霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 (さぐ)()ひ〔六九四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 篇:第1篇 暗雲低迷 よみ:あんうんていめい
章:第2章 探り合ひ よみ:さぐりあい 通し章番号:694
口述日:1922(大正11)年05月24日(旧04月28日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
黒姫は二人を自分の館に連れて帰った。テーリスタンとカーリンスが黄金の玉を盗んだと疑ってきかない黒姫は、二人に滔々と心を入れ替えて玉を差し出すようにと説教をしている。
テーリスタンとカーリンスは自分たちではないと抗弁するが、黒姫は一向に信用しない。そのうちに、テーリスタンとカーリンスが、お互いに相棒が玉を盗んだのではないかと疑い出して、喧嘩を始めた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2202
愛善世界社版:24頁 八幡書店版:第4輯 388頁 修補版: 校定版:25頁 普及版:11頁 初版: ページ備考:
001 言依別(ことよりわけ)(たく)されし、002黄金(わうごん)(たま)行方(ゆくへ)をば、003見失(みうしな)ひたる黒姫(くろひめ)は、004テーリスタンやカーリンス、005二人(ふたり)(をとこ)(うたが)ひを、006(いだ)きながらにトボトボと、007(おの)(やかた)()(かへ)り、008二人(ふたり)(まへ)(すわ)らせつ、009(ちや)()(すす)機嫌(きげん)をとり、010(おど)しつ(すか)しつ(たづ)ぬれば、011(もと)より二人(ふたり)白紙(しらかみ)の、012(やま)しき(ところ)なく(なみだ)013(こゑ)(しぼ)つて弁解(べんかい)すれど、014容易(ようい)()れぬ黒姫(くろひめ)の、015(むね)(こころ)(なや)ませつ、016(たがひ)(かほ)見合(みあは)せて、017如何(いかが)はせむと(うで)()み、018差俯向(さしうつむ)いて黙然(もくねん)たるぞ(いぢ)らしき。
019黒姫(くろひめ)人間(にんげん)神様(かみさま)生宮(いきみや)だから、020何処(どこ)までも正直(しやうぢき)にせなくてはなりませぬぞや。021如何(いか)なる罪科(つみとが)があつても、022()(あらた)めたならば大神様(おほかみさま)は、023神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)し、024聞直(ききなほ)し、025宣直(のりなほ)して(くだ)さるのだ。026()()(なか)は、027(すみ)から(すみ)まで日月(じつげつ)(ごと)(あきら)かなる神様(かみさま)御支配(ごしはい)であるから、028どんな(ちひ)さいことでも(かみ)御眼(おんめ)(くら)ますことは出来(でき)ない。029わづか()()目的(もくてき)(たつ)しても、030永遠無窮(ゑいゑんむきう)神界(しんかい)(くる)しみを()けるやうなことが出来(でき)ては大変(たいへん)不利益(ふりえき)だから、031(わし)神様(かみさま)のため、032世人(よびと)のため、033(また)前達(まへたち)両人(りやうにん)身魂(みたま)幸福(かうふく)のために()ふのだから、034綺麗(きれい)薩張(さつぱり)(たま)在処(ありか)()らしておくれ。035何時(いつ)まで腕組(うでぐみ)思案(しあん)してゐた(ところ)で、036(あく)(ぜん)(かへ)(はず)はない。037(ぬす)むと()一事(いちじ)何処迄(どこまで)万劫末代(まんがふまつだい)()えませぬぞえ。038サ、039あまり世間(せけん)にパツとせない(うち)040(わし)一伍一什(いちぶしじふ)白状(はくじやう)して(くだ)さい。041(わし)落度(おちど)にもなり、042(まへ)さまの(つみ)にもなるのだから、043(いま)(うち)(わし)白状(はくじやう)しさへすれば、044(この)()(かぎ)りで何処(どこ)()天下泰平(てんかたいへい)無事(ぶじ)安穏(あんのん)(をさ)まる(わけ)だから。045サア、046テーリスタン、047カーリンス、048(はや)素直(すなほ)()つておくれ』
049テーリスタン『これは(また)してもお(たづ)ねですが、050(なん)仰有(おつしや)つても()らぬ(こと)()らぬと(こた)へるより(ほか)(みち)()いぢやありませぬか』
051『エー(また)しても(しら)ツぱくれなさるのか。052さてもさても(わか)らぬ(ひと)だなア。053これこれカーリンス、054(まへ)正直者(しやうぢきもの)だ。055(わし)(たす)けて()れただけあつて、056何処(どこ)ともなしに(とく)のある(かほ)をして()る。057神様(かみさま)のお姿(すがた)みたやうだ。058屹度(きつと)(まへ)霊肉(れいにく)(とも)清浄(せいじやう)潔白(けつぱく)だから、059テーリスタンに(たい)(かた)約束(やくそく)(やぶ)つてはならないと(かく)してゐるのだらうが、060そんな心遣(こころづかひ)()らぬ(こと)だ。061(こと)軽重(けいちよう)大小(だいせう)により(かんが)へて()なさい。062(まへ)(わし)全然(すつかり)白状(はくじやう)をしたと()つても、063(けつ)してテーリスタンを(くる)しめるのでも()めるのでもない。064畢竟(つまり)テーリスタンも、065(わし)も、066(まへ)大慶(たいけい)だし、067ツイ当座(たうざ)出来心(できごころ)だから。068(わか)(とき)には(たれ)しもある(こと)だから、069屹度(きつと)神様(かみさま)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、070宣直(のりなほ)して(くだ)さる。071(わし)何程(なにほど)(まへ)(わる)うても、072見直(みなほ)し、073聞直(ききなほ)し、074(うぶ)(こころ)(いま)までの(こと)(かは)へサラリと(なが)し、075(こころ)(ゆる)して交際(かうさい)をさして(もら)ふから、076さア、077チヤツとカーリンス、078()はつしやいよ』
079 カーリンスは(あたま)()きながら、
080『ヘイ貴女(あなた)御言葉(おことば)はよく(わか)つて()ります』
081『さうだらう、082(わか)つたぢやらう。083矢張(やつぱ)りお(まへ)はテーリスタンとは、084一寸(ちよつと)兄貴(あにき)だけあつて(かしこ)い、085(えら)いものだ。086正直(しやうぢき)(この)()(たから)だ。087なア、088カーリンス』
089『モシ黒姫(くろひめ)(さま)090()らぬことを()つたやうに()つたら、091それでも(まこと)になりますか』
092()つたことを()らぬと()ふのが(わる)いのだ。093()つたことを「()つて()ります、094斯様々々(かやうかやう)(いた)しました」と()ひさへすれば、095途方(とはう)もない玉盗人(たまぬすと)をしたお(まへ)も、096(つみ)()えて(かへつ)素直(すなほ)(やつ)だと大神様(おほかみさま)()めて(くだ)さるぞえ』
097『オイ、098テーリスタン、099()んな(ばあ)さまに(かか)()つたら、100とりもち(をけ)(あし)突込(つつこ)んだやうなものだなア。101()うしたらよからうか』
102テーリスタン『それだと()つて第一(だいいち)吾々(われわれ)日頃(ひごろ)から大切(たいせつ)にして(くだ)さる黒姫(くろひめ)(さま)御難儀(ごなんぎ)になるのだから、103あゝして(きび)しう執拗(しつこ)くお(たづ)ねなさるのも仕方(しかた)がない。104黒姫(くろひめ)(さま)のお立場(たちば)になれば無理(むり)もないよ。105ぢやと()つて吾々(われわれ)両人(ふたり)本当(ほんたう)迷惑(めいわく)だなア』
106『お前達(まへたち)其処(そこ)(まで)(もの)(わか)つて()りながら、107何故(なぜ)(わし)()らすのだい。108盗人猛々(ぬすびとたけだけ)しいとはお前達(まへたち)のことだよ。109(ひと)温順(おとな)しく()ればつけ(あが)り、110歯抜(はぬ)けが(たこ)()むやうにグヂヤグヂヤと歯切(はぎ)れのせぬ返事(へんじ)ばつかりして………エー辛気臭(しんきくさ)い。111(こま)つた泥坊(どろばう)だなア』
112長煙管(ながぎせる)丸火鉢(まるひばち)をクワンクワンとはたき、113()をキリツと()()げ、114片膝(かたひざ)()てて(しや)(かま)(いき)(はづ)ませて()せた。115折柄(をりから)(にしき)(みや)高楼(たかどの)夜明(よあけ)()えて、116祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(はじ)まる五六七(みろく)太鼓(たいこ)(ひび)いて()た。
117『オイ、118カーリンス、119あれは五六七(みろく)太鼓(たいこ)(おと)120モー御礼(おれい)だ。121一先(ひとま)御免(ごめん)(かうむ)つて参拝(さんぱい)をして()うかい』
122『オーそうだ、123黒姫(くろひめ)(さま)124ゆつくり(こころ)落着(おちつ)けて吾々(われわれ)無実(むじつ)御考(おかんが)(くだ)さいませ。125これからお(まゐ)りして()ます』
126『オホヽヽ、127五六七(みろく)太鼓(たいこ)は、128(まへ)さまの(ため)には結構(けつこう)(たす)(ぶね)だ。129(しか)(なが)五六七(みろく)でも七五三(しちごさん)でもお(まゐ)りは出来(でき)ませぬよ。130()(はなし)解決(かいけつ)がつくまで参拝(さんぱい)黒姫(くろひめ)(ゆる)しませぬ。131そんな盗人(ぬすと)根性(こんじやう)神様(かみさま)(まゐ)つて、132結構(けつこう)御宮様(おみやさま)(けが)すと()(こと)があるものか、133罰当(ばちあた)()が、134アルプス(けう)(をしへ)とはチツト(ちが)ふぞえ』
135(また)もや(こゑ)(とが)らせ、136火鉢(ひばち)(たた)く。
137テーリスタン『オイ、138兄弟(きやうだい)139()うしようかな。140エライことに()ツつかまつたものだワイ』
141()ツつかまるも()ツつかまらぬも、142(まへ)自業自得(じごうじとく)だよ。143(こころ)(おに)()()めるのだ。144(まへ)結構(けつこう)身魂(みたま)だが、145()(こころ)(おに)矢張(やつぱ)邪魔(じやま)をするのだらう。146サア(はや)(おに)()()して(うつく)しい身魂(みたま)になつて(たま)在処(ありか)()らすのだよ。147大方(おほかた)鷹依姫(たかよりひめ)指図(さしづ)でお(まへ)(かく)しとるのぢやないかなア。148(むらさき)(たま)気好(きよ)献上(けんじやう)するなんて()ひよつて、149麦飯(むぎめし)(こひ)()るやうな(たく)みをしたのだらう。150(むらさき)(たま)何程(なにほど)立派(りつぱ)でも黄金(わうごん)(たま)(くら)ぶれば(なん)でもない。151却々(なかなか)アルプス(けう)()つた(やつ)油断(ゆだん)がならぬ。152アヽさうぢや、153(まへ)(こと)ばかり()めて()つても(わけ)(わか)らぬ。154大方(おほかた)(かげ)から(あやつ)つて()るのであらう。155()聖地(せいち)()てから鷹依姫(たかよりひめ)は、156始終(しじう)使(つか)()れたお前達(まへたち)二人(ふたり)(わし)部下(ぶか)にして()れと()つた(てん)からが(そもそ)(うたが)はしい。157(わし)黄金(わうごん)(たま)監督者(かんとくしや)()ふことは、158よく(わか)つて()るのだから、159屹度(きつと)鷹依姫(たかよりひめ)指図(さしづ)であらうがな。160ホヽヽヽ、161前達(まへたち)忠実(ちうじつ)なものだ。162(ぜん)にも(つよ)ければ(あく)にも(つよ)い。163一旦(いつたん)主人(しゆじん)(あふ)いだ鷹依姫(たかよりひめ)へ、164其処(そこ)まで(つく)親切(しんせつ)見上(みあ)げたものだ。165俄主人(にはかしゆじん)黒姫(くろひめ)()つて(くだ)さらぬのも無理(むり)はない。166アーア(わし)了簡(りやうけん)間違(まちが)つて()つた。167ドレ(これ)から鷹依姫(たかよりひめ)()んで訊問(じんもん)してみよう』
168テーリスタン『滅相(めつさう)なこと仰有(おつしや)いますな。169鷹依姫(たかよりひめ)さまは、170そんなお(かた)ぢやございませぬ。171(いやし)くも三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)竜国別(たつくにわけ)さまの母上(ははうへ)ではありませぬか。172大神様(おほかみさま)御神徳(おかげ)親子(おやこ)対面(たいめん)出来(でき)たと()つて、173それはそれは温順(おとな)しく(まこと)信仰(しんかう)(はい)つてゐられます。174あんまり御疑(おうたが)ひなさるのは殺生(せつしやう)でございますよ』
175『アヽ無理(むり)もない、176さうでなければ人間(にんげん)ぢやない、177感心(かんしん)感心(かんしん)178(わし)もそんな家来(けらい)をたとへ半時(はんとき)でも()しいものだ。179(しか)(なが)ら、180よく(かんが)へて()なさい。181(まへ)大神様(おほかみさま)(まこと)(みち)(そむ)いても、182一人(ひとり)鷹依姫(たかよりひめ)大切(だいじ)か』
183『これは(いささ)迷惑千万(めいわくせんばん)184こんなことを鷹依姫(たかよりひめ)(さま)がお()きにならうものなら、185ビツクリして(きも)(つぶ)されます』
186『ソリヤ当然(あたりまへ)だよ。187(あま)肝玉(きもだま)(ふと)(こと)をすると神様(かみさま)(にら)まれ、188(きも)(たま)なしになつて(しま)ふのは天地(てんち)(ゆる)さぬ道理(だうり)189オホヽヽヽ、190さてもさてもしぶとい代物(しろもの)だなア。191ドレドレ五六七(みろく)太鼓(たいこ)()つた。192(あさ)のお(つと)めに()つて()るから、193前達(まへたち)何処(どこ)にも()げることはならぬぞえ。194鷹依姫(たかよりひめ)とつく()()かし、195(わし)(かへ)(まで)そつ黄金(わうごん)(たま)()つて()()くのだよ』
196『アー()うしたらよからうなア』
197二人(ふたり)吐息(といき)をつく。
198 黒姫(くろひめ)(にしき)(みや)参拝(さんぱい)せむと衣紋(えもん)をつくろひ、199紋付(もんつき)羽織(はおり)(ちやく)し、200(やや)悄気気分(せうげきぶん)になつて道路(みち)(いし)(ひと)(ひと)(かぞ)へるやうな調子(てうし)なめくぢり旅行式(りよかうしき)に、201(ちから)なげに参拝(さんぱい)出掛(でか)けた(あと)二人(ふたり)黒姫(くろひめ)(のこ)して()いた長煙管(ながぎせる)()り、202テーリスタンは黒姫(くろひめ)座席(ざせき)(すわ)り、
203『これこれカーリンス、204(まへ)余程(よつぽど)()()ぢや、205さあチヤツと(たま)在処(ありか)()ふのだよ。206何処(どこ)(かく)したか、207黒姫(くろひめ)(まを)すに(およ)ばず、208このテーリスタンまでが側杖(そばづゑ)()つて、209(つひ)(るゐ)鷹依姫(たかよりひめ)(さま)(およ)ぼさむとして()大切(たいせつ)危急(ききふ)場合(ばあひ)だよ。210黒姫(くろひめ)()(ところ)では()(にく)からうが、211黒姫(くろひめ)代理(だいり)のテーリスタンは(いま)まで兄弟(きやうだい)同様(どうやう)交際(つきあ)つて()たのだから、212何一(なにひと)心遣(こころづか)ひは()らない。213サア、214()つて御覧(ごらん)
215カーリンス『オイオイ兄貴(あにき)216(まへ)までが(なに)()ふのだい。217矢張(やつぱ)(おれ)(うたが)つて()るのか』
218(うたが)はずに()れぬぢやないか。219(この)(あひだ)(おれ)一緒(いつしよ)()かうと()つた(とき)220貴様(きさま)親切(しんせつ)さうに「テーリスタン、221(まへ)風邪(かぜ)をひいて()るから今日(けふ)(やす)め、222(おれ)(かは)りに黒姫(くろひめ)(さま)御保護(ごほご)()(かく)れにして()る」と()つただらう。223親切(しんせつ)正直(しやうぢき)貴様(きさま)のことだから、224よもやとは(おも)へども前後(ぜんご)事情(じじやう)から(かんが)へて()れば、225()うしても貴様(きさま)(うたが)はねばならぬのだ。226(まへ)()つたとより(かんが)へられないワ』
227『アーア、228(なさけ)ないことになつて()たワイ。229間違(まちが)へば()うも間違(まちが)ふものかなア。230なんとした(わし)因果(いんぐわ)(うま)れつきだらう。231天地(てんち)神様(かみさま)見放(みはな)されてゐるのか』
232天地(てんち)神様(かみさま)見放(みはな)されようと見放(みはな)されまいと、233貴様(きさま)(こころ)()ちやう(ひと)つだ。234愚図々々(ぐづぐづ)してゐると黒姫(くろひめ)さまが(かへ)つて()るぞ。235(はや)(おれ)()つて(しま)へ。236さうすれば(おれ)責任(せきにん)分担(ぶんたん)して「(かく)してゐましたが(じつ)はこれです」とつき()して、237(こら)へて(もら)ふのだから』
238『オイ兄貴(あにき)239一寸(ちよつと)(まへ)(した)()りて()れ。240(おれ)其処(そこ)()かぬと(はなし)出来(でき)ぬ』
241『ヨシヨシ()ひさへすれば()いのだ。242如何(どう)でもしてやらう。243サア、244煙草(たばこ)でも(くす)べもつてすつかり()つて(しま)へ。245(おれ)(した)()りて()(やく)だから』
246(ここ)二人(ふたり)位置(ゐち)(へん)じ、247カーリンスは長煙管(ながぎせる)火鉢(ひばち)(たた)きながら眼尻(めじり)()()げ、
248『コリヤ、249テーリスタン、250盗人(ぬすびと)猛々(たけだけ)しいとは貴様(きさま)のことだ。251(おぼ)えのない(おれ)自分(じぶん)(あく)()りつけようとするのは()しからぬぢやないか。252(おれ)(この)(あひだ)貴様(きさま)病気(びやうき)()にして親切(しんせつ)()つてやつたら、253それを(さか)()つて(おれ)盗人(ぬすびと)(しゆ)るのか。254さう()貴様(きさま)こそ(あや)しい(てん)がある。255(この)(あひだ)(ばん)だつた、256昨夜(ゆうべ)のやうに(つき)()てない、257(はな)(つま)まれても(わか)らぬやうな(とき)258貴様(きさま)()けたとか、259道路(みち)(わか)らぬとか()つて大変(たいへん)時間(ひま)をとつた(こと)があるだらう。260サア何処(どこ)(かく)した、261有体(ありてい)白状(はくじやう)せ。262もう()うなる以上(いじやう)兄弟(きやうだい)縁切(えんぎ)れだ。263(しか)しさうは()ふものの、264事実(じじつ)さへ白状(はくじやう)すれば、265矢張(やつぱ)(もと)兄弟(きやうだい)だ、266親友(しんいう)だ。267鷹依姫(たかよりひめ)(さま)(すで)改心(かいしん)なさつたのだから、268(たま)()しがる道理(だうり)はない。269さすれば貴様(きさま)()(たま)をもつて、270三国ケ岳(みくにがだけ)蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)献上(けんじやう)し、271バラモン(けう)羽振(はぶ)りを()かさうとする野心(やしん)があるのだらう。272サアサ、273(はや)(まを)さぬか、274今迄(いままで)のカーリンスとは(わけ)(ちが)ふぞ。275閻魔(えんま)浄玻璃(じやうはり)(かがみ)にかけて善悪(ぜんあく)(いま)立別(たてわ)けて()せる。276さア、277如何(どう)ぢや』
278力任(ちからまか)せに火鉢(ひばち)(なぐ)つた途端(とたん)279(ほそ)(たけ)羅宇(らお)はポクリと()れて、280雁首(がんくび)はテーリスタンの額口(ひたひぐち)()ひついた。
281 テーリスタンはムツと(はら)()て、
282『なに貴様(きさま)283(ひと)(おのれ)(つみ)()りつけようとする大悪人(だいあくにん)()
284両手(りやうて)をひろげて武者振(むしやぶ)りついた。285カーリンスは、
286(なに)ツ、287猪口才(ちよこざい)な』
288(にぎ)(こぶし)(かた)めて、289無性(むしやう)矢鱈(やたら)黒姫(くろひめ)留守中(るすちう)大格闘(だいかくとう)(まく)()りた。
290大正一一・五・二四 旧四・二八 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。