霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序歌(じよか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:前付 よみ:
章:第31巻 よみ:じょか 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年08月17日(旧06月25日) 口述場所:湯ケ島温泉 筆録者:口述著者 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
湯ヶ島温泉の湯元館に来たれと信者がこまごまと送ってくれた書状に感じ、松村真澄・佐賀伊佐男の二人の幹部に、一部の信者らを引き連れて、避暑旅行に出立した。
綾部から丹波、京都、近江を越えて、関が原から岐阜・名古屋へと抜けていく。浜松、静岡の各駅を通過し、沼津から伊豆に入っていく。
ようやく湯元館の安藤宅に着き、もてなしを受けた。瑞月は安全椅子によりかかって霊界物語を口述し、松村氏は筆録の筆をすべらせる。『海洋万里』午の巻をいよいよここに述べ写す。
『海洋万里』卯の巻は四日間、辰の巻は三日間、巳の巻は三日間、前後あわせて十日間であった。休養日を幸い、筆のすさびに記しておく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm310001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第6輯 29頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001綾部(あやべ)聖地(せいち)(あと)にして(綾部)
002吾家(わがや)伊豆(いづ)温泉場(をんせんば)
003幽邃閑雅(いうすゐかんが)山家村(やまがむら)(山家)
004狩野(かの)(なが)れに(のぞ)みたる
005湯ケ島(ゆがしま)温泉(をんせん)湯本館(ゆもとくわん)
006(なに)()()和知(わし)らね(ども)(和知)
007一度(いちど)()たれと信徒(まめひと)
008(おく)玉章(たまづさ)(こま)胡麻(ごま)(胡麻)
009()るも(うれ)しき(わが)(おも)
010教主(けうしゆ)殿(でん)をば()()でて(殿田)
011松村(まつむら)真澄(まさずみ)佐賀(さが)伊佐男(いさを)
012(その)ほか(いち)()伊豆(いづ)信者(しんじや)(園部)
013杉山(すぎやま)当一(たういち)(はやし)弥生(やよひ)
014八木(やき)つく(やう)夏空(なつぞら)(八木)
015(しづ)かに(すす)汽車(きしや)(うへ)
016寿(よはひ)(なが)亀岡(かめをか)(亀岡)
017瑞祥(ずいしやう)(いは)ふこの旅行(りよかう)
018嵯峨(さが)しあてたる好避暑地(かうひしよち)(嵯峨)
019言葉(ことば)(はな)(のり)(その)(花園)
020(ふた)()幹部(かんぶ)諸共(もろとも)
021只一(ただひ)(すぢ)(いさ)()(二条)
022
023丹波(たんば)綾部(あやべ)()(たか)
024()(ぐち)(かみ)御教(みをしへ)(丹波口)
025京都(きやうと)大阪(おほさか)東京(とうきやう)(京都)
026三大(さんだい)都市(とし)(はじ)めとし
027山科(やましな)(さと)(いた)るまで(山科)
028(すめ)(おほ)(かみ)大道(おほみち)
029()()(ひろ)むる神司(かむづかさ)(大津)
030(かた)(こころ)石山(いしやま)(石山)
031(つき)()(わた)(ごと)(なり)
032
033青人(あをひと)(ぐさ)()()がなく(草津)
034(まも)りたまへと(いの)りつつ(守山)
035(さん)()()()みて(しの)すすき(野州)
036露野(つゆの)(はら)()りこえて(篠原)
037いつかは()()(かみ)()
038近江(あふみ)(くに)八幡(はちまん)(ぐう)(近江八幡)
039(いづ)御前(みまへ)にぬかづきて
040(うら)安土(やすくに)(うら)やすく(安土)
041(まも)(たま)へと(ふと)()()()
042()言霊(ことたま)(はや)(かは)(能登川)
043水瀬(みなせ)(おと)(きこ)(なり)
044
045(いな)()(さか)()黄金(わうごん)(稲枝)
046(なみ)(ただよ)はす(かは)()(河瀬)
047(くに)御祖(みをや)永遠(とことは)
048(まも)(たま)へる豊秋津(とよあきつ)
049根別(ねわけ)(くに)八百(やほ)(よね)
050高天(たかあま)(はら)天照(あまて)らす(米原)
051皇大神(すめおほかみ)のみことのり
052(あめ)(した)なる人草(ひとぐさ)
053()ひて()くべきものなりと
054その神勅(しんちよく)をひるも()
055(たふと)(まなこ)醒ケ井(さめがゐ)(醒ケ井)
056(かみ)(めぐ)みに近江(あふみ)()
057御代(みよ)(なが)かれと(いは)ふなる
058(かめ)のよはひの(かめ)(をか)(近江長岡)
059(をしへ)(には)(ひら)きつつ
060()(かしは)()()(きよ)
061高天(たかあま)(はら)()(わた)(柏原)
062(かみ)(おに)との関ケ原(せきがはら)(関ケ原)
063(めぐみ)(つゆ)垂井(たるゐ)(えき)(垂井)
064
065()(おほ)(もと)(あを)(がき)(大垣)
066(やま)をば四方(よも)(めぐ)らして
067(かみ)(しづ)まる霊場(れいぢやう)
068数多(あまた)人々(ひとびと)我一(われいち)
069(さき)(あらそ)木曽川(きそがは)(木曽川)
070(かみ)(ひかり)(あふ)岐阜(ぎふ)(岐阜)
071尾張(をはり)(ちか)(やみ)()
072(すく)(たま)へと真心(まごころ)
073(ひと)つに(かた)めて(ほん)(ぐう)(やま)(尾張一ノ宮)
074(とほ)山路(やまぢ)(いな)みなく
075いと(さは)(さは)()(きた)(稲沢)
076(かみ)経綸(しぐみ)(かしこ)けれ
077
078(あめ)真奈井(まなゐ)枇杷(びは)(うみ)(枇杷島)
079竹生(ちくぶ)(しま)()れませる
080(かみ)(たけ)びを名古(なご)めつつ(名古屋)
081()間登御魂(まとみたま)神人(しんじん)
082(あつ)(こころ)()()()(熱田)
083神徳(しんとく)(ひろ)くいや(たか)(大高)
084(すめ)(おほ)(かみ)()れまして
085(きよ)(しん)()(さだ)めてし(大府)
086()大元(おほもと)爰婆(ここば)(かり)
087豊葦原(とよあしはら)中国(なかくに)()(刈谷)
088(あん)(ぜん)地帯(ちたい)(きん)(じやう)(安城)
089(たふと)(うやま)許々太久(ここたく)
090(をか)せし(つみ)()(なが)
091御霊(みたま)(さき)はへ()しませと(岡崎)
092(あか)(こころ)のまめ(ひと)
093(さち)()(まつ)()のむ(なり)(幸田)
094
095(がも)(みだ)れの(ぐん)(しふ)(蒲郡)
096皇大神(すめおほかみ)()仁慈(じんじ)
097(きよ)(あぶら)(そそ)がれて(御油)
098(ゆたか)(わた)(かみ)(はし)(豊橋)
099二川(ふたがは)三河(みかは)(みづ)(きよ)(二川)
100小雲(こくも)(かは)玉水(たまみづ)
101()そぎ(はら)ひて神徳(しんとく)
102信徒(まめひと)たちが鷲津(わしづ)(かみ)(鷲津)
103(ふる)きを()てず(あたら)しく
104居所(きよしよ)(さだ)むる(かみ)(まち)(新居町)
105(こころ)(いさ)みて弁天(べんてん)(弁天島)
106女神(めがみ)(まへ)真心(まごころ)
107つく(しま)つりし音楽(おんがく)
108()(きよく)(きよ)くさはやかに(舞阪)
109御代(みよ)(さか)えむ瑞祥(ずゐしやう)
110(はま)(まつ)(かぜ)(おと)もなく(浜松)
111()(たひ)らけく天竜(てんりう)
112(いきほひ)(つよ)(かは)(のぼ)(天竜川)
113(こころ)(なか)(れい)(せん)(中泉)
114甘露(かんろ)()きず()()でて
115神代(かみよ)(いは)ふぞ(たふと)けれ
116
117袋井(ふくろゐ)(くび)掛川(かけがは)(袋井・掛川)
118(まづ)しき(ひと)(かみ)(みち)
119(さと)りて(よく)(ほり)(うち)(堀ノ内)
120(まこと)(をしへ)(まも)りなば
121富貴(ふうき)権威(けんゐ)金谷(かなや)せぬ(金谷)
122(かみ)御教(みのり)(しき)(しま)(島田)
123大和心(やまとごころ)()()ぬれば
124(かほ)目出度(めでた)白梅(しらうめ)
125(はな)()(こた)()惟神(かむながら)(藤枝)
126(しこ)仇草(あだくさ)(やき)(かま)(焼津)
127()がまや()留岐(るぎ)ぬき(もち)(用宗)
128(むね)()(はら)(しづ)(しづ)
129風雨雷電(ふううらいでん)(をか)しつつ(静岡)
130(まこと)(みち)()一散(いつさん)
131(しり)()かけて(すす)()(江尻)
132あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
133御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ
134
135(むかし)(もと)大神(おほかみ)
136(あら)はれまして太元(おほもと)
137(すく)ひの(みち)(おこ)()()(興津)
138由比(ゆひ)(しよ)(ふか)蒲生(がまふ)(はら)(由比・蒲原)
139(ひら)きて根本(こんぽん)霊場(れいぢやう)
140(いは)()(ごと)弥固(いやかた)
141(ふち)なす(ふか)経綸(けいりん)(岩淵)
142富士(ふじ)御山(みやま)のいや(たか)富士(ふじ)
143()てて天地(てんち)神人(しんじん)
144生言霊(いくことたま)()(わた)
145五十(いす)()(かは)川水(かはみづ)(鈴川)
146(はら)(きよ)めて朝露(あさつゆ)(原)
147()(ぬま)(いけ)()()()(沼津)
148(かげ)(すず)しく(かみ)()
149(ひら)(たま)ふぞ(たふと)けれ
150
151三月(さんぐわつ)三日(みつか)(もも)(はな)
152五月(ごぐわつ)五日(いつか)(もも)(のみ)
153()すべき霊界物語(れいかいものがたり)
154()(きやう)土産(みやげ)瑞月(ずゐげつ)(桃郷)
155(こころ)(きよ)(すみ)()
156(うら)安国(やすくに)神宝(しんぽう)(江ノ浦)
157(かた)()口野(ぐちの)(かみ)(のり)(口野)
158天皇山(てんのうざん)(まつ)りたる(天皇山)
159皇大神(すめおほかみ)御守(みまも)りを
160(うれ)しみ(たふと)神勅(しんちよく)
161北条(ほうでう)南条(なんでう)(かしこ)みて(北条・南条)
162()舎男(なかをとこ)(きやう)わらべ(田京)
163(とほ)(みみ)にも()(やす)
164()()かしたる(かみ)(ふみ)
165(むか)への(ひと)親切(しんせつ)
166(さけ)(いづみ)吉田(よしだ)(がう)(吉田)
167(くるま)()めて杉原家(すぎはらけ)
168殊更(ことさら)(あつ)待遇(たいぐう)
169三伏(さんぷく)(しよ)打忘(うちわす)
170(こころ)(ふか)真清水(ましみづ)
171湯槽(ゆぶね)(ひた)汗水(あせみづ)
172(なが)して西瓜(すゐくわ)(はら)つづみ
173(まこと)信徒(しんと)大仁(おほひと)(大仁)
174瓜生野(うりふの)(さと)打過(うちす)ぎて(瓜生野)
175(たて)(よこ)との五十鈴川(いすずがは)(横瀬)
176言霊車(ことたまぐるま)()(はや)
177国常(くにとこ)立野(たちの)(おほ)(かみ)(立野・大平)
178(へい)()御世(みよ)松ケ瀬(まつがせ)(松ケ瀬)
179青羽(あをば)()(くば)りいや(ひろ)(青羽根)
180(しげ)稲田(いなだ)富貴草(ふうきさう)
181出口(でぐち)王仁(おに)一行(いつかう)(出口)
182(はや)くも伊豆(いづ)月ケ瀬(つきがせ)(月ケ瀬)
183天津御空(あまつみそら)(かみ)門野(のとの)
184(ひら)()くてふ(たま)(はら)(門野原)
185(あめ)八重雲(やへくも)()()けて
186(すく)ひの(かみ)嵯峨沢(さがさは)(嵯峨沢)
187今日(けふ)旅行(りよかう)(たの)しけれ
188木々(きぎ)(さへづ)(せみ)(こゑ)
189(いち)なす(やま)(かた)ほとり(市山)
190(とう)西(ざい)南北(なんぼく)(かぜ)(きよ)(西平)
191(へい)()(さと)湯ケ島(ゆがしま)(湯ケ島)
192狩野(かの)(なが)れに()(なが)
193(やうや)安藤(あんどう)(たく)につき(安藤)
194(こころ)よりなるもてなしに
195(よろこ)(いさ)湯浴(ゆあみ)して
196またもや(れい)物語(ものがたり)
197口述如来(こうじゆつによらい)瑞月(ずゐげつ)
198安全(あんぜん)椅子(いす)によりかかり
199浄写菩薩(じやうしやぼさつ)松村(まつむら)()
200(うで)(より)かけスラスラと
201海洋万里(かいやうばんり)(うま)(まき)
202いよいよ(ここ)()(うつ)
203あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
204 『海洋万里(ばんり)()(まき)四日間(よつかかん)205(どう)(たつ)(まき)三日(みつか)206(どう)()(まき)三日(みつか)207前後(ぜんご)(あは)せて十日間(とをかかん)208()べつ(うつ)しつ、209(あつ)さに()えし休養日(きうやうび)(さいは)ひ、210(ふで)のすさびのいと永々(ながなが)(しる)しおく。
211  大正十一年八月十七日  於湯ケ島温泉  口述著者
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)