霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 生霊(いきりやう)(たのみ)〔八四一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 篇:第4篇 海から山へ よみ:うみからやまへ
章:第19章 第29巻 よみ:いきりょうのたのみ 通し章番号:841
口述日:1922(大正11)年08月13日(旧06月21日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫は背負ってきた石像を下ろし、一行は滝に禊をなした。禊が終わると、石像の前に端座して幽斎の修行に入った。マールを神主とし、高姫が審神者になった。
マールは身体振動して飛び上がり、口を切った。そして鷹依姫だと名乗ると、これまで鷹依姫が玉を求めて世界をさまよった有様を語りだした。アリナの滝での所業から、櫟ヶ原で改心した経緯を語り、石像を彫ってアルゼンチンの原野を渡って船に乗り、海中に落ちて神亀に助けられてゼムに上陸した有様をひととおり明かした。
そして、現在はアマゾン河を遡って迷いの森に到達したが、そこで一行迷い苦しんでいる様を語り、高姫たちに助けを求めた。これより高姫はマールとボールに別れを告げ、鷹依姫らを救出するために向かったのであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2919
愛善世界社版:271頁 八幡書店版:第5輯 564頁 修補版: 校定版:281頁 普及版:123頁 初版: ページ備考:
001 ()()大瀑布(だいばくふ)(まへ)一行(いつかう)六人(ろくにん)は、002霧雨(きりあめ)(をか)して(すす)()り、003高姫(たかひめ)(せな)石像(いしざう)をおろし、004(たき)(かたはら)()()(ささ)(はうき)(こしら)へ、005()(きよ)め、006滝壺(たきつぼ)(さら)された小砂利(こじやり)各自(かくじ)()にすくひ、007(その)(あと)()(なら)べ、008石像(いしざう)安置(あんち)して、009あたりの()()むしり、010()れを(そな)へ、011()(かしは)(えだ)玉串(たまぐし)として、012一々(いちいち)(そな)へ、013天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(をは)つて、014滝壺(たきつぼ)()(をど)らせ、015(みそぎ)(しう)した。016(みそぎ)(わざ)(やうや)(をは)り、017(ふたた)石像(いしざう)(まへ)端坐(たんざ)して、018幽斎(いうさい)修業(しうげふ)(さし)かかつた。
019 マールの依頼(いらい)によつて、020(かれ)神主(かむぬし)となし、021(うる)はしき小砂(こすな)(うへ)()せしめ、022高姫(たかひめ)(みづか)審神者(さには)(やく)奉仕(ほうし)した。
023ブラジル(こく)()(たか)
024(くも)(あつ)してそそり()
025天祥山(てんしやうざん)より()ちかかる
026幾千丈(いくせんぢやう)白滝(しらたき)
027高姫(たかひめ)一行(いつかう)六人(ろくにん)
028(こころ)(きよ)()(きよ)
029(みそぎ)(はら)へば清涼(せいりやう)
030空気(くうき)はあたりに()ちわたり
031常世(とこよ)(はる)(うめ)(はな)
032四辺(しへん)(かを)心地(ここち)して
033幽斎(いうさい)修業(しうげふ)(はじ)めける
034高姫司(たかひめつかさ)審神者(さには)とし
035マールを砂庭(さには)端坐(たんざ)させ
036いよいよ神人(しんじん)感合(かんがふ)
037行事(げうじ)(つか)(まつ)りける。
038マールは身体(しんたい)震動(しんどう)
039両手(りやうて)()んだ(その)(まま)
040(みぎ)(ひだり)()りまはし
041両手(りやうて)()()げなし(なが)
042ウンウンウンと(うな)()
043獅子(しし)(おほかみ)野天狗(のてんぐ)
044金毛九尾(きんまうきうび)曲鬼(まがおに)
045(ただし)野狐(のぎつね)野狸(のだぬき)
046姿勢(しせい)(わる)神憑(かむがか)
047此奴(こいつ)はチツと(あや)しいと
048団栗眼(どんぐりまなこ)()(なが)
049歯並(はなみ)(わる)(くち)あけて
050高姫(たかひめ)さまがする審神(さには)
051マールの(からだ)中天(ちうてん)
052(たか)くあがりて()(きた)
053(この)有様(ありさま)常彦(つねひこ)
054これこそ的切(てきき)曲神(まがかみ)
055憑依(ひようい)したるに(ちがひ)ない
056言向(ことむ)(やは)神界(しんかい)
057(まこと)(みち)(さと)さむと
058高姫司(たかひめつかさ)(そば)()
059双手(もろて)()んで鎮魂(ちんこん)
060姿勢(しせい)()りつつ神主(かむぬし)
061(からだ)(むか)つて(れい)かける
062()()うマールは鎮静(ちんせい)
063(あせ)をタラタラ(なが)しつつ
064(くち)をへの()相結(あひむす)
065(くち)()らむと()せれ(ども)
066容易(ようい)()でぬ言霊(ことたま)
067ワアワアワア(わたくし)
068アヽヽ三五(あななひ)
069(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
070タヽヽヽ鷹依(たかより)
071(ひめ)(みこと)やタタタ
072竜国別(たつくにわけ)やテヽヽ
073テーリスタンやカヽヽ
074カーリンスの一行(いつかう)
075クヽヽヽ黒姫(くろひめ)
076黄金(こがね)(たま)紛失(ふんしつ)
077タヽヽヽ高姫(たかひめ)
078メヽヽヽ()()かれ
079スヽヽヽ()()れし
080(あや)聖地(せいち)(あと)にして
081大海原(おほうなばら)打渡(うちわた)
082(たま)在処(ありか)(さぐ)らむと
083クヽヽヽ黒姫(くろひめ)
084高山彦(たかやまひこ)夫婦(ふうふ)()
085ワヽヽヽ和田中(わだなか)
086竜宮島(りうぐうじま)()かしやつた
087鷹依姫(たかよりひめ)三人(さんにん)
088(かみ)(つかさ)諸共(もろとも)
089タヽヽヽ高砂(たかさご)
090秘密(ひみつ)(しま)打渡(うちわた)
091黄金(こがね)(たま)(さぐ)らむと
092テルの街道(かいだう)南進(なんしん)
093アヽヽヽ(あし)(いた)
094(やうや)(ここ)にターターター
095蛸取村(たことりむら)安着(あんちやく)
096(むかし)(むかし)(その)(むかし)
097()出神(でのかみ)(したが)ひて
098三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
099(ひら)(たま)ひしサヽヽ
100狭依(さより)(ひこ)旧蹟地(きうせきち)
101アリナの(たき)()()たれ
102(かがみ)(いけ)(かたはら)
103(いほり)(むす)びタヽヽ
104鷹依姫(たかよりひめ)岩窟(がんくつ)
105タヽヽヽ竹筒(たけづつ)
106(たづさ)(なが)(しの)()
107月照彦(つきてるひこ)瞞着(まんちやく)
108タヽヽヽ竹筒(たけづつ)
109ハヽヽヽ()()けた
110(くち)()はへてフーフーと
111竹筒(たけづつ)(とほ)して(つく)(ごゑ)
112月照彦大神(つきてるひこのおほかみ)
113(ふたた)(ここ)(あら)はれて
114高砂島(たかさごじま)人々(ひとびと)
115福徳(ふくとく)寿命(じゆめう)()しければ
116(たま)(そな)へに()るがよい
117(かなら)(ひろ)神徳(しんとく)
118(わた)してやらうとテー、カーの
119言触(ことふ)(がみ)(つか)はして
120(あさひ)もテルやヒルの(くに)
121(はな)()(にほ)ふハルの(くに)
122()()(あし)もカルの(くに)
123宇都(うづ)(くに)まで跋渉(ばつせふ)
124(かがみ)(いけ)にダヽヽ
125大事(だいじ)(たま)(そな)へたら
126キツと御神徳(おかげ)()るぞやと
127あちらこちらと宣伝(せんでん)
128(その)(かう)(むな)しからずして
129数多(あまた)(たま)()(きた)
130(まなこ)(ひか)らし一々(いちいち)
131(たづ)ねまはれど肝腎(かんじん)
132黄金(こがね)(たま)(あら)はれぬ
133コヽヽヽこんな(こと)
134何時迄(いつまで)やつて()つたとて
135肝腎要(かんじんかなめ)黄金(わうごん)
136(うづ)神宝(しんぱう)はデヽヽ
137()()ないとテ、カが
138ブツブツ小言(こごと)(とな)()
139竜国別(たつくにわけ)神司(かむづかさ)
140二人(ふたり)(なだ)めて()(しば)
141これ(だけ)沢山(たくさん)いろいろの
142(たま)がやうやう()つて()
143肝腎要(かんじんかなめ)瑞宝(ずゐはう)
144キツと一番(いちばん)後押(あとおさ)
145モウ(しばら)くの辛抱(しんばう)
146(なだ)めすかしつ()(うち)
147()()にひらめく白旗(しらはた)
148オヽヽヽ黄金(わうごん)
149玉献上(たまけんじやう)(しる)しつつ
150大勢(おほぜい)人数(にんず)(おく)られて
151御輿(みこし)をかつぎ(のぼ)()
152(これ)(なが)めたタヽヽ
153鷹依姫(たかよりひめ)雀躍(こをどり)
154岩窟内(がんくつない)(しの)()
155様子(やうす)如何(いか)にと(うかが)へば
156テーナの(さと)酋長(しうちやう)
157(たま)御輿(みこし)をかつぎ()
158(いけ)(ほとり)(いし)()
159按置(あんち)(なが)らタヽヽ
160竜国別(たつくにわけ)打向(うちむか)
161(わたし)(うち)重宝(ぢうほう)
162先祖代々(せんぞだいだい)(つた)はりし
163黄金(こがね)(たま)神様(かみさま)
164(たてまつ)らむと夫婦(ふうふ)()
165はるばる(まう)でマヽヽ
166(まゐ)りましたカヽヽ
167神主様(かむぬしさま)一時(いつとき)
168(はや)(あらた)宝玉(ほうぎよく)
169受取(うけと)(かみ)にオヽヽ
170御供(おそな)へなさつて(くだ)されと
171()いたる(とき)(うれ)しさよ
172テー、カー二人(ふたり)宝玉(ほうぎよく)
173()れたる(はこ)()(ささ)
174(あま)りの(こと)(うれ)しさに
175(こころ)(そら)足許(あしもと)
176真暗(まつくら)がりの岩角(いはかど)
177(つまづ)(たふ)れてドンブリと
178(かがみ)(いけ)墜落(つゐらく)
179ソヽヽヽ(その)(はず)
180タヽヽヽ玉筥(たまばこ)
181鷹依姫(たかよりひめ)(かく)れたる
182岩窟内(がんくつない)足許(あしもと)
183(をり)よく()んで()(ゆゑ)
184月照彦神(つきてるひこのかみ)さまに
185()けてゐたのを胴忘(どうわす)
186(おも)はず(そと)()()せば
187竜国別(たつくにわけ)(きも)(つぶ)
188コレコレまうしお()アさま
189(いま)()られては仕様(しやう)がない
190サツパリ(ばけ)(あら)はれる
191肝腎要(かんじんかなめ)性念場(しやうねんば)
192ヘヽヽヽ拙劣(へた)なこと
193してお()れたと(くち)(なか)
194(ささや)(むね)(くる)しさよ
195正直(しやうぢき)一途(いちづ)酋長(しうちやう)
196(さひは)ひタヽヽヽ鷹依(たかより)
197(ひめ)姿(すがた)生神(いきがみ)
198(いち)()もなく信頼(しんらい)
199(たま)(わた)して()れた(ゆゑ)
200カヽヽヽヽ神様(かみさま)
201(たい)して(まこと)()まないが
202生神様(いきがみさま)気取(きど)りにて
203酋長(しうちやう)夫婦(ふうふ)打向(うちむか)
204(まへ)身魂(みたま)(きよ)けれど
205(すこ)(あか)(のこ)つてる
206一日一夜(いちにちいちや)滝水(たきみづ)
207(からだ)(きよ)めて()るがよい
208さうしておいて酋長(しうちやう)
209アリナの(たき)()(あと)
210瑪瑙(めなう)(たま)取出(とりいだ)
211黄金(こがね)(たま)とすりかへて
212(わる)(こと)とは()(なが)
213三千世界(さんぜんせかい)人々(ひとびと)
214(たす)ける(ため)御神宝(ごしんぱう)
215タヽヽヽ大功(たいこう)
216小々々々(せうせうせうせう)小瑾(せうきん)
217(かへり)みずと()(こと)
218あるではないかと一行(いつかう)
219黄金(こがね)(たま)引掴(ひつつか)
220(にしき)(ふくろ)(をさ)めつつ
221アリナの(みね)打渡(うちわた)
222アルゼンチンの大原野(おほげんや)
223ポプラ(しげ)れる()(かげ)
224一夜(いちや)()かし()(うち)
225レコード(やぶ)りの(かぜ)()
226テーリスタンも宝玉(ほうぎよく)
227中空(ちうくう)(たか)()(あが)
228(たま)(こずゑ)にブラ()がり
229テーリスタンは逆様(さかさま)
230(うな)りを()てて落来(おちきた)
231人事不省(じんじふせい)為態(ていたらく)
232カヽヽヽカーリンス
233竜国別(たつくにわけ)()(もと)
234(すす)()るよと()(うち)
235ウンと一声(ひとこゑ)顛倒(てんたう)
236人事不省(じんじふせい)となりにける
237鷹依姫(たかよりひめ)唯一人(ただひとり)
238三人(みたり)(をとこ)介抱(かいほう)
239(いた)せば(やうや)(いき)()
240(くさ)(いほり)(むす)びつつ
241ポプラの(みき)(つつ)みたる
242蜈蚣(むかで)(へび)(いや)らしき
243(かげ)()ゆる(まで)根比(こんくら)
244自然(しぜん)(たま)()つる(まで)
245()つて()ろかと()(なが)
246(くさ)(いほり)立入(たちい)りて
247一夜(ひとよ)()かす折柄(をりから)
248ケラケラケラと(わら)(ごゑ)
249妖怪変化(ようくわいへんげ)(おどろ)いて
250三人(みたり)(をとこ)(あわ)()
251(ふる)()るこそ可笑(をか)しけれ
252鷹依姫(たかよりひめ)立出(たちい)でて
253(あや)しき(こゑ)打向(うちむか)
254談判(だんぱん)すれば()如何(いか)
255(たふと)(かみ)(あら)はれて
256執着心(しふちやくしん)をサヽヽ
257サツパリ()かせと(さと)さるる
258鷹依姫(たかよりひめ)()()つて
259(うま)赤児(あかご)()(かは)
260(つみ)(ほろ)ぼしに四方(よも)(くに)
261(まこと)(みち)(ひら)かむと
262櫟ケ原(くぬぎがはら)(くさ)()
263(いちご)(のど)をうるほせつ
264(たま)湖水(こすゐ)(かたはら)
265(しげ)れる椰子樹(やしじゆ)雨宿(あまやど)
266(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
267何時(いつ)如何(いか)なる(わざはひ)
268(せま)()るやも(はか)られず
269記念(きねん)(ため)一行(いつかう)
270姿(すがた)(きざ)みおかうかと
271竜国別(たつくにわけ)(こころ)をば
272こめて(つく)りし(いし)(ざう)
273(あと)(のこ)してアル(みなと)
274四人(よにん)此処(ここ)(ふね)()
275(きた)(きた)へと(すす)(をり)
276()れは(あやま)海中(かいちう)
277(おちい)水底(みなそこ)フヽヽヽ
278(ふか)(しづ)みてありけるが
279竜国別(たつくにわけ)(わが)(はは)
280危難(きなん)(すく)(たす)けむと
281()(をど)らして飛込(とびこ)みぬ
282(つづ)いてテー、カー両人(りやうにん)
283吾等(われら)親子(おやこ)(たす)けむと
284飛込(とびこ)みたるぞ健気(けなげ)なれ
285大道別(おほみちわけ)分霊(わけみたま)
286琴平別(ことひらわけ)(かめ)()
287四人(よにん)無事(ぶじ)(たす)けられ
288(なみ)(うか)びてやうやうに
289ゼムの(みなと)(おく)られて
290(ここ)四人(よにん)天祥(てんしやう)
291(やま)にかかれる大滝(おほたき)
292(こころ)(あか)(きよ)めむと
293(すす)みよる(をり)マール、ボール
294二人(ふたり)(をとこ)怪獣(くわいじう)
295(なや)まされむとする(ところ)
296天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
297(あやふ)(ところ)(すく)ひやり
298それより山河(やまかは)(つた)ひつつ
299チンの(みなと)安着(あんちやく)
300(ふね)(つく)りて真帆(まほ)をあげ
301アマゾン(がは)(さかのぼ)
302広袤(くわうぼう)千里(せんり)(たま)(もり)
303モールバンドを言霊(ことたま)
304(ちから)言向(ことむ)(やは)さむと
305四人(よにん)はやうやう(もり)(なか)
306(さぐ)(さぐ)りて奥深(おくふか)
307(いま)(まよ)ひの最中(さいちう)
308タヽヽヽ高姫(たかひめ)
309一時(いちじ)(はや)(たま)(もり)
310(あら)はれまして吾々(われわれ)
311コヽヽヽ(この)(たび)
312神業(しぐみ)(たす)(たま)へかし
313あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
314(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
315マールの身魂(みたま)神懸(かむがか)
316鷹依姫(たかよりひめ)生霊(いくみたま)
317ここに(あら)はれ()ぎまつる
318ウンウンウンと()びあがり
319 ()ねまはりつつ(もと)(ごと) マールは正気(しやうき)(ふく)しけり。
320 これより高姫(たかひめ)はマール、321ボールに(いとま)()げ、322天祥山(てんしやうざん)(ふもと)(めぐ)り、323()()()いでチンの(みなと)()で、324それより(ふね)(もと)めて鷹依姫(たかよりひめ)(まよ)(くるし)(たま)(もり)四人(よにん)(すく)(いだ)すべく(すす)()く。325惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
326大正一一・八・一三 旧六・二一 松村真澄録)