霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 (はな)(あらし)〔八五七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第4篇 修理固成 よみ:しゅうりこせい
章:第15章 第30巻 よみ:はなにあらし 通し章番号:857
口述日:1922(大正11)年08月15日(旧06月23日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この地方の住人は言依別命と国依別命の教えにより、飢饉の際にお留川の御倉魚を食料とすることを許されて、餓死の危機を免れることができた。そのため、たちまち三五教の勢いはこの地を席巻した。
言依別命が旅立ってからは、国依別が御倉の社を中心として祭祀を執り行い教えを説き、宣伝歌を作って国人たちを導いていた。
国依別は、信者の中からすぐれて熱心なパークスという男を選んで足彦と名を与え、御倉の社の宣伝使と任命して後事を託し、自らは言依別命の命にしたがってヒルの国を目指して旅立った。
国依別がチルの里にさしかかると、ウラル教の宣伝使・ブール、ユーズ、アナンらが立ちはだかり、三五教に信者を奪われた怨みをはらそうと、国依別を取り囲んだ。しかし球の玉の神力を身につけた国依別の霊光に照らされて、ウラル教徒たちは逃げ散ってしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3015
愛善世界社版:180頁 八幡書店版:第5輯 636頁 修補版: 校定版:192頁 普及版:71頁 初版: ページ備考:
001 言依別命(ことよりわけのみこと)002国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)理解(りかい)()りて、003(この)地方(ちはう)一帯(いつたい)住民(ぢうみん)(ほとん)全滅(ぜんめつ)せむとしたるを、004御倉魚(みくらうを)(しよく)することを(ゆる)されてより、005(たちま)元気(げんき)恢復(くわいふく)し、006()言依別命(ことよりわけのみこと)(はじ)国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)(かみ)(ごと)尊敬(そんけい)し、007(ただち)救世済民(きうせいさいみん)(をしへ)三五教(あななひけう)()くものなしと、008数十万人(すうじふまんにん)人々(ひとびと)はウラル(けう)脱退(だつたい)して(ことごと)三五教(あななひけう)入信(にふしん)して(しま)つた。009(しか)(なが)言依別命(ことよりわけのみこと)(はや)くも(この)()()りたれば、010(あと)国依別(くによりわけ)只一人(ただひとり)011御倉(みくら)(やしろ)中心(ちうしん)として教勢(けうせい)(たちま)ちに(ふる)ひ、012(ねこ)杓子(しやくし)も、013三五教(あななひけう)にあらざれば(すく)はれ(がた)し、014(また)(ただ)しき人間(にんげん)には(あら)ざるべしとまで崇拝(すうはい)するに(いた)りける。
015 国依別(くによりわけ)三五教(あななひけう)教理(けうり)諄々(じゆんじゆん)として()きさとし、016()天津祝詞(あまつのりと)神言(かみごと)(をし)へ、017御倉(みくら)(やしろ)国治立命(くにはるたちのみこと)018豊国姫命(とよくにひめのみこと)(その)()諸神霊(しよしんれい)合祀(がふし)し、019崇敬(すうけい)(まと)(さだ)めた。020国依別(くによりわけ)は、021(また)一種(いつしゆ)宣伝歌(せんでんか)(つく)り、022国人(くにびと)平素(へいそ)高唱(かうしやう)すべく(をし)(みちび)きける。
023国依別(くによりわけ)高天原(たかあまはら)()れませる
024(くに)御祖(みおや)大御神(おほみかみ)
025国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
026(あまね)世人(よびと)(すく)はむと
027(あめ)御柱(みはしら)つき(かた)
028(くに)御柱(みはしら)つきこらし
029(みづ)御霊(みたま)()れませる
030豊国姫大神(とよくにひめのおほかみ)
031(ちから)(あは)(たま)ひつつ
032神世(かみよ)(ひら)かせ(たま)ひけり
033天足彦(あだるのひこ)胞場姫(えばひめ)
034(しこ)(みたま)()れませる
035八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
036曲鬼(まがおに)(ども)がはびこりて
037()常暗(とこやみ)となり()てぬ
038皇大神(すめおほかみ)是非(ぜひ)もなく
039千座(ちくら)置戸(おきど)()(たま)
040天教山(てんけうざん)火坑(くわかう)より
041根底(ねそこ)(くに)()(たま)
042豊国姫(とよくにひめ)諸共(もろとも)
043(ふか)(その)()(しの)ばせつ
044(この)()(まも)(たま)ひけり。
045ウラルの(ひこ)やウラル(ひめ)
046大国彦(おほくにひこ)大国(おほくに)
047(ひめ)(みこと)枝神(えだがみ)
048天地(あめつち)四方(よも)国々(くにぐに)
049(しこ)(けぶり)(つつ)まむと
050(まが)(をしへ)(ひら)きつつ
051()(くも)らせし忌々(ゆゆ)しさよ
052天津御空(あまつみそら)()れませる
053神伊弉諾大神(かむいざなぎのおほかみ)
054(いも)伊弉冊(いざなみ)大神(おほかみ)
055大空(おほぞら)(たか)(わた)したる
056天浮橋(あめのうきはし)()(たま)
057(どろ)(しづ)みし海原(うなばら)
058コオロ コオロに()()らし
059神生(かみう)国生(くにう)(ひと)()
060天教山(てんけうざん)にましませる
061()出神(でのかみ)()花姫(はなひめ)
062(うづ)(みこと)神業(しんげふ)
063(さづ)(たま)ひて葦原(あしはら)
064瑞穂(みづほ)(くに)(ひら)きけり
065あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
066(かみ)御稜威(みいづ)のいや(たか)
067(をしへ)(みち)のいや(ひろ)
068埴安彦(はにやすひこ)埴安姫(はにやすひめ)
069(かみ)(みこと)()()へて
070黄金山下(わうごんさんか)出現(しゆつげん)
071三五(さんご)(つき)御教(みをしへ)
072完美(うまら)委曲(つばら)()(たま)
073これぞ(まこと)三五(あななひ)
074(にしき)(はた)御教(みをしへ)
075あゝ諸人(もろびと)諸人(もろびと)
076(たふと)(かみ)御光(みひか)りに
077一日(ひとひ)(はや)()()ませ
078朝日(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
079(つき)()つとも()くるとも
080仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
081三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
082(ゆめ)にも(わす)るること(なか)
083(かみ)(わす)れし(その)(とき)
084()(くる)しみの(きた)(とき)
085(こころ)(なや)みの()(とき)
086如何(いか)なる(こと)のありとても
087(かみ)(わす)れな三五(あななひ)
088(みち)(まこと)(はな)れなよ
089(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
090(かみ)御水火(みいき)(うけ)つぎし
091(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
092(かみ)(つい)での第一(だいいち)
093(たふと)(もの)(ひと)()
094(けつ)して(いや)しき(もの)ならず
095(くも)(けが)れし(ひと)()
096(をし)へて(さと)御教(みをしへ)
097ありと()るなら逸早(いちはや)
098(たがひ)(こころ)(そそ)()
099邪道(じやだう)(おちい)ること(なか)
100国魂神(くにたまがみ)(まつ)りたる
101御倉(みくら)(やま)竜世姫(たつよひめ)
102大地(だいち)(ぬし)()れませる
103金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)
104(うづ)御霊(みたま)分霊(わけみたま)
105高砂島(たかさごじま)永久(とこしへ)
106(しづ)まりゐまして国人(くにびと)
107(さち)(まも)らせ(たま)ふなり
108如何(いか)なる(をしへ)(きた)(とも)
109国魂神(くにたまがみ)余所(よそ)にして
110(こころ)(くも)らす(こと)(なか)
111竜世(たつよ)(ひめ)(まつ)りたる
112御倉(みくら)(やま)(やしろ)こそ
113国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
114(つい)(たふと)(かみ)なるぞ
115あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
116(かみ)(こころ)立返(たちかへ)
117すべての(もの)(いつくし)
118(たがひ)(あらそ)ふこと(なか)
119(かみ)(たふと)(くに)(きみ)
120(うやま)ひまつり()(ひと)
121(かみ)(めぐみ)(くま)もなく
122(かがや)(わた)すは(かみ)()
123(うま)()でたる人草(ひとぐさ)
124(あさ)(ゆふ)なに(まも)るべき
125(まこと)(ひと)つの(つと)めなり
126三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
127国依別(くによりわけ)(この)()をば
128()るに(のぞ)んで国人(くにびと)
129記念(きねん)(うた)(つく)りおく
130アヽ国人(くにびと)国人(くにびと)
131(ひま)ある(ごと)()(なら)
132(うた)(をど)りに音楽(おんがく)
133(あは)して(こころ)(なぐさ)めつ
134(この)()(まも)(たま)ひます
135皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
136(なご)めまつれよ(この)(うた)
137(うた)天地(てんち)神霊(しんれい)
138感動(かんどう)さする神秘(しんぴ)ぞや
139世間話(せけんばなし)無駄話(むだばなし)
140()(ひま)あらば一時(ひととき)
141(ゆめ)にも(わす)れず(この)(うた)
142(かみ)御前(みまえ)()ふも(さら)
143(やま)()()くも(また)(かは)
144(ひた)(とき)しも村肝(むらきも)
145(こころ)長閑(のどか)(うた)へかし
146あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
147御霊(みたま)(さち)はひましませよ
148(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
149(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
150(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
151直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
152(あやま)ちあれば()(なほ)
153三五教(あななひけふ)呉々(くれぐれ)
154(わす)れざらまし何時迄(いつまで)
155世人(よびと)(ため)(のこ)しおく』
156 ()(うた)(つく)りて、157(もつと)熱心(ねつしん)なる信者(しんじや)(なか)にて()()いたるパークスと()(をとこ)に、158足彦(たるひこ)()()(あた)へ、159宣伝使(せんでんし)(れつ)(くは)御倉(みくら)(やしろ)(まも)りつつ、160国人(くにびと)三五(あななひ)教理(けうり)()(さと)すべく(めい)じおき、161国依別(くによりわけ)(また)もやここを立出(たちい)でて、162ヒルの(くに)(みやこ)()して(すす)()く。
163 チルの(さと)(あら)しの(もり)(さし)かかる(とき)しもあれや、164黄昏(たそがれ)(やみ)(まぎ)れて(あら)はれ()でたる四五人(しごにん)(をとこ)165国依別(くによりわけ)(まへ)大手(おほで)(ひろ)げ、
166甲『(その)(はう)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)167よくも吾々(われわれ)(はぢ)()せよつたなア。168かく(まを)さば(べつ)名乗(なの)らずとも、169(この)(はう)()(わか)つて()(はず)170サアどうぢや。171如何(いか)(その)(はう)172弁舌(べんぜつ)(たくみ)なりとて、173実行力(じつかうりよく)には(かな)ふまい。174尋常(じんじやう)()をまはすか、175(ただし)はチルの渓谷(けいこく)に、176吾々(われわれ)監視(かんし)(もと)()()げて自滅(じめつ)いたすか、177それも不服(ふふく)とあらば、178吾々(われわれ)一同(いちどう)()(どく)(なが)ら、179(つるぎ)(さび)となし()れむ。180いかに(なんぢ)勇猛(ゆうまう)なればとて、181数百人(すうひやくにん)味方(みかた)(もつ)て、182十重(とへ)二十重(はたへ)取巻(とりまき)あらば、183いつかないつかな、184()(のが)るるの余地(よち)なかるべし。185()れは()はずと()れたウラル(けう)宣伝使(せんでんし)186ブール、187ユーズ、188アナンの面々(めんめん)だ。189御倉(みくら)谷間(たにあひ)(おい)(かみ)(きん)じた神魚(しんぎよ)(くら)ひ、190(あま)つさへ国人(くにびと)(のこ)らず()はしめたる(につ)くき天則(てんそく)違反(ゐはん)張本人(ちやうほんにん)! ウラル(けう)数百年(すうひやくねん)努力(どりよく)一朝(いつてう)にして水泡(すゐほう)()せしめたる悪人輩(あくにんばら)191サア覚悟(かくご)(いた)せ!』
192()ばはる(こゑ)に、193自然(しぜん)(あつ)まる数十人(すうじふにん)人影(ひとかげ)194『ワーイワーイ』とどよめき(きた)騒々(さうざう)しさ。195国依別(くによりわけ)大口(おほぐち)あけて高笑(たかわら)ひ、
196『アツハヽヽ、197卑怯(ひけふ)未練(みれん)汝等(なんぢら)振舞(ふるまひ)198御倉山(みくらやま)(たに)あひに(おい)て、199(ねこ)()はれし(ねずみ)(ごと)くチウの(こゑ)さへ()あげず、200コソコソと()(かへ)りたる卑怯者(ひけふもの)201かかる為体(ていたらく)にて、202いかで(かみ)御子(みこ)たる人草(ひとぐさ)教化(けうか)せむ(こと)203(おも)ひもよらず。204汝等(なんぢら)卑怯(ひけふ)にも(しう)(たの)んで、205只一人(ただひとり)宣伝使(せんでんし)(くるし)めむとする腰抜共(こしぬけども)206見事(みごと)207相手(あひて)になるならなつて()よ。208(わが)言霊(ことたま)神力(しんりき)()つて一人(ひとり)(のこ)さず(まこと)(みち)言向(ことむ)(やは)し、209(なんぢ)(ほう)ずるウラル(けう)根底(こんてい)より改革(かいかく)しくれむ。210あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)し』
211(また)もやカラカラと打笑(うちわら)ふ。212ブール、213ユーズ、214アナンの大将連(たいしやうれん)()(きた)れる数十人(すうじふにん)味方(みかた)何事(なにごと)合図(あひづ)をなすや、215一斉(いつせい)にバラバラと国依別(くによりわけ)(むか)つて武者(むしや)ぶり()かむとする(その)可笑(をか)しさ。216国依別(くによりわけ)は『ウン』と一声(ひとこゑ)(いき)をこめ、217右手(みぎて)示指(ひとさしゆび)(もつ)て、218彼等(かれら)一同(いちどう)速射砲的(そくしやはうてき)(ひだり)から(みぎ)()りまはせば、219(きう)(たま)神力(しんりき)()(をさ)めたる国依別(くによりわけ)霊光(れいくわう)(ひと)しほ(ひかり)(つよ)く、220(いづ)れも(まなこ)(くら)()()うの(てい)にて()()るもあり、221(その)()打倒(うちたふ)れて苦悶(くもん)するもあり、222(あたか)(あらし)(はな)()(ごと)く、223ムラムラパツと()()可笑(をか)しさ。224国依別(くによりわけ)(この)(あさ)ましき(てき)姿(すがた)()て、225(また)もや大声(おほごゑ)に、
226『アツハヽヽ、227面白(おもしろ)面白(おもしろ)い』
228大正一一・八・一五 旧六・二三 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。