霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 (みつ)(みたま)〔七一二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 篇:第5篇 神界経綸 よみ:しんかいけいりん
章:第20章 三の魂 よみ:みつのみたま 通し章番号:712
口述日:1922(大正11)年05月28日(旧05月02日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
初稚姫と玉能姫は、佐田彦と波留彦を伴って、杢助の庵に戻ってきた。国依別と高姫は、教理を闘わせながら杢助の庵に逗留していた。
杢助から、四人が如意宝珠の玉と紫の玉の神業に携わったと聞いた高姫は、嬉しいような悲しいような顔をして眼をむき、俯いてしまった。国依別がそれをからかう。
高姫は言依別命に八つ当たりをして悪口を言う。佐田彦、波留彦は怒って高姫に抗議するが、高姫は軽口にごまかした。
言依別命は高熊山に神秘の経綸をなし、聖地に帰って神業に参じ、玉照彦命、玉照姫命の神示を海外にまで広め、八岐大蛇を征服に従事する多数の神人を教養した。
杢助は初稚姫と共に聖地で教主を助け、三五教の三柱と呼ばれるまでになった。玉能姫は生田の森に留まり、稚桜姫命の神霊を祀り、三五神政の魁を勤めた。
若彦は自転倒島全体を巡歴し、最後に神界の命によって玉能姫と共に神霊に奉仕することとなった。
国依別は、兄の真浦が波斯の国に赴いたため、宇都山郷の武志の宮に仕えて、松鷹彦に孝養を尽くした。
高姫は聖地に使えていたが、黒姫の後を追って海外に出て、真正の日の出神に出会い、自らの守護神の素性を悟り、悔改めて大車輪の活動を続けた。
佐田彦・波留彦は言依別命の側近く仕えた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2220
愛善世界社版:286頁 八幡書店版:第4輯 486頁 修補版: 校定版:294頁 普及版:132頁 初版: ページ備考:
001 時置師神(ときおかしのかみ)は、002(かみ)仕組(しぐみ)時津風(ときつかぜ)003()(わた)初夏(しよか)青葉(あをば)(かを)りを()()(なが)窓外(そうぐわい)(なが)()る。004(とき)しも(もり)木蔭(こかげ)より玉能姫(たまのひめ)初稚姫(はつわかひめ)()(たづさ)へ、005二人(ふたり)荒男(あらをとこ)(とも)欣然(きんぜん)として(かへ)(きた)る。006杢助(もくすけ)(まど)()()拍手(はくしゆ)して(これ)(むか)へて()る。007二三日前(にさんにちぜん)より(この)()(たづ)(きた)りし高姫(たかひめ)008国依別(くによりわけ)は、009杢助(もくすけ)教理(けうり)(たたか)はし(なが)此処(ここ)逗留(とうりう)して()た。
010高姫(たかひめ)杢助(もくすけ)さま、011貴方(あなた)(いま)(ひがし)(まど)から()()ちましたが、012日天様(につてんさま)西(にし)(はう)(まは)つて()られますよ』
013『いや、014(いま)此処(ここ)日天様(につてんさま)や、015月天様(ぐわつてんさま)()いでになりましたから』
016国依別(くによりわけ)には日天月天(につてんぐわつてん)()かぬ(こと)仰有(おつしや)いますな』
017()ひながら(まど)(のぞ)き、
018『ヤア、019(かへ)りになりました。020杢助(もくすけ)さま、021目出度(めでた)う、022今迄(いままで)御心配(ごしんぱい)でしたらう』
023『ハイ、024杢助(もくすけ)一寸(ちよつと)心配(しんぱい)して()りましたよ』
025 高姫(たかひめ)(めう)(かほ)しながら、
026貴方(あなた)(くち)では平気(へいき)()つて()らつしやるが、027矢張(やつぱ)初稚姫(はつわかひめ)(さま)(こと)()(かか)ると()えますなア』
028(べつ)初稚姫(はつわかひめ)(さま)(こと)(つい)ては、029神様(かみさま)がついて御座(ござ)るから心配(しんぱい)(いた)しませぬが、030大切(たいせつ)御用(ごよう)(うま)(つと)めあげたか()らぬと(おも)つて()つたので……(しか)しあの顔色(かほいろ)()れば、031(うま)御用(ごよう)出来(でき)たらしいですよ』
032大切(たいせつ)御用(ごよう)とは………それや(また)どんな(こと)御座(ござ)いますか。033高姫(たかひめ)にも()かして(くだ)さいな』
034 杢助(もくすけ)はニコニコ(わら)ひながら、
035『ハイ言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)から大切(たいせつ)秘密(ひみつ)御用(ごよう)を……玉能姫(たまのひめ)036初稚姫(はつわかひめ)御両人(ごりやうにん)(うけたま)はりましたのですよ』
037(わたし)(やう)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)差措(さしお)き、038あの(やう)子供(こども)若彦(わかひこ)女房(にようばう)大切(たいせつ)御用(ごよう)(あふ)()けるとは……言依別(ことよりわけ)(ちつ)(きこ)えませぬ。039それだから(ひと)使(つか)()()いと()ふのだ。040(こま)つたハイカラの教主(けうしゆ)だなア』
041 杢助(もくすけ)は、
042『アハヽヽヽ』
043(うれ)しさうに(わら)ふ。044国依別(くによりわけ)(もん)()()(ひら)き、045丁寧(ていねい)出迎(でむか)へ、
046(みな)さま、047御苦労(ごくらう)御座(ござ)いました。048無事(ぶじ)(をさ)まりましたかな』
049 二人(ふたり)(かほ)(ゑみ)(たた)へながら一言(いちごん)(はつ)せず、050丁寧(ていねい)(こし)(かが)め、051二人(ふたり)(をとこ)(とも)欣々(いそいそ)這入(はい)つて()た。052杢助(もくすけ)()るより、
053初稚姫(はつわかひめ)(さま)054玉能姫(たまのひめ)(さま)055谷丸(たにまる)さま、056滝公(たきこう)さま、057御苦労(ごくらう)御座(ござ)いました』
058谷丸(たにまる)(わたくし)言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)より佐田彦(さだひこ)宣伝使(せんでんし)()(たま)はりました。059滝公(たきこう)さまは波留彦(はるひこ)宣伝使(せんでんし)()(たま)はりましたから、060何卒(どうぞ)今後(こんご)は、061(その)心組(つもり)()んで(くだ)さい。062(せつ)………いやいや玉能姫(たまのひめ)(さま)063初稚姫(はつわかひめ)(さま)のお(とも)(いた)しまして神島(かみじま)………ではない、064神様(かみさま)御用(ごよう)(まゐ)つて()ました。065いやもう大変(たいへん)結構(けつこう)(こと)御座(ござ)いましたわ』
066杢助(もくすけ)(なに)()もあれ、067神様(かみさま)御礼(おれい)(まを)()げ、068(いはひ)御神酒(おみき)頂戴(ちやうだい)する(こと)(いた)しませう』
069高姫(たかひめ)『アヽ、070それは結構(けつこう)御座(ござ)いますな。071(しか)如何(どん)御用(ごよう)御出(おい)でになさつたのか、072高姫(たかひめ)にも様子(やうす)()かして(くだ)さいませ。073これ玉能姫(たまのひめ)さま』
074玉能姫(たまのひめ)(この)(こと)ばかりは三十五万年(さんじふごまんねん)(あひだ)075(まを)()げる(こと)出来(でき)ませぬ。076(いづ)未来(みらい)でお(わか)りになるでせう』
077高姫(たかひめ)(なん)と……マア(とほ)い……()(なが)(こと)だなア』
078杢助(もくすけ)何処(どこ)地点(ちてん)(をさ)めたと()(こと)(まを)()(にく)いが、079実際(じつさい)貴方(あなた)一旦(いつたん)()んで()金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)(むらさき)宝玉(はうぎよく)三五教(あななひけう)教主(けうしゆ)()(かへ)り、080(その)御用(ごよう)(あふ)()かつて()霊地(れいち)埋蔵(まいざう)御用(ごよう)()つたのですよ。081黄金(わうごん)(たま)言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)(みづか)何処(どこ)かの霊地(れいち)埋蔵(まいざう)されたさうだ。082これで()つの御玉(みたま)(そろ)ひまして……高姫(たかひめ)さま、083(よろこ)びなさいませ』
084 高姫(たかひめ)085怪訝(けげん)(かほ)して(した)()()()き、
086『ヘエ、087ケヽヽヽ結構(けつこう)ですなア』
088()つたきり、089(うれ)しい(やう)な、090(かな)しい(やう)な、091不興(てれ)くさい(やう)(かほ)して俯向(うつむ)く。092国依別(くによりわけ)093()()つて(わら)ひ、
094『ハヽヽヽヽ、095()出神(でのかみ)生宮(いきみや)薩張(さつぱ)往生(わうじやう)(あそ)ばしたか、096(まこと)にお()(どく)(いた)り。097(しか)(なが)矢張(やつぱ)高姫(たかひめ)さまも(よろこ)ばねばなりますまい。098もう(これ)貴方(あなた)副守護神(ふくしゆごじん)断念(あきらめ)出来(でき)るでせう。099(これ)から一意専心(いちいせんしん)100教主(けうしゆ)意見(いけん)(したが)つて、101神界(しんかい)御用(ごよう)をなさいませ』
102高姫(たかひめ)『ハイ、103如何(どう)神様(かみさま)皮肉(ひにく)(こと)をなさいますな。104()ても()めても(たま)行方(ゆくへ)(さが)し、105神政(しんせい)成就(じやうじゆ)御用(ごよう)(つと)めあげむと、106千騎一騎(せんきいつき)活動(くわつどう)(いた)して()(この)高姫(たかひめ)をアフンと(いた)さして、107(おも)ひも()らぬ(ひと)(たち)に、108肝腎(かんじん)一厘(いちりん)経綸(しぐみ)吩咐(いひつ)けるとは……(めう)神様(かみさま)も……いや教主(けうしゆ)もあるものだ。109教主(けうしゆ)きやう獣扁(けものへん)(わう)さまだらう、110オホヽヽヽヽ』
111佐田彦(さだひこ)(これ)()(ずて)ならぬ高姫(たかひめ)言葉(ことば)112その脱線振(だつせんぶ)りは何事(なにごと)御座(ござ)るか。113今迄(いままで)谷丸(たにまる)ならば(だま)つて()るが、114最早(もはや)教主(けうしゆ)より(めい)ぜられたる宣伝使(せんでんし)だ。115()(なほ)しなさねば承知(しようち)せぬ』
116波留彦(はるひこ)佐田彦(さだひこ)宣伝使(せんでんし)()はれた(とほ)り、117(すみやか)()(なほ)しなさるが()からうと、118波留彦(はるひこ)(おも)ひます』
119高姫(たかひめ)高姫鉄道(たかひめてつだう)終点(しうてん)120アフンの(えき)()いたのだから、121脱線(だつせん)余地(よち)()く、122のり(なほ)(やう)もなく、123()()へも(なん)(えき)もないぢやありませぬか。124オホヽヽヽヽ』
125
126 (ちなみ)言依別命(ことよりわけのみこと)は、127一旦(いつたん)高熊山(たかくまやま)霊地(れいち)神秘(しんぴ)経綸(けいりん)遂行(すゐかう)し、128聖地(せいち)(かへ)りて神業(しんげふ)(さん)じ、129(にしき)(みや)神司(かむづかさ)玉照彦命(たまてるひこのみこと)130玉照姫命(たまてるひめのみこと)神示(しんじ)海外(かいぐわい)にまで弘布(こうふ)し、131八岐大蛇(やまたをろち)征服(せいふく)従事(じうじ)する数多(あまた)神人(しんじん)教養(けうやう)し、132(その)()天下(てんか)(とどろ)かした神代(かみよ)英雄神(えいゆうしん)である。133また杢助(もくすけ)(もと)時置師神(ときおかしのかみ)(あら)はれ、134聖地(せいち)八尋殿(やひろどの)(おい)教主(けうしゆ)(たす)け、135初稚姫(はつわかひめ)(とも)忠実(ちうじつ)奉仕(ほうし)し、136三五教(あななひけう)柱石(ちうせき)()ばれる(こと)となつた。137玉能姫(たまのひめ)生田(いくた)(もり)(とどま)り、138(ある)神命(しんめい)()びて稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)神霊(しんれい)(まつ)り、139五六七(みろく)神政(しんせい)(さきがけ)(つと)めた。
140 若彦(わかひこ)自転倒島(おのころじま)全体(ぜんたい)巡歴(じゆんれき)し、141(つひ)神界(しんかい)(めい)によりて玉能姫(たまのひめ)(とも)神霊(しんれい)奉仕(ほうし)する(こと)となつた。142国依別(くによりわけ)(あに)真浦(まうら)波斯(フサ)(くに)()()きしを(もつ)て、143()むを()宇都山郷(うづやまがう)武志(たけし)(みや)(つか)へて神教(しんけう)(つた)へ、144(ちち)松鷹彦(まつたかひこ)孝養(かうやう)(つく)した。
145 高姫(たかひめ)聖地(せいち)にあつて(にしき)(みや)(つか)へつつありしが、146黒姫(くろひめ)のあとを()うて海外(かいぐわい)(わた)り、147真正(しんせい)()出神(でのかみ)出会(しゆつくわい)し、148(はじ)めて自己(じこ)守護神(しゆごじん)素性(すじやう)(さと)り、149()(あらた)めて大車輪(だいしやりん)活動(くわつどう)(つづ)けた。150佐田彦(さだひこ)151波留彦(はるひこ)言依別命(ことよりわけのみこと)膝下(しつか)にあつて、152神業(しんげふ)輔佐(ほさ)することとなつた。
153
154大正(たいしやう)壬戌(みづのえいぬ)(とし)
155卯月(うづき)二十八日(にじふはちにち)
156二十二人(にじふににん)生魂(いくみたま)
157()つの御玉(みたま)(かく)(どこ)
158()(をは)りたる今日(けふ)()
159(たの)しき神世(かみよ)五六七殿(みろくでん)
160()(かみ)(つき)大御神(おほみかみ)
161天照皇大神(あまてらすすめおほかみ)
162(この)()祖神(おや)()れませる
163国常立之大御神(くにとこたちのおほみかみ)
164豊国主(とよくにぬし)大御神(おほみかみ)
165大本教(おほもとけう)(まも)ります
166百千万(ももちよろづ)神々(かみがみ)
167(うづ)御前(みまへ)()(くだ)
168(かみ)使(つかひ)霊鷹(れいよう)
169生田(いくた)(もり)再度山(ふたたびやま)
170(みね)()()御仕組(おんしぐみ)
171鷹鳥姫(たかとりひめ)改心(かいしん)
172瑞祥(ずゐしやう)(いは)(その)()めに
173三度(みたび)()()鷹津神(たかつかみ)
174さしもに(ひろ)殿内(でんない)
175(みぎ)(ひだり)()()ひて
176画竜(ぐわりう)(がく)(はね)(やす)
177仮設劇場(かせつげきぢやう)(つりはり)
178悠々(いういう)(つばさ)(やす)めたる
179今日(けふ)生日(いくひ)足日(たるひ)こそ
180(みづ)御魂(みたま)(うま)れたる
181生日(いくひ)(ちな)みて七百(しちひやく)
182十二(じふに)(ふし)面白(おもしろ)
183松雲閣(しよううんかく)(おく)()
184今日(けふ)(めづら)()(おこ)
185(かみ)(をしへ)敷島(しきしま)
186筆者(ひつしや)(けぶり)()(なが)
187(とほ)神代(かみよ)物語(ものがたり)
188(いま)(うつ)して(なが)むるも
189(すこ)しも(かは)らぬ(こと)()
190(さか)ゆる御代(みよ)松村(まつむらし)
191天津御空(あまつみそら)海原(うなばら)
192(こころ)真澄(ますみ)玉鏡(たまかがみ)
193(うみ)(うちと)(へだ)てなく
194諸越(もろこしやま)()()えて
195(とよくにぬし)分霊(わけみたま)
196(みづ)神徳(しんとく)天地(あめつち)
197(かがや)(とき)北村(きたむら)
198(そら)()(わた)(りうりう)
199(ひか)(あまね)(かみ)(みち)
200亜細亜(アジア)亜弗利加(アフリカ)欧羅巴(ようろつぱ)
201亜米利加藤(あめりかとう)高砂(たかさご)
202(しま)(はて)まで()(あか)
203近藤(こんど)霊界物語(れいかいものがたり)
204(みち)(さだ)()()()きて
205(やま)()()()(すゑ)
206(をしへ)(はな)(ふくいく)
207(かをり)(ゆか)しき佐賀(さが)(おく)
208(かみ)伊佐男(いさを)遠近(をちこち)
209秀妻(ほつま)(くに)(はじ)めとし
210自転倒島(おのころじま)心地(ちうしんち)
211(のやま)(あを)(しげ)りつつ
212神代(かみよ)(いは)今日(けふ)(そら)
213神世(かみよ)秘密(ひみつ)()らさじと
214御空(みそら)(かく)(くも)()
215(ひら)いて此処(ここ)(まつ)(くも)
216松雲閣(しよううんかく)(おく)()
217初夏(しよか)(かぜ)をばあびながら
218二十二巻(にじふにくわん)物語(ものがたり)
219目出(めで)たくここに()べをはる
220あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
221御霊(みたま)(さち)はひましませよ
222大正一一・五・二八 旧五・二 北村隆光録)
223(昭和一〇・六・五 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。