霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 (かへ)(うち)〔六四四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 篇:第5篇 五月五日祝 よみ:ごがついつかのいわい
章:第16章 返り討 よみ:かえりうち 通し章番号:644
口述日:1922(大正11)年04月28日(旧04月02日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年2月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
そのさなか、表にけたたましい音がした。梅公が出てみると、そこには常彦、板公、滝公が、青彦と紫姫の本心を確かめようと呼ばわっていた。常彦は、友人たちを邪教から救おうとやってきたのだ、と怒鳴りつける。
常彦は中に入り込み、酒宴の場に現れる。しかし逆に青彦、紫姫に、ウラナイ教になるように、と説得される。あくまで聞かない常彦に対し、青彦は棍棒をくらわせて追い出してしまう。
青彦らを信じきった黒姫は、青彦・紫姫一行に、綾彦とお民を預け、玉照姫と交換してくるように言いつける。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:265頁 八幡書店版:第3輯 735頁 修補版: 校定版:273頁 普及版:121頁 初版: ページ備考:
001 微酔(ほろよひ)機嫌(きげん)梅公(うめこう)(おもて)のけたたましい物音(ものおと)に、002鹿公(しかこう)003馬公(うまこう)(ともな)(はし)()()れば、004常彦(つねひこ)(はじ)滝公(たきこう)005板公(いたこう)三人(さんにん)006(いき)(はづ)ませ大声(おほごゑ)()()(なが)ら、
007青彦(あをひこ)008紫姫(むらさきひめ)をこれへ()せエ』
009呶鳴(どな)りつけてゐる。010(うめ)011ベランメー口調(くてう)で、
012『なゝゝゝ(なに)(ぬか)しやがるのでエ、013此処(ここ)何処(どこ)だと心得(こころえ)()やがるのでエ、014(おそれおほ)くも勿体(もつたい)なくも()出神(でのかみ)生宮(いきみや)竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)(さま)生宮(いきみや)鎮坐(ちんざ)まします(うづ)宝座(ほうざ)だぞ、015貴様(きさま)(たち)のやうな反逆者(はんぎやくしや)()()(ところ)ぢやない、016トツトと()にやがれ。017コラ常彦(つねひこ)018貴様(きさま)(なん)だ、019(おん)()らず()020ドン畜生(ちくしやう)()が、021(なが)らく黒姫(くろひめ)さまの御厄介(ごやくかい)になつて()やがつて、022後足(あとあし)(すな)をかけて()やがつた(やつ)ぢやないか、023ようのめのめとしやつ(つら)()げて()られたものだ。024エー、025(これ)から一寸(いつすん)たりとも()れる(こと)(まか)りならぬ、026トツトと(けえ)(けえ)れ』
027常彦(つねひこ)貴様(きさま)(うめ)ぢやないか、028兄弟子(あにでし)(むか)つて(なん)()(こと)()ふのだ、029ごてごて()はずに(おく)()つて、030青彦(あをひこ)紫姫(むらさきひめ)に、031常彦(つねひこ)さまがお()しだから一寸(ちよつと)此処(ここ)まで()()いと()つて()れ』
032梅公(うめこう)(なに)馬鹿(ばか)()うのだ、033(また)紫姫(むらさきひめ)青彦(あをひこ)かひ()しに()たのだらう』
034常彦(つねひこ)勿論(もちろん)(こと)だ、035こんな邪教(じやけう)友人(いうじん)眈溺(たんでき)して()るのに、036(だま)つて()()れるか。037ごでごで(ぬか)さず、038貴様(きさま)(おれ)()つた(とほ)取次(とりつ)げばよいのだ』
039梅公(うめこう)『ヤア常彦(つねひこ)040貴様(きさま)(いま)(おれ)(むか)つて兄弟子(あにでし)()ひやがつたな、041(なに)兄弟子(あにでし)だ、042ウラナイ(けう)()つてこそ(おれ)先輩(せんぱい)だが……不人情(ふにんじやう)な……勝手(かつて)()げて()きやがつて、043三五教(あななひけう)土持(つちも)ちをする(やう)(やつ)兄弟子(あにでし)(くそ)もあつたものかい、044これや、045(この)梅公(うめこう)何時迄(いつまで)鼻垂(はなたれ)小僧(こぞう)(おも)つて()やがるか、046今日(こんにち)では()しも()されもせぬ黒姫(くろひめ)さまの参謀長(さんぼうちやう)だ。047折角(せつかく)今日(けふ)高姫(たかひめ)さまが遥々(はるばる)()しになつて目出度(めでた)(いはひ)をして()るのに……けちをつけに()やがつたのだな』
048常彦(つねひこ)(なに)049高姫(たかひめ)()()るとな、050其奴(そいつ)恰度(ちやうど)都合(つがふ)()い、051これから(おれ)直接(ちよくせつ)談判(だんぱん)だ、052邪魔(じやま)ひろぐな、053そこ()けツ』
054()かむとする。055鹿公(しかこう)056馬公(うまこう)常彦(つねひこ)左右(さいう)より両手(りやうて)をグツと(にぎ)り、
057『これや、058常彦(つねひこ)059此処(ここ)(なん)心得(こころえ)()る』
060常彦(つねひこ)『ヤア貴様(きさま)紫姫(むらさきひめ)従僕(しもべ)であつた(うま)061鹿(しか)両人(りやうにん)062馬鹿(ばか)真似(まね)さらす()めにならぬぞ』
063今日(けふ)目出度(めでた)()だ、064(うま)鹿(しか)(おれ)(めん)じて何卒(どうぞ)(かへ)つて()れ、065折角(せつかく)(さけ)()めて仕舞(しま)う』
066梅公(うめこう)『ヤア貴様(きさま)(たき)(いた)067(また)のめのめと(なに)しに(かへ)つて()たのだ、068貴様(きさま)高城山(たかしろやま)()つて松姫(まつひめ)(たた)()され、069乞食(こじき)となつて(まよ)うて()つたぢやないか。070(また)しても()(もど)つて()やがつて、071(くち)(さき)ちよろまかさうと(おも)つても……その()()はないぞ、072サアサア不人情者(ふにんじやうもの)073三匹(さんびき)(やつ)074サア(かへ)れ……こんな(やつ)(おれ)一人(ひとり)大丈夫(だいぢやうぶ)だ、075オイ、076馬公(うまこう)077鹿公(しかこう)078(おく)()つて(この)(よし)注進(ちうしん)せい』
079『よし、080合点(がつてん)ぢや』
081二人(ふたり)(おく)()んで()く。082梅公(うめこう)三人(さんにん)相手(あひて)論戦(ろんせん)をやつて()たが、083常彦(つねひこ)(かま)はず強硬的(きやうかうてき)に、
084『サア板公(いたこう)085滝公(たきこう)086(つづ)けツ』
087一同(いちどう)酒宴(しゆえん)()(あら)はれたるを()高姫(たかひめ)は、
088『ヤアお(まへ)常彦(つねひこ)ぢやないか』
089黒姫(くろひめ)『お(まへ)滝公(たきこう)090板公(いたこう)091何処(どこ)をうろついて()つたのだ、092よう()(かは)(をとこ)だな、093(しか)今迄(いままで)(こと)見直(みなほ)聞直(ききなほ)す、094サア(さけ)でも一杯(いつぱい)()んで高姫(たかひめ)さまがお()しだから、095とつくりと(まこと)(はなし)()かして(もら)ひなさい』
096常彦(つねひこ)『もうウラナイ(けう)(はなし)(なに)もかも、097みんな()いて()る、098今更(いまさら)(あらた)めて()必要(ひつえう)はない、099(また)何程(なにほど)(たの)んでも一旦(いつたん)決心(けつしん)した以上(いじやう)100ウラナイ(けう)滅多(めつた)(かへ)つてやらぬぞ』
101青彦(あをひこ)『これやこれや、102常彦(つねひこ)103滝公(たきこう)104板公(いたこう)105(なん)ぢや、106貴様(きさま)三五教(あななひけう)(うつつ)()かしよつて……()加減(かげん)改心(かいしん)したら如何(どう)だ』
107常彦(つねひこ)青彦(あをひこ)108貴様(きさま)こそ()腰抜(こしぬ)けだ、109あれ(ほど)鬼ケ城(おにがじやう)奮戦(ふんせん)をして()(なが)ら、110(また)もやウラナイ(けう)()()つて(かへ)つて()るとは……腰抜(こしぬけ)野郎(やらう)だ。111(しか)(ひと)思案(しあん)をして()よ、112如何(どう)しても三五教(あななひけう)(はう)(おく)(ふか)いぢやないか、113さうして不言実行(ふげんじつかう)(をしへ)だ、114それは貴様(きさま)もよく()つて()(はず)115何故(なぜ)(また)こんな(ところ)(かへ)つてきよつたのだ』
116青彦(あをひこ)『ほつときやがれ、117(おれ)(おれ)自由(じいう)(けん)でウラナイ(けう)這入(はい)つたのだよ、118三五教(あななひけう)(やつ)吾々(われわれ)如何(どう)しても(むし)()かない(わい)119(たれ)(なん)()つても三五教(あななひけう)なぞへ這入(はい)馬鹿(ばか)があるか、120貴様(きさま)()加減(かげん)見切(みき)りを()けたら如何(どう)だ』
121常彦(つねひこ)紫姫(むらさきひめ)()ひ、122馬公(うまこう)123鹿公(しかこう)まで(とぼ)けやがつて()醜態(ざま)だ。124サア(おれ)()いて()い。125(おれ)貴様(きさま)可憐相(かはいさう)だから友人(いうじん)(なさけ)(もつ)(むか)へに()たのだ。126こんな(ところ)愚図々々(ぐづぐづ)(いた)して()ると、127如何(どん)()()はされるか()れたものぢやない、128(わる)(こと)()はぬ、129サア(おれ)()いて(かへ)つて()れ』
130紫姫(むらさきひめ)『ホヽヽヽ、131あの常彦(つねひこ)さまの(おつ)しやる(こと)132(わたし)(なん)()つて(くだ)さつても三五教(あななひけう)(なん)だか(むし)()きませぬ、133もうすつかりウラナイ(けう)()(たましひ)()れて仕舞(しま)ひました。134何卒(どうぞ)おついでの(せつ)135悦子姫(よしこひめ)さまに(よろ)しく()つて()たと(おつ)しやつて(くだ)さいませ』
136常彦(つねひこ)流石(さすが)魔窟ケ原(まくつがはら)だ、137此処(ここ)まで()て、138()れも(これ)(みな)籠絡(ろうらく)せられて仕舞(しま)ひよつたか、139アヽ残念(ざんねん)(こと)をした(わい)
140双手(もろて)()(なが)(なみだ)(こぼ)思案(しあん)()れて()る。
141青彦(あをひこ)『これほど黒姫(くろひめ)さまが、142貴様(きさま)反対(はんたい)(すこ)しもお(おこ)りなく、143(もと)古巣(ふるす)(かへ)つて()いと(おつ)しやるのは普通(ふつう)人間(にんげん)には出来(でき)ない(こと)だ』
144常彦(つねひこ)(なん)()つても金輪奈落(こんりんならく)145仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)まうがウラナイ(けう)(かへ)つて()(たま)るものかい。146これや青彦(あをひこ)147貴様(きさま)()()ましたら如何(どう)だい』
148青彦(あをひこ)(なに)()つてるのだい』
149棍棒(こんぼう)()るより(はや)常彦(つねひこ)目蒐(めが)けて()()(くら)はした。150常彦(つねひこ)()数ケ所(すうかしよ)(いたで)()悲鳴(ひめい)をあげて(おもて)駆出(かけだ)した。151(たき)152(いた)二人(ふたり)(あと)()いて()()す。153馬公(うまこう)154鹿公(しかこう)一生懸命(いつしやうけんめい)青彦(あをひこ)(ぼう)()つたくる。155一方(いつぱう)常彦(つねひこ)(ほか)二人(ふたり)戸口(とぐち)()(あが)り、156魔窟ケ原(まくつがはら)何処(いづこ)ともなく()けて()く。157(あと)には高姫(たかひめ)(ほか)一同(いちどう)大口(おほぐち)()けて高笑(たかわら)ひ、
158黒姫(くろひめ)『オホヽヽヽ、159到頭(たうとう)(かへ)つて()よつたが、160やつぱり(こころ)()めると()えてよう()りませぬ(わい)161(しか)(なが)青彦(あをひこ)162(まへ)もこれからあんな乱暴(らんばう)をしちやいかぬよ』
163青彦(あをひこ)『つひ(さけ)機嫌(きげん)で……(あんま)りむかついたものだから、164やつてやりました』
165高姫(たかひめ)(しか)(なが)青彦(あをひこ)はあれで……すつかり吾々(われわれ)(うたがひ)がとけた、166畢竟(つまり)(ある)意味(いみ)から()へば、167結構(けつこう)御神徳(おかげ)(いただ)きなさつたのだ』
168青彦(あをひこ)御神徳(ごしんとく)(なに)()りませぬが真実(ほんと)乱暴(らんばう)(やつ)(こま)つて仕舞(しま)う、169三五教(あななひけう)這入(はい)ると(すぐ)あんなヤンチヤになると()える、170アヽ(おも)へば(おも)へば益々(ますます)三五教(あななひけう)(いや)になつて()(わい)
171高姫(たかひめ)『ヤア(みな)さま、172此処(ここ)大切(たいせつ)(ところ)ぢや、173悪魔(あくま)()色々(いろいろ)()()(しな)()へ、174()(おと)しに()るから用心(ようじん)しなされ』
175黒姫(くろひめ)『ヤア青彦(あをひこ)176紫姫(むらさきひめ)さま、177御苦労(ごくらう)だが貴方(あなた)はこれから玉照姫(たまてるひめ)(たく)()つて(くだ)さるまいか、178貴方(あなた)でなければ到底(たうてい)(ほか)(やつ)をやつても要領(えうりやう)()まい、179(その)(かは)りに首尾(しゆび)よく玉照姫(たまてるひめ)(わた)せば、180綾彦(あやひこ)181(たみ)両人(りやうにん)(かへ)してやるから……』
182青彦(あをひこ)承知(しようち)(いた)しました、183(しか)(なが)先方(むかう)豊彦(とよひこ)()(ぢい)さまは仲々(なかなか)頑固(ぐわんこ)(やつ)()えますから到底(たうてい)口先(くちさき)(くらゐ)では()くものぢやありませぬ。184(ちから)にして()つた綾彦(あやひこ)185(たみ)行衛(ゆくゑ)(わか)らぬものだから、186(いま)ではお(たま)玉照姫(たまてるひめ)老夫婦(らうふうふ)生命(いのち)(つな)(やう)なものであります、187(わたし)談判(だんぱん)()つても駄目(だめ)でせう、188綾彦(あやひこ)189(たみ)両人(りやうにん)引連(ひきつ)れて(ぢい)さまにお()(どほ)りをしたならば、190御礼(おれい)(がへ)しに(わた)して()れるかも()れませぬ』
191黒姫(くろひめ)『そうかも()れぬ、192一切(いつさい)青彦(あをひこ)(まか)しますから何卒(どうぞ)()つて()(くだ)さい』
193 青彦(あをひこ)紫姫(むらさきひめ)(とも)綾彦(あやひこ)(ともな)ひ、194(うま)195鹿(しか)一行(いつかう)五人(ごにん)は、
196(しか)らば高姫(たかひめ)(さま)197高山彦(たかやまひこ)(さま)198黒姫(くろひめ)(さま)199その()御一同様(ごいちどうさま)200(なに)とぞ()つて()(くだ)さいませ』
201 ()()(ところ)(にはか)(かへ)つて()たお(せつ)にお(たみ)
202『ヤア、203これはこれは黒姫(くろひめ)(さま)
204黒姫(くろひめ)『ヤア、205(せつ)にお(たみ)()(ところ)(かへ)つて()()れた、206松姫(まつひめ)には機嫌(きげん)ようして()られるかな』
207(せつ)松姫(まつひめ)さまを(はじ)(みな)さま御無事(ごぶじ)で、208御神務(ごしんむ)鞅掌(おうしやう)されて()られます』
209黒姫(くろひめ)『アヽそれは重畳(ちようでふ)々々(ちようでふ)210(さいは)ひウラナイ(けう)御大将(おんたいしやう)高姫(たかひめ)さまがおいでになつて()る、211サア御挨拶(ごあいさつ)(まを)しあげなされ』
212 二人(ふたり)は、
213 『ハイ』
214(こた)へて高姫(たかひめ)(むか)ひ、
215『これは(かね)(うけたま)はる高姫(たかひめ)(さま)御座(ござ)いましたか、216ようマアお()(くだ)さいました。217(わたし)はお(せつ)……お(たみ)(まを)すもの、218黒姫(くろひめ)(さま)いかい御世話(おせわ)になつて()ります、219何卒(どうぞ)今後(こんご)とても可愛(かあい)がつて(くだ)さいませ』
220高姫(たかひめ)『お前達(まへたち)(わか)(とし)にも似合(にあ)はず感心(かんしん)なお(かた)ぢや、221()いてはこれから青彦(あをひこ)綾彦(あやひこ)()つて(もら)()(ところ)があるので……お二人(ふたり)とも恰度(ちやうど)都合(つがふ)()(ところ)だ、222貴方(あなた)一緒(いつしよ)()いて()つて(くだ)さいな』
223(せつ)『ハイハイ有難(ありがた)御座(ござ)います、224何処(どこ)までもお(みち)()めなら(まゐ)りますから……』
225 (ここ)紫姫(むらさきひめ)226青彦(あをひこ)227(うま)228鹿(しか)四人(よにん)は、229綾彦(あやひこ)230(たみ)231(せつ)(ともな)高姫(たかひめ)その()挨拶(あいさつ)()べ、232悠々(いういう)として(この)()()()りぬ。233アヽ紫姫(むらさきひめ)234青彦(あをひこ)その()一行(いつかう)(ふたた)びウラナイ(けう)(かへ)()るならむか。
235大正一一・四・二八 旧四・二 北村隆光録)
236(昭和一〇・六・三 王仁校正)