霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

凡例(はんれい)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 篇:前付 よみ:
章:第21巻 よみ:はんれい 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年03月 口述場所: 筆録者:編者 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm210002
愛善世界社版:前付 6頁 八幡書店版:第4輯 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
001一、002本巻(ほんくわん)原稿(げんかう)全部(ぜんぶ)口述者(こうじゆつしや)周到(しうたう)なる校閲(かうえつ)()たものであります。003(かげ)校正上(かうせいじやう)のいろいろな注意(ちゆうい)(つい)()(ところ)がありました。
004一、005既刊(きかん)第二十二巻(だいにじふにくわん)(およ)(その)()(くわん)の『百足姫』はオサムシと(くん)すべきですから、006蜈蚣姫(むかでひめ)』となるべきでしたのを、007活字(くわつじ)()かつたので()むを()ず『百足姫(むかでひめ)』としておきましたが、008本巻(ほんくわん)より全部(ぜんぶ)蜈蚣姫(むかでひめ)』と訂正(ていせい)しておきました。
009一、010物語(ものがたり)』の(うち)(しばしば)言霊(ことたま)発射(はつしや)する』といふ言葉(ことば)(あら)はれて()ますが、011それは『言霊(ことたま)発射(はつしや)する』の(あやま)りです。012が、013言霊戦(ことたません)参加(さんか)する』といふ(ごと)場合(ばあひ)無論(むろん)言霊(ことたま)』でよい(わけ)です。
014一、015『……でありません』とか『……であるんだ』とかいふ場合(ばあひ)の『ん』は本巻(ほんくわん)より全部(ぜんぶ)『……でありませぬ』(また)は『……であるのだ』に訂正(ていせい)しましたが、016()(とき)には矢張(やはり)『……でありません』『……であるんだ』といふ(ふう)()むのださうです。
017   大正十二年三月   編者識