霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 ブール(しゆ)〔八六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第5篇 山河動乱 よみ:さんかどうらん
章:第23章 第30巻 よみ:ぶーるしゅ 通し章番号:865
口述日:1922(大正11)年08月16日(旧06月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日暮シ山の霊場で、教主ブールは昨夜出陣した部下たちの勝利を祈願し終わり、居間に帰ってみれば、なぜか出陣したはずのアナンとユーズが悄然として控えている。
その様子を見て不安を感じたブールが二人を詰問すると、アナンとユーズは俄かに空元気を出し、口に任せてブールを煙に巻いて、ウラル教が勝利したとも受け取れる説明をなした。
ブールは機嫌を直し、出陣した隊士たちにもぶどう酒を振舞うようにと言い渡して、神殿に勝利の感謝祈願をすると言って奥に姿を隠した。
アナンとユーズは部下たちにぶどう酒を振舞ってかん口令を敷き、自分たちは神殿に行ってブールが宴会の場に来ないように出鱈目な話をして教主室に引き止めに行った。
宴席では、ウラル教徒たちが昨夜の大敗戦を肴に愚痴を言い合っている。そこへアナンがやってきて、一同にねぎらいの言葉をかけるが、酔ったウラル教徒たちは敗戦を匂わせることを言い出し、アナンに制止される。
そこへブールが突然やってきた。一同は慌てて居住まいをただす。ブールは、岩窟の前に三五教の強者が二人来たようなので、気をつけるようにと言い渡した。一同には緊張が走った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3023
愛善世界社版:259頁 八幡書店版:第5輯 663頁 修補版: 校定版:276頁 普及版:104頁 初版: ページ備考:
001 日暮(ひぐら)(やま)霊場(れいぢやう)002岩窟館(がんくつやかた)教主(けうしゆ)ブールの(おく)()には、003アナン、004ユーズの二人(ふたり)005悄然(せうぜん)として(ひか)え、006ブールが岩窟内(がんくつない)神前(しんぜん)(ぬか)づき、007ヒルの(みやこ)(むか)つて派遣(はけん)したる部下(ぶか)一同(いちどう)大勝利(だいしようり)()008一日(いちにち)(はや)凱歌(がいか)(そう)して(かへ)ります(やう)祈願(きぐわん)をこめ(をは)りて、009しづしづと(わが)居間(ゐま)(かへ)つて()れば、010豈計(あにはか)らむや、011昨夜(さくや)堂々(だうだう)として出陣(しゆつぢん)したる二人(ふたり)勇将(ゆうしやう)は、012悄然(せうぜん)として(わが)居間(ゐま)()つて()る。013どこともなく元気(げんき)()ささうな(かげ)うすき二人(ふたり)姿(すがた)()て、014不安(ふあん)(ねん)()られ(なが)ら、
015ブール『ヤアお(まへ)はアナンにユーズの両人(りやうにん)016えらう顔色(かほいろ)()えて()ないぢやないか。017(なに)途中(とちう)失敗(しつぱい)(えん)じ、018女々(めめ)しくも、019おめおめと(かへ)つて()たのだらう』
020 (この)(こゑ)二人(ふたり)教主(けうしゆ)(まへ)(あら)はれたるを(さと)り、021(にはか)空元気(からげんき)をつけ、
022アナン『これはこれは教主様(けうしゆさま)御座(ござ)いましたか、023エー(じつ)は、024その中々(なかなか)(もつ)て、025(なん)御座(ござ)いましたよ。026非常(ひじやう)何々(なになに)で、027(じつ)不愉快(ふゆくわい)……オツトドツコイ壮快(さうくわい)(こと)御座(ござ)いました。028なア、029ユーズ、030(まへ)もチツとユーズを()かして、031戦況(せんきやう)を、032そこはそれ、033うまく、034遺漏(ゐろう)なき(やう)御報告(ごはうこく)(まを)すのだよ』
035ユーズ『(まを)()げます。036此処(ここ)伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)は、037御子(みこ)迦具槌神(かぐつちのかみ)()(たま)ひて、038みまかりましき。039伊弉諾大神(いざなぎのおほかみ)いたく(いか)(たま)ひて、040御子(みこ)迦具槌神(かぐつちのかみ)御首(みくび)()(たま)へば、041ユーズ(湯津(ゆつ)石村(いはむら)たばしりつきてなりませる(かみ)()は、042サツパリコンと岩拆(いはさく)(かみ)043根拆(ねさく)(かみ)
044ブール『コリヤコリヤ(なに)()つてゐるのだ。045戦況(せんきやう)()うだと()うてゐるのだ。046(つぶ)さに報告(はうこく)せないか』
047ユーズ『ハイ報告(はうこく)報告(はうこく)048赤心(せきしん)報国(はうこく)049あなたの(ため)所在(あらゆる)ベストを(つく)し、050数多(あまた)部下(ぶか)黒死病(こくしびやう)(いや)酷使(こくし)(なが)ら、051選挙(せんきよ)運動(うんどう)開始(かいし)(いた)しました(ところ)052残念(ざんねん)(なが)一騎(いつき)当選(たうせん)はまだ(おろ)か、053次点者(じてんしや)となりました。054イヤもう(たたか)ひは(とき)(うん)とか(まを)しまして、055ウンと(てき)屁古(へこ)ませ、056ヒルの(みやこ)()()するに先立(さきだ)ち、057(もろ)くも敗走(はいそう)(いた)しまして御座(ござ)います』
058ブール『どちらが敗走(はいそう)したのだ』
059ユーズ『ハイさうですなア。060すべて(たたか)ひはどちらか一方(いつぱう)(まけ)なくては、061平和(へいわ)克復(こくふく)到底(たうてい)出来(でき)ませぬ。062(はなは)(もつ)不名誉(ふめいよ)千万(せんばん)悲惨(ひさん)()()ひましたよ』
063ブール『貴様(きさま)()(こと)はチツとも(わか)らない。064……オイ、065アナンの大将(たいしやう)066ユーズはどうかして()(やう)だ。067(その)(はう)(くは)しく、068一伍一什(いちぶしじふ)報告(はうこく)せよ』
069アナン『御尋(おたづ)(まで)もなく、070吾々(われわれ)勇士(ゆうし)引率(いんそつ)し、071(くつわ)(なら)べて堂々(だうだう)と、072日暮(ひぐら)(がは)両岸(りやうがん)を、073長蛇(ちやうだ)(ぢん)()(なが)ら、074旗鼓(きこ)堂々(だうだう)()(くだ)る。075(とき)しもあれや、076幾十百(いくじふひやく)とも()れぬ十曜(とえう)神紋(しんもん)馬印(うまじるし)077高張提灯(たかはりちやうちん)078数限(かずかぎ)りもなく、079堂々(だうだう)として丸木橋(まるきばし)()え、080此方(こなた)(むか)つて攻来(せめきた)るヒルの(みやこ)楓別命(かへでわけのみこと)部下(ぶか)者共(ものども)081総勢(そうぜい)(ほとん)三千有余人(さんぜんいうよにん)082日暮(ひぐら)(がは)両岸(りやうがん)人垣(ひとがき)(つく)(なが)攻上(せめのぼ)(きた)(その)物々(ものもの)しさ。083(くわ)(もつ)(しう)(てき)するは英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)にあらざれば(あた)はざる(ところ)084吾々(われわれ)両人(りやうにん)(わづか)数百(すうひやく)手兵(しゆへい)(もつ)(これ)(あた)り、085()第一(だいいち)(わが)部下(ぶか)竹槍隊(たけやりたい)両分(りやうぶん)し、086(てき)不意(ふい)(ねら)つて側面(そくめん)より、087(やり)穂先(ほさき)(そろ)へ、088(とき)(つく)つて突貫(とつくわん)すれば、089(てき)敗亡(はいぼう)うろたへ(さわ)ぐを、090(なほ)もおつつめ、091一人(ひとり)(のこ)らず日暮(ひぐら)(がは)急流(きふりう)につきおとしたり。092不意(ふい)(くら)つた数多(あまた)(てき)(たちま)北岸(ほくがん)駆上(かけあが)り、093遁走(とんさう)せむと(さき)(あらそ)ひ、094川土手(かはどて)(のぼ)()くを待構(まちかま)へたるユーズの抜刀隊(ばつたうたい)は、095好敵(かうてき)御参(ござん)なれと采配(さいはい)打振(うちふ)り、096(わづ)部下(ぶか)三百(さんびやく)味方(みかた)(むか)つて下知(げち)すれば、097味方(みかた)勇士(ゆうし)は、098(つるぎ)切先(きつさき)(そろ)へ、099(かた)(ぱし)から()りたて薙立(なぎた)て、100(たちま)血河屍山(けつかしざん)大勝利(だいしようり)101日暮(ひぐら)(がは)(たちま)血潮(ちしほ)洪水(こうずゐ)氾濫(はんらん)し、102数多(あまた)(てき)(かばね)一人(ひとり)(のこ)さず血流(けつりう)(ただよ)ひ、103太平洋(たいへいやう)()して(なが)()く、104(その)壮烈(さうれつ)さ。105(かた)るも中々(なかなか)(おろ)かなりける次第(しだい)(ござ)る』
106ブール『随分(ずゐぶん)針小棒大的(しんせうぼうだいてき)報告(はうこく)ではないか? (わづか)三千人(さんぜんにん)(てき)血潮(ちしほ)()つて、107日暮(ひぐら)(がは)血潮(ちしほ)濁流(だくりう)氾濫(はんらん)し、108三千(さんぜん)(かばね)(ひと)つも(のこ)らず流失(りうしつ)したとは、109合点(がてん)()かぬ(なんぢ)報告(はうこく)110人間(にんげん)血液(けつえき)肉体(にくたい)幾百倍(いくひやくばい)もなくては、111左様(さやう)(こと)出来(でき)ない(はず)だ。112コリヤ(なに)かの間違(まちが)ひだらう』
113アナン『ハイ、114マチ……ガイではなくて、115マチとキジと……エー、116(なん)だか、117ウン、118一寸(ちよつと)マチマチになつて、119(あま)りの(うれ)しさで、120大勝利(だいしようり)で、121申上(まをしあ)げる(こと)(あと)(さき)122支離(しり)滅裂(めつれつ)のやうで御座(ござ)いますが、123(じつ)(ところ)(あま)りの大勝利(だいしようり)124意外(いぐわい)好結果(かうけつくわ)で、125()()ひ、126(あし)()(ところ)()らず、127(うれ)逆上(のぼ)せに、128逆上(のぼ)せの(まく)()りた(ところ)です。129(いま)ヤツと戦況(せんきやう)報告(はうこく)(かへ)つたまでの(ところ)130(なに)(なん)だか(あたま)のまとまりがついてゐませぬ。131(しばら)沈思黙考(ちんしもくかう)時間(じかん)をお(あた)(くだ)さいませ。132(その)(かは)数百(すうひやく)部下(ぶか)133一人(ひとり)負傷(ふしやう)もなく、134凱歌(がいか)をあげて、135只今(ただいま)広殿(ひろどの)休息(きうそく)(いた)()りまする。136何卒(なにとぞ)御褒美(ごほうび)凱旋(がいせん)(いはひ)(ため)に、137(さけ)をドツサリ()ましてやつて(くだ)さいませ。138(ひと)(しやう)たる(もの)部下(ぶか)(あい)さなくてはなりませぬ。139吾々(われわれ)部下(ぶか)あつての大将(たいしやう)御座(ござ)います。140あなたも吾々(われわれ)あつての教主(けうしゆ)御座(ござ)いますから、141少々(せうせう)瑕瑾(かきん)があつても、142見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、143慈愛(じあい)(もつ)(のぞ)まるるのが、144仁慈(じんじ)無限(むげん)教主(けうしゆ)御天職(ごてんしよく)御座(ござ)います。145三五教(あななひけう)何事(なにごと)直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、146()(あやま)ちは()(なほ)すと()(こと)は、147ウラル(けう)()つても結構(けつこう)なことだと(おも)ひます。148吾々(われわれ)()つても(はなは)御都合(ごつがふ)のよき教理(けうり)かと(ぞん)じます』
149ブール『(なに)()もあれ、150非常(ひじやう)激戦(げきせん)だつたと()える。151三千有余(さんぜんいうよ)(てき)皆殺(みなごろ)しにし(なが)ら、152味方(みかた)一人(いちにん)負傷者(ふしやうしや)()さなかつた(その)(はう)手柄(てがら)153さぞ()をつかつたであらう。154逆上(ぎやくじやう)するのも無理(むり)もない。155サアサア(くら)開放(かいはう)し、156葡萄酒(ぶだうしゆ)()し、157一同(いちどう)()(まで)()ましてやつてくれ。158(われ)()れより大神(おほかみ)御前(みまへ)凱旋(がいせん)御礼(おれい)申上(まをしあ)ぐる(ため)159参拝(さんぱい)(いた)して()るから、160ゆるゆると(さけ)でも()んで、161一同(いちどう)休養(きうやう)(あた)へるが()からう』
162()()て、163(また)もや神殿(しんでん)にいそいそとして(すす)()く。
164 (あと)見送(みおく)つて二人(ふたり)(たがひ)(かほ)見合(みあは)(むね)なでおろし、165(した)()(なが)小声(こごゑ)になり、
166アナン『アヽ(やうや)うにして虎口(ここう)(のが)れた。167サア(これ)から(みな)(やつ)口止(くちど)(れう)として、168葡萄酒(ぶだうしゆ)をドツサリ()れまつてやらう。169(これ)もヤツパリ(おれ)知識(ちしき)(いた)(ところ)だ。170ブールの教主(けうしゆ)(この)(ごろ)はチツと度呆(とぼ)けてゐると()える。171何分(なにぶん)御倉山(みくらやま)谷間(たにあひ)(きも)をつぶし、172(あら)しの(もり)二度(にど)ビツクリを(いた)し、173ビツクリ(むし)増長(ぞうちやう)して脾疳(ひかん)(わづら)ひかけてゐる(やう)矢先(やさき)だから、174木に(たけ)をついだやうな支離(しり)滅裂(めつれつ)吾々(われわれ)陳弁(ちんべん)でも、175()つたと()一声(ひとこゑ)(うれ)しかつたと()え、176うまうまと(だま)されよつただないか。177サア(これ)から(さけ)(さけ)だ』
178()(なが)ら、179アナンは(さき)()ち、180一同(いちどう)(あつ)まる大部屋(おほべや)(すす)()き、181(やや)(たか)(ところ)停立(ていりつ)して、
182アナン『部下(ぶか)一同(いちどう)今日(けふ)凱旋(がいせん)(いはひ)として、183葡萄酒(ぶだうしゆ)()(まで)()(こと)を、184ブールの大将(たいしやう)より(ゆる)されたに()つて、185一同(いちどう)(よろこ)んだがよからう。186(いま)ユーズの副将(ふくしやう)酒倉(さかぐら)(かぎ)()つて()かれたから、187(みな)者共(ものども)(くら)(まへ)()つて、188葡萄酒(ぶだうしゆ)此処(ここ)(はこ)(きた)り、189腹一杯(はらいつぱい)()んだがよからう。190(また)下戸(げこ)連中(れんぢう)はアルコールの()ぜらない葡萄水(ぶだうすゐ)があるから、191それを()んだがよからう。192(かく)(ごと)取計(とりはか)らつたのも部下(ぶか)(あい)するアナンの真心(まごころ)より()でたるものなれば、193万々一(まんまんいち)教主(けうしゆ)がここに(あら)はれ、194其方達(そのはうたち)(なに)をお(たづ)(あそ)ばしても、195一言(ひとこと)申上(まをしあ)げてはなりませぬぞ。196一切(いつさい)万事(ばんじ)197アナン、198ユーズの大将様(たいしやうさま)御聞(おき)(くだ)されと、199其処(そこ)(うま)ごみをにごすのだ。200(えう)するに部下(ぶか)一同(いちどう)捨身的(しやしんてき)大活動(だいくわつどう)()つて、201ヒルの(みやこ)楓別(かへでわけ)仮設敵(かせつてき)丸木橋(まるきばし)(ほとり)(わが)部隊(ぶたい)衝突(しようとつ)し、202一人(ひとり)(のこ)さず()(ころ)し、203突殺(つきころ)し、204(かは)投込(なげこ)み、205(かばね)太平洋(たいへいやう)(なが)()きしと、206事実(じじつ)(つぶ)さに報告(はうこく)しあれば、207一同(いちどう)(その)(かんが)へで()らなくてはなりませぬぞ。208サア(はや)(くら)()つて、209(さけ)をお(はこ)びなさい。210(この)葡萄酒(ぶだうしゆ)所謂(いはゆる)一同(いちどう)(もの)(くち)(ぢやう)(おろ)妙薬(めうやく)だから、211無茶苦茶(むちやくちや)(くち)のあかぬ(やう)にして(くだ)さい』
212篏口令(かんこうれい)()いてゐる。213(しばら)くあつて、214(やま)(ごと)葡萄酒(ぶだうしゆ)(びん)(はこ)ばれた。215アナン、216ユーズの二人(ふたり)教主(けうしゆ)(この)()(あら)はれ(きた)るを()ひとめむ(ため)217神殿(しんでん)(まう)祈願(きぐわん)(をは)ると(とも)に、218(ことば)(たくみ)教主室(けうしゆしつ)這入(はい)らせ、219いろいろと出鱈目話(でたらめばなし)教主(けうしゆ)機嫌(きげん)をとつて()る。220(さけ)追々(おひおひ)(よひ)がまはつて、221彼方(あちら)にも、222此方(こちら)にも、223あたり(かま)はず、224昨夜(さくや)失敗談(しつぱいだん)(かた)(つづ)けられた。225(かふ)(した)をもつらせ(なが)ら、
226甲『オイ、227(みな)(やつ)228昨夜(ゆうべ)はどうだつた。229随分(ずゐぶん)惨々(さんざん)()()うたぢやないか。230たつた一人(ひとり)二人(ふたり)(てき)(むか)つて、231大勢(おほぜい)(もの)取囲(とりかこ)み、232()つては()げられ、233()つては()げられ、234(かは)(なか)散々(さんざん)()()はされ、235膝頭(ひざがしら)をすり()いたり、236(こし)蝶番(てふつがひ)(ゆが)めたり、237随分(ずゐぶん)(くる)しかつたなア。238(しか)今日(けふ)(なん)()吉日(きちにち)だらう。239(たたかひ)()けて(かへ)つたら(くび)でも()られやせむかと心配(しんぱい)して()つた。240それに劫腹(がふはら)な、241芳醇(はうじゆん)(さけ)()(まで)(くら)へなんて(ぬか)しやがつて、242サツパリ見当(けんたう)()れぬ(やう)になつたぢやないか。243こんな(こと)なら常時(じやうじ)(たたかひ)(したが)つて(まけ)()るのだなア』
244乙『きまつた(こと)だよ。245(まけ)(かつ)とると()(こと)があるぢやないか、246(まけ)たお(かげ)で、247こんな(うま)葡萄酒(ぶだうしゆ)鱈腹(たらふく)(いただ)けるのだ。248(うるし)(まけ)たり、249角力(すまう)(まけ)たつて、250こんなボロいこたありやせぬぞ。251何事(なにごと)神様(かみさま)のマケのまにまに活動(くわつどう)するのだなア、252アツハヽヽヽ』
253丙『オイ、254(かふ)(おつ)両人(りやうにん)255そんな(こと)(さへづ)るものだない。256昨夜(ゆうべ)敗戦(はいせん)をかくす(つも)りで、257アナン、258ユーズの大将(たいしやう)が、259(まへ)たちや(おれ)たちに、260アナンのかからないように、261ユーズを()かして、262(うま)教主(けうしゆ)をゴマかし、263葡萄酒(ぶだうしゆ)をブールつて()たのだから、264チツとは大将(たいしやう)御心(おこころ)(さつ)して(しづか)にせぬかい』
265乙『ブールつて()たか、266ボロつて()たか()らぬが、267モウちつと(うま)くゴンベリさうなものだなア』
268丙『二人(ふたり)大将(たいしやう)(ちから)一杯(いつぱい)ベストを(つく)して、269ビヤクレる(だけ)ビヤクつて()たのだから、270そんなに不足(ふそく)()ふと(ばち)(あた)るよ』
271甲『(やかま)しう()ふない。272(これ)からブールさまの(ところ)()つて、273(ひと)(おも)()り、274御祝(おいは)ひに(をど)つて()うぢやないか。275(さけ)()んだら()ふのは(あた)(まへ)だ、276()うたら(をど)るのは当然(あたりまへ)だ。277泣酒(なきざけ)もあれば(わら)(ざけ)もあり、278(いか)(ざけ)もある。279()きたい(やつ)()け、280(おこ)(やつ)(おこ)れ、281(わら)(やつ)精一杯(せいいつぱい)(わら)つて(たのし)むんだなア』
282丁『(わら)ふと()つたら、283(おれ)(じつ)(わら)ひたうて、284仕方(しかた)がないんだ。285十分(じふぶん)(わら)はして()れないか』
286甲『(わら)(わら)へ、287ドツと(みな)(わか)(やう)に、288あの高座(かうざ)直立(ちよくりつ)して、289ニコニコ雑誌(ざつし)相場(さうば)(くる)(ほど)(わら)つて()よ。290(わら)(かど)には(ふく)(きた)りだ、291サア(わら)つたり(わら)つたり』
292 (てい)(たちま)高座(かうざ)(のぼ)り、293葡萄酒(ぶだうしゆ)(びん)片手(かたて)(ひつさ)げ、294ラツパ()みをし(なが)ら、
295『アハヽヽヽ、296阿呆(あはう)らしい。297(たたか)ひに(まけ)て、298河底(かはそこ)()りこまれ、299向脛(むかうづね)()つて、300(いた)かつたが、301チツとは可笑(をか)しうて、302(わら)ひが()まらなんだ。
303イヒヽヽヽ、304(いたち)最後屁(さいごぺ)()りかけられたよな、305(くさ)(くさ)()(わけ)をして、306()()のよなブール教主(けうしゆ)(うま)屁煙(へけむり)にまき、307()(おと)(やう)なブードー(しゆ)をおごらして、308敗軍(はいぐん)将卒(しやうそつ)得意(とくい)になつて、309(さけ)()らふ(その)スタイルの可笑(をか)しさ。
310ウフヽヽヽ、311()つて、312(かは)つたアナン、313ユーズのあの態度(たいど)314教主(けうしゆ)(きみ)丸木橋(まるきばし)(たたか)ひに(こし)()かし、315(きも)(つぶ)し、316ウフヽヽヽうろたへ(さわ)いで()(かへ)つた二人(ふたり)のマイストロ(大将(たいしやう))がウマウマとうまい(さけ)をボン(くら)からひつぱり()し、317俺達(おれたち)をヘーベレケに()はしやがつて、318口止(くちど)めせうとしてゐる(その)可笑(をか)しさ。319いつも自分(じぶん)(ばか)(さけ)(くら)つて、320()()になつてる大将株(たいしやうかぶ)今度(こんど)余程(よほど)マゴつきやがつて、321キツウ閉口(へいこう)しよつたと()態度(たいど)(かは)つたぢやないか。
322エヘヽヽヽ、323エー怪体(けたい)(わる)い。324こんな(わる)(わる)葡萄酒(ぶだうしゆ)のうまい(やつ)を、325無茶苦茶(むちやくちや)()ましやがつて、326俺達(おれたち)(さけ)()はして(ころ)さうとは(あま)(むし)がよすぎるワイ。327(どぢやう)なら(さけ)(ころ)せるか()らぬが人間(にんげん)さまはさうはいかぬからなア。
328オホヽヽヽ、329()(しろ)()(しろ)(あたま)(しろ)い、330()白狸(しろたぬき)腹鼓(はらつづみ)331(はら)がはぢけるとこ(まで)332()んで(はら)()つて、333(しり)からブールブールとお(なら)(だん)じ、334丹精(たんせい)こらして、335(をど)ろぢやないか。
336ハヽヽヽヽ、337(はら)()つて、338(へそ)がよれて、339(かな)しくなつて()るワイ。340(さけ)()(やつ)ア、341(めう)(やつ)だなア。342オイ(みな)(やつ)343チツと(わら)はぬかい、344(さけ)(しづ)んで(しま)ふぞ。
345ヒヽヽヽヽ、346日暮(ひぐら)(がは)でひどい()()うた昨夜(さくや)(こと)(おも)()すと、347(はら)()つワイ、348(よる)夜中(よなか)にひつぱり()され、349石礫(いしころ)一杯(いつぱい)つまつた川中(かはなか)(かへる)をぶつけたよに()げられた(とき)(こと)(おも)へば、350(かな)しうなつて()た。351さうかと(おも)へば、352こんな(うま)(さけ)をドツサリ()ましやがつて、353何程(なにほど)(いか)らうと(おも)つても、354面白(おもしろ)可笑(をか)しく(うれ)しくなつて、355これが(わら)はずに()れるかい。
356フヽヽヽヽ、357()つて()いたる(まう)(もの)だ。358フルナの(べん)(ふる)つて、359(ふか)(たく)んだアナンとユーズの今日(けふ)(はたら)き、360(なん)()つても、361(おれ)たちは(さけ)さへ()めば、362至極(しごく)御機嫌(ごきげん)だ。
363ヘヽヽヽヽ、364()(みづ)(なか)()つたやうな、365便(たよ)りない、366気転(きてん)()かぬ弱虫(よわむし)(ばか)りが、367五百羅漢(ごひやくらかん)(やう)(みにく)いレツテルを陳列(ちんれつ)しやがつて、368(さけ)(くら)(とき)の、369(その)ザマつたら、370(なん)(こと)だい。371百鬼昼行(ひやくきちうかう)()はうか、372千鬼夜行(せんきやかう)()はうか、373(まる)餓鬼(がき)(みづ)(あた)へたよな、374(なさけ)ないザマ、375何奴(どいつ)此奴(こいつ)口賤(くちいや)しい(やつ)(ばか)りが、376()くもマアこれ(だけ)(そろ)うたものだなア。377こんな代物(しろもの)()つてゐる、378()こきのブールさまも閉口(へいこう)だらう。
379ホヽヽヽヽ、380本当(ほんたう)(まこと)に、381失敗(しつぱい)してこんな(うま)(さけ)(いただ)くのなら、382毎晩(まいばん)でも(たたか)ひに()て、383(まけ)てみたいなア。384なんと()うても、385一人(ひとり)二人(ふたり)(てき)大勢(おほぜい)(あた)るのだから()()づかひはないワ。386もしも()つて()よ、387(さけ)(どころ)(さわ)ぎぢやない。388アナン、389ユーズの大将(たいしやう)(ばか)りが(さけ)(くら)つて俺達(おれたち)(みづ)()んで辛抱(しんばう)さされるのが()(くらゐ)なものだよ。
390ワハヽヽヽ、391(わる)いことがあればキツとあとに()(こと)がある。392それだから、393(さけ)()ひ、394(けぶり)()ひ、395信仰(しんかう)()つぱらつて()るのだ。396()うて()うて()ひちらし、397(ちから)一杯(いつぱい)ヨタリスクを(なら)()てて、398今日(けふ)凱旋(がいせん)(いは)ひを完全(くわんぜん)(つと)()げるのだよ。399(この)葡萄酒(ぶだうしゆ)本当(ほんたう)()(こと)だらけだ。400()うて()うて(あま)うてようて、401(はら)にたまつてようて、402(ちから)がついてようて、403気分(きぶん)(まで)がよいと()ふのだから、404()ひがまはるのも当然(たうぜん)だ、405ウフヽヽヽ、406エヘヽヽヽ、407オホヽヽヽ、408(をは)りだ。409(たれ)(おこ)上戸(じやうご)(やつ)か、410(なき)上戸(じやうご)(やつ)(かは)つて()れ。411(おれ)りやモウこれで幕切(まくぎ)れだ』
412()(なが)ら、413行歩蹣跚(かうほまんさん)として高座(かうざ)覚束(おぼつか)なげに(くだ)(しき)りに(しやべ)りちらして()る。414此処(ここ)へアナン一人(ひとり)やつて()て、
415アナン『ヤアお前達(まへたち)416御苦労(ごくらう)だつた。417随分(ずゐぶん)(ほね)()れただらうなア』
418戍『ズイ(ぶん)(うま)(さけ)で、419()むのに(ほね)()れましたよ。420流石(さすが)アナンさまは(ひと)水上(みなかみ)()(だけ)あつて(えら)いわい。421ブールの大将(たいしやう)(うま)いことだまし、422敗軍(まけいくさ)(かつ)たよな(かほ)して、423葡萄(ぶだう)(くら)まで()かしたお手際(てぎは)は、424吾々(われわれ)大将(たいしやう)として(じつ)適当(てきたう)だ。425なア甲州(かふしう)426せめてこんなことが十日(とをか)(つづ)くと()いのだけどなア』
427アナン『オイオイ(しづ)かにせぬかい。428教主(けうしゆ)のお(みみ)這入(はい)つたら大変(たいへん)だぞ。429(おほ)きな(かほ)して(さけ)()(わけ)にも()くまい』
430戍『モウ何時(なんどき)大将(たいしやう)教主(けうしゆ)がやつて()()むなと()つたつて、431(かま)ふものか。432()(だけ)()んで(しま)つたのだから、433(この)(うへ)()んでくれたつて、434こんな(くさ)つたよな(さけ)(たれ)()むものかい。435(はじ)めの二三本(にさんぼん)(うま)かつたが、436(あと)になる(ほど)437(さけ)(わる)うなつて、438泥水(どろうみ)()んでるようだなア、439(みな)(やつ)
440 ()ひみての(のち)(こころ)(くら)ぶれば 是程(これほど)(あぢ)ない(さけ)とは(おも)はざりけり
441 だ、442アハヽヽヽ』
443 (この)(とき)教主(けうしゆ)御出場(ごしゆつぢやう)』と()()らせに一同(いちどう)(にはか)(はだ)()れる、444(すわ)(なほ)す、445(えり)をかき()はす、446大騒(おほさわ)ぎをやり()した。
447 悠然(いうぜん)として(あら)はれたるブールは一同(いちどう)(むか)ひ、
448ブール『(いま)岩窟(がんくつ)門前(もんぜん)三五教(あななひけう)強者(つはもの)二人(ふたり)449(おそ)(きた)りし様子(やうす)450一同(いちどう)(もの)451注意(ちうい)(いた)されよ』
452 一同(いちどう)は『ハイ』と()つた()り、453(たちま)(さけ)(ゑい)()め、454(かほ)真青(まつさを)にして(ふる)うてゐる。455教主(けうしゆ)(めい)()り、456一同(いちどう)はバラバラと入口(いりぐち)(はう)駆出(かけだ)した。
457大正一一・八・一六 旧六・二四 松村真澄録)
458(昭和一〇・六・九 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。