霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 如意宝珠(によいほつしゆ)〔六七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 篇:第3篇 三国ケ嶽 よみ:みくにがだけ
章:第12章 第20巻 よみ:にょいほっしゅ 通し章番号:674
口述日:1922(大正11)年05月14日(旧04月18日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年3月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
聖地では、高姫、黒姫、若彦、紫姫ら幹部が集まって、夜もすがら秘密の話にふけっている。高姫は、元々青雲山から持ってこられて埴安彦が桶伏山に隠していた、黄金の玉がバラモン教に奪われたことを明かした。
高姫、黒姫、若彦は、その責任の所在を巡って言い争いになる。その声を聞きつけて、言依別命が部屋に入ってきた。
悠然としている言依別命に対して、高姫は、黄金の玉紛失の事態の責任を問う。しかし言依別命は、すべて神様の仕組がしてあるから大丈夫だと請合う。
そこへ、夜警の鬼丸から、お玉の方と黄金の玉が戻ったと注進があった。言依別命は祝意を表して立ち、宣伝歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2012
愛善世界社版:266頁 八幡書店版:第4輯 247頁 修補版: 校定版:276頁 普及版:121頁 初版: ページ備考:
001(こころ)(いろ)照山(てらやま)
002(ふもと)()てる高殿(たかどの)
003(にしき)(みや)社務所(ながとこ)
004()()(わた)(あき)(かぜ)
005紅葉(もみぢ)(にしき)()()きて
006(さむ)()()(とき)もあれ
007(かしら)(しも)(いただ)きし
008三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
009黒姫(くろひめ)高姫(たかひめ)青彦(あをひこ)
010紫姫(むらさきひめ)終夜(よもすがら)
011(ねむ)りもやらずヒソヒソと
012秘密(ひみつ)(はなし)(ふけ)()る。
013高姫(たかひめ)(みな)さま、014(たか)(こゑ)では()はれませぬが、015玉照彦(たまてるひこ)(さま)016玉照姫(たまてるひめ)(さま)御両人(ごりやうにん)大切(たいせつ)だが、017それよりも、018もつともつと肝腎要(かんじんかなめ)根本(こつぽん)生粋(きつすゐ)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)のお(たから)紛失(ふんしつ)したのを(みな)さま()つて()ますか』
019 青彦(あをひこ)は『エヽツ』と頓狂(とんきやう)(こゑ)()し、020(おどろ)いて仰向(あふむ)きに(たふ)れようとしてやつと()(ささ)へた。
021高姫(たかひめ)『コレコレ、022青彦(あをひこ)さま……お(まへ)()若彦(わかひこ)ぢやが……つい口癖(くちぐせ)になつて()うたのだから(こら)へて(くだ)されや。023若葉(わかば)(いろ)(あを)いから若彦(わかひこ)でも青彦(あをひこ)でもよう(かよ)ひますからな……(しか)し、024ちつと()(しづ)めて()いて(くだ)さい。025(ほか)(ひと)()んな(はなし)(きこ)えたら高天原(たかあまはら)大騒動(おほさうどう)ぢや、026(なん)とか工夫(くふう)せねばなるまい。027こんな(こと)はまだ(たれ)にも()うては()いのぢやが本当(ほんたう)心配(しんぱい)(こと)出来(でき)()るのだよ』
028黒姫(くろひめ)心配(しんぱい)(こと)とは何事(なにごと)(おこ)りました、029(わたし)(ちから)(およ)ぶことなら生命(いのち)()ててでも御用(ごよう)()かして(もら)ひませう』
030高姫(たかひめ)(じつ)はお(たま)(かた)がバラモン(けう)悪神(あくがみ)(さら)はれて仕舞(しま)ひ、031(いま)行方(ゆくへ)(わか)らぬので言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)にも申上(まをしあ)げ、032心配(しんぱい)をして()るのぢや』
033 (これ)()いて黒姫(くろひめ)034紫姫(むらさきひめ)035若彦(わかひこ)真蒼白(まつさを)(かほ)をし『ヘエ』と()つたきり(あき)れて、036(たがひ)()()見合(みあは)すのみで途方(とはう)()れて()る。
037高姫(たかひめ)『お(まへ)さま、038(たま)(かた)(さら)はれたと()つてそれだけ吃驚(ぴつくり)する(やう)(こと)では仕方(しかた)がないぢやないか、039ちつと(どう)()ゑなさい。040身魂(みたま)(みが)けて()らぬと真逆(まさか)(とき)にびく()くぞよ。041身魂(みたま)さへ(みが)いて()けば如何(どん)心配(しんぱい)(おこ)つても(どう)(すわ)つて(らく)(しの)げるぞよ」とお筆先(ふでさき)()りませうがな、042まだまだ吃驚(びつくり)親玉(おやだま)がモ(ひと)つありますぞや』
043紫姫(むらさきひめ)高姫(たかひめ)さま、044吃驚(びつくり)親玉(おやだま)とは如何(どん)(こと)です、045何卒(どうぞ)()かして(くだ)さい。046(わたし)(ちから)一杯(いつぱい)出来(でき)(こと)なら(つと)めさして(いただ)きますから』
047高姫(たかひめ)親玉(おやだま)()つたら(たま)()られたのぢやがなア』
048紫姫(むらさきひめ)『あのお(たま)(かた)をですか』
049高姫(たかひめ)『お(たま)もお(たま)ぢやが、050そんな(たま)とは(たま)(たま)(ちが)ふのぢや。051天地(てんち)がデングリ(がへ)(やう)大騒動(おほさうどう)ぢや。052(みな)さまに()うて()()いけれど、053あまり(どう)(すわ)つて()らぬので如何(どう)する(こと)出来(でき)やしない。054アヽア、055神様(かみさま)の、056もつと(しつか)りしたお道具(だうぐ)()(ひと)()しいものだなア』
057黒姫(くろひめ)(たま)とは(なん)御座(ござ)います』
058高姫(たかひめ)(きん)(たま)ぢや、059それを()られたのぢや』
060黒姫(くろひめ)『それは言依別(ことよりわけ)(さま)ですか、061高山彦(たかやまひこ)さまですか、062そんな(とこ)を……また(たれ)如何(どう)して……(むさくる)しい……()つたのでせう』
063高姫(たかひめ)『エー、064合点(がつてん)(わる)(ひと)ぢや、065睾丸(きんたま)(ちが)ひますよ。066桶伏山(をけふせやま)埴安彦神(はにやすひこのかみ)(さま)(かく)して()かれた、067青雲山(せいうんざん)から()つて()られた神政(しんせい)成就(じやうじゆ)元津御霊(もとつみたま)黄金(こがね)(たま)068如意宝珠(によいほつしゆ)宝物(ほうもつ)を……(みんな)()をつけぬものだから、069到頭(たうとう)()られて仕舞(しま)うた。070こりや屹度(きつと)バラモン(けう)(さら)へて()んだのに(ちが)ひない、071大変(たいへん)だらうがな』
072黒姫(くろひめ)大変(たいへん)です、073如何(どう)したら(よろ)しからう、074言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)(うかが)ひませうか』
075若彦(わかひこ)(こま)つた(こと)になりましたなア、076そつと(うかが)つて()ませうか』
077高姫(たかひめ)『そんな(こと)(この)(あひだ)から幾度(いくど)幾度(いくど)も、078(わし)がそつと言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)相談(そうだん)()つて()るのぢやけれども、079()んとか、080かんとか()つて、081「マア(だま)つて()つて(くだ)さい、082(なん)とか神様(かみさま)がして(くだ)さるでせう」なんて、083キヨロリ、084カンと大山(たいざん)(くづ)れて()ても(うご)かぬと()ふやうな態度(たいど)をして御座(ござ)るものだから、085(わし)は、086もう()()めて()めて、087()つても()ても()られぬから、088今日(けふ)はお(まへ)さま(たち)()つて(もら)つて、089(なん)とかせねばならぬと(おも)ひ、090相談(そうだん)をするのぢや』
091黒姫(くろひめ)『これは(また)092どえらい失敗(しつぱい)をしたものですな、093夜警(やけい)にも(まは)(もの)()かつたのかいな』
094高姫(たかひめ)『その夜警(やけい)ぢやて、095三五教(あななひけう)信者(しんじや)らしう()せて這入(はい)つて()よつて、096其奴(そいつ)手引(てびき)して黄金(こがね)(たま)(ぬす)み、097何処(どこ)かへ()げて()きよつたのぢや。098それだから神様(かみさま)各自(めんめ)()をつけて()けと仰有(おつしや)るのぢや。099(わか)(もの)(ねむ)たい(さか)りに夜警(やけい)をさして、100()つきの(わる)年寄(としより)が、101無理(むり)()ようとして無精(ぶしやう)をかわくものだから、102神様(かみさま)改心(かいしん)()めに(ばつ)をあてなさつたのぢや。103(これ)から年寄(としより)(よる)()(こと)にして(くだ)さい。104その(かは)(ひる)何程(いくら)なりと()て、105(よさり)()()けて(もら)はねば、106(これ)から(さき)如何(どん)(こと)(おこ)るか(わか)つたものぢやない。107(わか)(もの)(ひる)(あそ)ばし(よさり)夜警(やけい)をさすと、108屹度(きつと)(ろく)(こと)出来(でき)はしない。109夜分(やぶん)(よひ)から()させ、110(ひる)(はたら)けば()いのぢやに、111第一(だいいち)幹部(かんぶ)のやり(かた)御神慮(ごしんりよ)(かな)はぬものだから、112()んな心配事(しんぱいごと)(おこ)るのぢや。113黒姫(くろひめ)さま、114ちつと()をつけなされや』
115黒姫(くろひめ)『ハイハイ、116()をつけます。117(なん)()つても身魂(みたま)因縁(いんねん)性来(しやうらい)だから仕方(しかた)がありませぬワ。118(あく)御用(ごよう)をさされる身魂(みたま)(ぜん)御用(ごよう)をさされる身魂(みたま)と、119神様(かみさま)立別(たてわ)けて()せて(くだ)さるのぢやから、120最前(さいぜん)高姫(たかひめ)さまが「(かみ)さまの(ばち)(あた)つた」と仰有(おつしや)つたが、121そりやチツトお(かんが)(ちが)ひぢやありませぬか。122神様(かみさま)(みづか)らがお仕組(しぐみ)(あそ)ばす肝腎(かんじん)(たから)(てき)()られて(まで)123(わたし)(たち)(ばち)()てるなんて…可怪(をか)しいぢやありませぬか。124妾等(わたしら)()られたのぢやない、125畢竟(つまり)神様(かみさま)神業(かむわざ)(たから)()られなさつたのぢや、126()はば神様(かみさま)(ばち)(あた)つたのぢや。127さうぢやから素盞嗚尊(すさのをのみこと)(さま)()(とこ)もあるけど、128変性女子(へんじやうによし)だから(あひさ)大縮尻(おほしくじり)をなさるのぢや。129(よこ)(さとく)()ちたり(いと)()れると()ふのは、130ここの(こと)でせう。131(たて)一条(ひとすぢ)()(とほ)してさへ()れば()んな(こと)()いのだけれどなア。132アーア(しか)時世時節(ときよじせつ)には神様(かみさま)(かな)はぬのだから、133妾等(わたしら)一旦(いつたん)改心(かいしん)した以上(いじやう)は、134(とき)天下(てんか)(したが)ふより(ほか)(みち)()りませぬ、135大将(たいしやう)がしつかりしてくれぬと(した)(もの)(まで)難儀(なんぎ)をする。136一匹(いつぴき)(うま)(くる)へば千匹(せんびき)(うま)(くる)ふとやら()うて、137()大将(たいしやう)神様(かみさま)()しいものだ。138如何(どう)しても変性女子(へんじやうによし)身魂(みたま)()()つた(とき)()んな懲戒(みせしめ)()()るのぢや。139(かみ)さんだつて矢張(やつぱり)失敗(しつぱい)はあるのだからなア』
140若彦(わかひこ)『これ、141黒姫(くろひめ)さま、142そりやちつと量見(りやうけん)(ちが)ひはせぬか、143()へばお(まへ)さま(たち)取締(とりしまり)(わる)いから()んな(こと)になつたのぢや。144自分(じぶん)責任(せきにん)(たな)()げて(ふた)()には(みづ)御霊(みたま)さんへ責任(せきにん)()つて()くのぢやな、145何程(なにほど)千座(ちくら)置戸(おきど)()うて(くだ)さる(かみ)さまぢやと()うても……そいつア(あんま)りぢや、146(まへ)さまの論法(ろんぱふ)脱線(だつせん)だらけぢやないか』
147黒姫(くろひめ)『ちつとは脱線(だつせん)もしようかい、148天変地異(てんぺんちい)大騒動(おほさうどう)(おこ)つとるのだから……(ひと)つや(ふた)汽車(きしや)電車(でんしや)脱線(だつせん)はありさうなものぢや』
149高姫(たかひめ)何時(いつ)まで()んな(こと)()うて()つた(とこ)で、150黄金(こがね)(たま)(かへ)つて()気遣(きづか)ひも()し、151(たま)(かた)(もど)つて御座(ござ)(はず)もない。152ここは(ひと)我々(われわれ)千騎一騎(せんきいつき)活動(くわつどう)をして、153生命(いのち)(まと)黄金(こがね)(たま)取返(とりかへ)し、154(たま)(かた)(さが)して(かへ)つて()ねば、155第一(だいいち)我々(われわれ)(はじ)貴女等(あなたがた)責任(せきにん)()みますまい』
156 (この)(とき)ガラガラと(おもて)()()けて這入(はい)つて()二人(ふたり)(をとこ)157若彦(わかひこ)目早(めばや)()て、
158若彦(わかひこ)『ヤア、159(まへ)はテルヂーにコロンボぢやないか、160しつかり夜警(やけい)をして()るかな』
161テルヂー『夜警(やけい)神妙(しんめう)にやつて()ますが、162黄金(こがね)(たま)を、163(まへ)()()つた(とく)野郎(やらう)()164バラモン(けう)蜈蚣姫(むかでひめ)間者(まはしもの)共謀(ぐる)になりやがつて、165ソツと(たま)(ぬす)んで()きやがつてからと()ふものは、166(なん)()めに夜警(やけい)をするのやら有名無実(いうめいむじつ)167馬鹿(ばか)らしうて夜警(やけい)やけ気味(ぎみ)になつて()ます(わい)
168高姫(たかひめ)『なに、169あの(とく)()(この)(あひだ)から姿(すがた)()せぬと(おも)へば、170彼奴(あいつ)手引(てびき)をして()つたのか。171(なん)(わる)(やつ)ぢやな、172それで(ひと)(こころ)(ゆる)すでないぞよと神様(かみさま)仰有(おつしや)るのだ、173(みな)さまよう()いて(くだ)さいや、174うまい(こと)()うて()ても(かみ)(うかが)はねば相手(あひて)になつては()かぬとのお筆先(ふでさき)(あんま)(かる)()()つたから、175()んな(こと)になつて仕舞(しま)ふのぢや』
176黒姫(くろひめ)『モシ高姫(たかひめ)(さま)177貴方(あなた)何時(いつ)(とく)さんは(えら)い、178(まこと)(ひと)ぢや、179あんな(ひと)ばつかり信者(しんじや)になつて()つたら、180三五教(あななひけう)一遍(いつぺん)世界(せかい)(てのひら)(かへ)(こと)出来(でき)ると()うて()めそやし、181(まへ)(とく)さまを見習(みなら)うて手本(てほん)にしなさいと仰有(おつしや)いましたな。182貴方(あなた)仰有(おつしや)(こと)()いて手本(てほん)にでもして()つたものなら、183今頃(いまごろ)如何(どん)騒動(そうだう)がオツ(ぱじ)まつて()るやら(わか)りやしませぬぞえ。184(すつぽん)(けつ)(あな)()はれた(やう)惨目(みじめ)()()つて仕舞(しま)ふのだ』
185高姫(たかひめ)黒姫(くろひめ)さま、186(まへ)(なに)()ふのぢやぞえ、187(たれ)がそんな(こと)()うたのぢや。188一寸(ちよつと)一遍(いつぺん)手洗(てうづ)でも使(つか)うて()なさい』
189 言依別命(ことよりわけのみこと)(なん)となく(こころ)いそいそして(ねむ)られぬままに、190(つき)(ひかり)()び、191(ステツキ)をついてブラブラと(この)高殿(たかどの)(まへ)にやつて()た。192屋内(をくない)(いさか)(ごゑ)(みみ)をとめ、193(みづか)雨戸(あまど)()()けて(すす)()り、
194言依別(ことよりわけ)『ヤア(みな)さま、195(おそ)(まで)エライ勉強(べんきやう)ですな、196(なん)結構(けつこう)なお(はなし)でもありますかな』
197高姫(たかひめ)貴方(あなた)高天原(たかあまはら)大将(たいしやう)ぢやありませぬか、198()うそんな気楽(きらく)(こと)()うて()られますな、199肝腎要(かんじんかなめ)根本(こつぽん)のお(たから)紛失(ふんしつ)し、200(たま)(かた)(にく)(みや)行方不明(ゆくへふめい)となつて、201(わたし)(たち)()(ろく)によう()ず、202(この)(とほ)()(あか)うして心配(しんぱい)をして()ますのに、203貴方(あなた)(なん)ともありませぬか。204貴方(あなた)(あんま)平気(へいき)(かほ)して御座(ござ)るものですから、205幹部(かんぶ)連中(れんちう)さまが(たれ)(かれ)も、206いや惟神(かむながら)とか、207御都合(ごつがふ)だとか()つて、208(つく)すべき(こと)(つく)さず、209懐中(ふところ)()(つか)ね、210(にぎ)麻羅(まら)でポカンとみて()るのぢや、211ちつと(しつか)りして(くだ)さい』
212言依別(ことよりわけ)『ハヽヽヽヽ、213エライ御心配(ごしんぱい)()けて()みませぬな、214神様(かみさま)抜目(ぬけめ)()りませぬから、215さう心配(しんぱい)はなさいますな』
216高姫(たかひめ)抜目(ぬけめ)()神様(かみさま)なら、217なんで()んな大切(たいせつ)(たま)()られなさつたのぢや。218(かみ)さまだつて此方(こちら)から()をつけて()げなければ如何(どう)なるものか、219こんな不調法(ぶてうはふ)ばかりなさる、220筆先(ふでさき)にも「何卒(どうぞ)(まこと)(もの)(かみ)()をつけて(くだ)されよ」と(あら)はれて()るぢやないか、221()うマア、222ほんにほんにそんな陽気(やうき)浮気(うはき)如何(どう)して(この)高天原(たかあまはら)(しろ)(たも)てますか、223大勢(おほぜい)(もの)統一(とういつ)出来(でき)ますかい』
224言依別(ことよりわけ)黄金(こがね)(たま)も、225(たま)(かた)も、226(いづ)明日(あす)(あさ)昼頃(ひるごろ)には此処(ここ)(かへ)つて()えますよ。227(かみ)さまがちやんと仕組(しぐ)んで()られるから……貴方等(あなたがた)何程(なにほど)(しやち)になつても駄目(だめ)ですよ』
228 (この)(とき)(もん)()(あわただ)しく(たた)き、
229『モシモシ、230言依別神(ことよりわけのかみ)(さま)はお()えになつて()りませぬか』
231黒姫(くろひめ)(たれ)だいなア、232無作法(ぶさはふ)な……()()れる(ほど)ポンポン(たた)いて……ヤアお(まへ)谷丸(たにまる)ぢやな、233身体(しんたい)()谷丸(たにまる)(ところ)ぢや、234(はや)彼方(あつち)()つて夜警(やけい)をして()なさい』
235鬼丸(おにまる)『エー、236滅相(めつさう)夜警(やけい)どころですかい、237大変(たいへん)(こと)(おこ)りました。238何卒(どうぞ)(はや)言依別神(ことよりわけのかみ)(さま)(かへ)つて(もら)()いのです。239(じつ)(ところ)(この)(あひだ)(ぬす)まれた黄金(こがね)(たま)とお(たま)(かた)(いま)表門(おもてもん)まで無事(ぶじ)(かへ)られました』
240言依別(ことよりわけ)宗彦(むねひこ)一緒(いつしよ)(かへ)つたかな』
241鬼丸(おにまる)『ハイ、242宗彦(むねひこ)さまも、243その(ほか)三人(みたり)のお(とも)もついてお(かへ)りになりました』
244 言依別命(ことよりわけのみこと)莞爾(にこにこ)(なが)鬼丸(おにまる)(ともな)表門(おもてもん)(すす)()く。
245高姫(たかひめ)『サア黒姫(くろひめ)さま、246(あを)さま、247(わか)さま、248(むらさき)さま、249如何(どう)しよう如何(どう)しよう、250大変(たいへん)ぢや大変(たいへん)ぢや』
251 若彦(わかひこ)252紫姫(むらさきひめ)253黒姫(くろひめ)254高姫(たかひめ)(うれ)しさの(あま)室内(しつない)狼狽(うろた)(まは)つて()る。255(たま)(かた)()かれて黄金(こがね)(たま)御神体(ごしんたい)()とまづ(にしき)(みや)殿内(でんない)(ふか)(をさ)まり(たま)うた。256あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
257 言依別命(ことよりわけのみこと)祝意(しゆくい)(へう)()つて宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)めたり。
258朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
259(つき)()つとも()くるとも
260仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
261(まこと)(ちから)()(すく)
262三五教(あななひけう)神宝(かんだから)
263黄金(こがね)(たま)如意宝珠(によいほつしゆ)
264バラモン(けう)曲神(まがかみ)
265そつと(ぬす)まれ言依(ことより)
266(わけ)(みこと)(おどろ)いて
267(にしき)(みや)()(さん)
268玉照彦(たまてるひこ)玉照(たまてる)
269(ひめ)(みこと)(うかが)へば
270宝珠(ほつしゆ)(たま)三国岳(みくにだけ)
271バラモン(けう)副棟梁(ふくとうりやう)
272(こころ)鬼ケ城山(おにがじやうざん)
273(とりで)(かま)へし鬼熊別(おにくまわけ)
274(しこ)魔神(まがみ)宿(やど)(つま)
275蜈蚣(むかで)(ひめ)鬼婆(おにば)さま
276岩窟(いはや)(なか)()(こも)
277(うづ)(たから)(うば)()
278(たま)(かた)諸共(もろとも)
279占奪(せんだつ)せりと()きしより
280(われ)神勅(しんちよく)(かしこ)みて
281(ひと)()らさず三五(あななひ)
282(みち)(つかさ)新参者(しんざんもの)
283(あめ)真浦(まうら)(おとと)なる
284(こころ)(きよ)宗彦(むねひこ)
285(むね)(ふく)めて(きり)(うみ)
286(わた)りて三国(みくに)山奥(やまおく)
287(つか)はしければ宗彦(むねひこ)
288使命(しめい)(はた)(やうや)うに
289(たま)(かた)諸共(もろとも)
290いそいそ此処(ここ)(かへ)りけり
291玉照彦(たまてるひこ)玉照姫(たまてるひめ)
292(かみ)(みこと)神司(かんづかさ)
293(たま)(かた)()(みたま)
294黄金(こがね)(たま)()(みたま)
295()つと()つとの(むつ)()
296此処(ここ)(いよいよ)三五(あななひ)
297(かみ)(をしへ)()(わた)
298三五(さんご)月照彦(つきてるひこ)(かみ)
299(おも)ひも此処(ここ)足真彦(だるまひこ)
300(をしへ)四方(よも)弘子彦(ひろやすひこ)
301(かみ)(みこと)(あら)はれて
302()しき(やまひ)少名彦(すくなひこ)
303(いよいよ)(かみ)御光(みひかり)
304高照姫(たかてるひめ)純世姫(すみよひめ)
305真澄(ますみ)(ひめ)(かがみ)なす
306(たふと)(をしへ)竜世姫(たつよひめ)
307御代(みよ)(ゆたか)国治立(くにはるたち)
308(かみ)(みこと)豊国姫(とよくにひめ)
309(みづ)御魂(みたま)のお喜悦(よろこぴ)
310埴安彦(はにやすひこ)埴安姫(はにやすひめ)
311(きよ)御魂(みたま)(いさ)()
312天津神(あまつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
313国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
314(これ)聖地(せいち)神集(かむつど)
315今日(けふ)生日(いくひ)喜悦(よろこび)
316(ことほ)(たま)(うれ)しさよ
317あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
318御霊(みたま)幸倍(さちはひ)()しまして
319()久方(ひさかた)(そら)(たか)
320天津日嗣(あまつひつぎ)永久(とこしへ)
321(うご)かぬ御代(みよ)(まも)りませ
322円山姫(まるやまひめ)(まも)られし
323黄金(こがね)(たま)(つつが)なく
324(ふたた)此処(ここ)(かへ)りまし
325五六七(みろく)神政(しんせい)神業(かむわざ)
326(ひかり)(あら)はれ(たま)ふらむ
327(いさ)めよ(いさ)諸人(もろびと)
328(ひと)(いさ)めば(かみ)(いさ)
329(われ)言依別命(ことよりわけのみこと)
330コーカス(ざん)斎苑館(いそやかた)
331(うづ)(みやこ)のヱルサレム
332エデンの(その)()れませる
333御神(みかみ)(とも)(よろこ)びて
334堅磐常磐(かきはときは)何時(いつ)までも
335(さか)えませよと(いの)りつつ
336()出神(でのかみ)()出別(でわけ)
337()花姫(はなひめ)御活動(おはたらき)
338天地(てんち)(かみ)三五(あななひ)
339(をしへ)(つかさ)信徒(まめひと)
340(えら)(よろこ)()(あそ)
341(つる)(よはひ)末長(すゑなが)
342(かめ)万歳(ばんざい)永久(とこしへ)
343(まも)らせ(たま)(この)(をしへ)
344あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
345御霊(みたま)幸倍(さちはひ)()しませよ』
346大正一一・五・一四 旧四・一八 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)