霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 女権拡張(ぢよけんくわくちやう)〔六八四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 篇:第3篇 男女共権 よみ:だんじょきょうけん
章:第10章 女権拡張 よみ:じょけんかくちょう 通し章番号:684
口述日:1922(大正11)年05月20日(旧04月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜国別は吹雪の山を高春山に向かって進んで行く。岩の陰に雪を避け、一夜を明かすことになった。
うつらうつらしていると、妙齢の美人が赤子を抱いてやってきた。女は、自分は浪速の者で高春山の鬼婆にさらわれていたのを、逃げてきたのだ、と言った。
竜国別は枯れ柴に火をつけて暖をとった。女は、高春山の内情に通じていると言って、竜国別と一緒に魔神征服に行こうと言う。竜国別は断るが、女は竜国別を誘惑しようとする。
女は自分の審神をしろと竜国別に迫り、竜国別を困惑させる。女は羽衣の舞を舞って竜国別の身魂の曇りを取ってやろうと言い出し、そのために赤子を抱いてくれるように、と竜国別に頼む。
竜国別は、魔神征服の途上、赤子とは言え女の子を抱くことを渋るが、女は女性がいかに勝れているかをとうとうと演説し、とうとう竜国別は不承不承に赤子を抱こうとする。
するとどこからともなく法螺貝の音が響き、大男が雪を踏んで現れると、女に対して大喝した。女は金毛九尾白面の悪狐の正体を表して逃げて行った。竜国別は肝をつぶして夢心地になってしまった。
またそこへ、美妙の音楽が聞こえて天女が現れた。先の大男は鬼武彦、天女は言依別の本守護神・言依姫であった。二柱は竜国別の急を救うために現れたのであった。
鬼武彦は、玉治別、国依別、竜国別の三人では高春山征服は荷が重いので、自分に三人の加勢を命ずるようにと言依姫に頼むが、言依姫はこれは三人の卒業試験だから、危急の場合意外は見守るようにと鬼武彦に依頼した。
竜国別は夢が覚めた心地して、宣伝歌を歌いながら進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:175頁 八幡書店版:第4輯 328頁 修補版: 校定版:181頁 普及版:78頁 初版: ページ備考:
001吹雪(ふぶき)(はげ)しき(やま)(おく)
002竜国別(たつくにわけ)宣伝使(せんでんし)
003高春山(たかはるやま)(むか)はむと
004(ましら)(こゑ)(みみ)()たれ
005(こころ)イソイソ(すす)()
006人煙(じんえん)(まれ)なる(たに)(みち)
007(ゆき)(うづ)もれゆき()れて
008路傍(ろばう)()てる岩蔭(いはかげ)
009少時(しばし)(いき)をば(やす)めける。
010 (たに)片方(かたへ)突出(つきで)(いは)(かげ)()()せ、011一夜(いちや)()かす(こと)となりぬ。012竜国別(たつくにわけ)はウツラウツラと(ねむ)りに()きけるが、013フト(みみ)()りしはなまめかしき(をんな)(こゑ)014(おどろ)いて()()ませば妙齢(めうれい)美人(びじん)015(びん)のほつれ()(ほほ)(あたり)七八本(しちはちほん)()(なが)ら、016(やや)(うれ)ひを(ふく)み、017一人(ひとり)赤児(あかご)()前方(ぜんぱう)()てり。
018(この)真夜中(まよなか)雪路(ゆきみち)(をんな)一人(ひとり)019(しか)乳呑児(ちのみご)()いて、020何処(どこ)御出(おい)でなされますか』
021『ハイ(わたし)浪速(なには)(もの)御座(ござ)います。022高春山(たかはるやま)鬼婆(おにばば)(かどは)かされ、023日夜(にちや)責苦(せめく)()難渋(なんじふ)(いた)して()りましたが、024(なさけ)あるカーリンスと()(ばば)アの部下(ぶか)(おも)ひをかけられ、025ソツと(すく)はれて此処迄(ここまで)()(かへ)りました。026(しか)(なが)何時(なんどき)追手(おつて)がかからうやら()れませぬ。027どうぞ(たす)けて(くだ)さいませ。028(わたし)としても(この)(さむ)さに(こご)え、029身体(しんたい)強直(きやうちよく)して一歩(ひとあし)(すす)(こと)出来(でき)ないので御座(ござ)います。030どうぞ()御座(ござ)りますれば暖取(あた)らして(くだ)さいませぬか』
031『それは御難儀(ごなんぎ)(こと)でせう。032此処(ここ)()()(あつ)めて()(わけ)にもゆかず、033(こま)つたものですなア』
034『どうぞ貴方(あなた)(あたた)かいお(からだ)(ぬく)みを()けて(いただ)くことは出来(でき)ますまいか。035最早(もはや)()うなつては、036(はぢ)(なに)(かま)うて()れませぬ。037全身(ぜんしん)血液(けつえき)凝固(ぎようこ)しさうに御座(ござ)いますワ』
038『アー(こま)つた(こと)だなア。039(いま)高春山(たかはるやま)魔神(まがみ)征服(せいふく)(むか)途中(とちう)040(をんな)肉体(にくたい)()れると()(こと)絶対(ぜつたい)出来(でき)ない。041(なに)()(かんが)へは()ぬものかなア』
042四辺(あたり)見廻(みまは)せば、043雪明(ゆきあか)りに()()いたのは一束(ひとたば)枯柴(かれしば)044突出(つきで)(いは)(おほ)はれて(かわ)いた(まま)(のこ)つて()る。
045『アー此処(ここ)結構(けつこう)(たきぎ)がある。046何人(なにびと)()つて()いたか()らないが、047これも神様(かみさま)御蔭(おかげ)だ、048これを()いて(だん)()つたら如何(どう)でせう』
049『それは好都合(かうつがふ)御座(ござ)います。050どうぞ()やして(くだ)さいませ。051しかし(あま)(おほ)きな()()くと追手(おつて)目標(めじるし)になつては(こま)りますから……』
052(よろ)しい(よろ)しい、053(ちひ)さく()やしませう。054しかし(ゆき)足形(あしかた)(たづ)ねて追手(おつて)()るかも()れますまい』
055『お(かげ)足跡(あしあと)()(ゆき)次々(つぎつぎ)(うづ)めてくれましたから、056大丈夫(だいぢやうぶ)御座(ござ)います』
057 竜国別(たつくにわけ)(ひうち)()()()し、058(たきぎ)()けて(だん)をとり、059(をんな)(うれ)しげに()(あぶ)つて()る。
060『いまのあなたの御話(おはなし)()れば、061高春山(たかはるやま)(とら)はれて()られたとの(こと)062(しか)らばアルプス(けう)内幕(うちまく)はよく御存(ごぞん)じでせうな』
063『ハイよく承知(しようち)(いた)して()ります。064到底(たうてい)あなた(がた)三人(さんにん)五人(ごにん)()でになつた(ところ)で、065()んで()()(なつ)(むし)ですよ、066()めになつた(はう)(かへつ)てお()(ため)だと(おも)ひます』
067 竜国別(たつくにわけ)不機嫌(ふきげん)(かほ)で、
068仮令(たとへ)幾万(いくまん)強敵(きやうてき)があらうとも、069一旦(いつたん)我々(われわれ)言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)より任命(にんめい)された以上(いじやう)は、070(ひと)つの生命(いのち)()くなつても、071(この)使命(しめい)(はた)さねばならないのだから、072()(ところ)(まで)()(つも)りです』
073『それは大変(たいへん)御決心(ごけつしん)結構(けつこう)御座(ござ)います。074(わたし)もあなたの(やう)()(つよ)御方(おかた)()()いて、075今迄(いままで)鬼婆(おにばば)(わたし)(くは)へた惨虐(ざんぎやく)(うら)みを()らしたいのですから、076どうぞ()れて()つて(くだ)さいませぬか』
077『イヤ滅相(めつさう)()い。078(をんな)(かた)道伴(みちづ)れなんか出来(でき)ますものか。079(また)あなたに(たす)けられて、080魔神(まがみ)征服(せいふく)()つたと()はれては、081末代(まつだい)恥辱(はぢ)ですから、082それだけは(ひら)御断(おことわ)(いた)します』
083随分(ずゐぶん)(かた)(かた)ですなア。084さう()堅固(けんご)精神(せいしん)(をつと)が、085(わたし)()つて()たう御座(ござ)いますワ』
086『コレコレ女中(ぢよちう)087戯談(じやうだん)()加減(かげん)になさいませ。088貴女(あなた)(あか)(ばう)(ふところ)()いて()るぢやないか。089立派(りつぱ)(をつと)があるに相違(さうゐ)はありますまい』
090『イエイエ、091(をつと)はまだ()つた(こと)御座(ござ)いませぬ』
092(をつと)()いのに()があるとは、093(ひと)つの不思議(ふしぎ)ではありませぬか』
094『ホヽヽヽヽ、095三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)にも似合(にあ)はない(こと)仰有(おつしや)いますこと。096玉照姫(たまてるひめ)(さま)御生母(ごせいぼ)のお(たま)さまは、097(をつと)なしに妊娠(にんしん)なさつたぢやありませぬか』
098『それはさうだが、099ああ()ふことはまた例外(れいぐわい)だ。100普通(ふつう)(をんな)にさう()ふことがある道理(だうり)がない』
101(わたし)普通(ふつう)一般(いつぱん)(をんな)御覧(ごらん)になりましたか』
102『サア(べつ)()()(ところ)では、103(なん)(かは)つた(てん)もなし、104判別(はんべつ)がつきませぬワイ』
105(わたし)素性(すじやう)(わか)らない(やう)(こと)では審神者(さには)駄目(だめ)ですよ。106どうして高春山(たかはるやま)魔神(まがみ)帰順(きじゆん)させる(こと)出来(でき)ませうか』
107『これは(また)(めう)(をんな)()つたものだ。108(まへ)(えう)するに化物(ばけもの)だらう』
109(いづ)化物(ばけもの)には(ちが)ひありませぬ。110(しか)化物(ばけもの)にも(ぜん)(あく)とがあります。111(その)審神者(さには)をして(くだ)さいな』
112(この)(ゆき)()るのに、113一人(ひとり)山路(やまみち)赤児(あかご)(かか)へて(ある)くところを()れば、114()立派(りつぱ)(もの)だなかりそうだ。115鷹依姫(たかよりひめ)悪神(あくがみ)(くる)しめられて()げて(かへ)つたところを()れば、116どうせ(ろく)なものぢやなからうて』
117鷹依姫(たかよりひめ)(くる)しめられた(やう)(をんな)だから、118(ろく)(もの)()いと仰有(おつしや)りますが、119現在(げんざい)玉照姫(たまてるひめ)(さま)をお()(あそ)ばしたお(たま)(かた)は、120三国ケ岳(みくにがだけ)蜈蚣姫(むかでひめ)(くる)しめられたぢやありませぬか。121あなたの判断(はんだん)正鵠(せいこう)()いで()ますよ。122(たま)さまは立派(りつぱ)だが、123(わたし)雪路(ゆきみち)夜中(よなか)(ある)いて()るから(あや)しいと()(こと)先入主(せんにふしゆ)になつて、124()(くら)んだのぢやありますまいかなア』
125 竜国別(たつくにわけ)両手(りやうて)(むね)のあたりに()んで(ふと)(いき)をつき(かんが)()む。126(をんな)(たきぎ)先繰(せんぐ)()べる。127二人(ふたり)(かほ)益々(ますます)(あきら)かになつて()た。128竜国別(たつくにわけ)はフト(をんな)(かほ)()ると、129(ふた)つの(みみ)(うま)(やう)にビリビリと(うご)いて()るに()()いた。
130『あなたの(みみ)はどうしましたか。131人間(にんげん)なれば(みみ)(うご)かないのが通例(つうれい)だ。132(まへ)さまの(みみ)不随意筋(ふずゐいきん)発達(はつたつ)して()ると()えて、133畜生(ちくしやう)(やう)自由自在(じいうじざい)(うご)く。134コレヤ屹度(きつと)魔性(ましやう)(をんな)相違(さうゐ)あるまい』
135『オホヽヽヽ、136(みみ)(うご)くのがそれ(だけ)()になりますか。137あなたは(みみ)(どころ)肝腎(かんじん)霊魂(みたま)まで(しき)りに動揺(どうえう)し、138ハートには激浪(げきらう)怒濤(どたう)()(さわ)いで()るぢやありませぬか。139それの(はう)がよつ(ぽど)可笑(をか)しいワ、140ホヽヽヽヽ』
141『ハーテナ。142ますます(わか)らなくなつて()たワイ』
143本当(ほんたう)(わたし)だつて、144あなたの(やう)(わか)らぬ宣伝使(せんでんし)出会(であ)うた(こと)はありませぬワ。145神様(かみさま)はイロイロ姿(すがた)をお(へん)(あそ)ばすぢやありませぬか。146()花姫(はなひめ)(さま)御覧(ごらん)なさい。147竜体(りうたい)にもなれば、148(けだもの)にもなり、149立派(りつぱ)(かみ)姿(すがた)にも(げん)じ、150乞食(こじき)にまで()(やつ)して衆生済度(しうじやうさいど)(あそ)ばすのに、151(わたし)(みみ)(うご)いたと()つて軽率(けいそつ)にも(けもの)(あつか)ひなさるのは、152チツト(きこ)えないぢやありませぬか』
153 竜国別(たつくにわけ)は、
154『ハーテナー』
155()つた()り、156(また)俯向(うつむ)く。
157『ハテナハテナと何程(なにほど)仰有(おつしや)つても、158あなたの身魂(みたま)(みが)けねば、159(この)談判(だんぱん)何時(いつ)までも()てませぬ。160ハテ(さと)りの(わる)宣伝使(せんでんし)だこと、161ホヽヽヽヽ』
162()(かく)今日(けふ)本守護神(ほんしゆごじん)不在(ふざい)だから、163番頭(ばんとう)副守護神(ふくしゆごじん)発動(はつどう)して()るので、164()つからお(まへ)さまの審神(さには)出来(でき)ない。165本守護神(ほんしゆごじん)(かへ)つてから、166ユツクリと御答(おこたへ)(いた)しませう』
167『ホヽヽヽヽ、168うまい(こと)仰有(おつしや)いますこと。169一時遁(いちじのが)れの()(わけ)でせう。170そんな痩我慢(やせがまん)()して()()らずに、171(をとこ)らしくスツパリと、172身魂(みたま)(くも)つて()るので(わか)らないから……と仰有(おつしや)つたらどうです。173(わたし)素性(すじやう)()かす(ため)に、174(いま)此処(ここ)羽衣(はごろも)(まひ)()うて()せますから、175どうぞ(この)(あか)(ばう)一寸(ちよつと)()いて(くだ)さらぬか』
176(なに)()もあれ、177(たび)(なぐさ)めだ。178審神(さには)()ねて(その)(まひ)拝見(はいけん)(いた)さうかなア』
179『どこまでも徹底的(てつていてき)に、180()(つよ)いお(かた)ですこと、181ホヽヽヽヽ』
182()()ければならず、183()があつてはならず、184()(はら)(なか)へキユツと()()みて()ちついて()身魂(みたま)でないと、185(まこと)御用(ごよう)出来(でき)ませぬワイ』
186『ホヽヽヽヽ、187三五教(あななひけう)御神諭(ごしんゆ)(その)(まま)拝借(はいしやく)して、188巧妙(うま)(こと)仰有(おつしや)りますこと』
189日進月歩(につしんげつぽ)()(なか)190知識(ちしき)世界(せかい)(もと)めると()つて、191()(こと)(ただち)()つて(わが)(もの)とするのが、192豁達(かつたつ)自在(じざい)文明人(ぶんめいじん)としての本領(ほんりやう)だ。193(まへ)さまは浪速(なには)土地(とち)(うま)れたものだと()つたが、194文化生活(ぶんくわせいくわつ)()ふものはどんなものだか()つて()るかい』
195『ホヽヽヽヽ、196文化生活(ぶんくわせいくわつ)()いて(あき)れますよ。197そんなことは(とう)(むかし)御存(ごぞん)じの(わたし)198(ぶん)()ふのは()活動(くわつどう)する羽翼(うよく)(こゑ)……一秒時間(いちべうじくわん)何万回(なんまんくわい)とも()れぬ羽翼(うよく)廻転(くわいてん)から(おこ)声音(せいおん)ですよ。199(くわ)()ふのは(ひと)(ふんどし)相撲(すまふ)をとつたり(かほ)()めたりして、200生血(いきち)(しぼ)自分(じぶん)一人(ひとり)うまい(しる)()ふと()生活(せいくわつ)でせう。201体主霊従(たいしゆれいじう)202我利々々亡者(がりがりまうじや)充満(じうまん)した()(なか)矯直(ためなほ)(ため)に、203国治立大神(くにはるたちのおほかみ)変性男子(へんじやうなんし)生宮(いきみや)()つて(をしへ)()れさせられ、204(その)御心(みこころ)世界(せかい)宣伝(せんでん)するお(まへ)さま(たち)が、205悪逆非道(あくぎやくひだう)利己主義(われよし)文化生活(ぶんくわせいくわつ)主張(しゆちやう)するとは、206逆様(さかさま)()(なか)とは()(なが)ら、207(じつ)矛盾(むじゆん)したものですなア。208それだから神様(かみさま)がこれ(だけ)沢山(たくさん)宣伝使(せんでんし)があつても、209(まこと)(わか)つた(もの)一柱(ひとはしら)()いと()つて、210御悔(おくや)(あそ)ばすのですよ。211三五教(あななひけう)(やぶ)(もの)依然(やつぱり)三五教(あななひけう)にあるとは千古不磨(せんこふま)金言(きんげん)ですワ。212(わたし)(この)第一言(だいいちごん)(たい)無量(むりやう)(かん)()たれて()ます。213サア(わたし)がこれから羽衣(はごろも)(まひ)()うて、214(たふと)(てん)神様(かみさま)御招待(ごせうたい)申上(まをしあ)げ、215貴方(あなた)(こころ)岩戸(いはと)(ひら)いて()せませう。216どうぞ(この)(あか)(ばう)(かか)へて(くだ)さいませ』
217随分(ずゐぶん)(あい)らしいお()だ。218(しか)(をとこ)ですか、219(をんな)ですか』
220三十三相(さんじふさんさう)(そろ)うた(をんな)です。221(をんな)(あか)(ばう)です』
222『ヤアそれならば御免(ごめん)(かうむ)りたい。223(をんな)を……仮令(たとへ)子供(こども)にもせよ、224魔神(まがみ)征討(せいたう)(のぼ)我々(われわれ)225()(わけ)には()きますまい』
226(なに)仰有(おつしや)いますか。227(をんな)(ぐらゐ)()(なか)潔白(けつぱく)なものはありますまい。228あなた(がた)(ふた)()には婦人(ふじん)(たい)し、229軽侮(けいぶ)()(もつ)(のぞ)まれるのが(あや)しからぬ。230我々(われわれ)(あたら)しい婦人(ふじん)となつてどこまでも女権拡張(ぢよけんくわくちやう)をやらねばならない。231婦人(ふじん)代議士(だいぎし)さへ選出(せんしゆつ)される()(なか)(なん)()頭脳(あたま)(ふる)(こと)仰有(おつしや)るのでせう』
232(なん)()つても、233(をとこ)(やう)234(をんな)(いん)だ。235おまけに(つき)七日(なぬか)(けが)れがある。236そんな(けが)れた(をんな)(をとこ)(さは)つてどうなるものか。237(きよ)きが(うへ)にも(きよ)くせなくては、238神業(しんげふ)(つと)まりますまい』
239(をとこ)(くらゐ)不潔苦(むさくる)しい肉体(にくたい)はありますまい。240十三(じふさん)元素(げんそ)とか、241十五(じふご)元素(げんそ)にて(かた)()げた肉体(にくたい)の、242(なか)腐敗(ふはい)せる燐火(りんくわ)()える、243臭気(しうき)(はげ)しい醜体(しうたい)()(なが)ら、244(つき)一週間(いつしうかん)づつ(けが)れを排除(はいじよ)し、245(きよ)められた(をんな)肉体(にくたい)(けが)れるとは、246ソラまア(なん)とした(わか)らぬ(こと)仰有(おつしや)るのでせう。247開闢(かいびやく)(はじめ)より、248(をんな)ならでは()()けぬ(くに)()ふぢやありませぬか。249太陽界(たいやうかい)(しろ)しめす大神様(おほかみさま)(をとこ)でしたか。250木花咲耶姫(このはなさくやひめ)(さま)はどうでせう。251変性男子(へんじやうなんし)身魂(みたま)252国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)(にく)(みや)(をとこ)ですか、253よく(かんが)へて御覧(ごらん)なさい』
254短兵急(たんぺいきふ)にさう攻撃(こうげき)されては、255()()()げませぬ。256(しか)牝鶏(ひんけい)(あかつき)()ぐる(とき)(その)(いへ)(ほろ)ぶ、257()(こと)がある。258(なん)()つても牝鶏(めんどり)牝鶏(めんどり)だ。259何程(なにほど)(をんな)(をとこ)真似(まね)をしようと(おも)つても、260第一(だいいち)体格(たいかく)(おと)つて()る。261鼻下(びか)(ひげ)もなければ、262腮髯(あごひげ)もない。263それから()ても男尊女卑(だんそんぢよひ)()(こと)証明(しようめい)されるぢやないか』
264『よく掃清(はききよ)められた(には)には、265雑草(ざつさう)一本(いつぽん)()えて()りますまい。266(はな)(した)(なが)くして(をんな)(はな)をたらす天罰(てんばつ)(むく)いとして、267雑草(ざつさう)がムシヤクシヤと()えて()るのだ。268(まへ)さまは(ひげ)大変(たいへん)自慢(じまん)にして()るが、269(その)(ひげ)(をとこ)卑劣(ひれつ)根性(こんじやう)(かく)(ため)道具(だうぐ)だ。270つまり世間(せけん)卑下(ひげ)をせなくてはならぬ(ところ)を、271神様(かみさま)のお(めぐみ)(つつ)(やう)にして(もら)つて()るのだから、272ヒゲ()ふのですよ、273オホヽヽヽ』
274『どこまでも男子(だんし)馬鹿(ばか)にするぢやないか。275(わし)天下(てんか)男子(だんし)(かは)つて、276(おほ)いに男尊女卑(だんそんぢよひ)至当(したう)なる道理(だうり)徹底(てつてい)させなくてはならない。277転婆女(てんばをんな)跋扈(ばつこ)する()(なか)だから……』
278『ホヽヽヽヽ、279(をとこ)(くらゐ)得手(えて)勝手(かつて)(もの)がありませうか。280女房(にようばう)(くち)(さき)でウマい(こと)ばつかり()つて、281社交(しやかう)(ため)だとか、282外交(ぐわいかう)手段(しゆだん)だとか、283(うま)辞令(じれい)()()して女房(にようばう)手前(てまへ)(つく)ろひ、284狐鼠々々(こそこそ)(いへ)()()し、285スベタ(をんな)(しやく)をさせ、286(よだれ)をたらして、287()がな(すき)がなズボリ()み、288スゴスゴと(うち)(かへ)つては、289(やま)(かみ)如何(どう)してウマク弁解(べんかい)しようかと、290そんな(こと)ばかりに(こころ)(なや)ましてゐる、291腑甲斐(ふがひ)ない(をとこ)は、292世界(せかい)九分九厘(くぶくりん)()つても差支(さしつかへ)ありますまい。293ヤツパリ(をんな)家庭(かてい)女王(ぢよわう)ですよ。294(をんな)がそれ(ほど)(いや)しいものなら、295なぜ亭主(おやぢ)になつた(をとこ)はそれ(だけ)女房(にようばう)遠慮(ゑんりよ)をしたり、296弁解(べんかい)をするのだらう。297(なん)()つても(をとこ)下劣(げれつ)ですよ。298天下(てんか)(こと)一切(いつさい)(をんな)でなければ解決(かいけつ)はつきますまい』
299『お(まへ)さまは浪速(なには)土地(とち)(うま)れた(だけ)に、300新刊(しんかん)雑誌(ざつし)でも沢山(たくさん)(かぢ)つて()ると()え、301随分(ずゐぶん)口先(くちさき)巧妙(うま)いものだなア』
302日進月歩(につしんげつぽ)()(なか)303一日(いちにち)新聞紙(しんぶんし)()なくても雑誌(ざつし)(ひもと)かなくても、304社会(しやくわい)(おく)れて(しま)ふのですから、305(をんな)十分(じふぶん)時勢(じせい)(おく)れない(やう)注意(ちゆうい)(はら)つて()りますよ。306(をとこ)(やう)にスベタ(をんな)機嫌(きげん)()つたり女房(にようばう)顔色(かほいろ)()弁解(べんかい)ばかりに心力(しんりよく)費消(ひせう)する野呂作(のろさく)とは、307(おほい)(おもむき)(ちが)ふのです。308グヅグヅして()ると、309(いま)女尊男卑(ぢよそんだんぴ)(じつ)(あら)はれ、310亭主(おやぢ)(あか)(ばう)(せな)にひつ(くく)り、311(なべ)(した)から、312(はし)(もと)から、313(なに)から(なに)まで、314女房(にようばう)頤使(いし)(したが)つて、315御用(ごよう)(うけたま)はらねばならぬ(やう)になつて()ますよ。316(げん)(いま)でもチヨコチヨコ、317さういふ(こと)実現(じつげん)して()ます。318(をんな)長煙管(ながぎせる)(くは)へながら、319(あご)指図(さしづ)をして()(れい)沢山(たくさん)あるのです。320これも時代(じだい)趨勢(すうせい)だから、321(さか)(くるま)()(こと)出来(でき)ませぬ。322男子(だんし)(すべか)らく沈黙(ちんもく)(まも)り、323従順(じうじゆん)態度(たいど)()るのが、324今後(こんご)男子(だんし)立場(たちば)として安全(あんぜん)第一(だいいち)良法(りやうはふ)(かんが)へますワ、325オホヽヽヽ』
326『イヤもう()(くらゐ)で、327女権拡張論(ぢよけんくわくちやうろん)演説(えんぜつ)中止(ちゆうし)(めい)じませう』
328『そんなら(この)(あか)(ばう)()いて()れますか』
329『エー仕方(しかた)がない。330そんなら今日(けふ)(かぎ)りて女尊男卑(ぢよそんだんぴ)(じつ)(しめ)しませう。331(しか)明日(あす)からは捲土重来(けんどぢゆうらい)332男子(だんし)(ため)大気焔(だいきえん)()いて、333現代(げんだい)のハイカラ婦人(ふじん)心胆(しんたん)(さむ)からしめる覚悟(かくご)だから、334(その)(つも)りで応戦(おうせん)準備(じゆんび)をなさるが()からう』
335 ()かる(ところ)何処(いづく)ともなく「ブーブー」と法螺貝(ほらがひ)()(こゑ)336(こだま)(ひび)()した。337(をんな)はあたりをキヨロキヨロ見廻(みまは)し、338(こころ)(おち)つかぬ様子(やうす)である。339ザクザクと(ゆき)()()らし、340(この)()(あら)はれた(だい)(をとこ)341(この)(てい)()て、
342(なんぢ)魔性(ましやう)(をんな)343そこを(うご)くなツ』
344大喝(だいかつ)した。345(をんな)乳呑児(ちのみご)火中(くわちう)(とう)じ、346(たちま)金毛九尾(きんまうきうび)白面(はくめん)悪狐(あくこ)となつて、347宙空(ちうくう)をかけり姿(すがた)(かく)したり。348竜国別(たつくにわけ)はこれを()(きも)(つぶ)し、349夢心地(ゆめごこち)()つて(しま)つた。350(また)もや大空(おほぞら)美妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)えて()た。351ややあつて(また)もや(くだ)天女(てんによ)姿(すがた)352巨人(きよじん)(まへ)(あら)はれて、
353『アヽ其方(そなた)鬼武彦(おにたけひこ)(さま)354よく竜国別(たつくにわけ)(たす)けて(くだ)さりました。355(わらは)聖地(せいち)(おい)竜国別(たつくにわけ)危急(ききふ)(さと)り、356()(もの)取敢(とりあ)へず救援(きうゑん)(むか)うた言依別(ことよりわけ)本守護神(ほんしゆごじん)言依姫(ことよりひめ)御座(ござ)ります』
357(なに)358これしきの(こと)御褒(おほ)めの(ことば)頂戴(ちやうだい)(いた)しまして、359(じつ)汗顔(かんがん)(いた)りで御座(ござ)ります。360(しか)竜国別(たつくにわけ)361玉治別(たまはるわけ)362国依別(くによりわけ)三人(さんにん)では、363(あま)りに高春山(たかはるやま)征服(せいふく)は、364()(おも)すぎる(やう)ですから、365(わたくし)加勢(かせい)(めい)じて(いただ)けませぬか』
366彼等(かれら)三人(さんにん)の、367今度(こんど)卒業(そつげふ)試験(しけん)同様(どうやう)ですから、368どうぞ(かま)()てをしてやつて(くだ)さりますな。369(しか)(なが)危急(ききふ)場合(ばあひ)は、370御助勢(ごじよせい)(ねが)ひおきます。371サアこれから聖地(せいち)()して(かへ)りませう』
372二人(ふたり)(くも)()り、373中空(ちうくう)姿(すがた)(かく)したり。374(また)もや()()(ゆき)しばき、375(あらし)(おと)()(さま)せば岩窟(がんくつ)(まへ)()()き、376(その)正中(まんなか)巨岩(きよがん)()()まれてあつた。377赤児(あかご)()えたのは、378()岩石(いはいし)である。379竜国別(たつくにわけ)(ゆめ)()めたる心地(ここち)して、380夜明(よあ)けに()もなき雪空(ゆきぞら)を、381宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)前進(ぜんしん)する。
382 アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
383大正一一・五・二〇 旧四・二四 松村真澄録)