霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 (ねこ)(こひ)〔七八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 篇:第2篇 千差万別 よみ:せんさばんべつ
章:第7章 第27巻 よみ:ねこのこい 通し章番号:789
口述日:1922(大正11)年07月24日(旧06月01日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
玉照姫は、初稚姫、玉能姫、お玉の方に紫の玉を守らせて、ひとまず館に帰った。幹部たちも解散した。
高山彦は旅装を整え、アールとエースを従えて館を立ち居でようとしたときに、夜叉のように髪を振り乱して追いかけてきた黒姫に、ばったり出くわした。高山彦は裏口へ回って逃げようとしたが、黒姫は癪を起こしてその場に伸びてしまった。
これを見捨てるわけにもゆかず、仕方なく高山彦はアールとエースと共に黒姫を介抱した。黒姫は気を取り戻した。高山彦は、玉探しのためにこれまでの縁をあきらめてくれ、と改めて懇願した。
黒姫は高山彦につらつらと恨み言を述べ、懐剣を抜いて喉に当てて見せた。高山彦は意に介さず行こうとするが、黒姫はアールとエースにも命じて高山彦に食らいついて放さない。
高山彦は黒姫の執着心をたしなめ、改心して皆に愛されるようになって欲しいと説示し、アールとエースに命じて出立しようとする。
そこへ玉治別がやってきた。あくまでしがみつく黒姫に、高山彦はついに当て身を食わせて気絶させた。高山彦は玉治別に、気絶から回復させるツボを教えると、アールとエースを従えて行ってしまった。
玉治別は教えられたツボを押して黒姫を回復させると、黒姫に説諭した。黒姫は回復させてくれたことを玉治別に感謝し、また一切の執着を捨てるべく、錦の宮に向かって共に拍手祈願をした。
ちなみに、言依別命は国依別を連れて、南米と高砂島に渡り、鷹依姫と竜国別の行方を尋ねるかたがた、宣伝の旅に出ることになった。
高姫は春彦と常彦を連れて、四個の玉を見つけ出そうと言依別命を追って高砂島に行くことになった。
杢助は初稚姫、玉治別、五十子姫、亀彦、音彦、黄竜姫、蜈蚣姫を率いて、波斯の国のウブスナ山脈の斎苑の館を指して行くことになった。
黒姫は、高山彦が竜宮島または筑紫島に行ったと聞いて、二人の従者を引き連れて追っかけて行くことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2707
愛善世界社版:133頁 八幡書店版:第5輯 291頁 修補版: 校定版:139頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001 玉照姫(たまてるひめ)(むらさき)宝珠(ほつしゆ)初稚姫(はつわかひめ)002玉能姫(たまのひめ)003(たま)(かた)(まも)らせ(なが)ら、004(わが)(やかた)(かへ)らせ(たま)うた。005幹部(かんぶ)(はじ)一同(いちどう)(あらた)めて天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)一先(ひとま)各自(かくじ)宿所(しゆくしよ)(かへ)(こと)となつた。
006 高山彦(たかやまひこ)一旦(いつたん)(やかた)()(かへ)旅装(りよさう)(ととの)へ、007アール、008エースの二人(ふたり)(とも)早々(さうさう)(やかた)()()でんとする(とき)しも、009(かみ)()(みだ)夜叉(やしや)(ごと)くに(かへ)つて()黒姫(くろひめ)門口(かどぐち)でピツタリ出会(でつくは)した。010南無三宝(なむさんぽう)一大事(いちだいじ)高山彦(たかやまひこ)裏口(うらぐち)より駆出(かけだ)さんとする。011黒姫(くろひめ)(この)()(たふ)れて(しやく)(おこ)してフン()びて仕舞(しま)つた。012流石(さすが)高山彦(たかやまひこ)(これ)見捨(みすて)()()(わけ)にもゆかず、
013高山彦(たかやまひこ)『エース、014(みづ)だ。015…アール、016(しやく)だ』
017()ばはり(なが)介抱(かいほう)して()る。
018 黒姫(くろひめ)()黒玉(くろたま)何処(どこ)かへ(かく)して仕舞(しま)ひ、019白目(しろめ)ばかりになつて「フウフウ」と(ふと)(いき)をして()る。020エース、021アールは(くち)(みづ)(ふく)んで無性(むしやう)矢鱈(やたら)面部(めんぶ)()()ける。022高山彦(たかやまひこ)(くち)(みみ)にあてて反魂歌(はんこんか)の「(ひと)023(ふた)024()025()026(いつ)027(むゆ)028(なな)029()030(ここの)031(たり)032(もも)033()034(よろづ)」を数回(すうくわい)繰返(くりかへ)した。035黒姫(くろひめ)は「ウン」と(うめ)(なが)ら、
036黒姫(くろひめ)『ア、037何方(どなた)()りませぬが、038よう(たす)けて(くだ)さつた』
039四辺(あたり)をキヨロキヨロ見廻(みまは)して()る。
040高山彦(たかやまひこ)『ア、041黒姫(くろひめ)042()がついたか。043マアマア(これ)安心(あんしん)だ。044これから高山彦(たかやまひこ)はお(まへ)(えん)()り、045竜宮(りうぐう)(ひと)(じま)か、046(ただし)筑紫(つくし)(しま)玉探(たまさが)しに()くから、047これまでの(えん)(あきら)めて(くだ)さい』
048 黒姫(くろひめ)(うら)めしさうに、
049黒姫(くろひめ)高山(たかやま)さま、050(まへ)(あんま)りだ。051(わたし)(いま)卒倒(そつたふ)したのもお(まへ)(こころ)情無(つれな)いからだよ。052刃物(はもの)()たずの人殺(ひとごろし)053冥土(めいど)(おに)にエライ成敗(せいばい)()けなさるのが…(わたし)や…それが(かな)しい。054(かみ)(むす)んだ(えん)ぢやもの、055何卒(どうぞ)一度(いちど)(おも)(なほ)して(くだ)さいませ』
056高山彦(たかやまひこ)(なん)()つても(をとこ)一旦(いつたん)(くち)から()した(こと)057(あと)へひく(わけ)にはゆかぬ。058(さき)(さき)として一先(ひとま)(この)()離別(りべつ)(いた)す。059黒姫(くろひめ)060さらば……』
061()()らんとする。062黒姫(くろひめ)(かく)()つたる懐剣(くわいけん)063ヒラリと()()き、
064黒姫(くろひめ)高山彦(たかやまひこ)さま、065(なが)らくお世話(せわ)になりました。066(わたし)(こひ)九寸五分(くすんごぶ)067最早(もはや)(この)()(いき)(のぞ)みなし。068(わたし)此処(ここ)(いさぎよ)自害(じがい)(いた)し、069貴方(あなた)(うら)める魂魄(こんぱく)()つて(おに)となり、070屹度(きつと)素首(そつくび)()()いて()せませう。071アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
072(のど)にピタリと()てて()せた。
073高山彦(たかやまひこ)自殺(じさつ)罪悪中(ざいあくちう)罪悪(ざいあく)だ。074これ黒姫(くろひめ)さま、075何程(なにほど)九寸五分(くすんごぶ)だつて(むね)(はう)では(のど)()れませぬよ。076随分(ずゐぶん)芝居(しばゐ)がお上手(じやうづ)ですね。077そんな(こと)にチヨロマカされる高山彦(たかやまひこ)では御座(ござ)りませぬワイ。078アツハヽヽヽ』
079黒姫(くろひめ)『エー、080残念(ざんねん)や、081口惜(くちを)しい。082そんなら本当(ほんたう)()つて()せようか。083()ると()うたら屹度(きつと)()つて()せませう』
084高山彦(たかやまひこ)一旦(いつたん)()つた(この)(えん)085(ふたた)びきられる道理(だうり)があらうか。086最早(もはや)(まへ)(わし)との二人(ふたり)(あひだ)には(なん)連鎖(れんさ)もない。087(あか)他人(たにん)同様(どうやう)だ。088勝手(かつて)にお()りなさいませ』
089黒姫(くろひめ)『そりや(きこ)えませぬ高山(たかやま)さま、090天ケ下(あめがした)他人(たにん)()(こと)()いもの……と三五教(あななひけう)御教(みをしへ)091(まへ)はそれを(わす)れたか。092(あは)れな(をんな)見殺(みごろ)しにする御所存(ごしよぞん)か、093それ(ほど)(つれ)ないお(まへ)ではなかつたに、094如何(いか)なる天魔(てんま)(みい)られたか。095(まへ)言葉(ことば)(おに)とも(じや)とも悪人(あくにん)とも譬方(たとへがた)なき無情(むじやう)惨酷(ざんこく)さ、096()んでも(わす)れは(いた)しませぬぞや』
097高山彦(たかやまひこ)『イヤ、098もう神界(しんかい)()めには(いへ)(わす)れ、099()(わす)れ、100妻子(さいし)(わす)れるとかや。101男子(だんし)戦場(せんぢやう)(むか)(とき)には三忘(さんばう)肝腎(かんじん)だ。102……黒姫(くろひめ)103さらば……』
104()かんとする。
105黒姫(くろひめ)『コレコレ、106アール、107エースの両人(りやうにん)108高山(たかやま)さまの(あし)(しつか)(くら)ひついて()るのだよ。109屹度(きつと)(はな)しちやなりませぬぞえ』
110 二人(ふたり)高山彦(たかやまひこ)両足(りやうあし)(くら)()(なが)ら、
111アール『アヽア、112(いぬ)()はぬ夫婦(めをと)喧嘩(けんくわ)犠牲(ぎせい)(きよう)せられ、113随分(ずゐぶん)(つと)奉公(ぼうこう)(つら)いものだなア』
114高山彦(たかやまひこ)『こりやこりや、115アール、116エースの両人(りやうにん)117(はや)(はな)さぬか』
118黒姫(くろひめ)(けつ)して(はな)しちやなりませぬぞ。119コレコレ高山(たかやま)さま、120(をとこ)(しきゐ)(また)げるや(いな)七人(しちにん)(てき)があると()(こと)()つて()ますか』
121高山彦(たかやまひこ)『アハヽヽヽ、122イヤもう御親切(ごしんせつ)御注意(ごちうい)123有難(ありがた)御座(ござ)います。124(まこと)(ひと)つの(こころ)()れば、125世界(せかい)(てき)(かげ)()たいと()つても()(こと)出来(でき)ない。126山河草木(さんかさうもく)127人類(じんるゐ)鳥獣(てうじう)魚鼈(ぎよべつ)(いた)(まで)128(みな)我々(われわれ)味方(みかた)ばかりだ。129(ひと)()たら泥坊(どろばう)(おも)(など)()猜疑心(さいぎしん)()られて()人間(にんげん)()には、130(なに)()(てき)()えるだらうが、131我々(われわれ)神様(かみさま)にお(まか)せした以上(いじやう)一人(ひとり)(てき)()い。132(まへ)()うて()れば(この)()(なか)(てき)(つく)るばかりだから……何卒(どうぞ)心配(しんぱい)して(くだ)さるな。133(まへ)もこれから改心(かいしん)をして、134世間(せけん)(ひと)可愛(かあい)がられて()れ。135それが高山彦(たかやまひこ)(わか)れに(のぞ)みお(まへ)(あた)ふる大切(たいせつ)餞別(みやげ)だ。136高姫(たかひめ)さまにも何卒(どうぞ)よく()うて()いて(くだ)さい。137(かなら)(かなら)執着心(しふちやくしん)()してはなりませぬぞ。138今日(けふ)から(こころ)(あらた)めて本当(ほんたう)(うま)赤子(あかご)になり、139(かり)にも竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)(など)(だい)それた(こと)()はない(やう)にしなさい。140左様(さやう)なれば(これ)にて……黒姫(くろひめ)さま、141(いとま)(いた)します』
142黒姫(くろひめ)高山(たかやま)さま、143そりや貴方(あなた)144本性(ほんしやう)仰有(おつしや)るのか。145芝居(しばゐ)ぢやありますまいなア』
146高山彦(たかやまひこ)本性(ほんしやう)()うて(なん)とせう。147夫婦(ふうふ)(みち)人倫(じんりん)大本(たいほん)だ。148それを(わか)れようと()高山彦(たかやまひこ)(むね)(うち)149(ちつ)とは推量(すゐりやう)して()れ。150……さあアール、151エース、152これから()かう。153……黒姫(くろひめ)さま、154これにて(しばら)くお(わか)(いた)します』
155(あわただ)しく駆出(かけいだ)す。
156 ()かる(ところ)(はし)つて()玉治別(たまはるわけ)
157玉治別(たまはるわけ)『ヤア、158高山(たかやま)さま、159(いよいよ)御出(おい)でですか』
160高山彦(たかやまひこ)『ハイ、161何分(なにぶん)(よろ)しう(ねが)ひますよ』
162黒姫(くろひめ)(なん)()つても(はな)しはせぬ』
163獅噛(しが)みつく。164高山彦(たかやまひこ)は「エー面倒(めんだう)」と当身(あてみ)(ひと)()はすや(いな)や、165黒姫(くろひめ)は「ウン」と(その)()(だい)()(たふ)れて仕舞(しま)つた。
166玉治別(たまはるわけ)(なん)高山(たかやま)さま、167乱暴(らんばう)(こと)(いた)しますな』
168高山彦(たかやまひこ)()うして()かねば仕方(しかた)()いから……(この)()(わたし)()(かく)すから、169(あと)(たの)みますよ。170()うして此処(ここ)拇指(おやゆび)でグツと()して(もら)へば(いき)()(かへ)す……玉治別(たまはるわけ)さま、171此処(ここ)だよ。172何卒(どうぞ)二十分(にじふぶん)ばかり()つとつて(くだ)さい』
173玉治別(たまはるわけ)承知(しようち)(いた)しました』
174 「左様(さやう)ならば」と高山彦(たかやまひこ)二人(ふたり)(ともな)ひ、175足早(あしばや)(いづ)れへか姿(すがた)(かく)した。176玉治別(たまはるわけ)時期(じき)見計(みはか)らひ高山彦(たかやまひこ)(をそ)はつた(つぼ)拇指(おやゆび)(ちから)()れてグツと()した。177「ウン」と(いき)()(かへ)した黒姫(くろひめ)四方(あたり)をキヨロキヨロ見廻(みまは)し、
178黒姫(くろひめ)『アヽ残念(ざんねん)や、179到頭(たうとう)()げられたか。180エー仕方(しかた)がない。181……お(まへ)玉治別(たまはるわけ)さま、182ようマア(たす)けて(くだ)さつた』
183玉治別(たまはるわけ)高山彦(たかやまひこ)(やつ)184()しからぬ乱暴(らんばう)(をとこ)だ。185(なが)らく()うて()女房(にようばう)当身(あてみ)()はして(いき)()め、186筑紫(つくし)(しま)()げて()くとは不届(ふとど)千万(せんばん)(もの)だ。187(まへ)さまも(これ)()()めただらう。188(とら)189(おほかみ)一緒(いつしよ)()(やう)なものだ。190(わし)もお(まへ)さまを()かさうと(おも)つて、191何程(なにほど)(ほね)()つたか(わか)りませぬ。192到頭(たうとう)(つぼ)(わか)つて(くわつ)()れた(とき)193貴女(あなた)がもの()うたのも(みな)(かみ)さまのお(かげ)194アヽ勿体(もつたい)ない。195(これ)から一切(いつさい)執着(しふちやく)()てて大神(おほかみ)さまに感謝(かんしや)祈願(きぐわん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)しませう』
196 「ハイ、197有難(ありがた)う」と黒姫(くろひめ)玉治別(たまはるわけ)相並(あひなら)び、198拍手(はくしゆ)(こゑ)(しと)やかに(にしき)(みや)方面(はうめん)(むか)つて感謝(かんしや)祈願(きぐわん)言葉(ことば)(そう)した。
199 (ちなみ)()ふ、200(にしき)(みや)神司(かむづかさ)従前(じゆうぜん)(とほ)玉照彦(たまてるひこ)201玉照姫(たまてるひめ)二人(ふたり)相並(あひなら)ばれて御神業(ごしんげふ)奉仕(ほうし)され、202英子姫(ひでこひめ)(えら)ばれて言依別命(ことよりわけのみこと)不在中(ふざいちう)教主(けうしゆ)(やく)(つと)めらるる(こと)となつた。203そして東助(とうすけ)教主(けうしゆ)代理(だいり)(けん)総務(そうむ)となつて聖地(せいち)(つか)へた。
204 高山彦(たかやまひこ)205秋彦(あきひこ)206テールス(ひめ)207夏彦(なつひこ)208佐田彦(さだひこ)209(たま)(かた)聖地(せいち)にあつて幹部(かんぶ)位置(ゐち)()神業(しんげふ)従事(じゆうじ)しつつあつた。210玉能姫(たまのひめ)生田(いくた)(もり)(やかた)(かへ)りて駒彦(こまひこ)(とも)神業(しんげふ)従事(じゆうじ)する(こと)となつた。211(また)言依別命(ことよりわけのみこと)国依別(くによりわけ)(とも)南米(なんべい)212高砂島(たかさごじま)(わた)り、213鷹依姫(たかよりひめ)214竜国別(たつくにわけ)行衛(ゆくゑ)(たづ)ね、215(かたがた)宣伝(せんでん)()めに出張(しゆつちやう)さるる(こと)となつた。
216 高姫(たかひめ)言依別命(ことよりわけのみこと)(あと)()四個(よんこ)(たま)()(かへ)さんと、217春彦(はるひこ)218常彦(つねひこ)二人(ふたり)()()れ、219高砂島(たかさごじま)()(こと)となつた。220杢助(もくすけ)初稚姫(はつわかひめ)221玉治別(たまはるわけ)222五十子姫(いそこひめ)223亀彦(かめひこ)224音彦(おとひこ)225黄竜姫(わうりようひめ)226蜈蚣姫(むかでひめ)(その)()(ひき)ゐ、227波斯(フサ)(くに)のウブスナ山脈(さんみやく)斎苑(いそ)(やかた)()して()(こと)となつた。228梅子姫(うめこひめ)はコーカス(ざん)二三(にさん)供者(ともびと)(したが)途々(みちみち)宣伝(せんでん)をし(なが)(のぼ)らせ(たま)ふ。229黒姫(くろひめ)高山彦(たかやまひこ)竜宮島(りうぐうじま)(また)筑紫(つくし)(しま)()()りしと()き、230一方(いつぱう)(たま)詮議(せんぎ)()ねて(をつと)行衛(ゆくゑ)捜査(さうさ)すべく聖地(せいち)(あと)に、231三人(みたり)供者(ともびと)(したが)出発(しゆつぱつ)する(こと)となつた。
232大正一一・七・二四 旧六・一 北村隆光録)