霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 波濤万里(はたうばんり)〔七三〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 篇:第4篇 混線状態 よみ:こんせんじょうたい
章:第18章 波濤万里 よみ:はとうばんり 通し章番号:730
口述日:1922(大正11)年06月13日(旧05月18日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
岩窟の中のバラモン教の祭典が済んで、老若男女が礼拝所から出てきた。信者の中の一人の老いた男・久助は、友彦を見るなり、六ヶ月前に自宅に忍び入って強盗を働いた男だと認めて食ってかかる。
その様子を見て蜈蚣姫を始め一同はあきれてしまう。そこへ、鶴公、清公、武公が東助の使いとしてやってきて、友彦の後を追ってやって来たが、この岩窟に逃げ込んだはずだから、召捕りに来たという。蜈蚣姫は三人に対して、友彦はここにいるから縛って連れて行くようにと申し渡す。
高姫はかつての部下だった三人が、東助の家来になっていることに皮肉を言う。高姫と三人が言い合っている間に、友彦は這って逃げ出そうとしていた。しかし清・鶴・武が連れて来た犬に噛り付かれてしまう。
鶴公、清公、武公は友彦を縛って引っ立てていった。一方蜈蚣姫は、高姫、貫州、久助を連れてオーストラリヤの一つ島に渡ることになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:282頁 八幡書店版:第4輯 599頁 修補版: 校定版:287頁 普及版:133頁 初版: ページ備考:
001世界(せかい)楽土(らくど)(きこ)えたる
002メソポタミヤの瑞穂国(みづほくに)
003顕恩郷(けんおんきやう)(あら)はれし
004バラモン(けう)棟梁神(とうりやうしん)
005鬼雲彦(おにくもひこ)懐中(ふところ)
006(かたな)(たの)副棟梁(ふくとうりやう)
007鬼熊別(おにくまわけ)蜈蚣姫(むかでひめ)
008(なか)(うま)れた一粒(ひとつぶ)
009(つぼみ)(はな)小糸姫(こいとひめ)
010(とし)二八(にはち)二九(にく)からぬ
011(あだ)姿(すがた)憧憬(あこが)れて
012(をしへ)(みち)友彦(ともひこ)
013(ちから)(かぎ)りに()(まと)
014言葉(ことば)(つく)して()(おと)
015二人(ふたり)(おや)(ひと)()
016関所(せきしよ)()えて波斯(フサ)(くに)
017荒野ケ原(あらのがはら)打渡(うちわた)
018高山(かうざん)数々(かずかず)()()えて
019釈迦(しやか)(うま)れし月氏国(つきのくに)
020錫蘭島(セイロンたう)()(しの)
021夫婦(ふうふ)仲良(なかよ)(くら)(うち)
022(こひ)魔風(まかぜ)(あふら)れて
023(ちから)(たの)小糸姫(こいとひめ)
024(ただ)一通(いつつう)遺書(かきおき)
025(のこ)して浪路(なみぢ)打渉(うちわた)
026何処(いづく)()てや白波(しらなみ)
027(ふね)姿(すがた)()えにけり
028とり(のこ)されし友彦(ともひこ)
029夜食(やしよく)(はづ)れた梟鳥(ふくろどり)
030つまらぬ(かほ)(さら)しつつ
031執念深(しふねんぶか)くも(くちなは)
032(みい)れし(ごと)()(くる)
033(むね)(こが)して自転倒(おのころ)
034神島(かみしま)さして(すす)()る。
035(たづ)ねる(よし)(なつ)()
036(むし)(すね)をば()されつつ
037山川(やまかは)(わた)蓑笠(みのかさ)
038(かる)扮装(いでたち)此処(ここ)彼処(かしこ)
039彷徨(さまよ)(めぐ)りて宇都山(うづやま)
040(さと)輿(みこし)()(なが)
041支離(しり)滅裂(めつれつ)説法(せつぱふ)
042()(ひろ)()折柄(をりから)
043三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
044(あめ)真浦(まうら)神人(かみびと)
045(その)神力(しんりき)恐怖(きようふ)して
046(また)もや此処(ここ)()(いだ)
047(なが)(なが)れて淡路島(あはぢしま)
048(くま)なく(めぐ)(きた)(はて)
049洲本(すもと)(さと)酋長(しうちやう)
050(やかた)(うち)失敗(しつぱい)
051(かはや)(あな)より籠脱(かごぬ)けし
052着衣(ちやくい)黄色(きいろ)()(なが)
053(この)()瀬戸(せと)(なみ)(うへ)
054堅磐常磐(かきはときは)()かびたる
055小豆ケ島(せうどがしま)漂着(へうちやく)
056狐狸(きつねたぬき)()せられし
057(ごと)怪訝(けげん)(かほ)をして
058国城山(くにしろやま)岩窟(がんくつ)
059当途(あてど)もなしに()()れば
060(むね)動悸(どうき)高姫(たかひめ)
061差俯向(さしうつむ)いて独語(ひとりごと)
062()くより(たれ)かと(たづ)ぬれば
063(くち)から(さき)(うま)れたる
064布留那(ふるな)(べん)高姫(たかひめ)
065(くち)(きは)めて(しやべ)()
066鼻持(はなもち)ならぬ屁理屈(へりくつ)
067(たちま)()わる糞度胸(くそどきよう)
068(くさ)(ばば)アと()(なが)
069(はな)(つま)んで岩窟(いはやど)
070(ともな)(すす)()()れば
071(おも)ひがけなき蜈蚣姫(むかでひめ)
072般若(はんにや)(やう)(つら)をして
073鼻先(はなさき)(あか)出歯男(でばをとこ)
074出歯亀式(でばがめしき)友彦(ともひこ)
075()るより(はや)仏頂面(ぶつちやうづら)
076(かに)(やう)なる(あわ)()
077(うら)みの数々(かずかず)繰返(くりかへ)
078その権幕(けんまく)(おそ)ろしさ
079流石(さすが)友彦(ともひこ)(きも)(つぶ)
080小糸(こいと)(ひめ)(のこ)したる
081皺苦茶(しわくちや)だらけの遺書(かきおき)
082怖々(おづおづ)(まへ)()(いだ)
083蜈蚣(むかで)(ひめ)()(わた)
084(ばば)アは手早(てばや)(わが)(かほ)
085(しわ)同時(いつしよ)()(なが)
086(うる)んだ(まなこ)(ひか)らせて
087(のぞ)いて()れば()如何(いか)
088スパルタ文字(もじ)にて(しる)したる
089(こひ)しき(むすめ)(ふで)(あと)
090愛想(あいそ)づかしの数々(かずかず)
091(なら)()てたる可笑(をか)しさに
092流石(さすが)(ばば)()(いだ)
093(おと)名高(なだか)にオセアニヤ
094竜宮島(りうぐうじま)()(たか)
095黄竜姫(わうりようひめ)(わが)()ぞと
096(はじ)めて(さと)蜈蚣姫(むかでひめ)
097(うれ)(かな)しの()(わら)
098一座(いちざ)(しら)けた最中(さいちう)
099岩窟(いはや)(くち)押開(おしひら)
100ドヤドヤ()()(をとこ)あり
101あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
102(みたま)(こし)もスツカリと
103()かした馬鹿(ばか)友彦(ともひこ)
104()(うへ)こそは(あは)れなる
105 (おく)()祭典(さいてん)()んだと()えて、106数多(あまた)老若男女(らうにやくなんによ)(この)()にドヤドヤと(あら)はれ(きた)り、107蜈蚣姫(むかでひめ)祭典(さいてん)無事(ぶじ)終了(しうれう)報告(はうこく)をして()る。108(あたま)頂辺(てつぺん)饅頭(まんぢう)(やう)禿()げた(をとこ)109友彦(ともひこ)(かほ)()るなり、
110(をとこ)『ヤア、111貴様(きさま)六ケ月(ろくかげつ)以前(いぜん)(わが)()(しの)()り、112(わが)留守宅(るすたく)(さいはひ)女房(にようばう)を○○し、113(ひたい)負傷(てきず)()はせ()()つたる友彦(ともひこ)()(やつ)であらう。114(おれ)門口(かどぐち)(かへ)つて()途端(とたん)115(わが)()より血刀(ちがたな)(ひつさ)()()した(やつ)(かほ)そつくりだ。116貴様(きさま)留守(るす)(いへ)巧言(こうげん)(もつ)()()み、117友彦(ともひこ)宣伝使(せんでんし)だと(まを)し、118女房(にようばう)(すき)(うかが)(だい)それた(こと)(いた)して()()せた(やつ)119最早(もはや)天命(てんめい)(つき)120覚悟(かくご)をせい』
121 (この)(をとこ)言葉(ことば)蜈蚣姫(むかでひめ)(はじ)一同(いちどう)は、122(あき)れて二人(ふたり)(かほ)(あな)もあけよと(ばか)(にら)みつけて()る。
123友彦(ともひこ)滅相(めつさう)(こと)(あふ)せられては(こま)ります。124他人(たにん)空似(そらに)(まを)しまして、125世界(せかい)には、126二人(ふたり)三人(さんにん)(おな)じスタイルの(もの)はある(さう)です。127貴方(あなた)のお見違(みちが)ひで御座(ござ)いませう。128何卒(どうぞ)とつくり調(しら)べて(くだ)さいませ』
129(をとこ)(わし)明石(あかし)(さと)久助(きうすけ)()(もの)だが、130()(くれ)まぎれに(かほ)はよく(わか)らねど、131(はな)(あたま)(あか)特徴(しるし)(なに)よりの証拠(しようこ)だ。132(ひと)(たしか)める()めに女房(にようばう)(つぎ)()にお(こも)りをして()るから、133()んで()調(しら)べさして()る。134……これこれお(たみ)135一寸(ちよつと)()てお()れ』
136友彦(ともひこ)『メヽヽ滅相(めつさう)な。137御夫婦(ごふうふ)(とも)御苦労(ごくらう)()けて()みませぬ。138()()つた(こと)(みづ)(なが)したが(かへつ)御都合(ごつがふ)(よろ)しからう。139過越(すぎこ)苦労(くらう)神様(かみさま)(みち)大禁物(だいきんもつ)だ』
140久助(きうすけ)『お(まへ)(はう)御都合(ごつがふ)()からうが、141久助(きうすけ)にとつては、142無理難題(むりなんだい)()けた(やう)(みな)人々(ひとびと)(おも)はれては(まこと)御都合(ごつがふ)(わる)い』
143()つて()(ところ)女房(にようばう)(たみ)はシトシトと()(きた)り、144友彦(ともひこ)(かほ)()るや(いな)や、
145(たみ)『アツ泥棒(どろばう)
146()つたきりビツクリ(ごし)()かして仕舞(しま)つた。147久助(きうすけ)(おどろ)いて、
148久助(きうすけ)『こりやこりや女房(にようばう)149(これ)()沢山(たくさん)(ひと)()るのだから、150泥棒(どろばう)一人(ひとり)(くらゐ)(おそ)るるには()らぬ。151まア()をしつかりと()つて()れ』
152(せな)無理(むり)(たた)く。153貫州(くわんしう)両手(もろて)()んで『ウン』と(れい)(おく)る。154(たみ)(やうや)()()(なほ)し、
155(たみ)『お(まへ)(この)(はる)(わが)()()(きた)(わたし)無礼(ぶれい)(くは)へた(うへ)156(かね)(さら)つて()()つた悪党者(あくたうもの)157(わたし)(ひたい)(きず)(なんぢ)(のこ)せし(つみ)(あと)158(これ)でも()(ぶん)あるか』
159()()(しば)()(いか)らし(にら)みつける。160友彦(ともひこ)は、
161友彦(ともひこ)『ハイ、162(まこと)に……』
163(わづ)かに()つたきり、164(ゆか)(かしら)をすりつけて地震(ぢしん)(かみ)神憑(かんがか)りをやつて()る。
165 岩戸(いはと)(ひら)いて()(きた)三人(さんにん)(をとこ)
166(をとこ)『ヘイ、167御免(ごめん)なさい、168(わたし)淡路島(あはぢしま)洲本(すもと)酋長(しうちやう)169(いま)東助様(とうすけさま)家来(けらい)となつた清公(きよこう)170武公(たけこう)171鶴公(つるこう)三人(さんにん)御座(ござ)る。172極悪無道(ごくあくぶだう)のバラモン(けう)宣伝使(せんでんし)名告(なの)大盗賊(だいたうぞく)173霊隠(せつちん)(また)(あな)より()()し、174浜辺(はまべ)(つな)ぎし酋長(しうちやう)所有船(もちぶね)(ぬす)み、175()(あやつ)海原(うなばら)()()りしと(うつた)ふる(もの)あり。176我々(われわれ)酋長(しうちやう)命令(めいれい)()(ただち)(ふね)用意(ようい)友彦(ともひこ)(あと)()()(をり)しも暴風(ばうふう)出会(であ)ひ、177()()進退(しんたい)自由(じいう)(うしな)(やうや)(この)(しま)漂着(へうちやく)し、178()れば泥棒(どろばう)()つて()東助(とうすけ)刻印(しるし)のついた釣船(つりぶね)179てつきり(この)(しま)()(しの)()るならむと、180吾々(われわれ)三人(さんにん)(あと)()駆来(かけき)()れば、181嗅覚(しうかく)鋭利(えいり)(この)(いぬ)(ちから)によつて、182此処(ここ)まで(たづ)ねて(まゐ)つた捕手(とりて)役人(やくにん)御座(ござ)る。183もう()うなつてはお(かく)しになつても駄目(だめ)御座(ござ)る。184(くそ)(にほひ)(この)岩窟(いはや)(なか)まで(つな)がつて()以上(いじやう)は、185てつきり泥棒(どろばう)当岩窟(たういはや)()るに相違(さうゐ)御座(ござ)るまい、186さア(すみや)かにお(わた)()され』
187肩臂(かたひぢ)(いか)らし仁王立(にわうだ)ちになつて力味(りきみ)かへり()る。
188蜈蚣姫(むかでひめ)(みな)さま、189御苦労(ごくらう)御座(ござ)つた。190此処(ここ)(いぬ)一匹(いつぴき)()りまする。191何卒(どうぞ)(はや)(しば)つて御帰(おかへ)(くだ)さい。192どうも()うもならぬ友彦(ともひこ)()野良犬(のらいぬ)御座(ござ)います。193オホヽヽヽ』
194()()けた(くち)から(こぼ)れた(やう)(わら)ひをする。195高姫(たかひめ)目敏(めざと)三人(さんにん)(かほ)()て、
196高姫(たかひめ)(たれ)かと(おも)へば(きよ)(たけ)197(つる)三人(さんにん)ぢやないか。198東助(とうすけ)船頭(せんどう)共謀(ぐる)になつてようこの高姫(たかひめ)馬鹿(ばか)にした。199さア()(ところ)へうせた。200もう量見(りやうけん)ならぬぞ。201……モシモシ蜈蚣姫(むかでひめ)さま、202貴女(あなた)部下(ぶか)十人(じふにん)ばかりお(かし)(くだ)され。203如何(どう)()うもならぬ反逆者(うらがへりもの)204懲戒(みせしめ)()(しば)りつけて、205チツと(ばか)(あぶら)をとつてやらねばなりませぬ』
206三人(さんにん)『アハヽヽヽ、207オイ(たか)……(ばば)(なに)()かすのだ。208勿体(もつたい)なくも淡路島(あはぢしま)洲本(すもと)(おい)雷名(らいめい)(かく)れなき人子(ひとご)(つかさ)209東助(とうすけ)(さま)御家来(ごけらい)だぞ。210今迄(いままで)貴様(きさま)(きよ)だの、211(たけ)だの、212(つる)だのと(あご)(さき)使(つか)はれて()たが、213もう今日(こんにち)俺達(おれたち)はチツと相場(さうば)(ちが)ふのだから(その)心組(つもり)(つつし)んで返答(へんたふ)をせい。214無礼(ぶれい)(こと)(いた)すと貴様(きさま)一緒(いつしよ)召捕(めしと)つて(かへ)らうか』
215 高姫(たかひめ)泰然自若(たいぜんじじやく)として、
216高姫(たかひめ)『オホヽヽヽ、217鉛製(なまりせい)閻魔(えんま)(やう)(その)(ざま)(なん)だ。218()つともない。219玩具(おもちや)九寸五分(くすんごぶ)(もつ)(おど)かす(やう)(こと)をしたつて(この)高姫(たかひめ)は、220いつかな いつかなビク()(やう)(よわ)(をんな)御座(ござ)いませぬワイ。221(これ)でも猪食(ししく)つた(いぬ)だ。222見事(みごと)召捕(めしと)るなら召捕(めしと)つて()よ』
223(いさか)(その)(すき)(かんが)へ、224友彦(ともひこ)()()ひになつて、225ノソリノソリと(くろ)(まわし)()(やう)()らし(なが)ら、226表口(おもてぐち)さして()()さうとする。227三人(さんにん)引張(ひつぱ)つて()洋犬(かめ)はワンワンと威喝(ゐかつ)(なが)友彦(ともひこ)(しり)()じり()いた。228蜈蚣姫(むかでひめ)(なに)(なに)やら、229二組(ふたくみ)三組(みくみ)混線(こんせん)した(この)(いさか)ひに(きも)(つぶ)し、230一生懸命(いつしやうけんめい)に、
231蜈蚣姫(むかでひめ)南無(なむ)バラモン教主(けうしゆ)大国別命(おほくにわけのみこと)232(まも)(たま)幸倍(さちはへ)(たま)へ』
233一心不乱(いつしんふらん)(あせ)(なが)して祈願(きぐわん)して()る。234(きよ)235(たけ)236(つる)三人(さんにん)友彦(ともひこ)高手(たかて)小手(こて)(いまし)め、237岩窟(いはや)(そと)()()し、238(いばら)(むち)(たづさ)へ、
239『さあ、240泥棒(どろばう)241キリキリ(あゆ)めツ』
242引張(ひつぱ)()く。
243 (これ)より蜈蚣姫(むかでひめ)は、244高姫(たかひめ)245貫州(くわんしう)246久助(きうすけ)(ともな)ひ、247(たから)所在(ありか)探索(たんさく)()ね、248オースタラリヤの女王(ぢよわう)黄竜姫(わうりようひめ)面会(めんくわい)せむと、249一艘(いつそう)(ふね)()(たく)果物(くだもの)数多(あまた)積込(つみこ)み、250小豆ケ島(せうどがしま)(あと)に、251瀬戸(せと)(うみ)()()馬関海峡(ばくわんかいけふ)()え、252西(にし)西(にし)へと(すす)()く。
253大正一一・六・一三 旧五・一八 北村隆光録)
254(昭和一〇・六・五 旧五・五 王仁校正)