霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 黄竜姫(わうりようひめ)〔七二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 篇:第4篇 混線状態 よみ:こんせんじょうたい
章:第17章 第23巻 よみ:おうりょうひめ 通し章番号:729
口述日:1922(大正11)年06月13日(旧05月18日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
蜈蚣姫の前に連れて来られた友彦はたちまち頭を床にすりつけて平謝りする。蜈蚣姫は自分の娘の小糸姫の行方を友彦に尋ねる。
友彦は、小糸姫に愛想をつかされて、小糸姫はある夜一枚の書置きを残してどこかへ逃げてしまったことを明かした。その書置きは、見たこともない字で書かれていて、友彦には読めないという。
そのスパルタ文字で書かれた書置きを見た蜈蚣姫は、小糸姫が友彦に愛想をつかした文面を読んで笑ってしまう。そしてそこに、小糸姫がオーストラリヤに渡って一旗上げるつもりだと書いてあるのを見て、現在噂に名高いオーストラリヤの黄竜姫というのが、小糸姫だと覚った。
そうと知った蜈蚣姫は、オーストラリヤに渡ろうとする。友彦は一緒に連れて行ってくれと蜈蚣姫に頼むが、蜈蚣姫は途中までは連れて行くが、娘に合わせることは絶対にできないと言って友彦の申し出を拒絶する。
友彦は高姫と貫州にとりなしを頼むが、二人は今は刹那心で着いて行く他にないと友彦に答える。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2317
愛善世界社版:272頁 八幡書店版:第4輯 595頁 修補版: 校定版:277頁 普及版:128頁 初版: ページ備考:
001 高姫(たかひめ)(あと)()いて蜈蚣姫(むかでひめ)居間(ゐま)にやつて()友彦(ともひこ)は、002(たちま)(かしら)(ゆか)にすりつけ(なが)ら、
003友彦(ともひこ)『コレはコレは蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)004(ひさ)()りで御壮健(ごさうけん)なる御尊顔(ごそんがん)(はい)し、005友彦(ともひこ)()()つて恐悦(きようえつ)至極(しごく)(ぞん)(たてまつ)りまする。006(ただ)何事(なにごと)神直日(かむなほひ)007大直日(おほなほひ)見直(みなほ)し、008()(なほ)(くだ)さいまして、009今迄(いままで)重々(ぢうぢう)罪科(つみとが)御赦(おゆる)(くだ)さいます(やう)010懇願(こんぐわん)(つかまつ)りまする』
011蜈蚣姫(むかでひめ)『オホヽヽヽ、012コレ友彦(ともひこ)013(まへ)(なが)らく世間(せけん)をして()(とく)()つて、014随分(ずゐぶん)弁舌(べんぜつ)(たくみ)になつたものだなア。015(まへ)顕恩郷(けんおんきやう)(おい)て、016()一人(ひとり)(むすめ)小糸姫(こいとひめ)をチヨロマカし、017()()(しま)つた不届(ふとど)きな(をとこ)だが、018一体(いつたい)小糸姫(こいとひめ)何処(どこ)(かく)してあるのだ。019可愛(かあい)(むすめ)恋男(こひをとこ)だから、020()()(おや)として()はしてやりたいは山々(やまやま)なれど、021(いやし)くもバラモン(けう)副棟梁(ふくとうりやう)鬼熊別(おにくまわけ)養子(やうし)としては、022(あま)御粗末(おそまつ)だから()(をつと)()うしても御承諾(ごしようだく)(あそ)ばさず、023(わたし)母親(ははおや)(こと)とて(むすめ)(こひ)(かな)へさしてやりたいばつかりに、024いろいろと(まを)()げたが中々(なかなか)御聞(おき)(あそ)ばさず、025(その)(あひだ)にお(まへ)は、026(てん)にも()にも一人(ひとり)より()()大事(だいじ)大事(だいじ)(むすめ)誘拐(かどわか)して、027行方(ゆくへ)(くら)ました(ふと)(をとこ)だ。028(その)(むすめ)一体(いつたい)()うして()れたのだ。029有体(ありてい)白状(はくじやう)しなさい。030(わたし)にも(ひと)(かんが)へがある。031(まへ)出様(でやう)()つては(また)()はしてやらぬものでもない。032さうすればお(まへ)立派(りつぱ)鬼熊別(おにくまわけ)御世継(およつぎ)だ』
033友彦(ともひこ)『ハイ、034貴女(あなた)御言葉(おことば)(きも)(めい)じて感謝(かんしや)(いた)しまする。035(しか)(なが)小糸姫(こいとひめ)(さま)(わたくし)(はな)(さき)(あか)いとか、036(くち)不恰好(ぶかつかう)だとか、037出歯(でば)だとかいろいろと愛想(あいさう)づかしを(なら)べられ、038一年(いちねん)ばかり()うて()りましたが、039(ある)()のこと遺書(かきおき)(のこ)して(わたくし)(そば)(はな)れて(しま)ひました。040それ(ゆゑ)(わたくし)はモー一度(いちど)(さが)して()ひたいと(おも)ひ、041片時(かたとき)()小糸姫(こいとひめ)(さま)(こと)(おも)はぬ(ひま)はありませぬ。042(まこと)()まぬ(こと)(いた)しました』
043蜈蚣姫(むかでひめ)『さうするとお(まへ)(むすめ)愛想(あいさう)()かされたのだな。044アーア矢張(やつぱ)(わし)(むすめ)だ。045一目(ひとめ)()ても反吐(へど)()るやうなお(まへ)(つら)つき。046()うして()綺麗(きれい)(むすめ)がお(まへ)恋慕(れんぼ)したのだらうと、047不思議(ふしぎ)でならなかつた。048(まへ)(むすめ)幼心(をさなごころ)につけ()み、049いろいろと威嚇(おどし)文句(もんく)(なら)べて、050無理(むり)()()したのだらう』
051友彦(ともひこ)『イエイエ滅相(めつさう)()い、052(はじめ)(うち)何処(どこ)()くにも、053(かげ)(ごと)くに()(まと)ひ、054(うる)さくて(たま)らなかつた(くらゐ)です。055(けつ)して(わたくし)(はう)から恋慕(れんぼ)したのぢや御座(ござ)いませぬ。056小糸姫(こいとひめ)さまの(せつ)なる御願(おねが)ひに()つて、057(わたくし)()むを()(おう)じました。058一度(いちど)()ねて()ましたところ、059小糸姫(こいとひめ)(さま)は「(わたし)はお(まへ)初恋(はつこひ)ぢや。060それに()無下(むげ)肱鉄砲(ひぢてつぽう)()はされては、061最早(もはや)(この)()(はづ)かしくて(いき)()甲斐(かひ)()い。062(わたし)(おも)ひを(かな)へさして()れればよし、063さうでなければ(いま)此処(ここ)自害(じがい)をする。064(わたし)恋路(こひぢ)普通(ふつう)一般(いつぱん)(こひ)では()い。065何処迄(どこまで)九寸五分式(くすんごぶしき)だ」と(ひか)つたものを()して、066()れと(わが)咽喉(のんど)()()(たま)はむとする(とき)067(わたし)()びついて「ヤア、068(はや)まり(たま)ふな」と九寸五分(くすんごぶ)(うば)()り、069(おも)はず(たがひ)にキツスを(いた)しました。070それが(えん)となつて到頭(たうとう)わり()(なか)となつたので御座(ござ)います』
071蜈蚣姫(むかでひめ)小糸姫(こいとひめ)(かぎ)つてお(まへ)のやうな(をとこ)に、072さう血道(ちみち)()けて(はう)ける(はず)()い。073片相手(かたあひて)()らぬと(おも)つて、074そんな(うそ)()ふのだらう。075サアサ、076本当(ほんたう)(こと)()つて(くだ)され』
077友彦(ともひこ)(じつ)(こと)(はづか)しい(はなし)ですが、078最前(さいぜん)(まを)した(とほ)り、079(わたくし)肱鉄(ひぢてつ)()はし、080たつた一枚(いちまい)遺書(かきおき)かたみ(くも)(かすみ)()げて(しま)はれたので御座(ござ)います。081(わたくし)()うしても貴女(あなた)御側(おそば)(かへ)つて()られるものと(おも)(つめ)()りますが、082()うぞ(かく)さずに一度(いちど)(よろ)しい、083()はして(くだ)さいませ』
084蜈蚣姫(むかでひめ)『モシ高姫(たかひめ)さま、085なんと(こま)つた(をとこ)ぢやありませぬか。086よう図々(づうづう)しい、087あんな(こと)()へたものですなア』
088高姫(たかひめ)『コレコレ友彦(ともひこ)さま、089(まへ)余程(よつぽど)性質(たち)(わる)いぞえ。090さうして()遺書(かきおき)とかは(いま)()つて()りますか』
091友彦(ともひこ)『ヘーイ、092()一枚(いちまい)遺書(かきおき)(わたくし)生命(いのち)(つな)だ。093(これ)証拠(しようこ)一度(いちど)邂逅(めぐ)()つて旧交(きうかう)(あたた)め、094万一(まんいち)(かな)はずば(うらみ)()(だけ)()つて、095無念(むねん)(ばら)しをするつもりで、096大切(たいせつ)御守(おまも)りさまとして()つて()ります』
097蜈蚣姫(むかでひめ)『なに、098(むすめ)()いたものをお(まへ)()つて()るか。099それを(ひと)此処(ここ)()せて(くだ)さい……』
100友彦(ともひこ)()せないことはありませぬが、101貴女(あなた)()めますかな。102(なん)だか符牒(ふてふ)のやうな文字(もじ)()いてあつて、103テント(わたくし)には()めませぬ。104二三人(にさんにん)友達(ともだち)にも()せましたけれど、105こんな文字(もじ)()たことが()いと()つて、106誰一人(たれひとり)()むものは()し、107(なに)(なん)だか(わか)りませぬ。108淵川(ふちかは)()()げて()ぬと()いてあるのか、109(あるひ)(また)何処(どこ)かへ()つて()つて()るから()いと()ふのか、110薩張(さつぱ)(わたくし)には受取(うけと)れませぬ』
111蜈蚣姫(むかでひめ)()(かく)(わたし)一寸(ちよつと)()し』
112()(なが)ら、113友彦(ともひこ)()より(これ)受取(うけと)り、114ももくちやだらけの(かみ)両手(りやうて)(しわ)()ばし(なが)ら、
115蜈蚣姫(むかでひめ)『ハヽア、116これはスパルタ文字(もじ)(しる)してあるから、117余程(よつぽど)学者(がくしや)()いと(わか)らぬワイ。118エー……』
 
119一、120(わたし)(こと)一時(いちじ)情熱(じやうねつ)()られ、121善悪美醜(ぜんあくびしう)(かへり)みる(いとま)()く、122両親(りやうしん)御意(ぎよい)(そむ)き、123前様(まへさま)千言万語(せんげんばんご)(つく)しての誘惑(いうわく)(おちい)り、124今日(けふ)(ほとん)一年(いちねん)ばかり(まくら)(とも)(いた)しましたが(はじ)めに()うた(とき)とは()つて(かは)つて野卑(やひ)下劣(げれつ)生地(きぢ)(あら)はれ、125(わたし)としては(をんな)として鼻持(はなも)相成(あひな)(がた)く、126()(どく)(なが)()(かみ)一枚(いちまい)記念(きねん)として、127(まへ)(あた)へる。128今後(こんご)(けつ)してお(まへ)(つら)相談(さうだん)し、129(あんま)謀叛気(むほんげ)()してはなりませぬぞ。130(また)(わたし)のやうに(はぢ)()かされ、131肱鉄砲(ひぢてつぽう)()はされて(かな)しまねばなりませぬ。132(わたし)(これ)より(くろ)(ぼう)沢山(たくさん)()る、133オースタラリヤの(ひと)(じま)(わた)り、134(くろ)(ばう)女王(ぢよわう)となつて栄耀栄華(えいようえいぐわ)(くら)しまする。135何程(なにほど)(いろ)(くろ)くてもお前様(まへさま)のシヤツ(つら)(くら)ぶれば(いく)()しか()れませぬから、136今迄(いままで)(えん)(あきら)めて、137()(ふみ)()ても(けつ)して(あと)()うて()()るなどの不了見(ふりやうけん)()してはなりませぬぞ。138万々一(まんまんいち)(あと)()うて()るやうな(こと)(いた)したならば、139数多(あまた)乾児(こぶん)(めい)じ、140(まへ)嬲殺(なぶりごろ)しに(いた)すから、141()覚悟(かくご)をしたがよい。142(かなら)生命(いのち)大事(だいじ)(おも)はば、143今日(けふ)(かぎ)一場(いちぢやう)()(ゆめ)()()つたと(おも)つて、144(あきら)めたがよからう。145(いやし)くもバラモン(けう)副棟梁(ふくとうりやう)鬼熊別(おにくまわけ)(むすめ)(うま)れ、146(まへ)のやうな馬鹿男(ばかをとこ)(けが)されたかと(おも)へば、147残念(ざんねん)で、148(はづか)しくて、149父母(ふぼ)にも世界(せかい)(ひと)にも、150()うして(かほ)()はされやう、151アヽ()(ふみ)()くのも(むね)(わる)くなつて()た。152(みづ)()くのは(あま)勿体(もつたい)ないから、153(まへ)小便(せうべん)(しる)(すみ)をすつて、154(ここ)一筆(ひとふで)()(のこ)()きます。
155天下(てんか)賢明(けんめい)なる淑女(しゆくぢよ) 小糸姫(こいとひめ)(さま)より
156   ()られ(をとこ)友彦(ともひこ)殿(どの)
 
157(しる)しありぬ。158蜈蚣姫(むかでひめ)(これ)()(おも)はず大口(おほぐち)()け、
159『オホヽヽヽ、160コレ友彦(ともひこ)161(まへ)余程(よつぽど)よい抜作(ぬけさく)だなア。162(いま)(あらた)めて()んで()かしてやらうか。163イヤイヤ(はぢ)()かすも()(どく)ぢや。164()まぬがよからう。165(むすめ)(はぢ)にもなることだから……。166モシ高姫(たかひめ)(さま)167随分(ずゐぶん)間抜(まぬ)けた(をとこ)ですワ。168さうして(こひ)しい(むすめ)行方(ゆくへ)(わか)りました。169サアこれからお(たから)(さが)しがてら、170(むすめ)(あと)()うて(まゐ)りませう。171高姫(たかひめ)さま、172貴女(あなた)()(やかた)(まも)つて(くだ)さいませぬか』
173高姫(たかひめ)滅相(めつさう)もないこと仰有(おつしや)いますな。174(みつ)つの(たから)(さが)()し、175大自在天(だいじざいてん)(さま)献上(けんじやう)する(まで)は、176(わたし)身体(からだ)安閑(あんかん)斯様(かやう)(ところ)()ることは出来(でき)ませぬ。177何処(どこ)までも貴女(あなた)とシスターとなつて目的(もくてき)成就(じやうじゆ)する(まで)(まゐ)らねばなりませぬ』
178蜈蚣姫(むかでひめ)『アヽそれもさうだ。179そんなら(あひ)提携(ていけい)して活動(くわつどう)(いた)しませう。180アヽ(むすめ)所在(ありか)(わか)つてこんな愉快(ゆくわい)なことは()い。181(うはさ)()いて()竜宮島(りうぐうじま)黄竜姫(わうりようひめ)といふのが、182オースタラリヤの声望(せいばう)(たか)女王(ぢよわう)()ふことだ。183そんなら()女王(ぢよわう)()(むすめ)であつたか。184(うれ)しや(うれ)しや、185高姫(たかひめ)さまの()かげで、186到頭(たうとう)(むすめ)所在(ありか)(わか)りました。187これと()ふのも大神様(おほかみさま)御引合(おひきあは)せ、188()(がた)御座(ござ)います』
189()(あは)(なみだ)(とも)(をが)()る。
190友彦(ともひこ)『モシモシ、191高姫(たかひめ)さまに()れられて()たのではありませぬ。192(わたくし)勝手(かつて)()岩窟(いはや)入口(いりぐち)(まで)(まゐ)りますと、193高姫(たかひめ)さまが()()られたのです。194高姫(たかひめ)(さま)()うたのも今日(けふ)(はじ)めてだ。195高姫(たかひめ)さまに御礼(おれい)仰有(おつしや)るなら、196何故(なぜ)(わたくし)御礼(おれい)仰有(おつしや)らぬか』
197蜈蚣姫(むかでひめ)()きなされ、198(つら)(かは)(あつ)い、199(わたし)()()心配(しんぱい)をしたのも、200可愛(かあい)(むすめ)()らぬ他国(たこく)()つて苦労(くらう)をして()るのも、201(もと)(ただ)せばみんな(まへ)(わる)(ゆゑ)だ。202何処(どこ)(おさ)へたら、203そんな()()るのだ。204本当(ほんたう)(わけ)(わか)らぬ(やつ)だ、205一国(いつこく)女王(ぢよわう)にもなると()ふ、206流石(さすが)小糸姫(こいとひめ)肱鉄(ひぢてつ)()はしたのも無理(むり)もない。207乞食婆(こじきばば)だとてお(まへ)のやうな(をとこ)に、208秋波(しうは)(おく)(やつ)があるものか。209自惚(うぬぼれ)()加減(かげん)にしなされ。210泥棒面(どろぼうづら)をさらして(なん)(ざま)だ。211(むすめ)行方(ゆくへ)(わか)つた以上(いじやう)はお(まへ)(よう)()い。212サア、213トツトと(かへ)つて(もら)ひませう』
214友彦(ともひこ)神様(かみさま)慈愛(じあい)(もつ)(こころ)となし(たま)ふ。215神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)()(なほ)しと()(こと)御忘(おわす)れになりましたか』
216蜈蚣姫(むかでひめ)『アヽ仕方(しかた)がない、217それもさうぢや。218改心(かいしん)さへ出来(でき)たら、219どんな(つみ)でも(ゆる)して(くだ)さる(かみ)さまだから、220(わし)惟神(かむながら)(ゆる)してやりませう』
221友彦(ともひこ)早速(さつそく)御赦免(ごしやめん)222()(がた)御座(ござ)います。223()うぞ(わたくし)貴女(あなた)御供(おとも)をして、224オースタラリヤの(ひと)(じま)(まで)()れて()つて(くだ)さいませ』
225蜈蚣姫(むかでひめ)『それや絶対(ぜつたい)になりませぬぞ。226(また)(やまひ)再発(さいはつ)すると(おや)迷惑(めいわく)するから、227中途(ちうと)(まで)御供(おとも)(ゆる)して()げるが、228()(しま)へは絶対(ぜつたい)()れて()くことは出来(でき)ませぬ』
229友彦(ともひこ)『モシモシ高姫(たかひめ)さま、230(そで)()()ふも多生(たしやう)(えん)だ。231貴女(あなた)232其処(そこ)()いやうに挨拶(あいさつ)して(くだ)さいなア。233……オイ貫州(くわんしう)234(わたくし)(かは)つて(ひと)御大(おんたい)御願(おねが)ひして(ゆる)して(もら)つて()れないか』
235高姫(たかひめ)(わし)木石(ぼくせき)(もつ)(つく)つた肉体(にくたい)ぢやないから、236()いも、237(あま)いもよく()つて()る。238(しか)(いま)(みづ)でばなだ。239マア(ひか)へなされ。240(をり)()(なん)とか挨拶(あいさつ)をして()げるから』
241貫州(くわんしう)高姫(たかひめ)さまの(あふ)せのやうに、242マア(しば)らく辛抱(しんばう)するのだなア』
243蜈蚣姫(むかでひめ)(たれ)(なん)()つても一旦(いつたん)()()した(うへ)は、244(あと)へは退()きませぬぞや』
245貫州(くわんしう)『オイ友彦(ともひこ)246()低気圧(ていきあつ)がひどく襲来(しふらい)しては駄目(だめ)だ。247グツグツして()ると風雨雷電(ふううらいでん)248如何(いか)なる地異(ちい)天変(てんぺん)勃発(ぼつぱつ)するか(わか)らせぬぞ。249マア取越苦労(とりこしくらう)()めて、250刹那心(せつなしん)()いて()くのだなア』
251友彦(ともひこ)『アーア、252(むかし)古疵(ふるきず)が、253(いま)となつてうづき()して(くる)しいことだワイ』
254大正一一・六・一三 旧五・一八 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)