霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 野辺(のべ)訓戒(くんかい)〔八二六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 篇:第1篇 玉石混来 よみ:ぎょくせきこんらい
章:第4章 野辺の訓戒 よみ:のべのくんかい 通し章番号:826
口述日:1922(大正11)年08月11日(旧06月19日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
驚いて樹下に駆け寄った竜国別も、あっと悲鳴を上げてその場に倒れてしまった。テーリスタンは白楊樹から落ちて動けず、鷹依姫一人だけが泰然として天津祝詞と天の数歌を歌って回復を祈願している。
鷹依姫は三人が唸り声を出しているので、命に別状はないと安心し、黄金の玉をアールから騙し取った罪を大神に謝罪しながら夜を明かした。竜国別とカーリンスはようやく正気づいて起き上がると、玉への執着を責められて恐ろしい夢の警告を受けた、と二人涙ながらに語って懺悔を始めた。
テーリスタンは二人が弱気になったことをたしなめたが、竜国別はこれは神様の懲戒だと言い、カーリンスも同意した。
鷹依姫はお道のためなら初心を曲げずに断固として進むのだと言い放って自ら白楊樹に登ろうとした。しかし白楊樹にはよくよく見ると大きなムカデや蛇が巻きついていて登って進むことができない。
鷹依姫は、ここに庵を結んでムカデや蛇が根負けして退散するまで頑張るのだ、と言って三人に草庵を作らせた。四人は夜露を凌ぎつつ、庵の中で天津祝詞を奏上していた。すると外から異様な声が聞こえてきた。
竜国別、テーリスタン、カーリンスは寒水を頭から浴びせかけられたような感じがして、びりびりと震え出した。鷹依姫は一人平気な顔をして、怪物を言向け和そうと外に出て行こうとする。
三人が止めるのも聞かず、鷹依姫は萱原に出て怪しい声に向かって誰何すると、大音声に天の数歌を歌い上げた。前方に白煙が立ち上り、頭の光った蛸入道が現れた。蛸入道は鷹依姫の素性を知っており、テーナの酋長から黄金の玉を騙し取ったことを責め立てた。
鷹依姫は、天下国家のためなら細部を省みない心だと言い返す。蛸入道は、自分は悪神の将・猿世彦の悪霊であり、三五教の人間に怨みを晴らそうと、この櫟ヶ原で待っていたのだと明かした。
鷹依姫は、猿世彦の本守護神は狭依彦という立派な神となっていると言い、蛸入道を解脱させようとする。蛸入道も自分を済度してくれる者を待っていたというが、鷹依姫の祝詞はまったく効果を表さない。
蛸入道は、鷹依姫の心に執着心という鬼が潜んでいるので、言霊が濁りきっていると指摘した。そして玉のことは思い切って善心に立ち返るようにと諭した。
また、黄金の玉はすでに発見されて言依別命によってある地点に隠されていることを告げ、言依別命と国依別が鷹依姫たちを探して高砂島にやってくるので、海岸伝いに北上し、アマゾン河をさかのぼって玉の森に向かうようにと伝えた。
鷹依姫は怪物の言葉に真実味を受け取り、玉への執着心を捨てて櫟ヶ原から海岸に出て、北へと進んで行った。ちなみにこの怪物は実は怨霊ではなく、木花姫命が一行の執着心を取り払おうとのお計らいであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:51頁 八幡書店版:第5輯 483頁 修補版: 校定版:51頁 普及版:24頁 初版: ページ備考:
001 白楊樹(はくやうじゆ)(もと)立寄(たちよ)つたカーリンスは(みき)()をかけるや(いな)や『アツ』と(さけ)んで(その)()(たふ)れて(しま)つた。002テーリスタンは(こし)をしたたか()つた(ため)003(すこ)しも(あゆ)(こと)出来(でき)ず、004(もと)(ところ)(よこ)たはつてゐる。005竜国別(たつくにわけ)(おどろ)いて、006樹下(じゆか)立寄(たちよ)り、007(また)もや『アツ』と一声(ひとこゑ)(さけ)んだ(まま)008カーリンスと(まくら)(なら)べて南向(みなみむ)けに(たふ)れて(しま)つた。009(あと)には鷹依姫(たかよりひめ)只一人(ただひとり)010(もと)より気丈(きぢやう)(をんな)とて、011(すこ)しも(さわ)がず、012泰然(たいぜん)として天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、013(あま)数歌(かずうた)(うた)ひ、014二人(ふたり)恢復(くわいふく)(いの)つてゐた。
015 竜国別(たつくにわけ)016カーリンスの両人(りやうにん)掛合(かけあひ)に『ウンウン』と(とら)(うそぶ)(やう)(いや)らしい(こゑ)()して(うな)りつづけてゐる。017鷹依姫(たかよりひめ)(この)(こゑ)()いて……アヽ生命(いのち)別条(べつじやう)はない、018マア大丈夫(だいぢやうぶ)だ。019()()けたら(なん)とか工夫(くふう)がつくだらう……(くらゐ)(おも)つて、020(しき)りに祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、021黄金(こがね)(たま)策略(さくりやく)(もつ)(あつ)め、022うまくチヨロまかして此処(ここ)まで(きた)りし(その)(つみ)大神(おほかみ)謝罪(しやざい)しつつ、023()()くるを()つた。
024 (ひがし)(そら)(くれなゐ)()めて(やうや)天津(あまつ)()(かみ)地平線上(ちへいせんじやう)に、025(まる)姿(すがた)(あら)はし(たま)うた。026テーリスタンは(やうや)くにして(こし)(いた)みも(なほ)り、027(やや)元気(げんき)づき、028鷹依姫(たかよりひめ)(とも)四辺(あたり)(いちご)をむしり、029両人(りやうにん)(くち)(ふく)ませ、030一生懸命(いつしやうけんめい)鎮魂(ちんこん)(ほどこ)した。031二人(ふたり)(やうや)くにして正気(しやうき)づき、032()(あが)つて、
033竜国(たつくに)『あゝ大変(たいへん)(おそ)ろしい(こと)だつた。034たうとう閻魔(えんま)(ちやう)まで引出(ひきだ)され、035(おほ)きな蜥蜴(とかげ)毒蛇(どくじや)責苦(せめく)()はされ、036黄金(こがね)(たま)幾十(いくじふ)となく背中(せなか)()はされ、037(ほね)(くだ)くる(ばか)り、038(その)(おも)さと(くるし)さに、039(からだ)段々(だんだん)()(なか)()()んで(しま)ひ、040(なん)とも()はれぬ責苦(せめく)()うて()た。041あゝ執着心(しふちやくしん)(くらゐ)(おそ)ろしいものはない。042……モウ(たま)(こと)は、043()アさま、044断念(だんねん)したら如何(どう)でせう』
045カー『竜国別(たつくにわけ)さま、046(まへ)さまもさうでしたか。047(わたし)(おな)(やう)()()はされましたよ。048そして(よこ)(はう)にウンウンと(くる)しさうに(うめ)(こゑ)(きこ)えたので、049ソツと(のぞ)いて()ましたら、050(おそ)ろしや(おそ)ろしや、051高姫(たかひめ)さまと黒姫(くろひめ)さまが、052如意宝珠(によいほつしゆ)(むらさき)(たま)取囲(とりかこ)まれ、053(おさ)へられ、054(かみ)(やう)(うす)(からだ)になり、055(かれひ)のやうに()片一方(かたいつぱう)(はう)()つて(しま)ひ、056随分(ずゐぶん)エグイ(かほ)をして、057(くち)から黒血(くろち)()き、058()られた(ざま)ぢや御座(ござ)いませなんだよ。059吾々(われわれ)(みたま)()(なが)地獄(ぢごく)()()んでゐると()えますワイ。060……あゝ神様(かみさま)061どうぞ(ゆる)して(くだ)さいませ。062キツと今日(けふ)(かぎ)(こころ)(あらた)めます』
063合掌(がつしやう)し、064(なみだ)(たき)(ごと)くに(なが)してゐる。
065テー『おいカー、066貴様(きさま)()()かしてそんな(ゆめ)()てゐたのだよ。067夜前(やぜん)から(おれ)(こし)(いた)いので、068(よこ)になつた(まま)069ヂツとして貴様(きさま)(たふ)れたのを()てゐたが、070(べつ)地獄(ぢごく)()様子(やうす)もなし、071(ただ)(この)()(もと)竜国別(たつくにわけ)さまと掛合(かけあひ)にウンウンと(うな)つてゐたのだ。072そんな()(よわ)(こと)()ふな。073そりやキツト(こころ)(まよ)ひだ。074(おに)(じや)も、075地獄(ぢごく)極楽(ごくらく)も、076(みな)自分(じぶん)(こころ)(ふね)(かぢ)次第(しだい)で、077どないでも転回(てんくわい)するのだ。078そんな迷信(めいしん)(くさ)(こと)()はずに、079チトしつかりして()れ』
080竜国(たつくに)『イヤそれでも(ゆめ)とは(おも)はれない。081(また)俺達(おれたち)(けつ)して(こころ)(まよ)ひではない。082日頃(ひごろ)(おも)つてゐる(こと)()るのなら、083夢幻(ゆめまぼろし)判断(はんだん)しても()いが、084吾々(われわれ)はそれ(ほど)悪事(あくじ)だとも(おも)つてゐない。085世界(せかい)(ため)086神様(かみさま)(ため)087最善(さいぜん)努力(どりよく)をしてゐる(かんが)へで、088(むし)吾々(われわれ)のやつた(こと)(ほこ)りと(おも)つてゐた(くらゐ)だから、089(けつ)して幻想(げんさう)でも妄想(もうさう)でもないよ。090()(かく)吾々(われわれ)今迄(いままで)行方(やりかた)無理(むり)があつたに(ちがひ)ない。091神様(かみさま)(ひと)間違(まちが)へば(すぐ)懲戒(みせしめ)をして()をつける……と筆先(ふでさき)御示(おしめ)しになつてゐるのだから、092ウツカリ(うたが)(わけ)には()かないよ』
093カー『竜国別(たつくにわけ)さまの仰有(おつしや)(とほ)りだ。094(おれ)やモウ未来(みらい)(おそ)ろしくなつて()たワイ』
095鷹依(たかより)『お前達(まへたち)一丈(いちぢやう)二尺(にしやく)(ふんどし)(しめ)一人前(いちにんまへ)堂々(だうだう)たる(をとこ)ぢやないか。096仮令(たとへ)如何(いか)なる(こと)があらうとも、097初一念(しよいちねん)貫徹(くわんてつ)するのが男子(だんし)本分(ほんぶん)だ。098(わたし)()(とほ)(とし)()つた(をんな)()だ。099けれ(ども)そんな(よわ)(こころ)はチツとも()つて()ない。100仮令(たとへ)地獄(ぢごく)(そこ)(おと)されて如何(いか)なる成敗(せいばい)()はされよう(とも)101世界(せかい)(ため)102(みち)(ため)になる(こと)ならば、103断乎(だんこ)として初心(しよしん)()げる(こと)出来(でき)ませぬ。104それ(ほど)(ゆめ)(くらゐ)(おそ)ろしいやうな(こと)で、105(この)(ゆめ)浮世(うきよ)如何(どう)して(くら)(こと)出来(でき)ませうか。106大神様(おほかみさま)はお前達(まへたち)(こころ)(ため)すために、107いろいろと()をお()(あそ)ばすのだ。108……エヽチヨロ(くさ)い、109もう仕方(しかた)がない。110(わたし)仮令(たとへ)(この)()(うへ)から()(はづ)して墜落(つゐらく)し、111(あたま)()つて国替(くにがへ)をせう(とも)112あの(たま)()つて()ねば()きませぬ。113(わたし)(うへ)から、114あの(ふくろ)()げおろすから、115前達(まへたち)(した)()つて、116ソーツと()(ひろ)げて鄭重(ていちよう)()けるのだよ』
117()(なが)ら、118一抱(ひとかかへ)(ばか)りの白楊樹(はくやうじゆ)根元(ねもと)()をかけた。119白楊樹(はくようじゆ)(みき)には三尺(さんじやく)四尺(よんしやく)(だけ)のある大蜈蚣(おほむかで)一面(いちめん)(まき)ついて()る。120さうして(ふと)一尺(いつしやく)(ばか)りの亀甲形(きつかふがた)斑文(はんもん)のある(へび)121(あか)(した)をペロペロと()し、122()(いか)らして、123()周囲(しうゐ)幾十匹(いくじふひき)とも数限(かずかぎ)りなく(ひか)えて()る。124根元(ねもと)から(しん)まで、125蜈蚣(むかで)(へび)とが空地(あきち)なく、126(みき)(えだ)(から)んで()(その)(いや)らしさ。127流石(さすが)鷹依姫(たかよりひめ)(これ)には辟易(へきえき)し、128二三間(にさんげん)(あと)しざりし(なが)ら、
129『コレコレ竜国別(たつくにわけ)130テーに、131カー、132如何(いか)にもこれは容易(ようい)(のぼ)(こと)出来(でき)ませぬワイ。133(さいはひ)(この)(とほ)(いちご)沢山(たくさん)()つてゐる。134食物(たべもの)何時(いつ)まで()つたつて不自由(ふじいう)はないから、135あの(たま)が、136(かぜ)でも()いて自然(しぜん)()ちて()るか、137蜈蚣(むかで)(へび)根負(こんまけ)して()げていぬか、138どちらなりと(らち)()(まで)139此処(ここ)持久戦(ぢきうせん)をやりませう。140……サアサア(みな)さま、141(あめ)()つては(こま)るから、142(いま)(うち)にそこらの(かや)()(あつ)めて、143草庵(さうあん)(むす)び、144あの(へび)145蜈蚣(むかで)根比(こんくら)べを(いた)しませう』
146 三人(さんにん)鷹依姫(たかよりひめ)(げん)(したが)ひ、147(にはか)()(くさ)()(あつ)めて(いほり)(むす)び、148籠城(ろうじやう)準備(じゆんび)(とり)かかつた。149(やうや)くにして雨蔽(あまおひ)(ため)の、150(かたち)ばかりの草庵(さうあん)出来上(できあが)つた。151四人(よにん)夜露(よつゆ)(しの)ぎつつ、152(いほり)(なか)にて祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、153一時(いつとき)(はや)(たま)都合(つがふ)よく(わが)()(かへ)り、154(かつ)(また)155(へび)156蜈蚣(むかで)悪虫(あくちう)退散(たいさん)せむ(こと)昼夜(ちうや)間断(かんだん)なく祈願(きぐわん)して()た。
157 外面(そとも)(あた)つて『ケラケラケラ』と(いや)らしき(わら)(ごゑ)(きこ)えた。158竜国別(たつくにわけ)159テー、160カーの三人(さんにん)(この)(こゑ)(みみ)()るや(いな)や、161寒水(かんすゐ)(あたま)から幾百石(いくひやくこく)ともなく()ぶせかけられた(やう)(かん)じがし、162ビリビリと(ふる)()し、163()をガチガチと()らして()る。164鷹依姫(たかよりひめ)平気(へいき)(かほ)して、
165鷹依(たかより)『コレコレお前達(まへたち)166なぜ斯様(そん)真青(まつさを)(かほ)をして()ぢけてゐるのだ。167(なに)一体(いつたい)(こは)いのだい。168大方(おほかた)169(いま)(わら)(ごゑ)(こわ)かつたのだらう。170オホヽヽヽ、171(なん)臆病(おくびやう)たれだなア。172ドレドレ(わたし)(ひと)(そと)()て、173何者(なにもの)()らぬが、174言向(ことむ)(やは)して(まゐ)りませう』
175とムクムクと立上(たちあ)がり、176萱製(かやせい)莚戸(むしろど)押開(おしあ)けて()()かうとする。177竜国別(たつくにわけ)(おどろ)いて、178鷹依姫(たかよりひめ)(こし)をシツカと抱止(だきと)め、
179『モシモシお()アさま、180あなたがそんな危険(きけん)(こと)をなさらいでも、181(わか)(もの)三人(さんにん)(ひか)えて()ります。182どうぞお()(くだ)さいませ』
183 (この)(とき)(また)もや『ケラケラケラ』と(いや)らしき(こゑ)連発的(れんぱつてき)(きこ)えて()た。184三人(さんにん)(をとこ)首筋(くびすぢ)がゾクゾクし()し、185(また)もや()がガチガチと()()したり。
186鷹依(たかより)『ホヽヽヽ、187化物(ばけもの)(やつ)188ケラケラケラなんて、189ナアニ悪戯(わるさ)をするのだ。190(よう)があるのならば、191(いぬ)遠吠(とほぼえ)(やう)に、192(とほ)くから相手(あひて)にならずに、193なぜ此処(ここ)這入(はい)つて()ぬか。194奴甲斐性(どがひしやう)なし()が』
195テー『モシモシ鷹依姫(たかよりひめ)さま、196そんな(こと)()つて(もら)うてはたまりませぬ。197あんな(やつ)這入(はい)つて()られて如何(どう)なりますか』
198(ふる)(ごゑ)半泣(はんな)きになつてゐる。
199鷹依(たかより)『エーエ、200どいつも此奴(こいつ)弱虫(よわむし)ばつかりだな。201(いま)(わか)(もの)(くち)(ばか)達者(たつしや)で、202実地(じつち)になつたら、203(この)(ざま)204それだから、205何程(なにほど)畑水練(はたけすゐれん)学問(がくもん)をしたつて駄目(だめ)だ。206実地(じつち)(あた)つて苦労(くらう)(いた)さねば(まこと)()()ぬぞよ……と神様(かみさま)仰有(おつしや)るのだ。207サアお前達(まへたち)208立派(りつぱ)(をとこ)三人(さんにん)()つて、209(そと)()化物(ばけもの)言向(ことむ)(やは)(こと)をようせぬのなら、210ようせぬでよいから、211(わたし)(ひと)()()談判(だんぱん)をして()(ほど)に、212(かなら)()めては(くだ)さるなや』
213(また)もや立上(たちあが)り、214莚戸(むしろど)()()けて()ようとする。215竜国別(たつくにわけ)周章(あわて)抱止(だきと)め、
216『コレコレお()アさま、217貴女(あなた)(みづか)らお()ましにならなくても、218荒男(あらをとこ)三人(さんにん)()ります。219どうぞ(わたくし)(まか)して(くだ)さいませ』
220 最前(さいぜん)(あや)しき(こゑ)追々(おひおひ)近付(ちかづ)(きた)り、221一層(いつそう)(いや)らし(さう)音調(おんてう)にて、
222『ガツハヽヽヽ、223ギヒヽヽヽ、224グフヽヽヽ、225ゲヘヽヽヽ、226ゴホヽヽヽ、227ギヤハヽヽヽ、228ギイヒヽヽヽ、229ギユフヽヽヽ、230ギエヘヽヽヽ、231ギヨホヽヽヽ』
232益々(ますます)(はげ)しくなつて()た。233竜国別(たつくにわけ)はテー、234カー二人(ふたり)(むか)ひ、
235『おいテー、236カー、237(まへ)御苦労(ごくらう)だが、238(おれ)はお()アさまの(そば)(まも)つて()るから、239(まへ)240(ひと)様子(やうす)(かんが)へに()()()れぬか』
241テー『ハイ、242(やす)いこつて御座(ござ)いますが、243何分(なにぶん)(この)(あひだ)天狗(てんぐ)()つて()られ、244(こし)(ほね)()つて、245(おも)(やう)(あし)(うご)けませぬので、246どうぞカー一人(ひとり)(あふ)()けて(くだ)さいな』
247カー『(おれ)だつて(この)(あひだ)転倒(てんたふ)した(とき)に、248大腿骨(だいたいこつ)(いた)めて()るから、249(からだ)(おも)(やう)(うご)かない。250マア仕方(しかた)がない。251此処(ここ)(しばら)籠城(ろうじやう)して、252化物(ばけもの)根比(こんくら)べをしたら如何(どう)でせう』
253竜国(たつくに)『アヽそれもさうだ。254……なアお()アさま、255テー、256カーもあの(とほ)り、257(からだ)(いた)めて()りますから、258一層(いつそう)(こと)259化物(ばけもの)根比(こんくら)べを此処(ここ)でする(こと)にしませうか』
260 鷹依姫(たかよりひめ)は、
261『エヽ腰抜(こしぬけ)(ども)だなア』
262()(なが)ら、263()()()()け、264(そと)()()して(しま)つた。265三人(さんにん)(その)勇気(ゆうき)(した)()き、266コワゴワ(なが)外面(そとも)を、267萱壁(かやかべ)隙間(すきま)から(のぞ)いて()る。
268 鷹依姫(たかよりひめ)()()(とき)には無茶苦茶(むちやくちや)(きも)(ふと)くなる(をんな)である。269平気(へいき)平左(へいざ)(あや)しき(こゑ)(たづ)ねて、270あちらこちらと(さが)(まは)つた。271(まへ)かと(おも)へば(うしろ)(きこ)え、272(みぎ)かと(おも)へば(ひだり)(きこ)へ、273一向(いつかう)(つか)まへ(どころ)のないのに(がふ)()やし、274大音声(だいおんじやう)をはりあげて、
275鷹依(たかより)『ヤアヤア、276何者(なにもの)妖怪変化(ようくわいへんげ)ぞ。277(おそ)(おほ)くも国治立大神(くにはるたちのおほかみ)278()花姫命(はなひめのみこと)279()出神(でのかみ)280神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)御神業(ごしんげふ)(つか)へまつる三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)鷹依姫(たかよりひめ)(その)()(たい)し、281無礼千万(ぶれいせんばん)にも、282外面(そとも)より罵詈嘲弄的(ばりてうろうてき)態度(たいど)()るは、283心得(こころえ)(がた)(につく)曲者(くせもの)284サア(はや)正体(しやうたい)(あら)はせ。285天地(てんち)道理(だうり)()(さと)し、286(なんぢ)修羅(しゆら)妄執(まうしふ)払拭(ふつしき)し、287(その)霊魂(みたま)天国(てんごく)浄土(じやうど)(たす)けてやらう。288違背(ゐはい)(およ)ばば、289三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)鷹依姫(たかよりひめ)290(かみ)(かは)つて、291(なんぢ)()(くに)(そこ)(くに)に、292(わが)言霊(ことたま)威力(ゐりよく)(もつ)追落(おひおと)してやらうぞ。293サア如何(どう)ぢや、294返答(へんたふ)()かせ。295(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)……』
296大音声(だいおんじやう)に、297(あま)数歌(かずうた)(うた)()げた。298(かや)(かぶ)(へだ)てて、299(すこ)(ばか)前方(ぜんぱう)白煙(しらけぶり)()(のぼ)り、300()(なか)からボンヤリと(あら)はれた(あたま)(ひか)つた蛸入道(たこにふだう)301赤黒(あかぐろ)(ほそ)()をニユツと(まへ)()し、302(まね)(ねこ)(やう)恰好(かつかう)をし(なが)ら、
303『フツフヽヽヽ、304(その)(はう)はバラモン(けう)神司(かむづかさ)305(てん)じてアルプス(けう)教主(けうしゆ)となり、306再転(さいてん)して三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(かは)り、307高姫(たかひめ)無実(むじつ)難題(なんだい)()きかけられて、308遥々(はるばる)高砂島(たかさごじま)まで迂路(うろ)つきまわり、309小人(せうじん)(きう)して(らん)をなす(たとへ)()れず、310所在(あらゆる)策略(さくりやく)をめぐらし、311テーナの(さと)酋長(しうちやう)家宝(かほう)(いた)せる、312黄金(こがね)(たま)をウマウマ()()れたであらうがなア』
313鷹依(たかより)大功(たいこう)細瑾(さいきん)(かへり)みずと()つて、314天下(てんか)国家(こくか)(ため)ならば、315少々(せうせう)(くらゐ)犠牲(ぎせい)見越(みこ)しておかねば、316何事(なにごと)成就(じやうじゆ)するものではありませぬワイ。317大魚(たいぎよ)小池(せうち)()まず、318清泉(せいせん)には(うを)(そだ)たず、319(はる)()(つき)朦朧(もうろう)として()るのが(かへつ)雅趣(がしゆ)がある(やう)なもので、320人間(にんげん)として神業(しんげふ)奉仕(ほうし)する(うへ)(おい)て、321チツと(くらゐ)(あやま)ちがあつた(ところ)で、322天津祝詞(あまつのりと)功力(くりき)により、323科戸(しなど)(かぜ)朝霧(あさきり)夕霧(ゆふきり)吹払(ふきはら)(こと)(ごと)く、324(つみ)(けがれ)も、325()()せるは神界(しんかい)(たふと)御恵(おめぐ)み、326何処(どこ)枉神(まがかみ)()らぬが、327その(やう)なせせこましい小理窟(こりくつ)()つて、328吾々(われわれ)へこまさうと(おも)つても、329左様(さやう)(こと)()()いたり、330(はた)()いたり、331(ほこ)(をさ)めて退却(たいきやく)する(やう)なヘドロイ(をんな)宣伝使(せんでんし)では御座(ござ)らぬぞや。332(まへ)一体(いつたい)何者(なにもの)だ。333大方(おほかた)黄金(こがね)(たま)執着(しふちやく)があつて、334折角(せつかく)吾々(われわれ)()()れたものを横奪(わうだつ)せうと(おも)ひ、335あの白楊樹(はくやうじゆ)(うへ)(まで)()つて(のぼ)つたのだらう。336サアもう()うなる以上(いじやう)は、337(この)鷹依姫(たかよりひめ)承知(しようち)(いた)さぬ。338サア(はや)木登(きのぼ)りをしてここへ()つて御座(ござ)れ。339(まへ)()(やつ)は、340()しからぬ悪戯(いたづら)(いた)(もの)だ。341アハヽヽヽ、342油断(ゆだん)(すき)もあつたものぢやないワイ。343オツホヽヽヽ』
344禿化『(この)(はう)は、345(むかし)神代(かみよ)常世(とこよ)(くに)常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)となり、346言霊別命(ことたまわけのみこと)347元照彦命(もとてるひこのみこと)などの神将(しんしやう)を、348縦横無尽(じうわうむじん)駆悩(かけなや)ましたる猿世彦(さるよひこ)勇将(ゆうしやう)であつたが、349言霊別命(ことたまわけのみこと)350元照彦命(もとてるひこのみこと)両人(りやうにん)(かぜ)(くら)つて常世城(とこよじやう)()()せたる(あと)()ひ、351スペリオル()湖辺(こへん)まで()ひかけ(いた)()れば、352両人(りやうにん)姿(すがた)(くも)(かすみ)北方(ほくぱう)(とほ)()()つた様子(やうす)353それ(ゆゑ)354(この)猿世彦(さるよひこ)元照彦(もとてるひこ)355美濃彦(みのひこ)間者(まはしもの)なる、356船頭(せんどう)湊彦(みなとひこ)(ふね)(あやつ)らせ、357寒風(かんぷう)()(すさ)湖上(こじやう)(わた)(をり)しも、358退引(のつぴき)ならぬ湊彦(みなとひこ)強談(ごうだん)赤裸(まつぱだか)となり、359とうとう(わが)肉体(にくたい)木乃伊(みいら)になつて(しま)つた。360(しばら)くあつて、361三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)言霊(ことたま)(もつ)(たす)けられ、362蘇生(よみが)へり、363(ここ)身魂(みたま)(ふた)つに(わか)れ、364一方(いつぱう)身魂(みたま)猿世彦(さるよひこ)肉体(にくたい)使(つか)つて、365(つひ)には()出神(でのかみ)教訓(けうくん)()け、366宣伝使(せんでんし)となつて、367アリナの(たき)水上(みなかみ)368(かがみ)(いけ)にて神界(しんかい)御用(ごよう)(つと)める(こと)となつたが、369(この)(はう)はスペリオル()湖上(こじやう)(おい)て、370木乃伊(みいら)となつた(くる)しき(とき)(おも)ひが()つて、371(いま)(この)高砂島(たかさごじま)山中(さんちう)彷徨(さまよ)ひ、372三五教(あななひけう)奴原(やつばら)(たい)し、373(うら)みを(かへ)さねばならぬと、374汝等(なんぢら)四人(よにん)アリナの(たき)(あら)はれしを(さいは)ひ、375如何(いか)にもして、376(うらみ)()らさむと、377(こころ)千々(ちぢ)(くだ)いたなれど、378(なに)()うても、379(かがみ)(いけ)月照彦神(つきてるひこのかみ)神霊(しんれい)(まも)りあれば、380容易(ようい)汝等(なんぢら)(なや)ますの余地(よち)なく、381(すき)(うかが)ひ、382(なんぢ)(あと)引添(ひつそ)ひ、383(にしき)(ふくろ)にブラ(さが)(なが)ら、384ここまでやつて()猿世彦(さるよひこ)副守護神(ふくしゆごじん)385怨霊(おんりやう)凝固(かたまり)である(ほど)に、386モウ()うなる(うへ)は、387何程(なにほど)藻掻(もが)いても、388(この)櫟ケ原(くぬぎがはら)悪霊(あくれい)集合(しふがふ)地帯(ちたい)だ。389()んで()()(なつ)(むし)390覚悟(かくご)(いた)して、391一時(ひととき)(はや)(もと)()(かへ)し、392(この)(たま)(この)猿世彦(さるよひこ)(わた)して(かへ)るがよからう。393グズグズ(まを)すと、394寝首(ねくび)引掻(ひつか)き、395むごい()にあはしてやるぞよ。396ウツフヽヽヽ』
397 鷹依姫(たかよりひめ)(こゑ)(はげ)まし、
398猿世彦(さるよひこ)怨霊(おんりやう)とやら、399よつく()け。400(その)(はう)本守護神(ほんしゆごじん)狭依彦神(さよりひこのかみ)となり、401立派(りつぱ)神業(しんげふ)(いにしへ)より奉仕(ほうし)して、402黄泉比良坂(よもつひらさか)(たたか)ひにまで出陣(しゆつぢん)し、403抜群(ばつぐん)功名(こうみやう)()てたでないか。404なぜ(その)(はう)左様(さやう)怨霊(おんりやう)となつて、405何時(いつ)までもまごつきゐるか。406チツと(むね)()()て、407善悪正邪(ぜんあくせいじや)道理(だうり)(かんが)へて()たら如何(どう)だえ』
408禿化『(わし)だとて本守護神(ほんしゆごじん)(かみ)になつてゐるのに、409何時(いつ)までも斯様(かやう)曲神(まがかみ)()ちてゐたい(こと)はないのだ。410(しか)吾々(われわれ)済度(さいど)(たす)けて()れる宣伝使(せんでんし)()()ないので、411(いま)身魂(みたま)()()ち、412曲神(まがかみ)(むれ)()つて、413日夜(にちや)艱難(かんなん)辛苦(しんく)()めてゐるのだ』
414鷹依(たかより)『そんなら(この)鷹依姫(たかよりひめ)有難(ありがた)神文(しんもん)()かしてやるから、415これにて綺麗(きれい)サツパリと成仏(じやうぶつ)(いた)し、416(まこと)(かみ)立帰(たちかへ)れよ』
417()(なが)ら、418天津祝詞(あまつのりと)神言(かみごと)二三回(にさんくわい)419一生懸命(いつしやうけんめい)繰返(くりかへ)(とな)()げ、
420『サア是丈(これだけ)結構(けつこう)祝詞(のりと)()げた以上(いじやう)は、421最早(もはや)解脱(げだつ)したであらう。422(はや)(この)()立去(たちさ)らぬか』
423禿化『何程(なにほど)結構(けつこう)神文(しんもん)(とな)へて()れても、424(まへ)(こころ)執着心(しふちやくしん)()(おに)(ひそ)んで()以上(いじやう)は、425(その)言霊(ことたま)(にご)()つて()るから、426解脱(げだつ)(どころ)(くる)しくて(くる)しくて、427益々(ますます)(まよ)ひが(ふか)くなる(ばか)りだ。428黄金(こがね)(たま)(こと)今日(けふ)(かぎ)りフツツリと(おも)()つて善心(ぜんしん)立返(たちかへ)つてくれ。429(まへ)(たづ)ねる桶伏山(をけぶせやま)黄金(こがね)(たま)(すで)(すで)発見(はつけん)されて、430言依別神(ことよりわけのかみ)(さま)(ある)地点(ちてん)に、431(ひと)()れず、432神界(しんかい)(めい)()つてお(をさ)めになつてゐるぞ。433最早(もはや)(たま)詮議(せんぎ)無用(むよう)だ。434前達(まへたち)心中(しんちう)(あはれ)み、435(やが)言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)が、436国依別(くによりわけ)(ともな)ひ、437(まへ)所在(ありか)(たづ)ねてお()(あそ)ばすから、438(まへ)はこれより(ひがし)()して海岸(かいがん)()で、439(うみ)ばたを(とほ)つて、440巴留(ハル)(くに)のアマゾン(がは)河口(かはぐち)()で、441それより、442河船(かはふね)()つて、443(たま)森林(しんりん)(むか)へ』
444鷹依(たかより)如何(いか)にも、445さう(うけたま)はらば、446どこともなしに妙味(めうみ)のある言葉(ことば)だ。447(ひと)つコリヤ(かんが)へる余地(よち)充分(じゆうぶん)にある。448(いづ)三人(さんにん)(もの)とトツクリと相談(さうだん)をしておいて、449返事(へんじ)をするから、450今晩(こんばん)はこれで(かへ)つて(くだ)さい。451(また)明日(みやうにち)(ばん)()にかかりませう』
452 禿頭(はげあたま)化物(ばけもの)はジユンジユンと(あや)しき(おと)()て、453濛々(もうもう)白煙(はくえん)(おこ)し、454(たちま)(その)(あや)しき姿(すがた)(かく)して(しま)つた。
455 これより鷹依姫(たかよりひめ)一行(いつかう)(この)(たま)(たい)する執着心(しふちやくしん)除去(ぢよきよ)し、456櫟ケ原(くぬぎがはら)(ひがし)にとり、457海岸(かいがん)()で、458(きた)(きた)へと(すす)んで()く。
459 (ちなみ)(この)怪物(くわいぶつ)(けつ)して猿世彦(さるよひこ)怨霊(おんりやう)では()い。460天教山(てんけうざん)木花姫(このはなひめ)が、461一行(いつかう)執着心(しふちやくしん)(はら)ひ、462(まこと)宣伝使(せんでんし)仕立(した)()げむとの周到(しうたう)なる御計(おはか)らひなりける。
463大正一一・八・一一 旧六・九 松村真澄録)