霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

跋 暗闇(くらやみ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 篇:後付 よみ:
章:第28巻 よみ:ばつ くらやみ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年08月06日(旧06月14日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年8月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
現代社会は力がものをいい、力なきものは道理も立たず、力あるものは無理に押し通す。弱者は自ら犯さざる罪をも謝さねばならぬ。強者は自ら犯した罪も平気で押し通す現状だ。強者は悪をなしても世間をうまく誤魔化して無上の善行とされる、暗闇の世だ。
誤解を解くには他の誤りを正すのが第一である。自己の正しい主張を明白に徹底的に、相手方に合点の行くように弁明し釈明すべく努力することが必要であり、袖手傍観的な態度は結局神の国のためには卑怯者また反抗者となる。
強者に対して何事も譲歩するのはかえって誤解を大きくする。相手方の無理を是認したも同然となってしまう。
他の誤解を解くことにも増して重要なのは、自ら他を誤解しないようにすることである。いわゆる、彼を良く知る、ということが重要である。
人間の身体内には天国と地獄が包蔵している。人間は天使と悪魔のあいのこである。現代人は特にこの傾向多く、神示に言う八街人間、中有人間というのはこれである。
現代は悪魔横行の世であることを正しく理解せよ。獅子や虎狼が疲労の結果、休息していても決して猫や羊や兎になるものではない。必ず元気回復して眠りから醒めるときが来る。
一難来るごとにその信仰と勇気を強め、快活に愉快に立ち働く誠の神国魂の人は、果たして幾人あるであろうか。三五教の無抵抗主義の真諦を誤解して、極端な無抵抗主義を取るのも考えものである。
卑劣、柔弱、無腸漢の卵とならなければ幸いである。世間の評判や新聞の悪評やその他の圧迫を気遣って、正義の大道を歩むことさえ恐れるに至ったら、もはやその人間は駄目である。
世間の評判や新聞の批評こそ当てにならぬものはない。評判が良いからといって安心していると背負い投げを食わされる。逆に、一昨年来悪罵され続けた東西の男女があったが、実際に面会してその思想・行為・態度を実見すると、まったく正反対の人物であることがわかった。
黒雲に包まれた大空の月も、仇雲の扉を開いてその瑞々しい姿を現すときは、暗黒の地上も直ちに瑞光燦爛たる神姿を見ることができるであろう。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm289901
愛善世界社版:285頁 八幡書店版:第5輯 457頁 修補版: 校定版:295頁 普及版:115頁 初版: ページ備考:校定版と愛世版では28巻末の「跋」は、普及版では「都合により」30巻末に収録されている。
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎著作集 > 第三巻「愛と美といのち」 > [2] 人生 > [2-4] 生きがいの創造 > [2-4-15] 誤りを正す
001一、002現代(げんだい)社会(しやくわい)(ちから)そのものが(もの)()ふ。003(ちから)なきものは()つべき道理(だうり)()たず。004()つべからざる無理(むり)(ちから)あるものには立派(りつぱ)()()(なか)だ。
005二、006○○に(たい)して(ある)方面(はうめん)から(おこな)つた(やう)無茶(むちや)(ちり)ほどでも(おこな)つたとすれば、007(たちま)悪魔(あくま)()ばはりを()滅茶々々(めつちやめつちや)()(くだ)かれて(しま)ふであらう。008弱者(じやくしや)(みづか)(おか)さざる(つみ)をも(しや)せねばならぬ。009強者(きやうしや)(みづか)(おか)したる(つみ)をも平気(へいき)()(とほ)すと()現状(げんじやう)だ。010強者(きやうしや)(みづか)(あく)をなしても、011(これ)(うま)世間(せけん)誤魔化(ごまくわ)して(かへつ)無上(むじやう)善行(ぜんかう)とせらるる暗闇(くらやみ)()(なか)だ。
012三、013誤解(ごかい)()くには()(あやま)りを(ただ)すが第一(だいいち)善法(ぜんはう)だ。014自己(じこ)(ただ)しき主張(しゆちやう)明白(めいはく)徹底的(てつていてき)に、015相手方(あひてがた)合点(がてん)()(やう)弁明(べんめい)釈明(しやくめい)する(こと)努力(どりよく)せなくては()らない。016何程(なにほど)誤解(ごかい)されても(かま)はぬ、017(ただ)しき(かみ)御照覧(ごせうらん)(あそ)ばすからと、018惟神主義(かむながらしゆぎ)保持(ほぢ)して袖手傍観的(しうしゆばうくわんてき)態度(たいど)()づる(もの)は、019自分(じぶん)無能(むのう)無責任(むせきにん)とを表白(へうはく)するもので、020結局(けつきよく)(かみ)(くに)(ため)には、021卑怯者(ひけふもの)(また)反抗者(はんかうしや)となるものである。
022四、023相手方(あひてがた)()放題(はうだい)(なん)でも()んでも御無理(ごむり)御尤(ごもつと)もと承服(しようふく)するは、024(けつ)して誤解(ごかい)()くの方法(はうはふ)(あら)ず。025(かへつ)誤解(ごかい)増大(ぞうだい)ならしむるものである。026相手方(あひてがた)強者(きやうしや)になると、027此方(こちら)譲歩退嬰(じやうほたいえい)(もつ)謙譲(けんじやう)(とく)とせず、028好意(かうい)(みと)めず、029(かへつ)驕慢(けうまん)(こころ)(つよ)此方(こちら)行動(かうどう)()て、030(わが)(はい)臆測(おくそく)した(とほ)りだ、031さればこそ(わが)抗議(かうぎ)言論(げんろん)行為(かうゐ)(たい)して、032(ただち)譲歩(じやうほ)したのだと()つて()まし()んで(しま)ふものである。
033五、034所謂(いはゆる)御無理(ごむり)御尤(ごもつと)もの譲歩的(じやうほてき)態度(たいど)は、035相手方(あひてかた)無理(むり)是認(ぜにん)する(こと)となつて(しま)ふ。036換言(くわんげん)すれば譲歩退嬰(じようほたいえい)誤解(ごかい)()方法(はうはふ)(あら)ずして(かへつ)相手方(あひてかた)誤解(ごかい)裏書(うらがき)し、037益々(ますます)その誤解(ごかい)をして増長(ぞうちよう)せしむるものとなるのである。038(これ)(たとへ)()商品(しやうひん)(たい)し、039(すなは)相手方(あひてかた)無暗(むやみ)値切(ねぎ)るに(まか)せて、040(そん)をして(まで)大負(おほまけ)(まけ)(とき)は、041相手方(あひてがた)買人(かひて)此方(こつち)好意(かうい)満足(まんぞく)するよりも、042(かへつ)()本来(ほんらい)掛値(かけね)()()けたのを(うま)値切(ねぎ)つてやつた、043(しか)(いま)(すこ)(ばか)高値(たかね)であつたかも()れぬがなぞと誤解(ごかい)する(やう)なものである。044何処(どこ)やそこい()立派(りつぱ)方々(かたがた)(なか)にも、045右様(みぎやう)態度(たいど)()する(ひと)十中(じつちう)(じふ)まである(やう)(かん)じられてならぬ。046(これ)依然(やつぱり)(かた)きを()(やす)きにつかむとする所謂(いはゆる)惟神中毒(かむながらちうどく)影像(えいざう)かも()れぬ。
047六、048()誤解(ごかい)()必要(ひつえう)あるはさることながら、049それに()して(もつと)大切(たいせつ)なるは、050()自分(じぶん)から誤解(ごかい)せざることである。051(また)今日(こんにち)世界(せかい)状態(じやうたい)(たい)しては、052誤解(ごかい)せない(やう)(つと)むるのが(もつと)重大(ぢうだい)なことである。053(すなは)兵家(へいか)所謂(いはゆる)()(かれ)()ることが肝腎(かんじん)である。054孔子(こうし)(ひと)(おのれ)()らざるを(うれ)へず。055(ひと)()らざるを(うれ)ふと()つた(とほ)りである。
056七、057人間(にんげん)身体内(しんたいない)には一方(いつぱう)天国(てんごく)あり、058一方(いつぱう)地獄(ぢごく)包蔵(はうざう)して()るものだ。059(えう)するに人間(にんげん)天使(てんし)悪魔(あくま)との雑種児(あいのこ)である。060現代(げんだい)人間(にんげん)(おい)殊更(ことさら)にこの傾向(けいかう)(おほ)きを(さと)らねばならぬ。061(ゆゑ)神示(しんじ)には(これ)中有人間(ちううにんげん)062(また)八衢人間(やちまたにんげん)(とな)へられて()る。
063八、064世界(せかい)状態(じやうたい)(ただ)しく(かい)せよ。065現代(げんだい)悪魔(あくま)横行(わうかう)()なることを。066国際(こくさい)連盟(れんめい)とか()つて、067表面(へうめん)から()れば、068天国(てんごく)福音(ふくいん)とも()るべき平和(へいわ)条約(でうやく)(むす)ばれた。069(しか)人類(じんるゐ)平和(へいわ)随喜者(ずゐきしや)070世界(せかい)泰平(たいへい)夢想者(むさうしや)希望(きばう)した(ほど)071期待(きたい)した(ほど)072註文(ちうもん)したる(ほど)(やく)()つもので()らう()
073九、074獅子(しし)(とら)や、075(おほかみ)疲労(ひらう)結果(けつくわ)076休息(きうそく)(ねむり)(むさぼ)つて()るとても、077(けつ)して(ねこ)(ひつじ)(うさぎ)には()るものでない。078屹度(きつと)元気(げんき)恢復(くわいふく)して(ねむり)より()むる(とき)()るのは当然(たうぜん)である。079一時(いちじ)暴風(ばうふう)()つて意気悄沈(いきせうちん)し、080拱手傍観(きようしゆばうくわん)()(ところ)()らざる()(とら)や、081()獅子(しし)や、082()(おほかみ)がそこい()(やま)(ふもと)に、083永遠的(ゑいゑんてき)蟄伏(ちつぷく)して()るのを()ると、084()()(にく)(をど)り、085(ただ)一人(ひとり)焦慮(せうりよ)活躍(くわつやく)せざるを()なくなつて()る。
086一〇、087一難(いちなん)(きた)(ごと)にその信仰(しんかう)勇気(ゆうき)(つよ)め、088快活(くわいくわつ)愉快(ゆくわい)立働(たちはたら)(まこと)神国魂(みくにだま)(ひと)は、089(はた)して幾人(いくにん)あるで()らう()
090一一、091(わづ)かに不断(ふだん)活動(くわつどう)継続(けいぞく)して()るものは、092飛行将軍(ひかうしやうぐん)先導(せんだう)五字(ごじ)教祖(けうそ)093(およ)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(しよう)する一派(いつぱ)のかたがた(くらゐ)なものだ。094(しか)(なが)地方(ちはう)(いた)つては、095それ相応(さうおう)活動(くわつどう)(おこな)つて()真人(しんじん)(すこ)しはあるさうだ。096(これ)がせめてもの(わが)慰安(ゐあん)となる(ばか)りだ。
097一二、098三五教(あななひけう)099無抵抗主義(むていかうしゆぎ)真諦(しんたい)誤解(ごかい)して、100如何(いか)なる暴逆(ばうぎやく)にも、101無理難題(むりなんだい)にも屈服(くつぷく)し、102御思召(おぼしめし)次第(しだい)だとか、103御尤(ごもつと)千万(せんばん)だとか()つて、104極端(きよくたん)無抵抗主義(むていかうしゆぎ)標榜(へうぼう)するのも(ひと)つは(かんが)へものだ。
105 (つひ)には卑劣(ひれつ)と、106柔弱(じうじやく)と、107無腸漢(むちやうかん)(たまご)とならなければ(さいはひ)だ。108(ただ)世間(せけん)評判(へうばん)や、109新聞(しんぶん)悪評(あくへう)や、110(その)()圧迫(あつぱく)などを気遣(きづか)つて、111正義(せいぎ)大道(だいだう)(あゆ)むことさへ(おそ)るるに(いた)らば、112最早(もはや)()人間(にんげん)駄目(だめ)だ。113製糞器(せいふんき)か、114()つて歩行(ある)樹木(じゆもく)か、115拙劣(せつれつ)なる蓄音機(ちくおんき)(やう)なものである。116()うなれば最早(もはや)人格(じんかく)(なに)もあつたものでは()い。117他人(たにん)尻馬(しりうま)()(ばか)りが人間(にんげん)(つと)むべき(みち)では()るまい。
118一三、119世間(せけん)評判(へうばん)新聞(しんぶん)批評(ひへう)ほど()てにならぬものは()い。120評判(へうばん)()いからと(おも)つて安心(あんしん)して()ると、121(たちま)背負投(せおひな)げを()はされるものだ。122一昨年(いつさくねん)以来(いらい)悪鬼羅刹(あくきらせつ)権化(ごんげ)(ごと)悪罵(あくば)され、123全国(ぜんこく)新聞紙上(しんぶんしじやう)(さら)された東西(とうざい)二人(ふたり)男女(だんぢよ)があつた。124(しか)しその男女(だんぢよ)直接(ちよくせつ)面会(めんくわい)し、125その思想(しさう)行為(かうゐ)態度(たいど)実見(じつけん)したものは、126百人(ひやくにん)百人(ひやくにん)まで世評(せへう)新聞(しんぶん)記事(きじ)(あて)にならない而已(のみ)か、127(まつた)正反対(せいはんたい)人物(じんぶつ)たることを(うなづ)くで()らう。128黒雲(くろくも)(つつ)まれたる大空(おほぞら)(つき)も、129仇雲(あだくも)(とびら)(ひら)ひて(その)瑞々(みづみづ)しい姿(すがた)(あら)はす(とき)は、130暗黒(あんこく)地上(ちじやう)(ただち)瑞光燦爛(ずいくわうさんらん)たる神姿(しんし)()(こと)出来(でき)るであらう。131(了)
132(昭和一〇・六・八 王仁校正)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら