霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 慈愛(じあい)(なみだ)〔七四六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 篇:第4篇 蛮地宣伝 よみ:ばんちせんでん
章:第16章 第24巻 よみ:じあいのなみだ 通し章番号:746
口述日:1922(大正11)年07月05日(旧閏05月11日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一つ島の諏訪の湖の神宝は、皇大神が三千年の遠い昔から、ミロク神政のあかつきに厳の御魂と現して神の御国を固めようと秘めておいた珍宝であった。
一つ島の奥深く諏訪の湖まで達した五人の宣伝使は、善一筋、人に譲る三五の特性を培い、禊を終えた後は大野ヶ原を進んで行った。この湖辺の野原は金砂銀砂が敷き詰められて道をなしていた。
すると向こうから十五人の悪漢が現れて、五人にいきなり殴りかかり、さんざんに打ち据えた。五人は十五人に感謝し涙に咽んで手を合わせた。五人の態度にさしもの悪漢も陳謝の涙を流しひれ伏して詫びた。
ふと五人が後を振り返ると、十五人の悪漢の姿はどこにもなかった。初稚姫は、あれは木花咲耶姫命のお気付けだったと一行に告げた。玉能姫一同は、感謝の涙を流した。
さらに進んで行くと、祠の前で熱心に祈願している老人に出会った。ふと声を掛けると、男は体中が膿み腐れる病気にかかっていた。そして女の唇で膿を吸ってもらえると治るので、宣伝使なら人助けに吸ってくれないか、と懇願した。
玉能姫、初稚姫、お民は何のためらいもなく全身の膿を吸い始めた。すべての膿を吸いだし終わると、五人は男を囲んで天津祝詞を奏上した。男は喜び感謝し、元気に歩いてその場を立ち去った。
五人は結構な神徳をいただいたことを感謝し、西へ西へと宣伝歌を歌いながら進んで行った。これより五人が西部一体を試練に会いながら宣伝してオーストラリヤ全島に三五教を宣布する物語は、後日詳述することとなる。
因みに初稚姫の御魂は三十万年後に大本教祖出口直子と顕れ給う神誓である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-05-11 11:00:12 OBC :rm2416
愛善世界社版:273頁 八幡書店版:第4輯 713頁 修補版: 校定版:282頁 普及版:127頁 初版: ページ備考:
001七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)
002(ちな)みて()める諏訪(すは)(うみ)
003皇大神(すめおほかみ)三千歳(みちとせ)
004(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
005ミロク神政(しんせい)(あかつき)
006(いづ)御霊(みたま)(あら)はして
007(かみ)御国(みくに)(かた)めむと
008諏訪(すは)(みづうみ)(そこ)(ふか)
009()(たま)ひたる珍宝(うづたから)
010(たつ)宮居(みやゐ)司神(つかさがみ)
011玉依姫(たまよりひめ)言依(ことよ)さし
012三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
013五弁(ごべん)身魂(みたま)一時(いつとき)
014(ひら)常磐(ときは)(まつ)()
015()たせ(たま)ひし(かしこ)さよ
016(なみ)()()けて()れませる
017(たま)(あざむ)姫神(ひめがみ)
018(いつ)ツの(たま)()()たし
019(をしへ)御子(みこ)五柱(いつはしら)
020(まへ)実物(じつぶつ)(あら)はせて
021往後(わうご)(いまし)神業(しんげふ)
022完成(くわんせい)したる(あかつき)
023手渡(てわた)しせむと(おごそ)かに
024(ちか)(たま)ひし(こと)()
025五人(ごにん)御子(みこ)(かしこ)みて
026夢寐(むび)にも(わす)れず千早(ちはや)()
027(かみ)(まこと)(こころ)とし
028(ひつじ)(ごと)くおとなしく
029如何(いか)なる(てき)にも刃向(はむか)はず
030善一筋(ぜんひとすぢ)三五(あななひ)
031至誠(まこと)(みち)()(とほ)
032(ひと)(ゆづ)るの徳性(とくせい)
033(つちか)(そだ)てし健気(けなげ)さよ
034玉治別(たまはるわけ)玉能姫(たまのひめ)
035一層(ひとしほ)(さか)しき初稚姫(はつわかひめ)
036(かみ)(みこと)瑞御霊(みつみたま)
037久助(きうすけ)、お(たみ)五人連(ごにんづれ)
038諏訪(すは)(みづうみ)()(をが)
039七日七夜(なぬかななや)(みそぎ)して
040()(たましひ)(きよ)めつつ
041大野ケ原(おほのがはら)をエチエチと
042金砂(きんしや)銀砂(ぎんしや)敷詰(しきつ)めし
043道芝(みちしば)イソイソ(すす)()く。
044(むか)ふの(はう)より()(きた)
045(だい)(をとこ)(じふ)五人(ごにん)
046出会(であひ)がしらに一行(いつかう)
047目蒐(めが)けて(こぶし)(かた)めつつ
048(ところ)かまはず打据(うちす)ゑて
049一同(いちどう)(いき)()()えに
050無念(むねん)(なみだ)くひしばり
051笑顔(ゑがほ)(つく)()ひけらく
052(こころ)きたなき我々(われわれ)
053金砂(きんしや)銀砂(ぎんしや)敷詰(しきつ)めし
054(きよ)大地(だいち)(すす)みつつ
055(こころ)(はぢ)らふ折柄(をりから)
056何処(いづく)(かた)()らねども
057吾等(われら)身魂(みたま)(きよ)めむと
058(こころ)(あつ)皇神(すめかみ)
059(めぐみ)(こぶし)(くま)もなく
060(きたな)身体(からだ)(くは)へまし
061有難涙(ありがたなみだ)(むせ)びます
062嗚呼(ああ)諸人(もろびと)諸人(もろびと)
063(なれ)吾等(われら)身魂(みたま)をば
064(みが)かせ(たま)御恵(みめぐみ)
065(ふか)くまします真人(まさびと)
066あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
067()れより(こころ)(あらた)めて
068(たら)はぬ吾等(われら)(おこな)ひを
069(おぎな)(まつ)三五(あななひ)
070(かみ)(をしへ)(つかさ)とし
071天地(てんち)(かみ)諸人(もろびと)
072(はぢ)らふ(こと)()きまでに
073身魂(みたま)(みが)(まつ)るべし
074嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
075(めぐみ)(しもと)(うれ)しみて
076皇大神(すめおほかみ)御教(みをしへ)
077四方(よも)国々(くにぐに)()(つた)
078世人(よびと)()めに真心(まごころ)
079(つく)さむ(しをり)(いた)します
080(やま)より(たか)(ちち)(おん)
081(うみ)より(ふか)(はは)(おん)
082(めぐみ)()きぬ父母(たらちね)
083(わが)()(いた)はる真心(まごころ)
084(まさ)りて(たふと)御恵(おんめぐ)
085(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)
086朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
087(つき)()つとも()くるとも
088仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
089我等(われら)(いのち)()するとも
090(かみ)(めぐみ)(この)(むち)
091(その)有難(ありがた)何時(いつ)(まで)
092(わす)るる(こと)はあらざらめ
093(なれ)普通(ふつう)(ひと)ならじ
094諏訪(すは)湖水(こすゐ)()れませる
095皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
096()ちて()れます(かみ)ならむ
097(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)
098嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
099御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ
100(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
101(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
102(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
103直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
104()(あやま)ちは()(なほ)
105三五教(あななひけう)吾々(われわれ)
106如何(いか)なる(こと)惟神(かむながら)
107(すべ)善意(ぜんい)解釈(かいしやく)
108(ただ)一言(ひとこと)(うら)まずに
109(なさけ)(むち)(うれ)しみて
110(あつ)感謝(かんしや)(たてまつ)
111(みづ)()らさぬ皇神(すめかみ)
112(たふと)仕組(しぐみ)(いま)(むち)
113()けたる(この)()今日(けふ)よりは
114(こころ)(こま)(むちう)ちて
115時々(ときどき)(きざ)悪念(あくねん)
116(やま)()()()()らし
117(かは)()(ごと)追払(おひはら)
118大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)
119大御心(おほみこころ)(むく)ふべし
120(すす)めよ(すす)めよいざ(すす)
121(しのび)(やま)逸早(いちはや)
122(つるぎ)(やま)(なん)のその
123仮令(たとへ)()(なか)(みづ)(そこ)
124(かみ)大道(おほぢ)(ため)ならば
125などか(いと)はむ敷島(しきしま)
126大和心(やまとごころ)(ふり)おこし
127国治立(くにはるたち)御前(おんまへ)
128()しき功績(いさを)()(まつ)
129目出度(めでたく)神代(かみよ)にかへり(ごと)
130(まを)さむ()()(たの)しまむ
131嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
132御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
133小声(こごゑ)玉治別(たまはるわけ)(うた)(をは)り、134打擲(ちやうちやく)された十五人(じふごにん)(をとこ)(むか)ひ、135一同(いちどう)()(あは)せて、136(うれ)(なみだ)(むせ)びける。137さしも猛悪(まうあく)なる悪漢(あくかん)も、138五人(ごにん)態度(たいど)(あき)(かへ)り、139感涙(かんるゐ)(むせ)(なが)両手(りやうて)()はせて大地(だいち)平伏(ひれふ)し、140陳謝(ちんしや)(ことば)()たざりけり。141玉治別(たまはるわけ)(おほ)いに(よろこ)(ここ)一場(いちぢやう)宣伝(せんでん)をなしながら、142悠々(いういう)として(この)()()()りにけり。
143 (あと)()(かへ)()れば障害(しやうがい)なき大野原(おほのはら)十五人(じふごにん)荒男(あらをとこ)は、144(いづ)れへ()えしか、145(かげ)(かたち)()えずなり()たりける。146初稚姫(はつわかひめ)は、
147(みな)さま、148(いま)(かた)誰方(どなた)(おも)ひますか』
149玉治別(たまはるわけ)には、150どうも合点(がてん)(まゐ)りませぬ。151何処(どこ)()かれたのでせう』
152『イエイエ、153あの(かた)天教山(てんけうざん)(あら)はれ(たま)ひし、154木花咲耶姫(このはなさくやひめ)御化身(ごけしん)御座(ござ)いましたよ』
155 玉能姫(たまのひめ)はこれを()くより「ワツ」と(ばか)りに(こゑ)()(うれ)()きしながら、
156『アヽ神様(かみさま)157有難(ありがた)御座(ござ)いました。158何処迄(どこまで)吾々(われわれ)(たましひ)御守(おまも)(くだ)さいまして、159今度(こんど)御神業(ごしんげふ)につきましては不断(たえず)160御礼(おれい)申上(まをしあ)げやうなき御心(おこころ)()けを(くだ)さいまして、161有難(ありがた)御座(ござ)います。162(なん)とも御礼(おれい)申上(まをしあ)(やう)御座(ござ)いませぬ。163御蔭(おかげ)(もつ)(やうや)忍耐(にんたい)(さか)()える()けの御神力(ごしんりき)(いただ)きました』
164(はな)(すす)(うれ)(なみだ)(しぼ)る。165玉治別(たまはるわけ)(すす)()一言(ひとこと)(はつ)()嗚咽(をえつ)(なが)ら、166自転倒島(おのころじま)(むか)両手(りやうて)(あは)(なみだ)をタラタラと(なが)し、167(これ)(また)感謝(かんしや)余念(よねん)なく、168久助(きうすけ)169(たみ)(ただ)両手(りやうて)(あは)せシヤクリ()きするのみ。170初稚姫(はつわかひめ)は、
171皆様(みなさま)172大神様(おほかみさま)(しん)御慈愛(ごじあい)(わか)りましたか』
173 一同(いちどう)は、
174『ハイ』
175()つたきり(なみだ)滂沱(ばうだ)として腮辺(しへん)(たき)(ごと)(した)たらし()たり。176嗚呼(ああ)惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
177 一行(いつかう)感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(をは)つて、178(また)もや炎熱(えんねつ)()くが(ごと)原野(げんや)(あせ)着物(きもの)(ひた)(なが)(あし)(はや)めて宣伝歌(せんでんか)(うた)(すす)()く。
179 (をり)しも(ちひ)さき(ほこら)(まへ)(みにく)一人(ひとり)(をとこ)180何事(なにごと)祈願(きぐわん)()るにぞ、181玉治別(たまはるわけ)はツカツカと(すす)()り、
182『モシモシ貴方(あなた)何処(いづれ)(かた)御座(ござ)るか、183()れば御病気(ごびやうき)体躯(からだ)()えまする。184(いづ)れへお()(あそ)ばすか』
185(たづ)ぬるに(をとこ)玉治別(たまはるわけ)言葉(ことば)にフト(かほ)()げたり。186()れば顔面(がんめん)天刑病(てんけいびやう)にて(つぶ)れ、187体躯(からだ)一面(いちめん)()()はれぬ臭気(しうき)芬々(ふんぷん)として膿汁(うみしる)(なが)れて()る。188玉治別(たまはるわけ)(あん)相違(さうゐ)突立(つつた)つた(まま)189()白黒(しろくろ)して(その)(をとこ)黙視(もくし)してゐる。
190(わし)(この)(むか)ふの谷間(たにあひ)()(もの)だが、191コンナ(みぐ)るしい(やまひ)(わづら)ひ、192誰一人(たれひとり)相手(あひて)になつて()れるものもなし、193(わか)(とき)より体主霊従(たいしゆれいじう)のあらん(かぎ)りを(つく)し、194(かみ)(そむ)いた天罰(てんばつ)で、195モシ……コレ(この)(とほ)り、196世間(せけん)みせしめ()うて()るのだ。197最早(もはや)一足(ひとあし)(あゆ)(こと)出来(でき)ぬ………お(まへ)さま、198(ひと)(たす)ける宣伝使(せんでんし)なれば、199(この)病気(びやうき)(なほ)して(くだ)さいませ。200モシ(をんな)(くちびる)(もつ)(この)膿汁(うみしる)()へば、201病気(びやうき)全快(ぜんくわい)すると()きました。202何卒(なにとぞ)(なさけ)(たす)けて(くだ)さるまいか』
203 初稚姫(はつわかひめ)はニコニコし(なが)ら、
204『おぢさま、205()うて(なほ)(こと)なら()はして(くだ)さい』
206()ふより(はや)足許(あしもと)膿汁(うみしる)を「チユウチユウ」と()うては()き、207()うては()(はじ)めたり。208玉能姫(たまのひめ)(あたま)(はう)より顔面(がんめん)209肩先(かたさ)()()順序(じゆんじよ)に、210「チユウチユウ」と(うみ)()うては()()す。211玉治別(たまはるわけ)212久助(きうすけ)(あま)りの(こと)(かほ)得上(えあ)げず、213(こころ)(うち)にて一時(いちじ)(はや)病気(びやうき)平癒(へいゆ)をなさしめ(たま)へと、214祈願(きぐわん)()らして()る。215(たみ)(また)もや立寄(たちよ)つて腹部(ふくぶ)目蒐(めが)けて、216膿汁(うみしる)を「チユウチユウ」と()(はじ)めたり。217(しばら)くの(うち)全身(ぜんしん)(くま)なく膿汁(うみしる)()()(をは)りぬ。218(をとこ)(よろこ)(なが)両手(りやうて)(あは)せ、219路上(ろじやう)蹲踞(しやが)んで(あつ)(なみだ)()()たり。220五人(ごにん)一度(いちど)(その)(をとこ)(なか)()き、221(かたはら)(なが)(みづ)(くち)(すす)()(あら)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)する。222(をとこ)(たちま)(うれ)しさうな(かほ)をし(なが)ら、
223『アヽ有難(ありがた)御座(ござ)いました。224(たれ)がコンナ(きたな)(もの)を、225(わが)()だとて()うて()れませう。226(れい)言葉(ことば)(つく)されませぬ』
227一礼(いちれい)(なが)(ただち)()ちて常人(じやうじん)(ごと)(あし)(すこや)かに(あゆ)()し、228(つひ)(とほ)姿(すがた)()えずなりにけり。229玉治別(たまはるわけ)感激(かんげき)面色(おももち)にて、
230三人(さんにん)御方(おかた)231ヨウマア(たす)けてやつて(くだ)さいました。232(わたし)(をんな)ならば貴方(あなた)(がた)()うに御用(ごよう)(いた)したいので御座(ござ)いますが、233()(をとこ)(をんな)でなければ不可(いか)ぬと(まを)しましたのでつい(ひか)へて()ました。234イヤもう(おそ)()つた御仁慈(ごじんじ)235国治立大神(くにはるたちのおほかみ)236神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)御心(みこころ)(ひと)しき御志(おこころざし)237感激(かんげき)()へませぬ』
238(また)もや熱涙(ねつるゐ)(むせ)ぶ。239三人(さんにん)愉快気(ゆくわいげ)神徳(しんとく)(かたじけ)なみ、
240『あゝ神様(かみさま)241今日(けふ)結構(けつこう)御神徳(ごしんとく)(いただ)きました』
242両手(りやうて)(あは)感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、243一行(いつかう)五人(ごにん)西(にし)西(にし)へと、244金砂(きんしや)銀砂(ぎんしや)敷詰(しきつ)めたる(ごと)(うるは)しき野路(のみち)を、245宣伝歌(せんでんか)(うた)(すす)()く。
246 (ちなみ)()ふ。247初稚姫(はつわかひめ)霊魂(みたま)三十万年(さんじふまんねん)(のち)大本教祖(おほもとけうそ)出口直子(でぐちなほこ)(あら)はれ(たま)神誓(しんせい)にして、248()れより五人(ごにん)西部(せいぶ)一帯(いつたい)宣伝(せんでん)し、249種々(いろいろ)試練(しれん)()ひ、250(つひ)にオーストラリヤの全島(ぜんたう)三五教(あななひけう)(をしへ)(みちび)き、251神業(しんげふ)成就(じやうじゆ)したる種々(いろいろ)(かん)()行為(かうゐ)物語(ものがたり)は、252紙数(しすう)都合(つがふ)()りて後日(ごじつ)詳述(しやうじゆつ)する(こと)となしたり。253嗚呼(ああ)惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
254大正一一・七・五 旧閏五・一一 谷村真友録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。