霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 (のぞみ)(えん)〔七五〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 篇:第1篇 相縁奇縁 よみ:あいえんきえん
章:第4章 第25巻 よみ:のぞみのえん 通し章番号:750
口述日:1922(大正11)年07月07日(旧閏05月13日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
そこへ清公が入ってきて、鶴公と宇豆姫に対して嫌味と皮肉の限りを尽くして罵倒する。そこへまた、黄竜姫が戻ってきた。
清公は、鶴公と宇豆姫の関係を不義であるように黄竜姫に讒言する。そして、鶴公を落としいれようとしてわざと、綱紀紊乱の責任を取って自分が辞職する覚悟である、と黄竜姫の前に言い立てた。
すると黄竜姫はあっさりその言を容れて、清公の職を解いてしまった。鶴公はこの場においても清公をかばおうとする。黄竜姫は、その心に感じて、鶴公を左守に任命した。
鶴公は、清公がその場で解任されてすぐに後釜に据えられた状況を忍びず、あくまで清公を立てようとする。黄竜姫はあくまで鶴公が左守となって宇豆姫を娶るようにと申し渡す。宇豆姫はいたたまれなくなってその場を飛び出し、城門の外へ駆け出してしまった。
清公と鶴公たちは、慌てて宇豆姫の後を追いかける。地恩城は、周りを高山に囲まれていた。宇豆姫は断崖絶壁から谷底の川に向かって身を投げてしまった。地恩城から宇豆姫を追って来た一同はこれを見て、なすすべもなく地団駄を踏んでいる。
一人、スマートボールが谷間に飛び込んだ。スマートボールは岸辺に宇豆姫を救い上げると蘇生させた。そして、いかなる事があろうともよく天寿を全うして神業に仕えなければならない、と宇豆姫を諭した。
スマートボールの真心に打たれて、宇豆姫はお礼を述べた。地恩城に戻ると、スマートボールは腰を痛めていた。黄竜姫は、宇豆姫にスマートボールの看病を命じ、一ヶ月にしてスマートボールは回復した。この一件にて、スマートボールの徳望は非常に高まった。
一方、左守の職を解かれた清公は、平役人となってしまった。平役人たちが雑談にふけっている。チャンキーは、清公のみならず、鶴公さえも宇豆姫の危急に何もできなかったと批判をしている。
チャンキー、モンキー、貫州、武公らは、スマートボールこそ左守の職にふさわしいと、建白書を提出することにした。今はすっかり謙虚になった清公も、それを聞いて賛成して署名した。
一方城内では、黄竜姫が梅子姫に左守の後任について相談していた。鶴公はどうしても左守への昇格を固辞しており、もう一ヶ月も職が空いたままになっているので、黄竜姫は徳望が高まったスマートボールを左守に任命しようとしていることを明かした。
梅子姫、蜈蚣姫も賛成し、ここにスマートボールは任命されて左守となり、宇豆姫と結婚の式を挙げて、地恩郷の神業に奉仕することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2504
愛善世界社版:73頁 八幡書店版:第5輯 57頁 修補版: 校定版:76頁 普及版:34頁 初版: ページ備考:
001(あめ)(つち)との(うづ)()
002(うま)()でたる宇豆姫(うづひめ)
003地恩(ちおん)(しろ)女王(ぢよわう)なる
004三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
005黄竜姫(わうりようひめ)言霊(ことたま)
006拘束(こうそく)されて村肝(むらきも)
007(むね)(をど)らせ(しの)()
008義理(ぎり)(こひ)との恩愛(おんあい)
009締木(しめぎ)()められ()(あし)
010かかる(すき)さへなくばかり
011()(ふる)はして(たふ)()
012(かう)不幸(ふかう)三五(あななひ)
013右守神(うもりのかみ)(つか)へたる
014(こひ)しき(をとこ)鶴公(つるこう)
015(こゑ)()()駆来(かけきた)
016(なさけ)をこめし介抱(かいほう)
017ホツト(むね)をば()()ろし
018蘇生(よみがへ)りたる心地(ここち)して
019(よろこ)()もなく室外(しつぐわい)
020廊下(らうか)(きこ)ゆる足音(あしおと)
021()取直(とりなほ)両人(りやうにん)
022(かたち)(あらた)(えり)(ただ)
023素知(そし)らぬ(てい)(よそほ)ひて
024(たがひ)(かほ)見合(みあ)はせつ
025(むね)荒浪(あらなみ)()たせ()る。
026 (へだ)てのドアを荒々(あらあら)しく押開(おしあ)けて()(きた)れる左守(さもり)清公(きよこう)は、027二人(ふたり)姿(すがた)()て、028(たちま)顔色(がんしよく)(へん)じ、029(まなこ)()()げ、030鼻息(はないき)(つよ)(たたみ)ざはりも荒々(あらあら)しく、031ドツカと二人(ふたり)(なか)()()め、
032清公(きよこう)『アハヽヽヽ、033二人様(ふたりさま)034シツポリとお(たの)しみの最中(さいちう)に、035邪魔者(じやまもの)(まか)()(まこと)()まない(こと)(いた)しました。036(つき)村雲(むらくも)037(はな)(あらし)とやら、038無粋(ぶすゐ)(をとこ)左守神(さもりのかみ)039かやうに御親密(ごしんみつ)なるローマンスの、040遺憾(ゐかん)なく発揮(はつき)されつつあるとは、041(かみ)ならぬ()()るよしもなく、042恐惶(きようくわう)至極(しごく)に……イヤハヤ……(ぞん)(たてまつ)りまする。043(みぎ)妹山(いもやま)(ひだり)背山(せやま)044妹背(いもせ)(なか)()つて(なが)るる、045(とき)(とき)とて悪野川(あしのがは)046一目(ひとめ)千本(せんぼん)(はな)にも(まが)ふ、047(うづ)姿(すがた)宇豆姫(うづひめ)(さま)048(まこと)失礼(しつれい)(いた)しました。049どうぞシツポリと(たがひ)()()()(かは)し、050随分(ずゐぶん)(たの)(みな)さるがよからう。051さても…さても、052いやな(をとこ)()つて()たもので御座(ござ)るワイ。053アハヽヽヽ』
054大口(おほぐち)(ひら)(かた)(ゆす)り、055(たたみ)小地震(せうぢしん)()らせる。056鶴公(つるこう)はキツとなり、
057鶴公(つるこう)(これ)はしたり、058(ぞん)じも()らぬ左守神(さもりのかみ)のお(うたが)ひ、059吾々(われわれ)両人(りやうにん)(あひだ)水晶(すゐしやう)(ごと)(きは)めて潔白(けつぱく)060何卒(なにとぞ)公明(こうめい)なる御判断(ごはんだん)(ねが)ひます』
061清公(きよこう)『アハヽヽヽ、062()うたりな()うたりな、063巧妙(かうめう)なる辞令(じれい)(もつ)て、064(のが)(がた)(この)()有様(ありさま)を、065厚顔(こうがん)無恥(むち)にも(はうむ)()り、066(おのれ)失態(しつたい)(おほ)(かく)さむとする、067右守(うもり)殿(どの)巧妙(かうめう)なる御弁舌(ごべんぜつ)068イヤもう吾々(われわれ)(とも)(およ)(ところ)では御座(ござ)らぬ。069(かく)(ごと)懸河(けんが)弁舌(べんぜつ)(ふる)ひ、070巧言令色(かうげんれいしよく)(もつ)て、071さしも道心堅固(だうしんけんご)なりし宇豆姫(うづひめ)を、072掌中(しやうちう)(たま)となし、073天下(てんか)色男(いろをとこ)(もつ)(にん)ずる鶴公様(つるこうさま)御腕前(おんうでまへ)には、074三舎(さんしや)()けて感憤(かんぷん)(つかまつ)る』
075(わざ)叮嚀(ていねい)(あたま)(たたみ)につけ両手(りやうて)をつき、076意地悪(いぢわる)平伏(へいふく)して()せる。077鶴公(つるこう)無念(むねん)()()みしめながら、078()(ふる)はせ(いき)をはづませ、079(ひぢ)()り、080(くちびる)をビリビリ(うご)かせ、081顔面(がんめん)筋肉(きんにく)緊張(きんちやう)させながら、082(かた)くなつて四角張(しかくば)つて()る。
083清公(きよこう)『アハヽヽヽ、084(ひと)(まへ)(かた)(もの)は、085(ひと)()らざる(をんな)(まへ)(もつと)(やはら)かし、086まつた、087(かみ)(まへ)(よわ)(もの)(ひと)(まへ)(もつと)(つよ)く、088(ひと)(まへ)(つよ)(もの)(かみ)(まへ)()でて(もつと)(よわ)しとかや、089イヤもう実地(じつち)教育(けういく)拝聴(はいちやう)拝観(はいくわん)(いた)しました。090(かく)(ごと)権謀(けんぼう)……イヤ智謀(ちぼう)()める右守神(うもりのかみ)091(わが)次席(じせき)(ひか)()らるる地恩城(ちおんじやう)万々歳(ばんばんざい)092イヤハヤ目出度(めでた)目出度(めでた)い。093……(これ)はしたり宇豆姫(うづひめ)どの、094日頃(ひごろ)恋慕(こひした)(をとこ)()ひ、095()存分(ぞんぶん)(たの)しみを(あそ)ばし、096(なに)不足(ふそく)でお()きめさる。097イヤイヤ(あま)(うれ)しさの(あま)(なみだ)御座(ござ)つたか。098唐変木(たうへんぼく)無血(むけつ)無情(むじやう)(それがし)には、099到底(たうてい)ローマンスを(かた)資格(しかく)絶無(ぜつむ)御座(ござ)る。100有難(ありがた)(ところ)()()けられ、101左守(さもり)(じつ)満足(まんぞく)(つかまつ)る。102(これ)より女王様(ぢよわうさま)面会(めんくわい)(いた)し、103両人(りやうにん)媒介(ばいかい)(いた)し、104宇豆姫(うづひめ)鶴公様(つるこうさま)宿(やど)(つま)105末長(すゑなが)幾久(いくひさ)しく偕老同穴(かいらうどうけつ)(ちぎり)(むす)ばれたし。106イヤもう人間(にんげん)()ふものは美男子(びだんし)(うま)れて()たいものだ。107(じつ)にお浦山吹(うらやまぶき)(いた)り、108(はな)()けども()はのらず、109(みの)りの(いた)さぬは(あだ)(はな)110(はな)半開(はんかい)にして(こずゑ)より()(ためし)も、111()(なか)にはままある(なら)ひ、112随分(ずゐぶん)御両人(ごりやうにん)113御用心(ごようじん)専一(せんいつ)御座(ござ)らうぞ。114これ清公(きよこう)御両人(ごりやうにん)(たい)する(いつは)らざる真実(しんじつ)忠告(ちうこく)御座(ござ)る。115イヤもう怪体(けたい)(わる)くない、116目出度(めでた)(こと)御座(ござ)るワイ。117ワハヽヽヽ』
118 無暗(むやみ)(かた)(ゆす)火鉢(ひばち)(わざ)蹴散(けち)らし、119一目散(いちもくさん)(この)()駆出(かけだ)さむとする(とき)120室外(しつぐわい)数多(あまた)足音(あしおと)
121女王様(ぢよわうさま)御入(おい)りで御座(ござ)る。122宇豆姫(うづひめ)123出迎(でむか)()され』
124()ばはる(こゑ)清公(きよこう)(えり)(ただ)行儀(ぎやうぎ)()下座(げざ)(すわ)る。125鶴公(つるこう)清公(きよこう)蹴飛(けと)ばしたる火鉢(ひばち)(もと)(もど)し、126(こぼ)()つた(はい)()(すく)ひ、127周章(あわて)(はうき)取出(とりだ)し、128(はひ)一方(いつぱう)掃寄(はきよ)せて()る。129(この)(とき)(おそ)()(とき)(はや)く、130ドアを(はい)して悠々(いういう)()(きた)黄竜姫(わうりようひめ)は、131満面(まんめん)(ゑみ)(たた)へながら高座(かうざ)()(しづ)かに()し、132三人(さんにん)(かほ)見下(みお)ろして()る。
133宇豆姫(うづひめ)『これはこれは女王様(ぢよわうさま)134()くこそ御入来(ごじゆらい)(くだ)さいました。135早速(さつそく)御返事(ごへんじ)申上(まをしあ)げたいと(ぞん)()りまする(さい)136(おも)はぬ来人(らいにん)御座(ござ)いまして、137ツイ遅刻(ちこく)(いた)し、138(ふたた)御足(みあし)(わづら)はしました不都合(ふつがふ)(だん)139御赦(おゆる)(くだ)さいませ』
140慇懃(いんぎん)挨拶(あいさつ)する。141黄竜姫(わうりようひめ)(この)言葉(ことば)()いて、142(かる)(くび)()つて()る。
143清公(きよこう)『これはこれは黄竜姫(わうりようひめ)(さま)144よくも()らせられました。145(いま)御見懸(おみかけ)(とほ)不都合(ふつがふ)千万(せんばん)にも右守(うもり)職掌(しよくしやう)(わす)れ、146女王様(ぢよわうさま)御入来(ごじゆらい)歓迎(くわんげい)する(こと)差措(さしお)き、147御覧(ごらん)(ごと)(はうき)(もつ)掃出(はきだ)し、148無限(むげん)蔑辱(べつじよく)(くは)へたる不届千万(ふとどきせんばん)なる行為(かうゐ)149御咎(おとが)めも()御容赦(ごようしや)なし(くだ)されしは、150()(まつた)上位(じやうゐ)()我等(われら)行届(ゆきとど)かざるの御無礼(ごぶれい)……』
151円滑(ゑんくわつ)(こひ)仇人(あだびと)陥穽(かんせい)せんと()()つる。152黄竜姫(わうりようひめ)(しと)やかに、
153『イヤ(けつ)して御心(おこころ)にさへられな。154案内(あんない)もなく(まゐ)りましたのでお気遣(きづか)(あそ)ばし、155鶴公様(つるこうさま)(わたし)敬意(けいい)(はら)うて、156座敷(ざしき)掃除(さうぢ)をして(くだ)さつたのでありませう。157もう(しばら)御待(おま)(まを)して()ればよかつたでせう。158何分(なにぶん)(いそ)いで這入(はい)りましたので、159大変(たいへん)心配(しんぱい)をかけ御心(おこころ)(なや)ませましたは(わたし)(あやま)り……』
160善意(ぜんい)(かい)する黄竜姫(わうりようひめ)言葉(ことば)に、161鶴公(つるこう)はハツとばかりに()(がた)(なみだ)咽返(むせかへ)り『流石(さすが)地恩城(ちおんじやう)女王様(ぢよわうさま)』と(こころ)(なか)にて()(をが)む。162宇豆姫(うづひめ)女王(ぢよわう)(なさけ)(こも)れる(あたた)かき言葉(ことば)に、163(うれ)(なみだ)()かべ、164有難(ありがた)さに(むね)(ふさが)俯向(うつむ)()る。165清公(きよこう)は、
166流石(さすが)御仁慈(ごじんじ)(ふか)女王様(ぢよわうさま)167(じつ)(まを)せば我々(われわれ)(つね)尊敬(そんけい)(こころ)()にし、168大切(たいせつ)なる女王様(ぢよわうさま)(かる)んじて()りました。169(その)(つみ)(いま)(あら)はれ(わが)次席(じせき)につかふる鶴公(つるこう)が(と大声(おほごゑ)()つて)……斯様(かやう)無作法(ぶさはふ)侮辱(ぶじよく)(あた)へましたに(かかは)らず、170神直日(かむなほひ)171大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)(くだ)さる(だん)172(なん)(とも)有難(ありがた)く、173(れい)(まを)(やう)御座(ござ)いませぬ。174(なか)(どう)(うつろ)になつた(たけ)でさへ(ふし)御座(ござ)る。175如何(いか)なる不調法(ぶてうはふ)(いた)しても、176(その)(まま)見遁(みのが)(たま)(とき)は、177城内(じやうない)規律(きりつ)(まつた)(やぶ)れ、178綱紀紊乱(かうきぶんらん)端緒(たんちよ)(ひら)(おそ)れあれば、179(この)責任(せきにん)(わたくし)一身(いつしん)()ひ、180只今(ただいま)より辞職(じしよく)(つかまつ)りまする。181何卒々々(なにとぞなにとぞ)(この)()御聞(おきき)(とど)(くだ)さいますれば、182有難(ありがた)(ぞん)じまする』
183(わざ)とに言葉(ことば)(かま)へ、184右守神(うもりのかみ)失墜(しつつゐ)せしめむとする(こころ)(うち)(きたな)さ。185(さと)くも()()つたる黄竜姫(わうりようひめ)は、
186(なんぢ)至誠(しせい)(てん)(つう)じたれば、187(のぞ)みの(ごと)左守(さもり)神職(しんしよく)今日(こんにち)只今(ただいま)より解除(かいぢよ)する。188(なんぢ)はこれより下屋敷(しもやしき)(くだ)り、189わが(めい)()て』
190()もなく()(わた)した。191左守神(さもりのかみ)清公(きよこう)(あん)相違(さうゐ)し、192夜食(やしよく)(はづ)れし梟鳥(ふくろどり)のやうな(つら)()げ、193嫌々(いやいや)(なが)ら、
194『ハイ早速(さつそく)御聞(おきき)(とど)け、195あ…り…が…と…う…(ぞん)じまする』
196(ふる)(ごゑ)になつてお()けをする。197鶴公(つるこう)(なみだ)(はら)両手(りやうて)をつかへ、
198女王様(ぢよわうさま)申上(まをしあ)げます。199今日(こんにち)御無礼(ごぶれい)(まつた)左守(さもり)(さま)(あづか)()らざる(ところ)御座(ござ)います。200(まつた)吾々(われわれ)不調法(ぶてうはふ)201何卒(なにとぞ)(わたくし)役目(やくめ)解除(かいぢよ)し、202左守(さもり)(さま)(もと)(とほ)御信任(ごしんにん)(くだ)さる(やう)に、203御願(おねが)申上(まをしあ)(たてまつ)りまする』
204黄竜姫(わうりようひめ)至善(しぜん)至美(しび)205至真(ししん)至実(しじつ)(なんぢ)(こころ)(かん)()る、206()りながら、207汝等(なんぢら)何事(なにごと)大神(おほかみ)御心(みこころ)(まか)(まつ)りし()(うへ)ならば、208自己(じこ)意思(いし)(もつ)(この)聖職(せいしよく)左右(さいう)すべきものに(あら)ず。209(なんぢ)(これ)よりわが(めい)(ほう)じ、210左守(さもり)となりて神業(しんげふ)奉仕(ほうし)せよ。211まつた宇豆姫(うづひめ)(この)黄竜姫(わうりようひめ)媒人(なかうど)となり、212鶴公(つるこう)(つま)となりて、213永遠(ゑいゑん)にわが神業(しんげふ)輔助(ほじよ)されよ』
214(げん)として()(わた)した。215清公(きよこう)(この)()()()ね、216犬突這(いぬつくばひ)となり(なが)ら、
217鶴公殿(つるこうどの)218(さぞ)御満足(ごまんぞく)御座(ござ)いませう。219宇豆姫(うづひめ)(さま)(もと)左守(さもり)清公(きよこう)220(こころ)(そこ)より御祝(おいは)申上(まをしあ)げますぞ』
221 宇豆姫(うづひめ)(こひ)義理(ぎり)との締木(しめぎ)にかかり、222(なん)言葉(ことば)もなく(ばか)()(もだ)へて()る。
223鶴公(つるこう)有難(ありがた)女王様(ぢよわうさま)のお言葉(ことば)なれども、224これ(ばか)りは御赦(おゆる)しを(いただ)きたう御座(ござ)います』
225黄竜姫(わうりようひめ)『それや(また)何故(なぜ)226わが(めい)御聞(おき)きなさらぬか』
227鶴公(つるこう)如何(いか)主命(しゆめい)なればとて、228(これ)(ばか)りは何卒々々(なにとぞなにとぞ)(ゆる)しの(ほど)(ねが)(たてまつ)りまする』
229黄竜姫(わうりようひめ)(なんぢ)はわが(めい)(そむ)(かんが)へなりや。230如何(いか)宇豆姫(うづひめ)どの、231和女(そなた)はこれより鶴公(つるこう)(つま)となり、232ブランジー、233クロンバーと相並(あいなら)びて神業(しんげふ)奉仕(ほうし)されよ。234()黄竜姫(わうりようひめ)私言(しげん)(あら)ず、235三五教(あななひけう)皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)であるぞよ』
236(げん)として(うご)かぬ気色(けしき)237宇豆姫(うづひめ)(たま)()ね、
238(いづ)れも(さま)239(これ)(この)()御暇(おいとま)()ひで御座(ござ)います』
240とドアを押開(おしあ)け、241韋駄天走(ゐだてんばし)りに(おもて)駆出(かけだ)し、242後白雲(あとしらくも)(なか)()えて仕舞(しま)つた。
243 黄竜姫(わうりようひめ)言葉(ことば)(おごそ)かに、
244汝等(なんぢら)両人(りやうにん)245宇豆姫(うづひめ)行衛(ゆくゑ)(さが)(もと)め、246一時(いちじ)(はや)(わが)(まへ)()(きた)られよ』
247()(わた)し、248(また)もや奥殿(おくでん)悠々(いういう)として(すす)()る。249清公(きよこう)250鶴公(つるこう)両人(りやうにん)は、
251『コリヤ大変(たいへん)252かうしては()られない』
253一生懸命(いつしやうけんめい)韋駄天(ゐだてん)(ばし)りに、254宇豆姫(うづひめ)(あと)()城門(じやうもん)()()し、255トントントンと大地(だいち)威喝(ゐかつ)させながら、256驀地(まつしぐら)白雲(しらくも)(つつ)山腹(さんぷく)(はし)()く。
257(ちなみ)に、258(この)地恩城(ちおんじやう)高山(かうざん)四方(よも)(まは)らす高原(かうげん)霊地(れいち)である)
259 一天(いつてん)(にはか)()(くも)り、260流石(さすが)地恩郷(ちおんきやう)陰鬱(いんうつ)()(とざ)されたる折柄(をりから)に、261(にはか)(かみ)()(みだ)一目散(いちもくさん)城門(じやうもん)駆出(かけだ)(はし)()宇豆姫(うづひめ)姿(すがた)を、262チラと(みと)めたスマートボール、263チヤンキー、264モンキーは『オーイ オーイ』と()ばはり(なが)ら、265白雲(しらくも)()めたる山腹(さんぷく)を、266見失(みうしな)つては一大事(いちだいじ)一生懸命(いつしやうけんめい)()(かけ)()く。267千仭(せんじん)断崖(だんがい)絶壁(ぜつぺき)より、268渓間(たにま)青淵(あをぶち)目蒐(めが)けて、269()(をど)らし、270()()まむとしたる宇豆姫(うづひめ)は、
271惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
272合唱(がつしやう)(なが)ら、273ザンブと(ばか)()()んだ。274此処迄(ここまで)()(かけ)(きた)りしスマートボールもチヤンキー、275モンキーもハタと()()まり(やや)当惑(たうわく)(てい)であつた。276(この)(とき)『オーイ オーイ』と白雲(しらくも)()けて(はし)(きた)左守(さもり)277右守(うもり)二柱(ふたはしら)
278宇豆姫(うづひめ)(とら)へよー』
279(さけ)びつつ(すす)(きた)る。280スマートボールは最早(もはや)是迄(これまで)なりと決死(けつし)覚悟(かくご)(もつ)て、281千仭(せんじん)渓間(たにま)青淵(あをぶち)目蒐(めが)けてザンブと(ばか)()()んだ。282チヤンキー、283モンキーを(はじ)め、284左守(さもり)285右守(うもり)二柱(ふたはしら)は『アレヨアレヨ』と(さけ)びながら、286岩上(がんじやう)地団太(ぢだんだ)()んで()る。287谷底(たにぞこ)飛込(とびこ)みたるスマートボールは、288宇豆姫(うづひめ)小腋(こわき)()()(すく)()げ、289(みづ)()かせ人工(じんこう)呼吸(こきふ)(ほどこ)し、290種々雑多(しゆじゆざつた)介抱(かいほう)(うへ)291漸々(やうやう)蘇生(そせい)せしめた。
292スマートボール『モシモシ宇豆姫(うづひめ)(さま)293貴女(あなた)はどうしてこんな(こと)をなさいましたか。294()れには(なに)(ふか)仔細(しさい)御座(ござ)いませう。295(しか)(なが)如何(いか)なる(こと)御座(ござ)いませうとも、296(けつ)して短気(たんき)()してはなりませぬぞや』
297 宇豆姫(うづひめ)(いき)をはづませ(なが)ら、
298誰方(どなた)かと(おも)へば、299貴方(あなた)はスマートボール(さま)300………(わたくし)()なねばならぬ(こと)御座(ござ)います。301どうぞお見遁(みのが)(くだ)さいませ』
302スマートボール『如何(いか)なる(こと)御座(ござ)いませうとも、303()()(しの)天寿(てんじゆ)(まつた)うして、304(あた)(かぎ)りの神業(しんげふ)奉仕(ほうし)しなくてはなりますまい。305自殺(じさつ)罪悪中(ざいあくちう)罪悪(ざいあく)御座(ござ)いまする。306貴女(あなた)肉体(にくたい)(けつ)して貴女(あなた)(もの)ではない。307身魂(しんこん)(とも)大切(たいせつ)神様(かみさま)(あづ)かり(もの)308左様(さやう)気儘(きまま)(こと)をなさいますと、309末代(まつだい)(その)(つみ)(ゆる)されませぬぞ。310如何(いか)なる(こと)御座(ござ)いませうとも、311スマートボールが(ちから)(かぎ)りお(ちから)になりませう(ほど)に、312自殺(じさつ)(だけ)は、313(おも)(とど)まつて(くだ)さい』
314両眼(りやうがん)(なみだ)(なが)両手(りやうて)(あは)せて(たの)()る、315(その)真心(まごころ)(うるは)しさ。316宇豆姫(うづひめ)(かん)()たれて、
317『アヽ()(がた)御座(ござ)いました。318女心(をんなごころ)一時(いちじ)感情(かんじやう)にて義理(ぎり)(なさけ)(せま)られて、319(おも)はぬ不覚(ふかく)()りました。320どうぞお(ゆる)(くだ)さいませ。321もう今後(こんご)貴方(あなた)御教訓(ごけうくん)(きも)(めい)じ、322(けつ)して斯様(かやう)無法(むはふ)(こと)(いた)しませぬ』
323『アヽ宇豆姫(うづひめ)(さま)324よう()つて(くだ)さいました』
325(なみだ)(ぬぐ)宇豆姫(うづひめ)()()ひ、326(さる)(かよ)はぬ絶壁(ぜつぺき)を、327やうやうにして地恩郷(ちおんきやう)一隅(いちぐう)攀登(よぢのぼ)(をは)つた。
328 スマートボールは宇豆姫(うづひめ)()()(なが)ら、329城門(じやうもん)(くぐ)り、330宇豆姫(うづひめ)居間(ゐま)(おく)(とど)け、331衣服(いふく)着替(きか)へさせ、332色々(いろいろ)(なぐさ)めの言葉(ことば)(あた)へてゐる。333宇豆姫(うづひめ)(ただ)感謝(かんしや)(なみだ)()れて一言(いちごん)(はつ)()ず、334スマートボールを()(をが)(ばか)りである。
335 (この)(さわ)ぎに黄竜姫(わうりようひめ)(はじ)め、336蜈蚣姫(むかでひめ)(その)()一同(いちどう)(この)()(あら)はれ、337宇豆姫(うづひめ)無事(ぶじ)(しゆく)し、338()つスマートボールの善行(ぜんかう)(くち)(きは)めて賞讃(しやうさん)した。339今迄(いままで)()()めし(こころ)のスマートボールは、340青淵(あをぶち)()()みし(さい)341(こし)をしたたかに()ちたれども、342仁慈(じんじ)(こころ)引付(ひきつ)けられ、343(その)(いたみ)(すこ)しも(かん)じなかつたが、344やつと(むね)()(おろ)安心(あんしん)すると(とも)に、345(にはか)腰部(えうぶ)激痛(げきつう)(おぼ)えたので、346担架(たんか)()りて(わが)居間(ゐま)(おく)られ、347発熱(はつねつ)苦悶(くもん)(とこ)()(こと)となつた。348黄竜姫(わうりようひめ)宇豆姫(うづひめ)(むか)ひ、
349『そなたは、350(いのち)恩人(おんじん)たるスマートボールの病気(びやうき)351全快(ぜんくわい)(いた)すまで枕頭(ちんとう)(はべ)り、352親切(しんせつ)介抱(かいほう)をなされよ。353御神務(ごしんむ)梅子姫(うめこひめ)(さま)()れに(あた)らせ(たま)へば、354神務(しんむ)(こころ)()かず、355病人(びやうにん)介抱(かいほう)全力(ぜんりよく)(つく)されたし』
356慈悲(じひ)(こも)つた言葉(ことば)(のこ)し、357奥殿(おくでん)(また)もや悠々(いういう)(すす)()る。
358 ()西天(せいてん)(ぼつ)し、359三五(さんご)明月(めいげつ)東山(ひがしやま)(みね)(あつ)して皎々(かうかう)(かがや)き、360スマートボールの至誠(しせい)感賞(かんしやう)するものの(ごと)くである。361(これ)よりスマートボールは宇豆姫(うづひめ)手厚(てあつ)昼夜(ちうや)看護(かんご)()一ケ月(いつかげつ)(のち)362やうやう(もと)身体(からだ)(ふく)し、363神殿(しんでん)()(たづさ)へてお(れい)(まゐ)りを目出度(めでた)()ませた。
364 (これ)よりスマートボールの徳望(とくばう)益々(ますます)(たか)く、365城内(じやうない)()ふも(さら)なり、366竜宮島(りうぐうじま)一円(いちゑん)(その)(とく)喧伝(けんでん)され、367名誉(めいよ)一身(いつしん)(にな)(こと)となつた。
368 一旦(いつたん)辞任(じにん)申出(まをしい)でたる左守(さもり)清公(きよこう)は、369チヤンキー、370モンキーと(とも)平役人(ひらやくにん)(れつ)(くは)へられ、371(いち)から()(なほ)し、372修行(しうぎやう)時代(じだい)還元(くわんげん)して仕舞(しま)つた。373今日(けふ)三五(さんご)明月(めいげつ)374(つき)皎々(かうかう)中天(ちうてん)(かがや)き、375下界(げかい)悪魔(あくま)(くま)なく()らし(たま)(とき)376チヤンキー、377モンキーを(はじ)貫州(くわんしう)378武公(たけこう)(その)()連中(れんちう)は、379城外(じやうぐわい)芝生(しばふ)(うへ)(つき)(しやう)(なが)ら、380雑談(ざつだん)(ふけ)つて()る。
381チヤンキー『恰度(ちやうど)先月(あとつき)今日(けふ)だつた。382宇豆姫(うづひめ)さまが谷底(たにぞこ)()()げられた(とき)383俺達(おれたち)もどうかしてお(たす)(まを)したいと(こころ)はいくら(いらだ)てども、384(なに)()うても千仭(せんじん)谷間(たにま)385さうしてさつぱり何処(どこ)もかも白雲(しらくも)(つつ)まれ、386如何(どう)する(こと)出来(でき)ない場合(ばあひ)387スマートボールさまは(くも)谷間(たにま)目蒐(めが)けて()()み、388大切(たいせつ)(いのち)(ひろ)つて(たす)けられたその()だ。389(おく)には御神殿(ごしんでん)(おい)黄竜姫(わうりようひめ)(さま)390宇豆姫(うづひめ)391スマートボール(さま)全快(ぜんくわい)()ね、392(れい)御祭典(ごさいてん)(はじ)まつて()ると()(こと)だ。393それに()いても左守(さもり)清公(きよこう)さまはどうだ。394あれだけ一生懸命(いつしやうけんめい)宇豆姫(うづひめ)さまに(うつつ)()かしながら、395危急(ききふ)場合(ばあひ)(たす)けもようせず、396(また)鶴公(つるこう)さまとても(おな)じく宇豆姫(うづひめ)さまに(たま)()かし(なが)ら……あの(ざま)397(じつ)人間(にんげん)(こころ)(ほど)(あて)にならぬものはないぢやないか』
398貫州(くわんしう)『それだから何時(いつ)(おれ)清公(きよこう)ヤモリになつたり、399鶴公(つるこう)イモリになつて威張(ゐば)つて()るのが()()はぬと()ふのだ。400あんな連中(れんちう)(うへ)頑張(ぐわんば)つて()つては、401俺達(おれたち)(うか)()がない。402仁慈(じんじ)無限(むげん)黄竜姫(わうりようひめ)(さま)生神(いきがみ)梅子姫(うめこひめ)(さま)仁徳(じんとく)403何程(なにほど)日月(じつげつ)(ごと)(かがや)(たま)ふとも、404中途(ちうと)黒雲(くろくも)(かぶ)さつて()つては、405日月(じつげつ)(ひかり)我々(われわれ)(あたま)()(わた)らない道理(だうり)だ。406(さいは)清公(きよこう)左守(さもり)(すべ)つた以上(いじやう)は、407どうぞ立派(りつぱ)後継者(こうけいしや)()しいものだなア』
408武公(たけこう)今日(こんにち)下馬評(げばひやう)(のぼ)つて()るのは、409スマートボールさまだ。410あの(かた)ならば我々(われわれ)は、411双手(さうしゆ)()げて賛成(さんせい)をするよ。412さうして宇豆姫(うづひめ)(さま)をクロンバーの位置(ゐち)()ゑ、413三五教(あななひけう)教理(けうり)竜宮島(りうぐうじま)一帯(いつたい)に、414万遍(まんべん)なく均霑(きんてん)せしむるのが我々(われわれ)理想(りさう)だよ』
415モンキー『ヘン……一寸(ちよつと)()りくさるワイ。416そんなら(これ)から(ひと)吾々(われわれ)連判状(れんぱんじやう)(つく)つて、417スマートボール(さま)を、418左守(さもり)御任用(ごにんよう)(くだ)さる(やう)419建白書(けんぱくしよ)差出(さしだ)さうぢやないか』
420一同(いちどう)『ソリヤ面白(おもしろ)からう』
421(はな)(ところ)に、422ニユツと(あら)はれた清公(きよこう)は、
423『ヤア、424最前(さいぜん)から結構(けつこう)なお(はなし)がはづんで()りましたな。425(わたし)(みな)さまのお(こころ)(うち)(うかが)()らして(いただ)いて、426(まこと)結構(けつこう)御座(ござ)いました。427貴方等(あなたがた)(あふ)せの(とほ)り、428(じつ)(わたし)はツマラヌ(もの)御座(ござ)いました。429(わたし)今日(こんにち)境遇(きやうぐう)(おちい)つたのも、430(けつ)して偶然(ぐうぜん)では()りますまい。431どうぞ今迄(いままで)(こころ)根本(こんぽん)より改良(かいりやう)(いた)しますから、432今迄(いままで)(どほ)可愛(かあい)がつて(くだ)さいませ。433どんな(こと)でも(いや)とは(まを)しませぬ。434これから雪隠(せんち)掃除(さうぢ)でも草取(くさと)りでも、435(なん)でも(いた)しますから』
436チヤンキー『流石(さすが)清公(きよこう)だ。437さうなくては(かな)はぬ(こと)438そんならお(まへ)439これから連判状(れんぱんじやう)(つく)るから、440連名(れんめい)(くは)はりますかな』
441清公(きよこう)(わたくし)(ごと)きものでも(その)末尾(まつび)にお(くは)(くだ)さるならば、442()(がた)御座(ござ)います』
443『ヨシヨシ』
444一同(いちどう)()(なが)ら、445芭蕉(ばせう)()(かわ)きたるに緑青(ろくせう)(もつ)建白書(けんぱくしよ)(したた)め、446各自(かくじ)署名(しよめい)し、447夜明(よあ)けを()つて書類(しよるゐ)(つく)()げ、448貫州(くわんしう)(これ)(たづさ)黄竜姫(わうりようひめ)(ならび)梅子姫(うめこひめ)御前(おんまへ)出願(しゆつぐわん)する(こと)となつた。
449 地恩城(ちおんじやう)奥殿(おくでん)450黄竜姫(わうりようひめ)居間(ゐま)には、451梅子姫(うめこひめ)452蜈蚣姫(むかでひめ)(ひたひ)(あつ)め、453左守(さもり)後任(こうにん)(つい)協議会(けふぎくわい)(ひら)かれてゐる。
454黄竜姫(わうりようひめ)梅子姫(うめこひめ)(さま)455貴女(あなた)御存(ごぞん)じの(とほ)り、456左守(さもり)清公(きよこう)辞任(じにん)(いた)してより、457最早(もはや)一カ月(いつかげつ)経過(けいくわ)(いた)しました。458宰相(さいしやう)なくしては円満(ゑんまん)神務(しんむ)奉仕(ほうし)することは(もつと)不便利(ふべんり)御座(ござ)います。459(つい)ては右守(うもり)鶴公(つるこう)をその(あと)(にん)じたく(ぞん)じ、460色々(いろいろ)()()けましたなれど、461謙譲(けんじやう)なる(かれ)はどうしても承諾(しようだく)(いた)しませぬ。462(わたくし)職権(しよくけん)(もつ)無理(むり)(まを)()けると()(わけ)にも(まゐ)りませず、463如何(どう)(いた)しませうかと(こころ)(なや)めて()りました。464(しか)るに衆人(しうじん)徳望(とくばう)一身(いつしん)(あつ)めたスマートボール、465(これ)左守(さもり)となし、466これに嫁入(よめい)らすに貴方(あなた)侍女(じぢよ)宇豆姫(うづひめ)(もつ)てせば、467如何(いかが)御座(ござ)いませう。468どうしてもブランジーにクロンバーの陰陽(いんやう)(そろ)はなくては円滑(ゑんくわつ)神務(しんむ)(はこ)べますまい。469どうぞ腹蔵(ふくざう)なく御高見(ごかうけん)(うけたま)はりたう御座(ござ)います』
470梅子姫(うめこひめ)(わたくし)貴女様(あなたさま)のお(かんが)(どほ)り、471至極(しごく)結構(けつこう)(こと)(ぞん)じます。472蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)御意見(ごいけん)如何(いかが)御座(ござ)いませうか。473(その)(うへ)にて決定(けつてい)する(こと)(いた)したう(ぞん)じます』
474梅子姫(うめこひめ)謙遜(けんそん)しながら蜈蚣姫(むかでひめ)(おも)んじ、475挨拶(あいさつ)(かへ)した。
476蜈蚣姫(むかでひめ)(なに)()うても年寄(としより)(わたし)477どうぞ黄竜姫(わうりようひめ)御相談(ごさうだん)(うへ)478(よろ)しき(やう)にお取計(とりはか)らひ(あそ)ばしませ。479(わたし)何事(なにごと)意見(いけん)御座(ござ)いませぬ』
480黄竜姫(わうりようひめ)(しか)らば(いよいよ)スマートボール、481宇豆姫(うづひめ)呼出(よびだ)(めい)(つた)へ、482神前(しんぜん)(おい)結婚(けつこん)(しき)()げさせませう。483(ぜん)(いそ)げ、484一時(いちじ)(はや)梅子姫(うめこひめ)(さま)485着手(ちやくしゆ)(いた)すで御座(ござ)いませう』
486梅子姫(うめこひめ)『ハイ(まこと)結構(けつこう)(あふ)せ、487(わたくし)(よろこ)んで御賛成(ごさんせい)(まを)()げます』
488 (いよいよ)三人(さんにん)協議(けふぎ)(まと)まり貫州(くわんしう)(まね)き、489両人(りやうにん)(その)(むね)(つた)へしめた。
490 両人(りやうにん)主命(しゆめい)もだし(がた)(つひ)(その)(めい)(したが)ひ、491目出度(めでた)結婚(けつこん)(しき)()げ、492此処(ここ)地恩郷(ちおんきやう)のブランジー、493クロンバーとして神業(しんげふ)奉仕(ほうし)する(こと)となりたり。
494大正一一・七・七 旧閏五・一三 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)