霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 麻邇(まに)(たま)〔七六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 篇:第1篇 伊都宝珠 よみ:いずほっしゅ
章:第1章 第26巻 よみ:まにのたま 通し章番号:766
口述日:1922(大正11)年07月17日(旧閏05月23日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
世界の五大洲である豊葦原の瑞穂国の中でも、メソポタミヤの楽園と並んで清い自転倒島は、七五三の波清く風穏やかな神守の島や、蓮華台上の霊山に、この世を清める三つ御霊が現れた。
国治立大神は厳の御霊を分け給い国武彦と現れて、五六七の神世が来るまで無限の力を隠しつつ、松の世の礎を固く築き固める。
玉照彦命、玉照姫命になぞらえて、金剛不壊の如意宝珠、黄金の玉、紫の玉などの宝玉を集めて、豊国主命の分霊である言霊別命の末裔である言依別命を教主として、錦の宮に伊都能売の神策を仕組み給うた。
言依別命、玉能姫、初稚姫の三つの御霊は、ひそかに神の宣勅を受けて、玉のありかを隠して、遠い未来の三つの御玉の出現を待ち給う。神素盞嗚大神の深遠微妙な御経綸である。
梅子姫を竜宮の宝島に遣わして、黄竜姫を盾として、玉治別、久助、お民、友彦、テールス姫らの身魂を磨き、諏訪の湖から五つの玉を玉依姫から授かった。
言依別命は、竜宮島から宝玉を持ち帰った十人の宣伝使を迎えるために、杢助や遠近に派遣していた神司を集めて、事の詳細を包み隠さず示した。そして数多の人々を引き連れて、由良の港へと十人を迎えに出立した。
八咫烏は梅子姫、初稚姫、玉能姫、玉治別、黄竜姫、蜈蚣姫、友彦、テールス姫、久助、お民を乗せて由良の港の秋山彦の館に降ってきた。一行は歓呼の声に迎えられ、五個の宝玉は、用意されていた柳箱に納められた。
言依別命と秋山彦夫婦は、別館において慰労の宴に列し、歓声は四辺に聞こえてきた。
素盞嗚尊は辺りに人が無いことを見ると、国武彦命と何事かを示し合わせ、五十子姫を招くと、言依別、秋山彦、紅葉姫と共に玉の入った柳箱を次の間に運ばせ、同じ形の箱を元の神前に飾り入れ替えてしまった。
この御経綸は、国武彦命、梅子姫、五十子姫、言依別命、秋山彦・紅葉姫夫婦のほかには絶対に知る者はなかった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2601
愛善世界社版:15頁 八幡書店版:第5輯 153頁 修補版: 校定版:17頁 普及版:5頁 初版: ページ備考:
001三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
002一度(いちど)(ひら)五大洲(ごだいしう)
003豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
004(なか)にも()けて神恩(しんおん)
005(めぐ)(あまね)中津国(なかつくに)
006メソポタミヤの楽園(らくゑん)
007(なら)びて(きよ)自転倒(おのころ)
008大和島根(やまとしまね)磯輪垣(しわがき)
009秀妻国(ほづまのくに)(たた)へられ
010七五三(しちごさん)(なみ)(きよ)
011(かぜ)(おだや)かな神守(かむもり)
012(しま)名高(なだか)真秀良場(まほらば)
013青垣山(あをがきやま)(めぐ)らせる
014霊山会場(れいざんゑぢやう)蓮華台(れんげだい)
015(この)()(きよ)むる()御魂(みたま)
016四尾(よつを)(みね)山麓(さんろく)
017国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
018(いづ)御霊(みたま)()(たま)
019国武彦(くにたけひこ)(あら)はれて
020五六七(みろく)神世(みよ)(きた)(まで)
021無限(むげん)(ちから)(かく)しつつ
022(はな)()(はる)(まつ)()
023(いしずゑ)(かた)()きかため
024(そら)()(わた)玉照彦(たまてるひこ)
025(かみ)(みこと)玉照姫(たまてるひめ)
026(かみ)(みこと)日月(じつげつ)
027(かみ)使(つかひ)になぞらへて
028金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)
029黄金(こがね)(たま)(むらさき)
030稀代(きだい)宝玉(はうぎよく)(あつ)めまし
031豊国主(とよくにぬし)分霊(わけみたま)
032言霊別(ことたまわけ)(たま)(すゑ)
033言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)とし
034(にしき)(みや)千木(ちぎ)(たか)
035下津岩根(したついはね)宮柱(みやばしら)
036太知(ふとし)()てて伊都能売(いづのめ)
037幽玄微妙(いうげんびめう)神策(しんさく)
038仕組(しぐ)(たま)ひし雄々(をを)しさよ
039言依別(ことよりわけ)玉能姫(たまのひめ)
040初稚姫(はつわかひめ)()御魂(みたま)
041ひそかに(かみ)宣勅(みことのり)
042(うなじ)()けて永久(とこしへ)
043(たま)在処(ありか)()めかくし
044()つの御玉(みたま)出現(しゆつげん)
045(とほ)未来(みらい)()(たま)
046神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
047深遠微妙(しんゑんびめう)御経綸(ごけいりん)
048梅子(うめこ)(ひめ)竜宮(りうぐう)
049(たから)(しま)(つか)はして
050黄竜姫(わうりようひめ)(たて)となし
051(てん)(くわ)(すゐ)()(むす)びたる
052青赤白黄紫(あをあかしろきむらさき)
053(いつ)つの(たま)諏訪湖(すはうみ)
054玉依姫(たまよりひめ)御手(おんて)より
055初稚姫(はつわかひめ)玉能姫(たまのひめ)
056玉治別(たまはるわけ)(はじ)めとし
057久助(きうすけ)(たみ)()身魂(みたま)
058(みが)()まして水晶(すゐしやう)
059(かがや)(わた)宝玉(ほうぎよく)
060(さづ)(たま)へば五柱(いつはしら)
061(こころ)(きよ)()(きよ)
062押戴(おしいただ)いて梅子姫(うめこひめ)
063黄竜姫(わうりようひめ)蜈蚣姫(むかでひめ)
064テールス(ひめ)友彦(ともひこ)
065(みが)()ました神司(かむづかさ)
066無言(むごん)(まま)()(わた)
067玉依姫(たまよりひめ)御前(おんまへ)
068しづしづ()ちて()つの(もん)
069くぐりて(かへ)諏訪湖(すはうみ)
070金波(きんぱ)(ただよ)磯端(いそばた)
071(かへ)りて湖面(こめん)合掌(がつしやう)
072感謝(かんしや)折柄(をりから)中空(ちうくう)
073()らして(くだ)八咫烏(やあたがらす)
074黄金(こがね)(つばさ)打拡(うちひろ)
075十曜(とえう)(もん)十人連(とたりづれ)
076(せな)()せつつ久方(ひさかた)
077天津御空(あまつみそら)(いさ)ましく
078雲霧(くもきり)()けて(くだ)()
079自転倒島(おのころじま)中心地(ちうしんち)
080(あや)高天(たかま)(そら)(ちか)
081(かへ)(きた)るぞ目出度(めでた)けれ
082言依別(ことよりわけ)神界(しんかい)
083()らせに()りて杢助(もくすけ)
084(その)()数多(あまた)神司(かむづかさ)
085八尋(やひろ)殿(との)(まね)()
086(いつ)つの(たま)中空(ちうくう)
087(かけ)りて(くだ)瑞祥(ずゐしやう)
088(ことほ)(まつ)歓迎(くわんげい)
089準備(じゆんび)をなさむと遠近(をちこち)
090派遣(はけん)()きたる神司(かむづかさ)
091使(つかひ)()せて一所(ひととこ)
092(あつ)めて(こと)詳細(しやうさい)
093(つつ)(かく)さず(しめ)しける
094(ひと)(じま)より中空(ちうくう)
095(かす)めて聖地(せいち)(くだ)()
096(たり)身魂(みたま)(むか)へむと
097数多(あまた)人々(ひとびと)()きつれて
098由良(ゆら)(みなと)へすくすくと
099(れつ)(ただ)して()(むか)
100あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
101御霊(みたま)(さち)はへましませよ。
102 言依別命(ことよりわけのみこと)杢助(もくすけ)(はじ)め、103音彦(おとひこ)104国依別(くによりわけ)105秋彦(あきひこ)106波留彦(はるひこ)107佐田彦(さだひこ)108夏彦(なつひこ)109常彦(つねひこ)(その)()面々(めんめん)()きつれ、110東助(とうすけ)留守(るす)(たの)み、111聖地(せいち)()つて(ふね)()り、112由良川(ゆらがは)(くだ)りて由良(ゆら)(みなと)秋山別(あきやまわけ)秋山彦の誤字か?(やかた)立向(たちむか)ひ、113梅子姫(うめこひめ)一行(いつかう)八咫烏(やあたがらす)()りて(かへ)(きた)るを待受(まちう)ける(こと)となつた。
114 八咫烏(やあたがらす)梅子姫(うめこひめ)115初稚姫(はつわかひめ)116玉能姫(たまのひめ)117玉治別(たまはるわけ)118黄竜姫(わうりようひめ)119蜈蚣姫(むかでひめ)120友彦(ともひこ)121テールス(ひめ)122久助(きうすけ)123(たみ)といふ(じゆん)に、124秋山彦(あきやまひこ)(やかた)羽撃(はばた)(いさ)ましく、125(ひろ)庭前(ていぜん)(くだ)つて()た。126歓呼(くわんこ)拍手(はくしゆ)(こゑ)天地(てんち)(ゆる)(ばか)りであつた。127(やかた)主人(あるじ)秋山彦(あきやまひこ)128紅葉姫(もみじひめ)(うやうや)しく無言(むごん)(まま)目礼(もくれい)しながら、129言依別命(ことよりわけのみこと)先頭(せんとう)に、130杢助(もくすけ)以下(いか)神司(かむづかさ)(とも)に、131梅子姫(うめこひめ)一行(いつかう)(おく)()案内(あんない)し、132一同(いちどう)労苦(らうく)(しや)した。133(かね)用意(ようい)五個(ごこ)柳筥(やなぎばこ)に、134一々(いちいち)(たま)(をさ)められ、135神前(しんぜん)安置(あんち)され、136一同(いちどう)打揃(うちそろ)うて感謝(かんしや)祈願(きぐわん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、137(をは)つて直会(なほらひ)(えん)(ひら)かれた。138(つぎ)()より(からかみ)()()け、139しづしづと、140五十子姫(いそこひめ)先頭(せんとう)()て、141神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)142国武彦命(くにたけひこのみこと)(とも)一同(いちどう)(まへ)(あら)はれ(たま)ひ、143(いよいよ)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)基礎(きそ)確立(かくりつ)せる(こと)(よろこ)(たま)ひ、144()一同(いちどう)至誠(しせい)至実(しじつ)活動(くわつどう)感賞(かんしやう)(たま)ひ、145別室(べつま)(おい)てゆるゆる休息(きうそく)せよと宣示(せんじ)し、146(また)もや一間(ひとま)(うち)姿(すがた)(かく)(たま)うた。147言依別命(ことよりわけのみこと)148秋山彦(あきやまひこ)夫婦(ふうふ)(あと)(のこ)り、149一同(いちどう)別館(べつくわん)(おい)(ふたた)慰労(ゐらう)(えん)(れつ)し、150歓声(くわんせい)()くが(ごと)四辺(あたり)(きこ)えて()た。
151 素盞嗚尊(すさのをのみこと)四辺(あたり)(ひと)()きを()すまし、152国武彦命(くにたけひこのみこと)何事(なにごと)(しめ)(あは)(たま)ひ、153五十子姫(いそこひめ)(この)()(まね)き、154無言(むごん)(まま)155言依別(ことよりわけ)156秋山彦(あきやまひこ)157紅葉姫(もみぢひめ)(とも)に、158柳筥(やなぎばこ)(つぎ)()(はこ)ばせ、159(あらた)めて(おな)(かたち)柳筥(やなぎばこ)(もと)神前(しんぜん)(かざ)らせ(たま)うた。
160 (この)御経綸(ごけいりん)国武彦命(くにたけひこのみこと)(はじ)梅子姫(うめこひめ)161五十子姫(いそこひめ)162言依別命(ことよりわけのみこと)163秋山彦(あきやまひこ)夫婦(ふうふ)より(ほか)絶対(ぜつたい)()(もの)はなかつたのである。
164大正一一・七・一七 旧閏五・二三 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】霊界物語読者アンケートに、三鏡の目次を以前のように戻して欲しいという要望があったので戻してみました。三鏡のトップページに「水鏡」「月鏡」「玉鏡」全部の目次が表示されます。