霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 難破船(なんぱせん)〔七二三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 篇:第3篇 有耶無耶 よみ:うやむや
章:第11章 第23巻 よみ:なんぱせん 通し章番号:723
口述日:1922(大正11)年06月12日(旧05月17日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫は舟に乗り、もう玉を手に入れたも同然と得意になっているが、四人の部下は舟をこぐのに疲れて文句を言い始める。
たちまち雲と風が起こり、高姫の舟は暗礁に乗り上げて木っ端微塵になってしまった。玉能姫は淡路島の磯端に着いてその夜は風をやり過ごした。
夜が明けると、うめき声が聞こえてきた。見ると浜辺に高姫ら五人が打ち上げられて苦しんでいる。玉能姫は鎮魂をして五人の息を吹き返させた。
高姫は自分を助けたのが玉能姫だと知ると、またしても憎まれ口とともに食ってかかり、教主や杢助にも悪態をつきはじめた。
高姫の部下の四人は、命の恩人に対する高姫の悪口に愛想が尽きたと言って、玉能姫の弟子にしてくれと頼み出す。玉能姫は人の弟子を横取りすることはできないと言って断り、高姫と一緒に舟に乗って戻るようにと促す。
しかし高姫は断固として断り、あくまで家島に行くと言ってきかない。そこへ船頭がやってきて、難船したなら乗せてあげようと声を掛ける。高姫は渡りに舟と船頭の舟に乗って行ってしまう。
玉能姫は四人の男を乗せて、高姫の舟の後を追った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2311
愛善世界社版:177頁 八幡書店版:第4輯 559頁 修補版: 校定版:180頁 普及版:82頁 初版: ページ備考:
001(こころ)(そら)高姫(たかひめ)
002四人(よにん)(とも)(とも)なひて
003()つの(たから)所在(ありか)をば
004(さぐ)らにや()まぬ(やみ)()
005大海原(おほうなばら)()(わた)
006(こころ)(こま)(くる)ふまに
007家島(えじま)()して(すす)()
008(その)目的(もくてき)玉能丸(たまのまる)
009(たま)行方(ゆくへ)(さぐ)らむと
010(あやつ)るすべも白浪(しらなみ)
011(うへ)(すべ)つて(すす)()
012四人(よにん)(をとこ)汗脂(あせあぶら)
013(たき)(ごと)くに(しぼ)りつつ
014(なみ)のまにまに(ただよ)ひて
015(つひ)進路(しんろ)()(はづ)
016(こころ)淡路(あはぢ)島影(しまかげ)
017かかる(をり)しも暗礁(あんせう)
018(ふね)(かしら)衝突(しようとつ)
019(たちま)(なみ)()()みて
020九死一生(きうしいつしやう)憂目(うきめ)をば
021()ながら(こころ)何処迄(どこまで)
022執念深(しふねんぶか)高姫(たかひめ)
023宝探(たからさが)しの物語(ものがたり)
024(しとね)(ふね)(よこ)たはり
025(こころ)(うみ)日月(じつげつ)
026()かぶまにまに()()つる
027瑞月(ずいげつ)霊界物語(れいかいものがたり)
028(そこ)ひも()れぬ曲津神(まがつかみ)
029(かみ)仕組(しぐみ)荒浪(あらなみ)
030ときわけかきわけ(すす)()
031アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
032御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ。
033 高姫(たかひめ)首尾(しゆび)よく三人(さんにん)船頭(せんどう)まき()らし、034一行(いつかう)五人(ごにん)意気(いき)揚々(やうやう)として(やみ)海原(うなばら)()()した。035浜辺(はまべ)明火(あかりび)(やうや)(とほ)ざかり(まなこ)(うつ)らない(まで)になつて()た。036高姫(たかひめ)(はな)(うごめ)かしながら、
037高姫(たかひめ)『アヽ(みな)(もの)038御苦労(ごくらう)であつた。039モウ()うなれば大丈夫(だいぢやうぶ)040滅多(めつた)(あと)から()ひかけ()気遣(きづか)ひもあるまい。041仮令(たとへ)()(ところ)(たから)所在(ありか)(さぐ)つた以上(いじやう)は、042そつと(この)(ふね)()()み、043(まは)(みち)をして(かへ)つて()れば()いのだ。044さうして(その)(たま)は、045(この)高姫(たかひめ)(はら)(なか)()()んで()けば、046(たれ)()たとて()られる気遣(きづか)ひはない。047オホヽヽヽ、048()てば海路(うなぢ)(かぜ)()くとやら、049時節(じせつ)()たねばならぬものだ』
050貫州(くわんしう)『モシモシ高姫(たかひめ)(さま)051貴方(あなた)(すで)(すで)にお(たから)()(はい)つたやうな(こと)仰有(おつしや)いますな、052()らぬ(たぬき)皮算用(かはざんよう)では御座(ござ)いますまいか』
053高姫(たかひめ)(なに)大丈夫(だいぢやうぶ)だよ、054(なん)()うても()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(にら)んだら間違(まちが)ひはない。055言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)や、056杢助(もくすけ)057玉能姫(たまのひめ)連中(れんちう)(さぞ)(さぞ)アフンとする(こと)であらう。058(その)(とき)(かほ)(いま)()るやうに(おも)はれて可愍(いぢらし)いやうな心持(こころもち)がして()た。059天道様(てんだうさま)御守護(ごしゆご)ある証拠(しようこ)には、060今夜(こんや)(かぎ)つてお月様(つきさま)(あら)はれず、061(ほし)ばかりの大空(おほぞら)062いつもからあの(たま)()しい()しいと(おも)つて()(せい)か、063今日(けふ)(ほし)(ひかり)はまた格別(かくべつ)だ。064(なん)()つてもあれ()天道様(てんだうさま)星々(ほしほし)()つて、065沢山(たくさん)(にら)んで御座(ござ)天下(てんか)重宝(ぢうほう)だから、066()()れば(たい)したものだ、067(たれ)(なん)()うても(たま)()んだ以上(いじやう)聖地(せいち)(かへ)り、068高姫(たかひめ)内閣(ないかく)組織(そしき)し、069前達(まへたち)幕僚(ばくれう)(にん)じてやる(かんが)へだから、070(いさ)んで(ふね)()いで(くだ)されや』
071貫州(くわんしう)(あま)気張(きば)つたものですから、072(わたし)のハンドルは知覚(ちかく)精神(せいしん)喪失(さうしつ)し、073最早(もはや)(よう)をなさないやうになつて仕舞(しま)ひました』
074高姫(たかひめ)『エヽ、075今頃(いまごろ)(なん)()心細(こころぼそ)(こと)()ふのだい。076(うさぎ)(ふん)で、077長続(ながつづ)きがしないものは、078到底(たうてい)まさかの(とき)()()ひませぬぞ。079ここは(ひと)千騎一騎(せんきいつき)場合(ばあひ)080()るか()るかの境目(さかひめ)だから、081(ちつ)(うで)()りでもかけて(はしや)ぎなされ』
082鶴公(つるこう)『オイ貫州(くわんしう)083(まへ)もさうか、084(おれ)()うやら機関(きくわん)(あぶら)()れたやうだ。085(うで)(なに)むしれさうになつて仕舞(しま)つた』
086清公(きよこう)(おれ)もさうだ』
087高姫(たかひめ)『まだこれから(なが)海路(かいろ)だのに、088明石海峡前(あかしかいけふまへ)くたばつて仕舞(しま)つては仕方(しかた)()いぢやないか。089ちと(しつか)りと性念(しやうねん)()ゑてモ一働(ひとはたら)きやつて(もら)はねば、090三千世界(さんぜんせかい)肝腎要(かんじんかなめ)御用(ごよう)(つと)(あが)りませぬぞえ。091出世(しゆつせ)仕度(した)くば(いま)気張(きば)らねば、092(あと)後悔(こうくわい)()()ひませぬぞ。093三千世界(さんぜんせかい)(また)とない功名(こうみやう)(あら)はさうと(おも)へば、094(ひと)のよう(いた)さぬ(こと)(いた)し、095(ひと)のよう()かぬ(ところ)()つて()ねば(まこと)御神徳(ごしんとく)(いただ)けませぬ。096サア(みな)さま、097(さき)(たの)しみにもう一気張(ひときば)りだ』
098貫州(くわんしう)()(うで)()けるやうに(だる)くなつて()ては(そん)(とく)(かま)うて()れますか。099(よく)にも(とく)にもかへられませぬ今晩(こんばん)(くる)しさ、100こりや()うしても神様(かみさま)のお()()らぬのかも()れませぬぜ。101(なん)とは()しに(こころ)(そこ)から(おそ)ろしくなり、102大罪(だいざい)(をか)すやうな()がしてなりませぬワイ。103(ひと)暗礁(あんせう)にでも()()げやうものなら(たちま)寂滅為楽(じやくめつゐらく)104土左衛門(どざゑもん)早替(はやがは)り、105竜宮行(りうぐうゆ)きをせなならぬかも()れませぬ。106()うでせう、107(かぜ)のまにまに、108(なみ)のまにまに(まか)せ、109(みな)(もの)(やす)まして(もら)つたら、110(また)元気(げんき)がついて(はたら)けるかも()れませぬ』
111高姫(たかひめ)一刻(いつこく)猶予(いうよ)もならぬのだから(やす)(こと)絶対(ぜつたい)になりませぬ』
112貫州(くわんしう)『アヽ、113何程(なにほど)(やす)まずに(はたら)かうと(おも)つても、114肝腎(かんじん)のハンドルが吾々(われわれ)命令(めいれい)服従(ふくじゆう)しないのだから仕方(しかた)()い。115高姫(たかひめ)さま、116貴女(あなた)(ひと)()いで御覧(ごらん)117さうしたら吾々(われわれ)(つら)(こと)(あぢ)ははれませう。118(ひと)使(つか)はうと(おも)へば、119(ひと)使(つか)はれて()なくては部下(ぶか)苦痛(くつう)(わか)りませぬからなア』
120高姫(たかひめ)『お(まへ)(なん)(ため)について()たのだ。121生神様(いきがみさま)(ふね)()げと()ふのか、122そりや(ちつ)了見(りやうけん)(ちが)ひはせぬかの。123高姫(たかひめ)(ふね)使(つか)へるのなれば、124(たれ)がこんな秘密(ひみつ)御神業(ごしんげふ)に、125前達(まへたち)()れて()るものか。126(ふね)()がすために()れて()たのだから、127そんなに()なげをせずに(ひと)身魂(みたま)(より)をかけて気張(きば)つて(くだ)さい。128その(かは)りこの(こと)成就(じやうじゆ)(いた)したら、129立派(りつぱ)にお(れい)(まを)しますから』
130鶴公(つるこう)『お(れい)(なに)()りませぬ。131我々(われわれ)手柄(てがら)したいの、132()(のこ)したいの、133(ひと)(ほこ)りたいのと()ふやうな、134そんな(ちひ)さい(こころ)()ちませぬ。135何時(いつ)貴女(あなた)口癖(くちぐせ)のやうに、136(この)(こと)成就(じやうじゆ)(いた)したら出世(しゆつせ)さすとか、137(れい)(まを)すとか、138万劫末代(まんごまつだい)()(のこ)してやるとか、139(かみ)(まつ)つてやらうとか仰有(おつしや)いますが、140第一(だいいち)そのお言葉(ことば)()()ひませぬワイ。141そんな名誉(めいよ)欲望(よくばう)()られて神様(かみさま)御用(ごよう)出来(でき)ますものか。142我々(われわれ)手柄(てがら)がしたさに貴女(あなた)について()()るやうに(おも)はれては片腹痛(かたはらいた)い。143(なん)だか自分(じぶん)良心(りやうしん)侮辱(ぶじよく)されたやうな()がしてなりませぬ。144何卒(どうぞ)これからそんな子供騙(こどもだま)しのやうな(こと)()はぬやうにして(くだ)さい。145たらだとか、146けれどとかの語尾(ごび)のつく(あひだ)駄目(だめ)ですよ。147そんな疑問詞(ぎもんし)()つから()つから(はら)(むし)承認(しようにん)(いた)しませぬ』
148高姫(たかひめ)『お(まへ)はそんな立派(りつぱ)(こと)(くち)()うて()るが、149(こころ)(そこ)はさうぢやあるまい。150名誉心(めいよしん)のない(やつ)はこの(ひろ)世界(せかい)一人(ひとり)だつて()らう(はず)がない。151赤裸々(せきらら)(はら)(そこ)(たた)けば、152(たれ)だつて手柄(てがら)仕度(した)いと()(こころ)()(もの)()るまい。153()出神(でのかみ)生宮(いきみや)だつて矢張(やつぱり)名誉(めいよ)()しい、154手柄(てがら)もしたい、155これが(いつは)らざるネツトプライスの告白(こくはく)だ。156(みな)者共(ものども)157それに間違(まちが)ひはあるまいがな、158オホヽヽヽ』
159一同(いちどう)『エヽさうですかいな』
160のか(さは)らずのやうな、161あぢ味噌(みそ)()めた(とき)のやうに、162せう(こと)なしに冷淡(れいたん)返事(へんじ)をして()る。163一天(いつてん)(にはか)(すみ)(なが)せし(ごと)()(くも)り、164星影(ほしかげ)さへ()えなくなつた。165(たちま)()()颶風(ぐふう)山岳(さんがく)(ごと)(なみ)()(くる)ひ、166玉能丸(たまのまる)(まり)(ごと)くに翻弄(ほんろう)(はじ)めた。167何時(いつ)()にか(ふね)淡路島(あはぢしま)北岸(ほくがん)(ちか)(すす)んで()たと()え、168(しま)火影(ほかげ)(かす)かに(またた)(はじ)めた。169高姫(たかひめ)(その)火光(くわくわう)目当(めあて)(ふね)()げよと厳命(げんめい)する。170四人(よにん)最早(もはや)両腕(りやううで)(とも)()へて艪櫂(ろかい)操縦(さうじう)する(こと)出来(でき)なくなつて()た。171(ふね)(たちま)暗礁(あんせう)()()げたと()え、172船底(ふなぞこ)はバリバリバリ、173パチパチパチ、174メキメキメキと大音響(だいおんきやう)()てて木端微塵(こつぱみぢん)となり、175高姫(たかひめ)以下(いか)荒波(あらなみ)()まれて仕舞(しま)つた。
176 玉能姫(たまのひめ)甲斐々々(かひがひ)しく襷十文字(たすきじふもんじ)綾取(あやど)り、177()(あやつ)りながら高姫(たかひめ)(あと)()(すす)()(をり)しも、178(にはか)颶風(ぐふう)()淡路島(あはぢしま)火影(ほかげ)(またた)きを目当(めあて)(から)うじて磯端(いそばた)安着(あんちやく)し、179夜明(よあけ)()(こと)とした。180(かぜ)()(くも)()り、181(たちま)紺碧(こんぺき)(そら)金覆輪(きんぷくりん)太陽(たいやう)は、182(やま)()(のぞ)いて海面(かいめん)清鮮(せいせん)なる(ひかり)()げ、183(かもめ)(むれ)嬉々(きき)として東西南北(とうざいなんぼく)(なみ)(うへ)翺翔(こうしよう)して()る。184漁夫(ぎよふ)(むれ)()えて四五(しご)(ちひ)さき帆掛船(ほかげぶね)(はるか)彼方(かなた)()えつ(かく)れつ太陽(たいやう)(てら)されて()いて()る。
185 玉能姫(たまのひめ)東天(とうてん)(むか)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)する(をり)しも、186(かたはら)より呻吟(うめき)(こゑ)(きこ)えて()る。187(あや)しみながらよくよく()れば、188(なみ)()()げられた五人(ごにん)(からだ)189人事不省(じんじふせい)(てい)にて『ウンウン』と(うな)(ごゑ)のみ(わづか)(はつ)して()る。190(ちか)より()れば、191高姫(たかひめ)一行(いつかう)であるに打驚(うちおどろ)き、192色々(いろいろ)介抱(かいほう)をなし鎮魂(ちんこん)(しう)し、193魂寄(たまよ)せの神言(かみごと)(とな)(やうや)五人(ごにん)蘇生(そせい)せしめた。194玉能姫(たまのひめ)高姫(たかひめ)()(さす)(なが)ら、
195玉能姫(たまのひめ)(しつか)りなさいませ。196()()きましたか』
197(やさ)しき(こゑ)にて(いた)はる。198高姫(たかひめ)(はじ)めて()がつきたるが(ごと)く、
199高姫(たかひめ)『アヽ(いづ)れの(かた)(ぞん)じませぬが、200(あやふ)(ところ)をお(たす)(くだ)さいまして有難(ありがた)御座(ござ)います。201(これ)()ふのも(まつた)()出神(でのかみ)(さま)が、202貴女(あなた)にお(うつ)(あそ)ばして(たす)けて(くだ)さつたのに(ちが)ひありませぬ。203アヽ(ほか)(もの)()うなつたか』
204玉能姫(たまのひめ)高姫(たかひめ)(さま)205御心配(ごしんぱい)なされますな、206(みな)(わたし)御介抱(ごかいはう)(まを)()げ、207(やうや)()がつきました。208大変(たいへん)なお(つか)れと()えて(よこ)になつて此処(ここ)()られます』
209高姫(たかひめ)(わたし)()()つて()(かた)(いづ)れの御人(おひと)だ』
210とよくよく()れば玉能姫(たまのひめ)である。
211高姫(たかひめ)『ヤアお(まへ)玉能姫(たまのひめ)かいナア、212ようまア()られました。213夜前(やぜん)荒浪(あらなみ)(ただ)一人(ひとり)(ふね)(あやつ)つて、214この大海原(おほうなばら)(わた)るなどとは(えら)度胸(どきよう)(をんな)だ。215さうしてお(まへ)(わたし)(たす)けて、216高姫(たかひめ)(あたま)(おさ)へる(つも)りだらうが、217さうはいけませぬぞえ』
218玉能姫(たまのひめ)『イエイエ滅相(めつさう)(こと)219どうして左様(さやう)野心(やしん)()ちませう。220どこ(まで)いても玉能姫(たまのひめ)玉能姫(たまのひめ)221高姫(たかひめ)高姫(たかひめ)御座(ござ)いますもの』
222高姫(たかひめ)(なん)仰有(おつしや)る。223玉能姫(たまのひめ)玉能姫(たまのひめ)()うたぢやないか。224(えう)するにお(まへ)はお(まへ)225(わし)(わし)()傲慢(がうまん)不遜(ふそん)なお(まへ)了見(りやうけん)226弱味(よわみ)()()んで同等(どうとう)権利(けんり)(にぎ)つたやうな(その)口吻(くちぶり)227どうしても()出神(でのかみ)()()ちませぬ。228(まへ)(たす)けて(もら)うたと(おも)へば結構(けつこう)なやうなものの、229(あま)(うれ)しうも()いやうな()(いた)しますワイ。230オヽさうぢやさうぢや、231()出神(でのかみ)(さま)玉能姫(たまのひめ)肉体(にくたい)臨時(りんじ)道具(だうぐ)にお使(つか)ひなさつたのだ。232……アヽ()出神(でのかみ)(さま)233よう(たす)けて(くだ)さいました。234玉能姫(たまのひめ)(ごと)(くも)()つた身魂(みたま)にお(かか)(あそ)ばすのは、235並大抵(なみたいてい)(こと)では御座(ござ)いますまい。236御苦労様(ごくらうさま)(さつ)(まを)します。237……コレコレ玉能姫(たまのひめ)238唯今(ただいま)(かぎ)()出神(でのかみ)(さま)はこの生宮(いきみや)(うつ)()(あそ)ばしたから、239(けつ)して(けつ)して(この)()(わたし)真似(まね)をして()出神(でのかみ)生宮(いきみや)だなんて、240そんな野心(やしん)(おこ)してはなりませぬぞ。241チツト(たしな)みなされ』
242玉能姫(たまのひめ)(なに)()もあれ、243()出神(でのかみ)(さま)のお(かげ)大切(たいせつ)生命(いのち)をお(たす)かり(あそ)ばして、244目出度(めでた)御座(ござ)います』
245高姫(たかひめ)『そりや貴女(あなた)246(うそ)でせう。247()ねば()いのに何時(いつ)(まで)もガシヤ(ばば)頑張(ぐわんば)つて夫婦(ふうふ)(なか)邪魔(じやま)(いた)(やつ)248目出度(めでた)いと()ふのは口先(くちさき)(ばか)り、249真実(ほんと)(こころ)(そこ)(おほ)きにお目出度(めでた)うありますまい、250オホヽヽヽ』
251玉能姫(たまのひめ)『それは(なん)()(こと)仰有(おつしや)います。252暴言(ばうげん)にも(ほど)があるぢやありませぬか』
253高姫(たかひめ)(きま)つた(こと)よ。254言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)杢助(もくすけ)()(はら)(あは)せ、255(この)生宮(いきみや)(たこ)揚壺(あげつぼ)()はせ、256面目玉(めんぼくだま)(つぶ)させ、257高姫(たかひめ)進退(しんたい)()(きは)まる窮地(きゆうち)(おとしい)れたお(まへ)258どこに(わたし)(たす)かつたのが目出度(めでた)いと()道理(だうり)御座(ござ)んすかいな。259阿諛諂佞(あゆてんねい)260巧言令色(こうげんれいしよく)(いた)らざる()貴女(あなた)(がた)には、261高姫(たかひめ)(こころ)(そこ)よりイヤもう感心(かんしん)(つかまつ)りました。262それだけの悪智慧(わるぢゑ)(まは)らねば(だい)それたあんな大望(たいもう)出来(でき)ますまい』
263玉能姫(たまのひめ)(わたし)此処(ここ)()なかつたら、264貴女(あなた)(すで)生命(いのち)()(ところ)ぢやありませぬか。265生命(いのち)(たす)けられ(なが)ら、266(あま)りと()へば(あま)りのお愛想(あいそ)()かし、267(わたし)(じつ)感心(かんしん)(いた)しました』
268高姫(たかひめ)『それはお(まへ)(なん)()(くち)びらたい(こと)()ふのかい。269天道(てんだう)(ひと)(ころ)さずと()つて、270()出神(でのかみ)(さま)生宮(いきみや)271どんな(こと)があつても神様(かみさま)(すく)()げてお(たす)けなさるのは必定(ひつぢやう)だ。272万々一(まんまんいち)(この)高姫(たかひめ)(おぼ)れて()(やう)(こと)があつたら、273それこそ三千年(さんぜんねん)変性男子(へんじやうなんし)のお仕組(しぐみ)薩張(さつぱり)(みづ)(あわ)になつて仕舞(しま)ふぢやないか。274(この)()(なか)三角(さんかく)にしようと四角(しかく)にしようと(もち)にしようと団子(だんご)にしようと、275自由自在(じいうじざい)(あそ)ばす大国治立大神(おほくにはるたちのおほかみ)(さま)は、276そんな不利益(ふりえき)(こと)(あそ)ばす(はず)がない。277仮令(たとへ)(まへ)()なくてもあれ御覧(ごらん)なさい。278沢山(たくさん)漁船(れふせん)(なみ)(うへ)往来(わうらい)して()るぢやないか。279世界(せかい)(おに)()いと()ふ。280()()らずの(あか)他人(たにん)でも(ひと)(こま)つて()れば(たす)けたうなるものぢや。281(ひと)(たす)けた(とき)愉快(ゆくわい)さと()うたら譬方(たとへかた)()いものだ。282(まへ)さまは(あか)他人(たにん)とは()(なが)矢張(やつぱ)(まが)りなりにも(おな)神様(かみさま)のお(みち)(ふところ)にくつついて()(しらみ)のやうなものだ。283(しらみ)分際(ぶんざい)として、284霊界物語(れいかいものがたり)第五巻(だいごくわん)総説(そうせつ)ぢやないが、285広大無辺(くわうだいむへん)大御心(おほみこころ)(わか)つて(たま)りますかい。286(しば)しの(あひだ)でも(わたし)(たす)けてやつたと夢見(ゆめみ)たときの愉快(ゆくわい)さは、287(なん)とも()はれぬ(かん)がしただらう。288仮令(たとへ)刹那(せつな)愉快(ゆくわい)でも(この)高姫(たかひめ)があつたらこそ、289そんな結構(けつこう)()()うたのだ。290サアサア(はや)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)感謝(かんしや)なさいませ。291アヽ神様(かみさま)はお(めぐみ)(ふか)いから、292こんな玉隠(たまかく)しの身魂(みたま)にさへも(よろこ)びを(あた)へて(くだ)さるか。293(おも)へば(たふと)御神力(ごしんりき)(つよ)()出神(でのかみ)(さま)294杢助(もくすけ)玉能姫(たまのひめ)守護(しゆご)して()神様(かみさま)は、295(この)高姫(たかひめ)(たい)一度(いちど)(つか)()(うれ)しいと()(かん)(あた)へて()れた(こと)はない。296その(はず)だ、297(なに)()うても素盞嗚尊(すさのをのみこと)(あく)一番(いちばん)(ひど)(とき)分霊(わけみたま)守護(しゆご)して()るのだから、298注文(ちうもん)するのが此方(こつち)不調法(ぶてうはふ)だ、299オホヽヽヽ』
300とそろそろ元気(げんき)づいて()るに(したが)ひ、301(ふたた)意地(いぢ)くねの(わる)(こと)()()したり。
302玉能姫(たまのひめ)貴女(あなた)303(ふね)はどうなりました』
304高姫(たかひめ)『オホヽヽヽ、305(ふね)(のこ)(くらゐ)なら誰人(たれ)(うみ)はまるものか。306(まへ)(おも)ひの(ほか)智慧(ちゑ)()らぬ(こと)()ひなさるな。307あの(ふね)にはエラさうに玉能丸(たまのまる)(しるし)()れてあつたが、308(けつ)してお(まへ)(ふね)ぢやありますまい。309三五教(あななひけう)神様(かみさま)御用船(ごようせん)だ。310それを僣越至極(せんゑつしごく)にも自分(じぶん)(ふね)のやうに(おも)ひ、311玉能丸(たまのまる)なんて(しる)した(ところ)()れば、312(こころ)(うち)には(すで)(すで)(ふね)一艘(いつそう)窃盗(どろぼう)して()つたのだ。313(まへ)(しか)(なが)らこれも神様(かみさま)(ふか)いお仕組(しぐみ)かも()れませぬ。314玉能姫(たまのひめ)()のついた(ふね)暗礁(あんせう)衝突(ぶつつ)かつて()()微塵(みじん)になつたと(おも)へばオホヽヽヽ、315心地(ここち)よい(こと)だ。316この(ふね)がお(まへ)前途(ぜんと)(しん)をなして()るのだ。317(あま)慢心(まんしん)をして()()(とほ)すと(また)(この)(ふね)のやうに暗礁(あんせう)()()げ、318破滅(はめつ)(やく)()はねばなりますまい。319大慈(だいじ)大悲(だいひ)()出神(でのかみ)()をつけて()くから()(うち)改心(かいしん)をなさらぬと、320トコトンのどん(づま)りになつて地団駄(ぢだんだ)()んでも(あと)(まつり)321(たれ)(かま)うては()れませぬぞエ。322……コレコレ貫州(くわんしう)323皆々(みなみな)()加減(かげん)()きて()ぬかいな、324(をとこ)(くせ)(なに)(よわ)つて()るのだ』
325貫州(くわんしう)『いやモウ(あま)感心(かんしん)(いた)しまして()(こと)出来(でき)ませぬワ。326ナア鶴公(つるこう)327(まへ)感心(かんしん)しただらう』
328鶴公(つるこう)『さうともさうとも、329四人(よにん)(とも)(そろ)つて感心(かんしん)した。330生命(いのち)(たす)けて(もら)うて()きながら、331竹篦返(しつぺいがへ)しの能弁(のうべん)には俺達(おれたち)()いた(くち)(ふさ)がらぬワイ。332ナア玉能姫(たまのひめ)(さま)333貴女(あなた)御精神(ごせいしん)には(こころ)から感心(かんしん)(いた)しました。334ようマア生命(いのち)(たす)けて(くだ)さいました。335(はら)()ちませうが狂人(きちがひ)()(こと)だと(おも)つて何卒(どうぞ)勘弁(かんべん)してやつて(くだ)さいませ。336(うみ)(むか)ふに須磨(すま)精神病院(せいしんびやうゐん)御座(ござ)いますから、337其処(そこ)へお(たの)(まを)して監禁(かんきん)して(もら)ひますから、338どうぞそれ(まで)御辛抱(ごしんばう)(ねが)ひます。339生命(いのち)(おや)玉能姫(たまのひめ)(さま)340アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
341高姫(たかひめ)『コラコラ(つる)342(くわん)343(なに)()ふのだ。344生神様(いきがみさま)(たい)して狂人(きちがひ)とは(なん)()不心得(ふこころえ)(こと)()ふのだ。345そんな(こと)(まを)すと今日(けふ)(かぎ)師匠(ししやう)でもないぞ、346弟子(でし)でもない。347破門(はもん)するからさう(おも)へ』
348鶴公(つるこう)()てる(かみ)もあれば(ひろ)(かみ)もある。349()(なか)はようしたものだ。350(わたくし)唯今(ただいま)(かぎ)りお(まへ)さまに愛憎(あいそ)()きたから、351玉能姫(たまのひめ)(さま)のお弟子(でし)にして(いただ)きます。352否々(いやいや)生命(いのち)親様(おやさま)353孝行(かうかう)()となりて(つく)します。354高姫(たかひめ)さま、355(なが)らく御心配(ごしんぱい)をかけさして(くだ)さいました。356(わたくし)(これ)四十二(しじふに)厄祓(やくばら)ひ、357家内中(かないぢう)綺麗(きれい)薩張(さつぱり)煤払(すすはら)ひをしたやうな気分(きぶん)になりました』
358 高姫(たかひめ)(かほ)(ふく)らし()()いて(にら)()けて()る。
359玉能姫(たまのひめ)四人(よにん)のお(かた)360貴方(あなた)(がた)何処迄(どこまで)高姫(たかひめ)(さま)御教養(ごけうやう)をお(うけ)(くだ)さいませ。361(わたし)他人様(ひとさま)弟子(でし)横取(よこど)りしたと()はれましては迷惑(めいわく)御座(ござ)います。362(だん)じて弟子(でし)でもなければ親子(おやこ)でもないと(おも)うて(くだ)さい』
363鶴公(つるこう)『そりや貴女(あなた)御無理(ごむり)です。364(なん)仰有(おつしや)つても(わたくし)(こころ)高姫(たかひめ)(さま)(はな)れて、365貴女(あなた)密着(みつちやく)して仕舞(しま)つたのだから、366何彼(なにか)因縁(いんねん)(あきら)めて(くだ)さいませ。367(ゆる)しなくば貴女(あなた)(たす)けて(もら)うた(この)生命(いのち)368綺麗(きれい)薩張(さつぱ)()()げてお(かへ)(いた)しますから』
369玉能姫(たまのひめ)貴方(あなた)(がた)のお(こころ)はよく承知(しようち)(いた)しました。370(しか)(わたし)(たす)けると(おも)うて断念(だんねん)して(くだ)さい。371それよりも一時(いちじ)(はや)(わたし)(ふね)高姫(たかひめ)(さま)をお()(まを)して(かへ)りませう』
372一同(いちどう)『ハイさう(いた)しませう』
373言葉(ことば)(そろ)へて(うなづ)く。
374高姫(たかひめ)『お前等(まへら)御勝手(ごかつて)()つて(かへ)りなさい。375(わたし)玉能姫(たまのひめ)(たす)けられる因縁(いんねん)()いのだから。376あの(とほ)沢山(たくさん)(ふね)377此処(ここ)()つて()れば何処(どこ)かの(ふね)()う。378それに沢山(たくさん)賃銀(ちんぎん)(あた)へれば何処(どこ)へでも()せて()つて()れるから、379(せつ)(のろ)けのお前達(まへたち)はどうでも勝手(かつて)にするがよいワイのう。380(わたし)(ひと)つの目的(もくてき)(たつ)する(まで)(かへ)らないから、381前達(まへたち)玉能姫(たまのひめ)一緒(いつしよ)(かへ)りなさい』
382鶴公(つるこう)『アヽ、383こんな()()うても貴女(あなた)矢張(やつぱ)執着心(しふちやくしん)退()かぬと()えますな。384家島(えじま)とか神島(かみしま)とかへ()つて(たから)()んで()(つも)りでせう』
385()くより高姫(たかひめ)癇声(かんごゑ)()()げ、
386高姫(たかひめ)(かま)ふな、387前達(まへたち)()つた(こと)かい』
388呶鳴(どな)りつけた。
389 (この)(とき)一艘(いつそう)漁船(れふせん)()()(ごと)くに(この)()()(きた)り、
390船頭(せんどう)夜前(やぜん)大変(たいへん)暴風雨(ばうふうう)だつたが、391(ここ)一艘(いつそう)(ふね)(こは)れたと()えて板片(いたぎれ)(のこ)つて()る。392大方(おほかた)前等(まへら)難船(なんせん)したのだらう。393サア(わたし)(ふね)()つて(むか)ふへ(かへ)らつしやい、394賃銀(ちんぎん)幾何(いくら)でもよいから』
395高姫(たかひめ)『アヽ流石(さすが)神様(かみさま)だ。396(まへ)(えら)いものだ。397サア(わたし)()せて(くだ)さい。398賃銀(ちんぎん)幾何(いくら)でも()げるから』
399船頭(せんどう)()れば此処(ここ)(ふね)一艘(いつそう)()いて()るが、400(これ)(たれ)(ふね)だな』
401高姫(たかひめ)『あれかいな、402あれは此処(ここ)()連中(れんちう)(ふね)だ。403最前(さいぜん)から()せて()れと()つて(たの)んで()るのに、404()つから()せてやらうと()はぬのだ。405エグイ(やつ)があればあるもの。406……よう()(くだ)さつた。407サア()せて(もら)はう』
408船頭(せんどう)『サアサア()つて(くだ)さい。409コレコレお(まへ)さま(たち)410なぜこの(ばば)アを()せてやらぬのだ。411(はら)(わる)(をとこ)だなア』
412鶴公(つるこう)船頭(せんどう)さま、413この(ばば)アは一寸(ちよつと)()(ちが)うて()るから(なに)()ふか(わか)りませぬ。414最前(さいぜん)からこの(ふね)()りなさいと()ふのに、415自分(じぶん)から()らないと頑張(ぐわんば)つて、416駄々(だだ)をこね、417あんな(こと)()ふのだから仕方(しかた)()い。418(まへ)さま、419要心(ようじん)して須磨(すま)精神病院(せいしんびやうゐん)へでも(おく)つてやつて(くだ)さい。420途中(とちう)(うみ)へでも()()むと大変(たいへん)だから、421(つな)かなんかで、422がんじ(がら)めに(くく)つて(ふね)(なか)荷物(にもつ)(おさ)へて()かぬと(たま)りませぬぜ』
423高姫(たかひめ)『こりや(つる)424(おん)()らず()425(なん)()(こと)()ふのだ』
426()()け、
427高姫(たかひめ)『サア船頭(せんどう)さま、428(はや)くやつて(くだ)さい。429サア(はや)(はや)(はや)く』
430船頭(せんどう)『ハイ、431左様(さやう)なら何処(どこ)へでもお(とも)(いた)しませう』
432と、433()()り、434西(にし)(むか)つて()いで()く。
435 玉能姫(たまのひめ)四人(よにん)(をとこ)(わが)(ふね)()せ、436(みづか)()(あやつ)りながら高姫(たかひめ)(ふね)目蒐(めが)けて()うて()く。
437大正一一・六・一二 旧五・一七 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)