霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 天狂坊(てんきやうばう)〔八八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第3篇 千里万行 よみ:せんりばんこう
章:第16章 第31巻 よみ:てんきょうぼう 通し章番号:882
口述日:1922(大正11)年08月19日(旧06月27日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
木の下で休息していた秋山別とモリスが木に登って来ようとしたので、国依別はにわかに天狗の声を出して驚かした。
国依別は二人に、紅井姫とエリナは日暮シ山の岩窟に居ると真実を告げるが、以前にやはり天狗の声色でだまされた二人は容易に信用しなかった。
そこへ、紅井姫とエリナがやってきて、秋山別とモリスの手を取ると、恋人気取りで行ってしまった。
安彦と宗彦は、日暮シ山に居るはずの紅井姫とエリナが突然ここにやってきたことを不審がるが、国依別は、あれは白狐の旭明神・月日明神が自分たちを助けてくれたのだ、と教えた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3116
愛善世界社版:188頁 八幡書店版:第6輯 112頁 修補版: 校定版:193頁 普及版:89頁 初版: ページ備考:
001 国依別(くによりわけ)一行(いつかう)山桃(やまもも)()頂点(ちやうてん)()(どもへ)となつて(いき)をころし、002(はや)樹下(じゆか)二人(ふたり)此処(ここ)立去(たちさ)れかしと、003心中(しんちう)(ひそ)かに(いの)つて()る。004三人(さんにん)樹上(じゆじやう)(かく)れてゐるとは、005(かみ)ならぬ()()(よし)もなく(あき)006モリ二人(ふたり)は、007()根株(ねかぶ)(こし)(うち)かけ、
008『オイ、009モリス、010(なん)不思議(ふしぎ)(こと)があればあるものぢやないか。011(げん)丸木橋(まるきばし)(うた)(うた)つたり、012(はなし)()つて(とほ)つたのも確実(かくじつ)だ。013(また)(けやき)()(かき)おきがしてあつたのも、014(また)(ゆめ)でもなければ、015(まぼろし)でもない。016さうすれば()うしても(この)(みち)()なくてはならぬ(はず)だ。017何程(なにほど)(あし)(はや)いと()つても、018(をんな)(あし)でさう(はや)()ける道理(だうり)もなし、019大方(おほかた)天狗(てんぐ)にでも(つま)まれたのではなからうかな』
020『ナアニ秋山別(あきやまわけ)021そンな気遣(きづか)ひがあるものかい。022キツと此処(ここ)()()るに(ちが)ひないワ。023それにしても、024小気味(こきみ)のよい(こと)ぢやないか。025国依別(くによりわけ)(あと)()つかけて()るとうるさいから、026(あき)さま、027モリさま、028あの一本橋(いつぽんばし)(おと)して(くだ)さい……なんて、029()ましやくれた(こと)()いてあつたぢやないか。030(おれ)やモウあの一言(ひとこと)でサツパリ得心(とくしん)して(しま)つたよ。031(しか)(なが)大分(だいぶん)(あきら)めかけて()つた(おれ)(こひ)は、032再燃(さいねん)して炎々(えんえん)(てん)(こが)し、033咫尺暗澹(しせきあんたん)034疾風迅雷(しつぷうじんらい)()(おほ)はれ、035(みみ)(ろふ)せられ、036精神(せいしん)恍惚(くわうこつ)として、037魔風(まかぜ)恋風(こひかぜ)(つつ)まれて(しま)つたようだ。038それにしてもあの(はし)(くらゐ)(おと)した(ところ)で、039国依別(くによりわけ)(やつ)040二人(ふたり)(あと)()ぎつけてやつて()るに相違(さうゐ)ないワ。041一層(いつそう)(こと)042国依別(くによりわけ)(ここ)()るのを()()けて(おど)かしてボツ(かへ)してやらうか。043それに()いては(さいは)ひ、044(この)山桃(やまもも)()だ。045(この)(うへ)へあがつて天狗(てんぐ)声色(こわいろ)使(つか)ひ、046呶鳴(どな)りつけてやつたら、047流石(さすが)国依別(くによりわけ)(おも)()つて、048引返(ひつかへ)すに(ちがひ)ない。049なンと妙案(めうあん)だらう。050サアやがて()時分(じぶん)だ。051(のぼ)らう(のぼ)らう』
052()(みき)()をかけ、053一間(いつけん)(ばか)(のぼ)りかけた。
054 国依別(くによりわけ)はコリヤ面白(おもしろ)くない。055(おれ)(はう)から(ひと)天狗(てんぐ)になつてやらうと、056(こころ)(うち)決心(けつしん)し、057()(がね)のやうな(こゑ)張上(はりあ)げて、
058『ウー』
059(うな)()し、
060(この)(はう)はブラジル(やま)大天狗(だいてんぐ)061天狂坊(てんきやうばう)であるぞよ。062数万年来(すうまんねんらい)山桃(やまもも)()住家(すみか)(いた)()るにも(かか)はらず、063(けが)()てたる人間(にんげん)()(もつ)て、064(この)()(のぼ)れるなれば、065(のぼ)つて()よ。066(また)から引裂(ひきさ)いて(しま)うぞよ。067ウー』
068 二人(ふたり)(にはか)(かほ)真青(まつさを)にし、
069『ヤア(この)天狗(てんぐ)神王(しんわう)(もり)天狗(てんぐ)とは余程(よほど)()のある(やつ)だ。070グヅグヅして()るとどンな()()ふか()れぬぞ。071オイ、072モリ(こう)073(わび)をせうぢやないか』
074 モリスは(ふる)(なが)ら、
075『モシモシ天狗様(てんぐさま)076秋公(あきこう)(のぼ)らうと()つたので御座(ござ)います。077(わたくし)(けつ)してそンな失礼(しつれい)(こと)(いた)(かんが)へは御座(ござ)いませぬ。078どうぞ(ゆる)して(くだ)さいませ』
079(その)(はう)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)国依別(くによりわけ)が、080一本橋(いつぽんばし)(わた)(すき)(かんが)へ、081(はし)(おと)さうと(いた)した大悪人(だいあくにん)082容赦(ようしや)はならぬぞ』
083『ハイハイ、084(まこと)()まぬ(こと)(いた)しましたが、085これもヤツパリ秋公(あきこう)(こひ)懸橋(かけはし)をおとした国依別(くによりわけ)御座(ござ)いますから、086仕方(しかた)がなしに(おと)さうと(いた)しました。087(しか)しそれが(ため)国依別(くによりわけ)怪我(けが)をしたのでも、088()ンだのでもありませぬ。089どうぞ神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)して(くだ)さりますよう御願(おねがひ)(いた)します』
090(その)(はう)二人(ふたり)(をんな)行方(ゆくへ)()つて()るか』
091『ハイ、092(たしか)にあの丸木橋(まるきばし)(わた)り、093こちらへ()(はず)御座(ござ)いますが、094どこに沈没(ちんぼつ)(いた)しましたか、095(いま)だに行方不明(ゆくへふめい)にて捜索(そうさく)最中(さいちう)御座(ござ)います。096どうぞ御慈悲(おじひ)(もつ)(かれ)所在(ありか)御知(おし)らせ(くだ)さいますれば、097(まこと)(もつ)有難(ありがた)仕合(しあは)せと(ぞん)(たてまつ)ります』
098(なんぢ)(たづ)ぬる二人(ふたり)(をんな)(まを)すのは、099紅井姫(くれなゐひめ)100エリナの(こと)であらう』
101『ハイ御存(ごぞん)じの(とほ)り、102(その)(をんな)御座(ござ)います。103(いま)はどの(へん)()りますか、104どうぞ()(あが)りました(こと)御座(ござ)いますが、105一寸(ちよつと)()らせ(くだ)さいますれば大変(たいへん)都合(つがふ)()ろしう御座(ござ)ります』
106(その)(をんな)日暮(ひぐら)(やま)山麓(さんろく)107ウラル(けう)(やかた)に、108両人(りやうにん)(とも)機嫌(きげん)よく(くら)して()るぞよ。109(なに)踏迷(ふみまよ)うて斯様(かやう)(ところ)()()たのか。110大盲(おほめくら)()
111『オイ、112ヤツパリ日暮(ひぐら)(やま)岩窟(がんくつ)かも()れぬぞ。113(いま)天狗(てんぐ)さまが、114あゝ仰有(おつしや)ると、115(おれ)矢張(やつぱり)そンな心持(こころもち)がして()だしたよ』
116 (あき)117小声(こごゑ)で、
118馬鹿(ばか)()ふない、119あの(とほ)立派(りつぱ)(をんな)()書残(かきのこ)しもしてあるなり、120(げん)一本橋(いつぽんばし)(わた)(とき)(こゑ)()いたぢやないか。121(この)天狗(てんぐ)さま、122(なに)()ふか(わか)りやしないぞ。123野天狗(のてんぐ)()(もの)(うそ)(ばか)りいふものだから、124ウツカリ信用(しんよう)出来(でき)ないぞ』
125(この)(はう)(まを)(こと)をまだ(うたが)うて()るか。126それ(ほど)(うたが)ふのなら、127(ゆる)してやるから、128トツトと(この)()(うへ)へあがつて()い、129天狗(てんぐ)正体(しやうたい)をあらはし、130アフンとさしてやらうぞ』
131『メヽヽ滅相(めつさう)な、132(けつ)してウヽヽ(うたがひ)(いた)しませぬ。133天狗(てんぐ)さまに間違(まちがひ)(ござ)いませぬ』
134(その)(はう)神王(しんわう)(もり)(おい)出会(であ)うた天狗(てんぐ)とは種類(しゆるゐ)(ちが)うぞよ。135天狗(てんぐ)()(もの)千変万化(せんぺんばんくわ)(はたら)きを(いた)すものだ。136(また)(その)国々(くにぐに)の、137(くに)(たま)(より)(わけ)られてあるから、138チツとは調子(てうし)(ちが)うぞよ。139(あま)口答(くちごたへ)へを(いた)すと、140(ひと)()()ける(やう)()()はしてやらうか。141キジキジも()かねば安彦(やすひこ)とうたれはせうまいぞ。142マチマチに(その)(はう)(こころ)がなつて、143統一(とういつ)(いた)さず(むね)彦々(ひこひこ)144宗彦(むねひこ)(うご)いて()るから、145チツと()(おち)つけて(かんが)へたがよからう。146(この)山桃(やまもも)モリス立寄(たちよ)り、147(くち)(あき)148(やま)をアフンと(いた)して(なが)め、149(わけ)(わか)らぬ面付(かほつき)で、150何程(なにほど)(をんな)(あと)(さが)したとて、151(わか)りさうな(こと)はないぞよ。152サア(はや)(まよ)ひの(ゆめ)()まし、153一時(いちじ)(はや)くヒルの(くに)(かへ)り、154楓別命(かえでわけのみこと)にお(わび)(いた)して、155帰参(きさん)(ゆる)して(もら)ひ、156神妙(しんめう)神界(しんかい)御用(ごよう)(いた)すがよからうぞ。157ウー』
158 ()かる(ところ)見目(みめ)(かたち)(うる)はしき二人(ふたり)(をんな)159スタスタと(たに)(つた)(きた)り、160森蔭(もりかげ)立寄(たちよ)り、
161(たれ)かと(おも)へばお(まへ)さまは、162秋山別(あきやまわけ)さまであつたか。163あゝどれ(だけ)(さが)した(こと)だか(わか)りやしないワ。164マアよう無事(ぶじ)()(くだ)さいました。165(なつ)かしう(ぞん)じます。166(わらは)はヒルの(やかた)(わか)れてより、167今頃(いまごろ)はどうして御座(ござ)るかと、168()ても()めても心配(しんぱい)(いた)して()りました。169(わたくし)秋山別(あきやまわけ)さま、170あなたの御嫌(おきら)(あそ)ばす可憐(かれん)(をんな)紅井姫(くれなゐひめ)()(もの)です。171アンアンアン』
172()(そで)をあて、173()()して()せる。
174(たれ)かと(おも)へばモリスさま、175(わたくし)はエリナで御座(ござ)ります。176一度(いちど)()うた(その)()から、177(まへ)(わたし)生別(いきわか)れ、178(なん)便(たよ)りも内証(ないしよう)の、179(はなし)せうにも(こと)づけせうにも、180人目(ひとめ)(せき)(へだ)てられ、181()ひたい()たいと(あけ)くれに、182こがれ(した)つて()りました。183(まへ)()うてさまざまの、184(うら)みも()はう、185(こころ)(たけ)()いて(もら)はうと、186(おも)ひつめては、187(また)もや(おこ)持病(ぢびやう)(しやく)188アイタタアイタタ()ひたかつたわいなア。189モリスさま、190(まへ)(わたし)(くら)すなら、191仮令(たとへ)アマゾン(がは)(ほとり)でも、192ブラジル(やま)(たに)あひでも、193(いと)ひはせぬ、194どうぞ(わたし)(あは)れの(をんな)と、195可愛(かあい)がつて(くだ)さりませ。196コレのうモシ、197モリスさま』
198『ヤアよう()(くだ)さつた。199モリスとても御身(おんみ)(おも)(こころ)(かは)りのあるべきぞ。200(あめ)のあした、201(かぜ)(ゆふ)べ、202そなたは何処(いづこ)()てにさまよふかと、203(おも)ひつめたるモリスの(あつ)(こころ)204(かなら)(うら)ンでばし、205(くだ)さるなや』
206芝居(しばゐ)気取(きど)りになつて、207やつてゐる。208秋山別(あきやまわけ)(まけ)(おと)らず、
209『これはしたり御姫様(おひめさま)210チトお(つつし)みなされませ。211不義(ふぎ)御家(おいへ)御法度(ごはつと)212何程(なにほど)()れた(をとこ)ぢやとて、213はるばるブラジル(やま)谷底(たにそこ)まで、214(たづ)()るとは、215チと無分別(むふんべつ)では御座(ござ)らぬか。216(それがし)とても木石(ぼくせき)ならぬ青春(せいしゆん)()()ゆる(をとこ)()217無下(むげ)(かへ)したくはなけね(ども)218(ひめ)(さま)行末(ゆくすゑ)(おも)へばこそ、219(つれ)ない(こと)を……(まを)しませぬ。
220ホンに可愛(かあい)(ひめ)ごぜの、221はるばる(ここ)(たづ)()て、222(をつと)(あと)()(ねら)ひ、223()心根(こころね)がいとしいわいのオンオンオンオン、224コレを(おも)へば(さき)()に、225如何(いか)なる(こと)(つみ)せしか、226千里(せんり)万里(ばんり)山坂(やまさか)()え、227一丈(いちぢやう)二尺(にしやく)(まはし)()めた、228(この)荒男(あらをとこ)()(はぢ)ず、229(ひめ)行方(ゆくへ)(たづ)ねむと、230さまよひ(めぐ)りて(いま)(ここ)に、231(まへ)()うた(うれ)しさは、232コレが(わす)れてなるものか、233金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)(さま)御情(おなさけ)(ぶか)縁結(えんむす)び、234あゝ有難(ありがた)勿体(もつたい)なやと、235大地(だいち)にカツパとひれ()()(あは)し、236(をとこ)()きにぞ()きゐたる』
237『ホヽヽヽヽ』
238『ヒヽヽヽヽ』
239『コレコレエリナ殿(どの)240ヒヽヽとは何事(なにごと)御座(ござ)るか、241モツと(ひん)よくお(わら)ひなさらぬか、242()つともなう御座(ござ)るぞや』
243『ホヽヽヽヽ(はう)けしやますなや』
244(はう)けたればこそ、245(をんな)一人(ひとり)(あと)()うて(はぢ)外聞(ぐわいぶん)打忘(うちわす)れ、246(ここ)まで苦労(くらう)(いた)して()るのでないか、247コレ、248エリナ(ひめ)249野暮(やぼ)(こと)()やるなや』
250 国依別(くによりわけ)樹上(じゆじやう)にて、251こばり()れず、252(おも)はず、253(くち)(ひも)千切(ちぎ)つて、
254『ワツハヽヽヽ』
255(わら)()せば、256安彦(やすひこ)257宗彦(むねひこ)(おな)じく、258(わら)()す。
259 秋山別(あきやまわけ)は、
260『ヘン野天狗(のてんぐ)さま、261(これ)でも日暮(ひぐら)(やま)岩窟(がんくつ)()りますかい、262()みませぬなア。263色男(いろをとこ)()ふものはマア、264ザツとこンな(もの)ですワイ。265(まへ)さまもチツとやけるでせう。266()(どく)(なが)天狗(てんぐ)()へば(えら)いようだが、267ヤツパリ畜生(ちくしやう)(うち)だ。268(はや)千年(せんねん)修業(しうげふ)()へて、269人間(にんげん)(うま)れて()さんせ。270こんなローマンスを実地(じつち)にやらうとママだよ。271なア、272モリス、273()んぼ天狗(てんぐ)(をんな)(きら)ひだと(まを)しても、274閻魔(えんま)さまでも(をんな)(しろ)()(かた)をもンで(もら)うて(うれ)しさうにして()るぢやないか。275(あま)岩戸(いはと)(はじ)めより、276(をんな)ならでは()()けぬ(くに)だ。277エツヘヽヽヽ、278ちツと野天狗(のてんぐ)さま、279けなりい(こと)御座(ござ)いませぬか。280(まへ)さまの()(まへ)でこンなお(やす)うない(ところ)をお()にブラ()げて、281()(どく)ですが、282これも因縁(いんねん)づくぢやと(あきら)めさンせ。283サア紅井姫(くれなゐひめ)ここへおぢや』
284『エリナ殿(どの)サアお()でなさいませ。285モリスが案内(あんない)(つかまつ)りませう』
286 『アイ』『アイ』
287(やさ)しき(こゑ)()し、288二人(ふたり)(をとこ)()()かれ、289ドシドシと東南(とうなん)()して()いて()く。
290『サア、291もう好加減(いいかげん)におりようぢやないか、292随分(ずいぶん)迷惑(めいわく)したねー。293今夜(こんや)()(した)()でも()よつた(くらゐ)なら、294()りるにも()りられず、295大変(たいへん)(こま)(ところ)だつた。296結構(けつこう)御手伝(おてつだ)ひが(あら)はれて、297()俺達(おれたち)安心(あんしん)だ』
298『どうして(また)紅井姫(くれなゐひめ)さまやエリナさまが、299こンな所迄(ところまで)()いて()て、300あれ(だけ)あなたにホの()とレの()だつたのに、301(にはか)心機一転(しんきいつてん)(あそ)ばしたと()え、302あンな(をとこ)意茶(いちや)ついて、303()()いて()くなンて、304合点(がつてん)()かぬぢやありませぬか。305それだから(をんな)化者(ばけもの)だ、306油断(ゆだん)がならぬと(ひと)()ふのですな』
307本当(ほんたう)化者(ばけもの)だよ。308うつかり(はな)(した)(なが)うして(よだれ)をくつてると、309眉毛(まゆげ)をよまれ、310(しり)()(まで)ぬかれてアフンとするのは、311ウスノロ(をとこ)常習(じやうしふ)だよ』
312(なん)とマア(かは)れば(かは)るものですなア。313この宗彦(むねひこ)今度(こんど)(ばか)りは(あき)れて(しま)ひましたよ。314モウ(をんな)はゾツとしました。315(をんな)(これ)からは何程(なにほど)(うま)(こと)()つたとて、316うつかり()れませぬ(わい)
317『そンな心配(しんぱい)すない。318前等(まへら)(うま)(こと)()つてくれる(をんな)があるものかい。319(おれ)だつて、320仮令(たとへ)うそでも()いから、321一口(ひとくち)(くらゐ)()れたやうな(こと)()つて(もら)ひたいと(おも)うのだが、322なかなか()つてくれぬなア。323まだ彼奴(あいつ)ア、324(だま)されてゐるか()うか()らぬけれど、325(おれ)から()ると余程(よつぽど)(をんな)にもてると()えるワイ。326エヽ怪体(けたい)(わる)い、327本当(ほんたう)にのろけを()かしよつて、328彼奴(あいつ)()つた(あと)(とほ)るのも(いや)になつて(しま)つたワイ』
329『アハヽヽヽ矢張(やつぱり)()けると()えるなア。330勝手(かつて)(をとこ)(をんな)とが勝手(かつて)(こと)をして()るのだ。331(べつ)法界(はうかい)悋気(りんき)をする必要(ひつえう)もないぢやないか。332そンな(こと)ではまだ神様(かみさま)御用(ごよう)をつとめる(ところ)へは()かないぞ』
333『おかみさまの御用(ごよう)なつとさして(いただ)けば結構(けつこう)だが、334(わたし)(やう)(もの)到底(たうてい)駄目(だめ)ですワイ。335(をんな)(きら)はれるやうな(こと)で、336()うして(かみ)さまに()かれる道理(だうり)御座(ござ)いませう』
337『アハヽヽヽ、338ありや(をんな)ぢやない化者(ばけもの)だよ』
339七人(しちにん)()はなす(とも)340(をんな)(こころ)(ゆる)すなとか()ひますなア。341本当(ほんたう)(をんな)()(もの)一寸(ちよつと)(かみ)()ひ、342白粉(おしろい)をつけ、343口紅(くちべに)でもすると、344(おに)(やう)洒面(しやつら)(にはか)天女(てんによ)(やう)()えるのだから、345(たま)りませぬワイ』
346『あれは本当(ほんたう)(をんな)ぢやないよ』
347『さうでせうなア、348(をとこ)でさへも人三化七(にんさんばけしち)()ひますから、349(いづ)四足(よつあし)容物(いれもの)でせう。350(ひめ)さまもあこ(まで)堕落(だらく)しちや、351モウ駄目(だめ)ですな。352何程(なにほど)(あたら)しい(をんな)流行(りうかう)すると()つても(あま)極端(きよくたん)ぢやありませぬか。353(まる)(きつね)()けとる(やう)なスタイルをしよつて、354吾々(われわれ)(まへ)であのザマは一体(いつたい)(なん)だい』
355『どこ(まで)(わか)らぬ(をとこ)だなア。356あの御方(おかた)旭明神(あさひみやうじん)357月日明神(つきひみやうじん)()御二方(おふたかた)だよ。358吾々(われわれ)迷惑(めいわく)をお(たす)(くだ)さつた結構(けつこう)白狐(びやつこ)さまだよ』
359『あゝそれで安彦(やすひこ)(わか)りました。360(なん)だか(しり)(しろ)()のやうなものがブラ()がつてゐましたワ。361(これ)からあの二人(ふたり)()うなるでせうかなア』
362『どうせアフンとするのだらう。363サア()かう』
364国依別(くによりわけ)(ことば)二人(ふたり)(あし)(はや)め、365谷路(たにみち)東南(とうなん)さして(すす)()く。
366大正一一・八・一九 旧六・二七 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。