霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 途上(とじやう)邂逅(かいこう)〔八三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 篇:第4篇 海から山へ よみ:うみからやまへ
章:第17章 第29巻 よみ:とじょうのかいこう 通し章番号:839
口述日:1922(大正11)年08月13日(旧06月21日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ゼムの港町は相応に人口があるところであったが、高姫ら宣伝使服の一行が降り立ったのを、人々は物珍しそうに見送りながら、噂話をしている。その話には、去年船から海中に落ちた鷹依姫という宣伝使の一行が、亀に助けられてこの町に上陸したというものだった。
高姫はこれを聞きつけて、話をしていた二人の町人たちに鷹依姫らの消息を尋ねた。鷹依姫たちは天祥山の滝で身を清めた後、アマゾン河を遡って上流に向かったとのことだった。
すると町人たちは、宣伝使が高姫であることに気がついた。そして、自分の恩人である鷹依姫を自転倒島から追い出してひどい目にあわせた高姫を敵だと言って、懐から短刀を取り出し、高姫に切りつけた。
高姫はさっとよけた。ヨブは町人を押し留めて、高姫はすでに立派な人格になっていることを説き諭した。高姫に切りかかろうとした二人は、ヨブの同郷のマールとボールであった。
マールとボールは、島で無頼漢と呼ばれ、ヨブの家に空き巣に入ったところを見つかって逃げ出していたのであった。ゼムに来て二人は罪を悔い、天祥山の滝で禊をしていたところ、モールバンドの怪物がやってきて襲われそうになった。それを助けてくれたのが鷹依姫一行であったという。
ヨブは二人に対して、鷹依姫が天祥山で二人を助けることができたのも、元はと言えば、高姫が鷹依姫を自転倒島から追い出したからだと諭した。高姫も自身の行いを懺悔した。マールとボールは高姫に謝罪し、同道することになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2917
愛善世界社版:253頁 八幡書店版:第5輯 557頁 修補版: 校定版:261頁 普及版:115頁 初版: ページ備考:
001 高姫(たかひめ)一行(いつかう)は、002海上(かいじやう)(なみ)(しづ)かに神徳(しんとく)(いちじる)しく、003(やうや)くにしてゼム(みなと)安着(あんちやく)した。004(この)()船着(ふなつ)きの(こと)とて相当(さうたう)人家(じんか)稠密(てうみつ)であつた。005老若男女(らうにやくなんによ)高姫(たかひめ)一同(いちどう)宣伝使(せんでんし)姿(すがた)()て、006物珍(ものめづ)らしげに目送(もくそう)(なが)ら、007口々(くちぐち)(ささや)()うて()る。
008甲『去年(きよねん)恰度(ちやうど)(この)(ごろ)だつた。009(ばば)アの宣伝使(せんでんし)一人(ひとり)と、010(をとこ)宣伝使(せんでんし)三人(さんにん)011尾羽打(をはうち)()らして、012(さび)しさうな恰好(かつかう)で、013宣伝歌(せんでんか)とやらを(うた)ひ、014ここを(とほ)りよつたが、015今年(ことし)(また)(まは)つて()よつただないか。016(しか)(なが)らあの(ばば)アは(すこ)(わか)うなつてるぢやないか。017一生懸命(いつしやうけんめい)宣伝歌(せんでんか)(うた)つてると、018年寄(としと)りでもヤツパリ(わか)くなると()えるなア』
019乙『馬鹿(ばか)()ふな。020去年(きよねん)(かよ)つた宣伝使(せんでんし)は、021三五教(あななひけう)鷹依姫(たかよりひめ)()(ばば)アだ。022一人(ひとり)息子(むすこ)で、023(あと)二人(ふたり)はあの(ばば)アの従僕(しもべ)といふ(こと)だつたよ。024カーリン(まる)から海中(かいちう)()ちて、025(ばば)アを(はじ)四人(よにん)行方(ゆくへ)不明(ふめい)となつて、026大捜索(だいさうさく)をしたものだが、027何時(いつ)()にか、028(おほ)きな(かめ)背中(せなか)()つて四人(よにん)(とも)ゼムの(みなと)悠々(いういう)(うか)みあがり、029大勢(おほぜい)をアツと()はした()アさまに(くら)ぶれば、030余程(よほど)見劣(みおと)りがするよ。031大方(おほかた)彼奴(あいつ)ア、032あの(ばば)アの弟子(でし)(くらゐ)なものだらう。033(しか)(めう)(こと)があるものぢやないか。034丁度(ちやうど)去年(きよねん)今日(けふ)ぢやつた。035()()刻限(こくげん)(まで)チツとも(ちが)はずに、036(ばば)一人(ひとり)(をとこ)三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)が、037(この)街道(かいだう)(とほ)ると()(こと)(じつ)不思議(ふしぎ)なものだなあ』
038甲『それが所謂(いはゆる)(かみ)因縁(いんねん)()ふものだらうかい。039(なん)でも(ばば)アのお(とも)をしてゐたテーとか、040カーとか()(をとこ)(はなし)では、041可哀相(かあいさう)(とし)()つてから、042自転倒島(おのころじま)()()され、043こんな所迄(ところまで)()()て、044艱難(かんなん)苦労(くらう)をしてると()(こと)だ。045(その)(また)追出(おひだ)した高姫(たかひめ)とか()(やつ)046()いても(にく)らしいよな(ばば)アだなア。047(ひと)(こと)でも(はら)()つ。048彼奴(あいつ)大方(おほかた)(その)高姫(たかひめ)()(やつ)ぢやなからうかなア』
049乙『さうかも()れぬな。050(なん)でも高姫(たかひめ)鷹依姫(たかよりひめ)より十歳(とう)(ばか)(とし)(わか)いと()いてゐたから、051ヒヨツとして、052(てき)さまかも()れぬぞ』
053(きこ)えよがしに、054(おほ)きな(こゑ)(しやべ)つてゐる。055高姫(たかひめ)はこれを()くより、056二人(ふたり)(をとこ)(そば)に、057ツカツカと(すす)()り、
058高姫(たかひめ)『モシモシ(いま)あなたの御話(おはなし)(みみ)にしますれば、059三五教(あななひけう)鷹依姫(たかよりひめ)さまとやらが、060ここを御通(おとほ)りになつたと仰有(おつしや)いましたが、061本当(ほんたう)御座(ござ)いますか』
062乙『本当(ほんたう)だとも、063本島(ほんたう)には三五教(あななひけう)高姫(たかひめ)(やう)出鱈目(でたらめ)()つたり、064都合(つがふ)(わる)ければ(うそ)をつくと()(やう)(もの)一人(ひとり)御座(ござ)いませぬワイ』
065高姫(たかひめ)『あゝ左様(さやう)御座(ござ)いますか。066有難(ありがた)御座(ござ)います。067さうして(その)鷹依姫(たかよりひめ)さまの一行(いつかう)はどちらへ()かれましたか、068御存(ごぞん)じなれば、069御知(おし)らせ(くだ)さいませぬか』
070乙『(うはさ)()けば天祥山(てんしやうざん)瀑布(ばくふ)で、071(しばら)荒行(あらぎやう)をし、072それから山越(やまご)しにチンの(みなと)()て、073(なん)でもアマゾン(がは)(さかのぼ)つて、074モールバンドの沢山(たくさん)(すま)ゐしてをる(たま)(もり)とかへ()つたとか()(はなし)だ』
075高姫(たかひめ)『あゝ左様(さやう)御座(ござ)いましたか、076どうも御邪魔(おじやま)(いた)しました。077……サア(みな)さま、078(まゐ)りませう』
079甲『コレコレ()アさま、080一寸(ちよつと)()つた。081(まへ)鷹依姫(たかよりひめ)()()()した、082意地悪婆(いぢわるばば)アの高姫(たかひめ)ではあるまいかなア』
083乙『オイそんな(こと)(たづ)ねるに(およ)ばぬぢやないか。084意地(いぢ)くねの(わる)三五教(あななひけう)高姫(たかひめ)とチヤンとあの(かほ)(しるし)()つてるぢやないか。085(まへ)余程(よほど)(さつ)しの(わる)(をとこ)だなア』
086甲『お(まへ)()(とほ)りだ。087いくら頭脳(あたま)(わる)(おれ)でも、088一見(いつけん)して高姫(たかひめ)だと()(こと)(わか)つてゐるワイ。089……コリヤ高姫(たかひめ)一寸(ちよつと)()て!貴様(きさま)申渡(まをしわた)すべき仔細(しさい)があるのだ』
090高姫(たかひめ)御察(おさつ)しの(とほ)り、091(わたし)高姫(たかひめ)間違(まちがひ)ありませぬ。092さうして(また)(まへ)鷹依姫(たかよりひめ)(さま)(こと)()いて、093エロウ御詳(おくは)しい(やう)だが、094一体(いつたい)あの(かた)とは、095如何(どう)()御関係(おくわんけい)があるのですか』
096甲『()るの()いのつて、097鷹依姫(たかよりひめ)さまは俺達(おれたち)生命(いのち)(おや)だ。098あの御方(おかた)去年(きよねん)天祥山(てんしやうざん)(たき)()()れなかつた(くらゐ)なら、099俺達(おれたち)二人(ふたり)今頃(いまごろ)(この)()(あか)りを()(どころ)か、100白骨(はくこつ)になつて()(ところ)だ。101(その)(いのち)恩人(おんじん)虐待(ぎやくたい)して、102無理難題(むりなんだい)(まを)し、103この(やう)(ところ)まで追放(つゐはう)しよつた高姫(たかひめ)こそ生命(いのち)(おや)仇敵(きうてき)だ。104サア高姫(たかひめ)105モウ()うなつた以上(いじやう)天運(てんうん)()きだ。106冥途(めいど)旅立(たびだち)をさしてやらう。107覚悟(かくご)せ』
108(ふところ)よりピカツと(ひか)(もの)取出(とりだ)し、109両方(りやうはう)から()いてかからうとする。110高姫(たかひめ)はヒラリと(たい)をかはした。111ヨブは二人(ふたり)()(なか)大手(おほで)(ひろ)げ、
112ヨブ『マア()つた()つた。113これには(ふか)(わけ)があるのだ。114(おれ)今迄(いままで)(この)高姫(たかひめ)見付(みつ)次第(しだい)115生首(なまくび)引抜(ひきぬ)かにやおかぬと、116()(ねら)うて()つたが、117事情(じじやう)()いて、118(いま)(おれ)高姫(たかひめ)さまの御弟子(みでし)となつたのだ。119マア()つてくれ。120(まへ)はカーリン(たう)のマールにボールぢやないか』
121マール『さう()ふお(まへ)はヨブさまか、122(ひさ)()りだつたなア』
123ヨブ『チツとお前等(まへら)両人(りやうにん)124改心(かいしん)出来(でき)たかなア』
125 マール、126ボールの二人(ふたり)は、
127『ハイ』
128(にはか)態度(たいど)(あらた)め、
129両人(りやうにん)先年(せんねん)(まこと)()まぬ(こと)(いた)しました。130()()(ところ)でお()(かか)るのも、131ヤツパリ天罰(てんばつ)(めぐ)つて()たのでせう』
132ヨブ『イヤ過去(すぎさ)つた(こと)()ふに(およ)ばぬ。133高姫(たかひめ)さま(はじ)二人(ふたり)(かた)()られる(まへ)だから、134(おれ)(なん)にも()はぬ。135(その)(かは)りに(これ)から(おれ)高姫(たかひめ)さまの因縁(いんねん)()いて()かしてやるから、136しつかり()いてくれ。137今迄(いままで)(つみ)はスツカリと帳消(ちやうけ)しにしてやるから……』
138マール『ハイ有難(ありがた)御座(ござ)います』
139ボール『改心(かいしん)(いた)しまして、140御話(おはなし)()かして(もら)ひませう』
141ヨブ『最前(さいぜん)(まへ)鷹依姫(たかよりひめ)さまを(いのち)(おや)だと()つたが、142そりや(また)()()理由(りいう)だ。143(その)(わけ)()かしてくれ』
144マール『(じつ)(ところ)はカーリン(たう)では無頼漢(ぶらいかん)()はれ、145悪漢(あくかん)(ののし)られ、146誰一人(だれひとり)相手(あひて)になつてくれる(もの)もなし、147(あま)面白(おもしろ)くないのでお(まへ)(うち)夜中(よなか)(しの)()み、148三百両(さんびやくりやう)(かね)をボツたくり、149首尾(しゆび)()(にげ)ようとする(ところ)150(まへ)(そと)から(かへ)つて()るのと門口(かどぐち)出会(であ)ひ……ヤアお(まへ)はマール、151ボールの両人(りやうにん)だないか……と()はれた(とき)(おそ)ろしさ。152コリヤきつと(しま)規則(きそく)にてらして、153明日(あす)両人(りやうにん)(とも)()(くび)(けい)()はねばならぬと、154小舟(こぶね)(ぬす)()し、155(やみ)(まぎ)れて()()()いで、156どうやら()うやら、157ゼムの(みなと)(まで)(かぜ)()きつけられ……ヤアこれで一安心(ひとあんしん)だ。158(しか)(なが)らどうも自分(じぶん)(あと)から追手(おつて)()さうで、159(おそ)ろしくてたまらないものだから、160コリヤ天祥山(てんしやうざん)(たき)()たれて、161(ひと)修行(しうぎやう)をし、162神様(かみさま)(つみ)(ゆる)して(いただ)かうと、163それから毎晩(まいばん)(たき)にひたつて、164修業(しうげふ)をやつて()りました。165そした(ところ)が、166何時(いつ)()にか、167モールバンドがバサリバサリと(なが)()をツンと()(なが)ら、168赤裸(まつぱだか)二人(ふたり)(たき)()たれてる(まへ)へやつて()て、169(しり)をブリブリ()()てて()(さき)(けん)にて吾々(われわれ)()たうと身構(みがまへ)して()る。170此奴(こいつ)アたまらぬと一生懸命(いつしやうけんめい)天地(てんち)神様(かみさま)(ねん)じて()たが、171中々(なかなか)容易(ようい)退却(たいきやく)する(どころ)か、172益々(ますます)(その)()()(うご)かし、173(いま)二人(ふたり)(からだ)尻尾(しつぽ)(つるぎ)()られて、174真二(まつぷた)つにならむとする(ところ)175(にはか)宣伝歌(せんでんか)(きこ)()した。176(その)(こゑ)()くと(とも)に、177モールバンドの(やつ)そろそろ()(ちぢ)めて(みじか)くし()した。178宣伝歌(せんでんか)(こゑ)段々(だんだん)(たか)くなつて()る。179モールバンドの怪獣(くわいじう)()()れ、180(くび)()れ、181バサリバサリと(かたはら)森林(しんりん)目蒐(めが)けて姿(すがた)(かく)して(しま)つた。182そこへやつて()られたのは三五教(あななひけう)鷹依姫(たかよりひめ)(さま)(はじ)め、183竜国別(たつくにわけ)184テー、185カーと()宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)であつた。186あの(とき)()しも、187鷹依姫(たかよりひめ)(さま)がそこへ()(くだ)さらなかつたならば、188吾々(われわれ)最早(もはや)(この)()(ひと)ではないのだ。189そこで俺達(おれたち)鷹依姫(たかよりひめ)さまを(いのち)(おや)(あふ)ぎ、190(ただち)入信(にふしん)してお弟子(でし)となつたのだ。191テー、192カーと()二人(ふたり)(をとこ)から高姫(たかひめ)鷹依姫(たかよりひめ)さまとの関係(くわんけい)(のこ)らず()かされ、193(はら)()つてたまらなくなり、194神様(かみさま)のお指図(さしづ)()つて、195今日(けふ)はキツと高姫(たかひめ)がゼムの(みなと)上陸(じやうりく)すると()(こと)(さと)つた(ゆゑ)196(わたくし)(いのち)(たす)けて(もら)つた今日(けふ)記念日(きねんび)だ、197(いのち)(おや)(かたき)()つのは今日(けふ)だと、198刃物(はもの)用意(ようい)し、199()ぎすまして()つてゐたのだ。200そした(ところ)(かみ)のお指図(さしづ)(たが)はず、201高姫(たかひめ)一行(いつかう)がここへ()えたのだから、202如何(どう)しても(いのち)親様(おやさま)御恩(ごおん)(むく)ゆる(ため)203高姫(たかひめ)(いのち)をとり、204仇敵(きうてき)()つてお()(まを)さねばならない。205……どうぞヨブ(さま)206(わたくし)目的(もくてき)()てさせて(くだ)さいませ』
207ヨブ『お(まへ)(いのち)(たす)けてくれたのはそりや鷹依姫(たかよりひめ)であらう。208(しか)(なが)(その)鷹依姫(たかよりひめ)高砂島(たかさごじま)()()るようにしたのは(たれ)だと(おも)うてゐるか。209ここに御座(ござ)高姫(たかひめ)さまぢやないか、210そうすれば直接(ちよくせつ)間接(かんせつ)(ちがひ)こそあれ、211高姫(たかひめ)さまがお(まへ)(いのち)(たす)けてくれたも同様(どうやう)ぢやないか』
212マール『さう()けばさうですなア』
213ボール『如何(いか)にもヨブさまの仰有(おつしや)(とほ)り、214高姫(たかひめ)さまが鷹依姫(たかよりひめ)さまを、215無茶(むちや)()うて追出(おひだ)さなかつたら、216こんな(ところ)へお()でになる気遣(きづかひ)はなし、217(また)俺達(おれたち)(たす)けて(もら)(わけ)にも()かなかつたのだ。218さう(おも)へば(あま)高姫(たかひめ)さまを(わる)(おも)(わけ)には()かぬワイ』
219ヨブ『何事(なにごと)もすべて神様(かみさま)御心(みこころ)から出来(でけ)()るのだから、220人間(にんげん)(かんが)へで(ある)一部分(いちぶぶん)(つか)まへて、221(ぜん)だの(あく)だの、222(てき)だの味方(みかた)だのと()ふのは第一(だいいち)間違(まちがひ)ぢや。223(ただ)何事(なにごと)も、224人間(にんげん)は、225神様(かみさま)御意思(ごいし)(まか)すより仕方(しかた)がないのだよ。226高姫(たかひめ)(さま)御無礼(ごぶれい)(はたら)かうとした、227(その)(つみ)をお(わび)するがよからう』
228マール『コレハコレハ高姫(たかひめ)(さま)229(まこと)にエライ取違(とりちがひ)(いた)しまして、230どうぞ(にく)(やつ)ぢやと思召(おぼしめ)さずに、231神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、232(ゆる)(くだ)さいませ。233(いま)ヨブさまの御意見(ごいけん)によりましてスツカリ改心(かいしん)(いた)しました。234貴女(あなた)こそ鷹依姫(たかよりひめ)(さま)にも(まさ)私等(わたくしら)(たい)しての、235生命(いのち)御恩人(ごおんじん)御座(ござ)います』
236ボール『高姫(たかひめ)(さま)237何卒(どうぞ)御許(おゆる)しを(ねが)ひます。238……ヨブさま、239どうぞあなた(さま)から、240(よろ)しくお執成(とりな)しを御願(おねがひ)(いた)します』
241高姫(たかひめ)『あゝ(みな)さま有難(ありがた)う。242()うそこ(まで)鷹依姫(たかよりひめ)(さま)(たい)し、243(こころ)(かけ)(くだ)さいます。244(わたし)(なに)よりあなた(がた)(その)(うる)はしきお(こころ)(うれ)しう御座(ござ)います。245(わたし)もあなたの御聞(おきき)(とほ)随分(ずゐぶん)我情(がじやう)我慢(がまん)(つよ)(をんな)御座(ござ)いました。246さうして鷹依姫(たかよりひめ)(さま)(その)(ほか)方々(かたがた)(たい)し、247(じつ)無残(むざん)仕方(しかた)(いた)しましたが、248今日(こんにち)では最早(もはや)スツカリと改心(かいしん)(いた)しまして、249真心(まごころ)(ひと)つで神様(かみさま)御用(ごよう)をさして(いただ)いて()りますから、250どうぞ今後(こんご)(よろ)しく、251御互(おたがひ)御世話(おせわ)(ねが)ひます』
252マール『有難(ありがた)御座(ござ)いました。253(これ)にて(わたくし)もヤツと安心(あんしん)(いた)しました』
254ボール『高姫(たかひめ)さま、255ヨブさま、256御一同様(ごいちどうさま)257どうぞ(わたくし)(やう)愚者(おろかもの)258何卒(なにとぞ)御見捨(おみす)てなく、259今後(こんご)御指導(ごしだう)御願(おねがひ)(まを)します』
260 常彦(つねひこ)261春彦(はるひこ)両人(りやうにん)奇妙(きめう)なる因縁(いんねん)寄合(よりあ)ひに今更(いまさら)(ごと)(かん)()り、262(とぼ)けたやうな(かほ)をして、263(この)光景(くわうけい)をまんじりともせず(なが)めて()る。
264大正一一・八・一三 旧六・二一 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)