霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説歌(そうせつか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 篇:前付 よみ:
章:総説歌 よみ:そうせつか 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年07月 口述場所:竜宮館 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
現幽神の三界を守らせ給う国祖・国治立大神が、再びここに現れて五六七の神代を建て給う空前絶後の御経綸である。
あらゆる思想の悪風を根本的に改革し、天壌無窮の神国を堅め、神の御末裔の大君の御陵威を宇内に拡充し、臣民の大道を説き諭す大本の道である。
それを雑多に批評する似非忠臣が現れ、誠の神の御教えを傷つけ破る忌々しさよ。心次第に鏡に写る身で、どうして神意が理解できようか。
我が霊の源泉の御神政、瑞の御霊の説き諭す教えの旨がわからなければ、真の忠臣義士ではない。自己の心を省みよ。
ねじけ心を除却して円満晴朗、日月の輝き渡る神国魂を、海の内外に示してみよ。邪の道の曲人にとっては、神が憑って作った奇しき霊界物語がお耳に障るのは是非もないことだ。
これも霊魂の因縁で、変性女子を先入的に誤解しきった世迷言である。この物語がわからなければ、大本神諭の真の理解はいつまで経っても尽きはしない。
惟神に理知に堕した迷信を払いたまい、実相の真如の光を与えませ。口のある限り説き諭す。体主霊従の人々の気に入らないことばかり言わねばならぬ我が御魂。皇大神もみそなわし、迷える人の目を覚まして我が神界の奉仕を篤く守らせたまえ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第5輯 241頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001顕幽神(けんいうしん)三界(さんかい)
002(まも)らせ(たま)(くに)(おや)
003国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
004(ふたた)びここに()れまして
005五六七(みろく)神代(かみよ)()(たま)
006空前絶後(くうぜんぜつご)御経綸(ごけいりん)
007(あら)ゆる思想(しさう)悪風(あくふう)
008根本的(こんぽんてき)改革(かいかく)
009天壤(てんぜう)無窮(むきう)神国(しんこく)
010(かた)きが(うへ)にも(かた)めまし
011(かみ)御裔(みすゑ)大君(おほきみ)
012稜威(みいづ)宇内(うだい)拡充(くわくじゆう)
013(おみ)たり(たみ)たる大道(たいだう)
014(みちび)(さと)大本(おほもと)
015(われ)(こころ)()()はし
016色々(いろいろ)雑多(ざつた)批評(ひひやう)する
017似而非(えせ)忠臣(ちうしん)のあらはれて
018(まこと)(かみ)御教(みをしへ)
019(きず)つけ(やぶ)忌々(ゆゆ)しさよ
020心次第(こころしだい)何事(なにごと)
021(かがみ)にうつる(ひと)()
022如何(いか)神意(しんい)(わか)るべき
023小心翼々(せうしんよくよく)しながらも
024広大無辺(くわうだいむへん)(かみ)(みち)
025批評(ひへう)権威(けんゐ)何処(どこ)にある
026頑迷固陋(ぐわんめいころう)邪神魂(まがみたま)
027(きみ)(おみ)との(みち)()かき
028(わが)()源泉(もと)御神政(ごしんせい)
029(みづ)御霊(みたま)()(さと)
030(をしへ)(むね)(わか)らねば
031(まこと)忠臣(ちうしん)義士(ぎし)でない
032自己(じこ)(こころ)(かへり)みよ
033(いづ)れも偽善(ぎぜん)(かた)まりぞ
034(ひと)(こと)をば()ふよりも
035第一(だいいち)自分(じぶん)(かへり)みよ
036(こころ)(はづ)かし(こと)(ばか)
037(かみ)にお(わび)をせにやならぬ
038誠心(せいしん)誠意(せいい)立帰(たちかへ)
039ねぢけ(ごころ)除却(ぢよきやく)して
040円満清朗(ゑんまんせいらう)日月(じつげつ)
041(かがや)(わた)神国魂(みくにだま)
042(うみ)内外(うちと)(しめ)しみよ
043(かみ)(こころ)白波(しらなみ)
044(よこさ)(みち)曲人(まがひと)
045(かみ)(うつ)りて(つく)りたる
046()しき霊界物語(れいかいものがたり)
047(みみ)(さは)るも是非(ぜひ)なけれ
048(これ)霊魂(みたま)因縁(いんねん)
049変性女子(へんじやうによし)先入的(せんにふてき)
050誤解(ごかい)()つた世迷言(よまいごと)
051この物語(ものがたり)(わか)らねば
052大本神諭(おほもとしんゆ)真解(しんかい)
053いつになつても()きはせぬ
054あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
055御霊(みたま)(さち)はひましまして
056理智(りち)()したる迷信(めいしん)
057(はら)(たま)ひて実相(じつさう)
058真如(しんによ)(ひかり)(あた)へませ
059()(ことごと)(くま)もなく
060(くち)ある(かぎ)()(さと)
061体主霊従(たいしゆれいじう)人々(ひとびと)
062御気(おき)()らない(こと)ばかり
063()はねばならぬ(わが)身魂(みたま)
064皇大神(すめおほかみ)()そなはし
065(まよ)へる(ひと)()(さま)
066(わが)神界(しんかい)奉仕(ほうし)をば
067(あつ)(まも)らせ(たま)へかし。
068   大正十一年七月   於竜宮館