霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(たま)(いしずゑ)(六)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 篇:後付 よみ:
章:霊の礎(六) よみ:たまのいしずえ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年12月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年3月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
第一天国の天人の姿は、花の如く、黄金の如く、瑠璃光の如く、金剛石の幾十倍もの肌の色を保っている。たいていは有色人種であり、中でも黄色人種が多い。
これを第二、第三天国の住民から見ると、強い光が放射していてよく見ることができない。第二、第三の天国では人種ごとに団体を作っている。
また、宗教によって、至る天国はそれぞれである。それ相応の神業に従事し、歓喜に浴して天国の生涯を楽しんでいる。
どんな宗教も善を賞して、悪を良しとするような教えが含まれていない限りは、その信者はそれぞれの天国に昇る資格がある。しかし霊界の消息に暗く、倫理のみに堕している宗教の天国は最下方にあり、また信者が中有界に迷いやすい。
不信仰にして天国に至る者は、ごく小数である。しかし神や霊界の存在を知らずに天国に行った者は、たいへんにまごつく。
現界で熱心に信心をして神を唱えながら、中有界に迷ったり、地獄に落ちる者もある。また神仏商売の宣教者は、地獄に落ちる者が非常に多い。
天国の団体は、自分の団体が一人でも多くなることを望んでいるので、天国に来た人間に対して好感を抱き、歓待する。
天人は、男は三十歳前後、女は二十歳前後の姿をしている。人間の霊魂や情動は不老不死であるからである。そのため、霊界で自分の親子兄弟、知己に会っても、すぐにはそれと気がつかない場合がある。しかしよく見ればその面影が残っている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:281頁 八幡書店版:第4輯 253頁 修補版: 校定版:291頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第四篇 神霊世界 > 第三章 霊の礎
001一、002第一天国(だいいちてんごく)たる最高(さいかう)最勝(さいしよう)位置(ゐち)(しめ)たる天国(てんごく)天人(てんにん)姿(すがた)は、003(じつ)(はな)(ごと)く、004黄金(わうごん)(ごと)く、005瑠璃光(るりくわう)(ごと)く、006(かつ)金剛石(こんがうせき)幾十倍(いくじふばい)とも()れないやうな、007(はだ)(いろ)(たも)つて()天人(てんにん)ばかりである。008そして大抵(たいてい)有色(いうしよく)人種(じんしゆ)009(こと)黄色(くわうしよく)人種(じんしゆ)(おほ)く、010白色(はくしよく)人種(じんしゆ)(その)(すう)(おい)余程(よほど)少数(せうすう)である。011(これ)第二(だいに)012第三(だいさん)天国(てんごく)住民(ぢうみん)より(あふ)()(とき)は、013(ただ)(たん)(ざう)強力(がうりき)なる光輝(くわうき)放射(はうしや)して()るやうで、014充分(じゆうぶん)見分(みわ)くることが出来(でき)ない。
015 (また)第二(だいに)016第三(だいさん)天国(てんごく)には白色(はくしよく)人種(じんしゆ)多数(たすう)()み、017有色(いうしよく)人種(じんしゆ)多数(たすう)住居(ぢうきよ)して()る。018そして白色(はくしよく)人種(じんしゆ)白色(はくしよく)人種(じんしゆ)団体(だんたい)(つく)り、019ここに集合(しふがふ)し、020有色(いうしよく)人種(じんしゆ)比較的(ひかくてき)(すくな)いやうである。
021 (また)宗教(しうけう)異同(いどう)()つて、022人霊(じんれい)(いた)天国(てんごく)(ちが)つて()る。023仏教(ぶつけう)信者(しんじや)仏教(ぶつけう)団体(だんたい)なる天国(てんごく)(のぼ)り、024耶蘇教(やそけう)信者(しんじや)耶蘇教(やそけう)団体(だんたい)なる天国(てんごく)(のぼ)り、025回々教(ふいふいけう)信者(しんじや)回々教(フイフイけう)団体(だんたい)なる天国(てんごく)(のぼ)り、026それ相応(さうおう)歓喜(くわんき)摂受(せつじゆ)して、027天国(てんごく)神業(しんげふ)従事(じゆうじ)して()る。028また神道(しんだう)信者(しんじや)神道(しんだう)団体(だんたい)なる天国(てんごく)(のぼ)り、029神業(しんげふ)従事(じゆうじ)して()る。030そして神道(しんだう)(うち)にも種々(しゆじゆ)()()かれ、031各自(かくじ)(ちが)つた信仰(しんかう)()つて()るものは、032(また)それ相当(さうたう)団体(だんたい)にあつて活動(くわつどう)し、033歓喜(くわんき)(よく)して、034天国(てんごく)生涯(しやうがい)(たのし)んで()る。
035一、036如何(いか)なる宗教(しうけう)(いへど)も、037(ぜん)(しやう)(あく)(にく)まない(をしへ)()(かぎ)り、038(いづ)れの宗教(しうけう)信者(しんじや)各自(かくじ)天国(てんごく)(のぼ)()資格(しかく)()る。039(しか)しその(をしへ)にして充分(じゆうぶん)徹底(てつてい)したものは、040(どう)しても(たか)(すぐ)れたる天国(てんごく)(ひら)かれてあるから、041不徹底(ふてつてい)にして、042霊界(れいかい)消息(せうそく)(くら)いやうな宗教(しうけう)天国(てんごく)(じつ)最下方(さいかはう)にあつて、043見聞(けんぶん)(せま)人間(にんげん)のみの団体(だんたい)(つく)られてある。044現代(げんだい)の○○(けう)や○○(けう)などは、045倫理的(りんりてき)教理(けうり)のみに()して()て、046肝腎(かんじん)霊界(れいかい)消息(せうそく)(をし)へない、047(いな)霊界(れいかい)真相(しんさう)徹底的(てつていてき)知悉(ちしつ)して()ないから、048(かへつ)中有界(ちううかい)逍遥(せうえう)する人間(にんげん)(おほ)い。
049 (すべ)天国(てんごく)団体(だんたい)加入(かにふ)()るものは、050(かみ)(かた)(しん)じ、051(あつ)(あい)()るものである。052不信仰(ふしんかう)にして天国(てんごく)(いた)(もの)()るが(きは)めて少数(せうすう)である。053(いづ)れの宗教(しうけう)(しん)ぜず、054(まも)らず(かみ)存在(そんざい)()らずして天国(てんごく)()つたものは、055大変(たいへん)魔誤(まご)()き、056後悔(こうくわい)し、057()天国(てんごく)死後(しご)生涯(しやうがい)()りしことに(おどろ)くものである。058(また)現界(げんかい)()(とき)059熱心(ねつしん)宗教(しうけう)(しん)じ、060(かみ)(とな)へながら、061天国(てんごく)(のぼ)()ずして中有界(ちううかい)(まよ)つたり、062(はなは)だしきは地獄(ぢごく)へさへ()つる人間(にんげん)もある。063神仏(しんぶつ)教導職(けうだうしよく)にして(かへつ)天国(てんごく)(のぼ)()ず、064中有界(ちううかい)(まよ)ひ、065(あるひ)地獄(ぢごく)()つるものは随分(ずゐぶん)沢山(たくさん)ある。066神仏(しんぶつ)(たね)にして、067現界(げんかい)(おい)表面(へうめん)善人(ぜんにん)(よそほ)ひつつ、068内心(ないしん)信仰(しんかう)なく、069(あい)()く、070神仏(しんぶつ)(みと)めない宣教者(せんけうしや)は、071死後(しご)生涯(しやうがい)(じつ)(あは)れなものである。072(また)熱心(ねつしん)にして()(かみ)(みと)め、073(あい)(しん)とに(まつた)(もの)は、074死後(しご)天国(てんごく)団体(だんたい)加入(かにふ)し、075歓喜(くわんき)(つく)しつつあるに引替(ひきか)肝腎(かんじん)天国(てんごく)案内役(あんないやく)ともいふべき宣教者(せんけうしや)が、076(かへつ)地獄落(ぢごくおち)(おほ)くて天国行(てんごくゆ)きが(すくな)いのは、077所謂(いはゆる)神仏(しんぶつ)商売(しやうばい)人間(にんげん)(おほ)(ゆゑ)である。078現界(げんかい)(おい)()すべき事業(じげふ)も、079(また)商売(しやうばい)沢山(たくさん)にあるに、080それには関係(くわんけい)せず、081濡手(ぬれて)(あは)(つか)(やう)なことや、082(はたら)かずして、083神仏(しんぶつ)松魚節(かつをぶし)使(つか)つて()る、084似而非(えせ)宗教家(しうけうか)ぐらゐ、085霊界(れいかい)(おい)始末(しまつ)(わる)いものは()く、086()地獄行(ぢごくゆ)きの(おほ)いものはない。
087一、088高天原(たかあまはら)()ける団体(だんたい)は、089(だい)なるものは十万人(じふまんにん)もあり、090五万人(ごまんにん)091三万人(さんまんにん)092一万人(いちまんにん)093五千人(ごせんにん)094(すくな)団体(だんたい)になると四五十人(しごじふにん)のもある。095(ゆゑ)各自(かくじ)団体(だんたい)天人(てんにん)は、096自分(じぶん)団体(だんたい)一人(ひとり)でも(おほ)くなることを希望(きばう)して()るから、097天国(てんごく)(のぼ)(きた)人間(にんげん)(たい)して、098非常(ひじやう)なる好感(かうかん)(もつ)(むか)へる。
099一、100(また)天国(てんごく)団体(だんたい)にある天人(てんにん)は、101(いづ)れも男子(だんし)なれば現界人(げんかいじん)三十才(さんじつさい)前後(ぜんご)102女子(ぢよし)なれば二十才(にじつさい)前後(ぜんご)(わか)姿(すがた)である。103この(ゆゑ)現界人(げんかいじん)肉体(にくたい)物質界(ぶつしつかい)法則(はふそく)()つて、104年々(ねんねん)老衰(らうすゐ)して(かしら)白雪(しらゆき)(いただ)き、105身体(しんたい)(しわ)()るものであるが、106人間(にんげん)霊魂(れいこん)情動(じやうだう)不老不死(ふらうふし)であつて、107どこ(まで)(かは)らないものだから、108精霊界(せいれいかい)天人(てんにん)(とし)()つても、109姿(すがた)(へん)じない。
110 (ゆゑ)に、111現界(げんかい)(おい)八九十才(はちくじつさい)にて()んだ人間(にんげん)も、112精霊界(せいれいかい)天国(てんごく)復活(ふくくわつ)した(のち)は、113その強壮(きやうさう)霊魂(れいこん)(まま)()るのだから、114(けつ)して老衰(らうすゐ)するといふことは()い。115天人(てんにん)にも五衰(ごすゐ)といふ(せつ)があるが、116それは(けつ)して天人(てんにん)(こと)ではない、117霊界(れいかい)八衢(やちまた)彷徨(はうくわう)して()中有界(ちううかい)人間(にんげん)(こと)である。118(ゆゑ)天国(てんごく)()つた(とき)に、119自分(じぶん)現界(げんかい)父母(ふぼ)兄妹(きやうだい)120(また)朋友(ほういう)121知己(ちき)なぞに()つても一寸(ちよつと)には()()かない()うなことが沢山(たくさん)にある。122その(ゆゑ)自分(じぶん)幼児(えうじ)たりし()(すで)天国(てんごく)にて成長(せいちやう)し、123(おい)たる父母(ふぼ)自分(じぶん)同様(どうやう)壮者(さうしや)霊身(れいしん)(たも)ちて()るからである。124()れど()()()(とき)は、125何処(どこ)ともなしにその(おもかげ)(のこ)つて()る。126精霊(せいれい)世界(せかい)(すべ)てが霊的(れいてき)要素(えうそ)から()()つて()るから、127現界(げんかい)事物(じぶつ)(ごと)く、128容易(ようい)変遷(へんせん)するものではない。129(これ)精霊界(せいれいかい)肉体界(にくたいかい)との相違(さうゐ)せる(てん)である。
130 アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
131   大正十一年十二月