霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(たま)(いしずゑ)(四)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 篇:後付 よみ:
章:第18巻 よみ:たまのいしずえ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年12月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年2月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
真の神であり、厳瑞である主神に認められ、愛され、信じられ、また主神を認めて深く信じ愛する所には、必ず天国が開かれる。善徳が同じでないことから、主神を礼拝する方法もひとつではなく、そのために人が往生すべき天国に差ができるのである。
天国は、このような各種の部分から成るひとつの単元である。天国の円満具足の相は、これら部分が調和しているところから来るのである。また各部分に変化があり、その性質によって、円満具足の相が保たれる。
天国の全体は、ひとつの巨人に譬えられる。第一天国は頭部から頚部、第二天国は胸部から膝まで、第三天国は脚部と肘から先を成しているようなものである。
天国は上方にも、中間にも、下方にも存在する。それぞれに天人や精霊が住んでいる。各自その善徳によって住所を異にしている。
宇宙全体では、一物として失われるものはなく、また静止しているものもない。人間の意志や情動も朽ちないものである。霊魂不滅であるから、記憶や意思をもって天国に行くのである。現界へ再生するときは、肉体が弱小であるために、思い出せないだけなのである。また過去世の記憶は人生に益なく弊害があるために、思い出す必要もないのである。しかし天国に行くと、それはますます明瞭になってくる。そのため、天国では再生ではなく、復活というのである。
科学的な交霊論者の議論は、まったく無駄ではないにせよ、謎の間で板ばさみになっている。もはや時間を数えることができない世界へ、死者の後をほんの一足つけて行くだけなのである。
宇宙の真相は、二言三言では現せないし、言い表したとしても、決して現代人の脳に入りきらない。人間の分際としては、いかなる聖人賢哲も、天国や霊界の秘密・真相を握る事は不可能である。この秘密や真相は、宇宙それ自身と同等に無限、絶対、不可測、究極するところの無いものだからである。
死者が我々と交通可能なときには、死者の方でもたいして報告すべきことがない状態にある。一方で天国に登った後は、もはや交通はできないのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm189901
愛善世界社版:297頁 八幡書店版:第3輯 747頁 修補版: 校定版:305頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第四篇 神霊世界 > 第三章 霊の礎
001一、002真神(しんしん)(また)厳瑞(げんずゐ)なる主神(しゆしん)(みと)められ(あい)せられ(しん)ぜられ(また)主神(しゆしん)(みと)(ふか)(しん)(あつ)(あい)する(ところ)には(かなら)天国(てんごく)(ひら)かれるものである。003諸多(しよた)団体(だんたい)()ける善徳(ぜんとく)不同(ふどう)よりして、004主神(しゆしん)礼拝(れいはい)するその方法(はうはふ)(また)同一(どういつ)でない、005(ゆゑ)天国(てんごく)にも差等(さとう)あり(ひと)往生(わうじやう)すべき天国(てんごく)相違(さうゐ)出来(でき)るのである。006(しか)(なが)天国(てんごく)円満(ゑんまん)なるは(かく)(ごと)不同(ふどう)あるが(ゆゑ)である。007同一(どういつ)(はな)()()にも種々(しゆじゆ)枝振(えだぶ)りもあり(はな)にも満開(まんかい)のもの半開(はんかい)のもの(つぼみ)(まま)のものがあつて、008(ひと)つの花樹(くわじゆ)本分(ほんぶん)完全(くわんぜん)(つく)して()るやうなものである。
009一、010天国(てんごく)各種(かくしゆ)各様(かくやう)分体(ぶんたい)より形成(けいせい)したる単元(たんげん)であつて、011その分体(ぶんたい)(もつと)円満(ゑんまん)なる形式(けいしき)(なか)排列(はいれつ)せられて()る。012(すべ)円満(ゑんまん)具足(ぐそく)(さう)なるものは諸分体(しよぶんたい)調節(てうせつ)より(きた)るものといふことは吾人(ごじん)諸々(もろもろ)感覚(かんかく)外心(ぐわいしん)(うご)かす(ところ)一切(いつさい)()なるもの(たの)しきもの(こころ)ゆくものの性質(せいしつ)()れば分明(ぶんめい)である。013数多(あまた)相和(あひわ)相協(あいかな)うた分体(ぶんたい)があつて(あるひ)同時(どうじ)(あるひ)連続(れんぞく)して節奏(せつそう)および調和(てうわ)(しやう)ずるより(おこ)(きた)るもので(けつ)して単独(たんどく)事物(じぶつ)より(はつ)せないものである。014(ゆゑ)種々(しゆじゆ)変化(へんくわ)快感(くわいかん)(しやう)ずるに(いた)ることは吾人(ごじん)日夜(にちや)目撃(もくげき)実証(じつしよう)する(ところ)である。015そして(この)快感(くわいかん)性相(せいさう)(さだ)むるは変化(へんくわ)性質(せいしつ)如何(いかん)にあるのである。016天国(てんごく)()ける円満(ゑんまん)具足(ぐそく)実相(じつさう)種々(しゆじゆ)変態(へんたい)帰因(きいん)することを(あきら)()らるるのである。
017一、018天国(てんごく)全体(ぜんたい)(ひとつ)巨人(きよじん)(たと)()きものである。019(ゆゑ)(かふ)天国(てんごく)団体(だんたい)はその頭部(とうぶ)(また)頭部(とうぶ)()局所(きよくしよ)()(やう)なものである。020(おつ)天国(てんごく)団体(だんたい)胸部(きようぶ)(また)胸部(きようぶ)()局所(きよくしよ)にある。021(へい)天国(てんごく)団体(だんたい)腰部(えうぶ)(また)腰部(えうぶ)()局所(きよくしよ)()(ごと)きものである。022(ゆゑ)最上(さいじやう)天国(てんごく)(すなは)第一天国(だいいちてんごく)頭部(とうぶ)より(くび)(いた)るまでを()め、023中間(ちうかん)(すなは)第二(だいに)天国(てんごく)胸部(きようぶ)より(こし)(およ)(ひざ)(あひだ)()め、024最下(さいか)(すなは)第三(だいさん)天国(てんごく)脚部(きやくぶ)より脚底(きやくてい)(ひぢ)より指頭(しとう)(あひだ)()めて()(やう)なものである。
025一、026天国(てんごく)(けつ)して(うへ)(はう)而已(のみ)()るもので()い。027上方(じやうはう)にも中間(ちうかん)にも下方(かはう)にも存在(そんざい)するものである。028人間(にんげん)肉体(にくたい)上下(じやうげ)区別(くべつ)なく頭部(とうぶ)より脚底(きやくてい)(いた)るまでそれぞれ意志(いし)(まま)活動(くわつどう)する資質(ししつ)ある(ごと)きものである。029(ゆゑ)天国(てんごく)下面(かめん)()精霊(せいれい)もあり、030天人(てんにん)もある、031(また)天国(てんごく)上面(じやうめん)()むのも中間(ちうかん)()むのもある。032(てん)高天原(たかあまはら)もあり()高天原(たかあまはら)()つて各自(かくじ)その善徳(ぜんとく)相違(さうゐ)()つて住所(ぢうしよ)(こと)にするのである。
033一、034宇宙間(うちうかん)(おい)ては一物(いちぶつ)(いへど)(けつ)して(うしな)はるる(こと)()く、035(また)一物(いちぶつ)静止(せいし)して()るものでは()い。036(ゆゑ)輪廻転生(りんねてんしやう)(すなは)再生(さいせい)()ふことは()()べきものである。037(しか)るに生前(せいぜん)記憶(きおく)意志(いし)滅亡(めつぼう)した(のち)矢張(やはり)個人(こじん)()ふものが再生(さいせい)して()くとすれば、038(つま)自分(じぶん)自分(じぶん)であると()(こと)()らずに再生(さいせい)するものならば再生(さいせい)せないも(おな)じことであると()(ひと)がある。039(じつ)(もつと)もな()(ぶん)である。040(すべ)人間(にんげん)意志(いし)情動(じやうだう)なるものは、041何処(どこ)までも(くち)ないものである以上(いじやう)は、042霊魂(れいこん)不滅(ふめつ)(うへ)から()ても記憶(きおく)意志(いし)(もつ)天国(てんごく)()くものである。043(しか)現界(げんかい)再生(さいせい)する(とき)一旦(いつたん)その肉体(にくたい)弱少(じやくせう)となるを(もつ)容易(ようい)記憶(きおく)喚起(くわんき)することは出来(でき)ないのである。044(また)記憶(きおく)して()ても(なん)(えき)する(ところ)なき而已(のみ)ならず、045種々(しゆじゆ)人生上(じんせいじやう)弊害(へいがい)(ともな)ふからである。046(これ)(はん)して天国(てんごく)()(とき)はその記憶(きおく)意念(いねん)益々(ますます)明瞭(めいれう)()つて()るものである。047(ゆゑ)天国(てんごく)にては再生(さいせい)()はず、048復活(ふくくわつ)()ふのである。
049一、050科学的(くわがくてき)交霊論者(かうれいろんしや)人霊(じんれい)憑依(ひようい)せし情況(じやうきやう)死後(しご)世界(せかい)()いて種々(しゆじゆ)論弁(ろんべん)(こころ)みて()るのは全然(ぜんぜん)無用(むよう)(わざ)でもない。051(しか)(なが)彼等(かれら)()最初(さいしよ)最後(さいご)()(ふた)つの(なぞ)(あひだ)板挟(いたばさ)みの姿(すがた)で、052(その)()(ところ)()らない有様(ありさま)である。053彼等(かれら)はホンの少時間(せうじかん)054時間(じかん)()ふものを最早(もはや)(かぞ)へることの出来(でき)世界(せかい)へホンの一足(ひとあし)(ばか)死者(ししや)(あと)をつけて()くだけであつて、055闇黒(あんこく)(なか)(その)(まま)茫然(ばうぜん)としてその行衛(ゆくゑ)(うしな)つて(しま)つて()る。056彼等(かれら)(たい)して宇宙(うちう)秘密(ひみつ)真相(しんさう)闡明(せんめい)せよと()つた(ところ)で、057到底(たうてい)ダメである。
058一、059宇宙(うちう)秘密(ひみつ)真相(しんさう)到底(たうてい)二言(ふたこと)三言(みこと)現代人(げんだいじん)脳裡(なうり)()るものでは()い。060(また)本当(ほんたう)にこれを物語(ものがた)つた(ところ)到底(たうてい)人間(にんげん)頭脳(づなう)這入(はい)()れるものでは()い。061人間(にんげん)分際(ぶんざい)としては如何(いか)なる聖人(せいじん)賢哲(けんてつ)(けつ)して天国(てんごく)霊界(れいかい)秘密(ひみつ)真相(しんさう)(にぎ)(こと)不可能(ふかのう)だと(しん)じて()る。062(なん)となれば(この)秘密(ひみつ)真相(しんさう)宇宙(うちう)それ自身(じしん)(ごと)無限(むげん)絶対(ぜつたい)不可測(ふかそく)窮極(きうきよく)する(ところ)()いものだからである。
063一、064死者(ししや)矢張(やは)霊界(れいかい)(いき)()るならば、065彼等(かれら)何等(なんら)かの方法(はうはふ)(もち)ゐてなりと吾々(われわれ)(をし)へて()れさうなものだと()(ひと)がある。066(しか)しながら死者(ししや)吾々(われわれ)(はなし)をすることが出来(でき)時分(じぶん)には死者(ししや)(はう)(おい)(なに)吾々(われわれ)報告(はうこく)すべき材料(ざいれう)()つて()ないし、067(また)(なに)(はな)すべき(ほど)事柄(ことがら)()()時分(じぶん)には、068死者(ししや)最早(もはや)吾々(われわれ)交通(かうつう)出来(でき)ない天国(てんごく)(のぼ)つて、069永久(とこしへ)吾々(われわれ)人間(にんげん)()(はな)れて(しま)つて()るからである。
070 大正十一年十二月
071(昭和一〇・六・三 王仁校正)