霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 赤児(あかご)(あやまり)〔六六四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 篇:第1篇 宇都山郷 よみ:うづやまごう
章:第2章 第20巻 よみ:あかごのあやまり 通し章番号:664
口述日:1922(大正11)年05月12日(旧04月16日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年3月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
鬼雲彦の残党・友彦は、浮木の里にバラモン教を広めて勢力を保っていた。
松鷹彦のところへ、留公たち四五人の村人がやってきて、家にかくまっている三五教の宣伝使を渡せ、と言ってきた。
松鷹彦と村人が言い争っていると、奥から天の真浦の宣伝歌が聞こえてきた。留公たちはにわかに頭が痛くなり、逃げ帰る。松鷹彦は、ここの村人たちは質朴だが、理解力がないために誤った教えに頑なになっている、と嘆く。
松鷹彦と婆は、聞こえよがしに誰かこの村を救ってくれる者はないか、と会話する。天の真浦はそれを聞いてそっと里に向かって行った。
バラモン教の友彦のところへ、松鷹彦の家から逃げてきた留公ら村人たちが戻ってきた。そして、負け戦の報告をしているところへ、別の村人がやってきて、留公が逃げるときに、畑の芋の苗を踏み潰したと文句をつけた。
友彦はそれを聞いて、留公を一時破門した。留公は怒って、これからは三五教の見方をするのだと言って、出て行ってしまう。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2002
愛善世界社版:38頁 八幡書店版:第4輯 162頁 修補版: 校定版:39頁 普及版:17頁 初版: ページ備考:
001(ゆき)(うづ)まる川端(かはばた)
002(しづ)伏家(ふせや)(はる)()
003(つめ)たき(ゆき)何時(いつ)しかに
004()けて(うれ)しき老夫婦(らうふうふ)
005宇都山川(うづやまがは)(みづ)(ぬる)
006枯木(かれき)青芽(あをめ)()()して
007軒端(のきば)(うめ)(にほ)()
008(たに)()()けて(うぐひす)
009(おとづ)季節(きせつ)となりにける
010(やま)(やま)とに(つつ)まれし
011此処(ここ)世界(せかい)秘密郷(ひみつきやう)
012(ひと)(こころ)質朴(しつぼく)
013宛然(さながら)神代(かみよ)(ごと)くなり
014(とき)しもあれや婆羅門(ばらもん)
015(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
016鬼雲彦(おにくもひこ)残党(ざんたう)
017()(きこ)えたる友彦(ともひこ)
018二十戸(にじつと)(ばか)りの里人(さとびと)
019霊主体従(れいしゆたいじう)標榜(へうぼう)
020(つるぎ)(わた)()(わた)
021水底(みなそこ)(くぐ)()(しづ)
022(とり)さへとまらぬ茨室(いばむろ)
023(さと)男女(なんによ)裸体(はだか)とし
024言葉(ことば)(たくみ)()きつけて
025身体(からだ)(やぶ)(まが)(ぎやう)
026足駄(あしだ)(おも)(くぎ)()
027穿(うが)ちて(あゆ)村人(むらびと)
028(かみ)(つか)ふる第一(だいいち)
029(きよ)御業(みわざ)迷信(めいしん)
030(こころ)(いた)()(いた)
031無理往生(むりわうじやう)(うれ)()
032この惨状(さんじやう)(すく)はむと
033(あめ)真浦(まうら)宣伝使(せんでんし)
034松鷹彦(まつたかひこ)(しづ)()
035(なが)らく(あし)(とど)めつつ
036(あさ)(ゆふ)なに(かみ)(みち)
037うまら委曲(つばら)()きつれど
038(まよ)()つたる里人(さとびと)
039(うけご)(こと)とならずして
040(まよ)ひに(まよ)(あは)れさよ。
041 (はる)(やうや)(ふか)く、042菜種(なたね)(はな)すげなく()りて(あを)(さや)(はり)をいただき、043大根(だいこん)(はな)(おく)()(なが)(しろ)()いてゐる。044一方(いつぱう)大川(おほかは)045一方(いつぱう)田圃(たんぼ)(はさ)まれた川堤(かはづつみ)松鷹彦(まつたかひこ)茅屋(ばうをく)さして()(きた)四五人(しごにん)男女(なんによ)
046(かふ)『ハイ御免(ごめん)なさいませ』
047松鷹彦(まつたかひこ)『ヤアお(まへ)留公(とめこう)か。048大勢(おほぜい)()れで血相(けつさう)()へて何処(どこ)()くのだ』
049留公(とめこう)『イヤ何処(どこ)へも()かぬ。050当家(たうけ)村人(むらびと)代表者(だいへうしや)として、051吾々(われわれ)五人(ごにん)がやつて()たのだ。052今日(けふ)(しつか)りと()いて(もら)ひませう。053前等(まへら)夫婦(ふうふ)()(うへ)(くわん)する大問題(だいもんだい)だから』
054松鷹彦(まつたかひこ)大問題(だいもんだい)とはソラ(なん)だ。055(また)(みづ)(なか)河童(かつぱ)()()つたやうな(こと)針小棒大(しんせうぼうだい)()つて()たのだらう』
056 留公(とめこう)(かた)()り、057(うで)(まく)捩鉢巻(ねぢはちまき)をし(なが)ら、058半分(はんぶん)(ばか)()(ごし)になつて、
059留公(とめこう)『オイお前達(まへたち)060(みち)をサツと()けて()けよ。061まさか(とき)邪魔(じやま)になると(こま)るから』
062松鷹彦(まつたかひこ)『なんだ貴様(きさま)(かた)をいからし、063(うで)をまくり、064よう気張(きば)つたものだなア。065(いま)からそれだけ(ちから)一杯(いつぱい)()して気張(きば)つて()ると、066(ちから)原料(げんれう)欠乏(けつぼう)するぞ。067()じつくりせぬかい』
068 留公(とめこう)(すこ)(かた)(かど)(けづ)り、069手持無沙汰(てもちぶさた)にそつと(まく)つた(うで)(かく)す。
070松鷹彦(まつたかひこ)『なんだ()鉢巻(はちまき)は。071他人(ひと)(うち)()()るのに、072あまり無作法(ぶさはふ)ぢやないか。073(おや)仇敵(かたき)にでも出会(であ)つたやうな(いきほひ)だなア』
074留公(とめこう)(おや)仇敵(かたき)どころかい。075大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)神様(かみさま)の、076(もつと)大切(たいせつ)仇敵(かたき)をお(まへ)(うち)(かく)まうて()るでないか。077其奴(そいつ)(ひと)ふん(じば)つて(かへ)り、078友彦(ともひこ)宣伝使(せんでんし)御前(おんまへ)()()ゑて、079相当(さうたう)処置(しよち)をつけるのだ。080サア(ぢい)081もう()うなつた以上(いじやう)(かく)しても駄目(だめ)だ、082キリキリと宣伝使(せんでんし)おつ()()して吾々(われわれ)(わた)すのだよ。083ゴテゴテ(ぬか)すと村中(むらぢう)貴様(きさま)信用(しんよう)()はないぞ。084ボイコツトを(はじ)めるが、085それでもいいか。086さうすれば、087武志(たけし)(みや)宮司(みやづかさ)は、088足袋屋(たびや)看板(かんばん)足上(あしあが)り、089(はな)(した)大旱魃(だいかんばつ)090大恐慌(だいきようくわう)だ。091(わる)いことは()はないからさつさと(わた)して()れ。092老爺(おやぢ)()()つて(じつ)大切(たいせつ)場合(ばあひ)ぢやぞ。093焦頭爛額(せうとうらんがく)急場(きふば)()ふのは(いま)のことだ。094サア(はや)神妙(しんめう)宣伝使(せんでんし)吾々(われわれ)(わた)したがよからう。095里人(さとびと)代表者(だいへうしや)留公(とめこう)言葉(ことば)二言(にごん)はないぞ。096覚悟(かくご)()めて返答(へんたふ)しろ』
097松鷹彦(まつたかひこ)何事(なにごと)かと(おも)へばそんな(こと)かい。098ベラボウ(けう)のドモ(ひこ)だな。099矢張(やつぱ)彼奴(あいつ)何時迄(いつまで)頑張(ぐわんば)つて()るのかい。100(とほ)(むかし)宇都山(うづやま)(さと)から消滅(せうめつ)した(はず)だが、101オイ留公(とめこう)102此方(こちら)には(よう)()いが(たづ)ねたい(こと)があれば、103宣伝使(せんでんし)(おく)にチヤンと(まつ)りこみてあるから、104友彦(ともひこ)()御大将(おんたいしやう)此処(ここ)()れて()い。105(およ)ばず(なが)松鷹彦(まつたかひこ)天地(てんち)道理(だうり)()(さと)し、106友彦(ともひこ)身魂(みたま)(きよ)めて三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)真浦(まうら)(さま)のお伴彦(ともひこ)として使(つか)つてやるから(はや)(かへ)つて注進(ちうしん)(いた)せ』
107留公(とめこう)中々(なかなか)老耄(おいぼれ)(くせ)(にはか)(つよ)くなりやがつたな。108オイお(はる)109(ゆみ)110樽公(たるこう)111捨公(すてこう)112貴様等(きさまら)(なに)愚図々々(ぐづぐづ)してゐるのだ。113(おれ)一緒(いつしよ)(おく)()んごみ、114宣伝使(せんでんし)ふん(じば)つて(かへ)らうぢやないか。115こんな(やつ)()結構(けつこう)(さと)()やがつて、116三五教(あななひけう)とかを()きやがるものだから、117この御天道様(おてんだうさま)(いろ)()よ。118御機嫌(ごきげん)(わる)うて(くろ)(くも)()()るぢやないか。119御天道(おてんだう)さまのお()()らぬ(やつ)()(さと)()ると、120何時(いつ)(くろ)(くも)()ると()ふことだ。121二三日前(にさんにちまへ)から(ひと)()(たうげ)(いただ)きに、122真黒(まつくろ)けの鍋墨(なべずみ)のやうな(くも)(あら)はれたのも、123(まつた)くお前達(まへたち)仕様(しやう)()(やつ)宿()めて()るからだ。124バラモン(けう)宣伝使(せんでんし)友彦(ともひこ)さまの御示(おしめ)しだぞ』
125 (おく)()より真浦(まうら)(こゑ)として、126(すず)しき宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(きこ)()たる。
127天教山(てんけうざん)(あら)はれし
128木花姫(このはなひめ)分霊(わけみたま)
129玉照彦(たまてるひこ)玉照姫(たまてるひめ)
130(かみ)(みこと)朝夕(あさゆふ)
131(こころ)(きよ)()(きよ)
132(つか)(たま)へる丹波(あかなみ)
133(くに)真秀良場(まほらば)ただなはる
134青垣山(あをがきやま)(めぐ)らせる
135真中(まなか)()てる世継王山(よつわうざん)
136御稜威(みいづ)(たか)照山(てらやま)
137(たもと)にひらく(かみ)(その)
138(にしき)(みや)最聖(いときよ)
139(こころ)(はな)咲耶姫(さくやひめ)
140彦火々出見(ひこほほでみ)二柱(ふたはしら)
141国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
142豊国姫(とよくにひめ)大神(おほかみ)
143(いづ)御言(みこと)(かしこ)みて
144天地(てんち)にさやる曲津神(まがつかみ)
145八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
146バラモン(けう)立籠(たてこも)
147(しこ)曲鬼(まがおに)言向(ことむ)けて
148(この)()(きよ)(すま)さむと
149七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)
150(あさ)(ゆふ)なに()()でて
151教司(をしへつかさ)()(つど)
152言依別(ことよりわけ)三五(あななひ)
153(かみ)(はしら)つき()てて
154(にしき)(はた)御経綸(おんしぐみ)
155(ひら)かせ(たま)常磐木(ときはぎ)
156われは(ちひ)さき(もの)なれど
157(かみ)(めぐみ)(かうむ)りし
158三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
159(あめ)真浦(まうら)(みこと)ぞや
160高天原(たかあまはら)()()でて
161雲霧(くもきり)()けて(くだ)()
162(ひと)()(やま)(たか)くとも
163宇都山川(うづやまがは)(ふか)くとも
164如何(いか)(およ)ばむ(かみ)(とく)
165バラモン(けう)友彦(ともひこ)
166(した)(つるぎ)(あやつ)られ
167(かみ)よりうけし生血(いきち)をば
168(たき)(ごと)くに(なが)()
169(あは)果敢(はか)なき里人(さとびと)
170(さと)して(まこと)大道(おほみち)
171(すく)はむための鹿島立(かしまだち)
172武志(たけし)(みや)立寄(たちよ)りて
173しばし(やす)らふ折柄(をりから)
174(みや)(つかさ)松鷹彦(まつたかひこ)
175(あら)はれ(きた)吾々(われわれ)
176これの伏家(ふせや)(ともな)ひて
177朝夕(あさゆふ)(とな)ふる太祝詞(ふとのりと)
178(かみ)(めぐ)みもいやちこに
179五風十雨(ごふうじふう)順序(ついで)よく
180(はな)(こずゑ)()(みだ)
181(うめ)(つぼみ)はさわさわに
182(えだ)もたわわに(かさ)なり()
183見渡(みわた)(かぎ)()(やま)
184(いろ)蒼々(あをあを)(さか)()
185(かみ)(めぐ)みを()(あた)
186(なが)(なが)らに汝等(いましら)
187(なに)狼狽(うろた)(さわ)ぐぞよ
188一時(いちじ)(はや)立帰(たちかへ)
189(なんぢ)(おや)(たの)()
190バラモン(けう)友彦(ともひこ)
191わが()(まへ)()(きた)
192(あめ)(つち)とを(まも)ります
193(まこと)(かみ)御心(みこころ)
194うまら委曲(つばら)()(さと)
195汝等(なんぢら)里人(さとびと)(ことごと)
196(ねむ)れる(まなこ)()まさなむ
197朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
198(つき)()つとも()くるとも
199仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
200(わが)宗門(しうもん)神力(しんりき)
201如何(いか)(つよ)しと(ほこ)るとも
202(まこと)(ひと)つの言霊(ことたま)
203(さちは)(たす)くる三五(あななひ)
204(かみ)(をしへ)(くら)ぶれば
205(つき)(すつぽん)(くも)(どろ)
206天地(てんち)差別(けじめ)あることを
207()らさず(おと)さず(こま)やかに
208(をし)へて()れむ里人(さとびと)
209神代(かみよ)ながらの里人(さとびと)
210(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
211(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
212(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
213直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
214()(あやま)ちを()(なほ)
215(かみ)(をしへ)(かへり)みて
216天地(てんち)(みち)(あやま)りし
217(ふか)(つみ)をも差赦(さしゆる)
218高天原(たかあまはら)神国(かみぐに)
219(をしへ)御子(みこ)何時迄(いつまで)
220(こころ)(やす)きを(あた)ふべし
221(さか)えの(はな)永久(とは)()
222高天原(たかあまはら)(かみ)()
223(うま)(かは)りし(その)(うへ)
224(この)()(おそ)るるものは()
225アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
226御霊(みたま)(さち)はひましまして
227留公(とめこう)(その)()里人(さとびと)
228(やす)きに(すく)(たま)へかし
229アヽ留公(とめこう)里人(さとびと)
230友彦(ともひこ)(ともな)早来(はやきた)
231(あめ)真浦(まうら)神司(かむづかさ)
232(えり)(ただ)して待暮(まちくら)
233アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
234御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
235屋外(をくぐわい)(ひび)竜声(りうせい)留公(とめこう)(はじ)四人(よにん)男女(なんによ)は、
236『ヤア大変(たいへん)だ。237(あたま)(いた)い、238(むね)(くる)しい。239一先(ひとま)(この)()立去(たちさ)り、240友彦(ともひこ)宣伝使(せんでんし)注進(ちうしん)せむ』
241大麦(おほむぎ)242小麦(こむぎ)243豌豆(えんどまめ)244蚕豆畑(そらまめばたけ)踏躙(ふみにじ)り、245周章狼狽(あわてふため)(かへ)()く。
246松鷹彦(まつたかひこ)()(むら)質朴(しつぼく)(かは)りに理解力(りかいりよく)()いので(こま)る。247信仰(しんかう)結構(けつこう)だが無理解(むりかい)信仰(しんかう)にああ(かた)くなつては、248()うにも()うにも()()(かた)()い。249まるで(てつ)(もつ)(かた)めた城壁(じやうへき)(むか)つて、250無手(むて)子供(こども)襲撃(しふげき)するやうなものだ。251アヽ()うしたら彼等(かれら)()(さま)(こと)出来(でき)ようかなア。252()()(とき)不言実行(ふげんじつかう)教理(けうり)徹底的(てつていてき)発揮(はつき)して()しいものだ。253(ひろ)世界(せかい)には何処(どこ)かに、254一人(ひとり)半分(はんぶん)(くらゐ)(てん)から(こぼ)れて()()(さう)なものだなア』
255と、256わざと(おく)()(きこ)えよがしに、
257『ナアお(たけ)
258()アに(むか)つて(はな)しかけたればお(たけ)はウナヅイて、
259『さうですな、260随分(ずゐぶん)いろいろの神様(かみさま)(をしへ)もあり、261宣伝使(せんでんし)沢山(たくさん)ありますが、262どれもこれも言葉(ことば)(はな)山吹(やまぶき)ばつかりで、263()のつた(ためし)()い。264あれだけ(ちか)くにバラモンが跋扈(ばつこ)して()るのだから、265(なん)とかして()(やう)惨酷(ざんこく)(をしへ)根底(こんてい)より転覆(てんぷく)させ、266せめて()(むら)だけなりと(たす)けて()れる真人(しんじん)(あら)はれ(さう)なものだなア』
267とお(たけ)(また)(ぢぢ)言葉尻(ことばじり)について、268(おく)()()けよがしに()つてゐる。269真浦(まうら)(これ)()くや(いな)や、270(おく)()()を、271(おと)させじとソツと(ひら)き、272スタスタと宇都山(うづやま)(さと)()ざして(はし)()く。
273 留公(とめこう)(はな)座敷(ざしき)陣取(ぢんど)つて日夜(にちや)怪気焔(くわいきえん)()里人(さとびと)(けぶり)()いてゐるバラモン(けう)友彦(ともひこ)は、274松鷹彦(まつたかひこ)茅屋(ばうをく)(つか)はしたる使(つかひ)(かへ)()るを、275(いま)(おそ)しと(くび)(なが)くして日当(ひあた)りのよい角窓(かくまど)から(のぞ)いてゐる。276()けつ(まろ)びつ、277ハーハー、278スースーと(いき)(はず)ませ(かへ)()留公(とめこう)一行(いつかう)姿(すがた)()るより、279友彦(ともひこ)は、
280友彦(ともひこ)『ヤア()()ねた。281様子(やうす)如何(どう)だ。282(はや)返答(へんたふ)()かして()れ』
283留公(とめこう)『イヤもう暗雲(あんうん)低迷(ていめい)284前途(ぜんと)暗黒(あんこく)285収拾(しうしふ)すべからざる形勢(けいせい)御座(ござ)いました。286この留公(とめこう)深遠微妙(しんゑんびめう)言霊(ことたま)()つて、287(やうや)騒乱(さうらん)鎮静(ちんせい)曙光(しよくわう)(みと)めました』
288友彦(ともひこ)『アヽさうか、289それは大儀(たいぎ)であつたのう』
290(はる)『モシモシ宣伝使(せんでんし)(さま)291(まつた)くですよ。292(まつた)くは(まつた)くだが零敗(ゼロはい)大当違(おほあてちが)ひ、293夜食(やしよく)(はづ)れた梟鳥(ふくろどり)(あは)(はか)なき(れつ)(みだ)した頓狂(とんきやう)()り、294(じつ)()()てられぬ惨状(さんじやう)でしたワ』
295留公(とめこう)『コラコラ(をんな)差出(さしで)るところでない。296(だま)つて物言(ものい)へ。297それだから(をんな)大事(だいじ)()かされぬと(むかし)聖人(せいじん)()つたのだ』
298友彦(ともひこ)一体(いつたい)何方(どちら)本当(ほんたう)だ。299(きち)(きよう)か、300(てん)()か、301(つき)(すつぽん)か、302(ゆき)(すみ)か』
303(はる)(すつぽん)(すみ)(やう)なものです。304(ぢい)さま、305中々(なかなか)剛情者(がうじやうもの)村中(むらぢう)協議(けふぎ)結果(けつくわ)(いち)()もなく退(しりぞ)け、306青瓢箪(あをべうたん)のやうなヘボ宣伝使(せんでんし)加勢(かせい)ばつかりやつて()ます。307さうして(おく)()から何百人(なんびやくにん)とも()れぬ(おほ)きな(こゑ)(そろ)へて、308()るとか(くも)るとか(うた)()つた。309()(こゑ)(わたし)(たち)結構(けつこう)(かさ)(だい)(たちま)地異(ちい)天変(てんぺん)310()()ふ、311(はな)はうづく、312(くち)自然(しぜん)(ゆる)んで下顎(したあご)(ちち)(あたり)まで垂下(すゐか)する、313(むね)早鐘(はやがね)をつく消防夫(せうばうふ)駆出(かけだ)す、314(まとひ)はガサガサ チヤンチヤン』
315友彦(ともひこ)『オイオイ貴様(きさま)(なに)()つてゐるのだ。316何処(どこ)()つて()たのだ』
317留公(とめこう)『ハイ一寸(ちよつと)小火(ぼや)があつたものですから』
318(はる)(とめ)さま、319(なに)をボヤボヤして()るのだ。320火事(くわじ)つたら何処(どこ)にあつたのだい』
321留公(とめこう)『エー貴様(きさま)()えない、322(とほ)(とほ)神霊界(しんれいかい)無形(むけい)火事(くわじ)があつたのだよ。323霊眼(れいがん)(ひら)けないデモ信者(しんじや)窺知(きち)()(かぎ)りでないワイ。324(をんな)だてらブカブカと()場面(ばめん)()()して(みづ)をさすよりも(をんな)らしう(しば)らく沈艇(ちんてい)をしてゐて()れ』
325友彦(ともひこ)『アハアお(まへ)たちはフの()だな』
326(はる)『フの()ですとも、327それはそれは()のやうな腑抜(ふぬ)(だま)ですよ。328戦況(せんきやう)詳細(しやうさい)報告(はうこく)(いた)しませうか』
329留公(とめこう)『オイ敗軍(はいぐん)(しやう)(へい)(かた)らずだ。330弱虫(よわむし)弱虫(よわむし)らしう(ひか)へて()らう』
331 ()(いさか)(ところ)へ、332スタスタと(あら)はれて()一人(ひとり)(をとこ)333(くは)をかたげ頬被(ほほかぶ)りをし(なが)ら、
334(をとこ)(とめ)さん、335一寸(ちよつと)(そと)()(くだ)さい。336(おれ)(とこ)大事(だいじ)赤子(あかご)()(ころ)しやがつて、337如何(どう)して()れるのだい』
338留公(とめこう)貴様(きさま)(いへ)赤子(あかご)があるのか。339何時(いつ)()()()んだのだ。340(かかあ)()(くせ)如何(どう)して赤子(あかご)()まれる道理(だうり)があるか』
341(をとこ)()らいでか、342()りやこそ()うて()たのだ。343(うそ)(おも)ふなら(おれ)(とこ)(はたけ)までやつて()い。344さうしたら一目瞭然(いちもくれうぜん)貴様(きさま)成程(なるほど)合点(がつてん)がいくだらう』
345留公(とめこう)赤子(あかご)(みつ)つや(いつ)()(ころ)したつて、346なんだい。347()(むら)(いま)地異(ちい)天変(てんぺん)最中(さいちう)だ。348ちつと(くらゐ)辛抱(しんばう)して作戦(さくせん)用意(ようい)にかからねばならぬだないか。349悠々(いういう)野良(のら)()仕事(しごと)をして()場合(ばあひ)ぢやない。350挙国(きよこく)一致(いつち)(てき)(あた)らねばならぬ危急(ききふ)存亡(そんばう)場合(ばあひ)だぞ』
351(をとこ)『それでも貴重(きちよう)赤子(あかご)()ててまで馬鹿(ばか)らしい、352()んな戦争(せんそう)出来(でき)るかい。353婦人国有論(ふじんこくいうろん)(おこ)つて赤子(あかご)一人(ひとり)でも()やさにやならぬ(とき)に、354二十(にじふ)三十(さんじふ)()(ころ)されてたまるものかい』
355留公(とめこう)貴様(きさま)(ねずみ)のやうな(やつ)だな。356沢山(たくさん)赤子(あかご)如何(どう)して()んだのだい。357あまり仕様(しやう)()種子(たね)()くと、358(こめ)騰貴(とうき)して国家的(こくかてき)破産(はさん)(きた)さねばならぬやうになるぞ。359産児(さんじ)制限(せいげん)問題(もんだい)(やかま)しい(とき)だ。360(おれ)()(ころ)したのも国家(こくか)()めだよ』
361(をとこ)天地(てんち)大神様(おほかみさま)御恵(みめぐ)みで、362やうやうと()をふき、363()出来(でき)364(はな)一寸(ちよつと)()きかけたとこだ。365それを貴様(きさま)三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)(おどろ)(あわ)てて、366(ひろ)道路(みち)があるのに(おれ)(とこ)芋畑(いもばたけ)(とほ)りやがつて、367三度芋(さんどいも)赤子(あかご)をすつかり踏割(ふみわ)つて(しま)ひやがつた』
368留公(とめこう)(なに)(ぬか)しやがるのだい。369(おれ)(また)人間(にんげん)赤子(あかご)だと早合点(はやがつてん)して、370(いささ)同情(どうじやう)(なみだ)にくれて()つたのだ。371貴様(きさま)芋畑(いもばたけ)(とほ)つたものは(おれ)ばかりぢやないぞ、372五人(ごにん)()るのだから、373そりや大方(おほかた)人違(ひとちがひ)だらう』
374(をとこ)馬鹿(ばか)()ふな、375足型(あしがた)でよく(わか)つて()る。376六本(ろつぽん)(ゆび)のある(やつ)は、377(この)(むら)には貴様(きさま)一人(ひとり)より()いのだ。378(ゆび)(かた)証拠(しようこ)だ。379モシモシ バラモン(けう)先生(せんせい)380あんなことをしても神様(かみさま)(ゆる)されますか。381(わたくし)何時(いつ)貴方(あなた)御話(おはなし)()いてゐますが、382畔放(あはな)ちの(つみ)()ふことは大変(たいへん)(おも)(つみ)だ。383そんなことを(いた)したものは(ただち)にバラモン(けう)破門(はもん)すると仰有(おつしや)いましたなア』
384友彦(ともひこ)『それは何時(いつ)()うて()(とほ)りだ。385オイ留公(とめこう)386(まへ)今日(けふ)(かぎ)破門(はもん)する。387(しか)(なが)明日(あす)(また)明日(あす)のことだ。388()(かく)(をしへ)(ゆる)さぬから(この)()立去(たちさ)つたがよからう』
389留公(とめこう)『エー()きやがれ、390(いま)まで先生(せんせい)々々(せんせい)(あが)めてやれば、391()()になりやがつて、392なんだい芋種子(いもだね)二十(にじふ)三十(さんじふ)()(にじ)つたと()つて、393それがそれ(ほど)(わる)いのか。394(いも)人間(にんげん)何方(どちら)(たつと)い、395(いも)よりも(やす)()られるのなら、396(おれ)此方(こちら)から破門(はもん)だ。397()(かは)りにタツタ(いま)(あたま)(いた)い、398(むね)(くるし)宣伝歌(せんでんか)(うた)つて、399(あめ)真浦(まうら)とか()(えら)生神様(いきがみさま)がやつて()るから、400その(とき)犬突這(いぬつくば)ひになつて、401ベソをかかぬやうに用心(ようじん)せい。402これが(おれ)(わか)れのお土産(みやげ)だ。403オイお(はる)404貴様(きさま)()加減(かげん)()(さま)せ。405(おれ)はこれから三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)御味方(おみかた)するのだ』
406()()て、407一目散(いちもくさん)駆出(かけだ)した。
408大正一一・五・一二 旧四・一六 外山豊二録)