霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 (きじ)(まち)〔八六二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第4篇 修理固成 よみ:しゅうりこせい
章:第20章 第30巻 よみ:きじとまち 通し章番号:862
口述日:1922(大正11)年08月16日(旧06月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
マチとキジは、先ほどの勝利の味を宣伝歌を歌いながら夜道を進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3020
愛善世界社版:228頁 八幡書店版:第5輯 653頁 修補版: 校定版:243頁 普及版:92頁 初版: ページ備考:
001 マチは(よる)(みち)(あゆ)(なが)ら、002意気(いき)揚々(やうやう)として(うた)(うた)(すす)()く。003(その)(うた)
004マチ『(かみ)(おもて)(あら)はれて
005(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
006三五教(あななひけう)御教(おんをしへ)
007実地(じつち)(まこと)居乍(ゐなが)らに
008(あぢ)はひ()たる(うれ)しさよ
009ウラルの(かみ)御教(みをしへ)
010(ひと)(よわ)きに()()りて
011(かみ)天国(てんごく)(たて)となし
012(あるひ)(おど)(しか)りつけ
013(わが)国人(くにびと)無理(むり)やりに
014()れが(をしへ)引入(ひきい)れる
015四方(よも)国人(くにびと)(おどろ)いて
016(いづ)れも(こころ)(あは)(ども)
017()むを()ざれば入信(にふしん)
018(こころ)(いつ)はる偽信仰(にせしんかう)
019(いけ)()かべる浮草(うきぐさ)
020昨日(きのふ)(むか)うの(きし)()
021今日(けふ)はこちらの(きし)()
022無理(むり)往生(わうじやう)(この)(をしへ)
023いかでか(はな)(ひら)くべき
024何時(いつ)木実(このみ)(むす)ぶべき
025(わが)国民(くにたみ)(うゑ)()
026咽喉(のど)もかわきて朝夕(あさゆふ)
027(この)()(かこ)折柄(をりから)
028霊主体従(れいしゆたいじう)標榜(へうぼう)
029(くる)しき(この)()(かり)()ぢや
030至美(しび)至楽(しらく)天国(てんごく)
031(わざはひ)(おほ)現世(うつしよ)
032()てて神国(みくに)(のぼ)()
033などと(をし)へる(しこ)(みち)
034(こま)りぬいたる(とき)もあれ
035(めぐ)みの(あめ)()(きた)
036吾等(われら)国人(くにびと)一同(いちどう)
037蘇生(そせい)(おも)ひをなしにけり
038(その)神恩(しんおん)(むく)いむと
039(あら)しの(もり)()(きた)
040(かみ)(はしら)()れませる
041国依別(くによりわけ)御前(おんまへ)
042(こころ)(まこと)()かしつつ
043今日(けふ)(うれ)しき弟子(でし)(かず)
044(よろこ)(いさ)(すす)(をり)
045ウラルの(をしへ)神司(かむづかさ)
046ユーズ、アナンが数百(すうひやく)
047部下(ぶか)(ひき)つれ(くだ)()
048あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
049(かぎ)りある()(わが)(ちから)
050(ため)すは(いま)(この)(とき)
051日暮(ひぐら)(がは)北堤(きたつつみ)
052ユーズの(ひき)ゆる一隊(いつたい)
053(むか)つて(うづ)言霊(ことたま)
054いと(さわや)かに()りつれば
055(てき)(いか)つて(つるぎ)太刀(たち)
056(つき)(ひかり)(ひらめ)かし
057前後(ぜんご)左右(さいう)()めかくる
058心得(こころえ)たりと()をかわし
059草葉(くさば)(かげ)()(しの)
060(てき)様子(やうす)(うかが)へば
061(こころ)(くも)りし(めくら)(ども)
062味方(みかた)味方(みかた)同士打(どうしうち)
063剣光(けんくわう)(ひらめ)面白(おもしろ)
064(をり)しもあれや国依別(くによりわけ)
065(うづ)(つかさ)霊光(れいくわう)
066天津(あまつ)()(ごと)()てらせば
067流石(さすが)のユーズも辟易(へきえき)
068総体(そうたい)(くづ)れて蜘蛛(くも)()
069()らすが(ごと)()げて()
070(この)有様(ありさま)打眺(うちなが)
071()れは(おも)はず吹出(ふきいだ)
072(こころ)(いさ)(うで)()
073悠々(いういう)(さわ)がず(はし)()
074(かへ)(きた)りし面白(おもしろ)
075国依別(くによりわけ)(したが)ひて
076丸木(まるき)(はし)打渡(うちわた)
077夜露(よつゆ)(つき)宿(やど)(みち)
078(すず)しき(かぜ)(おく)られて
079(よる)なきヒルの神館(かむやかた)
080(かへで)(わけ)()れませる
081聖地(せいち)(すす)(うれ)しさよ
082あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
083御霊(みたま)(さち)はひましまして
084マチとキジとの両人(りやうにん)
085(こころ)(きよ)()(きよ)
086(かみ)御為(おんため)(くに)(ため)
087世人(よびと)(ため)真心(まごころ)
088(つく)させ(たま)天津神(あまつかみ)
089国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
090国魂神(くにたまがみ)竜世姫(たつよひめ)
091御倉(みくら)(みや)御前(おんまへ)
092(あか)(こころ)(あら)はして
093(はる)かに感謝(かんしや)(たてまつ)
094あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
095御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
096 キジは(また)もやマチの(うた)(はげ)まされて、097足拍子(あしべうし)(あは)(うた)(はじ)めた。
098キジ『(おれ)在所(ざいしよ)はチルの(くに)
099御倉(みくら)(やま)(みね)つづき
100(むら)難儀(なんぎ)()るにつけ
101(かみ)(めぐ)みを(かうむ)りて
102(うゑ)(くるし)人々(ひとびと)
103(すく)(たま)へと谷川(たにがは)
104(あら)はれ(いの)折柄(をりから)
105(あめ)八重雲(やへくも)()()けて
106(くだ)りましたる神人(かみびと)
107生言霊(いくことたま)(たす)けられ
108瀕死(ひんし)(さかひ)(おちい)りし
109数多(あまた)人々(ひとびと)(たちま)ちに
110(うゑ)()たして(よみがへ)
111これぞ(まこと)救世主(きうせいしゆ)
112吾等(われら)(ちち)母神(ははがみ)
113(この)高恩(かうおん)万分一(まんぶいち)
114(むく)(まつ)らでおくべきか
115御後(みあと)(した)逸早(いちはや)
116御目(おんめ)にかかり鴻恩(こうおん)
117万分一(まんぶいち)(むく)いむと
118マチと(かた)らひ山坂(やまさか)
119一散走(いつさんばし)りに乗越(のりこ)えて
120木々(きぎ)(はな)さへチルの(むら)
121(あら)しの(さと)()()れば
122()有難(ありがた)宣伝使(せんでんし)
123天津祝詞(あまつのりと)()らせつつ
124木蔭(こかげ)(いこ)(たま)ひたる
125(その)御姿(みすがた)()(をが)
126歓喜(くわんき)(なみだ)にくれ(なが)
127御弟子(みでし)(かず)(くは)へられ
128(こころ)(いさ)みて日暮(ひぐら)シの
129(かは)(ほとり)()()れば
130(おも)ひがけなきウラル(けう)
131ユーズ、アナンの宣伝使(せんでんし)
132(つるぎ)()()太刀槍(たちやり)
133(はやし)(ごと)()(なら)
134三葉葵(みつばあふひ)白旗(しらはた)
135(かぜ)(なび)かせ堂々(だうだう)
136(すす)(きた)るぞ面白(おもしろ)
137国依別(くによりわけ)御許(みゆる)しに
138われはアナンの一隊(いつたい)
139(よろこ)(いさ)立向(たちむか)
140生言霊(いくことたま)()りつれば
141頑迷不霊(ぐわんめいふれい)曲神(まがかみ)
142(なさけ)容赦(ようしや)荒風(あらかぜ)
143(はた)(なび)かせつきかかる
144エヽ面倒(めんだう)四五十(しごじふ)
145(てき)(たちま)鷲掴(わしづか)
146日暮(ひぐら)(がは)()()めば
147アナンの(つかさ)(はじ)めとし
148ウラルの(をしへ)一隊(いつたい)
149総体(そうたい)(みだ)(くづ)()
150折柄(をりから)()らす霊光(れいくわう)
151(あさひ)(つゆ)()えし(ごと)
152(いのち)カラガラ()せて()
153あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
154(かみ)(ちから)()のあたり
155目撃(もくげき)したる(たふと)さよ
156日暮(ひぐら)(がは)打渡(うちわた)
157(かみ)(つかさ)(したが)ひて
158物騒(ぶつそう)至極(しごく)(よる)(みち)
159(たがひ)戦功(せんこう)(ほこ)りつつ
160(つゆ)ふみしめて(すす)()
161(あづま)(そら)(あかね)して
162(こころ)(そら)()(わた)
163いと(さわや)かな朝風(あさかぜ)
164()かれてヒルの神館(かむやかた)
165霊地(れいち)()して(すす)()
166()(うへ)こそは(たの)しけれ
167あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
168御霊(みたま)(さち)はひましませよ
169朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
170(つき)()つとも()くるとも
171キジの(いのち)のある(かぎ)
172三五教(あななひけう)御為(おんため)
173不惜身命(ふじやくしんめい)どこ(まで)
174(かみ)(をしへ)(したが)ひて
175(あまね)世人(よびと)惟神(かむながら)
176(たふと)(をしへ)(すく)ひなむ
177(あめ)(つち)との大神(おほかみ)
178吾等(われら)(ふか)(まも)ります
179(われ)(かみ)()(かみ)(みや)
180なりとの真理(しんり)()きしより
181(この)()(ひと)(うま)れたる
182(その)天職(てんしよく)(さと)りけり
183(かみ)御為(おんため)()(ため)
184(つく)さにやおかぬキジの(むね)
185マチの(こころ)(その)(とほ)
186国依別(くによりわけ)神様(かみさま)
187完美(うまら)委曲(つばら)(きこ)()
188いや永久(とこしへ)吾々(われわれ)
189(ただ)しき(かみ)御教(みをしへ)
190(あつ)(みちび)(たま)へかし
191あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
192御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
193(うた)(なが)ら、194ドシドシと(しろ)みかけた(そら)を、195(いきほひ)よくヒルの(みやこ)()して立向(たちむか)ふ。
196大正一一・八・一六 旧六・二四 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。