霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 陥穽(おとしあな)〔八六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻 篇:第5篇 山河動乱 よみ:さんかどうらん
章:第24章 第30巻 よみ:おとしあな 通し章番号:866
口述日:1922(大正11)年08月16日(旧06月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
アナンとユーズは酔ってへべれけになった人数を引き連れて岩窟の入口にやってきたが、キジとマチに向かって、中に入って仲良く一杯やろうと声をかけるのみであった。キジとマチは、ただエスを渡せと言い、ウラル教徒たちを押し分けて岩窟内に入った。
ユズとキジは教主室に入ると、震えているブールのそっ首を捕まえて、エスを引き渡すようにと迫った。ブールは震えながら、岩窟内をキジとマチの先に立って案内する。
向こう側から酔ったアナンとユーズがやってきたが、油断していたキジとマチに千鳥足を装ってぶつかった。するとキジとマチは落とし穴に突き落とされてしまった。
陥穽に落ち込んで、しまったと思うキジとマチの上から、ブール、アナン、ユーズは嘲笑している。キジ、マチ、そしてエスの運命は如何になるだろうか。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3024
愛善世界社版:274頁 八幡書店版:第5輯 669頁 修補版: 校定版:291頁 普及版:112頁 初版: ページ備考:
001 アナン、002ユーズの領袖連(りやうしうれん)はヘベレケに()ひ、003(あし)(ろく)()たず、004(した)もまはらぬ連中(れんちう)数多(あまた)引率(いんそつ)し、005石門(いしもん)のふちに(あら)はれ、
006アナン『(その)(はう)昨夜(さくや)007丸木橋(まるきばし)(ほとり)(おい)吾々(われわれ)抵抗(ていかう)(いた)した三五教(あななひけう)(やつ)だらう。008サア、009()(ところ)()やがつた。010(いま)貴様(きさま)戦争(せんそう)したおかげで凱旋(がいせん)(いはひ)酒宴(しゆえん)(もよほ)し、011俺達(おれたち)(ゑい)(まは)つて気分(きぶん)()最中(さいちう)だ。012何用(なによう)があつて()たのか()らぬが、013そんなむづかしい(かほ)をしないで、014(さけ)でもくらつてゆつくりと談判(だんぱん)をせうぢやないか? 固苦(かたくる)しいこと(ばか)()つてると(いのち)(ちぢ)まるワ。015たまには(いのち)洗濯(せんたく)睾玉(きんたま)皺伸(しわの)ばしをやらないと、016人間(にんげん)(やう)気持(きもち)がせぬワイ。017そんな野暮(やぼ)(かほ)しないで、018トツトと(なか)這入(はい)つて機嫌(きげん)よく一杯(いつぱい)やらぬかい』
019キジ『昨夜(さくや)(もろ)くも(あわ)()つて()()せ、020到底(たうてい)正面(しやうめん)(たたか)ひにては、021われわれを如何(いかん)ともすることが出来(でき)ないと(おも)ひ、022毒酒(どくしゆ)()まして俺達(おれたち)をよわらせる(ずる)(かんが)へだらう。023そんな()()(この)(はう)ぢやないぞ。024ゴテゴテ()かさずに、025其方等(そのはうら)押込(おしこ)めて()宣伝使(せんでんし)のエスを牢獄(らうごく)から()して、026(おれ)たちに(わた)せ! グヅグヅ()かすと、027岩屋(いはや)退治(たいぢ)(はじ)めようか』
028マチ『サア、029アナン、030ユーズ(その)()奴原(やつばら)031(はや)くエスを此処(ここ)()れて()い!』
032アナン『ヤイヤイ()かましう()ふない。033そんなことどこかい。034今日(けふ)貴様(きさま)(まけ)たおかげで、035結構(けつこう)(さけ)鱈腹(たらふく)のんで、036精神(せいしん)恍惚(くわうこつ)とし、037()にもかも(わす)れて(しま)つて、038(ごく)愉快(ゆくわい)になつてる(ところ)だ。039(あめ)(した)(さけ)さへあれば、040(べつ)(てき)だの味方(みかた)だのと、041せせこましいことは()らない。042(さけ)(ほど)親密(しんみつ)なものはない。043マア一杯(いつぱい)這入(はい)つてやらぬかい。044どんなエライ喧嘩(けんくわ)でも和睦(なかなほり)には(さけ)だい。045(ひと)交際(かうさい)するのに()むつかしい牆壁(せうへき)(まう)けるものぢやない。046世界(せかい)同胞(どうはう)主義(しゆぎ)(さかん)(とな)へられる今日(こんにち)だ。047マア、048エスはエスでエスとしておいて、049(おく)へトツトと(とほ)つて()れ』
050キジ『貴様(きさま)はどこまでもヅーヅーしい(やつ)だなア。051余程(よほど)俺達(おれたち)二人(ふたり)(おそ)ろしいと()えるな』
052アナン『そりやヅイ(ぶん)(おそ)ろしいよ。053閻魔(えんま)亡者(もうじや)帳面(ちやうめん)()るよな面付(つらつき)をして、054やつて()るのだからなア。055オイ、056キジ(こう)とやら、057(なん)()七六(しちむ)つかしいシヤツ(つら)をして()るのだ。058(いま)(うち)美顔術(びがんじゆつ)でも(ほどこ)しておかぬと、059(とし)()つて(かは)(かた)くなり、060(しわ)(ふか)くなつてからは駄目(だめ)だぞ』
061キジ『エヽ、062()らぬことを()ふな。063これから(おれ)岩窟内(がんくつない)へふみ()んで直接(ちよくせつ)にエスの所在(ありか)調(しら)べてやらう。064邪魔(じやま)いたすと(ため)にならぬぞ。065サア()い、066マチ(こう)!』
067()(なが)ら、068アナン、069ユーズを(はじ)め、070(その)()者共(ものども)押分(おしわ)け、071突倒(つきたふ)し、072窟内(くつない)(ふか)(すす)()り、073(つひ)には教主(けうしゆ)ブールの居間(ゐま)侵入(しんにふ)し、074ブルブル(ふる)ひて()るブールの素首(そつくび)をグツと(にぎ)り、
075キジ『サア、076モウ()うなつては駄目(だめ)だ。077(なに)をブールブール(ふる)うてゐるのだ。078(はや)宣伝使(せんでんし)のエスをここへ()さぬか』
079マチ『ウラル(けう)親方(おやかた)080グヅグヅして()ると生首(なまくび)引抜(ひきぬ)かれて(しま)うぞ。081(まへ)何時(いつ)(この)娑婆(しやば)穢土(ゑど)だと()ひ、082(みたま)(くに)天国(てんごく)浄土(じやうど)()つて、083憧憬(どうけい)してゐるのだから、084(いま)(くび)引抜(ひきぬ)かれて(れい)になり、085天国(てんごく)()くのは満足(まんぞく)だらうが、086何程(なにほど)天国(てんごく)でも、087(くび)がなくては駄目(だめ)だ。088サア(はや)くエスの所在(ありか)白状(はくじやう)せぬか』
089 ブールは(ふる)(なが)ら、
090『ハイ(いま)()させますから、091一寸(ちよつと)()つて(くだ)さい』
092マチ『(はや)()せ、093()次第(しだい)天国(てんごく)褒美(ほうび)として、094(のぼ)れる(やう)にしてやらう。095どうだ(くび)()つたなり、096天国(てんごく)()んで()くのは(うれ)しかろ、097アハヽヽヽ。098(なん)(めう)(をしへ)だなア。099(ひと)には()んでからの世界(せかい)結構(けつこう)だと()(なが)ら、100サア自分(じぶん)()ぬと()段取(だんどり)りになると、101ヤツパリ(いや)だと()えて、102ビリビリ(ふる)うて(ござ)るワイ。103さうすりやヤツパリ、104(くち)(こころ)裏表(うらおもて)のことを()つてゐるんだなア。105俺達(おれたち)今迄(いままで)はウラル(けう)熱心(ねつしん)信者(しんじや)であり、106二度(にど)もここへ(まゐ)り、107(まへ)をこんな腰抜(こしぬけ)とは()らずに、108活神(いきがみ)さまだと(おも)つて(ひざまづ)(をが)んで()つたかと(おも)へば、109馬鹿(ばか)らしうなつて()た。110サア俺達(おれたち)案内(あんない)をしてエスの所在(ありか)()らせ。111(かく)()てをすると最早(もはや)了見(れうけん)はならぬぞ。112俺達(おれたち)二人(ふたり)夜前(やぜん)(やう)数百人(すうひやくにん)もやつて()(あわ)()()()(やう)弱虫(よわむし)(ばか)り、113幾万人(いくまんにん)()れて()つたつて、114(なに)なるか。115どれもこれも(さけ)にヘベレケに()ひ、116(いま)のザマは(なん)だ。117肝腎(かんじん)のアナンやユーズ(まで)(ろく)(した)(まは)らず、118(こし)はフラフラになつて、119ひよろついてるぢやないか。120こんな(こと)で、121三五教(あななひけう)吾々(われわれ)(たい)し、122挑戦(てうせん)するとは片腹(かたはら)(いた)い』
123ブール『仕方(しかた)がありませぬ。124吾々(われわれ)(いのち)さへ(たす)けて(くだ)さらば、125エスを(わた)しませう』
126(さき)()つて()く。127二人(ふたり)はブールを見失(みうしな)はじと飛耳張目(ひじちやうもく)十二分(じふにぶん)注意(ちうい)(はら)つて岩窟内(がんくつない)(すす)んで()く。128(むか)うよりアナン、129ユーズの両人(りやうにん)はヒヨロヒヨロし(なが)巻舌(まきじた)になり、130アナンはキジ(こう)に、131ユーズはマチ(こう)にワザとにぶつかつた。132(その)途端(とたん)に、133二足三足(ふたあしみあし)ヒヨロヒヨロとひよろつき、134(ふか)(たく)みの陥穽(おとしあな)(もろ)くも落込(おちこ)んで(しま)つた。
135 『サア失敗(しま)つた!』とキジ、136マチの二人(ふたり)陥穽(おとしあな)(なか)無念(むねん)()がみをなし、137一生懸命(いつしやうけんめい)神言(かみごと)(とな)へて()る。138ブールは陥穽(おとしあな)(のぞ)()み、139さも愉快(ゆくわい)げに、
140ブール『アハヽヽヽ、141()(どく)(なが)ら、142万劫末代(まんがふまつだい)143(あな)(そこ)木乃伊(みいら)になる(とこ)まで辛抱(しんばう)したがよからう』
144 アナン、145ユーズの両人(りやうにん)二人(ふたり)()ちた(あな)(たがひ)(のぞ)()み、
146『ワハヽヽヽ、147ても心地(ここち)よいことだなア』
148罵詈嘲笑(ばりてうせう)(たくま)しくして()る。149エスを(はじ)めキジ、150マチの三人(さんにん)運命(うんめい)(はた)して如何(いかが)なり()くならむか。
151大正一一・八・一六 旧六・二四 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)