霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 日出姫(ひのでひめ)〔八三三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 篇:第3篇 神鬼一転 よみ:しんきいってん
章:第11章 日出姫 よみ:ひのでひめ 通し章番号:833
口述日:1922(大正11)年08月12日(旧06月20日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫が神殿に駆け上って扉に手をかけると、狭依彦命のご神体が現れて高姫を取ると、壇上から下に放り投げた。高姫はまたもや人事不省になって唸っている。
奉仕者たちが慌てて介抱しようとするが、常彦は、神様に戒めを受けたのだから、高姫の改心のためにもしばらくは放って置いてもらうように頼んだ。
一同が別間に入って神徳話に花を咲かせていると、突然神殿の間から高姫の金切り声が聞こえてきた。驚いて皆が駆けつけると、高姫が大男に持ち上げられて放り上げられていた。
一同が駆けつけると、大男は煙のように消えてしまった。高姫は真っ青な顔で懸橋御殿を飛び出してアリナ山の方に駆け上って行った。常彦と春彦は見失っては大変と、慌てて高姫を追いかけていく。国玉依別の命により、竜と玉も一緒に高姫を追いかけた。
高姫は鷹依姫一行が野宿した柏楊樹の傍らまでたどり着いた。高姫は身体が非常に重たくなって草原に横たわり、寝てしまった。高姫は目を覚ますと自分がどこにいるかわからず、独り言を言っている。
突然大きな怪物が現れて、高姫を掴んで喰おうとした。高姫は恐ろしさに震えていたが、そこへ喨々と音楽の音が聞こえてきた。すると俄かに力ついた。怪物は高姫をぱっと放した。
高姫が目を開けると、梅の花を片手に持ち、もう片方の手に白扇を持った女神が厳然として現れていた。女神は高姫のこれまでの行いが神界の邪魔をしていたことを叱り、ここで改心すればまた神界の御用を務めることができると諭した。
高姫は女神の光輝に打たれて罪を謝し、改心を約束した。女神は鷹依姫らが持ち出した黄金の玉を柏楊樹から下ろすと高姫に授け、後からやってくる懸橋御殿の竜と玉に返すようにと命じた。
女神は高姫に後戻りしないように諭し、先ほどの怪物は高姫の慢心を戒める鬼神であると戒めた。そしてアマゾン河をさかのぼって鷹依姫一行と合流し、そこで修行をなしてから自転倒島に戻って神業に参加するようにと示した。日の出姫神と名乗り、高姫に懸かっているのは金毛九尾であることを気を付けると、五色の雲に乗って天上に昇っていった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:165頁 八幡書店版:第5輯 526頁 修補版: 校定版:169頁 普及版:77頁 初版: ページ備考:
001 高姫(たかひめ)矢庭(やには)神前(しんぜん)()(のぼ)り、002(とびら)()をかけた。003(たちま)(あたま)(ひか)つた脇立(わきだち)狭依彦神(さよりひこのかみ)004(けぶり)(ごと)朦朧(まうろう)(あら)はれ、005高姫(たかひめ)首筋(くびすぢ)をグツと(にぎ)つて壇上(だんじやう)より、006(へび)大地(だいち)()げつけた(やう)に、007ポイと()()ばした。008高姫(たかひめ)(しばら)(むし)(いき)にてそこに打倒(うちたふ)れ、009何事(なにごと)(しき)りに囈言(うさごと)()つてゐる。010(くに)011(たま)(おどろ)いて『(みづ)ぢや(みづ)ぢや』と立騒(たちさわ)ぐを、012常彦(つねひこ)(せい)(とど)め、
013『モシモシ(みな)さま、014構立(かまへだて)をせずに、015少時(しばらく)()つといて(くだ)さいませ。016御存(ごぞん)じの(とほり)御神前(ごしんぜん)(わき)朦朧(もうろう)として御神体(ごしんたい)(あら)はれ、017こらしめの(ため)高姫(たかひめ)()つて()げられたのですから、018(あま)高姫(たかひめ)(かま)うと、019(また)へらず(ぐち)(たた)慢心(まんしん)(いた)しますから、020十分(じふぶん)改心(かいしん)する(ところ)(まで)()つといてやつて(くだ)さいませ。021高姫(たかひめ)()(ため)ですから……一人前(いちにんまへ)(まこと)宣伝使(せんでんし)にしてやらうと思召(おぼしめ)さば、022十分(じふぶん)(くるし)ましておく(はう)高姫(たかひめ)(たい)する慈悲(じひ)になりまする』
023真心(まごころ)から(かた)()したるを、024一同(いちどう)常彦(つねひこ)(ことば)(したが)ひ、025高姫(たかひめ)自然(しぜん)正気(しやうき)(かへ)(まで)026そこに放任(はうにん)しておき、027各自(めいめい)別間(べつま)()つて、028神徳(しんとく)(いただ)き、029昼飯(ちうはん)などを(きつ)し、030悠々(いういう)として世間話(せけんばなし)(ふけ)つてゐた。031(しばら)くすると神殿(しんでん)(おい)て、032高姫(たかひめ)金切声(かなきりごゑ)(きこ)えて()た。033常彦(つねひこ)034春彦(はるひこ)035(くに)036(たま)()一同(いちどう)(この)(こゑ)(おどろ)いて、037神殿(しんでん)()けつけ()れば、038高姫(たかひめ)(なん)とも()れぬ(おほ)きな(をとこ)に、039(まり)つく(やう)に、040(はう)()げられたり、041おとされたり、042なぶりものに()はされ、043悲鳴(ひめい)()げゐたりける。
044 常彦(つねひこ)045春彦(はるひこ)姿(すがた)()るより、046(だい)(をとこ)(けぶり)(ごと)くに()えて(しま)つた。047(この)(だい)(をとこ)()えしは、048(かがみ)(いけ)(あら)はれました月照彦命(つきてるひこのみこと)出現(しゆつげん)であつたとの(こと)なり。
049 高姫(たかひめ)真青(まつさを)(かほ)をし(なが)ら、050懸橋(かけはし)御殿(ごてん)(おもて)()()し、051一生懸命(いつしやうけんめい)にアリナの(やま)()して(のぼ)つて()く。052常彦(つねひこ)053春彦(はるひこ)見失(みうしな)うては大変(たいへん)と、054高姫(たかひめ)(あと)一生懸命(いつしやうけんめい)()つかけて()く。055国玉依別命(くにたまよりわけのみこと)命令(めいれい)によつて、056(たつ)057(たま)両人(りやうにん)常彦(つねひこ)058春彦(はるひこ)(うしろ)より、059『オーイ オーイ』と()ばはり(なが)ら、060アリナの(みね)()(のぼ)()く。
061 高姫(たかひめ)(やうや)くにして、062鷹依姫(たかよりひめ)一行(いつかう)野宿(のじゆく)したる白楊樹(はくようじゆ)(かたはら)まで()()いた。063(なん)とはなしに身体(しんたい)非常(ひじやう)(おも)たくなり、064疲労(ひらう)(かん)じ、065グタリと(よこ)になつて、066大蜥蜴(おほとかげ)沢山(たくさん)爬行(はかう)して()草原(くさはら)(よこ)たはり、067他愛(たあい)もなく()(しま)つた。
068 夜半(やはん)()()まし、069そこらあたりをキヨロキヨロと見廻(みまは)し、
070高姫(たかひめ)『ハテナア、071ここは何処(どこ)だつたいなア。072(かがみ)(いけ)懸橋御殿(かけはしごてん)(なか)だと(おも)つてゐたのに、073そこら(ぢう)萱野原(かやのはら)074(ひと)()一匹(いつぴき)()りはせぬ。075アハー、076やつぱり(かがみ)(いけ)のスツポン()077(この)野原(のはら)を、078あんな立派(りつぱ)御殿(ごてん)()せて、079(だま)しよつたのだな。080悪神(あくがみ)()ふものは油断(ゆだん)のならぬものだ。081禿頭(はげあたま)(かみ)()()て、082()つて()かしたり、083(おほ)きな(をとこ)(あら)はれて、084(この)高姫(たかひめ)(まり)つくやうにさいなめよつたと(おも)つたが、085ヤツパリ(だま)されて()たのかなア。086(むかし)常世会議(とこよくわいぎ)(とき)にも、087八百八十八柱(はつぴやくはちじふやはしら)立派(りつぱ)国魂神(くにたまがみ)が、088泥田(どろた)(なか)(きつね)(つま)まれ、089末代(まつだい)(はぢ)をかいたと()ふことだが、090ヤツパリ(この)高砂島(たかさごじま)常世(とこよ)(くに)(おか)つづきだから、091()ると()えるワイ。092アヽドレドレ眉毛(まゆげ)(つばき)でも()けて、093しつかり(いた)しませう。094……(とき)(つね)(はる)周章者(あわてもの)は、095どこへ沈没(ちんぼつ)しよつたのか、096テンで(かげ)(かたち)()えなくなつて(しま)つた』
097独語(ひとりごと)()つて()る。
098 (にはか)大粒(おほつぶ)(あめ)パラパラパラと()()して()た。099満天(まんてん)黒雲(こくうん)(つつ)まれ、100次第々々(しだいしだい)足許(あしもと)さへ()えなくなつて()た。101獅子(しし)102(とら)103(おほかみ)()えたける(やう)(あや)しき(うな)(ごゑ)は、104暴風(ばうふう)(ごと)(みみ)をつんざく。105寂寥(せきれう)刻々(こくこく)(くは)はり、106流石(さすが)高姫(たかひめ)茫々(ばうばう)として際限(さいげん)もなき原野(げんや)(なか)只一人(ただひとり)()()され、107足許(あしもと)さへ()えなくなり、108心細(こころぼそ)さに()(ふさ)ぎ、109(うで)()み、110大地(だいち)胡坐(あぐら)をかき思案(しあん)()れて()る。
111 パツと雷光(いなづま)(ごと)(ひかり)(あら)はれたと(おも)途端(とたん)に、112雲突(くもつ)(ばか)りの白髪(はくはつ)怪物(くわいぶつ)113(みみ)(まで)引裂(ひきさ)けた(くち)から、114()をタラタラと()らし(なが)ら、115高姫(たかひめ)(まへ)にのそりのそりと()いた(やう)(すす)(きた)り、
116怪物(くわいぶつ)『アハヽヽヽ、117人肉(じんにく)(あたた)かいのが一度(いちど)()つて()たいと、118(つね)がね希望(きばう)して()たが、119アヽ時節(じせつ)()たねばならぬものだ。120(すこ)(ふる)うて(しわ)がより、121(にく)(かた)くなり、122(ほね)(あま)(やわら)かくないが、123これでもひだるい(とき)にまづい(もの)なし、124辛抱(しんばう)して()つてやらうかな。125イヒヽヽヽ、126ウフヽヽヽ、127エハヽヽヽ、128オホヽヽヽ。129(うま)いぞ(うま)いぞ』
130とニコニコし(なが)ら、131高姫(たかひめ)(たぶさ)をグツと(にぎ)つた。132高姫(たかひめ)(ねこ)(つか)まつた(ねずみ)()うに、133五体(ごたい)萎縮(ゐしゆく)し、134ビリビリと(ふる)(おのの)いて()る。135(この)(とき)何処(どこ)ともなく、136嚠喨(りうりやう)たる音楽(おんがく)()(きこ)えて()た。137(この)(こゑ)(みみ)()ると(とも)に、138高姫(たかひめ)(にはか)(こころ)()()れしくなり、139強力(きやうりよく)なる味方(みかた)()たやうな気分(きぶん)(みた)された。140怪物(くわいぶつ)高姫(たかひめ)(たぶさ)(にぎ)つた()をパツと(はな)した。141()をあけて()れば、142容色(ようしよく)(はな)(ごと)く、143(みづ)のしたたる(やう)黒髪(くろかみ)背後(はいご)()らし、144(うめ)(はな)片手(かたて)()ち、145片手(かたて)白扇(はくせん)(ひろ)げて()つた女神(めがみ)146厳然(げんぜん)として(あら)はれ、147言葉(ことば)(しづ)かに()(たま)ふやう、
148女神(めがみ)(その)(はう)高姫(たかひめ)であらうがな。149今迄(いままで)我情(がじやう)我欲(がよく)(くも)(つつ)まれ、150(すこ)しも反省(はんせい)(ねん)なく、151()出神(でのかみ)生宮(いきみや)標榜(へうぼう)し、152随分(ずゐぶん)大神(おほかみ)御神業(ごしんげふ)(たい)妨害(ばうがい)(くは)(きた)りし(こと)(さと)つて()るか。153(その)(はう)(ちから)一杯(いつぱい)神界(しんかい)御用(ごよう)(つと)めた(つも)りで、154極力(きよくりよく)神界(しんかい)妨害(ばうがい)(いた)し、155(かみ)()さしの教主(けうしゆ)言依別命(ことよりわけのみこと)(たい)し、156悪言暴語(あくげんぼうご)(もつ)(むか)(たてまつ)り、157黒姫(くろひめ)頤使(いし)して今迄(いままで)聖地(せいち)混乱(こんらん)(いた)した(その)(はう)(つみ)158(やま)よりも(たか)く、159(うみ)よりも(ふか)し。160さり(なが)ら、161(なんぢ)(いま)(ここ)にて()(あらた)めなば、162(いま)一度(いちど)(その)(つみ)(ゆる)し、163身魂(みたま)(みが)きし(うへ)164神界(しんかい)御用(ごよう)使(つか)うてやらう。165高姫(たかひめ)166返答(へんたふ)如何(いかが)であるか』
167()らせ(たま)ひ、168高姫(たかひめ)(かほ)熟視(じゆくし)(たま)ふ。169高姫(たかひめ)女神(めがみ)のどこともなく身体(しんたい)より(はつ)する光輝(くわうき)()たれ、
170『ハイハイ、171今日(こんにち)(かぎ)改心(かいしん)(いた)しまする。172どうぞ今迄(いままで)(つみ)はお(ゆる)(くだ)さいませ。173如何(いか)なる(こと)でも、174神様(かみさま)(あふ)せとあらば(うけた)まはりませう』
175女神(めがみ)(しか)らば(なんぢ)(まを)()くる(こと)がある。176(この)白楊樹(はくようじゆ)(そら)に、177(にしき)(ふくろ)()まりあり、178(その)(なか)には、179テーナの(さと)酋長(しうちやう)(かがみ)(いけ)(たてまつ)りたる黄金(こがね)宝玉(ほうぎよく)あり。180(いま)これを(なんぢ)()相渡(あひわた)す。181(なんぢ)()より明朝(みやうてう)(ここ)(あら)はれ(きた)懸橋御殿(かけはしごてん)神司(かむづかさ)182(たま)183(たつ)両人(りやうにん)相渡(あひわた)し、184持帰(もちかへ)らしめよ。185金色燦爛(きんしよくさんらん)たる(この)(たま)(なが)めて、186(ふたた)執着心(しふちやくしん)(おこ)(ごと)きことあらば、187最早(もはや)(なんぢ)神界(しんかい)御用(ごよう)には()(べか)らず。188()()言葉(ことば)(むね)(たた)みて(わす)るるな』
189高姫(たかひめ)『ハイ、190(けつ)して(けつ)して(わす)れは(いた)しませぬ。191今日(こんにち)(かぎ)り、192(たま)(たい)する執着心(しふちやくしん)放棄(はうき)(いた)します』
193 女神(めがみ)白楊樹(はくようじゆ)(むか)ひ、
194(きた)(きた)れ』
195(まね)(たま)へば、196不思議(ふしぎ)や、197白楊樹(はくようじゆ)(やみ)(なか)輪廓(りんくわく)(あか)(あら)はれ、198(にしき)(ふくろ)はフワリフワリと女神(めがみ)(まへ)(くだ)()たりぬ。
199女神(めがみ)高姫(たかひめ)200(この)(にしき)(ふくろ)(なか)には黄金(こがね)如意宝珠(によいほつしゆ)(つつ)まれあり。201披見(ひけん)(ゆる)す。202(はや)(あらた)()よ』
203 高姫(たかひめ)は、
204『ハイ』
205()(なが)ら、206(ふくろ)(ひも)()き、207(なか)(のぞ)()てハツと(ばか)り、208(その)(ひかり)()たれ()る。
209女神(めがみ)『どうぢや、210(その)(たま)()しくはないか』
211高姫(たかひめ)『イエもう(けつ)して、212何程(なにほど)立派(りつぱ)(たま)でも、213(かたち)ある(たから)には(すこ)しの未練(みれん)御座(ござ)いませぬ。214無形(むけい)(こころ)(たま)こそ、215(もつと)大切(たいせつ)だと御神徳(おかげ)をとらして(いただ)きました。216(けつ)して(けつ)して今後(こんご)は、217(たま)(たい)して、218(こころ)(なや)ます(やう)なことは(いた)しませぬ』
219女神(めがみ)(また)後戻(あともど)りを(いた)さぬ(やう)()をつけて()く。220()いては、221(なんぢ)これより常彦(つねひこ)222春彦(はるひこ)(とも)(この)原野(げんや)(ひがし)(わた)り、223種々(いろいろ)雑多(ざつた)艱難(かんなん)()め、224アルの(みなと)より海岸線(かいがんせん)(ふね)にて北方(ほくぱう)(わた)り、225ゼムの(みなと)立寄(たちよ)り、226そこに上陸(じやうりく)して、227神業(しんげふ)(しう)し、228(ふたた)(ふね)()り、229チンの(みなと)より(ふたた)上陸(じやうりく)して、230アマゾン(がは)(くち)()で、231(ふね)にて(かは)(さかのぼ)り、232鷹依姫(たかよりひめ)233竜国別(たつくにわけ)一行(いつかう)出会(であ)ひ、234そこにて(ふたた)大修業(だいしうげふ)をなし、235言依別命(ことよりわけのみこと)236国依別命(くによりわけのみこと)(めい)(したが)ひ、237直様(すぐさま)自転倒島(おのころじま)立帰(たちかへ)り、238沓島(くつじま)239冠島(かむりじま)(かく)されてある、240(あを)241(あか)242(しろ)243()麻邇(まに)(たま)取出(とりいだ)し、244(にしき)(みや)(をさ)めて、245(うま)赤子(あかご)(こころ)となり、246神業(しんげふ)参加(さんか)せよ。247(すこ)しにても慢神心(まんしんごころ)あらば、248最前(さいぜん)(ごと)く、249鬼神(おにがみ)(あら)はれて、250(なんぢ)身魂(みたま)(いまし)めを(いた)すぞよ。251ゆめゆめ(うたが)(なか)れ。252()れこそは言依別命(ことよりわけのみこと)守護(しゆご)(いた)す、253()出姫神(でひめのかみ)であるぞよ。254今日迄(こんにちまで)(その)(はう)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(まを)して()たが、255(その)(じつ)金毛九尾(きんまうきうび)白面(はくめん)悪狐(あくこ)(れい)256(なんぢ)体内(たいない)(かか)りて、257三五(あななひ)(かみ)経綸(けいりん)妨害(ばうがい)(いた)さむと、258(なんぢ)肉体(にくたい)使用(しよう)してゐたのであるぞや』
259高姫(たかひめ)『ハイあなた(さま)から、260さう(うけたま)はりますと、261(なん)だか、262(その)(やう)心持(こころもち)(いた)して(まゐ)りました。263それに間違(まちがひ)御座(ござ)いますまい』
264女神(めがみ)最早(もはや)夜明(よあ)けにも(ちか)ければ、265(わらは)天教山(てんけうざん)立帰(たちかへ)り、266()出神(でのかみ)267木花姫神(このはなひめのかみ)(なんぢ)改心(かいしん)次第(しだい)(まを)()げむ。268高姫(たかひめ)さらば……』
269()ふより(はや)く、270五色(ごしき)(くも)()り、271天上(てんじやう)(たか)(のぼ)らせ(たま)うた。272高姫(たかひめ)はホツと一息(ひといき)(なが)ら、273あたりを()れば、274()(すで)()(はな)れ、275(ひがし)(そら)(うるは)しき五色(ごしき)(くも)(たなび)き、276太陽(たいやう)地平線(ちへいせん)(はな)れて、277(きよ)姿(すがた)(あら)はし(たま)間際(まぎわ)なりけり。
278大正一一・八・一二 旧六・二〇 松村真澄録)