霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 怪原野(くわいげんや)〔八八五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第3篇 千里万行 よみ:せんりばんこう
章:第19章 第31巻 よみ:かいげんや 通し章番号:885
口述日:1922(大正11)年08月20日(旧06月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
秋山別とモリスは、いつの間にか死に装束で猛獣の鳴き声が響くさびしい原野をとぼとぼと歩いていた。
二人の行く道は、鏡の岩で阻まれた。鏡の岩はたちまち猛火となって燃え上がり、二人は火に追われて逃げ出し、とある川辺にたどり着いた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3119
愛善世界社版:224頁 八幡書店版:第6輯 125頁 修補版: 校定版:230頁 普及版:106頁 初版: ページ備考:
001(かぎ)りも()らぬ枯草(かれくさ)
002(すすき)尾花(をばな)のちらちらと
003(かぜ)()かれて()(まね)
004大野ケ原(おほのがはら)(ただ)二人(ふたり)
005行方(ゆくへ)(さだ)めぬ(たび)(そら)
006(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
007さも(いや)らしき(さけ)(ごゑ)
008()()(ばか)りに(おも)はれて
009(こころ)(そら)にビクビクと
010(もの)をも()はず(すす)()く。
011(みち)(あた)りし岩石(がんせき)
012あたりを()らす鏡岩(かがみいは)
013()れば二人(ふたり)肉体(にくたい)
014三角霊帽(さんかくれいぼう)(かぶ)りつつ
015(いろ)(あを)ざめて(うつ)()
016二人(ふたり)(かほ)見合(みあは)して
017秋山別(あきやまわけ)よこらどうぢや
018(かは)(おちい)(みづ)()
019(くる)しみ(もだ)へた(こと)(まで)
020(おぼ)えて()るが(これ)(また)
021不思議(ふしぎ)(こと)()つたものだ
022此処(ここ)地名(ちめい)()ンと()ふか
023(かがみ)(いは)(この)(とほ)
024行手(ゆくて)にさやり(なら)びゐる
025合点(がてん)()かぬ』と(くび)かたげ
026吐息(といき)もらせば秋山別(あきやまわけ)
027『こりや可怪(をか)しいぞ可怪(をか)しいぞ
028吾等(われら)二人(ふたり)何時(いつ)()
029魔神(まがみ)()()(とら)はれて
030冥途(めいど)(たび)をトボトボと
031(はじ)めて()るのぢやあるまいか
032合点(がてん)()かぬ今日(けふ)(そら)
033月日(つきひ)(かげ)(さら)になし
034(ひと)つの(ほし)さへ()()えぬ
035地底(ちそこ)(くに)地獄道(ぢごくみち)
036(をんな)(こころ)()かされて
037()ちて()たのか(なさけ)()
038あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
039(かみ)(をしへ)()(つた)
040(みち)(つかさ)であり(なが)
041(たふと)(おきて)打忘(うちわす)
042心猿意馬(しんゑんいば)(くる)ふまに
043(こひ)魔神(まがみ)(とり)つかれ
044(ほろ)びの(ふち)陥落(かんらく)
045ここ(まで)(きた)(はづ)かしさ
046(いま)より(こころ)取直(とりなほ)
047天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
048(たま)(きよ)めて天地(あめつち)
049(かみ)御前(みまへ)(かへ)(ごと)
050(まを)さにやならない吾々(われわれ)
051(ふか)(つみ)をば惟神(かむながら)
052(かみ)御霊(みたま)()(なほ)
053聞直(ききなほ)しませ黄泉津神(よもつかみ)
054モリス秋山別(あきやまわけ)二人(ふたり)
055(つつし)(うやま)()(まつ)
056旭日(あさひ)はてる(とも)(くも)(とも)
057(つき)はみつ(とも)()くるとも
058仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)(とも)
059三五教(あななひけう)(かみ)(のり)
060モウ()れからは()れからは
061如何(いか)なる(こと)があらうとも
062()(はづ)してはなりませぬ
063(これ)から心得(こころえ)ます(ゆゑ)
064一度(いちど)(もと)現界(げんかい)
065どうぞ(かへ)して(くだ)されよ
066それも(かな)はぬ(こと)ならば
067一度(いちど)(した)うたあの(をんな)
068紅井姫(くれなゐひめ)やエリナ(ひめ)
069一目(ひとめ)()はして(くだ)さませ
070()うてサツパリ今迄(いままで)
071無礼(ぶれい)(つみ)(わび)あげて
072(ゆる)()けねば如何(どう)しても
073(こころ)(とが)めて仕様(しやう)がない
074ここは地獄(ぢごく)八丁目(はつちやうめ)
075善悪邪正(ぜんあくじやせい)立分(たてわ)ける
076真澄(ますみ)(かがみ)()らされて
077(わたし)(きたな)(むね)(うち)
078愛想(あいさう)がつきて(まゐ)りました
079あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
080ヒルの(みやこ)(あと)にして
081(なさけ)容赦(ようしや)もアラシカの
082(たうげ)(わた)りはるばると
083国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)
084(こひ)仇敵(かたき)(ねら)ひつつ
085(すす)(きた)りし(おろか)さよ
086(おも)へば(おも)へば(つみ)(ふか)
087(たに)()けたる丸木橋(まるきばし)
088そつと(はしら)()りはづし
089(ふぢ)(つる)をば(むす)()
090()()(しげ)みに()(かく)
091(こひ)仇敵(かたき)(この)(はし)
092(わた)ると()たら両人(りやうにん)
093(いき)(あは)して引落(ひきおと)
094冥途(めいど)(たび)をさしてやろと
095(たく)むだ(こと)(みづ)(あわ)
096(おも)うた(をんな)をやすやすと
097向方(むかふ)(わた)らせ(いさ)()
098(あと)(たづ)ねて()ひかくる
099どうしたものか両人(りやうにん)
100(こひ)しき(をんな)(かげ)()えず
101四方(よも)(こころ)(くば)りつつ
102(まなこ)(ひか)らせ山桃(やまもも)
103大木(おほき)木蔭(こかげ)立寄(たちよ)れば
104(たちま)(そら)(うな)(ごゑ)
105ブラジル(やま)大天狗(だいてんぐ)
106天狂坊(てんきやうばう)(あら)はれて
107吾等(われら)二人(ふたり)相手(あひて)にし
108からかひ(はじ)めた(いや)らしさ
109()()もよだつ折柄(をりから)
110夢寐(むび)にも(わす)れぬ紅井姫(くれなゐひめ)
111やさしき(をんな)やエリナの姿(すがた)
112いよいよ(ここ)(あら)はれて
113(こころ)(たけ)(かた)()
114野暮(やぼ)天狗(てんぐ)(ののし)りつ
115草野(くさの)()けてシーズンの
116(かは)(ほとり)()()れば
117(ひめ)(こころ)一転(いつてん)
118(くち)(きは)めて嘲弄(てうろう)
119愛想(あいさう)づかしの数々(かずかず)
120(あま)(にく)しと(おも)はずに
121(をんな)(こころ)(なぐさ)めつ
122(この)猛烈(まうれつ)恋路(こひぢ)をば
123とげねばおかぬと(あせ)(うち)
124紅井姫(くれなゐひめ)(はら)()
125シーズン(がは)激流(げきりう)
126()(をど)らして飛込(とびこ)めば
127姿(すがた)()えて白浪(しらなみ)
128()はぬ(むかし)となりにけり
129モリスはエリナの()()いて
130(ここ)(あら)はれ()(きた)
131二人(ふたり)(をとこ)執拗(しつえう)
132エリナに(むか)つていろいろと
133口説(くど)きたつれど(たちま)ちに
134はぢき(かへ)した肱鉄砲(ひぢでつぱう)
135もろくも()たれてシーズンの
136(かは)にザンブと()げられて
137(くる)しみ(もだ)(たま)()
138(いのち)()えしと(おも)ひきや
139吾身(わがみ)はここに(もと)(ごと)
140霊衣(れいい)(つつ)まれ(きた)()
141げにも不思議(ふしぎ)次第(しだい)なり
142仮令(たとへ)地獄(ぢごく)()(なが)
143一人(ひとり)二人(ふたり)人影(ひとかげ)
144どつかに()りそなものである
145(じつ)(さび)しい(この)旅路(たびぢ)
146(ゆめ)なら(ゆめ)ではや()めよ
147あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
148御霊(みたま)(さち)はひましませ』と
149(うた)ひてここを()つて()
150(かがみ)(いは)(たちま)ちに
151猛火(まうくわ)となりて()(あが)
152二人(ふたり)間近(まぢか)にごうごうと
153(はげ)しき(おと)()(なが)
154紅蓮(ぐれん)(した)(ふり)まはし
155焼尽(やきつく)さむと()(きた)
156(こわ)さに二人(ふたり)全身(ぜんしん)
157(あし)(ちから)をこめ(なが)
158(あと)をも()ずにスタスタと
159当途(あてど)もなしに()げて()
160冥途(めいど)(たび)(さび)しけれ。
161 秋山別(あきやまわけ)162モリスの両人(りやうにん)何時(いつ)()にかあたりの光景(くわうけい)163現界(げんかい)(くら)べて(もつと)(かは)りたる寂寥(せきれう)原野(げんや)を、164猛火(まうくわ)(した)()はれ(なが)ら、165力限(ちからかぎ)りに()()し、166とある川辺(かはべ)()きにける。
167大正一一・八・二〇 旧六・二八 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)