霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

凡例(はんれい)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 篇:前付 よみ:
章:凡例 よみ:はんれい 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年05月28日(旧05月02日) 口述場所:松雲閣 筆録者:編者 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm220002
愛善世界社版:前付 6頁 八幡書店版:第4輯 修補版: 校定版:305頁 普及版:前付 4頁 初版: ページ備考:校定版では「あとがき」になっている
001一、002昨年(さくねん)十月(じふぐわつ)十八日(じふはちにち)より(はじ)められました霊界物語(れいかいものがたり)口述筆録(こうじゆつひつろく)も、003本年(ほんねん)五月(ごぐわつ)廿八日(にじふはちにち)(もつ)二十二巻(にじふにくわん)完了(くわんれう)し、004ほつと一息(ひといき)した次第(しだい)であります。005(その)(あひだ)日数(につすう)二百二十三日(にひやくにじふさんにち)006大祭(たいさい)とか、007節分祭(せつぶんさい)(その)()(やす)むだに日数(につすう)(くは)へて、008恰度(ちやうど)十日(とをか)一冊(いつさつ)割合(わりあひ)であります。009()各巻(かくくわん)口述(こうじゆつ)日数(につすう)表示(へうじ)して御覧(ごらん)(きよう)します。
 
010巻 口述日数 口述場所 備考
011第一  八日 松雲閣  本巻に限り第十三章以後の日数とす
012第二 十三日 右同   本巻第一章(通章第五十一章)口述の夜毒松茸にあてられ閉口す
013第三 十四日 瑞祥閣竜宮館 前半は亀岡の瑞祥閣にて後半は教主殿竜宮館にて口述さる
014第四 十五日 竜宮館  口述者自ら筆録されし箇所は本巻に最も多し
015第五  十日 竜宮館岩井温泉 口述筆録の方が主か入湯の方が主か分らんやうな生活をしながら、五、六の二巻を完了す
016第六  八日 岩井温泉
017第七  四日 錦水亭  岩井温泉より帰綾後節分祭までの四日間に完結す
018第八  五日 瑞祥閣  高熊山に参拝せし後口述筆録にとりかかる
019第九  六日 右同   巻中身代りを立てる箇所を口述さるるや天候険悪となり風雨強かりき
020第十  七日 右同錦水亭 口述筆録に妨害を受けしは、本巻を第一とす
021第十一 四日 松雲閣
022第十二 五日 右同   本巻口述中蓄音器に祝詞と宣伝歌を吹き込まる
023第十三 五日 右同
024第十四 三日 松雲閣  本巻は総章数十七より成り通章五百六十七章を末尾とす
025第十五 五日 錦水亭  天国楽土の状況廿一世紀以後の有様を口述しあり
026第十六 四日 錦水亭瑞祥閣 本巻より始めて今の日本国に起れる事を説き十里四方宮の内の三十五万年前を口述しあり
027第十七 三日 右同
028第十八 四日 右同   弥仙山の因縁が口述されあり
029第十九 五日 松雲閣
030第二十 三日 右同錦水亭
031第廿一 五日 松雲閣
032第廿二 五日 右同   本巻完了の日霊鷹五六七殿内を飛び廻ること三回
033(註)第一巻、034第二巻、035第十一巻、036第十二巻、037第廿二巻を松雲閣に於て口述されし事と、038本年旧三月三日迄に五六七大神に因める第十四巻第五百六十七章の口述を終られし事と旧五月五日までに口述者瑞月大先生の誕生日なる旧七月十二日に因縁ある第廿二巻第七百十二章迄を口述されし事と総体の筆録者数が三十三名なりしは惟神的とはいへ、039実に不思議と謂はねばなりません。
 
040一、041本巻(ほんくわん)には各巻中(かくくわんちう)でも、042(もつと)執着心(しふちやくしん)取除(とりのぞ)くことに(つと)むるのが肝腎(かんじん)であると口述(こうじゆつ)され、043(また)第一巻(だいいつくわん)(しめ)されたる地獄(ぢごく)(おに)は、044(みな)(こころ)執着(しふちやく)から(うま)()づるもので、045(けつ)して(いま)行刑所(ぎやうけいしよ)押丁(あふてい)(やう)(そな)はつて()るのではないと口述(こうじゆつ)されてありますから、046一応(いちおう)読者(どくしや)御注意(ごちゆうい)(うなが)して()きます。
047一、048本巻(ほんくわん)前巻(ぜんくわん)までを順序(じゆんじよ)よく()まなくとも、049全然(ぜんぜん)要領(えいりやう)()られぬといふやうな(こと)()く、050本巻(ほんくわん)()んだだけでも(わか)(やす)完結(くわんけつ)されてあります。
051一、052本巻(ほんくわん)原稿紙(げんかうし)千二百二十三枚(せんにひやくにじふさんまい)でありましたが、053不思議(ふしぎ)にも五百六十七枚目(ごひやくろくじふしちまいめ)五六七大神(みろくおほかみ)御出現(ごしゆつげん)黄金像(わうごんざう))と、054()貴重(きちよう)なる御教示(ごけうじ)(はじ)まつたのであります。
055アヽ月光菩薩(げつくわうぼさつ)五十二歳(ごじふにさい)にして、056()胎蔵(たいざう)されし苦集滅道(くしふめつだう)()き、057娑婆即寂光浄土(しやばそくじやくくわうじやうど)真諦(しんたい)()べ、058道法礼節(だうほふれいせつ)遺憾(ゐかん)なく開示(かいじ)して()られるのであります。
 
059   大正十一年五月廿八日 綾部並松和知川畔松雲閣にて
060編者識
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。