霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 (すず)(おと)〔七七二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 篇:第2篇 蓮華台上 よみ:れんげだいじょう
章:第7章 鈴の音 よみ:すずのおと 通し章番号:772
口述日:1922(大正11)年07月18日(旧閏05月24日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
五十子姫は、笑みを湛えて祝歌を歌った。厳の大神、瑞の大神を称え、自身の神業の遍歴をの結果、苦難の末に父大神と国武彦神の前に麻邇の玉を持ち帰ることができた喜びを歌った。
続いて音彦が立って舞いながら歌った。元はウラル教の宣伝使であったのが、波斯の国で日の出神に導かれて三五教の神業に参加し、麻邇の宝珠の神業が完成した場に居合わせることができたことへの感謝を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:109頁 八幡書店版:第5輯 183頁 修補版: 校定版:121頁 普及版:39頁 初版: ページ備考:
001 五十子姫(いそこひめ)はさも(うれ)()満面(まんめん)(ゑみ)(たた)へ、002金扇(きんせん)(ひら)いて満座(まんざ)(なか)(むか)つて祝歌(しゆくか)(うた)ひ、003長袖(ちやうしう)(しと)やかに()はせ(たま)うた。
004(いづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
005(みづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
006八洲(やしま)(くに)(わだか)まる
007八岐大蛇(やまたをろち)言向(ことむ)けて
008(この)()(まが)(はら)はむと
009国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
010(こころ)千々(ちぢ)(くだ)かせつ
011雲井(くもゐ)(そら)(いや)(たか)
012(くらゐ)()てて()(くに)
013(たふと)御身(おんみ)をしのばせつ
014(また)もや(この)()(まも)らむと
015天教山(てんけふざん)火口(くわこう)より
016水火(すゐくわ)艱苦(なやみ)(しの)ぎつつ
017豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
018(くま)なく(めぐ)神人(しんじん)
019(こころ)(つつ)村雲(むらくも)
020科戸(しなど)(かぜ)()(はら)
021速川(はやかは)()(きよ)めむと
022百千万(ももちよろづ)()(やつ)
023悪魔(あくま)(たけ)()(なか)
024(まも)らせたまふぞ(たふと)けれ
025ウブスナ(やま)頂上(ちやうじやう)
026()(なら)びたる斎苑館(いそやかた)
027五十子(いそこ)(ひめ)父神(ちちがみ)
028(みこと)(かしこ)顕恩(けんおん)
029(さと)(くだ)りて三五(あななひ)
030(まこと)(みち)(たて)となし
031バラモン(けう)神柱(かむばしら)
032鬼雲彦(おにくもひこ)(その)(ほか)
033(かみ)(つかさ)近寄(ちかよ)りて
034(すく)ひの(みち)(つた)へむと
035(おも)ひし(こと)(みづ)(あわ)
036是非(ぜひ)なく此処(ここ)()()でて
037梅子(うめこ)(ひめ)諸共(もろとも)
038エデンの(なが)れを(よこ)ぎりつ
039()みも(なら)はぬ旅枕(たびまくら)
040(あめ)(あられ)()(さら)
041(しこ)魔風(まかぜ)(くしけづ)
042彼方此方(あなたこなた)(かみ)(みち)
043(ひら)(をり)しもバラモンの
044(かみ)(つかさ)(とら)へられ
045(うらみ)(ふか)(わだ)(はら)
046(なかば)()ちたる捨小船(すてをぶね)
047主従(しゆじう)四人(よにん)村肝(むらきも)
048(こころ)(さび)しく天地(あめつち)
049(かみ)御前(みまへ)太祝詞(ふとのりと)
050(なみだ)(とも)(とな)へつつ
051(はて)しも()らぬ(なみ)(うへ)
052()きつ(しづ)みつ竜宮(りうぐう)
053(たから)(しま)辿(たど)りつく
054(かみ)御稜威(みいづ)もタカ(みなと)
055御船(みふね)()てて上陸(じやうりく)
056鬼熊別(おにくまわけ)(うづ)()
057()()でませる小糸姫(こいとひめ)
058(をしへ)(みち)(つかさ)とし
059地恩(ちおん)(さと)(あら)はれて
060大宮柱(おほみやばしら)永久(とこしへ)
061太知(ふとし)()てて(にぎは)しく
062(をしへ)(その)(はな)(かを)
063()(むす)びたる(あき)(そら)
064梅子(うめこ)(ひめ)小糸姫(こいとひめ)
065(その)()(つかさ)(いとま)()
066今子(いまこ)(ひめ)諸共(もろとも)
067(かみ)(めぐみ)(いちじる)
068屋根無(たなな)(ぶね)()(まか)
069(なみ)太平(たいへい)海原(うなばら)
070大小(だいせう)無数(むすう)(しま)()
071(やうや)此処(ここ)自転倒(おのころ)
072秀妻(ほづま)(くに)神島(かみしま)
073辿(たど)()きたる(うれ)しさよ
074自転倒島(おのころじま)西東(にしひがし)
075(きた)(みなみ)駆廻(かけめぐ)
076三五教(あななひけう)大道(おほみち)
077四方(よも)(つた)ふる(をり)もあれ
078(おも)ひも()らぬ竜宮(りうぐう)
079(ひと)(じま)なる秘密郷(ひみつきやう)
080黄金(こがね)(うみ)(そこ)(ふか)
081()()かれたる麻邇(まに)(たま)
082此処(ここ)(あら)はれ(きた)(そら)
083()(なが)めつつ綾錦(あやにしき)
084聖地(せいち)()して参下(まゐくだ)
085言依別(ことよりわけ)諸共(もろとも)
086秋山彦(あきやまひこ)御館(おんやかた)
087(きた)りて()ればこは如何(いか)
088(こが)(こが)れし(わが)(ちち)
089神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
090国武彦大神(くにたけひこのおほかみ)
091(いづ)温顔(かんばせ)()(をが)
092(うれ)(かな)しの(むね)(うち)
093(たと)へむよしも()くばかり
094あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
095御霊(みたま)(さち)はへましまして
096父大神(ちちおほかみ)大神業(おほみわざ)
097国武彦(くにたけひこ)御経綸(おんしぐみ)
098完全(うまら)委曲(つばら)()()げて
099堅磐常磐(かきはときは)(まつ)()
100千代(ちよ)八千代(やちよ)万代(よろづよ)
101(きづ)かせ(たま)久方(ひさかた)
102天津御空(あまつみそら)神国(かみくに)
103()若宮(わかみや)永久(とこしへ)
104(しづ)まりいます()(かみ)
105御前(みまへ)(つつし)(かしこ)みて
106(はるか)(ねが)(たてまつ)
107(みづ)御霊(みたま)(うるは)しく
108(いづ)御霊(みたま)(かげ)(きよ)
109三五(さんご)(つき)何時(いつ)(まで)
110()れよ(ひか)れよかくるなよ
111あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
112(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる』
113(うた)(をは)つて(もと)()()(たま)うた。
114 音彦(おとひこ)()(あが)つて銀扇(ぎんせん)(ひろ)(みづか)(うた)(みづか)()ふ。
115『ウラルの(ひこ)やウラル(ひめ)
116(ひら)(たま)ひしウラル(けう)
117()さへ(たふと)きアーメニヤ
118(をしへ)(やかた)(あと)にして
119ウラルの(みち)(ひら)かむと
120波斯(フサ)(うみ)をば(うか)びつつ
121(わづか)四五(しご)神司(かむつかさ)
122(ひき)ゐて(すす)(ひと)(じま)
123三歳(みとせ)四歳(よとせ)()(つく)
124(こころ)(つく)皇神(すめかみ)
125(をしへ)(ひら)甲斐(かひ)もなく
126わが信仰(しんかう)仇花(あだばな)
127(みの)りもせない山吹(やまぶき)
128黄金(こがね)(はな)()(この)(しま)
129(なん)効果(かうくわ)荒浪(あらなみ)
130(うへ)(すべ)つて(かへ)()
131(とき)しもあれや波斯(フサ)(うみ)
132荒風(あらかぜ)すさび(なみ)(たけ)
133千尋(ちひろ)(うみ)(わが)(ふね)
134(はや)(しづ)まむとする(とき)
135(おな)御船(みふね)()りませる
136三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
137()出別(でのわけ)神人(しんじん)
138(あやふ)(ところ)(たす)けられ
139(はじ)めて(さと)(かみ)(みち)
140タルの(みなと)上陸(じやうりく)
141波斯(フサ)原野(げんや)をトボトボと
142(かみ)のまにまに宣伝歌(せんでんか)
143(うた)つて(すす)(いさ)ましさ
144弥次彦(やじひこ)与太彦(よたひこ)両人(りやうにん)
145御供(みとも)(かみ)(さだ)めつつ
146小鹿峠(こじかたうげ)にさしかかる
147(とき)しもあれやウラル(けう)
148目付(めつけ)(かみ)取囲(とりまか)
149進退(しんたい)ここに(きは)まりて
150千尋(ちひろ)谷間(たにま)()(とう)
151人事不省(じんじふせい)(その)(まま)
152三途(せうづ)(かは)八衢(やちまた)
153(さび)しき光景(くわうけい)(さぐ)りつつ
154()出別(でのわけ)神人(しんじん)
155()()かされて(よみがへ)
156(ふか)くも(さと)(かみ)(みち)
157皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
158(しま)八十島(やそしま)八十国(やそくに)
159あらむ(かぎ)りに(つた)へむと
160(とほ)(ちか)きの(へだ)てなく
161(めぐ)(めぐ)りて自転倒(おのころ)
162(しま)(やうや)辿(たど)()
163大江(おほえ)(やま)鬼ケ城(おにがじやう)
164バラモン(けう)神司(かむつかさ)
165堅磐常磐(かきはときは)鉄城(てつじやう)
166(たの)みて()れる真最中(まつさいちう)
167(わが)言霊(ことたま)()(はら)
168(こころ)いそいそ五十子姫(いそこひめ)
169(みぎ)(ひだり)(わか)れつつ
170(かみ)御為(おんため)(みち)のため
171世人(よびと)(ため)赤心(まごころ)
172(つく)(をり)しも三五(あななひ)
173(かみ)(をしへ)貴宝(うづだから)
174()つの御玉(みたま)永久(とこしへ)
175(かみ)のまにまに(をさ)まりて
176(あめ)御柱(みはしら)いや(ふと)
177下津岩根(したついはね)経緯(たてよこ)
178(はた)仕組(しぐみ)(ちか)づきて
179(をしへ)(はな)遠近(をちこち)
180(かを)()めたる(あき)(そら)
181(また)もや(きた)()御玉(みたま)
182(てん)(くわ)(すゐ)()(むす)ぶなる
183()つの御玉(みたま)麻邇宝珠(まにほつしゆ)
184(あや)聖地(せいち)(つつが)なく
185(あつ)まりますと()きしより
186(こころ)(こま)(いさ)()
187(にしき)(みや)御前(おんまへ)
188感謝(かんしや)(なみだ)(なが)しつつ
189三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
190言依別(ことよりわけ)(したが)ひて
191由良(ゆら)(みなと)()()れば
192(つま)(みこと)御父(おんちち)
193(あら)はれませる瑞御霊(みづみたま)
194神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
195聖顔(せいがん)(こと)(うるは)しく
196()(すこや)かに神業(かむわざ)
197(つく)させ(たま)(うれ)しさよ
198あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
199御霊(みたま)(さち)はへましまして
200()つの御玉(みたま)(うるは)しく
201()つの御玉(みたま)(きよ)らかに
202(こころ)(そら)日月(じつげつ)
203伊照(いて)(かがや)(その)(ごと)
204雲霧(くもきり)もなく永久(とこしへ)
205(かみ)(ひかり)()(てら)
206ミロクの神世(みよ)(いしずゑ)
207下津岩根(したついはね)()()らし
208上津岩根(うはついはね)()(かた)
209三五(さんご)(つき)御教(みをしへ)
210(まも)吾等(われら)神業(かむわざ)
211(まも)らせ(たま)天津神(あまつかみ)
212国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
213埴安彦(はにやすひこ)埴安姫(はにやすひめ)
214伊都(いづ)美都(みづ)との二柱(ふたはしら)
215(きよ)御魂(みたま)御前(おんまへ)
216(つつし)(うやま)()ぎまつる
217あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
218御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
219大正一一・七・一八 旧閏五・二四 加藤明子録)