霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 主従(しゆじう)二人(ふたり)〔八四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第1篇 高砂の松 よみ:たかさごのまつ
章:第1章 第30巻 よみ:しゅじゅうふたり 通し章番号:843
口述日:1922(大正11)年08月14日(旧06月22日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
メソポタミヤの顕恩郷をバラモン教から取り戻した神素盞嗚尊の八人の娘たちは、各地に宣教の旅に出ましたが、バラモン教の残党に取り押さえられて各々、小舟に乗せられて海に流されてしまいました。
その中のひとつ、末子姫と侍女・捨子姫の主従は、なんとか艪をあやつって高砂島のハラの港に上陸し、桃上彦の旧跡地の珍の国の都を目指して進んでいた。
二人はテルとウヅの国境にあるテル山峠にさしかかった。すでに月が出る夜であった。二人は懐旧にふけりつつ、肘を枕に眠りについた。テル山峠を降ってきた四五人の男たちは、二人が傍らで寝ているのに気付かず、話を始めた。
男たちはバラモン教徒であり、この地の教主から、神素盞嗚尊の娘主従がやってくるからそれを捕らえろと命じられて辺りを張っていたが、見つからずに疲れ果てていた。
男たちはそこで眠って休息を取ることにしたが、中にシーナという男、過去に旅人を殺めたことからその幽霊を恐れており、仲間からしきりにからかわれている。他の男たちが寝てしまった後も、シーナだけは震えおののいていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3001
愛善世界社版:7頁 八幡書店版:第5輯 575頁 修補版: 校定版:7頁 普及版:2頁 初版: ページ備考:
001常世(とこよ)(くに)()れませる
002常世神王(とこよしんわう)自在天(じざいてん)
003大国彦(おほくにひこ)主神(しゆしん)とし
004バラモン(けう)(ひら)きたる
005大国別(おほくにわけ)神司(かむづかさ)
006万里(ばんり)(なみ)乗越(のりこ)えて
007埃及国(エジプトこく)出現(しゆつげん)
008イホの(みやこ)にバラモンの
009(をしへ)射場(いば)(きづ)()
010一時(いちじ)(あさひ)(のぼ)(ごと)
011(をしへ)(ひかり)四方(よも)(くに)
012(かがや)(わた)れどバラモンの
013(かみ)(をしへ)人草(ひとぐさ)
014生血(いきち)()ねば(をさ)まらぬ
015残虐無道(ざんぎやくぶだう)荒修業(あらしうげふ)
016入信(にふしん)したる信徒(まめひと)
017霊主体従(れいしゆたいじう)()(もと)
018(くぎ)()ちたる足駄(あしだ)()
019(はだか)となりて茨室(いばらむろ)
020()()(からだ)をかき(やぶ)
021(あるひ)猛火(まうくわ)(なか)()
022水底(みなそこ)(くぐ)りさまざまと
023(こら)()れない(くるし)みに
024一度(ひとたび)()()信徒(まめひと)
025(かな)しみもだえ()(つき)
026何時(いつ)とはなしに()()りて
027法灯(ほふとう)いまや(めつ)せむと
028悲運(ひうん)(かたむ)折柄(をりから)
029夏山彦(なつやまひこ)祝姫(はふりひめ)
030行平別(ゆきひらわけ)神司(かむづかさ)
031埃及都(エジプトみやこ)根拠(こんきよ)とし
032霊主体従(れいしゆたいじう)真相(しんさう)
033(あまね)世人(よびと)()(つた)
034仁慈(じんじ)無限(むげん)(くに)(おや)
035国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
036(いづ)御霊(みたま)(まも)ります
037三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
038月日(つきひ)(とも)(さか)()く。
039バラモン(けう)大棟梁(だいとうりやう)
040鬼雲彦(おにくもひこ)(はじ)めとし
041鬼熊別(おにくまわけ)二夫婦(ふたふうふ)
042埃及(イホ)(みやこ)(あと)にして
043数多(あまた)信徒(しんと)引率(いんそつ)
044南天王(なんてんわう)(こも)りたる
045由緒(ゆいしよ)(ふか)顕恩郷(けんおんきやう)
046エデンの(かは)打渡(うちわた)
047(ここ)(ふたた)びバラモンの
048(みち)根拠(こんきよ)築固(つきかた)
049(いはほ)(たた)(いし)()
050難攻不落(なんこうふらく)絶壁(ぜつぺき)
051(たの)みて()れる顕恩城(けんおんじやう)
052(まが)(をしへ)再生(さいせい)
053機運(きうん)(むか)ひて中津国(なかつくに)
054メソポタミヤを(はじ)めとし
055フサの(くに)より印度(つき)(くに)
056(いきほひ)(たけ)()りて()
057さはさり(なが)()(ひと)
058野蛮(やばん)(きは)まる荒行(あらげう)
059(たま)りかねてか遠近(をちこち)
060怨嗟(えんさ)(こゑ)(きこ)()
061()()(ごと)(あは)れさを
062()るに見兼(みか)ねて瑞御霊(みづみたま)
063神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
064バラモン(けう)神司(かむづかさ)
065数多(あまた)宣伝使(とりつぎ)言向(ことむ)けて
066天地(てんち)(つく)(たま)ひたる
067大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)
068大御心(おほみこころ)(ねんご)ろに
069バラモン(びと)()(さと)
070世界(せかい)(そろ)うて皇神(すめかみ)
071(めぐみ)(つゆ)(よく)せしめ
072五六七(みろく)御世(みよ)神政(しんせい)
073(あふ)がしめむと(おぼ)()
074八人乙女(やたりをとめ)使(つか)はして
075バラモン(けう)信徒(まめひと)
076表面(うはべ)(かざ)りて顕恩郷(けんおんきやう)
077教館(をしへやかた)()らしめぬ
078八人乙女(やたりをとめ)大神(おほかみ)
079(ふか)(こころ)麻柱(あなな)ひて
080(たふと)御身(おんみ)(いと)ひなく
081大胆不敵(だいたんふてき)曲神(まがかみ)
082(しこ)(とりで)朝夕(あさゆふ)
083(こころ)(くば)りて(つか)へける。
084神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
085(あま)岩戸(いはと)(ひら)きたる
086五伴緒(いつとものを)(その)一人(ひとり)
087太玉神(ふとたまがみ)(つか)はして
088鬼雲彦(おにくもひこ)一類(いちるゐ)
089(まこと)(みち)言向(ことむ)けて
090メソポタミヤに神国(かみくに)
091(きよ)(もとい)(ひら)かむと
092エデンの(かは)只一人(ただひとり)
093(わた)りて(ふか)(すす)()
094(あと)より()()神司(かむつかさ)
095(こま)(かしら)(なら)べつつ
096八人乙女(やたりをとめ)(しの)びます
097顕恩城(けんおんじやう)(おく)()
098(なん)なく(すす)めばバラモンの
099鬼雲彦(おにくもひこ)出迎(いでむか)
100言葉(ことば)(たくみ)()りなして
101毒酒(どくしゆ)(たく)みを(はじ)めける
102(あく)(たく)みは(たちま)ちに
103徹底的(てつていてき)曝露(ばくろ)して
104おのが住家(すみか)振棄(ふりす)てて
105(くも)(かすみ)波斯(フサ)(くに)
106(もろ)くも姿(すがた)(かく)しける。
107(ここ)太玉(ふとたま)宣伝使(せんでんし)
108顕恩城(けんおんじやう)居残(ゐのこ)りて
109(かみ)(をしへ)(つた)へまし
110八人乙女(やたりをとめ)各自(めいめい)
111八洲(やしま)(くに)(わだか)まる
112八岐(やまた)大蛇(をろち)醜魂(しこだま)
113言向(ことむ)(やは)(あめ)(した)
114(もも)(わざはひ)(はら)はむと
115(おのおの)侍女(じぢよ)(ともな)ひて
116波斯(フサ)(くに)をば振出(ふりだ)しに
117宣伝(せんでん)せむと(すす)(をり)
118バラモン(けう)残党(ざんたう)
119取押(とりおさ)へられ別々(べつべつ)
120棚無(たなな)(ぶね)()せられて
121海原(うなばら)(とほ)(なが)されぬ
122八人乙女(やたりをとめ)(すゑ)()
123(うま)れましたる末子姫(すゑこひめ)
124(たふと)生命(いのち)捨小舟(すてをぶね)
125(なみ)(うか)びて捨子姫(すてこひめ)
126主人(あるじ)(きみ)(なぐさ)めつ
127甲斐々々(かひがひ)しくも()をとりて
128大西洋(たいせいやう)中央(まんなか)
129散在(さんざい)したる大島(おほしま)
130小島(こしま)(あひだ)をくぐりつつ
131(なみ)のまにまにテルの(くに)
132ハラの(みなと)上陸(じやうりく)
133宇都山峠(うづやまたうげ)乗越(のりこ)えて
134桃上彦(ももがみひこ)旧跡地(きうせきち)
135(みやこ)()して(すす)()
136あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
137御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
138 末子姫(すゑこひめ)捨子姫(すてこひめ)(とも)(やうや)くハラの(みなと)安着(あんちやく)し、139(あし)(はや)めて(うづ)(くに)(すす)まむと、140テルとウヅとの国境(くにざかひ)141テル山峠(やまたうげ)(ふもと)にさしかかつた。142八日(やうか)(つき)(たか)中天(ちうてん)楕円形(だゑんけい)姿(すがた)(あら)はし(この)(あい)らしき二人(ふたり)美女(びぢよ)(かしら)(のぞ)かせ(たま)ふ。
143末子姫(すゑこひめ)大変(たいへん)(おそ)ろしい()に、144幾度(いくたび)ともなく出会(であ)ひましたが、145(かみ)さまのおかげで(やうや)高砂島(たかさごじま)まで(おく)られ、146こんな(うれ)しい(こと)はありませぬなア。147これも(まつた)くバラモン(けう)()使(つか)つて、148(わらは)両人(りやうにん)神様(かみさま)(ふか)御経綸(おしぐみ)(もと)に、149(つか)はし(あそ)ばしたのでせう。150(この)(くに)(むかし)151正鹿山津見(まさかやまづみ)神様(かみさま)がお(をさ)(あそ)ばした(ところ)()きましたが、152これから(うづ)(みやこ)(まゐ)つて、153三五教(あななひけう)今日(こんにち)様子(やうす)(さぐ)り、154宣伝(せんでん)(いた)さうぢやありませぬか』
155捨子姫(すてこひめ)左様(さやう)御座(ござ)いますなア。156貴女(あなた)はまだお(とし)がお(わか)いのに、157(この)(ひろ)(くに)へお()しになり、158宣伝(せんでん)をせうとお(かんが)(あそ)ばす(その)勇気(ゆうき)には(わたし)(じつ)心強(こころづよ)(ぞん)じます。159(しか)(なが)ら、160バラモン(けう)やウラル(けう)勢力(せいりよく)混入(こんにふ)し、161(あなど)(べか)らざる潜勢力(せんせいりよく)があると()ふことをハラの(みなと)()いた(とき)162人々(ひとびと)(はな)して()りましたから、163(けつ)して油断(ゆだん)はなりますまい。164(しか)(なが)()夜分(やぶん)になつては、165山路(やまみち)()くのも(なん)となく心許(こころもと)なく、166(また)大変(たいへん)(からだ)草疲(くたび)れましたから、167(この)芝生(しばふ)(うへ)にて(ひさ)()りで、168(つち)(からだ)(した)しみ、169夜明(よあ)けを()つて、170(この)(たうげ)()すことに(いた)しませうか』
171末子姫(すゑこひめ)『それが(よろ)しう御座(ござ)いませう』
172両人(りやうにん)(ひぢ)(まくら)(ねむ)りに()いた。
173 テル山峠(やまたうげ)をシトシトと(くだ)つて()四五人(しごにん)(をとこ)174二人(ふたり)木蔭(こかげ)芝生(しばふ)他愛(たあい)もなく草疲(くたび)()てて(ねむ)つてゐるのも()らず、175(ここ)(あら)はれ(きた)り、
176甲『オイ、177大分(だいぶん)(あし)草臥(くたび)れて()たやうだ。178ここらで(ひと)休息(きうそく)をしたら如何(どう)だ』
179乙『膝栗毛(ひざくりげ)停電(ていでん)かなア。180ヨシヨシ(やす)んで()かう』
181丙『そんな気楽(きらく)(こと)()うてをれまいぞ。182石熊(いしくま)大将(たいしやう)から今夜頃(こんやごろ)三五教(あななひけう)(をんな)宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)漂着(へうちやく)して()るに(ちが)ひないから、183()つけ次第(しだい)(つか)まへて、184185高照山(たかてるやま)(やかた)召捕(めしとり)(かへ)れとの御命令(ごめいれい)だから、186今晩(こんばん)(あんま)気楽(きらく)(やす)んでる(わけ)には()かうまい。187ハラの(みなと)へキツと到着(たうちやく)するに(ちが)ひないと()うたが、188フサの(くに)から無声霊話(むせいれいわ)石熊(いしくま)(さま)御大将(おんたいしやう)通知(つうち)があつたのだ。189サアもう一気張(ひときば)りだ。190アリナの(たき)(はう)へでも()かれちや大変(たいへん)だから、191休息(きうそく)(のち)にして、192(よる)(すず)しい(うち)にモウ一足(ひとあし)駆出(かけだ)さうぢやないか』
193 (てい)194(ぼう)両人(りやうにん)(くち)(そろ)へて、
195『おりやモウ交通(かうつう)機関(きくわん)(あぶら)()れて()たから、196(なん)()つても駄目(だめ)だ。197(よく)にも(とく)にも()へられない。198マーさう()はずと、199おつき()ひに一服(いつぷく)したら()うだい』
200甲『(よわ)(やつ)だなア。201そんなら、202ドツと譲歩(じやうほ)して少時(しばらく)休養(きうやう)(あた)へてやらう』
203丁『(あさ)(おそ)()午後(ごご)(はや)(かへ)つて()盲判(めくらばん)()しの役人(やくにん)でさへも、204(この)(ごろ)暑中(しよちう)休暇(きうか)(もら)へるのだから(おれ)だつて、205(よる)(ひる)(はたら)かされちや、206やりきれないワ、207ハヽヽヽヽ』
208甲『(この)(ごろ)役人(やくにん)だつて、209暑中(しよちう)休暇(きうか)廃止(はいし)されて(しま)つたよ』
210丙『暑中(しよちう)休暇(きうか)(はい)してまで、211無理(むり)鈍物(どんぶつ)(うご)かさうとした(ところ)駄目(だめ)だ。212(かへつ)能率(のうりつ)低下(ていか)する(くらゐ)なものだ。213チールやネロの()(とほ)り、214今晩(こんばん)はここでグツスリと休暇(きうか)(たま)はつて()くことにせう。215なア……イサクの大将(たいしやう)……』
216イサク『イサクさ()はずに、217仕方(しかた)がない、218(やす)んで()け。219(だま)つてねるのだよ』
220チール『(おれ)はお(まへ)(やう)()てものを()つたり、221そんな器用(きよう)(こと)出来(でき)ないから、222安心(あんしん)してくれ。223(まへ)こそズイ(ぶん)()寝言(ねごと)()(をとこ)だよ。224あんな寝言(ねごと)()ひよると、225()つともなくて、226そばに安閑(あんかん)として()れない(やう)気分(きぶん)になるワ』
227シーナ『(おれ)寝言(ねごと)貴様(きさま)()いたかい。228天下(てんか)万民(ばんみん)安堵(あんど)せしむる(ため)一心(いつしん)()(かた)まつて()るから、229()ても()めても、230天下(てんか)(うれ)ふる至誠(しせい)言葉(ことば)()たされて()るのだ。231貴様(きさま)はあまり学問(がくもん)がないから、232(おれ)言葉(ことば)(わか)らないのだろ』
233チール『天下(てんか)(こと)(おも)つてゐるなんぞと馬鹿(ばか)にするない。234何時(いつ)とても貴様(きさま)(うち)(かかあ)天下(てんか)ぢやから、235余程(よほど)下鶏(したどり)になつとると()えて、236ねると()ぐ、237アア アア アア アアと(おほ)きな(くち)あけて、238(いびき)をかきやがつて、239(いた)(いた)いとか、240(おも)たい(おも)たいとか、241()ひよるのだ。242……なア、243ネロ、244何時(いつ)此奴(こいつ)寝言(ねごと)活版(くわつぱん)()した(やう)なものだろよ』
245ネロ『此奴(こいつ)アな、246(なん)でも高照山(たかてるやま)谷間(たにあひ)(とほ)りがかりの旅人(たびびと)をひつとらまへ、247何々(なになに)した(うへ)248何々(なになに)しやがつた(こと)があるに(ちが)ひない。249何時(いつ)とても(めう)寝言(ねごと)()ひよるぢやないか。250……オイ、251シーナ、252貴様(きさま)余程(よほど)(いま)こそバラモン(けう)宣伝使(せんでんし)ぢやと()うて威張(ゐば)つて()るが、253(わる)(こと)をやつたと()えるなア』
254シーナ『()らぬワイ。255そんなうるさいことを、256(よる)夜中(よなか)()つて()れるな、257気分(きぶん)(わる)くなつた。258()らぬ(かみ)(たた)りなしだ』
259チール『アツハヽヽヽ、260夜分(やぶん)になると、261高照山(たかてるやま)(はなし)大変(たいへん)(こわ)がる(をとこ)だなア』
262ネロ『きまつた(こと)よ。263ズイ(ぶん)えらい(こと)があるのだ。264(その)秘密(ひみつ)(かぎ)(にぎ)つて()るのはネロさま(だけ)だ。265此奴(こいつ)(あと)何時(いつ)もつけ、266ネロさんと()亡霊(ばうれい)が、267たつた二人(ふたり)(ばか)りついてゐるのだから、268エラ(さう)()つても夜分(やぶん)になると門口(もんぐち)(ひと)()るのもビリビリものだからな。269こんなこと(はな)して()ると、270あの亡霊(ばうれい)がやつて()て、271(また)ヒユー、272ドロドロだ』
273シーナ『(たの)みぢやから、274どうぞ()うてくれな』
275ネロ『モウ()れで()(をさ)めだから、276半分(はんぶん)(だけ)()つて()めたらう。277高照山(たかてるやま)谷間(たにあひ)(おい)て、278妙齢(めうれい)美人(びじん)二人(ふたり)(たい)何々(なになに)(いた)し、279(つひ)には何々(なになに)をして、280谷底(たにそこ)何々(なになに)し、281(その)亡霊(ばうれい)何時(いつ)此奴(こいつ)生首(なまくび)引抜(ひきぬ)かむと、282夢幻(ゆめまぼろし)()つのだよ。283……オイ(みな)(やつ)284こんなシーナ、285オツトドツコイ代物(しろもの)一緒(いつしよ)(ある)いて()ると、286何時(いつ)かおかシーナ手附(てつき)をして、287ヒユーと御出現(ごしゆつげん)(あそ)ばすかも()れやしないぞ。288アヽ(なん)だかそこらがゾクゾクし()した。289モウ(この)(はなし)()めとこかい』
290イサク『オイ、291シーナ、292(まへ)そんな(おぼ)えがあるのか。293(なん)だかネロの物語(ものがたり)()いて、294(おれ)気分(きぶん)(わる)くなつて()たワイ。295サアもう、296こんな(はなし)()めにして()かうぢやないか』
297ネロ『(おれ)やモウ()うしても(うご)けないから、298ここでチール(ばか)りネロとせう、299グウ グウ グウ』
300カール『ハツハヽヽヽ、301らつちもない(こと)()やがつて、302シーナにからかつて()たが、303(はや)モウ()(しま)ひよつた。304(つみ)のない(をとこ)だなア。305サア一層(いつそう)のこと(やす)んで()かう』
306とカールは(また)もやグレンと(ひぢ)(まくら)(みち)(かたはら)(よこた)はつた。307イサクもチールも(また)(ねむ)りに()いた。308シーナは(あと)一人(ひとり)(なん)だか首筋元(くびすぢもと)がオゾオゾするので、309(ねむ)りも()せず、310イサクの(こし)(くら)ひついて(ふる)(をのの)いてゐる。
311大正一一・八・一四 旧六・二二 松村真澄録)
312(昭和一〇・六・九 王仁校正)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)