霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 玉照姫(たまてるひめ)〔六四五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 篇:第5篇 五月五日祝 よみ:ごがついつかのいわい
章:第17章 第18巻 よみ:たまてるひめ 通し章番号:645
口述日:1922(大正11)年04月28日(旧04月02日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年2月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常彦ら三人は、四継王山の麓にできた、悦子姫の館に逃げて帰ってきた。そして、加米彦と夏彦に、事の顛末を報告し、青彦たちがウラナイ教に寝返ったことを伝えた。
加米彦は慌てて魔窟ヶ原に乗り込もうとするが、夏彦は落ち着いて加米彦を引き止める。夏彦は一日ゆっくりしていれば、青彦、紫姫らの動向がきっとわかる、と落ち着いている。
翌日、悦子姫と音彦が、五十子姫を伴って館に帰ってきた。加米彦と夏彦は慌てて大掃除をして一行を迎える。そこへ、ウラナイ教に潜入していた馬公と鹿公が、けっこうな神様を奉戴して戻ってきた、と報告に来る。
丹州を先頭に、玉照姫を抱いたお玉を連れて、青彦ら一行が館に戻ってきた。悦子姫は嬉し涙を流して玉照姫を迎えた。
青彦はこれまでの経緯を宣伝歌に込めて歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-12-09 14:09:27 OBC :rm1817
愛善世界社版:275頁 八幡書店版:第3輯 739頁 修補版: 校定版:282頁 普及版:125頁 初版: ページ備考:
001自転倒島(おのころじま)第一(だいいち)
002霊地(れいち)()にも()りひびく
003世界(せかい)無二(むに)神策地(しんさくち)
004(みづ)御霊(みたま)(かく)場所(ばしよ)
005青葉(あをば)も、そよぐ夏彦(なつひこ)
006万世(ばんせい)不動(ふどう)瑞祥(ずゐしやう)
007(いは)加米彦(かめひこ)諸共(もろとも)
008()つの手足(てあし)(はたら)かせ
009(あさ)(ゆふ)なに勉強(いそし)みて
010(あるじ)留守(るす)(まも)()
011世継王(よつわう)(やま)夕嵐(ゆふあらし)
012雨戸(あまど)(たた)(をり)からに
013(いき)もせきせき(たづ)()
014三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
015(つね)(かは)りし常彦(つねひこ)
016(かほ)紅葉(もみぢ)()らしつつ
017(おと)もサワサワ滝公(たきこう)
018(こころ)(いた)むる板公(いたこう)
019これの(いほり)打叩(うちたた)
020(たの)(たの)もと(おと)なへば
021オウと(こた)へて加米彦(かめひこ)
022雨戸(あまど)ガラリと引開(ひきあ)けて
023(この)真夜中(まよなか)(ひと)()
024(おと)なふ(かみ)何者(なにもの)
025(おに)大蛇(をろち)曲神(まがかみ)
026まさか(ちが)へば木常彦(きつねひこ)
027(ただ)一言(いちごん)言霊(ことたま)
028愛想(あいさう)もコソも夕嵐(ゆふあらし)
029()(はら)はむと夕月夜(ゆふづくよ)
030キツと(すか)して(なが)むれば
031(なん)とは、なしに見覚(みおぼ)えの
032姿(すがた)(こころ)(やは)らげつ
033(はやし)(なか)(ひと)(いえ)
034(おと)なふ(ひと)何人(なにびと)
035御名(みな)名乗(なの)らせ(たま)へよと
036いと慇懃(いんぎん)言霊(ことたま)
037()(なほ)すれば常彦(つねひこ)
038(かうべ)をかたげ(こし)()
039両手(りやうて)(ひざ)(うへ)()
040鬼ケ城(おにがじやう)にて(わか)れたる
041()れは常彦(つねひこ)宣伝使(せんでんし)
042(なれ)加米彦(かめひこ)夏彦(なつひこ)
043申上(まをしあ)げたき仔細(しさい)あり
044紫姫(むらさきひめ)青彦(あをひこ)
045三五教(あななひけう)にアキの(そら)
046天津御空(あまつみそら)黒姫(くろひめ)
047(しこ)魔風(まかぜ)(つつ)まれて
048(まこと)(みち)()りはづし
049悪魔(あくま)(とりこ)となりにける
050(とも)身魂(みたま)(すく)はむと
051()()についで遥々(はるばる)
052(ここ)まで(たづ)(きた)りしぞ。
053 加米彦(かめひこ)はこれを()くより、
054『ナニ、055紫姫(むらさきひめ)056青彦(あをひこ)がウラナイ(けう)沈没(ちんぼつ)しましたか。057それは大変(たいへん)058()()づお這入(はい)(くだ)さいませ……ヤア見馴(みなれ)(かた)が、059しかもお二人(ふたり)
060 (たき)061(いた)一度(いちど)に、
062(わたくし)常彦(つねひこ)(さま)のお(とも)(いた)して(まゐ)りました新参者(しんざんもの)御座(ござ)います、063何卒(なにとぞ)(よろ)しうお(ねがひ)(いた)します』
064加米彦(かめひこ)『アーよしよし、065御互(おたがひ)にお心安(こころやす)(ねが)ひませう。066……夏彦(なつひこ)御大将(おんたいしやう)067(なに)をグヅグヅして御座(ござ)る。068天変地妖(てんぺんちえう)大事変(だいじへん)出来(しゆつたい)(いた)しましたぞ』
069 夏彦(なつひこ)(おく)()より、070ノソノソ()(きた)り、
071『ヤア常彦(つねひこ)さま、072(しばら)くでしたネ、073ようこそお(いで)(くだ)さいました。074マアマアお(あが)(くだ)さいませ。075ユツクリと内開(うちあ)(ばなし)でも(いた)しませうか』
076加米彦(かめひこ)『コレコレ夏彦(なつひこ)大将(たいしやう)077そんな陽気(やうき)(ところ)ぢやありませぬワ』
078夏彦(なつひこ)『そう(あは)てずとも(よろ)しいワイ。079何事(なにごと)(みな)神様(かみさま)のなさる(こと)ぢや。080ヤア常彦(つねひこ)さま、081(けつ)して(けつ)して御心配(ごしんぱい)()りませぬ。082(いま)紫姫(むらさきひめ)083青彦(あをひこ)も、084意気(いき)揚々(やうやう)として此家(ここ)(かへ)つて()ますよ』
085常彦(つねひこ)『そうかは(ぞん)じませぬが、086只今(ただいま)(ところ)では非常(ひじやう)(いきほひ)御座(ござ)います。087(わたくし)青彦(あをひこ)088紫姫(むらさきひめ)堕落(だらく)(すく)はむ(ため)に、089ワザワザ(てき)本城(ほんじやう)侵入(しんにふ)し、090忠告(ちうこく)(くは)へてやりました。091そうした(ところ)092青彦(あをひこ)人格(じんかく)はガラリと悪化(あくくわ)し、093終結(しまひ)()てには乱暴狼藉(らんばうろうぜき)094棍棒(こんぼう)(もつ)吾々(われわれ)身体(しんたい)を、095(ところ)(かま)はず滅多(めつた)()ち、096()かる乱暴者(らんばうもの)最早(もはや)(すく)ふべき手段(しゆだん)なしと、097()(もの)取敢(とりあへ)(この)二人(ふたり)(ともな)ひ、098悦子姫(よしこひめ)(さま)(はじ)めあなた(がた)に、099(なん)とか()智慧(ちゑ)()りたいと(おも)つて、100一先(ひとま)引返(ひきかへ)して()ました。101そう楽観(らくくわん)出来(でき)ませぬ』
102加米彦(かめひこ)『ヤア其奴(そいつ)大変(たいへん)だ。103悦子姫(よしこひめ)さまは竹生島(ちくぶしま)へ、104英子姫(ひでこひめ)さまの(あと)()うてお()でになつた不在中(ふざいちゆう)105こんな突発(とつぱつ)事件(じけん)等閑(とうかん)()して()くと()(こと)は、106不忠実(ふちうじつ)(きは)まりだ。107サア常彦(つねひこ)さま、108(とき)(うつ)さず魔窟ケ原(まくつがはら)黒姫(くろひめ)本陣(ほんぢん)乗込(のりこ)み、109言霊戦(ことたません)大攻撃(だいこうげき)(いた)しませう』
110(はや)くも(しり)ひつからげ()()さむとする。
111夏彦(なつひこ)『アハヽヽヽ、112よく(あは)てる(やつ)だなア。113これだから(わか)(やつ)(こま)るのだ。114マアゆるゆると(ひさ)(ぶり)だ、115神酒(みき)でも(いただ)いて、116作戦(さくせん)計画(けいくわく)をやらうぢやないか。117()いては(こと)仕損(しそん)ずる』
118加米彦(かめひこ)()かねば(こと)()()はぬ。119芽出度(めでたく)凱旋(がいせん)した(その)(うへ)で、120ゆるゆるお神酒(みき)をあがる(こと)にせう。121刻一刻(こくいつこく)(こころ)(そこ)浸潤(しんじゆん)(きた)るウラナイ(けう)悪霊(あくれい)誘拐(いうかい)()()()(はげ)しくなるであらう、122老耄爺(おいぼれおやぢ)夏彦(なつひこ)腰折(こしお)れ、123モウ(おれ)愛想(あいさう)()きた。124悦子姫(よしこひめ)(さま)御命令(ごめいれい)だから、125(ひめ)(さま)(つか)へると(おも)つて、126今迄(いままで)如何(いか)なる愚論(ぐろん)拙策(せつさく)も、127()(ふさ)いで盲従(まうじゆう)して()たが、128それは平安時(へいあんじ)(とき)(こと)だ。129危急(ききふ)存亡(そんばう)(この)場合(ばあひ)130臨機(りんき)応変(おうへん)処置(しよち)()らねばならぬ。131平和(へいわ)(とき)宰相(さいさう)には、132カナリ適当(てきたう)かは()らぬが国家(こくか)興亡(こうばう)危機一髪(ききいつぱつ)(この)(さい)133仮令(たとへ)上官(じやうくわん)夏彦(なつひこ)命令(めいれい)たりとも、134服従(ふくじゆう)すべき(かぎ)りにあらずだ。135サアサア常彦(つねひこ)(ほか)両人(りやうにん)加米彦(かめひこ)(つづ)かせられい……』
136夏彦(なつひこ)『アツハヽヽヽ、137石亀(いしがめ)地団駄(ぢだんだ)138何程(なにほど)(さわ)いだ(ところ)駄目(だめ)だよ。139マアゆつくりと落着(おちつ)いたが()からう。140(おれ)一寸(ちよつと)紫姫(むらさきひめ)(さま)御意中(ごいちう)以心伝心的(いしんでんしんてき)感得(かんとく)して()るから、141滅多(めつた)(こと)()い。142(なに)(ふか)いお(かんが)へが()つての(こと)だ。143万一(まんいち)紫姫(むらさきひめ)(はじ)め、144青彦(あをひこ)(その)()(もの)145一人(ひとり)にてもウラナイ(けう)黒姫(くろひめ)籠絡(ろうらく)さるる(やう)(こと)実現(じつげん)したら、146(この)夏彦(なつひこ)(ひと)つより()(くび)を、147(いく)つでも加米彦(かめひこ)148常彦(つねひこ)さまに献上(けんじやう)する』
149加米彦(かめひこ)今日(けふ)(かぎ)つて夏彦(なつひこ)大将(たいしやう)150糞落(くそお)(つき)()()いて御座(ござ)るぢやないか。151コラちと(へん)黒姫(くろひめ)悪霊(あくれい)憑依(ひようい)して()るのではなからうかなア。152(ひと)厳重(げんぢう)なる審神(さには)施行(しかう)するの余地(よち)充分(じゆうぶん)あるワイ』
153 夏彦(なつひこ)154二人(ふたり)耳元(みみもと)(くち)()せ、155何事(なにごと)(ささや)いた。
156加米彦(かめひこ)『アーさうか、157ア、158それなら安心(あんしん)だ。159ナア常彦(つねひこ)160肝腎(かんじん)(こと)俺達(おれたち)()つて()れぬものだから、161()らぬ()()んだぢやないか』
162夏彦(なつひこ)身魂(みたま)にチツとでも(くも)りの()(うち)は、163(かみ)(いま)今迄(いままで)(まこと)仕組(しぐみ)(まを)さぬぞよ。164(まこと)()きたくば、165()()りて(うま)赤児(あかご)(こころ)になり、166水晶(すゐしやう)身魂(みたま)(みが)いて(くだ)されよ。167(かみ)(まこと)()かしてやりたいなれど、168(あく)身魂(みたま)(まじ)りて()守護神(しゆごじん)には、169実地正真(じつちしやうまつ)(こと)()うてやれぬぞよ……とお筆先(ふでさき)(あら)はれて()りますぞ』
170加米彦(かめひこ)『ヤアさうすると常彦(つねひこ)さま、171吾々(われわれ)二人(ふたり)はまだ(かず)()つて()らぬのだ。172なんとムツカしいものだなア』
173夏彦(なつひこ)()(かく)174神様(かみさま)にお(れい)申上(まをしあ)げ、175此処(ここ)一日(いちにち)二日(ふつか)休養(きうやう)して(くだ)さい。176(その)(あひだ)にキツと紫姫(むらさきひめ)(さま)177青彦(あをひこ)消息(せうそく)(わか)るでせう』
178加米彦(かめひこ)流石(さすが)御大将(おんたいしやう)179イヤもう今日(こんにち)(かぎ)り、180何事(なにごと)盲従(まうじゆう)(いた)しませう。181(しか)(なが)間違(まちが)つたら、182約束(やくそく)(とほ)り、183常彦(つねひこ)加米彦(かめひこ)が、184夏彦(なつひこ)御首(みしるし)頂戴(ちやうだい)(つかまつ)るから……御覚悟(おかくご)(たしか)でせうな』
185夏彦(なつひこ)『アハヽヽヽ、186たしかだ たしかだ』
187 ()(はなし)(ふけ)(なが)ら、188(その)()主客(しゆきやく)五人(ごにん)(まくら)(なら)べて(しん)()いた。
189 連日(れんじつ)連夜(れんや)(くも)()てたる五月(さつき)(そら)も、190今日(けふ)はカラリと日本晴(にほんばれ)好天気(かうてんき)191()りつく(やう)大空(おほぞら)に、192朝鮮燕(てうせんつばめ)幾十(いくじふ)となく(どろ)(ふく)みて、193前後左右(ぜんごさいう)()()有様(ありさま)を、194夏彦(なつひこ)(ほか)四人(よにん)(まど)(ひら)いて愉快気(ゆくわいげ)(なが)めて()る。
195加米彦(かめひこ)随分(ずゐぶん)よく活動(くわつどう)をしたものだなア。196我々(われわれ)(つばめ)(なら)つて、197一層(いつそう)雄飛(ゆうひ)活躍(くわつやく)をやらねばなるまい。198……ヤア(むか)うの(はう)へ、199(しろ)(かさ)()らついて()たぞ』
200(はな)(をり)しも、201(いきほひ)よく此方(こなた)(むか)つて、202青葉(あをば)(なか)(なみ)()たせつつ(すす)(きた)れる饅頭笠(まんじうがさ)203三本(さんぼん)金剛杖(こんがうづゑ)204(くろ)(あし)二本(にほん)205(しろ)(あし)四本(しほん)
206加米彦(かめひこ)『モシモシ夏彦(なつひこ)大将(たいしやう)207青彦(あをひこ)がどうやら凱旋(がいせん)()えますワイ。208(ひと)万歳(ばんざい)三唱(さんしやう)しませうか。209祝砲(しゆくはう)でも()げませうか』
210()ひも(をは)らず「プツプツプウ」と放射(はうしや)する。
211夏彦(なつひこ)『アーア煙硝(えんせう)(くさ)い、212屋内(をくない)花火(はなび)()げるのは険呑(けんのん)だ、213(そと)()つてやつて(くだ)さい』
214加米彦(かめひこ)『モウ(うら)言霊(ことたま)材料(ざいれう)欠乏(けつぼう)215これから(おもて)言霊(ことたま)だ……ウローウロー』
216(ただ)一人(ひとり)呶鳴(どな)つて()る。217(ちか)づいた三人(さんにん)男女(だんぢよ)
218『ヤア加米彦(かめひこ)さま、219エライ元気(げんき)だなア』
220加米彦(かめひこ)『サア エライ元気(げんき)だ。221紫姫(むらさきひめ)に、222青彦(あをひこ)に、223一人(ひとり)は……大方(おほかた)(せつ)だらう。224よう(かへ)つて(くだ)さつた。225サアサア奮戦(ふんせん)情況(じやうきやう)226委細(つぶさ)夏彦(なつひこ)御大将(おんたいしやう)言上(ごんじやう)(あそ)ばせ』
227『アハヽヽヽ』
228一人(ひとり)(をとこ)(かさ)()ぐ。
229加米彦(かめひこ)『ヤアお(まへ)音彦(おとひこ)(さま)か。230……アヽこれはしたり、231悦子姫(よしこひめ)(さま)……ア(なん)だ、232五十子姫(いそこひめ)(さま)……ヤア音彦(おとひこ)(さま)233芽出度(めでた)う。234悦子(よしこ)女王(ぢよわう)()らせられなかつたら、235大変(たいへん)御夫婦(ごふうふ)愉快(ゆくわい)()りましただらうに……ヤアもう()(なか)(おも)(やう)()かぬものですナア』
236悦子姫(よしこひめ)『オホヽヽヽ』
237加米彦(かめひこ)(なか)(へだ)つる悦子川(よしこがは)かなア、238可哀相(かはいさう)に、239(こが)(こが)れたコガの(すけ)240(かほ)()(なが)(まま)ならぬ……と()ふ、241喜劇(きげき)242悲劇(ひげき)活動(くわつどう)写真(しやしん)……ヤア()(かく)這入(はい)(くだ)さいませ』
243音彦(おとひこ)(しか)らば(ゆる)しめされよ』
244加米彦(かめひこ)姫御前(ひめごぜん)道中(だうちう)(あそ)ばしたお(かげ)で、245大変(たいへん)言霊(ことたま)向上(かうじやう)しました。246……サア夏彦(なつひこ)さま、247今日(けふ)(かぎ)吾々(われわれ)同僚(どうれう)だ、248何時(いつ)までも女王(ぢよわう)(かは)りは出来(でき)ませぬぞ。249……サア悦子姫(よしこひめ)女王(ぢよわう)250ズツと(おく)へお(とほ)(くだ)さいませ』
251悦子姫(よしこひめ)加米彦(かめひこ)さま、252夏彦(なつひこ)さま、253よく神妙(しんめう)にお留守(るす)をして(くだ)さいました。254あなた(がた)健実(まめ)(こと)255よく()()けて(くだ)さると()えて、256風流(ふうりう)夏草(なつくさ)(いへ)周囲(まはり)一杯(いつぱい)()えて()ります。257小蛇(こへび)でも()そうに御座(ござ)いますな。258オホヽヽヽ』
259 加米彦(かめひこ)260(あたま)()(なが)ら、
261『イヤもう……エー(そと)惟神(かむながら)(まか)し、262(うち)一生懸命(いつしやうけんめい)に、263内容(ないよう)充実(じゆうじつ)(しゆ)(いた)しました。264これが所謂(いはゆる)内主外従(ないしゆぐわいじゆう)()ふものです』
265悦子姫(よしこひめ)『ホヽヽヽ、266成程(なるほど)(そと)には茫々(ばうばう)(うつく)しい(くさ)御天道様(おてんだうさま)のお(かげ)繁茂(はんも)して()ます。267室内(しつない)はザツクバラン、268沢山(たくさん)紙片(かみぎれ)散乱(さんらん)して、269まるで花見(はなみ)(には)(やう)です』
270加米彦(かめひこ)『イヤ此間(こなひだ)から、271夏彦(なつひこ)(かり)大将(たいしやう)272寝冷(ねび)えを(いた)し、273風邪(かぜ)()いたものですから、274鼻紙(はながみ)をそこら(ぢう)()らして()いたのです。275……一寸(ちよつと)()つて(くだ)さい。276(はうき)(いま)()いて()けます、277ウツカリ()んで(もら)へば、278(あし)(うら)にニチヤツとひつつきます。279……オイ夏彦(なつひこ)鼻紙(はながみ)大将(たいしやう)280(なに)をグヅグヅして()るのだ。281(この)加米彦(かめひこ)何事(なにごと)盲従(まうじゆう)して()たのだ。282どうだ、283(この)鼻紙(はながみ)(はうき)()()らしても、284(しか)りは御座(ござ)いませぬかなア』
285夏彦(なつひこ)『これはこれは悦子姫(よしこひめ)(さま)286(いま)煤掃(すすはき)最中(さいちう)へお(かへ)(くだ)さいまして、287(まこと)申訳(まをしわけ)御座(ござ)いませぬ。288どうぞ(しばら)く、289(うら)森林(しんりん)(うつく)しい(はな)()いて()ます、290恰度(ちやうど)菖蒲(あやめ)()(さか)り、291三人(さんにん)(とも)(しばら)御覧(ごらん)なし(くだ)さいませ。292(その)(あひだ)夏季(かき)大清潔法(だいせいけつはふ)執行(しつかう)(いた)します。293……オイ加米彦(かめひこ)294(はうき)だ、295(みづ)()め、296采払(さいはらひ)だ……』
297加米彦(かめひこ)貴様(きさま)はジツとして()()さずに、298(あご)ばつかりで……そう一度(いちど)に……千手観音様(せんじゆくわんのんさま)ぢやあるまいに、299(みづ)()む、300采払(さいはらひ)使(つか)ふ、301(はうき)使(つか)うと()(こと)出来(でき)るものか。302貴様(きさま)(ひと)活動(くわつどう)せぬか。303門外(かど)(つばめ)活動(くわつどう)を、304チツと(なら)へ』
305夏彦(なつひこ)『ハイハイ(かしこ)まりました』
306(たすき)をかけ、
307『わしはお(いへ)掃除(さうぢ)する。308(まへ)(には)掃除(さうぢ)して()れ…』
309 (にはか)にバタバタ、310ガタガタ……、
311夏彦(なつひこ)『オイ常彦(つねひこ)312(いた)313(たき)314手伝(てつだ)ひして()れぬか。315……ヤアどつか()きやがつたなア』
316(まど)(のぞ)き、
317『ヤア一生懸命(いつしやうけんめい)(くさ)をひいて()るワイ』
318 半時(はんとき)ばかりかかつて大掃除(おほさうぢ)を、319吐血(とけつ)()こつた(やう)(さわ)ぎでやつてのけた。320(とき)見計(みはか)らひ悦子姫(よしこひめ)321音彦(おとひこ)322五十子姫(いそこひめ)323ニコニコし(なが)ら、
324音彦(おとひこ)『ヤア(にはか)(まゐ)りまして、325エライ御雑作(ござふさ)をかけました』
326加米彦(かめひこ)『ヤア有難(ありがた)う。327()()(こと)()ければ、328モウ一月(ひとつき)()たぬ(うち)に、329(この)(いへ)(くさ)(なか)沈没(ちんぼつ)する(ところ)でした。330アハヽヽヽ』
331音彦(おとひこ)身魂(みたま)相応(さうおう)御住宅(ごぢうたく)で……』
332悦子姫(よしこひめ)『オホヽヽヽ』
333 (ここ)(やつ)つの(かさ)(だい)は、334(たたみ)(うへ)二列(にれつ)並列(へいれつ)した。335悦子姫(よしこひめ)(はじ)一同(いちどう)は、336(たがひ)久濶(きうくわつ)(じよ)し、337打解話(うちとけばなし)(とき)(うつ)す。338(をり)しも門口(かどぐち)(あら)はれ(きた)馬公(うまこう)339鹿公(しかこう)
340『モシモシ夏彦(なつひこ)さま、341(うま)342鹿(しか)両人(りやうにん)です。343御注進(ごちうしん)(まゐ)りました』
344門口(かどぐち)より呶鳴(どな)()んだ。
345夏彦(なつひこ)『ヤア馬公(うまこう)鹿公(しかこう)346よう(かへ)つて()た。347(しか)今日(けふ)(おく)(めづ)らしいお(きやく)さまだ。348御主人公(ごしゆじんこう)紫姫(むらさきひめ)さま(はじ)青彦(あをひこ)はどうなつた』
349馬公(うまこう)只今(ただいま)結構(けつこう)生神(いきがみ)さまの玉子(たまご)奉迎(ほうげい)して、350これへお(かへ)りになります。351どうぞ座敷(ざしき)片付(かたづ)けて、352充分(じゆうぶん)清潔(せいけつ)にして()つて()()れいとの、353青彦(あをひこ)さまの御命令(ごめいれい)354(ちう)()んで御報告(ごはうこく)(まゐ)りました。355やがて御入来(ごじゆらい)になりませう』
356夏彦(なつひこ)『アーそれはそれは御苦労(ごくらう)でした。357マア一服(いつぷく)して(くだ)さい』
358とイソイソとして(おく)()り、
359悦子姫(よしこひめ)(さま)360只今(ただいま)紫姫(むらさきひめ)(さま)361青彦(あをひこ)がこれへ(かへ)つて()るそうで御座(ござ)います』
362悦子姫(よしこひめ)『アーそうだらう。363(とこ)()もよく掃除(さうぢ)して御待受(おまちう)けを(いた)しませう。364キツと玉照姫(たまてるひめ)(さま)御光来(おいで)でせう』
365夏彦(なつひこ)『そんな(こと)御座(ござ)いませうかなア。366どうして(また)それが(わか)りますか』
367悦子姫(よしこひめ)何事(なにごと)英子姫(ひでこひめ)(さま)御経綸(ごけいりん)368キツと(いま)にお()しになります』
369 ()()(ところ)へ、370丹州(たんしう)先頭(せんとう)に、371(たま)玉照姫(たまてるひめ)(うやうや)しく捧持(ほうぢ)し、372紫姫(むらさきひめ)373青彦(あをひこ)374(せつ)一行(いつかう)ゾロゾロと(この)(ひと)()(いきほひ)よく()(きた)る。375加米彦(かめひこ)376(あわて)()んで()で、
377加米彦(かめひこ)『ヤア(あんず)るより(もも)(やす)い。378今日(けふ)はモモだらけだ。379モウモウ(いそが)しうて(いそが)しうて、380(うれ)しいやら面白(おもしろ)いやら、381(いさ)ましいやら、382()つから、383()つから見当(けんたう)()れなくなつた。384改心(かいしん)(いた)すとマサカの(とき)に、385(うれ)しうてキリキリ(まひ)(いた)身魂(みたま)と、386(つら)うてキリキリ(まひ)(いた)身魂(みたま)とが出来(でき)るぞよ……とは(この)(こと)だ。387サアサア(みな)さま、388ズツと(おく)へ、389キリキリ()ひもつてお這入(はい)(くだ)さいませ……ドツコイシヨのヤツトコシヨ…』
390面白(おもしろ)()つきをして(をど)つて()る。391青彦(あをひこ)
392青彦(あをひこ)『コレコレ加米彦(かめひこ)さま、393(はや)玉照姫(たまてるひめ)(さま)を、394悦子姫(よしこひめ)(さま)御紹介(ごせうかい)して(くだ)さい』
395 悦子姫(よしこひめ)(おく)より(はし)(きた)り、396(うやうや)しく拍手(はくしゆ)し、397(うれ)(なみだ)をタラタラと(なが)(なが)ら、
398悦子姫(よしこひめ)玉照姫(たまてるひめ)(さま)399よくもお()(くだ)さいました。400これで(いよいよ)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)(うたがひ)なし。401アヽ有難(ありがた)し、402(かたじけ)なし』
403()つた()り、404(うれ)(なみだ)()れて、405(かほ)さへあげず()きいる。
406加米彦(かめひこ)『これはこれは悦子姫(よしこひめ)女王様(ぢよわうさま)407(なに)(この)芽出度(めでた)(とき)に、408メソメソお()(あそ)ばすのだ。409ヤツパリ(をんな)(をんな)だなア。410涙脆(なみだもろ)いと()えるワイ。411アヽ矢張(やつぱ)(おれ)(なん)だか()きたくなつて()た、412アンアンアン』
413 青彦(あをひこ)(うた)ふ、
414神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
415御言(みこと)(かしこ)(くも)りたる
416()(てら)さむと英子姫(ひでこひめ)
417(かみ)仕組(しぐみ)奥山(おくやま)
418(こころ)(ふか)(つつ)みつつ
419(かく)して容易(ようい)弥仙山(みせんざん)
420万代(よろづよ)(いは)亀彦(かめひこ)
421(ともな)聖地(せいち)(あと)にして
422(くに)(さか)えも豊彦(とよひこ)
423(むすめ)のお(たま)木花(このはな)
424(ひめ)(みこと)分霊(わけみたま)
425咲耶(さくや)(ひめ)()()けて
426(あと)白雲(しらくも)(かへ)()
427(こころ)(はる)山家道(やまがみち)
428(をり)こそよけれ悦子姫(よしこひめ)
429音彦(おとひこ)加米彦(かめひこ)夏彦(なつひこ)
430川辺(かはべ)木蔭(こかげ)立寄(たちよ)りて
431英子(ひでこ)(ひめ)神界(しんかい)
432それとはなしに秘事(ひめごと)
433以心伝心(いしんでんしん)(かた)りつつ
434(ちち)近江(あふみ)竹生島(ちくぶしま)
435(あし)(はや)めて()(たま)ふ。
436悦子(よしこ)(ひめ)急坂(きふはん)
437三人(みたり)(をとこ)諸共(もろとも)
438辿(たど)りて、やうやう弥仙山(みせんざん)
439(ふもと)()てる豊彦(とよひこ)
440(しづ)伏家(ふせや)立寄(たちよ)りて
441(にはか)産婆(さんば)神業(しんげふ)
442(おも)ひも()らぬ(うづ)(こゑ)
443(たま)(はら)()つて()
444玉照姫(たまてるひめ)()りあげて
445イソイソ(かへ)世継王(よつわう)
446(やま)(ふもと)霊場(れいぢやう)
447(ぼく)して(いほり)(むす)びつつ
448二人(ふたり)(をとこ)留守(るす)をさせ
449紫姫(むらさきひめ)何事(なにごと)
450(ささや)()ひて右左(みぎひだ)
451悦子(よしこ)(ひめ)近江路(あふみぢ)
452紫姫(むらさきひめ)青彦(あをひこ)
453(うま)鹿(しか)二人(ふたり)(ともな)ひて
454西北(せいほく)()して(すす)()
455船岡山(ふなをかやま)山麓(さんろく)
456かかる(をり)しも夕闇(ゆふやみ)
457(すか)して(きこ)ゆる(さけ)(ごゑ)
458青彦(あをひこ)(うま)鹿(しか)三人(さんにん)
459(こゑ)(たづ)ねて(やみ)(みち)
460(すす)(をり)しもウラナイの
461(みち)(をしへ)(たき)(いた)
462一人(ひとり)(をんな)引捉(ひつとら)
463(まつ)古木(こぼく)(しば)りつけ
464権謀術数(けんぼうじゆつすう)最中(さいちう)
465(やみ)(さいは)黒姫(くろひめ)
466声色(こわいろ)使(つか)鹿公(しかこう)
467早速(さつそく)頓智(とんち)(たき)(いた)
468おののき(おそ)幽霊(いうれい)
469(おも)(あやま)谷底(たにそこ)
470スツテンコロリと転落(てんらく)
471腰骨(こしぼね)()つてウンウンと
472(やみ)(くるし)(あは)れさよ
473紫姫(むらさきひめ)三人(さんにん)
474(をとこ)にお(せつ)(まも)らせつ
475(すす)んで(きた)元伊勢(もといせ)
476稜威(いづ)御前(みまへ)参拝(さんぱい)
477天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
478神示(しんじ)(あふ)(とき)もあれ
479(たに)(きこ)ゆる言霊(ことたま)
480(あや)しき(ひびき)青彦(あをひこ)
481紫姫(むらさきひめ)(ともな)ひて
482剣先山(けんさきやま)深谷(ふかたに)
483(たづ)ねて()けば、こは如何(いか)
484顔色(かほいろ)(くろ)黒姫(くろひめ)
485二人(ふたり)(をとこ)諸共(もろとも)
486一心不乱(いつしんふらん)水垢離(みづごうり)
487(その)熱烈(ねつれつ)信仰(しんかう)
488(いづ)れも(きも)(ひや)しつつ
489紫姫(むらさきひめ)青彦(あをひこ)
490(なに)(こころ)(うなづ)きつ
491(にはか)(かは)るウラナイの
492(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
493馬公(うまこう)鹿公(しかこう)諸共(もろとも)
494魔窟ケ原(まくつがはら)(きづ)きたる
495黒姫館(くろひめやかた)(いで)()
496高山彦(たかやまひこ)黒姫(くろひめ)
497相好(さうがう)(くづ)してニコニコと
498(たちま)(かは)地蔵顔(ぢざうがほ)
499()(ほこ)りたる会心(くわいしん)
500(ゑみ)にあたりの雰囲気(ふんゐき)
501乾燥(かんさう)無味(むみ)岩窟(がんくつ)
502(たちま)(はる)(はな)()いて
503()めよ(さわ)げの(にぎ)はしさ
504大洪水(だいこうずゐ)氾濫(はんらん)
505堤防(ていぼう)(くづ)した(ごと)くなる
506乱痴気(らんちき)(さわ)ぎの最中(さいちう)
507阿修羅(あしゆら)(ごと)(いきほひ)
508(あら)はれ(きた)常彦(つねひこ)
509滝公(たきこう)板公(いたこう)(ともな)ひて
510青彦(あおひこ)さまが(むね)(うち)
511()らぬが(ほとけ)黒姫(くろひめ)
512折柄(をりから)(きた)れる高姫(たかひめ)
513()つてかかつた可笑(おか)しさよ
514可哀相(かあいさう)とは()(なが)
515(とき)(つくろ)青彦(あをひこ)
516早速(さそく)頓智(とんち)棍棒(こんぼう)
517()()()()常彦(つねひこ)
518(からだ)()がけて滅多打(めつたうち)
519地蟹(づがに)(やう)(あわ)()いて
520(なみだ)(なが)滝公(たきこう)
521痛々(いたいた)しげに板公(いたこう)
522(くも)(かすみ)(にげ)()
523この振舞(ふるまひ)高姫(たかひめ)
524(みち)(まよ)うた黒姫(くろひめ)
525(はじ)めてヤツと()(ゆる)
526紫姫(むらさきひめ)青彦(あをひこ)
527大事(だいじ)大事(だいじ)宝物(たからもの)
528玉照姫(たまてるひめ)人質(ひとじち)
529(なん)()もなく吾々(われわれ)
530(わた)して()れた(その)(かげ)
531綾彦(あやひこ)、お(たみ)(ともな)ひて
532(こころ)イソイソ山坂(やまさか)
533(みぎ)(ひだり)()()えつ
534於与岐(およぎ)(さと)豊彦(とよひこ)
535(やかた)(いた)りいろいろと
536一伍一什(いちぶしじふ)物語(ものがた)
537紫姫(むらさきひめ)言霊(ことたま)
538豊彦(とよひこ)夫婦(ふうふ)雀踊(こをど)りし
539(たま)()へて玉照(たまてる)
540(ひめ)(みこと)(うづ)御子(みこ)
541(いち)()もなく(たてまつ)
542大願(たいぐわん)成就(じやうじゆ)大勝利(だいしようり)
543長居(ながゐ)(おそ)(また)御意(ぎよい)
544(かは)らぬ(うち)(かへ)らむと
545丹州(たんしう)、お(たま)(おく)られて
546イヨイヨ聖地(せいち)()()れば
547(おも)ひかけぬは悦子姫(よしこひめ)
548科戸(しなど)(かぜ)音彦(おとひこ)
549(こころ)いそいそ五十子姫(いそこひめ)
550(なら)五月(ごぐわつ)雛祭(ひなまつり)
551悠々然(いういうぜん)(かま)()
552此方(こなた)(すみ)(なが)むれば
553(つね)(かは)つた常彦(つねひこ)
554むつかしい(かほ)(ひも)()
555滝公(たきこう)板公(いたこう)(したが)へて
556(すわ)つて御座(ござ)(いさ)ましさ
557剽軽者(へうきんもの)加米彦(かめひこ)
558主人(あるじ)留守(るす)(さいは)ひに
559なまくら、したる(その)(むく)
560捻鉢巻(ねぢはちまき)(しり)からげ
561(には)()くやら采払(さいはら)
562そこらバタバタ(たた)くやら
563戸口(とぐち)(そと)(なが)むれば
564(かわづ)(へび)巣窟(さうくつ)
565なつた(には)をば(たき)(いた)
566二人(ふたり)(たちま)(ほほ)かぶり
567(あせ)をタラタラ(なが)しつつ
568狼狽(うろた)(さわ)(くさ)むしり
569蓬ケ原(よもぎがはら)()()けて
570黄金(こがね)(はな)()今日(けふ)(そら)
571黄金(こがね)(みね)(あら)はれし
572木花姫(このはなひめ)分霊(わけみたま)
573咲耶(さくや)(ひめ)再来(さいらい)
574(あふ)玉照姫(たまてるひめ)(かみ)
575(むか)(まつ)りて三五(あななひ)
576(をしへ)(まも)元津神(もとつかみ)
577国武彦(くにたけひこ)(かく)れます
578世継王山(よつわうざん)表口(おもてぐち)
579朝日(あさひ)(かがや)夕日(ゆうひ)()
580これの聖地(せいち)永久(とこしへ)
581(しづ)まり()まして常闇(とこやみ)
582(あま)岩戸(いはと)(ひら)きます
583ミロクの御代(みよ)(いしずゑ)
584寿(ことほ)ぎまつる今日(けふ)(そら)
585壬戌(みづのえいぬ)(うる)五月(ごぐわつ)
586五日(いつか)(よひ)(この)仕組(しぐみ)
587イツカは()れて(まつ)()
588(さかえ)()るぞ目出度(めでた)けれ
589アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
590御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
591青彦(あをひこ)(こゑ)(すず)しく(うた)(をは)りぬ。592十八(じふはち)バムの仮名(かな)(ちな)みし(まつ)神代(かみよ)物語(ものがたり)593松竹梅(まつたけうめ)(いは)(をさ)むる。
594大正一一・四・二八 旧四・二 松村真澄録)
595(昭和一〇・六・三 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)