霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 開悟(かいご)(はな)〔七五六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 篇:第3篇 竜の宮居 よみ:たつのみやい
章:第10章 第25巻 よみ:かいごのはな 通し章番号:756
口述日:1922(大正11)年07月10日(旧閏05月16日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
スワの湖の男島と女島は、神に仕える諸神が金銀の蛇・ムカデとなって三寒三熱限りない苦痛を嘗めて世を救うという、諸善竜神の修行場であった。清公に入り込んだ蛇は、玉依姫の分霊・玉永姫の化身であった。
アイルやテーナやチャンキーを女島に投げて苦しい修行をさせ、水晶の身魂に磨き上げた。モンキーはひとり善悪の判断に迷ったが、亀によって導かれ、心の闇を照らされた。
モンキーは神船に乗って進み、遠浅の湖岸に向かって来た。金砂の磯端に着くと、モンキーは飛び降りた。美しい湖面の光景を眺めながら進んで行くと、突然後ろから、虎の両手がモンキーの肩を掴んだ。モンキーは引かれて林の中に導かれ、瑠璃のごとき岩石の元に穿たれた岩窟に導き入れられた。
モンキーはいかなることが出来しても、理智を捨ててただ神に任すべく決心を固めていた。ただ自然に引かれるままに進んで行った。
モンキーは光り輝く洞穴の中をきりきり舞いしながら進んで行く。何時の間にはモンキーは、美しい宝玉で飾られた宝座の上に端座していた。洞穴内の遥か向こうから、五つの玉の光が目も眩むばかりに照らしてきた。
モンキーは思わず目を閉じたが、玉の光る方を眺めてみると、紫の玉には初稚姫、赤い玉には玉能姫、青い玉には玉治別、白い玉には久助、黄色い玉にはお民の顔が映っていた。モンキーはたちまち精神が宙に浮き上がる如く感じ、その場に倒れてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2510
愛善世界社版:155頁 八幡書店版:第5輯 87頁 修補版: 校定版:160頁 普及版:70頁 初版: ページ備考:
001(こころ)(いろ)清公(きよこう)
002チヤンキー(長吉)モンキー(茂吉)(はじ)めとし
003アイル、テーナの五人連(ごにんづ)
004黄金(こがね)(はな)()海中(わだなか)
005竜宮島(りうぐうじま)中心地(ちうしんち)
006玉野ケ原(たまのがはら)()(わた)
007酷暑(こくしよ)(ひかり)()(なが)
008涼風(すずかぜ)(かを)諏訪(すは)(うみ)
009(ほこら)(まへ)端坐(たんざ)して
010天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
011浮世(うきよ)(きぬ)()()てつ
012(うま)赤子(あかご)真裸体(まつぱだか)
013(あと)をも(さき)をもみづ御霊(みたま)
014()つの御霊(みたま)諸共(もろとも)
015()(をど)らして()()めば
016千尋(ちひろ)(そこ)より()(ふか)
017(つみ)凝固(ぎようこ)清公(きよこう)
018先頭(せんとう)()てて各自(めいめい)
019(あゆ)むに()れて摺鉢(すりばち)
020(ふか)水底(みそこ)()(しづ)
021一度(いちど)(いき)()れたるが
022金銀珠玉(きんぎんしゆぎよく)(ちりば)めし
023目無堅間(めなしかたま)神船(しんせん)
024(さを)さし(きた)神人(しんじん)
025(すく)()げられ常磐木(ときはぎ)
026(てん)(ふう)じて()(なら)
027雄島(をしま)(きし)(すく)はれぬ
028(そもそも)此島(ここ)竜宮(りうぐう)
029(かみ)(つか)ふる百神(ももがみ)
030(きん)(ぎん)との(じや)(へん)
031(あるひ)蜈蚣(むかで)()(かは)
032澆季末法(げうきまつぽふ)()(なか)
033(すく)(たす)けて(かみ)(かは)
034()てむが(ため)朝夕(あさゆふ)
035三寒(さんかん)三熱(さんねつ)(かぎ)りなき
036苦痛(くつう)()めて()(すく)
037諸善竜神(しよぜんりうじん)修業場(しゆげふば)
038三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
039(うま)赤子(あかご)になり(かは)
040(こころ)(いろ)清公(きよこう)
041(のど)目蒐(めが)けて()()みし
042黄金(こがね)(へび)何者(なにもの)
043玉依姫(たまよりひめ)()御霊(みたま)
044玉永姫(たまながひめ)化身(けしん)にて
045竜宮洲(りうぐうじま)(きよ)めむと
046()清公(きよこう)(たい)()
047アイルテーナやチヤンキーを
048蜈蚣(むかで)(しま)()げやりて
049現界(このよ)幽界(あのよ)(さかひ)なる
050(くる)しき修業(しうげふ)事依(ことよ)さし
051水晶身魂(すゐしやうみたま)(みが)()
052(つみ)(けがれ)軽衣(かるごろも)
053(にしき)(ふね)(はこ)ばれて
054(たつ)宮居(みやゐ)(すす)()
055雄島(をしま)(きし)(のこ)されし
056一人(ひとり)(をとこ)モンキーは
057四人(よにん)姿(すがた)見送(みおく)りて
058善悪邪正(ぜんあくじやせい)判断(はんだん)
059(まよ)(をり)しも金銀(きんぎん)
060(なみ)()()けて(うか)()
061青緑毛(せいりよくまう)大亀(おほかめ)
062(たちま)ちモンキーが足許(あしもと)
063のたりのたりと()(あが)
064山上(さんじやう)目蒐(めが)けて()()せば
065(ここ)にモンキーは(おく)れじと
066(かめ)(あと)をば()(なが)
067大樹(たいじゆ)(えだ)()(のぼ)
068(かめ)諸共(もろとも)高所(かうしよ)より
069(たちま)地上(ちじやう)顛落(てんらく)
070大切(だいじ)(あたま)()ちながら
071(かみ)御息(みいき)(りやう)()
072(ひら)()きかけ疵所(きずしよ)をば
073つるりつるりと()でつれば
074(きず)(たちま)()えにける
075緑毛(りよくまう)(かめ)足早(あしばや)
076(くも)(かすみ)()(いだ)
077(われ)(おく)れじとモンキーは
078(みぎは)(すす)折柄(をりから)
079緑毛(りよくまう)(かめ)(たちま)ちに
080()(をど)らして水中(すゐちう)
081ザンブと(ばか)()()みぬ
082モンキー(あと)より(おく)れじと
083(また)もや水中(すゐちう)()()めば
084手足(てあし)(つか)()(よわ)
085(いき)()えむとする(ところ)
086緑毛(りよくまう)(かめ)何故(なにゆゑ)
087湖面(こめん)姿(すがた)(うか)べつつ
088手足(てあし)(やす)めて()(かへ)
089モンキーの(きた)るを()()たる
090(やうや)(かめ)(すが)りつき
091両手(りやうて)(かふ)(かか)へつつ
092(いのち)辛々(からがら)()いて()
093(かめ)直様(すぐさま)水中(すゐちう)
094(もぐ)りて(ふか)海底(うなぞこ)
095一旦(いつたん)(いき)(やす)めつつ
096(ふたた)湖面(こめん)()(あが)
097(たちま)(へん)じて(ふね)となる
098(いのち)(かぎ)りのモンキーは
099(はじ)めて蘇生(そせい)したるごと
100(こころ)(いさ)()(いさ)
101(すく)ひの(ふね)()(まか)
102善悪邪正(ぜんあくじやせい)判断(はんだん)
103(こころ)(やみ)()らしつつ
104(ふね)のまにまに(なみ)(うへ)
105朱欄碧瓦(しゆらんへきぐわ)竜宮(りうぐう)
106高楼(たかどの)目蒐(めが)けて惟神(かむながら)
107(かみ)のまにまに(すす)()く。
108 遠浅(とほあさ)湖岸(こがん)(ふね)(すす)んで()た。109湖底(うなぞこ)水晶(すゐしやう)(ごと)(あきら)かに、110金砂銀砂(きんしやぎんしや)(ひかり)太陽(たいやう)(えい)じて何物(なにもの)にも譬方(たとへがた)なき(うるは)しさ。111(ちひ)さき(あを)112(あか)113(むらさき)(うを)金魚(きんぎよ)のやうな()()つて縦横(じうわう)溌溂(はつらつ)として(およ)いで()る。114(てん)(ほし)(かがや)くやうに(みづ)(ふか)五寸(ごすん)乃至(ないし)一尺(いつしやく)(ばか)りの(ところ)になりて、115金剛石(こんがうせき)のやうな(ひかり)116五六尺(ごろくしやく)(あるひ)一二尺(いちにしやく)(へだ)てて()(くら)(ばか)(つよ)(ひかり)(はな)つて()る。117(ふね)一寸(いつすん)(ばか)りの(みづ)(うへ)さへも軽々(かるがる)しく(すべ)りつつ、118(つい)金砂(きんしや)磯端(いそばた)()いた。
119 モンキーは(ふね)()()り、120砂原(すなはら)(あゆ)みかけた。121一歩(いつぽ)々々(いつぽ)(はこ)(ごと)(あし)(した)から(うぐひす)のやうな(こゑ)()()る。122()(かへ)つて(すな)(いん)した足跡(あしあと)()れば、123(だい)なる小判(こばん)()いたやうに金色(こんじき)(ひか)つて()る。124モンキーはふと(たたず)み、125()()(ふね)湖面(こめん)()れば、126(あを)127(べに)128(むらさき)129(しろ)130()131橄欖色(かんらんしよく)132(その)()()()はれぬ宝玉(ほうぎよく)133湖上(こじやう)三尺(さんじやく)(ばか)りの(ところ)(てふ)(はな)(たはむ)(ごと)くに前後左右(ぜんごさいう)浮動(ふどう)して()(うるは)しさ、134(たま)(たま)とは時々(ときどき)衝突(しようとつ)して煙火(はなび)(ごと)(ひかり)湖面(こめん)()げて()る。135(あたか)宝玉(ほうぎよく)粉末(ふんまつ)()()らした(やう)(なが)めである。136モンキーは(ゆめ)では()いかと(われ)(わが)()(うたが)ひつつ(なほ)湖面(こめん)熟視(じゆくし)して()ると、137(うしろ)(はう)より(おも)はず両方(りやうはう)(かた)をグツと(かか)へた(もの)がある。138何者(なにもの)ならむと(わが)(むね)(あたり)()(てん)ずれば、139金色(きんいろ)140黒色(こくしよく)のダンダラ(すぢ)のある(とら)両手(りやうて)であつた。141モンキーは(その)()(わが)両手(りやうて)(かた)(にぎ)(なが)ら、142何者(なにもの)にか()かるる(ごと)心地(ここち)し、143自分(じぶん)姿(すがた)何時(いつ)()にやら、144(むらさき)(うるは)しき()()数多(あまた)(しげ)れる(はやし)(なか)(みちび)かれ、145瑠璃光(るりくわう)(ごと)岩石(がんせき)根下(ねもと)穿(うが)たれたる岩窟(がんくつ)(なか)へ、146不知不識(しらずしらず)(すす)()りける。
147 モンキーは、148如何(いか)なること()りとも、149理智(りち)()てて(ただ)惟神(かむながら)(まか)すべく、150決心(けつしん)(ほぞ)(かた)めて()(さい)であるから、151一切(いつさい)考慮(かうりよ)()て、152(ただ)(わが)()自然(しぜん)()かるるままに(まか)して()るのみ。
153 モンキーの(からだ)は、154金銀色(きんぎんいろ)(ひかり)(かがや)洞穴(ほらあな)(なか)自然(しぜん)にキリキリ()(なが)ら、155何処(どこ)ともなく(きこ)ゆる音楽(おんがく)(こゑ)()れて時々(ときどき)()(あが)り、156(あるひ)(よこ)になり、157(あるひ)逆様(さかさま)()(もつ)(あゆ)むなど、158(まつた)一身心魂(いつしんしんこん)(かみ)(まか)せて、159何時(いつ)()にか(その)身体(からだ)(うる)はしき宝玉(ほうぎよく)をもつて(かざ)られたる宝座(ほうざ)(うへ)端坐(たんざ)して()た。160坑内(かうない)(はるか)(むか)ふより(あを)161(あか)162(むらさき)163(しろ)164()(いつ)つの(たま)(ひかり)165サーチライトの数千倍(すうせんばい)光力(くわうりよく)をもつて、166()(くら)(ばか)此方(こなた)(むか)つて(ひかり)放射(はうしや)()した。167モンキーは(おも)はず()(ふさ)ぎ、168(たま)(ひか)(はう)(なが)むれば(あに)(はか)らむや、169(むらさき)(たま)(なか)には初稚姫(はつわかひめ)170(あか)(たま)には玉能姫(たまのひめ)171(あを)(たま)には玉治別(たまはるわけ)172(しろ)(たま)には久助(きうすけ)173黄色(きいろ)(たま)にはお(たみ)(かほ)がありありと(うつ)つて()た。174モンキーは(これ)()るより(たちま)精神(せいしん)(ちう)()(あが)(ごと)前後(ぜんご)()らず(その)()(たふ)れて仕舞(しま)つた。
175大正一一・七・一〇 旧閏五・一六 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。