霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 (ゆめ)(をんな)〔六八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 篇:第3篇 男女共権 よみ:だんじょきょうけん
章:第13章 夢の女 よみ:ゆめのおんな 通し章番号:687
口述日:1922(大正11)年05月20日(旧04月24日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜国別は社の下から這い出して、灯りをつけた。女は自分は里の娘でお作と名乗った。お作はこの社に願をかけて密かに夜分詣でていたのを、アルプス教の男たちに待ち伏せされたのだ、と語った。
女は、竜国別はアルプス教ではなく三五教の宣伝使だろう、と図星を指す。そして、自分がこの社に詣でていたのは、夫を探していて、神夢にお宮に三週間詣でると本当の夫に会える、その日が今日だから、竜国別が自分の夫だと言い出した。
竜国別は高春山の悪魔退治の途上だから、女房を持つことはおろか、後の約束でも今することはできない、と堅持する。
しかしお作は弁を尽くして竜国別に迫る。竜国別がそれなら約束だけなら、と言いかけると、頭上より「馬鹿」と竜国別に怒鳴りつける者がある。
竜国別は戒めを受けて前言を取り消すが、お作はあれは天狗の声だとなおも迫り、竜国別の手を握る。
竜国別は観念して、自分からもお作の手を握り返そうとすると、突然お作は怒って竜国別をその場に突き倒した。そして曲津退治の途上で、いかなる理由や誘惑があろうとも、決心を翻すとは何事かと竜国別を叱り付けた。
たちまちとどろく雷鳴の音に眼を覚ますと、それは夢であり、竜国別は依然として社の縁の下に身を横たえていた。
竜国別は神前に額づき、夢の教訓に感謝して心魂を練り、いよいよ高春山の征服に赴くことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:220頁 八幡書店版:第4輯 344頁 修補版: 校定版:227頁 普及版:98頁 初版: ページ備考:
001 竜国別(たつくにわけ)(ほこら)(した)より蜘蛛(くも)()だらけになつて(あら)はれ(きた)り、002あたりの()()枯枝(かれえだ)(あつ)め、003社側(しやそく)広場(ひろば)()()いた。004(この)火光(くわくわう)()らされて以前(いぜん)(をんな)は、005艶麗(えんれい)(たと)ふるに(もの)なく、006(やみ)よりポツと浮出(うきで)たかの()うに輪廓(りんくわく)判然(はんぜん)として、007竜国別(たつくにわけ)(まへ)徐々(しづしづ)近寄(ちかよ)つて()た。
008『ヤア何処(いづく)のお女中(ぢよちう)()りませぬが、009大変(たいへん)(あぶな)(こと)御座(ござ)いましたなア』
010『ハイ(わたし)(この)(さと)のもので、011(さく)(まを)一人娘(ひとりむすめ)御座(ござ)います』
012貴女(あなた)御兄弟(ごきやうだい)はありませぬか』
013(あに)二人(ふたり)014(おとうと)一人(ひとり)015さうして両親(りやうしん)(とも)壮健(さうけん)()らして()ります』
016『それは(なに)よりお目出度(めでた)(こと)御座(ござ)います。017(しか)(なが)(この)真夜中(まよなか)にどうして、018あの(やう)悪漢(ならずもの)貴女(あなた)引攫(ひつさら)へたのでせう。019貴女(あなた)(をんな)()夜徘徊(よあるき)をなさいますと()えますなア、020それ(だけ)(おや)もあり御兄弟(ごきやうだい)もあれば、021何程(なにほど)無茶(むちや)(やつ)でも、022貴女(あなた)(うち)乗込(のりこ)むことは出来(でき)ますまいに』
023『ハイ(わたし)(はづ)かし(なが)(ひと)つの御願(おねがひ)があつて、024何時(いつ)(この)山口(やまぐち)宮様(みやさま)丑満(うしみつ)(こく)に、025(おや)兄弟(きやうだい)にも()らさず、026参詣(さんけい)(いた)して()りました。027今日(けふ)三七二十一日(さんしちにじふいちにち)(あが)りで御座(ござ)ります。028(しか)るにどうして(わたし)のお宮詣(みやまゐ)りを(さと)つたか()りませぬが、029(この)(やま)入口(いりぐち)彼等(かれら)待伏(まちぶ)せして、030(わたし)惟神(かむながら)にお(みや)(まへ)()れて()()れましたのよ』
031『さうして(その)御願(おねがひ)とは如何(いか)なる(こと)御座(ござ)いますか。032(なに)一身上(いつしんじやう)(かか)はる御難儀(ごなんぎ)でもおありになるのですか』
033貴方(あなた)(いま)(やしろ)背後(はいご)より大自在天(だいじざいてん)大国別命(おほくにわけのみこと)仰有(おつしや)りましたなア。034それは本当(ほんたう)御座(ござ)いますか。035大自在天(だいじざいてん)大国別命(おほくにわけのみこと)(さま)なれば、036彼等(かれら)悪漢(わるもの)日頃(ひごろ)尊敬(そんけい)する、037バラモン(けう)やアルプス(けう)祖神様(おやがみさま)です。038それにも不拘(かかはらず)彼等(かれら)(もろ)くも逃散(にげち)つたのは、039不思議(ふしぎ)ぢやありませぬか。040(わたし)(さつ)するに、041どうしても大自在天(だいじざいてん)系統(けいとう)の、042貴方(あなた)言霊(ことたま)とは受取(うけと)れませぬ。043屹度(きつと)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)………』
044図星(づぼし)()されて竜国別(たつくにわけ)は、
045『イヤもう(おそ)()りました、046貴女(あなた)御明察(ごめいさつ)047さうして貴女(あなた)御願(おねが)ひの(すぢ)は、048(なに)六ケ敷(むつかし)(こと)出来(でき)()るのではありませぬか』
049(わたし)一生(いつしやう)()つて一大事(いちだいじ)突発(とつぱつ)したので御座(ござ)います』
050『それや(また)どういふ理由(わけ)ですか』
051『ハイ(わたし)最早(もはや)十八才(じふはつさい)になりました。052彼方(あちら)此方(こちら)から(よめ)にくれいと、053父母(ふぼ)兄弟(きやうだい)(むか)つて日々(にちにち)(せま)つて(まゐ)ります。054(しか)(なが)(わたし)としては理想(りさう)(をつと)が、055まだ一人(ひとり)見付(みつ)かりませぬ。056それ(ゆゑ)適当(てきたう)(をつと)(さづ)けて(くだ)さるようにと、057今日(けふ)三週間(さんしうかん)(まゐ)りを(いた)しました。058神様(かみさま)(ゆめ)御告(おつげ)には、059三週間目(さんしうかんめ)(みや)(まへ)で、060一人(ひとり)(をとこ)()はして()らう。061それがお(まへ)本当(ほんたう)(をつと)だと(をし)へられました。062貴方(あなた)神様(かみさま)から御許(おゆる)(くだ)された本当(ほんたう)(をつと)063どうぞ可愛(かあい)がつて(くだ)さいませ』
064『これはしたりお女中(ぢよちう)065(いささ)迷惑(めいわく)のお言葉(ことば)
066『ホヽヽヽヽ、067迷惑(めいわく)仰有(おつしや)いますか、068貴方(あなた)(をんな)はお(きら)ひですか。069(ひろ)()(なか)女嫌(をんなぎら)ひな(をとこ)はありますまい』
070(をとこ)(はう)から(まを)()んだ女房(にようばう)なら()(かく)も、071(をんな)(はう)からさう()られては(なん)だか(おそ)ろしくて、072早速(さつそく)御返事(ごへんじ)出来(でき)ませぬワ』
073貴方(あなた)独身(どくしん)でせう。074(おく)さんがあれば(うさぎ)(つの)075(いま)のお()(うへ)076どうで一度(いちど)妻帯(さいたい)(あそ)ばさねばならないのでせう。077(かみ)(むす)んだ二人(ふたり)(えん)078どうぞ(いろ)よき御返事(ごへんじ)をして(くだ)さいな』
079『モシモシお(さく)さんとやら、080貴女(あなた)随分(ずゐぶん)(あたら)しい(をんな)()えますなア。081()(なか)(かは)つて()ると、082(をんな)(はう)から(をとこ)直接(ちよくせつ)談判(だんぱん)(はじ)める(やう)になつて()ると()える。083ハテ(かは)れば(かは)るものだワイ』
084『どうしても(わたし)(やう)不束者(ふつつかもの)はお()()らないのですか』
085『イエ滅相(めつさう)もない。086天女(てんによ)天降(あまくだ)りか、087弁財天(べんざいてん)再来(さいらい)とも()(やう)立派(りつぱ)綺麗(きれい)貴女(あなた)088(はな)(たと)へて()れば、089(いま)半開(はんかい)(うつく)しき(つゆ)()びた最中(さいちう)090(けつ)して(いや)でも(きら)ひでもありませぬが、091(なに)(まを)しても、092神命(しんめい)(ほう)高春山(たかはるやま)悪魔(あくま)征服(せいふく)(まゐ)途中(とちう)ですから、093夫婦(ふうふ)約束(やくそく)なぞ(おも)ひもよらぬ(こと)御座(ござ)います』
094『それでは(をんな)には(けつ)して()()れないと仰有(おつしや)るのですなア』
095勿論(もちろん)(こと)です。096折角(せつかく)(なが)今日(けふ)はお(ことわ)りを(まを)しませう』
097『そんなら何時(いつ)約束(やくそく)をして(くだ)さいますか』
098刹那心(せつなしん)です。099明日(あす)(こと)(わか)らないから、100約束(やくそく)する(わけ)には(まゐ)りませぬ』
101貴方(あなた)高春山(たかはるやま)軍功(ぐんこう)(あら)はし、102(その)(うへ)天下(てんか)立派(りつぱ)(をんな)抜萃(ばつすい)して、103女房(にようばう)にする(かんが)へだから、104(まへ)()たやうな草深(くさぶか)山家育(やまがそだ)ちの(をんな)には、105()()れないと()ふお(つも)りでせう』
106『イエイエ(けつ)して(けつ)して、107そんな(こと)毛頭(まうとう)108(こころ)には(うか)びませぬ。109(なに)()もあれ(ひと)つの使命(しめい)(はた)すまでは、110(をんな)関係(くわんけい)(いた)しませぬ。111神界(しんかい)(たい)して(おそ)(おほ)御座(ござ)いますから』
112神様(かみさま)高春山(たかはるやま)征服(せいふく)()(まで)は、113(をんな)()つて約束(やくそく)をしてはならないと(あふ)せられましたか、114伊邪那岐命(いざなぎのみこと)115伊邪那美命(いざなみのみこと)(さま)は、116夫婦(ふうふ)水火(いき)(あは)せて、117国生(くにう)島産(しまう)神産(かみう)みの神業(しんげふ)(あそ)ばしたぢやありませぬか。118神様(かみさま)夫婦(ふうふ)なくては(まこと)御活動(ごくわつどう)出来(でき)ますまい。119陰陽(いんやう)水火(いき)(あは)して、120(はじ)めて万物(ばんぶつ)発生(はつせい)するのでせう。121(しか)るに大切(たいせつ)なる神業(しんげふ)途中(とちう)だから、122(をんな)には絶対(ぜつたい)約束(やくそく)せないと仰有(おつしや)るのは、123(すこ)合点(がてん)(まゐ)りませぬワ』
124『イヤ絶対(ぜつたい)にと(まを)すのではありませぬが、125今度(こんど)ばかりは何卒(どうぞ)(ゆる)して(くだ)さいませ。126(また)首尾好(しゆびよ)目的(もくてき)(たつ)した(うへ)127御相談(ごそうだん)()りませう』
128『オホヽヽヽ、129勝手(かつて)なお(かた)130貴方(あなた)杢助(もくすけ)さんの(おく)さまの葬式(さうしき)までなさつたでせう。131それを(おも)へば(わたし)(いま)夫婦(ふうふ)約束(やくそく)(むす)んだ(くらゐ)が、132何故(なぜ)神様(かみさま)のお()()らないのでせう。133貴方(あなた)御神業(ごしんげふ)(さまた)げになるのでせうか』
134『アヽどうしたら()からうかなア。135かう追求(つゐきう)されては、136我々(われわれ)()振方(ふりかた)(まよ)はざるを()ない』
137(よろ)しいぢやありませぬか。138これだけ(をんな)真心(まごころ)()になされますと、139(つひ)には女冥加(をんなみやうが)()きて、140一代(いちだい)セリバシー生活(せいくわつ)(おく)らねばなりますまい』
141『アヽ(じやう)(もろ)いは男子(だんし)(こころ)142さう懇切(こんせつ)仰有(おつしや)つて(くだ)さらば、143折角(せつかく)のお(こころざし)144()にするも()まない(やう)(かん)じが(いた)します。145そんなら此処(ここ)約束(やくそく)だけ(かた)めませうか』
146 (この)(とき)樹上(じゆじやう)より「馬鹿(ばか)ツ」と一喝(いつかつ)した。
147折角(せつかく)ながらお(さく)さんとやら、148(いま)()(とほ)(あたま)(うへ)から(わたくし)言葉(ことば)(たい)し「馬鹿(ばか)」と呶鳴(どな)()けました。149矢張(やつぱり)これは取消(とりけ)しませう』
150(をとこ)一旦(いつたん)()(そと)()した言葉(ことば)を、151無責任(むせきにん)にも引込(ひつこ)めなさる(つも)りですか。152そんな(こと)出来(でき)るのなれば、153()いた(つばき)()んでも(よろ)しからう。154(わたし)は、155どうしても(この)約束(やくそく)履行(りかう)して(もら)はねば承知(しようち)(いた)しませぬよ』
156『まだ約束(やくそく)はして()ませぬ。157約束(やくそく)をしようかと()つたまでですワ』
158(その)言葉(ことば)()るに先立(さきだ)ち、159貴方(あなた)(こころ)(うち)では(すで)承諾(しようだく)をしたのでせう。
 
160(ひと)()はば(おに)()ぬとも(こた)()(こころ)()はば如何(いか)(こた)へむ
 
161貴方(あなた)(みづか)(こころ)(あざむ)(つも)りですか』
162『さうぢやと()つて、163どうしてこれが承諾(しようだく)出来(でき)ませう。164(また)(あたま)(うへ)から馬鹿(ばか)()ばはりをされますから』
165『オホヽヽヽヽ、166あれは何時(いつ)(この)(もり)()まひをして()る、167大天狗(だいてんぐ)()つたのですよ。168貴方(あなた)結構(けつこう)神様(かみさま)のお使(つかひ)でありながら、169天狗(てんぐ)一匹(いつぴき)二匹(にひき)が、170それほど(こは)いのですかい』
171(なに)天狗(てんぐ)ならば(こわ)くはありませぬが、172あの言葉(ことば)は、173どうしても(わたくし)(かんが)へに共鳴(きようめい)して()(やう)ですから、174服従(ふくじゆう)せなくてはなりませぬ。175どうぞ(この)()見遁(みのが)して(くだ)さいませ』
176『エヽ(をとこ)()ふものは()(よわ)いものだなア。177もうかうなれば仕方(しかた)がない』
178いきなり握手(あくしゆ)した。
179()んと仰有(おつしや)つても、180こればかりは(あと)にして(くだ)さい』
181『イエイエ(なん)()つても、182(わたし)(ねが)ひを()()れて(もら)はなくては(はな)しませぬよ』
183『そんなら、184もう仕方(しかた)がない。185サア(わたし)から(すす)んで握手(あくしゆ)(いた)しませう』
186竜国別(たつくにわけ)右手(めて)()ばして、187(さく)()(にぎ)らうとした。188(さく)(よろこ)ぶかと(おも)ひきや、
189『エヽ(けが)らはしき三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)竜国別(たつくにわけ)
190()ふより(はや)く、191満身(まんしん)(ちから)()めて(その)()()(たふ)した。
192『これや()しからぬ。193(なん)としたらお()()るのですか』
194(いやし)くも神命(しんめい)()けて、195曲津(まがつ)征服(せいふく)(むか)途中(とちう)(おい)て、196如何(いか)なる(せつ)なる(をんな)(ねが)ひなればとて、197(かた)決心(けつしん)(ひるがへ)すとは何事(なにごと)ぞ。198かかる柔弱(にうじやく)なる(なんぢ)(たましひ)で、199どうして悪魔(あくま)征服(せいふく)出来(でき)ようぞ』
200『ハテ合点(がてん)()かぬ(をんな)振舞(ふるま)ひ』
201双手(もろて)()んで暫時(しばし)思案(しあん)(ふけ)つて()る。202(たちま)(とどろ)雷鳴(らいめい)にフト(かしら)()ぐれば、203以前(いぜん)(をんな)跡形(あとかた)もなく()()せ、204(その)()古社(ふるやしろ)(えん)(した)(ねむ)つて()た。205(かみなり)(きこ)えしは(やしろ)()古鼠(ふるねずみ)()(くる)足音(あしおと)であつた。206竜国別(たつくにわけ)(ただち)神前(しんぜん)(ぬか)づき、207(ゆめ)教訓(けうくん)感謝(かんしや)心魂(しんこん)()つて、208(いよいよ)高春山(たかはるやま)征服(せいふく)(むか)つて(すす)()く。
209大正一一・五・二〇 旧四・二四 谷村真友録)