霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 篇:前付 よみ:
章:第21巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年05月21日(旧04月25日) 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
時代に順応せよと日進月歩の時代に追従していくのも結構だが、無闇に外国のやり方ばかりに順応してはならない。
世界の趨勢にかんがみて、建国の精神に違わないように取捨選択し、国民を導いていくのが指導者層の義務であると思う。
瑞月が神命によってこの物語を口述するのも、老若男女・貴賎・知愚の区別なく諒解できるようにと、卑近な言葉を使って多数者の程度を考慮して神意の一部を発表するものである。
そのゆえに、学者の眼から見たらつまらないように見えるかもしれない。しかし要するにこの物語は、現・幽・神の三界の状況や、神の大御心の一端や、神理の片鱗のみを描き出したに過ぎないのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm210001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第4輯 263頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 時代(じだい)順応(じゆんおう)せよとは、002今日(こんにち)上流(じやうりう)()てる床次(とこなみ)内相(ないしやう)訓戒(くんかい)であつた。003(しか)(なが)日進月歩(につしんげつぽ)今日(こんにち)順応(じゆんおう)結構(けつこう)だが、004(しか)無暗(むやみ)外国(ぐわいこく)行方(やりかた)(ばか)りに順応(じゆんおう)してはならない。005世界(せかい)趨勢(すうせい)(かへり)み、006建国(けんこく)精神(せいしん)背馳(はいち)せない(やう)に、007取捨選択(しゆしやせんたく)するの必要(ひつえう)がありませう。008世界(せかい)大勢(たいせい)順応(じゆんおう)しつつ国民(こくみん)指導(しだう)するのが、009治者(ちしや)学者(がくしや)(もつと)注意(ちゆうい)すべき義務(ぎむ)であると(おも)ふ。010瑞月(ずゐげつ)神命(しんめい)()りて、011(この)物語(ものがたり)口述(こうじゆつ)するのも(また)今日(こんにち)一般(いつぱん)人々(ひとびと)012(すなは)老若男女(らうにやくなんによ)貴賤(きせん)智愚(ちぐ)区別(くべつ)なく諒解(りやうかい)出来(でき)()るやうにと、013卑近(ひきん)言葉(ことば)使(つか)つて、014多数者(たすうしや)知識(ちしき)程度(ていど)順応(じゆんおう)しつつ、015神意(しんい)一部(いちぶ)発表(はつぺう)指導(しだう)する(かんが)へであります。016(ゆゑ)所謂(いはゆる)智者(ちしや)学者(がくしや)()より()れば、017(じつ)(つま)らない物語(ものがたり)たることは、018口述者(こうじゆつしや)(おい)ては(ひやく)(せん)承知(しようち)(うへ)のことであります。019(えう)するに(この)物語(ものがたり)は、020(しん)021(いう)022(げん)三界(さんかい)状況(じやうきやう)や、023(かみ)大御心(おほみこころ)一端(いつたん)や、024神理(しんり)片鱗(へんりん)(ゑが)()したに()ぎませぬ。025読者(どくしや)(さいは)ひに(りやう)せられむ(こと)希望(きばう)(いた)します。
026   大正十一年五月二十一日 旧四月廿五日
027口述著者 王仁識