霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 天祥山(てんしやうざん)〔八四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 篇:第4篇 海から山へ よみ:うみからやまへ
章:第18章 天祥山 よみ:てんしょうざん 通し章番号:840
口述日:1922(大正11)年08月13日(旧06月21日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
マールとボールはヨブに諭されて己の誤りをただし、高姫一行の道案内をして天祥山のハンドの滝まで道案内をすることになった。
ナイアガラに比すべき大瀑布であるハンドの滝の音は、十四五町前からも聞こえてきた。天祥山から吹き降ろす涼風に、滝に近づくにつれて熱帯のこの地でも肌寒くなってきた。
マールはこの山は猛獣が多かったが、町民たちが猛獣の害を除くべく三五教に祈願を始め、それがために二年ほど前から猛獣はだいぶ少なくなったと話した。ただ数は少ないが、モールバンドという怪物が居るという事を伝えて一行に気をつけた。
大瀑布に近づくと、飛沫はあたりに散って互いの姿もはっきり見えないほどになってきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:263頁 八幡書店版:第5輯 561頁 修補版: 校定版:272頁 普及版:120頁 初版: ページ備考:
001大海中(おほわだなか)(うか)びたる
002カーリン(たう)()(たか)
003無頼(ぶらい)悪漢(あくかん)マール、ボールは
004(しま)男女(なんによ)(きら)はれて
005詮術(せんすべ)もなき(かな)しさに
006夜陰(やいん)(じやう)じヨブの(いへ)
007(しの)びて(たから)掠奪(りやくだつ)
008(やみ)(まぎ)れて逃出(にげいだ)
009天網恢々(てんまうくわいくわい)()なれ(ども)
010()れぬ(ため)しに()れずして
011逃行(にげゆ)姿(すがた)門口(かどぐち)
012(この)()のヨブに見付(みつ)けられ
013(まへ)はマール、ボールかと
014(こゑ)かけられて恐縮(きようしゆく)
015(ここ)にグヅグヅしてゐたら
016(しま)規則(きそく)()らされて
017明日(あす)(かなら)締首(しめくび)
018処刑(しおき)()ふは()れた(こと)
019()げるに()かずと磯端(いそばた)
020小舟(こぶね)(ぬす)んで両人(りやうにん)
021波立(なみた)(さわ)海原(うなばら)
022櫓櫂(ろかい)(あやつ)生命(いのち)()
023(きた)(きた)へと()いで()
024(にはか)()()暴風(ばうふう)
025小舟(こぶね)()()()(ごと)
026(ここ)(あやふ)(たま)()
027やつと(いのち)(ひろ)ひつつ
028ゼムの(みなと)漂着(へうちやく)
029(あと)()(かへ)(なが)むれば
030(ただ)一時(いつとき)出来心(できごころ)
031(おか)した(つみ)(おそ)ろしさ
032(あと)より追手(おつて)のかかるよな
033不安(ふあん)(くも)(つつ)まれて
034天地(てんち)(かみ)罪悪(ざいあく)
035(わび)をなさむと天祥(てんしやう)
036(やま)にかかれる大瀑布(だいばくふ)
037ハンドの(たき)()()たせ
038七日七夜(なぬかななや)荒行(あらげふ)
039(つと)むる(をり)しも(おそ)ろしや
040モールバンドの怪獣(くわいじう)
041(おも)はずここへのそのそと
042(あら)はれ(きた)りて両人(りやうにん)
043尻尾(しつぽ)(さき)鋭利(えいり)なる
044(けん)をふり()てふりすごき
045二人(ふたり)(むか)つて()(きた)
046進退(しんたい)(ここ)(きは)まりし
047マール、ボールは(むね)()
048(てん)をば(はい)()(はい)
049(ちから)(かぎ)りに太祝詞(ふとのりと)
050(あま)数歌(かずうた)(ひと)(ふた)()
051()()()(なな)()
052(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
053(こころ)(くだ)いて(いの)()
054モールバンドは容赦(ようしや)なく
055尻尾(しつぽ)(ちから)集中(しふちう)
056二人(ふたり)()たむとする(とこ)
057(にはか)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)
058次第(しだい)次第(しだい)近付(ちかづ)けば
059流石(さすが)獰猛(だうまう)怪獣(くわいじう)
060次第(しだい)次第(しだい)萎縮(ゐしゆく)して
061(ほこ)をば(をさ)()(ちぢ)
062(かしら)をさげてノタノタと
063あたりの(はやし)()(かく)
064後白雲(あとしらくも)となりにけり。
065マール、ボールの両人(りやうにん)
066九死一生(きうしいつしやう)(この)場合(ばあひ)
067(たす)(たま)ひし生神(いきがみ)
068何神(なにがみ)なるぞと(ちか)よりて
069両手(りやうて)(あは)(ひざまづ)
070(なみだ)(とも)(うかが)へば
071三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
072鷹依姫(たかよりひめ)竜国別(たつくにわけ)
073(かみ)(つかさ)(はじ)めとし
074テーリスタンやカーリンス
075四人(よにん)(うづ)神司(かむづかさ)
076(ここ)二人(ふたり)平伏(へいふく)
077救命(きうめい)謝恩(しやおん)()()べて
078鷹依姫(たかよりひめ)弟子(でし)となり
079(この)滝水(たきみづ)()(ひた)
080(あさ)(ゆふ)なに大神(おほかみ)
081(いの)りてここに(まう)()
082数多(あまた)(ひと)(すく)ひつつ
083(たのし)月日(つきひ)(おく)りしが
084いよいよ今日(けふ)(たま)()
085(いのち)(ひろ)ひし一年目(いちねんめ)
086(いのち)(おや)恩人(おんじん)
087(しへた)げまつりし高姫(たかひめ)
088ここに待受(まちう)鷹依姫(たかよりひめ)
089(のり)(つかさ)(あだ)()
090万分一(まんぶんいち)恩報(おんはう)
091(つか)へまつりて天地(あめつち)
092(かみ)御前(みまへ)赤誠(せきせい)
093(あら)はし()れむと()ちゐたる
094(とき)しもあれや高姫(たかひめ)
095常彦(つねひこ)春彦(はるひこ)(はじ)めとし
096ヨブを()きつれ悠々(いういう)
097天祥山(てんしやうざん)(ゆび)さして
098(すす)んで(きた)四人連(よにんづ)
099マール、ボールの両人(りやうにん)
100これこそ的切(てきき)高姫(たかひめ)
101九寸五分(くすんごぶ)をば振翳(ふりかざ)
102(みぎ)(ひだり)()きつける
103流石(さすが)高姫(たかひめ)()をかはし
104飛鳥(ひてう)(ごと)()退()けば
105カーリン(たう)のヨブさまは
106二人(ふたり)(なか)()つて()
107まづまづ()てよ両人(りやうにん)
108(まへ)はマール、ボールの両人(りやうにん)
109如何(どう)してお(まへ)はここへ()
110様子(やうす)()かせと()ばはれば
111ヨブと()くより両人(りやうにん)
112(おどろ)周章(あわて)()をつかへ
113(こころ)(おに)()められて
114あやまり()るぞ健気(けなげ)なれ
115あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
116御霊(みたま)(さち)はひましまして
117因縁者(いんねんもの)寄合(よりあひ)
118(この)街道(かいだう)(かみ)(みち)
119うまらつばら()きあかし
120鷹依姫(たかよりひめ)高姫(たかひめ)
121(ゆき)より(きよ)(むね)(うち)
122(かがや)(わた)るぞ(たふと)けれ
123あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
124御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
125 マール、126ボールの両人(りやうにん)は、127高姫(たかひめ)128ヨブの訓戒(くんかい)()り、129釈然(しやくぜん)として(わが)(かんが)への(あやま)れることを(さと)り、130天祥山(てんしやうざん)のハンドの(たき)(まで)案内者(あんないしや)として(すす)()(こと)となつた。
131 (ここ)一行(いつかう)六人(ろくにん)途々(みちみち)(いさ)ましく宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、132路傍(ろばう)大蜥蜴(おほとかげ)(あぶ)(はち)などを脅威(けふゐ)しつつ、133(はや)くも天祥山(てんしやうざん)山口(やまぐち)(さし)かかつた。134ハンドの(たき)(まで)は、135まだ十四五丁(じふしごちやう)距離(きより)がある。136され(ども)ナイヤガラの瀑布(ばくふ)()いでの名高(なだか)大滝(おほたき)137淙々(そうそう)たる(たき)(おと)()()(ごと)(きこ)えて()た。138油蝉(あぶらぜみ)(ひぐらし)()(こゑ)は、139(みみ)(ろふ)せむ(ばか)()()てる。140流石(さすが)熱国(ねつこく)のブラジルの(この)地域(ちゐき)141二三里(にさんり)(あひだ)天祥山(てんしやうざん)より()(おろ)涼風(りやうふう)に、142(あたか)内地(ないち)(あき)(ごと)く、143(たき)近付(ちかづ)くに(したが)肌寒(はださむ)く、144()さへガチガチと()()して()た。
145常彦(つねひこ)随分(ずゐぶん)(すず)しい(ところ)ですなア。146高砂島(たかさごじま)(わた)つて以来(いらい)147斯様(かやう)(すず)しい()()うた(こと)(はじ)めてです。148(この)(やま)には種々(いろいろ)(おそ)ろしい猛獣(まうじう)()んでゐると()ふことを、149船中(せんちう)(きやく)より()きましたが、150(じつ)物凄(ものすご)光景(くわうけい)ぢやありませぬか』
151マール『(この)(やま)には獅子(しし)152山犬(やまいぬ)153(とら)154(くま)などの猛獣(まうじう)出没(しゆつぼつ)(いた)しまして、155()()(さと)(あら)はれ(きた)り、156年老(としよ)りや子供(こども)(がい)(あた)へますから、157吾々(われわれ)三五教(あななひけう)神様(かみさま)(この)瀑布(ばくふ)(かたはら)にお(まつ)りいたし、158朝夕(あさゆふ)人民(じんみん)安全(あんぜん)(ため)に、159御祈念(ごきねん)をこらして()ります。160(その)御神徳(おかげ)にや(この)(ごろ)猛獣(まうじう)(かげ)余程(よほど)()つて()ました。161二年(にねん)以前(いぜん)(くら)ぶれば、162二十分(にじふぶん)(いち)(くらゐ)より()らなくなりました。163そしてモウ(ひと)(おそ)ろしいモールバンドと()怪獣(くわいじう)時々(ときどき)やつて()ます。164(その)(けだもの)(ざう)十匹(じつぴき)()せた(やう)胴体(どうたい)をし、165水掻(みづか)きのある(つめ)(なが)四本足(しほんあし)で、166(わに)(やう)尻尾(しつぽ)(さき)鋭利(えいり)(けん)がついてゐて、167すべての猛獣(まうじう)(その)()でしばき(たふ)し、168()つて()(おそ)ろしき動物(どうぶつ)()ります。169(この)(ごろ)猛獣(まうじう)(すくな)くなつたので、170モールバンドも滅多(めつた)(まゐ)りませぬが、171()しも(かれ)()()まつたが最後(さいご)172人間(にんげん)だろが、173(けだもの)だらうが、174容赦(ようしや)なく(かた)つぱしから()(たた)(ころ)し、175(みな)()つて(しま)うと()(おそ)ろしい(やつ)ですから随分(ずゐぶん)()()けねばなりますまい。176時々(ときどき)(あつ)くなるとハンドの(たき)(よこ)たはつて滝水(たきみづ)()び、177グウグウと(いびき)をかいて()てゐることがあります。178(わたくし)昨年来(さくねんらい)四五回(しごくわい)()つけました。179さういふ(とき)にはソーツと(あし)(しの)ばせて(ちか)よらない(はう)得策(とくさく)です。180鷹依姫(たかよりひめ)宣伝使(せんでんし)(やう)御神徳(ごしんとく)があれば言霊(ことたま)(もつ)()()らす(こと)出来(でき)ますが、181到底(たうてい)吾々(われわれ)(ごと)神徳(しんとく)のなき(もの)近寄(ちかよ)らぬのが一番(いちばん)ですよ。182(しか)今日(けふ)(わたくし)があの(たき)()いて鷹依姫(たかよりひめ)さまに(いのち)(ひろ)つて(もら)つた記念日(きねんび)ですから、183これからあの(たき)(した)祭典(さいてん)(おこな)ひ、184天地(てんち)大神様(おほかみさま)御礼(おれい)申上(まをしあ)げねばなりませぬ。185(さひは)ひあなた(がた)宣伝使(せんでんし)()らせられますから、186(ひと)(この)祭典(さいてん)賑々(にぎにぎ)しく御手伝(おてつだ)(くだ)さいませぬか』
187高姫(たかひめ)『それは(なに)より好都合(かうつがふ)です』
188()(なが)(はや)くも(たき)側近(そばちか)辿(たど)()いた。
189 大瀑布(だいばくふ)飛沫(ひまつ)はあたりに()つて(きり)(ごと)濛々(もうもう)とそこらの樹木(じゆもく)(つつ)んでゐる。190(たがひ)姿(すがた)さへもハツキリ()えぬ(まで)(ふか)(きり)()ちこめて()た。
191大正一一・八・一三 旧六・二一 松村真澄録)