)()ぬかい』
137加米彦(かめひこ)(ねえ)()つたつて、138コンナ気味(きみ)(わる)(ところ)安眠(あんみん)出来(でき)ぬぢやないか』
139夏彦(なつひこ)『お(まへ)罪障(ざいしやう)(ふか)(つみ)(おも)代物(しろもの)とみえる(わい)140梟鳥(ふくろどり)夜分(やぶん)になると(はしや)いで(ひる)はコンモリとした()(えだ)(ちい)さくなつて(おほ)きな()()いて(ふる)うて()るが、141(まへ)はそれと正反対(せいはんたい)(ひる)になると滅多(めつた)矢鱈(やたら)(はしや)(まは)し、142(よる)になると(ひる)(しほ)()ませたやうに、143百足(むかで)(つばき)()きかけたやうに(よわ)つて仕舞(しま)ふのだな、144強弱(きやうじやく)のハーモニイが()れぬ(をとこ)だ。145マアマア(おれ)(からだ)にでも(くら)ひついて(ふる)ひもつて()るがよい(わい)
146加米彦(かめひこ)(たの)(たの)む、147(しか)しながらコンナ(こと)を、148音彦(おとひこ)悦子姫(よしこひめ)さまに()うて()れては(こま)るよ、149極秘(ごくひ)にしてお(まへ)(はら)仕舞(しま)つて()いて()れ』
150夏彦(なつひこ)『ヨシヨシ、151承知(しようち)した、152その(かは)(あま)(ひる)になつて無茶苦茶(むちやくちや)(はしや)ぐと素破(すつぱ)()くからさう覚悟(かくご)して()れ、153(なん)()つても(かま)()(おれ)(にぎ)つて、154()れる(はう)をお(まへ)(つか)みて()るやうなものだからなア、155アハヽヽヽ』
156加米彦(かめひこ)『ソンナ(おほ)きな(こゑ)(わら)ふない、157安眠(あんみん)妨害(ばうがい)になるぞ、158サアサア()よう』
159 夏彦(なつひこ)(はや)くも高鼾(たかいびき)をかいてゐる。160加米彦(かめひこ)三人(さんにん)中央(ちうあう)(はさ)まつて()()くるのを(いま)(おそ)しと()つて()る。161(あや)しの(こゑ)間断(かんだん)なく、162()時々刻々(じじこくこく)強烈(きやうれつ)(きこ)(きた)る。
163 (はる)()()(やす)く、164(やみ)(とばり)はいつしか(そら)()くり()げられた。165百鳥(ももどり)(こゑ)(さは)がしく(さへづ)(はじ)めたり。166それと同時(どうじ)今迄(いままで)巨声(きよせい)怪音(くわいおん)はピタリと()まりぬ。167加米彦(かめひこ)(また)もや元気(げんき)回復(くわいふく)し、
168『アヽ(はる)(よさ)()ふものは(みじか)いものだな、169(いま)其処(そこ)()けたと(おも)へばもう()()けよつた。170サアサア音彦(おとひこ)さま、171()()けて手水(てうづ)でも使(つか)つて登山(とざん)しませうか、172もうこれだけぐつすり()たら(ひる)(つか)れもやすまつたでせう。173(わたくし)(つぶ)れる(ほど)よく()仕舞(しま)ひました』
174夏彦(なつひこ)『オヽ本当(ほんたう)(みな)よく()ましたな、175(しか)しこの(なか)(しめ)一人(ひとり)不寝番(ねずばん)(つと)めて()れた忠実(ちうじつ)なお(かた)がありますよ、176悦子姫(よしこひめ)さま、177どうぞ論功行賞(ろんこうかうしやう)()れないやうに(たの)みますぜ』
178加米彦(かめひこ)『ウンさうさう、179(すずめ)(やつ)に、180(からす)(やつ)181()(とき)にチウチウガアガア()うて()つた。182矢張(やつぱり)吾々(われわれ)のために不寝番(ねずばん)(つと)めて()れたと()え、183相変(あひかは)らずチウチウカアカアと忠勤振(ちうきんぶり)発揮(はつき)して御座(ござ)る。184ひとり(ふた)とりや、185三羽(さんば)四羽(よは)(とり)ぢやない、186何千(なんぜん)とも()れぬ(ほど)(とり)ぢや』
187夏彦(なつひこ)『ヘン(たれ)()くものがないのにやもめ行水(ぎやうずゐ)ぢやないが、188一人(ひとり)湯取(ゆうと)(わい)189ハヽヽヽ』
190悦子姫(よしこひめ)(いよいよ)191(あたら)しい光明(ひかり)(いただ)けました。192サアサア(さいは)此処(ここ)()いて()清水(しみづ)手水(てみづ)使(つか)つて、193神様(かみさま)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)しませう』
194(かたはら)清水(しみづ)(くち)(すす)()(あら)ふ。195三人(さんにん)(かげ)(かたち)(したが)(ごと)(おな)(こと)繰返(くりかへ)したり。196祝詞(のりと)奏上(そうじやう)無事(ぶじ)()み、197四人(よにん)(こし)皮包(かはづつみ)より()(めし)()して手軽(てがる)朝餉(あさげ)をすまし、198悦子姫(よしこひめ)先頭(せんとう)にて頂上(ちやうじやう)目蒐(めが)けて行進(かうしん)199()もなく頂上(ちやうじやう)(たつ)したり。
200 (とし)()りたる老樹(らうじゆ)(しげ)みを()かして田辺(たなべ)(うみ)はキラキラ(ひか)り、201(ふね)白帆(しらほ)右往左往(うわうさわう)にまたたき()たり。
202加米彦(かめひこ)(なん)()絶景(ぜつけい)でせう、203悦子姫(よしこひめ)さま、204音彦(おとひこ)さま、205(しばら)(あせ)(かわ)(まで)御輿(みこし)(おろ)して呼吸(いき)調(ととの)へ、206(その)()御祈念(ごきねん)にかかりませうか』
207(みな)まで()はず、208どつかと(こし)(おろ)(あし)()()し、209膝頭(ひざがしら)()()る。210悦子姫(よしこひめ)徐々(しづしづ)神前(しんぜん)(すす)み、211何事(なにごと)(しき)りに暗祈黙祷(あんきもくたう)しつつありき。
212加米彦(かめひこ)(とほ)(ひとみ)(はな)てば千山万嶽(せんざんばんがく)重畳(ちようでふ)として際限(さいげん)()く、213各自(かくじ)にその容姿(ようし)(ほこ)(がほ)に、214特徴(とくちやう)発揮(はつき)して()(わい)215(ちか)きは(あを)く、216(あるひ)はコバルト(いろ)山容(さんよう)(かざ)り、217紺碧(こんぺき)(うみ)眼下(がんか)(かがや)き、218(てん)薄雲(うすぐも)(ころも)()ぎ、219(おく)(おく)(その)(おく)(まで)地金(ぢがね)(あら)はして()る。220(その)中心(ちうしん)名物男(めいぶつをとこ)加米彦(かめひこ)(だい)()になつて、221宇宙(うちう)森羅万象(しんらばんしやう)睥睨(へいげい)して()る。222(この)()光景(くわうけい)(あたか)一幅(いつぷく)宇宙(うちう)大活人画(だいくわつじんぐわ)のやうだ。223(てん)広々(くわうくわう)として際限(さいげん)なく、224(うみ)洋々(やうやう)として(きは)まりなし、225燕雀(えんじやく)(なん)大鵬(たいほう)(こころざし)()らむ。226エイ、227(つばめ)(やつ)228小雀(こすずめ)餓鬼(がき)229(やかま)しい(わい)230(ちつ)沈黙(ちんもく)(まも)らないか、231安眠(あんみん)の、232オツトドツコイ悦子姫(よしこひめ)(さま)暗祈黙祷(あんきもくたう)妨害(ばうがい)になるぞ』
233音彦(おとひこ)『コラコラ加米彦(かめひこ)234(まへ)こそ妨害(ばうがい)になる、235(ちつ)言霊(ことたま)(つつし)まぬか』
236加米彦(かめひこ)『ハイハイ早速(さつそく)言霊(ことたま)停電(ていでん)(めい)じます』
237悦子姫(よしこひめ)『サアサア(みな)さま下向(げかう)(いた)しませう』
238加米彦(かめひこ)『モシモシ、239一寸(ちよつと)()つて(くだ)さい、240折角(せつかく)苦労(くらう)艱難(かんなん)をして頂上(ちやうじやう)()()め、241祝詞(のりと)()げずお(いの)りもせぬ(さき)下向(げかう)されては、242(なに)しに此処迄(ここまで)やつて()たのか(わけ)(わか)りませぬ、243どうぞ(しばら)くの(あひだ)御猶予(ごいうよ)(ねが)ひます』
244悦子姫(よしこひめ)(わたし)(いま)重大(ぢうだい)なる御神勅(ごしんちよく)(くだ)りました、245一刻(いつこく)猶予(いうよ)をする(こと)出来(でき)ませぬ、246一足(ひとあし)(さき)(をんな)足弱(あしよわ)247下向(げかう)(いた)します。248貴方方(あなたがた)(ゆつ)くり祝詞(のりと)()げ、249(あと)から()ひついて(くだ)さい、250アリヨウス』
251加米彦(かめひこ)『エヽ仕方(しかた)がない、252肝腎(かんじん)女王(ぢよわう)見限(みかぎ)られては()かぶ()がない。253何事(なにごと)簡単(かんたん)(たふと)()(なか)ぢや、254繁文縟礼的(はんぶんじよくれいてき)祝詞(のりと)(りやく)しまして、255道々(みちみち)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)しながら下向(げかう)(いた)しませう、256時間(じかん)経済上(けいざいじやう)一挙両得(いつきよりやうとく)だ』
257周章狼狽(あわてふため)悦子姫(よしこひめ)(あと)()うて、258(くち)祝詞(のりと)(とな)へながら、259(くだ)(ざか)地響(ぢひび)きさせつつ()(くだ)る。
260 音彦(おとひこ)261夏彦(なつひこ)悠々(いういう)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)神言(かみごと)()げ、262(うやうや)しく再拝(さいはい)拍手(はくしゆ)(しき)()下向(げかう)()につく。
263 (やま)五合目(ごがふめ)(あた)りにて一行(いつかう)(あし)(そろ)ひたり。264これより、265加米彦(かめひこ)先頭(せんとう)()(あや)聖地(せいち)()して宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら(すす)()く。
266大正一一・四・二四 旧三・二八 加藤明子録)