霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 秋鹿(あきしか)(さけび)〔八七一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第1篇 千状万態 よみ:せんじょうばんたい
章:第5章 第31巻 よみ:あきしかのさけび 通し章番号:871
口述日:1922(大正11)年08月18日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3105
愛善世界社版:49頁 八幡書店版:第6輯 59頁 修補版: 校定版:51頁 普及版:22頁 初版: ページ備考:
001 紅井姫(くれなゐひめ)(いのち)にも()へて()(した)つて()初恋(はつこひ)国依別(くによりわけ)介抱(かいほう)され、002(その)(うれ)しさに病気(びやうき)段々(だんだん)(かる)くなり、003(ほとん)全快(ぜんくわい)近付(ちかづ)いた。004紅井姫(くれなゐひめ)はまだ十九才(じふくさい)花盛(はなざか)り、005国依別(くによりわけ)(はや)くも四十(しじふ)(さか)(みつ)()()してゐた。006されど(きう)(たま)神徳(しんとく)にてらされて、007元気(げんき)益々(ますます)(くは)はり、008血色(けつしよく)よく、009一見(いつけん)して三十(さんじふ)前後(ぜんご)若者(わかもの)とより()えなかつた。010紅井姫(くれなゐひめ)侍女(じぢよ)(とほ)ざけ只一人(ただひとり)011(こころ)(さび)しげに一絃琴(いちげんきん)(だん)じ、012(こころ)(たけ)(うた)()る。
013(あめ)(つち)との水火(いき)をもて
014(うま)()でたる(ひと)()
015如何(いか)でか(かみ)御恵(おんめぐ)
016(かうむ)らずしてあるべきや
017秋野(あきの)にすだく(むし)()
018木々(きぎ)(さへづ)百鳥(ももとり)
019長閑(のどか)(こゑ)もをし()べて
020(こひ)(かた)らぬものぞなき
021恋路(こひぢ)(まよ)はぬ(もの)あらむ
022(こころ)(そこ)奥山(おくやま)
023(きよ)()りはふ紅井(くれなゐ)
024紅葉(もみぢ)(いろ)(あこ)がれて
025(つま)()鹿(しか)もある()(なか)
026国依別(くによりわけ)(かみ)さまは
027どうして()くも(つれ)ないぞ
028此方(こちら)(おも)へば先方(さき)()
029(おも)(かへ)さぬ(こひ)(やみ)
030(まよ)(われ)らの(くる)しみを
031()りある(ごと)打明(うちあ)けて
032(かた)らむものと(おも)(ども)
033女心(をんなごころ)(はづ)かしく
034(なれ)御身(おんみ)(おも)ふとは
035(おも)(ひと)には(おも)はれじと
036(おも)ふは(たれ)(おも)ふなるらむ
037あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
038(むす)びの(かみ)(さち)はひに
039紅井姫(くれなゐひめ)真心(まごころ)
040国依別(くによりわけ)御前(おんまへ)
041(ゆめ)になり(とも)()らせたい
042()ひき(そで)ひきいろいろと
043(とほ)くまはして()らせ(ども)
044野山(のやま)諸木(もろき)(かは)(いし)
045(いはほ)(ごと)(ぐわん)として
046歯節(はぶし)()たぬ国依別(くによりわけ)
047(をか)しがたなき(その)(こころ)
048益々(ますます)(つの)るは(こひ)意地(いぢ)
049()()(ため)には(わが)(いのち)
050仮令(たとへ)()(すゑ)(やま)(おく)
051(かばね)(さら)()あり(とも)
052などか(いと)はむ(ひと)ことの
053(なれ)(みこと)御口(みくち)より
054(やさ)しき言葉(ことば)(はな)(いろ)
055うつさせ(たま)紅井姫(くれなゐひめ)
056このいじらしき真心(まごころ)
057()らぬ(かほ)なる(うら)めしさ
058それに引替(ひきか)朝夕(あさゆふ)
059執念深(しふねんぶか)くも()(ねら)
060(いや)(をとこ)秋山別(あきやまわけ)
061内事司(ないじつかさ)のモリスまで
062言葉(ことば)(たくみ)()()りて
063秋波(しうは)(おく)(いや)らしさ
064(こひ)しき(ひと)()らぬ(かほ)
065生命(いのち)かけての紅井(くれなゐ)
066(わが)言霊(ことたま)木耳(きくらげ)
067(すこ)しも(ひび)かぬつれなさよ
068金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)
069御霊(みたま)(さち)はひましまして
070()ひたく(おも)国依別(くによりわけ)
071(えにし)(むす)ばせ(たま)へかし
072うるさき二人(ふたり)恋心(こひごころ)
073一日(ひとひ)(はや)皇神(すめかみ)
074(たふと)御稜威(みいづ)(あら)はして
075(おも)()らせて(たま)へかし
076あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
077(をとこ)(うま)女子(をみなご)
078(うま)(きた)るも(かみ)()
079(ふか)きえにしのあるものぞ
080(いま)(つま)なき国依別(くによりわけ)
081(かみ)(つかさ)紅井姫(くれなゐひめ)
082(きよ)(こころ)初恋(はつごひ)
083(かな)へて(なれ)()二人(ふたり)
084国魂神(くにたまがみ)御前(おんまへ)
085()()()つて(いさぎよ)
086鴛鴦(をし)(ちぎり)(れい)(まゐ)
087一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
088(おも)ひを(かな)(たま)へかし
089あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
090御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
091(うた)(をは)り、092一絃琴(いちげんきん)(よこ)()き、093木茄子(きなすび)(かは)()き、094一口(ひとくち)(のど)をうるほし(なが)ら、095(また)もや(こひ)(なや)みつつ、096双手(もろで)()みて溜息(ためいき)をつき()たり。097(かか)(ところ)へ、098国依別(くによりわけ)数多(あまた)人々(ひとびと)鎮魂(ちんこん)(ほどこ)し、099(やや)()すきになつたのを(さいは)ひ、100紅井姫(くれなゐひめ)居間(ゐま)休息(きうそく)がてら()(きた)り、
101紅井姫(くれなゐひめ)(さま)102(たしか)一絃琴(いちげんきん)(おと)(きこ)えて()りましたが、103随分(ずいぶん)上手(じやうづ)御座(ござ)いますなア。104どうぞ(わたくし)にも()かして(くだ)さいませぬか?』
105 (この)言葉(ことば)紅井姫(くれなゐひめ)は、106最前(さいぜん)(うた)()かれたのではあるまいかと(むね)(とどろ)かせ、107(たちま)面部(かほ)をパツと(くれなゐ)(いろ)染乍(そめなが)ら、
108『ハイ(わらは)手慰(てすさ)びを(のこ)らずお()きになりましたか?』
109(はづ)かしげに(うつ)むく。110国依別(くによりわけ)(なに)げなう、111無雑作(むざふさ)に、
112『イヽエ(うけたま)はりませぬ。113(すこ)しく()すきになりましたので、114御機嫌(ごきげん)(うかが)はふと(おも)つて、115長廊下(ながらうか)(まゐ)りますと、116あなたの御居間(おゐま)(こと)()(きこ)えて()ますので、117どうぞ(ひと)()かして(いただ)きたいと(おも)ひ、118そこ(まで)(まゐ)りますと、119(はや)くもお(こと)()()まりました。120残念(ざんねん)(こと)(いた)しましたよ。121一息(ひといき)(はや)(うかが)へば、122妙音(めうおん)菩薩(ぼさつ)音楽(おんがく)()かれる(ところ)御座(ござ)いましたに』
123 紅井姫(くれなゐひめ)は、
124『ホヽヽヽヽ』
125(そで)(かほ)()て、126(はづ)かしげに(わら)ふ。
127(ひめ)さま、128(なが)らく御厄介(ごやくかい)(あづか)りましたが、129明日(みやうにち)は、130(ひま)頂戴(ちやうだい)して(かへ)らうと(ぞん)じます。131(つい)ては明朝(みやうてう)(はや)くなりますから、132あなたの御休眠中(おやすみちう)にお()をさましてもなりませぬから、133(これ)きりで(しばら)くお()にかからないとも(わか)りませぬ。134ここで明日(あす)御別(おわか)れの御挨拶(ごあいさつ)(いた)しておかうと(ぞん)じます』
135 紅井姫(くれなゐひめ)(にはか)顔色(かほいろ)()へ、
136『エヽ(なん)(あふ)せられます。137明日(あす)御帰(おかへ)りとは、138そりや(また)(あま)りぢや御座(ござ)りませぬか。139(わらは)がこれ(だけ)……』
140(なが)らく御親切(ごしんせつ)(あづか)りましたが、141(これ)から、142ハルの(くに)(わた)りウヅの(くに)(まゐ)り、143言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)()はなくてはなりませぬ。144それ(まで)二三人(にさんにん)(をとこ)(たす)けねばならぬ(こと)御座(ござ)いますので、145非常(ひじやう)(こころ)(いそ)ぎますから、146是非々々(ぜひぜひ)明日(みやうにち)出立(しゆつたつ)(いた)さねばなりませぬ。147(なが)らく懇意(こんい)(あづか)りましたが、148生者必滅(せいじやひつめつ)会者定離(ゑしやぢやうり)149()ふは(わか)れの(はじ)めとやら、150どうぞ是迄(これまで)御縁(ごえん)思召(おぼしめ)して(くだ)さいませ、151貴女(あなた)御健全(ごけんぜん)(やう)()()御祈(おいの)りを(いた)しますから、152御病気(ごびやうき)(こと)なぞ、153(かなら)御心配(ごしんぱい)なさらない(やう)(たの)みます』
154 紅井姫(くれなゐひめ)は『エヽ』と()つた()り、155(その)()(おどろ)いて(たふ)れむとし、156(たちま)()(くら)み、157(みみ)早鐘(はやがね)をつき心臓(しんざう)鼓動(こどう)(はげ)しく、158不安(ふあん)状態(じやうたい)(あら)はれ()たる。159国依別(くによりわけ)は……ハテ(こま)つた(こと)出来(でき)たわい……と(やや)心配(しんぱい)して()る。160紅井姫(くれなゐひめ)(こら)()れなくなつたと()え『ウン……』と一声(ひとこゑ)(その)()悶絶(もんぜつ)して(しま)つた。161国依別(くによりわけ)(おどろ)いて、162(ただち)に、163(ひめ)()()り、164指先(ゆびさき)より(いき)()きこみ、165いろいろと介抱(かいほう)結果(けつくわ)166(やうや)(ひめ)正気(しやうき)づきぬ。
167『お(ひめ)(さま)168()()きましたか。169マア結構(けつこう)御座(ござ)いました。170(わたくし)大変(たいへん)心配(しんぱい)(いた)しましたよ。171何事(なにごと)御心配(ごしんぱい)がお()りなさるか()りませぬが、172()(なか)如何(どう)しても、173人間(にんげん)(おも)(やう)には()くものではありませぬ。174何事(なにごと)神様(かみさま)御心(みこころ)(まま)によりならないものです。175(たと)へば夫婦(ふうふ)(みち)だつて、176()ひたひ()ひたひと(おも)うてゐる(をんな)があつても、177(かみ)御許(おゆる)しがなければ()(こと)出来(でき)ず、178(きら)いでならない女房(にようばう)()つて、179一生(いつしやう)不愉快(ふゆくわい)(くら)(もの)もあり、180(また)()きな(もの)同志(どうし)夫婦(ふうふ)になり、181一時(いちじ)非常(ひじやう)(たの)しく(くら)して()(もの)中途(ちうと)邪魔(じやま)這入(はい)り、182障害(しやうがい)出来(でき)などして、183破鏡(はきやう)(なげ)きを(あぢ)はふ(もの)御座(ござ)います。184それだから人間(にんげん)到底(たうてい)自分(じぶん)(おも)(やう)にならないものだと(おも)つて()れば、185何事(なにごと)(あきら)めが()くもので御座(ござ)います』
186 紅井姫(くれなゐひめ)(うら)めしげに国依別(くによりわけ)(かほ)()つめ、187(なに)()はむとして口籠(くちごも)るものの(ごと)く、188上下(うへした)(くちびる)をビリビリと(ふる)はせゐる。
189 国依別(くによりわけ)紅井姫(くれなゐひめ)()()でさすり、190いろいろと(なぐさ)めゐる(をり)しも、191(にはか)足音(あしおと)(たか)く、192(へだ)ての(ふすま)(しづか)(あら)(ひき)あけて、193ヌツと(くび)()した秋山別(あきやまわけ)は、
194『ヤアお(たのし)みの(ところ)へ、195行儀(ぎやうぎ)()らぬ不作法者(ぶさはふもの)がやつて(まゐ)りまして、196(なん)とも(はや)面目(めんぼく)次第(しだい)御座(ござ)いませぬ。197(しか)(なが)国依別(くによりわけ)さま、198(まへ)さまは(たれ)(ことわ)つて(ひめ)(さま)御居間(おゐま)へお()しになつたのですか。199御病気(ごべうき)なれば()(かく)も、200(この)(ごろ)最早(もはや)全快(ぜんくわい)(あそ)ばし、201(まへ)さまの御祈念(ごきねん)御願(おねがひ)する必要(ひつえう)もなくなつた今日(こんにち)202(なん)(ため)203(ひめ)(さま)一人(ひとり)居間(ゐま)御出(おい)でになり、204(その)(うへ)()(にぎ)り、205(せな)()で、206(なん)()不作法(ぶさはふ)(こと)をなさいますか。207不義(ふぎ)御家(おいへ)御禁制(ごはつと)208サアサア、209(この)秋山別(あきやまわけ)現場(げんぢやう)見着(みつ)けた(うへ)は、210如何(いか)御弁解(ごべんかい)をなさらうとも、211承知(しようち)(つかまつ)らぬ。212今日(こんにち)(かぎ)(この)(やかた)をトツトと退去(たいきよ)なされ。213ヒルの(やかた)総取締(そうとりしまり)秋山別(あきやまわけ)が、214職名(しよくめい)()つて申付(まをしつ)けまするぞ』
215『これは心得(こころえ)ぬあなたの御言葉(おことば)216国依別(くによりわけ)があなたの()からは不義者(ふぎもの)()えますかナ』
217()えるも()えぬもない、218(げん)(いま)(ひめ)(さま)御体(おからだ)()をさへたぢやないか』
219『コレ秋山別(あきやまわけ)220人様(ひとさま)(むか)つて、221さうズケズケと御無礼(ごぶれい)(こと)(まを)(もの)でない。222(わらは)(いま)急病(きふべう)(はつ)し、223(くるし)みて()(ところ)(とほ)りかかつて苦悶(くもん)(こゑ)()き、224(たす)けに()(くだ)さつたのだよ。225どうぞお(まへ)(うたがひ)()らして御礼(おれい)()うて(くだ)さい』
226(なん)とお(ひめ)(さま)227あなたも(この)(ごろ)随分(ずいぶん)(たび)(かた)になられましたねえ。228国依別(くによりわけ)さまのお仕込(しこみ)で、229イヤもう秋山別(あきやまわけ)もあなたの言霊(ことたま)には、230ヘヽ閉口(へいこう)(いた)しますワイ』
231『コレ秋山別(あきやまわけ)232(まへ)(わらは)足袋(たび)(かた)(いま)()つたが、233そりや(また)如何(どう)いふ(わけ)だい。234()らしてお()れ』
235中々(なかなか)(この)(ごろ)はお(ひめ)(さま)もお(くち)上手(じやうづ)にお()(あそ)ばし、236御弁解(ごべんかい)(うま)くて足袋(たび)(かた)中々(なかなか)()()はぬと()つたのですよ。237アハヽヽヽ』
238秋山別(あきやまわけ)さま、239(かなら)御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな。240国依別(くによりわけ)もいよいよ明日(あす)より出立(しゆつたつ)(いた)しますから、241何分(なにぶん)(ひめ)(さま)もお(よわ)(からだ)242どうぞ()()けて()げて(くだ)さいませ』
243(あふ)(まで)もなく、244昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく、245(ひめ)(さま)御体(おからだ)大切(たいせつ)保護(ほご)(いた)(この)秋山別(あきやまわけ)246御注意(ごちうい)御無用(ごむよう)御座(ござ)います』
247憎々(にくにく)しげに()ふ。
248『いよいよ明日(あす)国依別(くによりわけ)(さま)249()ちで御座(ござ)いますか。250(あんま)意地(いぢ)くねの(わる)秋山別(あきやまわけ)が、251いつもあなたの御心(みこころ)(そこ)ねまして、252(じつ)にお()(どく)申訳(まをしわけ)御座(ござ)いませぬ。253(これ)もヤツパリ(わらは)(つみ)御座(ござ)いますから、254どうぞ秋山別(あきやまわけ)(わる)いとは思召(おぼしめ)さず、255(わらは)をお(しか)(くだ)さいませ』
256『これはしたり、257(ひめ)さま、258これ(ほど)親切(しんせつ)に、259身命(しんめい)()して貴女様(あなたさま)(こと)(ばか)(おも)つて()秋山別(あきやまわけ)を、260意地苦根(いぢくね)(わる)(をとこ)とは、261チと(きこ)えぬぢやありませぬか。262大方(おほかた)国依別(くによりわけ)さまに()智慧(ぢゑ)をして(もら)ひなさつたのでせう』
263其様(そん)御無礼(ごぶれい)(こと)()つてはなりませぬ。264(なん)()つても、265(わらは)国依別(くによりわけ)さまが(いのち)がけの()きなお(かた)266(まへ)はゲヂよりも(きら)ひだよ。267総取締(そうとりしまり)(やく)であり(なが)ら、268(みち)(はう)はそつち()けにして、269(わらは)(そば)(ばか)り、270()がな(すき)がな、271(いや)らしい目附(めつき)をしてお()でだから、272(わらは)(あな)でもあれば、273(まへ)()(たび)に、274這入(はい)りたい(やう)心持(こころもち)がして、275病気(びやうき)段々(だんだん)(おも)くなる(ばか)りだよ。276それで(にい)さまに一伍一什(いちぶしじふ)申上(まをしあ)げたら、277(いま)秋山別(あきやまわけ)(はう)()して、278(ほか)(もの)()()へするから、279(しばら)辛抱(しんばう)せよと仰有(おつしや)つたよ。280モウ()うなつては仕方(しかた)がないから、281(つつ)まず(かく)さず、282露骨(ろこつ)()つて()げるからお(まへ)()加減(かげん)(あきら)めたが()からう。283(をんな)部屋(へや)(をとこ)()るものではない。284サア(はや)彼方(あちら)へお()き、285御用(ごよう)(つかへ)()るぢやないか』
286『チヨツ、287エヽ仕方(しかた)がない、288何程(なにほど)親切(しんせつ)(つく)しても、289(わたくし)(こころ)()()つて紅井姫(くれなゐひめ)かなア。290ナニ此処(ここ)追出(おひだ)されるのなら、291モウ(やぶ)れかぶれだ、292(こひ)(かな)はぬ意趣(いしゆ)(がへ)しに、293(ひと)国依別(くによりわけ)のドタマをかちわつて、294(うらみ)()らしてやらう』
295()(なが)ら、296(かたはら)火鉢(ひばち)()るより(はや)く、297国依別(くによりわけ)()がけて(うち)つける。298国依別(くによりわけ)はヒラリと(たい)をかはし、
299『アハヽヽヽ、300(あぶ)ない(あぶ)ない、301秋山別(あきやまわけ)さま、302(ひめ)さまのお言葉(ことば)()()けては()けないよ。303(くち)(わる)()うて(こころ)でほめて、304(かげ)惚気(のろけ)がきかしたい……と()筆法(ひつばふ)だから、305安心(あんしん)なされませ。306(なん)()つても国依別(くによりわけ)明早朝(みやうさうてう)ここをお(いとま)せなくてはならないのだからなア』
307 秋山別(あきやまわけ)(うれ)しさうに、
308国依別(くによりわけ)(さま)309失礼(しつれい)(いた)しました。310(これ)一時(いちじ)狂言(きやうげん)御座(ござ)いますから、311(かなら)(わる)()つて(くだ)さいますな。312どうぞウーンとやられちや大変(たいへん)ですから、313(はら)()ちませうが、314どうぞそこは神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、315()(なほ)して(くだ)さいませ』
316左様(さやう)(こと)(はら)()(やう)国依別(くによりわけ)では御座(ござ)いませぬ』
317『どうしても、318あなたは可憐(かれん)(わたし)()て、319明日(あす)()ちで御座(ござ)いますか?』
320『ハイ、321折角(せつかく)馴染(なじみ)になつて、322(じつ)(のこ)(おほ)御座(ござ)いますが、323神界(しんかい)御用(ごよう)(いそ)ぎますから、324今晩(こんばん)楓別命(かへでわけのみこと)(さま)にトツクリと事情(じじやう)申上(まをしあ)げ、325(ひま)頂戴(ちやうだい)(いた)(かんが)へで御座(ござ)います』
326 紅井姫(くれなゐひめ)は『アツ』と(さけ)んで(また)もや(その)()打倒(うちたふ)れ、327前後(ぜんご)不覚(ふかく)(おちい)りにける。
328大正一一・八・一八 旧六・二六 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)