霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 救世神(きうせいしん)〔八六九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第1篇 千状万態 よみ:せんじょうばんたい
章:第3章 第31巻 よみ:きゅうせいしん 通し章番号:869
口述日:1922(大正11)年08月18日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3103
愛善世界社版:27頁 八幡書店版:第6輯 50頁 修補版: 校定版:27頁 普及版:11頁 初版: ページ備考:
001天気(てんき)晴朗(せいらう)にして
002蒼空(さうくう)一点(いつてん)雲翳(うんえい)もなく
003士農工商(しのうこうしやう)(おのおの)(その)(げふ)(たのし)
004常世(とこよ)(はる)(いは)ひつつ
005(あるひ)(めと)(あるひ)()(うた)
006山河(さんか)(きよ)くさやけく
007樹木(じゆもく)天然(てんねん)舞踏(ぶたふ)をなし
008渓流(けいりう)自然(しぜん)音楽(おんがく)(そう)
009(とり)(こづゑ)(うた)(てふ)()()
010(はな)(たはむ)れ、嬉々(きき)として(あそ)べる
011平安(へいあん)無事(ぶじ)天地(てんち)現象(げんしやう)
012さながら神代(かみよ)(ごと)くなり
013(またた)(うち)一天(いつてん)(にはか)()(くも)
014満天(まんてん)(すみ)(なが)せし(ごと)
015洋々(やうやう)として紺碧(こんぺき)
016(そら)(かけ)諸鳥(もろとり)
017(たちま)地上(ちじやう)(むか)つて
018()()(ごと)()(きた)
019大地(だいち)(たちま)震動(しんどう)
020天国(てんごく)浄土(じやうど)(たちま)ちに
021地獄(ぢごく)餓鬼道(がきだう)畜生道(ちくしやうだう)
022修羅(しゆら)(ちまた)一変(いつぺん)
023時々刻々(じじこくこく)大地(だいち)震動(しんどう)
024猛烈(まうれつ)(くは)(きた)而已(のみ)
025山岳(さんがく)(くづ)れ、原野(げんや)()
026民家(みんか)(たふ)橋梁(けうりやう)(たちま)墜落(つゐらく)
027彼方(あなた)此方(こなた)炎々(えんえん)
028(てん)をこがして()えあがる
029空前絶後(くうぜんぜつご)大火災(だいくわさい)
030()()もよだつ(すさま)じさ
031(かみ)(めぐみ)天国(てんごく)
032(あめ)(した)なる神人(かみびと)
033(ねぢ)(まが)れる(たましひ)
034(しこ)言霊(ことたま)(かさ)なりて
035妖邪(ようじや)空気(くうき)鬱積(うつせき)
036天地(てんち)主宰(しゆさい)大神(おほかみ)
037大御心(おほみこころ)(くも)らせて
038(たちま)(おこ)天変地妖(てんぺんちよう)
039(つつし)むべきは()(ひと)
040(みみ)(はな)(くち)村肝(むらきも)
041(こころ)持様(もちやう)(ひと)つなり
042あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
043()れの惨状(さんじやう)()るにつけ
044高砂島(たかさごじま)国人(くにびと)
045(かみ)(たふと)御心(みこころ)
046完美(うまら)委曲(つばら)体得(たいとく)
047いよいよ(ここ)天地(あめつち)
048(かみ)権威(けんゐ)畏服(ゐふく)して
049(こころ)(なほ)(おこな)ひを
050(あらた)(かみ)(つか)へたる
051(たふと)(むかし)物語(ものがたり)
052(かみ)のまにまに()()つる
053あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
054(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
055(とほ)神代(かみよ)()まひたる
056高砂島(たかさごじま)人々(ひとびと)
057()ふも(さら)なり(あめ)(した)
058四方(よも)御国(みくに)大空(おほぞら)
059きらめく(ほし)(かず)(ごと)
060(うま)()ひたる人々(ひとびと)
061(むかし)(こと)(おも)ふまじ
062(こころ)(きよ)()(きよ)
063転迷開悟(てんめいかいご)(しをり)にと
064(こころ)(きざ)みて惟神(かむながら)
065(かみ)御子(おんこ)(うま)れたる
066(わが)天職(てんしよく)(つく)せかし。
067そもそも(かみ)万物(ばんぶつ)
068普遍(ふへん)(たま)神霊(しんれい)
069(ひと)天地(てんち)御水火(みいき)より
070(うま)()でたる(かみ)御子(みこ)
071(たふと)(かみ)(にく)(みや)
072皇大神(すめおほかみ)神力(しんりき)
073発揮(はつき)(たま)ひて天地(あめつち)
074(ひら)かせ(たま)司宰者(しさいしや)
075(うま)(きた)りし(ひと)()
076(その)天職(てんしよく)自覚(じかく)して
077(まこと)(かみ)(ふく)せよや
078(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
079(つき)()(とも)()くる(とも)
080仮令(たとへ)大地(だいち)(ふる)(とも)
081(やま)()(うみ)(かは)(とも)
082(この)()(つく)(たま)ひたる
083(かみ)御前(みまへ)真心(まごころ)
084(つく)しまつりて(ひと)たるの
085(つと)めを(つく)惟神(かむながら)
086(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
087(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
088(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
089(けが)()てたる(ひと)()
090(つみ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
091()(なほ)します天津神(あまつかみ)
092国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
093国魂神(くにたまがみ)(はじ)めとし
094吾等(われら)(した)しく(まも)ります
095産土神(うぶすながみ)(うやま)ひて
096(この)(うる)はしき天地(あめつち)
097暴風(ばうふう)洪水(こうずゐ)大火(たいくわ)なく
098饑饉(ききん)戦争(せんそう)病気(びやうき)なく
099四海同胞(しかいどうはう)御神慮(ごしんりよ)
100(あさ)(ゆふ)なに(かへり)みて
101(かみ)()さしの天職(てんしよく)
102(つく)させ(たま)へと(いの)れかし
103あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
104御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
105 ヒルの(みやこ)楓別命(かえでわけのみこと)(いもうと)紅井姫(くれなゐひめ)()容色(ようしよく)(なら)びなき、106今年(ことし)十九(じふく)(はる)(むか)へた美人(びじん)ありけり。107日暮(ひぐら)(がは)(みづ)(おほい)減少(げんせう)し、108数多(あまた)溌溂(はつらつ)たる鮮魚(せんぎよ)(いづ)れも下流(かりう)のヒルの(みやこ)附近(ふきん)に、109大部分(だいぶぶん)(あつ)まり(きた)り、110鵜飼(うがひ)(あそ)びは昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく、111(さかん)(おこな)はれける。112紅井姫(くれなゐひめ)侍女(じぢよ)として(つか)へまつれる、113アリー、114サールの二女(にぢよ)(やかた)内事(ないじ)(つかさど)るモリスと(とも)に、115一度(いちど)(この)鵜飼(うがひ)(あそ)びを(こころ)みたく希望(きばう)しゐたりしが、116(なん)()つても(つと)めの()(うへ)117自由(じいう)にならぬ(かな)しさに、118()りある(ごと)紅井姫(くれなゐひめ)(まへ)()で、119日暮(ひぐら)(がは)鵜飼(うがひ)(もつと)壮快(さうくわい)なる(こと)(はな)()たりける。120紅井姫(くれなゐひめ)侍女(じぢよ)面白(おもしろ)さうな(はなし)(やや)(こころ)(かたむ)け、121(みづか)(あに)楓別命(かえでわけのみこと)(むか)つて一日(いちにち)清遊(せいいう)(ゆる)されむ(こと)()ひければ、122楓別命(かえでわけのみこと)何時(いつ)深窓(しんそう)にのみ()りて、123外出(ぐわいしゆつ)せざる紅井姫(くれなゐひめ)のたまたまの希望(きばう)なれば、124(いな)むに(よし)なく、125(こころよ)(これ)(ゆる)し、126内事(ないじ)(つかさ)モリスを(はじ)め、127アリー、128サールの侍女(じぢよ)(したが)へ、129(その)()四五(しご)従者(じゆうしや)(とも)に、130城外(じやうぐわい)(なが)るる日暮(ひぐら)(がは)鵜飼(うがひ)(あそ)びを(ゆる)したりける。
131 (ここ)紅井姫(くれなゐひめ)(てん)にも(のぼ)心地(ここち)して、132モリス以下(いか)(したが)へ、133鵜飼(うがひ)(あそ)びを(をは)り、134数多(あまた)鮮魚(せんぎよ)生捕(いけど)り、135勝誇(かちほこ)つたる面色(おももち)にて城下(じやうか)(かへ)(きた)(をり)しもあれや、136(にはか)天地(てんち)震動(しんどう)し、137大地(だいち)上下(じやうげ)左右(さいう)動揺(どうえう)(はじ)め、138家屋(かをく)はベタベタと将棋倒(しやうぎだふ)しになり、139紅井姫(くれなゐひめ)一行(いつかう)(また)市内(しない)家屋(かをく)(あつ)せられ、140(けむり)(つつ)まれ()へずなりける。
141 火災(くわさい)各所(かくしよ)(おこ)り、142(たちま)ちヒルの(みやこ)阿鼻叫喚(あびけうくわん)(ちまた)(くわ)しぬ。143()かる(ところ)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)悠々(いういう)として(すす)(きた)一人(ひとり)宣伝使(せんでんし)は、144国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)なりける。
145 両側(りやうがは)家屋(かをく)街路(がいろ)無惨(むざん)にも滅茶々々(めつちやめつちや)(たふ)れ、146(さち)追々(おひおひ)前後(ぜんご)左右(さいう)より()(きた)(その)物凄(ものすご)さ。147(たちま)(けぶり)(つつ)まれて、148咫尺(しせき)(べん)ぜざるに(いた)れり。149間近(まじか)足許(あしもと)(きこ)ゆる(をんな)悲鳴(ひめい)150国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)は、151(その)(こゑ)目当(めあ)てに(さぐ)()り、152(おさ)へられたる(はしら)剛力(がうりき)(まか)せて()(のぞ)き、153何人(なにびと)かは()らね(ども)154矢庭(やには)()()ひ、
155天津神(あまつかみ)156国津神(くにつかみ)157国魂(くにたま)(かみ)158産土(うぶすな)(かみ)159一時(いちじ)(はや)(この)惨状(さんじやう)(たす)(たま)へ……』
160(いの)りつつ宣伝歌(せんでんか)をうたひ、161(けぶり)(なか)をかきわけて、162ヒルの(みやこ)中央(ちうおう)下津岩根(したついはね)岩石(がんせき)()(なら)べたる自然(しぜん)要害地(えうがいち)163楓別命(かえでわけのみこと)神館(かむやかた)(おも)はず()らず()()きぬ。
164 国依別(くによりわけ)はヤツと(むね)()(おろ)し、165(をんな)()より(その)()におろし、166ホツト(いき)をつぎにける。167(をんな)(ほそ)(こゑ)にて、
168何処(どこ)(かた)かは(ぞん)じませぬが、169(あやふ)(ところ)御助(おたす)(くだ)さいまして、170有難(ありがた)御座(ござ)います。171(まつた)くあなた(さま)(わらは)(いのち)をお(たす)(くだ)さいました(まこと)生神様(いきがみさま)御座(ござ)いませう』
172感謝(かんしや)(なみだ)(しぼ)り、173()(あは)()(をが)む。174国依別(くによりわけ)言葉(ことば)(しづ)かに、
175(わたし)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)御座(ござ)います。176これの神館(かむやかた)にまします楓別命(かえでわけのみこと)(さま)一度(いちど)()(かか)りたく、177遥々(はるばる)(たづ)ねて(まゐ)途中(とちう)(おい)て、178(いま)大震害(だいしんがい)179(おも)はずあなたを御助(おたす)けしたのも、180(まつた)神様(かみさま)御引合(おひきあは)せで御座(ござ)いませう。181御礼(おれい)をいはれては(かへつ)迷惑(めいわく)(ぞん)じます』
182(わらは)楓別命(かえでわけのみこと)(いもうと)紅井姫(くれなゐひめ)(まを)(もの)183日暮(ひぐら)(がは)鵜飼(うがひ)(あそ)びの(かへ)るさ、184(おも)ひもかけぬ大地震(だいぢしん)(やく)()ひ、185(いのち)(あやふ)(ところ)186あなたに(たす)けられた(もの)御座(ござ)います。187サアサア(はや)御通(おとほ)(くだ)さいませ。188(あに)もさぞ(よろこ)(こと)御座(ござ)いませう』
189『あゝ左様(さやう)御座(ござ)いましたか。190不思議(ふしぎ)御縁(ごえん)御座(ござ)いますなア。191(しか)(なが)ら……アレ御覧(ごらん)なさいませ。192四方(よも)山々(やまやま)(さかん)噴火(ふんくわ)(はじ)め、193黒雲(こくうん)(てん)(ふう)じ、194()()け、195各所(かくしよ)より濁水(だくすい)()()し、196(はや)くも低地(ていち)大洪水(だいこうずゐ)となり、197人々(ひとびと)()(さけ)(こゑ)は、198刻々(こくこく)(たか)まりて(まゐ)りました。199(わたくし)(これ)より(きう)(たま)神力(しんりき)(もつ)て、200(この)天変地妖(てんぺんちえう)(しづ)め、201万民(ばんみん)(たす)けねばなりませぬ。202貴女(あなた)はどうか(はや)くお(やかた)御這入(おはい)(くだ)さいませ。203後程(のちほど)(まゐ)りますから……』
204左様(さやう)ならばお(さき)失礼(しつれい)(いた)します。205キツと御待(おま)(まを)して()りますから、206(かなら)ずお這入(はい)(くだ)さいませや』
207()ひすてて、208(やかた)(うち)(あはた)だしく駆入(かけい)りにける。209国依別(くによりわけ)一心(いつしん)に、
210(くに)大御祖(おほみおや)国治立命(くにはるたちのみこと)211豊国姫命(とよくにひめのみこと)212国魂(くにたま)(かみ)213一時(いちじ)(はや)(この)地異(ちい)天変(てんぺん)(しづ)め、214青人草(あをひとぐさ)(まを)すも(さら)なり、215一切(いつさい)生物(せいぶつ)御救(おすく)(くだ)さりませ……』
216(ねん)じ、217全身(ぜんしん)霊力(れいりよく)()め、218(あま)数歌(かずうた)(こゑ)高々(たかだか)()りあげ、219『ウーウー』とウの言霊(ことたま)発射(はつしや)すれば、220不思議(ふしぎ)大地(だいち)震動(しんどう)(たちま)休止(きうし)し、221諸山(しよざん)噴火(ふんくわ)(したが)つて(とどま)り、222噴出(ふんしゆつ)する洪水(こうずゐ)はピタリと()まつて、223()()(うち)減水(げんすい)(はじ)めたり。224言霊(ことたま)伊吹(いぶき)(ちから)(いちじる)しく、225満天(まんてん)(つつ)みし黒雲(くろくも)(ぬぐ)ふが(ごと)()(わた)り、226歓喜(くわんき)太陽(たいやう)煌々(くわうくわう)として中天(ちうてん)(かがや)き、227下界(げかい)惨状(さんじやう)(あは)れげに(てら)(たま)うた。
228 楓別命(かえでわけのみこと)高殿(たかどの)(あが)り、229(この)惨状(さんじやう)(すく)はむと、230一心不乱(いつしんふらん)紅井姫(くれなゐひめ)()(うへ)(こと)などは、231スツカリ念頭(ねんとう)より忘却(ばうきやく)して、232只々(ただただ)天下(てんか)万民(ばんみん)(ため)祈願(きぐわん)をこらしつつありき。
233 ()かる(ところ)国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)(あら)はれ(きた)りて、234天津祝詞(あまつのりと)生言霊(いくことたま)円満(ゑんまん)清朗(せいらう)()()げければ、235一切(いつさい)地異(ちい)天変(てんぺん)言霊(ことたま)神力(しんりき)()りて、236(ふたた)安静(あんせい)()し、237天日(てんじつ)(ひか)りを(あふ)ぐに(いた)り、238万民(ばんみん)歓喜(くわんき)(こゑ)239天地(てんち)()(わた)りける。240アヽ惟神(かむながら)241惟神(かむながら)242生言霊(いくことたま)神力(しんりき)243()(たふと)さの(かぎ)りと()ふべし。
244 紅井姫(くれなゐひめ)報告(はうこく)()り、245楓別命(かえでわけのみこと)驚喜(きやうき)(なが)ら、246(あはた)だしく国依別(くによりわけ)()てる(まへ)(きた)りて、247(その)神力(しんりき)感賞(かんしやう)し、248()つ、
249紅井姫(くれなゐひめ)(いのち)(まで)(すく)(たま)ひし(こと)有難(ありがた)さよ、250御礼(おれい)言辞(ことば)(つく)(がた)し……』
251感涙(かんるい)(むせ)(なが)ら、252国依別(くによりわけ)(ともな)ひて、253奥殿(おくでん)()して(すす)()く。
254 ()第一(だいいち)国依別(くによりわけ)言葉(ことば)()れ、255非常時(ひじやうじ)(ため)とて、256(たくは)へおきたる五穀(ごこく)(くら)(ひら)き、257楓別命(かえでわけのみこと)258国依別(くによりわけ)259紅井姫(くれなゐひめ)(はじ)めとし、260秋山別(あきやまわけ)261科山別(しなやまわけ)駿馬(しゆんめ)(またが)り、262城下(じやうか)(くま)なく()(めぐ)り、263大音声(だいおんじやう)にて、
264市中(しちう)人々(ひとびと)よ、265一刻(いつこく)(はや)くヒルの(しろ)神館(かむやかた)()(きた)れ。266汝等(なんぢら)一同(いちどう)(たす)(つか)はさむ!』
267市中(しちう)(くま)なく、268泥濘(でいねい)(みち)()(めぐ)りけるにぞ、269(はしら)(あつ)せられて半死半生(はんしはんしやう)となりし(もの)270(みづ)(おぼ)れて、271(はや)くも死亡(しぼう)せし(もの)272()()かれたる(もの)など、273(その)惨状(さんじやう)()(あて)られぬ(ばか)りなりけり。
274 楓別命(かえでわけのみこと)秋山別(あきやまわけ)275科山別(しなやまわけ)(めい)じ、276(にはか)館内(くわんない)男女(だんぢよ)をして()()しをなさしめ、277日夜(にちや)救済(きうさい)(つと)め、278負傷者(ふせうしや)鎮魂(ちんこん)(もつ)(これ)(なを)しやり、279(あまね)数多(あまた)人々(ひとびと)仁恵(じんけい)(ほどこ)し、280国依別(くによりわけ)神力(しんりき)楓別命(かえでわけのみこと)仁愛(じんあい)真心(まごころ)(あまね)国内(こくない)喧伝(けんでん)さるるに(いた)れり。281(これ)より国依別(くによりわけ)楓別命(かえでわけのみこと)(すす)むる(まま)に、282(しばら)神館(かむやかた)(あし)(とど)め、283数多(あまた)国人(くにびと)神教(しんけう)(あらた)(つた)へけるが、284今迄(いままで)ウラル(けう)やバラモン(けう)(しん)()たる人々(ひとびと)も、285(この)(たび)地異(ちい)天変(てんぺん)()つて、286三五教(あななひけう)(すく)はれたるを(こころ)(そこ)より打喜(うちよろこ)び、287国内(こくない)(こぞ)つて三五(あななひ)(まこと)信徒(しんと)となりにける。
288大正一一・八・一八 旧六・二六 松村真澄録)
289(昭和九・一二・一六 王仁校正)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら