霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 琉球(りうきう)(かみ)〔七九八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 篇:第5篇 清泉霊沼 よみ:せいせんれいしょう
章:第16章 琉球の神 よみ:りゅうきゅうのかみ 通し章番号:798
口述日:1922(大正11)年07月27日(旧06月04日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫が去った後、言依別命一行が木の洞穴に戻ってきた。言依別命は無事に琉球の玉を手に入れたことを伝えた。清彦らは、教主に挨拶をなした後、この場所に至った経緯を報告した。清彦と照彦は、父である常楠と思わぬところで出会うことになり、挨拶を交わした。
清彦と照彦は、高姫が言依別命を追ってここまでやってきたことを話した。言依別命は、自分が琉と球の玉を持って高砂島へ渡れば、形骸に囚われた高姫が玉を狙って罪を作ることになる、と心配した。
言依別命は、玉の精霊を自分と国依別に移して、玉は若彦に命じて玉能姫の館に持ち帰るように命じた。言依別命は、この神業が成就したら若彦は玉能姫の夫として共に棲んでもよいことを示唆した。言依別命は常楠翁に対して、琉球島の王となるように命じ、清彦・照彦と共に島を守るように命じた。
言依別命は島人二人を伴って高砂島へ出立した。清彦と照彦は、清子姫と照子姫の姿がいつの間にか消えていることに気付き、落胆した。しかし、自分たちには紀の国に残してきた妻子があったことを思い出し、天則違反をせずに済んだことを感謝した。
しかしながら後に、二人の妻子は夫を捨ててどこかに姿を消してしまったことが判明した。また常楠翁は後に、ハーリス山奥深くに進み入って生き神となり、今に至るまで琉球島を守護することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:255頁 八幡書店版:第5輯 334頁 修補版: 校定版:263頁 普及版:112頁 初版: ページ備考:
001 高姫(たかひめ)一行(いつかう)立去(たちさ)つた(あと)洞穴(どうけつ)は、002水入(みづい)らずの男女(だんぢよ)四名(よめい)003(たがひ)秘密(ひみつ)(なかば)打明(うちあ)けて一種(いつしゆ)異様(いやう)気分(きぶん)()たれてゐる。
004 (かか)(ところ)言依別命(ことよりわけのみこと)は、005国依別(くによりわけ)006若彦(わかひこ)007常楠(つねくす)008チヤール、009ベース(その)()土人(どじん)引伴(ひきつ)れ、010(この)洞穴(どうけつ)()して一先(ひとま)(かへ)(きた)り、011入口(いりぐち)より(なか)(のぞ)けば灯火(あかり)がついて()る。012さうして(おく)(はう)(なに)人影(ひとかげ)()えてゐる。013国依別(くによりわけ)一同(いちどう)(むか)ひ、
014国依別(くによりわけ)『ヤア(みな)さま、015御苦労(ごくらう)御座(ござ)いました。016(たれ)()()いた土人(どじん)()えるが、017灯火(あかり)をつけて()つてゐる(やう)です』
018()(なが)一足先(ひとあしさき)(はい)つた。019清彦(きよひこ)(この)姿(すがた)()て、
020清彦(きよひこ)『ヤア』
021とばかりに(おどろ)き、022(そば)駆寄(かけよ)つて、
023清彦(きよひこ)『これはこれは国依別(くによりわけ)(さま)(ござ)いますか。024ヤア言依別(ことよりわけ)教主様(けうしゆさま)025大勢(おほぜい)方々(かたがた)026よくマア()いで(くだ)さいました。027御承知(ごしようち)(とほ)りの荒屋(あばらや)028(いちご)沢山(たくさん)御座(ござ)いますれば、029悠乎(ゆつくり)御召(おあが)(あそ)ばして御話(おはなし)(ねが)ひます』
030国依別(くによりわけ)『ヤアお(まへ)清彦(きよひこ)ぢやないか。031何時(いつ)()にやら我輩(わがはい)邸宅(ていたく)横領(わうりやう)して、032主人(しゆじん)気取(きど)りになつて(しま)つたのだな……教主様(けうしゆさま)033(その)()御一同様(ごいちどうさま)034清彦(きよひこ)御留守宅(おるすたく)へやつて()()ります』
035清彦(きよひこ)『どうぞ(おく)御通(おとほ)(くだ)さいませ』
036国依別(くによりわけ)主客(しゆきやく)顛倒(てんたう)とは(この)(こと)だ。037ヤア(おく)には照彦(てるひこ)(その)()二人(ふたり)(すこぶ)美人(びじん)()るではないか。038中々(なかなか)抜目(ぬけめ)()(をとこ)だね』
039言依別(ことよりわけ)『アヽ若彦(わかひこ)さま、040常楠(つねくす)さま、041サア(おく)御進(おすす)(くだ)さい』
042 常楠(つねくす)若彦(わかひこ)(りう)043(きう)(たま)(ほう)じ、044洞穴内(どうけつない)(もつと)(たか)(ところ)安置(あんち)し、045拍手(かしはで)()一生懸命(いつしやうけんめい)何事(なにごと)小声(こごゑ)(とな)へてゐる。
046 清彦(きよひこ)047照彦(てるひこ)048清子姫(きよこひめ)049照子姫(てるこひめ)両手(りやうて)をつき、
050(これ)(これ)教主様(けうしゆさま)051不思議(ふしぎ)(ところ)御目(おめ)にかかりました。052()()御無事(ごぶじ)御目出度(おめでた)(ござ)います』
053言依別(ことよりわけ)『ヤア有難(ありがた)う。054御神徳(おかげ)(もつ)(たつ)(あぎと)(りう)055(きう)宝玉(ほうぎよく)はうまく()()りました。056(つい)ては貴女方(あなたがた)どうして(また)斯様(かやう)(ところ)()たのですか』
057清子姫(きよこひめ)『ハイ、058(わたし)比沼(ひぬ)真奈井(まなゐ)宝座(ほうざ)(おい)て、059照子姫(てるこひめ)(さま)(みそぎ)(しう)して()りました。060(ところ)(みづ)宝座(ほうざ)(にはか)鳴動(めいどう)(はじ)め、061四辺(あたり)芳香(はうかう)(くん)じ、062微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)(きた)ると(おも)()もなく、063忽然(こつぜん)として(あら)はれ(たま)ひし豊国姫(とよくにひめ)御神姿(ごしんし)064言葉(ことば)(しづ)かに()らせ(たま)ふやう………この宝座(ほうざ)は、065(わらは)寸時(しばらく)神界(しんかい)都合(つがふ)によつて(ある)地点(ちてん)立向(たちむか)ひ、066神霊(しんれい)不在(ふざい)となれば、067汝等(なんぢら)二人(ふたり)一刻(いつこく)(はや)(この)()立去(たちさ)り、068由良(ゆら)(みなと)秋山彦(あきやまひこ)(やかた)に、069竜宮(りうぐう)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)(あつ)まり(たま)へば(これ)奉迎(ほうげい)せよ……神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)070国武彦命(くにたけひこのみこと)()でましになつてゐる……との(こと)に、071旅装(りよさう)(ととの)由良港(ゆらみなと)(まゐ)りしも(あと)(まつり)となり、072(その)(まま)聖地(せいち)(のぼ)り、073玉照彦(たまてるひこ)074玉照姫(たまてるひめ)(さま)神勅(しんちよく)や、075貴方様(あなたさま)御教示(ごけうじ)(はい)して高熊山(たかくまやま)(のぼ)り、076三週間(さんしうかん)(ぎやう)()し、077いろいろの神界(しんかい)御経綸(ごけいりん)(うけたま)はつて、078(やうや)くこに(まゐ)つたもので(ござ)います。079ところが途中(とちう)(おい)(ふね)暗礁(あんせう)()()げ、080生命(いのち)(あやふ)(ところ)御両人様(ごりやうにんさま)(たす)けられ、081結構(けつこう)なる御神徳(ごしんとく)をうけましたもので(ござ)います』
082言依別(ことよりわけ)『それは(みな)さま、083結構(けつこう)御座(ござ)いました。084吾々(われわれ)とても(りう)085(きう)宝玉(ほうぎよく)(かく)(ごと)無事(ぶじ)拝領(はいりやう)(きた)れば、086これよりは益々(ますます)神徳(しんとく)(いちじる)く、087御神業(ごしんげふ)完全(くわんぜん)成就(じやうじゆ)する(こと)(よろこ)んで()ります』
088国依別(くによりわけ)『モシモシ常楠(つねくす)さま、089貴方(あなた)血縁(けつえん)両人(りやうにん)此処(ここ)御越(おこ)しになつてゐるといふのも、090不思議(ふしぎ)経綸(けいりん)ぢやありませぬか。091照彦(てるひこ)清彦(きよひこ)092照子姫(てるこひめ)清子姫(きよこひめ)093これ(また)(ひと)つの不思議(ふしぎ)094常楠(つねくす)常彦(つねひこ)095…これも(また)不思議(ふしぎ)096(おそ)(おほ)(こと)だが言依別(ことよりわけ)(さま)国依別(くによりわけ)097若彦(わかひこ)さまにチヤール、098ベース、099()までよく情意(じやうい)投合(とうがふ)してゐる(やう)ですなア。100アハヽヽヽ』
101常楠(つねくす)『お(まへ)清彦(きよひこ)102照彦(てるひこ)両人(りやうにん)103ようマアこんな(ところ)まで(たづ)ねて()てくれた。104(おや)なればこそ、105()なればこそだ』
106 清彦(きよひこ)107照彦(てるひこ)両人(りやうにん)一度(いちど)に、
108両人(りやうにん)吾々(われわれ)斯様(かやう)なところでお(とう)さまに御目(おめ)(かか)らうなどとは、109(ゆめ)にも(おも)つてゐませんでした。110教主様(けうしゆさま)(あと)をつけ(ねら)つて高姫(たかひめ)一行(いつかう)(まゐ)つたと()き、111(こころ)(こころ)ならず、112御後(おあと)(した)つて御用(ごよう)末端(はしくれ)にもと(おも)ひ、113()(まゐ)りました。114(しか)(なが)最早(もはや)教主様(けうしゆさま)(この)(しま)(すで)(すで)御用(ごよう)(をは)り、115御出立(ごしゆつたつ)(あと)ならんと落胆(らくたん)(いた)して()りましたが、116(しか)しここで御目(おめ)(かか)りましたのは(なに)より有難(ありがた)(こと)御座(ござ)います』
117言依別(ことよりわけ)『あゝさうであつたか。118それは(おほ)いに心配(しんぱい)()けたなア。119(しか)高姫(たかひめ)さまは執拗(しつえう)にも斯様(かやう)なところまで、120吾々(われわれ)(あと)()つて()たのかなア』
121清彦(きよひこ)高姫(たかひめ)さまは仮令(たとへ)高砂島(たかさごじま)(はて)までも貴方(あなた)御後(おあと)(たづ)(まは)り、122(なな)つの宝玉(ほうぎよく)所在(ありか)(さが)して教主様(けうしゆさま)改心(かいしん)させなならぬと()つて、123(いま)(いま)とてこの洞穴(どうけつ)御越(おこ)しに相成(あひな)り、124常彦(つねひこ)125春彦(はるひこ)(とも)に、126大変(たいへん)我々(われわれ)両人(りやうにん)毒吐(どくつ)いた揚句(あげく)127一刻(いつこく)猶予(いうよ)ならぬ。128言依別(ことよりわけ)(あと)()つてやらうと()つて、129(あわただ)しくここを立去(たちさ)られた(ところ)御座(ござ)います。130モウ今頃(いまごろ)何処(どこ)かの浜辺(はまべ)から、131(ふね)()つて()()してゐる(くらゐ)でせう』
132言依別(ことよりわけ)何処(どこ)までも(たま)にかけたら執念深(しふねんぶか)高姫(たかひめ)だなア。133アヽ仕方(しかた)()い』
134双手(もろで)()んで思案(しあん)()れる。
135言依別(ことよりわけ)『さうすれば高姫(たかひめ)さまは、136(また)我々(われわれ)(わた)高砂島(たかさごじま)へも()くに(ちが)()い。137(りう)138(きう)宝玉(ほうぎよく)()つて(まゐ)れば、139(また)しても(つみ)(つく)らす(やう)なものだ。140(これ)から国依別(くによりわけ)両人(りやうにん)(たま)精霊(せいれい)()身魂(みたま)(うつ)し、141形骸(けいがい)(だけ)は……若彦(わかひこ)さま、142御苦労(ごくらう)だが(ふた)つとも貴方(あなた)守護(しゆご)して、143再度山(ふたたびやま)(ふもと)なる玉能姫(たまのひめ)(やかた)持帰(もちかへ)り、144夫婦(ふうふ)(そろ)うて(この)(たま)保管(ほくわん)をし(なが)ら、145神界(しんかい)御用(ごよう)をして(くだ)さい。146貴方(あなた)(この)御神業(ごしんげふ)成就(じやうじゆ)した(うへ)は、147玉能姫(たまのひめ)(をつと)として同棲(どうせい)されても差支(さしつかへ)()りますまい』
148 若彦(わかひこ)はハツと(おどろ)き、149有難涙(ありがたなみだ)()(なが)ら、
150若彦(わかひこ)(なさけ)(こも)つた教主(けうしゆ)御言葉(おことば)151有難(ありがた)(ぞん)じます。152左様(さやう)なれば(この)(たま)保護(ほご)(いた)し、153生田(いくた)(もり)神館(かむやかた)持帰(もちかへ)り、154貴方(あなた)聖地(せいち)御帰(おかへ)(あそ)ばす(まで)大切(たいせつ)守護(しゆご)(いた)します』
155言依別(ことよりわけ)早速(さつそく)御承知(ごしようち)156一日(いちにち)(はや)御帰(おかへ)(くだ)さい。157……(また)常楠翁(つねくすをう)(この)琉球島(りうきうじま)土人(どじん)(かみ)となり、158(わう)となつて永遠(ゑいゑん)此処(ここ)(しづ)まり神業(しんげふ)(つく)して(もら)ひたい。159……清彦(きよひこ)160照彦(てるひこ)常楠(つねくす)(とも)本島(ほんたう)守護(しゆご)(いた)し、161余力(よりよく)あれば台湾島(たいわんたう)へも(わた)つて三五教(あななひけう)(ひろ)め、162国魂神(くにたまがみ)となつて土民(どみん)永遠(ゑいゑん)(まも)つて(くだ)さい。163言依別(ことよりわけ)はこれより国依別(くによりわけ)(とも)に、164高砂島(たかさごじま)(わた)り、165(それ)より常世国(とこよのくに)(めぐ)つて波斯(フサ)(くに)166産土山脈(うぶすなさんみやく)斎苑(いそ)(やかた)立向(たちむか)(かんが)へだ。167随分(ずゐぶん)神様(かみさま)御恵(みめぐみ)(いただ)いて壮健(さうけん)無事(ぶじ)御神業(ごしんげふ)参加(さんか)されよ』
168宣示(せんじ)する。169一同(いちどう)はハツとばかりに有難涙(ありがたなみだ)(いだ)し、170(かしら)()につけて涕泣(ていきふ)(やや)(ひさ)しうしてゐる。
171 ここに言依別(ことよりわけ)(りう)(たま)精霊(せいれい)(はら)()(たま)ひ、172国依別(くによりわけ)(きう)(たま)精霊(せいれい)()ひ、173(をは)つて二個(にこ)玉手箱(たまてばこ)若彦(わかひこ)(わた)した。174若彦(わかひこ)押頂(おしいただ)いて、175(ただち)にチヤール、176ベースの二人(ふたり)(ふね)(あやつ)らせ宝玉(ほうぎよく)保護(ほご)し、177荒浪(あらなみ)をわけて、178(ふたた)自転倒島(おのころじま)生田(いくた)(もり)()(かへ)(こと)となつた。
179 これより若彦(わかひこ)180玉能姫(たまのひめ)生田(いくた)(もり)(おい)夫婦(ふうふ)(いき)(あは)せ、181神界(しんかい)(ため)大功(たいこう)(あら)はしたのである。
182 言依別命(ことよりわけのみこと)国依別(くによりわけ)(ともな)ひ、183琉球(りうきう)全体(ぜんたい)守護権(しゆごけん)を、184常楠(つねくす)185清彦(きよひこ)186照彦(てるひこ)一任(いちにん)し、187悠々(いういう)として土人(どじん)二名(にめい)引伴(ひきつ)れ、188(ふね)(あやつ)らせ(なが)ら、189万里(ばんり)波濤(はたう)()つて高砂島(たかさごじま)(むか)つて出発(しゆつぱつ)された。190(また)清子姫(きよこひめ)191照子姫(てるこひめ)言依別(ことよりわけ)(あと)()暗夜(やみよ)(まぎ)れて(ふね)()り、192高砂島(たかさごじま)(すす)(こと)となつた。
193 清彦(きよひこ)194照彦(てるひこ)はこの二人(ふたり)美女(びぢよ)何時(いつ)()にか、195(この)(しま)より()()りしに一時(いちじ)落胆(らくたん)したが、196よく(かへり)みれば、197自分(じぶん)には()(くに)妻子(さいし)ある(こと)(おも)()し、198天則違反(てんそくゐはん)行動(かうどう)となるに(おも)(あた)り、199この(こひ)断念(だんねん)する(こと)となつた。200(しか)るに清彦(きよひこ)201照彦(てるひこ)二人(ふたり)妻子(さいし)は、202(をつと)()てて何処(いづく)へか姿(すがた)(かく)したる(こと)(のち)(いた)つて判然(はんぜん)し、203常楠(つねくす)(めい)()つて貴人(きじん)(むすめ)(つま)となし、204清彦(きよひこ)琉球(りうきう)(きた)(しま)を、205照彦(てるひこ)(みなみ)(しま)管掌(くわんしやう)し、206永遠(ゑいゑん)にその子孫(しそん)(つた)へたのである。
207 (また)常楠(つねくす)はハーリス(ざん)(やま)(ふか)(すす)()つて生神(いきがみ)となり、208俗界(ぞくかい)より姿(すがた)(かく)して(しま)つた。209(いま)(いた)(まで)不老不死(ふらうふし)仙術(せんじゆつ)体得(たいとく)し、210琉球島(りうきうじま)守護神(しゆごじん)となつてゐる。211あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
212大正一一・七・二七 旧六・四 外山豊二録)