霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第29巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm298801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
松十六(まつじふろく)  (あか)(おび)して  ()歩行(ある)
   (なつ)炎天(えんてん)に  蜻蛉(とんぼ)()
松十七(まつじふしち)  いそいそと  (あか)いたすきで御飯(ごはん)たく
   (ひと)顔見(かほみ)りや  (あか)(かほ)
松十八(まつじふはち)  真赤(まつか)(こころ)  (むね)(をど)らす
   (かがみ)()る  (には)落葉(おちば)(なみだ)する〈序(初)〉

駒止(こまと)めて(しば)(なが)めむ丸山(まるやま)
()()(きよ)望月(もちづき)(かげ)〈端書(初)〉
鷹依姫(たかよりひめ)詐術(さじゆつ)をもつて()(たま)
科戸(しなど)(かぜ)(かみ)()られし〈第2章(三)〉
村肝(むらきも)(こころ)いらちて千万里(せんまんり)
(くに)(はて)まで(まよ)玉探(たまさが)〈第2章(三)〉
国人(くにびと)をうまく(いつは)黄金(わうごん)
(たま)()させて()()りしかな〈第3章(三)〉
()(まよ)(ひと)()らして秋月(あきづき)
(くも)()りつつ西(にし)にかたぶく〈第4章(初)〉
嗚呼(ああ)(かみ)(とな)ふる(こゑ)夢醒(ゆめさ)めて
立出(たちい)でて()れば(つき)はかたむく〈第4章(初)〉
西(にし)()(おも)ひは(たれ)もあるものを
見捨(みす)てて()るな大空(おほぞら)(つき)〈第4章(初)〉
鼻高(はなたか)高姫司(たかひめつかさ)(いけ)(かみ)
雄猛(をたけ)びに()ひて(ふる)(をのの)けり〈第8章(三)〉
何処(どこ)までも自我(じが)のみを高潮(かうてう)
(かみ)(いか)りに()ひて(ふる)へり〈第8章(三)〉
()くとても手折(たを)(ひと)なし(まつ)(はな)
葉末(はずゑ)(つゆ)(めぐ)みしらずに〈第10章(三)〉
池水(いけみづ)にうつりて()ける(うめ)(はな)
手折(たを)るは(みづ)御魂(みたま)のみなり〈第10章(三)〉
高姫(たかひめ)懸橋御殿(かけはしごてん)侵入(しんにふ)
支離滅裂(しりめつれつ)狂偽(きやうぎ)()くなり〈第10章(三)〉
()出姫(でひめ)神現(かみあ)れまして狂盲(きやうまう)なる
鼻高姫(はなたかひめ)をいましめ(たま)ひし〈第11章(三)〉
高姫(たかひめ)改心(かいしん)なるもの中々(なかなか)
あてにならねど可愛(かはい)くもあり〈第12章(三)〉
荒野原(あれのはら)さかしき(やま)()ちこえて
(かみ)御為(みため)()ぐる高姫(たかひめ)〈第12章(三)〉
鷹依姫(たかよりひめ)竜国別(たつくにわけ)遭難(さうなん)
(はなし)高姫(たかひめ)至誠(しせい)(あら)はす〈第14章(三)〉

(われ)深山(みやま)のほととぎす
姿(すがた)かくして朝夕(あさゆふ)
(やま)より(たか)(うみ)よりも
(ふか)御教(みのり)蘊奥(うんあう)
(ひと)()らさず()(さけ)
八千八度(はつせんやたび)迫害(はくがい)
かくれて(しの)()(なみだ)
されども(われ)(かみ)()〈第16章(再)〉

改心(かいしん)記念(きねん)のためと高姫(たかひめ)
天祥山(てんしやうざん)(たき)()たれし〈第16章(三)〉
改心(かいしん)しまた慢神(まんしん)()りかへす
鼻高姫(はなたかひめ)面白(おもしろ)きかな〈第16章(三)〉
()(たか)地名人名(ちめいじんめい)()()みて
この巻末(くわんまつ)(かざ)(たび)かな〈第20章(三)〉

(一) 筑紫(つくし)のはてや    みちのおく
   海山河野(うみやまかはの)      へだつとも
   神国御魂(みくにみたま)は     ()はりなく
   ()くせやつくせ   (みち)のため
(二) (ほたる)(ひか)り     (まと)(ゆき)
   ふみ()月日(つきひ)    (かさ)ねつつ
   いつしか(とし)も    すぎの()
   あけてぞ今朝(けさ)は   (わか)れゆく
(三)とまるも()くも   (きみ)のため
   つくせよつくせ   (みち)のため
   (みち)のためなら    (きみ)のため
   きみのためなら   (ひと)のため〈巻末(初)〉
(初は初版、再は再版、三は三版の略)

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)