霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年07月28日(旧06月05日) 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
霊界物語もいよいよ第二十七巻まで口述を終わりましたが、役員信者の中には教祖の筆先のみを偏信するあまり、霊界物語に対して目もくれない人もあるようだ。
さらに、なぜか虫が好かぬと言って、無闇やたらにけなす人もあるそうだ。
しかし私は断言する。大本の教理を真に理解しようと欲するのなら、どうしても本書を紐解かなければならないのだ。
私は大本信者のためにのみ本書を口述したのではない。現幽神すなわち三千世界の神仏、人類および禽獣、虫魚、草木に安息を与え、天国浄土を地上に建設するために、惟神的に三才の童子の耳にも理解し易いようにと卑近な語を用いて述べた神書である。
神は智者、学者、強者のみに真理を諭したまわず、誠の神恵は愚者、弱者をしてよく福音を味わわしめ給うものである。
この物語もまた右の御神慮に出でさせ給うものであります。一読すれば必ず何らかの光明に接することは、私の深く信じて疑わないところであります。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第5輯 239頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001一、002霊界物語(れいかいものがたり)もいよいよ二十七巻(にじふしちくわん)まで口述(こうじゆつ)(をは)りました。003一部(いちぶ)役員(やくゐん)信者(しんじや)(あひだ)には、004教祖(けうそ)筆先(ふでさき)をのみ偏信(へんしん)するの(あま)り、005霊界物語(れいかいものがたり)(たい)しては、006(ほとん)()()れない(ひと)(たま)にある(やう)だ。007(いな)()()れないのならば(すこ)しも差支(さしつか)()しとするも、008(しき)りに(その)含蓄(がんちく)せる主要点(しゆえうてん)をも(きは)めず、009何故(なぜ)(むし)()かぬとか()つて、010無暗(むやみ)やたらと(けな)(ひと)があるさうだ。011(しか)(なが)(わたくし)断言(だんげん)しておく。012大本(おほもと)教理(けうり)真解(しんかい)せむと(ほつ)せば、013どうしても本書(ほんしよ)(ひもと)かねば()らない(こと)を。
014一、015(わたくし)(たん)なる現今(げんこん)大本教(おほもとけう)信者(しんじや)のみの(ため)口述(こうじゆつ)したのでは()い。016現幽神(げんいうしん)(すなは)三千世界(さんぜんせかい)神仏(しんぶつ)017人類(じんるゐ)(およ)禽獣(きんじう)018虫魚(ちうぎよ)019草木(さうもく)などに安息(あんそく)(あた)へ、020天国(てんごく)浄土(じやうど)地上(ちじやう)建設(けんせつ)せん(ため)惟神的(かむながらてき)三才(さんさい)童子(どうじ)(みみ)にも(かい)(やす)からしめむと、021卑近(ひきん)()(もち)ひて()べた神書(しんしよ)である。022(かみ)智者(ちしや)023学者(がくしや)024強者(きやうしや)のみに真理(しんり)(さと)(たま)はず、025(まこと)神恵(しんけい)愚者(ぐしや)026弱者(じやくしや)をして()(その)福音(ふくいん)(あぢは)はしめ(たま)ふものである。027(この)物語(ものがたり)(また)(みぎ)御神慮(ごしんりよ)()でさせ(たま)ひたるものであります。028一読(いちどく)すれば(かなら)何等(なんら)かの光明(くわうみやう)(せつ)する(こと)は、029(わたくし)(ふか)(しん)じて(うたが)はない(ところ)であります。
030   大正十一年七月二十八日(旧六月五日)   於竜宮館 王仁識