霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 主一無適(しゆいつむてき)〔八六七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第1篇 千状万態 よみ:せんじょうばんたい
章:第1章 第31巻 よみ:しゅいつむてき 通し章番号:867
口述日:1922(大正11)年08月18日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3101
愛善世界社版:7頁 八幡書店版:第6輯 43頁 修補版: 校定版:7頁 普及版:2頁 初版: ページ備考:
001千早振(ちはやぶる)(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
002(うづ)(みやこ)のエルサレムに
003天津御神(あまつみかみ)神言(みこと)もて
004国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
005(あまね)世人(よびと)(すく)はむと
006野立彦(のだちのひこ)(あら)はれまし
007豊国姫(とよくにひめ)神御霊(かむみたま)
008野立姫(のだちのひめ)(あら)はれて
009(あめ)(つち)とを()(たま)
010(もも)神人(かみびと)草木(くさき)まで
011(やす)きに(すく)(たす)くべく
012(こころ)千々(ちぢ)(くば)りまし
013埴安彦(はにやすひこ)埴安姫(はにやすひめ)
014(うづ)(みこと)(あら)はれて
015黄金山下(わうごんさんか)三五(あななひ)
016(かみ)(をしへ)()(たま)
017(すく)ひの(みち)()(たま)
018(この)御教(みをしへ)朝夕(あさゆふ)
019(まも)(たま)へる天教山(てんけうざん)
020()花姫(はなひめ)(はじ)めとし
021()出神(でのかみ)珍御子(うづみこ)
022神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
023(みづ)御霊(みたま)神業(かむわざ)
024(たす)(たま)ひて()(ひろ)
025(ひら)(たま)ふぞ(たふと)けれ
026豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
027根別(ねわけ)(くに)()()ひし
028自転倒島(おのころじま)中心地(ちうしんち)
029(あや)高天(たかま)霊場(れいぢやう)
030国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
031(しば)(かく)れて四尾山(よつをやま)
032国武彦(くにたけひこ)()()へて
033五六七(みろく)御世(みよ)(きた)さむと
034桶伏山(をけふせやま)(かた)ほとり
035(いづ)(みづ)との神御霊(かむみたま)
036玉照彦(たまてるひこ)玉照姫(たまてるひめ)
037(にしき)(みや)神司(かむづかさ)
038(さだ)(たま)ひて三五(あななひ)
039(をしへ)(には)(ひら)かせつ
040言依別(ことよりわけ)瑞御霊(みづみたま)
041(にしき)(みや)教主(けうしゆ)とし
042西(にし)神都(しんと)はエルサレム
043(ひがし)神都(しんと)桶伏(をけふせ)
044霊山会場(れいざんゑぢやう)(かみ)(やま)
045(ふと)()てたる神柱(かむばしら)
046(よこ)御霊(みたま)(きこ)えたる
047言依別命(ことよりわけのみこと)をば
048(みち)教主(けうしゆ)()(たま)
049(かみ)(つかさ)(やしな)ひて
050自凝島(おのころじま)(はじめ)とし
051(くに)八十国(やそくに)八十島(やそしま)
052皇大神(すめおほかみ)御恵(みめぐ)みの
053(ひか)りに()らし(つゆ)あたへ
054(くも)()つたる現世(うつしよ)
055寂光浄土(じやくくわうじやうど)天国(てんごく)
056(つく)()さむと千万(ちよろづ)
057いそしみ(たま)有難(ありがた)
058教司(をしへつかさ)(その)一人(ひとり)
059(なか)にも(きよ)神司(かむづかさ)
060国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)
061教主(けうしゆ)(あと)(したが)ひて
062自凝島(おのころじま)出立(しゆつたつ)
063(かみ)のまにまに和田(わだ)(はら)
064荒浪(あらなみ)()けてやうやうに
065(うみ)(うか)べる高砂(たかさご)
066テルの(みなと)上陸(じやうりく)
067()()()いで三倉山(みくらやま)
068国魂神(くにたまがみ)(まつ)りたる
069(ほこら)二人(ふたり)参拝(さんぱい)
070(うゑ)(せま)りし国人(くにびと)
071(すく)(たす)けて人々(ひとびと)
072(すく)ひの(かみ)(あが)められ
073教主(けうしゆ)言依別命(ことよりわけのみこと)
074(たもと)(わか)ちウヅの(くに)
075末子(すゑこ)(ひめ)()れませる
076(みやこ)をさして()でて()く。
077(あと)(のこ)りし国依別(くによりわけ)
078軽生重死(けいせいぢうし)のウラル(けう)
079無道(ぶだう)(きは)まる迷信(めいしん)
080打破(だは)(つく)して(いさぎよ)
081(この)()()ちてヒルの(くに)
082(さくら)(はな)もチルの(さと)
083(よる)(あら)シの森蔭(もりかげ)
084辿(たど)りて(いき)(やす)()
085(とき)しもあれやウラル(けう)
086(みだ)()りたる信徒(まめひと)
087(あつ)めて(ふたた)()(きた)
088国依別(くによりわけ)十重(とへ)二十重(はたへ)
089(かこ)みて生命(いのち)(うば)()
090三五教(あななひけう)根底(こんてい)より
091殲滅(せんめつ)せむと(おそ)()
092(しこ)魔神(まがみ)(ことごと)
093(うづ)神術(みわざ)蹴散(くゑち)らし
094皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
095感謝(かんしや)(まつ)(をり)もあれ
096キジとマチとの二人(ふたり)(をとこ)
097国依別(くによりわけ)神徳(しんとく)
098(した)ひて(ここ)()(きた)
099師弟(してい)(やく)(むす)びつつ
100日暮(ひぐら)(がは)土堤(どて)()
101(すす)(をり)しもウラル(けう)
102アナン、ユーズの両人(りやうにん)
103数多(あまた)部下(ぶか)引率(いんそつ)
104(つるぎ)竹槍(たけやり)(たづさ)へて
105ヒルの(みやこ)三五(あななひ)
106(をしへ)(つた)神司(かむづかさ)
107楓別命(かえでわけのみこと)霊場(れいぢやう)
108夜陰(やいん)(まぎ)れて蹂躙(じうりん)
109打破(うちやぶ)らむと(すす)()
110(この)一隊(いつたい)出会(しゆつくわい)
111キジとマチとの両人(りやうにん)
112国依別(くによりわけ)(つかさ)より
113鎮魂帰神(ちんこんきしん)言霊(ことたま)
114幽玄微妙(いうげんびめう)神力(しんりき)
115完美(うまら)委曲(つばら)(さづ)けられ
116(いさ)(すす)むで(かは)()
117(すす)みて(きた)魔軍(まいくさ)
118(むか)つて言霊(ことたま)打出(うちだ)せば
119不意(ふい)()たれて敵軍(てきぐん)
120(くも)(かすみ)()げて()
121(ここ)三人(みたり)()(みち)
122スタスタ(すす)みアラシカの
123(けは)しき(たうげ)攣登(よぢのぼ)
124東北(とうほく)()して(くだ)()
125(みち)片方(かたへ)古社(ふるやしろ)
126(くす)古木(こぼく)(てん)()
127(そそ)()ちたる木下蔭(こしたかげ)
128(ぬか)づき(をが)人影(ひとかげ)
129(みと)めて(ちか)づき(うかが)へば
130ウラルの(みち)神司(かむづかさ)
131エスの(むすめ)()きしより
132キジは言葉(ことば)(やはら)かく
133親切(しんせつ)こめて()(ただ)
134(ここ)様子(やうす)(まつぶ)さに
135(あきら)(つく)両人(りやうにん)
136国依別(くによりわけ)相別(あひわか)
137日暮(ひぐら)(やま)岩窟(がんくつ)
138(とら)はれ(くる)しむエスの()
139一日(ひとひ)(はや)(たす)けむと
140(いさ)(すす)むで()でて()
141国依別(くによりわけ)神司(かむづかさ)
142エスの(むすめ)(したが)ひて
143アラシカ(やま)(ふもと)なる
144エスが(やかた)()(むか)
145(しばら)くここに逗留(とうりう)
146(かみ)(をしへ)()(つた)
147ヒルの(みやこ)立寄(たちよ)りて
148楓別(かえでのわけ)面会(めんくわい)
149キジ、マチ二人(ふたり)(たす)けむと
150日暮(ひぐら)(やま)岩窟(がんくつ)
151(すす)みてブールの神司(かむづかさ)
152言向(ことむ)(やは)驍名(げうめい)
153高砂島(たかさごじま)()ふも(さら)
154豊葦原(とよあしはら)国中(くになか)
155(とどろ)かしたる物語(ものがたり)
156狩野(かの)渓流(けいりう)(なが)めつつ
157初秋(しよしう)(かぜ)()(なが)
158安楽(あんらく)椅子(いす)(よこた)はり
159敷島(しきしま)煙草(たばこ)をくゆらしつ
160浄写菩薩(じやうしやぼさつ)立向(たちむか)
161いよいよ霊界物語(れいかいものがたり)
162三十一(みそまりひとつ)(まき)(はじ)
163言霊車(ことたまぐるま)(ころ)ばしぬ
164あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
165御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
166 国依別(くによりわけ)はエリナに(みちび)かれ、167エスの(いへ)(やうや)()きぬ。168エリナの(はは)(おも)ひの(ほか)重病(ぢうびやう)にて、169(ほとん)人事不省(じんじふせい)(てい)なり。170国依別(くによりわけ)()(もの)取敢(とりあへ)ず、171草鞋(わらぢ)をとくとく座敷(ざしき)駆上(かけあが)り、172(ただち)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、173(あま)数歌(かずうた)(とな)へあげ、174鎮魂(ちんこん)(ほどこ)し、175いろいろ雑多(ざつた)丹精(たんせい)をこらして、176病気(びやうき)回復(くわいふく)(みち)(はか)りける。177されど如何(いか)にせしか、178病人(びやうにん)(すこ)しも快方(くわいはう)(むか)はずして、179()()衰弱(すゐじやく)(はなは)だしく、180最早(もはや)絶望(ぜつばう)(ゐき)(すす)みたり。181エリナは一生懸命(いつしやうけんめい)水垢離(みづごうり)()り……、
182三五教(あななひけう)大神(おほかみ)国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)183常世神王様(とこよしんわうさま)184何卒々々(なにとぞなにとぞ)(ちち)危難(きなん)(のが)れさせ(たま)へ、185(はは)難病(なんびやう)(いま)一度(いちど)(すく)はせ(たま)ひて、186夫婦(ふうふ)親子(おやこ)仮令(たとへ)一日(いちにち)なり(とも)187(うれ)しく(たの)しく、188(たがひ)(かほ)見合(みあは)せ、189(めぐみ)(つゆ)にうるほひまする(やう)……』
190と、191()れを(わす)れて祈願(きぐわん)()らし()る。192されどエリナの心中(しんちう)(いま)主一無適(しゆいつむてき)精神(せいしん)には()()(まよ)ひあり。193(その)理由(りいう)は、194国治立命(くにはるたちのみこと)(はた)して善神(ぜんしん)なりや? (ただし)常世神王(とこよしんのう)(はう)善神(ぜんしん)なるや? 国治立神(くにはるたちのかみ)(ねん)じなば、195常世神王(とこよしんのう)神怒(しんど)()れて、196益々(ますます)(はは)(やまひ)(おも)り、197(ちち)大危難(だいきなん)(いよいよ)(ふか)くなり()くには(あら)ざるかとの疑念(ぎねん)が、198頭脳(あたま)(なか)往来(わうらい)しゐたるが(ゆゑ)なり。
199 国依別(くによりわけ)はエリナの(こころ)(うち)推知(すゐち)し、200四五日(しごにち)(ここ)逗留(とうりう)して、201いろいろ雑多(ざつた)善悪(ぜんあく)不二(ふじ)202顕幽一本(けんいういつぽん)真理(しんり)()(さと)したれども、203父母(ふぼ)災厄(さいやく)周章狼狽(しうしやうらうばい)したる(わか)(むすめ)(こと)とて、204千言万語(せんげんばんご)(つく)しての国依別(くによりわけ)教示(けうじ)も、205容易(ようい)(あたま)()らず、206(ただ)一日(いちにち)(はや)(ちち)危難(きなん)(すく)はれ、207(はは)重病(ぢうびやう)()やされむことにのみ余念(よねん)なく、208一心不乱(いつしんふらん)になり(なが)ら、209信仰上(しんかうじやう)(てん)(おい)非常(ひじやう)(まよ)(くる)しみ()たり。210それ(ゆゑ)神徳(しんとく)充実(じゆうじつ)したる国依別命(くによりわけのみこと)鎮魂(ちんこん)も、211言霊(ことたま)功験(こうけん)(あら)はすには(いた)らざりける。
212 (すべ)信仰(しんかう)(まよ)ひを()り、213雑念(ざつねん)(はら)ひ、214理智(りち)(はし)らず、215(ただ)何事(なにごと)神意(しんい)(まか)(たてまつ)り、216主一無適(しゆいつむてき)(こころ)にならなくては、217如何(いか)(たふと)神人(しんじん)祈念(きねん)(いへど)も、218如何(いか)権威(けんゐ)ある言霊(ことたま)(いへど)も、219容易(ようい)(その)(かう)(あら)はれざるは当然(たうぜん)なり。220(えう)するにエリナの信仰(しんかう)二心(ふたごころ)にして、221(わる)()はば内股膏薬的(うちまたかうやくてき)信仰(しんかう)()()たり。222幼少(えうせう)(ころ)より宇宙間(うちうかん)(おい)常世神王(とこよしんのう)(まさ)(たふと)(かみ)はなく、223(また)常世神王(とこよしんのう)(まさ)るべき権威(けんゐ)はなし、224万一(まんいち)常世神王(とこよしんのう)忌憚(きたん)()れむか、225現界(げんかい)()ふも(さら)226霊界(れいかい)(おい)ても無限(むげん)(くる)しみを()け、227()厳罰(げんばつ)(しよ)せらるべしとの信仰(しんかう)(ふか)(こころ)(そこ)より()()けられ()たるが(ゆゑ)に、228(まこと)(かみ)(をしへ)(よろこ)びて聴聞(ちやうもん)(なが)らも、229不安(ふあん)(くも)(つつ)まれ、230煩悶(はんもん)苦悩(くなう)(つづ)()たるなりける。
231 国依別(くによりわけ)容易(ようい)にエリナの信仰(しんかう)(うご)かざるを(さと)り、232()(かれ)(はは)病気(びやうき)到底(たうてい)(すく)はれざることを(さと)りて、233いよいよ此処(ここ)立去(たちさ)り、234ヒルの(みやこ)(むか)決心(けつしん)なしたりける。
235 国依別(くによりわけ)はエリナに(むか)ひ、
236『エリナさま、237(なが)らく御世話(おせわ)になりましたが、238貴女(あなた)御信仰(ごしんかう)()うしても徹底(てつてい)(いた)しませぬ。239それも無理(むり)のなき(こと)でせう。240()いてはお()アさまの御病気(ごびやうき)最早(もはや)絶望(ぜつばう)ですから、241(その)(つも)りで()(くだ)さい。242(また)エスさまを(すく)()さむとして、243日暮(ひぐら)(やま)霊場(れいぢやう)(むか)つたキジ(こう)244マチ(こう)両人(りやうにん)(いま)(かへ)つて()ないのも、245(なに)神界(しんかい)(おい)(ふか)思召(おぼしめ)しのある(こと)でせう。246(ちち)(すく)ひ、247(はは)(すく)はむとのあなたの真心(まごころ)(じつ)感服(かんぷく)(いた)りですが、248()かる場合(ばあひ)には、249あなたの日頃(ひごろ)(しん)ずる常世神王様(とこよしんわうさま)に、250主一無適(しゆいつむてき)真心(まごころ)(ささ)げて御願(おねが)ひなさる(はう)(かへつ)御神力(ごしんりき)(あら)はれるでせう。251三五教(あななひけう)主神(しゆしん)国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)は、252あらゆる万民(ばんみん)(くるし)みを(たす)(くだ)さる有難(ありがた)神様(かみさま)なれど、253あなたの信念力(しんねんりよく)(ふた)つに()れて()りますから、254神様(かみさま)(すく)ひの御手(みて)()べさせ(たま)(こと)出来(でき)ませぬ。255()(もう)せば、256国治立神(くにはるたちのかみ)余程(よほど)()(せま)偏狭(へんけふ)神様(かみさま)だと(おも)はれるでせうが、257(けつ)して左様(さやう)不公平(ふこうへい)神様(かみさま)ではありませぬ。258(ただ)あなたが神様(かみさま)(もと)一株(ひとかぶ)だから、259常世神王様(とこよしんのうさま)(ねん)じても、260国治立(くにはるたち)神様(かみさま)(けつ)して御怒(おいか)りなく、261(また)国治立命(くにはるたちのみこと)何程(いくら)一心(いつしん)(ねん)じたとて、262常世神王様(とこよしんわうさま)御立腹(ごりつぷく)(あそ)ばすものでないと()(こと)御分(おわか)りにならなくては、263信仰(しんかう)駄目(だめ)です。264神様(かみさま)(はう)では左様(さやう)(ちい)さい障壁(しやうへき)区画(くくわく)はありませぬが、265貴女(あなた)(こころ)(なか)区画(くくわく)をつけたり(ふか)溝渠(こうきよ)穿(うが)つたり、266いろいろと煩悶(はんもん)(くも)(つつ)んでゐるから、267何程(なにほど)神様(かみさま)御神徳(ごしんとく)(あた)へやうと思召(おぼしめ)しても、268(まへ)さまの(はう)(かん)じないのだから仕方(しかた)がありませぬ。269それ(ゆゑ)あなたの(もつと)(しん)ずる、270常世神王様(とこよしんわうさま)御祈願(ごきぐわん)をなさつた(はう)が、271(かへつ)御安心(ごあんしん)でせう。272(わたくし)(これ)から御暇(おいとま)(いた)します。273ここ(しばら)くの(あいだ)は、274ヒルの(みやこ)楓別命(かえでわけのみこと)神館(かむやかた)逗留(とうりう)(かんが)へで(ござ)いますから、275御用(ごよう)があつたら、276国依別(くによりわけ)()つてお(たづ)(くだ)さいませ。277何時(いつ)でもお()にかかります。278(また)(さいは)ひにエスさま(はじ)めキジ、279マチの両人(りやうにん)(かへ)つて()られたら、280国依別(くによりわけ)はヒルの(みやこ)逗留(とうりう)して()るからと、281伝言(でんごん)(ねが)ひます。282左様(さやう)ならばエリナさま、283御病人様(ごびやうにんさま)大切(たいせつ)になさいませ』
284立出(たちい)でむとするを、285エリナは周章(あわて)(ひき)とめ、
286『モシモシ宣伝使(せんでんし)(さま)287どうぞさう仰有(おつしや)らずに、288(しばら)御逗留(ごとうりう)(あそ)ばして(くだ)さいませ。289これから(こころ)()()へて、290あなた(さま)(あふ)せに(したが)ひ、291信仰(しんかう)(いた)しますから……』
292(こころ)(そこ)から発根(ほつこん)(わか)つての信仰(しんかう)でなければ到底(たうてい)駄目(だめ)です。293神様(かみさま)仁慈(じんじ)無限(むげん)御方(おかた)(ゆゑ)294(べつ)(たの)まず(とも)295(たす)けてやりたいと思召(おぼしめ)し、296種々(いろいろ)(ちから)御尽(おつく)(あそ)ばして(ござ)るのですが、297あなたの(こころ)(なか)執着(しふちやく)()曲鬼(まがおに)神徳(しんとく)(さへぎ)つて()るのです。298(その)曲鬼(まがおに)をあなた(みづか)追出(おひだ)さねば到底(たうてい)駄目(だめ)ですよ。299国依別(くによりわけ)(わか)れに(のぞ)むで、300御注意(ごちうい)申上(まをしあ)げておきます。301左様(さやう)ならば……』
302(あと)(こころ)(のこ)しつつ、303国依別(くによりわけ)(この)()立出(たちい)でヒルの(みやこ)()して(すす)()く。
304大正一一・八・一八 旧六・二六 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。