霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 都入(みやこいり)〔八五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第3篇 神縁微妙 よみ:しんえんびみょう
章:第13章 第30巻 よみ:みやこいり 通し章番号:855
口述日:1922(大正11)年08月15日(旧06月23日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
珍の都の三五教主・松若彦は、数多の国人を引き連れて、二挺の輿を用意し、都のはずれのカリナの里に陣を張り、末子姫一行の到着を待っていた。
松若彦は馬を下りて姫の前に罷り出で、ご来臨への感謝を慇懃に述べ立てた。末子姫は、テル山の麓まではるばる使いの者を迎えに寄越してくれたことに感謝の意を表した。互いに挨拶を終えると、麗しい森陰に立ち入って、しばし休息した。
松若彦は、末子姫に輿に乗っての入城を懇願したが、末子姫は神様から賜った足にて歩きたいと拒んだ。松若彦は、国人が至誠を込めて姫の降臨を祝って作った御輿にぜひ乗って欲しいと頼み込んだ。
松若彦は、末子姫の来臨は、珍の国の最初の国司・正鹿山津見神が、松若彦の父・国彦に予言したことであり、それは神素盞嗚大神の御子がこの国を治めるということに他ならないという謂れを明かして説いた。
末子姫も、実は珍の国の国司を継ぐという自分の使命について、父神から聞かされていたと明かした。松若彦は、女王が御輿に乗るのは決して贅沢のためではなく、人民に代わって大地に足を踏まないようにして神祇に敬意を払うお役目なのだと諭した。
これを聞いて末子姫は、捨子姫ともども御輿に乗ることを了承した。末子姫の言葉はなんとなく威厳を帯びてきた。
末子姫は、御輿にかつがれてウヅの国の立派な城門をくぐり、本城指して進み入った。道の左右には数多の国人が、救世主の降臨と涙を流して歓喜に暮れている。カールは石熊とともに、白砂を敷き詰めた道を、息せき切って城内に進み入った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3013
愛善世界社版:152頁 八幡書店版:第5輯 626頁 修補版: 校定版:163頁 普及版:59頁 初版: ページ備考:
001(たつみ)(いけ)曲神(まがかみ)
002(かみ)伊吹(いぶき)言霊(ことたま)
003言向(ことむ)(やは)末子姫(すゑこひめ)
004捨子(すてこ)(ひめ)(したが)ひて
005()きつく(ごと)炎天(えんてん)
006かよわき(あし)(はこ)びつつ
007(はる)(いく)(たか)(おく)られて
008草野(くさの)をわたり(かは)をこえ
009(ふたた)(やま)乗越(のりこ)えて
010(また)もや谷間(たにま)辿(たど)りつつ
011(たび)(まくら)(かず)(かさ)
012桃上彦(ももがみひこ)(しづ)まりし
013三五教(あななひけう)神館(かむやかた)
014ウヅの聖地(せいち)間近(まぢか)まで
015(やうや)(すす)(きた)りける。
016松若彦(まつわかひこ)(うま)()
017御輿(みこし)二挺(にちやう)()つがせつ
018数多(あまた)国人(くにびと)引率(いんそつ)
019神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
020(うづ)御子(みこ)なる末子姫(すゑこひめ)
021捨子(すてこ)(ひめ)(むか)へむと
022威儀(ゐぎ)(ただ)して白旗(しらはた)
023(あか)十曜(とえう)(もん)()
024(かぜ)(なび)かせ堂々(だうだう)
025長蛇(ちやうだ)(ぢん)()(なが)
026ウヅの(みやこ)町外(まちはづ)
027カリナの(さと)(あら)はれぬ
028松若彦(まつわかひこ)一行(いつかう)
029末子(すゑこ)(ひめ)一行(いつかう)
030カリナの(さと)出会(しゆつくわい)
031(たちま)(うま)()()りて
032末子(すゑこ)(ひめ)(まへ)()
033松若彦(まつわかひこ)(うづ)(みやこ)国彦(くにひこ)
034御子(みこ)(うま)れし神司(かむづかさ)
035松若彦(まつわかひこ)(いま)(ここ)
036(みづ)御霊(みたま)(すゑ)御子(みこ)
037末子(すゑこ)(ひめ)捨子姫(すてこひめ)
038御二方(おんふたかた)御出(おで)ましを
039(かみ)御告(おつげ)()らされて
040(あらた)御輿(みこし)(つく)()
041(ここ)にお(むか)(まを)したり
042殊更(ことさら)(あつ)きウヅの(くに)
043(たふと)御身(おんみ)()(なが)
044(かみ)御為(おんため)(みち)(ため)
045世人(よびと)(ため)とは()(なが)
046よくも御出(おで)まし(くだ)さつた
047(ゆび)()(かぞ)へて国人(くにびと)
048(みづ)御霊(みたま)御降臨(ごかうりん)
049(いま)(いま)かと待佗(まちわび)
050(よろこ)(いさ)んで()りまする
051(たふと)(うづ)(ひめ)(さま)
052(したが)ひませる捨子様(すてこさま)
053(ここ)にてお(やす)(ねが)ひます』
054いと慇懃(いんぎん)()りつれば
055末子(すゑこ)(ひめ)会釈(ゑしやく)して
056末子姫(すゑこひめ)(うはさ)(たか)きウヅ(やかた)
057松若彦(まつわかひこ)()(こと)
058吾等(われら)一行(いつかう)親切(しんせつ)
059テル山峠(やまたうげ)(ふもと)まで
060(はる)(いく)(たか)御三方(おさんかた)
061(むか)への(ため)遥々(はるばる)
062よくも(つか)はし(たま)ひしぞ
063おかげで道中(だうちう)(つつが)なく
064いよいよ此処(ここ)()きました
065あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
066(たふと)(かみ)引合(ひきあは)
067はてしも()らぬ白雲(しらくも)
068メソポタミヤを立出(たちい)でて
069(をしへ)(ひら)折柄(をりから)
070吾等(われら)姉妹(けうだい)主従(しゆじゆう)
071バラモン(けう)(つかさ)()
072(しへた)げられて棚無(たなな)しの
073()るべなぎさの捨小舟(すてをぶね)
074さも(おそ)ろしき荒波(あらなみ)
075つき(はな)されし(くる)しさよ
076(わらは)(さいは)天地(あめつち)
077(かみ)(めぐみ)(かか)ぶりて
078捨子(すてこ)(ひめ)諸共(もろとも)
079ハラの(みなと)安着(あんちやく)
080テル山峠(やまたうげ)乗越(のりこ)えて
081(たつみ)(いけ)(ひそ)みたる
082大蛇(をろち)(かみ)服従(まつろ)はせ
083(こころ)(いさ)()(いさ)
084松若彦(まつわかひこ)()れませる
085ウヅの(みやこ)当途(あてど)とし
086いよいよ此処(ここ)(あら)はれぬ
087松若彦(まつわかひこ)神司(かむつかさ)
088(わらは)(いま)手弱女(たをやめ)
089(ちから)(すく)なきまな(むすめ)
090何卒(なにとぞ)(よろ)しく(たの)()
091あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
092(かみ)(をしへ)服従(まつろ)へる
093教司(をしへつかさ)御前(おんまへ)
094(はじ)めて()ぶる御挨拶(ごあいさつ)
095完美(うまら)委曲(つばら)(きこ)()せ』
096言葉(ことば)(しづ)かに()りつれば
097松若彦(まつわかひこ)(こし)(かが)
098揉手(もみで)(なが)(よろこ)んで
099末子(すゑこ)(ひめ)御手(みて)()
100(ちから)(かぎ)(にぎ)りしめ
101松若彦(まつわかひこ)『あゝ(ひめ)(さま)(ひめ)(さま)
102いよいよ(これ)よりウヅの(くに)
103(なれ)(みこと)降臨(かうりん)
104いと(たひら)けく(やす)らけく
105()ざさぬ御世(みよ)(をさ)まりて
106(おに)大蛇(をろち)荒風(あらかぜ)
107()かれて()りて(かげ)もなく
108(かみ)御稜威(みいづ)はいやちこに
109(かがや)(わた)(たま)ふべし
110あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
111(かみ)御末(みすゑ)末子姫(すゑこひめ)
112(うづ)身魂(みたま)御前(おんまへ)
113松若彦(まつわかひこ)赤誠(せきせい)
114(ささ)げて感謝(かんしや)(たてまつ)る』
115(たがひ)挨拶(あいさつ)(をは)り、116(うるは)しき森蔭(もりかげ)立入(たちい)りて、117少時(しばし)(いき)(やす)むる(こと)となつた。
118 松若彦(まつわかひこ)(ことば)丁寧(ていねい)に、119末子姫(すゑこひめ)120捨子姫(すてこひめ)(むか)ひ、121(こし)(かが)(なが)ら、
122松若(まつわか)(うはさ)(たか)(みづ)御霊(みたま)123神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)(うづ)御子(みこ)(あらは)れませる末子姫(すゑこひめ)(さま)124(ならび)にお付添(つきそ)ひの捨子姫(すてこひめ)(さま)125よくマア遥々(はるばる)(この)熱国(ねつこく)御降臨(ごかうりん)(くだ)さいました。126(わたし)(まを)すに(およ)ばず、127ウヅの(みやこ)神殿(しんでん)(つか)(まつ)神司(かむづかさ)(はじ)め、128数多(あまた)国人(くにびと)はどんなに(よろこ)ぶことで御座(ござ)いませう。129(まつた)(わたし)救世主(きうせいしゆ)御降臨(ごかうりん)欣喜雀躍(きんきじやくやく)(あま)り、130二三日(にさんにち)以前(いぜん)から、131(あま)りの(うれ)しさに(よる)碌々(ろくろく)(やす)むことも出来(でき)ませなんだ。132(あま)(にはか)(こしら)へました(この)御輿(みこし)133粗末(そまつ)では御座(ござ)いますが、134どうぞ(これ)から、135これにお()(くだ)さいまして、136御入城(ごにふじやう)(ほど)(ひとへ)(こひねが)()(たてまつ)ります』
137(たの)()る。138末子姫(すゑこひめ)(かうべ)左右(さいう)()り、
139末子(すゑこ)折角(せつかく)思召(おぼしめし)140()(いた)すは(まこと)()まない(わけ)御座(ござ)いますが、141勿体(もつたい)ない、142結構(けつこう)神様(かみさま)より、143(あし)頂戴(ちやうだい)(いた)(なが)ら、144どうして輿(こし)なんかに()ることが出来(でき)ませう。145折角(せつかく)(なが)(これ)(ばか)りはお(ゆる)(くだ)さいませ』
146捨子(すてこ)(ひめ)(さま)もあの(やう)(あふ)せられまするから、147どうぞ(これ)(ばか)りは御無用(ごむよう)にして(くだ)さいませ。148(また)(わたし)(ひめ)(さま)侍女(じぢよ)として、149側近(そばちか)く、150(あさ)(ゆふ)なに御奉公(ごほうこう)(いた)婢女(はしため)なれば、151仮令(たとへ)(ひめ)(さま)御召(おめ)しになつても、152(わたし)左様(さやう)勿体(もつたい)ないことは、153到底(たうてい)出来(でき)ませぬから、154()しからず御収(おをさ)(くだ)さいませ』
155松若(まつわか)左様(さやう)では御座(ござ)いませうが、156あなた(さま)御降臨(ごかうりん)国人(くにびと)(よろこ)び、157()つて(たか)つて昼夜(ちうや)(べつ)なく(つく)()げた御輿(みこし)御座(ござ)いますれば、158どうぞ国人(くにびと)至誠(しせい)(めん)御乗用(おめ)(くだ)さいます(やう)159一同(いちどう)(かは)り、160たつて御願(おねがひ)申上(まをしあ)げます』
161末子(すゑこ)頑固(ぐわんこ)のようで御座(ござ)いますが、162(わたし)(やう)(わか)(をんな)163神徳(しんとく)もない(もの)が、164如何(どう)して(この)(やう)立派(りつぱ)な、165神様(かみさま)御召(おめ)(あそ)ばす御輿(みこし)()せて(いただ)くことが出来(でき)ませうか』
166松若(まつわか)貴女様(あなたさま)神様(かみさま)御経綸(ごけいりん)()つて、167ウヅの(くに)(つかさ)として御出(おい)(あそ)ばしたので御座(ござ)いませう。168貴女様(あなたさま)()つては左様(さやう)(こと)御考(おかんが)(あそ)ばさないでせうが、169正鹿山津見(まさかやまづみ)神様(かみさま)が、170黄泉比良坂(よもつひらさか)(たたか)ひに、171御出陣(ごしゆつぢん)(さい)172(わたし)(ちち)国彦(くにひこ)(むか)つて(あふ)せらるる(やう)……神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)姫御子(ひめみこ)(この)(くに)降臨(かうりん)(あそ)ばして、173宇都(うづ)(くに)一円(いちゑん)をお(をさ)(あそ)ばす(とき)()るから、174それ(まで)(なんぢ)国彦(くにひこ)175(わが)(やかた)(あづか)()(まも)()れよ、176(うづ)御子(みこ)降臨(かうりん)(とき)は、177(これ)(ほう)じて(くに)(つかさ)となし、178(なんぢ)左守(さもり)右守(うもり)(かみ)となつて、179神業(しんげふ)奉仕(ほうし)せよ……との御教示(ごけうじ)御座(ござ)いました。180(わが)(ちち)最早(もはや)国替(くにがへ)(いた)しましたが、181(その)(あと)()いだ(この)松若彦(まつわかひこ)182(ちち)言葉(ことば)無寐(むび)にも(わす)れず、183(うづ)御子(みこ)降臨(かうりん)あるまでは、184大切(たいせつ)(まも)らねばならぬと、185今日(けふ)まで(ちから)(およ)(かぎ)(まも)つて(まゐ)りました。186貴女(あなた)はいよいよ(この)(くに)女王(ぢよわう)となつて、187国民(こくみん)(をさ)め、188(また)教主(けうしゆ)となつて国人(くにびと)(たふと)(かみ)御道(おみち)(をし)(みちび)(くだ)さらねばならぬ御役目(おやくめ)御座(ござ)います』
189末子(すゑこ)(およ)ばぬ(なが)ら、190(その)使命(しめい)(わらは)父大神(ちちおほかみ)より(うけたま)はつて()りました。191何卒(どうぞ)(よろ)しく御輔導(ごほだう)(ほど)御頼(おたの)(まを)します』
192松若(まつわか)御勿体(ごもつたい)ない(その)言葉(ことば)……松若彦(まつわかひこ)()()り、193(じつ)無上(むじやう)光栄(くわうえい)(ぞん)じます。194(いた)らぬ愚者(おろかもの)なれ(ども)195(よろ)しく御指導(ごしだう)(くだ)さいまして、196(なが)くお使(つか)(くだ)さりませ。197(ひとへ)(ねがひ)(たてまつ)ります』
198末子(すゑこ)御互様(おたがひさま)(よろ)しく(ねが)ひます』
199松若(まつわか)『あなた(さま)父大神(ちちおほかみ)より、200(この)(くに)女王(ぢよわう)とならせ(たま)ふことを御存(ごぞん)じとあらば猶更(なほさら)(こと)(この)御輿(みこし)御乗(おめ)(くだ)さらねばなりますまい。201(けつ)して御輿(みこし)にお()(あそ)ばすのは贅沢(ぜいたく)(ため)でも、202(また)(らく)道中(だうちう)(あそ)ばす(ため)でも御座(ござ)いませぬ。203(この)世界(せかい)天地(てんち)御恩(ごおん)()つて(つく)られた以上(いじやう)は、204(てん)はさて()き、205()には(いた)(ところ)国魂神(くにたまがみ)神霊(しんれい)宿(やど)らせ(たま)へば、206大地(だいち)(うへ)()(ある)くも、207吾々(われわれ)人民(じんみん)(おそ)(おほ)次第(しだい)御座(ござ)います。208ぢやと(まを)して、209国人(くにびと)一般(いつぱん)大地(だいち)()むことを(おそ)れて()りましては、210(みち)()くことも出来(でき)ず、211(たがや)(ひと)つすることも出来(でき)ませぬ道理(だうり)212そこで(くに)(つかさ)(あら)はれます女王様(ぢよわうさま)は、213万民(ばんみん)(かは)り、214(てん)(せぐく)まり、215()(ぬきあし)して、216神祇(しんぎ)尊敬(そんけい)(あそ)ばし、217国民(くにたみ)代表(だいへう)となつて、218(つち)御踏(おふ)(あそ)ばさないのが御天職(ごてんしよく)御座(ござ)いますから、219どうぞ此処(ここ)道理(だうり)聞分(ききわ)(くだ)さいまして、220これより(さき)城下(じやうか)御座(ござ)いますれば、221せめて城下(じやうか)(だけ)なりと、222(つち)をふまない(やう)に、223吾々(われわれ)(かは)つて御苦労(ごくらう)(あづか)りたう(ぞん)じます。224(また)捨子姫(すてこひめ)(さま)御近侍(ごきんじ)(やく)225どうぞ(ひめ)(さま)御伴(おとも)(あそ)ばすので御座(ござ)いますれば、226(この)御輿(みこし)是非是非(ぜひぜひ)御乗(おめ)しを(ねが)はねばなりませぬ。227(この)()(ひとへ)御願(おねがひ)(まを)()げます』
228末子(すゑこ)『さう(うけたま)はらば、229(いな)むに(よし)なきことで御座(ござ)います。230左様(さやう)ならば(あふ)せの(とほ)り、231御世話(おせわ)になりませう。232……捨子姫(すてこひめ)殿(どの)233(わらは)(ゆる)します、234(いな)命令(めいれい)します、235あの輿(こし)()つて(わらは)(あと)(したが)()られよ』
236(やうや)末子姫(すゑこひめ)言葉(ことば)何処(どこ)となく権威(けんゐ)()びて()た。237捨子姫(すてこひめ)(いな)むに(よし)なく、238素直(すなほ)に『ハイ』と(こた)へて、239末子姫(すゑこひめ)輿(こし)(うしろ)より(ほか)輿(こし)()せられ、240数多(あまた)国人(くにびと)歓呼(くわんこ)(こゑ)(おく)られ、241賑々(にぎにぎ)しく入城(にふじやう)することとなつた。
242 ウヅの(みやこ)入口(いりぐち)には非常(ひじやう)立派(りつぱ)(もん)()てられてある。243末子姫(すゑこひめ)(この)表門(おもてもん)より輿(こし)()つがれ、244行列(げうれつ)(いさ)ましく本城(ほんじやう)さして(すす)()る。245通路(つうろ)白砂(はくしや)()()め、246(みち)左右(さいう)には数多(あまた)国人(くにびと)247地上(ちじやう)(ひざまづ)き、248救世主(きうせいしゆ)降臨(かうりん)(なみだ)(なが)し、249感喜(かんき)真情(しんじやう)()れてゐる。250いろいろの音楽(おんがく)()(おく)られ黄昏前(たそがれまへ)251奥殿(おくでん)安着(あんちやく)した。
252 カールは途中(とちう)石熊(いしくま)()()かれ、253(ここ)両人(りやうにん)()()()つて、254白砂(はくしや)()きつめたる(みち)を、255(いき)もせきせき城内(じやうない)()して(すす)()る。
256大正一一・八・一五 旧六・二三 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。