霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 (つゆ)(みち)〔八五〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第2篇 珍野瞰下 よみ:うづのかんか
章:第8章 第30巻 よみ:つゆのみち 通し章番号:850
口述日:1922(大正11)年08月15日(旧06月23日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は楠の森を出て、大蛇が潜むという巽の池を指して進んで行った。カールは自分の足の長さが左右違ってびっこを引くのを隠すために、歌を歌い踊りながら先頭を進んで行く。
一行七人が、国人を困らせる悪魔を言向け和すために進んで行くという勇ましい歌からはじめた。そして、このたびの大蛇退治を自分に任せてくれと石熊が末子姫に頼み込んで許されたが、末子姫らを差し置いて自分が大蛇に立ち向かおうという石熊の慢心を厳しく責め、これも友達として気をつけるのだ、と歌った。
石熊はカールの諭しを聞いて、思案しながら首をうなだれて歩いていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3008
愛善世界社版:96頁 八幡書店版:第5輯 606頁 修補版: 校定版:103頁 普及版:38頁 初版: ページ備考:
001久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)(つき)()
002いとうららかにテル山峠(やまたうげ)
003(やま)(ふもと)(くす)(もり)
004(つゆ)宿(やど)りの夢枕(ゆめまくら)
005()(やうや)くに()(はな)
006(かささぎ)(こゑ)小雀(こすずめ)
007(さへづ)(こゑ)()()まし
008あたりを()れば(くさ)()
009(かみ)(めぐみ)(つゆ)にうるほひ
010(ひる)(あつ)さに(しほ)れたる
011姿(すがた)(みづ)のしたたりて
012涼味(れうみ)うるほふ(なつ)(あさ)
013()もサヤサヤと(いさ)()
014神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
015八人乙女(やたりをとめ)末子姫(すゑこひめ)
016(あした)(かぜ)にゆらぎつつ
017デリケートなる山百合(やまゆり)
018(はな)(いろ)こそ(ゆか)しけれ
019百合(ゆり)(はな)にも(まが)ふなる
020乙女(をとめ)姿(すがた)ユラユラと
021(くすのき)(もり)下蔭(したかげ)
022(たたず)姿(すがた)芍薬(しやくやく)牡丹(ぼたん)(はな)
023菖蒲(あやめ)(かを)五月空(さつきぞら)
024()るも(すず)しき(やさ)しの姿(さま)
025末子(すゑこ)(ひめ)(ちか)(はべ)りて
026まめまめしくも朝夕(あさゆふ)
027(こころ)()らむ(かぎ)りを(つく)
028()もたなしらに(ぬし)(ため)
029舎身(しやしん)活動(くわつどう)(つづ)けたる
030(かみ)(をしへ)司人(つかさびと)
031捨子(すてこ)(ひめ)のあだ姿(すがた)
032(いづ)(おと)らぬ(はな)(はな)
033色香(いろか)(あは)()きあり
034(くも)()(ばか)りの荒男(あらを)()
035(こころ)(かた)骨節(ほねぶし)
036(いはほ)(ごと)石熊(いしくま)
037(あし)(はこ)びもカールの(つかさ)
038(こころ)(くち)()(とも)
039カールカールと()(からす)
040(はね)(いろ)にも(まが)へたる
041()()きつけられし黒面(くろおもて)
042あゝされどされど(かみ)御前(みまへ)只管(ひたすら)
043(つく)(こころ)()(あか)
044(くも)()けしたる(あづま)(そら)
045()大神(おほかみ)豊栄(とよさか)(のぼ)りに(のぼ)ります(ごと)
046(きよ)(こころ)雄々(をを)しけれ
047アルゼンチンの宇都(うづ)(くに)
048(その)()(たか)正鹿山津見(まさかやまづみ)(かみ)
049永久(とこしへ)(しづ)まりゐましける
050(をしへ)(やかた)(あづか)りし
051従僕(しもべ)(かみ)国彦(くにひこ)
052御子(みこ)(うま)れし松若彦(まつわかひこ)
053(あるじ)(きみ)三五(あななひ)
054(をしへ)(みち)()けられて
055(つつし)(つか)へまつりつつ
056日々(ひび)(さか)ゆる言霊(ことたま)(はな)(かむ)ばしく
057(をしへ)(はやし)()(つき)
058(しげ)()ひたる宇都(うづ)(くに)
059(みち)のほまれも高砂(たかさご)
060(はな)(うた)はれ(きた)りける
061あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
062(まこと)(かみ)功績(いさをし)
063(あつ)まり(きた)撫子(なでしこ)
064(けが)れに()まぬ神心(かみごころ)
065誠一(まことひと)つに()(かた)
066松若彦(まつわかひこ)教司(をしへつかさ)
067左守(さもり)(かみ)(つか)へたる
068(こころ)(きよ)正純彦(まさずみひこ)
069(たま)(すぐ)なる竹彦(たけひこ)
070(あさ)(ゆふ)なの起伏(おきふし)にも
071(こころ)(くば)大神(おほかみ)御為(おんため)
072世人(よびと)(ため)村肝(むらきも)
073(こころ)(つく)すぞ雄々(をを)しけれ
074宇都(うづ)(やかた)松若彦(まつわかひこ)
075山海万里(さんかいばんり)()えさせ(たま)
076はるばる(ここ)()でませし
077(うづ)乙女(をとめ)神司(かむづかさ)
078(むか)へむ(ため)遥々(はるばる)
079(はる)(いく)(たか)三人(さんにん)
080(こころ)(あつ)出迎(いでむか)
081(あか)(こころ)提灯(てうちん)(あか)りの(ごと)
082十曜(とえう)神紋(しんもん)唐紅(からくれなゐ)(いろ)()えにける
083末子(すゑこ)(ひめ)捨子姫(すてこひめ)
084石熊司(いしくまつかさ)(はる)(いく)(たか)大丈夫(ますらを)
085(あるひ)(まへ)(あるひ)(うしろ)
086(まも)らせ(なが)らしづしづと
087(あした)(つゆ)()()けて
088宇都(うづ)(くに)にて()(たか)
089(たつみ)(いけ)(あら)ぶる(かみ)皇神(すめかみ)
090生言霊(いくことたま)言向(ことむ)(やは)さむと
091(よわ)(をんな)()にも()
092いそいそ(すす)()(たま)
093()にも(たふと)神人(しんじん)
094(いづ)雄健(をたけ)言霊(ことたま)
095如何(いか)()るらむ如何(いか)(かがや)(わた)るらむ
096あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
097皇大神(すめおほかみ)御経綸(ごけいりん)
098(あふ)ぐも(たふと)三十余万年(さんじふよまんねん)
099(きよ)神代(かみよ)物語(ものがたり)
100(いづ)御霊(みたま)()()へる
101伊豆(いづ)神国(かみくに)田方(たかた)(ごほり)
102狩野(かりの)(かは)激流(げきりう)
103(なが)めて(ここ)にあらあらと
104()(つた)ふこそ(たの)しけれ
105あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
106御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
107 (くす)(もり)立出(たちい)でて、108(たつみ)(いけ)大蛇(をろち)魔神(まがみ)帰順(きじゆん)せしめむと、109末子(すゑこ)(ひめ)(したが)ひて、110一行(いつかう)(こころ)もいそいそ、111三里(さんり)道程(だうてい)朝露(あさつゆ)をふみしめ(なが)ら、112(すず)しき朝風(あさかぜ)(おく)られ、113(きり)こむる山野(さんや)を、114(みなみ)(みなみ)へと(すす)()く。
115 カールはコンパスの長短(ちやうたん)(みにく)さを(かく)(ため)116(また)もや(うた)(うた)ひ、117ヤツコス(をど)りをし(なが)ら、118大地(だいち)をドンドン威嚇(ゐくわく)させつつ、119先頭(せんとう)()つて(すす)()く。
120悪魔(あくま)大蛇(をろち)(ひそ)むなる
121(いけ)(つつみ)立出(たちい)でて
122(うご)きの()れぬ言霊(ことたま)
123遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)荒波(あらなみ)
124おのもおのもに発射(はつしや)して
125(かみ)(ちから)発揚(はつやう)
126霧立(きりたち)(のぼ)()(いけ)
127(くま)なく(はら)(きよ)めつつ
128(けが)()つたる曲霊魂(まがみたま)
129(こころ)(そこ)より帰順(きじゆん)させ
130(さか)(ひさ)しき(まつ)()
131(しろ)()します大神(おほかみ)
132神素盞嗚(かむすさのを)(かみ)水火(いき)
133世界(せかい)(まが)(はら)ひつつ
134(そこ)ひも()れぬ(この)(いけ)
135立籠(たてこも)りたる醜大蛇(しこをろち)
136(ちから)(たの)三五(あななひ)
137()きせぬ(かみ)御光(みひかり)
138()らし(きよ)めて(いさぎよ)
139(とど)めを()さむ(この)カール
140七人(ななひと)(そろ)(その)(なか)
141二人(ににん)のナイスを(べつ)にして
142()()(えら)(この)(をとこ)
143根底(ねそこ)(くに)(ひそ)むとも
144(のぞ)みの(とほ)口鉾(くちほこ)
145(ほふ)()らして(やみ)()
146()()御代(みよ)立直(たてなほ)
147(ふる)(つかさ)(あたら)しの
148(へだ)(かま)はぬ()(さき)
149(ほふ)()らさむ今日(けふ)(たび)
150魔神(まがみ)(たけ)(この)(いけ)
151()すてて(これ)(かへ)られうか
152(むかし)(かみ)神力(しんりき)
153目出(めで)たく大蛇(をろち)言向(ことむ)けて
154(もも)人々(ひとびと)(たひら)けく
155(やす)らかなれと只管(ひたすら)
156(いの)(まこと)宣伝使(せんでんし)
157(ゆき)より(きよ)神心(かみごころ)
158()りに()りたる七人(しちにん)
159世人(よびと)(ため)(いま)(ここ)
160ラリルレローと(にご)りたる
161悪神(あくがみ)(ども)棲処(すみか)をば
162一時(いちじ)(はや)()(きよ)
163(うづ)(くに)なる人々(ひとびと)
164疫病(えやみ)災禍(わざはひ)(たひ)らけく
165(おに)大蛇(をろち)打払(うちはら)
166あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
167五十鈴川(いそすずがは)言霊(ことたま)
168(けが)れを(あら)(いさ)ましさ
169(かみ)(おもて)(あら)はれて
170(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
171(たつみ)(いけ)(ひそ)みたる
172(しこ)大蛇(をろち)逸早(いちはや)
173(まこと)(みち)言霊(ことたま)
174服従(まつろ)(やは)()(ひと)
175(まが)をことごと払拭(ふつしき)
176カール(つかさ)腕前(うでまへ)
177()()()くの(とほ)りだと
178宇都(うづ)(みやこ)立帰(たちかへ)
179松若彦(まつわかひこ)御前(おんまへ)
180法螺(ほら)()()てる(たの)もしさ
181あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
182(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
183石熊(いしくま)さまの言霊(ことたま)
184(かなら)(しるし)のなき(やう)
185カールが(ねが)(たてまつ)
186(いぬゐ)(たき)(あら)はれた
187大蛇(をろち)(おす)(ねら)はれて
188(この)()(なが)らの活不動(いきふどう)
189(おも)(まは)せばまはす(ほど)
190あんな(はづか)(こと)はない
191それでもヤツパリ石熊(いしくま)
192(はや)慢心(まんしん)(のぼ)(くち)
193末子(すゑこ)(ひめ)打向(うちむか)
194(たつみ)(いけ)醜神(しこがみ)
195(むか)つて()らむ言霊(ことたま)
196(わたし)(まか)して(くだ)されと
197(たの)んだ(こころ)可憐(いぢ)らしさ
198それ(ほど)(まか)して()しければ
199遠慮(ゑんりよ)()らぬドシドシと
200大蛇(をろち)(まか)してやりませう
201まかれて石熊(いしくま)(した)()
202()()(なが)鉢巻(はちまき)
203(まへ)(むす)んでスタスタと
204生命(いのち)カラガラ一散(いつさん)
205()げて()くのは()のあたり
206カールの(うた)言霊(ことたま)
207()いて(うら)むでない(ほど)
208(まへ)大事(だいじ)(おも)ふから
209(わる)(こと)()はないぞ
210末子(すゑこ)(ひめ)御座(ござ)るのに
211(ちから)()らぬ石熊(いしくま)
212(とら)()()古狐(ふるぎつね)
213(いけ)大蛇(をろち)言霊(ことたま)
214服従(まつろ)へますとは(なん)(こと)
215()(うへ)()らずも(ほど)がある
216(はや)(こころ)(あらた)めて
217謙遜(へりくだ)りつつ(ひめ)(さま)
218御後(みあと)(したが)()るが()
219何程(なにほど)(よわ)そに()えたとて
220(まへ)大蛇(をろち)相対(あひたい)
221服従(まつろ)(やは)資格(しかく)なし
222あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
223(かみ)(こころ)(かへり)みよ
224昨日(きのふ)()(まで)三五(あななひ)
225(かみ)(をしへ)敵対(てきた)うて
226千変万化(せんぺんばんくわ)計略(けいりやく)
227(つつ)(きた)れる曲津神(まがつかみ)
228(まへ)(はな)つた醜犬(しこいぬ)
229(うづ)(やかた)にヤツと()
230改心(かいしん)したとは()(なが)
231(まへ)(かみ)罪人(とがにん)
232如何(いか)末子(すゑこ)(ひめ)(さま)
233(ゆる)しありとて鼻高(はなたか)
234先頭(せんとう)()つは何事(なにごと)
235(まへ)前途(ぜんと)(あん)じられ
236(くち)がカールか()らね(ども)
237友達(ともだち)甲斐(がひ)()うておく
238(おれ)(まこと)親切(しんせつ)
239チとでもお(まへ)(わか)つたら
240今日(けふ)遠慮(ゑんりよ)をするが()
241()()()()けおきまする
242あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
243御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
244(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
245(つき)()つとも()くる(とも)
246仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
247(まへ)(やう)(たましひ)
248大蛇(をろち)言向(ことむ)(やは)されよか
249(ひか)えて()るが第一(だいいち)
250くどい(なが)らも()()ける
251(かなら)(かなら)(おれ)のこと
252(わる)くは()つて()れるなよ
253神々様(かみがみさま)()そなはせ
254カールの(あか)(むね)(うち)
255あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
256(かみ)(こころ)立帰(たちかへ)
257(かみ)(こころ)(かよ)へよや』
258(うた)ひつつ足拍子(あしべうし)()(すす)んで()く。259石熊(いしくま)はカールの(この)(うた)(かうべ)(かたむ)け、260()()み、261思案(しあん)()(なが)ら、262(ちから)なげに(したが)()く。
263大正一一・八・一五 旧六・二三 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。